5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【DQN】アンジェリーナ・ジョリーが嫌い【偽善】5

152 :魅せられた名無しさん:2006/12/28(木) 21:12:59
>>151の続き

1930年代から40年代にかけての女性、妻、そして母親を演じる中で、今日生きているあなた自身の経験との違いはどこから来ているのでしょうか?
ー多くのことが違います。単に30年代を駆け抜けてきただけではありません。その上、彼女はCIAと結婚しているようなものです。
 彼女は独立性を表現することができません。それは恐らく最も困難なことでした。更には、即興の争いをすることができませんでした。
 私(彼女のキャラクター)はどれほど積極的な攻撃や侮辱的な言動をとれたでしょう?常に自分の場所に留まらなくてはならず、どこへも行くことが出来なかったのです。
 「行ってきます」「離婚したいの」「これが欲しいわ」「子供のために」と言うことは不可能でもありました。それは結婚において非常に閉所恐怖症でした。
 女優として自分自身をそれほど頑固でない、影響力がない、力強くもないように演じるのはとても難しかった。
 より奇妙なことには、マナー教室に送り込まれました―――正しいお茶の持ち方、足の組み方、頭を少し傾けて人の話を聞く方法などを習いました。
 私たちが今日、女性として自分を見失わない自然な形というものがその時代の女性と同じくらい上品でなく、優雅でないことは奇妙でした。
 フィルムのその要素は、それをちょうど飲んでいて無視していた私のキャラクターには無意味でした。
 しかし私の人生において、子供と外出する、自分ひとりで外出する所にさえその要素は意味を持っています。或いは休日の計画を立てる、それか本当に何もかにも理解しようと努めることにもです。
 妊娠して、ちょっと医者の診察に行く時も、私は続いてきてくれる人なしでそこに行く方法を探さねばなりませんでした。
 正直、非常に不快に思うことでしたが、しかし、それはこの職業のほんの一部です。

354 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)