5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【チャールズ】オリバー・ツイスト【ディケンズ】

1 :名無シネマ@上映中:2005/12/20(火) 16:38:20 ID:4bJIu9ew
19世紀ロンドン――― 
幸福を求める無垢な少年オリバーの姿を描いたチャールズ・ディケンズの名作を完全映画化

2006年1月28日(土)日比谷スカラ座ほかにて全国ロードショー

監督:ロマン・ポランスキー
出演:バーニー・クラーク サー・ベン・キングズレー ハリー・イーデン ほか

公式サイト
http://www.olivertwist.jp/
公式ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/olivertwist70miles

2 :名無シネマ@上映中:2005/12/20(火) 16:40:53 ID:4bJIu9ew
なかったみたいなんで、立ててみた。

3 :名無シネマ@上映中:2005/12/20(火) 16:46:18 ID:bk2PuSkl
おつ!待ってたヨ!
特典付き前売りも買って用意万端。公開待ち遠しいでつヨ!

4 :名無シネマ@上映中:2005/12/20(火) 16:55:46 ID:4bJIu9ew
ただ、正直ディケンズって『大いなる遺産』しか読んだことない・・・
公開前に読んどかないと・・・( ´・ω・)

5 :名無シネマ@上映中:2005/12/20(火) 17:22:21 ID:5DVN/yDF
俺も楽しみだ〜
最近ハズレが続いてたけど、これは鉄板だろうしね。
てかこれまでハズレだったら泣くよ…(;_;)

6 :名無シネマ@上映中:2005/12/20(火) 23:52:22 ID:lb6IZBrd
関東では正月の深夜に同じ原作の「オリバー!」放送しますね。

7 :名無シネマ@上映中:2005/12/21(水) 09:43:07 ID:BuHrpaFk
監督のポランスキーって、確か児童買春かなんかでアメリカに入国できないんだよね?
それとも何か恩赦でももらったのかな?

8 :名無シネマ@上映中:2005/12/21(水) 09:48:09 ID:5tpc4qea
ジャック・ニコルソンの開催したパーティーで少女を睡眠薬を使って強姦。
公判中に国外へ逃亡。

9 :名無シネマ@上映中:2005/12/21(水) 09:55:50 ID:BuHrpaFk
よりによってニコルソンのパーティーでそんなことしたのか。
しかも買春どころか強姦とは・・・これじゃあもうアメリカには戻れないかもね。

10 :名無シネマ@上映中:2005/12/21(水) 20:19:21 ID:8K+dK16t
主人公のバーニー君、可愛すぎるよね。
将来が楽しみだ・・。

11 :名無シネマ@上映中:2005/12/22(木) 09:42:14 ID:rqcu0DnW
>>10
子役の将来には期待しない方が・・・
カルキン君しかり、キルスティン・ダンストしかり・・・

12 :名無シネマ@上映中:2005/12/22(木) 12:31:01 ID:2dTbjgYx
オーメン2の子役もエクソシストのリンダ・ブレアもね。
映画には出てないみたいだけど、クリストファー・ウォーケンは子供時代から芸能でやってきたということだけど、これがわずかな例外だろうな。

13 :名無シネマ@上映中:2005/12/22(木) 13:44:41 ID:bN6a5c/o
ナタリーポートマンは?

14 :名無シネマ@上映中:2005/12/22(木) 15:05:06 ID:nVwF/y/t
クリスチャン・ベールは?

15 :あべセンセイ:2005/12/23(金) 00:33:12 ID:SRE8TDQ3
あ、それ
ツイスト ツイスト

16 :名無シネマ@上映中:2005/12/23(金) 12:40:12 ID:jKw8j2gD
この映画、ポランスキーの新作のわりにはあんまり話題にならんね。面白そうなのに。

17 :名無シネマ@上映中:2005/12/23(金) 21:24:11 ID:Yj7dkhic
前作の戦場のピアニストは70年代の作品には及ばないけど、救いのないポランスキーらしい話ではあったからね。
ただ幾分か強姦魔らしからぬ偽善臭が鼻についた。
それが今度はディケンズ(道徳的すぎる作家)の映画化ときてみんな呆れてるのではないか。

18 :名無シネマ@上映中:2005/12/28(水) 23:33:25 ID:vhAKUx4V
イギリスで大コケした。
これがすべてを物語るかと。


19 :名無シネマ@上映中:2005/12/29(木) 01:14:26 ID:GAMmpCFi
まあ「mishima」も日本で大コケしたし

20 :名無シネマ@上映中:2005/12/29(木) 04:16:53 ID:7t1cA1is
強姦魔が監督してるんだ
萎えたよ


21 :名無シネマ@上映中:2005/12/29(木) 21:48:14 ID:9SpUiw7X
「テス」を見てみろ。
こいつはただの強姦魔じゃない。
「戦場のピアニスト」なんかヌルい、ヌルい。

22 :名無シネマ@上映中:2005/12/29(木) 21:58:17 ID:FXqnEvoM
ポランスキーがなんだ。チャールズ・マンソンの方がよっぽど偉大だ。

23 :名無シネマ@上映中:2006/01/02(月) 18:49:31 ID:8WItPjxF
ポランスキーだから見るんじゃない、原作が好きだから見に行くんだ。

24 :名無シネマ@上映中:2006/01/03(火) 19:39:40 ID:tyfVjoyR
新聞の正月版(だったかな?)に一面広告出てたね。
St.ジェームズ通りに佇む少年の写真。
通りの右側には注文靴屋“ジョン・ロブ”が見えます。
えっ!ロブ??
ロブがロンドンに店を構えるのは1849年。
オリヴァー・トゥイストの出版が1838年。連載はもう少し前。
あの写真見ただけで時代考証に対する信用失墜しました。
適切な時代考証ができてないと何もかもが疑わしく見えてきます。

原作もまだ読んでません。読もうと思いつつ、
『コパフィールド』『大いなる遺産』『二都物語』と読んでいるので
物語の強引な展開に食傷気味。
DVD出る(借りる)までには読んでおこうかと思います。

25 :名無シネマ@上映中:2006/01/05(木) 19:46:33 ID:4ZLjLlzK
昔のモノクロ映画の方を観てみたら
主人公がすごく可愛かった。
今回のも楽しみ。

26 :名無シネマ@上映中:2006/01/07(土) 13:28:09 ID:Ghaf8T0q
モノクロ映画ってあれか
オビワンがフェイギンなやつ

27 :名無シネマ@上映中:2006/01/14(土) 17:55:22 ID:b7tJtp4S
図書館にあるだろうと思ったがWEB検索に失敗してので、どうしてかなあと思ったが
オリヴァーだと気付いた

28 :名無シネマ@上映中:2006/01/14(土) 19:26:55 ID:chTWsNq3
オリ“ヴァ”ー・“トゥ”イスト

29 :名無シネマ@上映中:2006/01/17(火) 18:36:02 ID:rIY0FOfh
age

30 :名無シネマ@上映中:2006/01/18(水) 01:13:14 ID:gJ0/wGfJ
今日試写会見てきた。
ネタバレになるから言えないけど、
見終わって、やっぱりポランスキーだなぁ・・・
と思いました。

31 :名無シネマ@上映中:2006/01/18(水) 11:37:44 ID:IwWPJysj
考証をあれこれ突つきたくなる気持ちは分かるが
あまり上品とは言えない行いだね

32 :名無シネマ@上映中:2006/01/19(木) 22:28:17 ID:lBknLH9E
つまらなかった。なんでこの映画を撮りたかったのか分からんかった

33 :名無シネマ@上映中:2006/01/19(木) 23:07:29 ID:0lbF1o6d
俺もさっき試写会で観てきた、主人公が回りにながされるだけで
途中から全くないがしろにして話しが進んでいくのがちょっとって
感じ、最後も知恵を振り絞って困難に立ち向かう分けでもなく
敵?は勝手に自滅するし。
原作どうりなのかもしれんけど面白くなかったな。
世の中、可愛らしい整った顔立ちの人間が最後に得をするっての
だけは伝わってきたけど。

34 :名無シネマ@上映中:2006/01/19(木) 23:41:15 ID:8/NyE02r
>>33
既に観てきたけどまさにそんな印象。フェイギンすげーとは思ったがw
19世紀のイギリスの雰囲気を覗き見しただけって感じ。

35 :名無シネマ@上映中:2006/01/20(金) 17:25:54 ID:1PTVM1hE
自分も有楽町の試写会に行ってきたけど、正直つまらなかった…。
イギリスの雰囲気は良かったけど、感動してる人なんかいなかったと思う。
エンドロールが終わる前にほとんどの人が退室してたのがそれを表してた。

自分は試写会だったから良かったけど、これから見るつもりの人は
もう1度考えてみてもいいと思いますよ。




36 :名無シネマ@上映中:2006/01/20(金) 19:09:52 ID:6SHV37oE
原作読んだことがあって、映画見に行こうと思ってたけど、
おすぎの褒め殺しCMと、日本版テーマ曲?らしいBoAの歌が流れるCMを見て完全に見る気失せました

見に行こうと思っていた映画への意欲を、CMでここまで打ち消されたのは生まれて初めてだw

37 :名無シネマ@上映中:2006/01/20(金) 19:11:43 ID:oyYjMKAx
この映画、評判悪いね……。
予告編の出来が神すぎる。

38 :名無シネマ@上映中:2006/01/20(金) 21:11:05 ID:FcUZdJMa
音楽はちょっといい、どこかで聞いたことがあるような気がするけど

39 :名無シネマ@上映中:2006/01/21(土) 00:27:55 ID:tARYDOPH
音楽ぐらいしか褒めるとこがない悪感

40 :名無シネマ@上映中:2006/01/21(土) 03:42:32 ID:oUH/+UwQ
『オリバー・ツイスト』公開記念特番としまして
いよいよ「汐留おすピ座」が明日、日本テレビ1月21日(土)オンエアとなります。

予告専門劇場 汐留 おすピ座
〜ポランスキー監督最新作『オリバー・ツイスト』篇

●日本テレビ 1月21日(土)15:00〜15:30
●福岡放送  1月21日(土)15:00〜15:30
●よみうりテレビ 1月23日(月)25:29〜25:59
●札幌テレビ 1月28日(土)10:00〜10:30

おすピ座というタイトルからわかるように
おすぎさんとピーコさんがメインパーソナリティをつとめます。
おふたりが若槻千夏さんに『オリバー・ツイスト』の魅力を熱く語ります。

見てくださいね!


41 :名無シネマ@上映中:2006/01/21(土) 04:43:40 ID:a0uCTLHj
「主人公が回りにながされるだけ」というのはまさに原作通りだな。

そのへんを不満に思う人は、ディズニーのTVドラマ版オリバーツイストを
見るといいかもね…。イライジャウッドがドジャー役のやつ。

42 :名無シネマ@上映中:2006/01/21(土) 11:43:04 ID:oUH/+UwQ
『オリバー・ツイスト』公開記念特番としまして
いよいよ「汐留おすピ座」が明日、日本テレビ1月21日(土)オンエアとなります。

予告専門劇場 汐留 おすピ座
〜ポランスキー監督最新作『オリバー・ツイスト』篇

●日本テレビ 1月21日(土)15:00〜15:30
●福岡放送  1月21日(土)15:00〜15:30
●よみうりテレビ 1月23日(月)25:29〜25:59
●札幌テレビ 1月28日(土)10:00〜10:30

おすピ座というタイトルからわかるように
おすぎさんとピーコさんがメインパーソナリティをつとめます。
おふたりが若槻千夏さんに『オリバー・ツイスト』の魅力を熱く語ります。

43 :名無シネマ@上映中:2006/01/21(土) 15:17:28 ID:z03hqXTO
ディズニーのドラマはなんか微妙な終わり方だった。
けどオリバー少年がメチャクチャかわいいの!!!!
あの子は今何をしているんだろう。。

44 :名無シネマ@上映中:2006/01/21(土) 17:51:10 ID:UMvQwVFz
可愛い男の子がいたぶられるのを見てハァハァしたい腐女子向けの映画、
ということでよろしいのでしょうか?

45 :名無シネマ@上映中:2006/01/21(土) 19:14:54 ID:z03hqXTO
↑違うよ〜
もぉ〜〜。。

46 :名無シネマ@上映中:2006/01/21(土) 19:34:22 ID:YH5im5IY
>>45は腐女子失格の一般人

47 :名無シネマ@上映中:2006/01/21(土) 21:10:40 ID:/iiQyJFe
オリバーツイスト自体は男の子が結果的に幸せになる普通にいい話ですよ
ついでに一番古いオリバーツイストは白黒で、オリバー!はミュージカル風にリメイクしたもので、今回のは白黒の話をリメイクしたものですよ。元は本かな

48 :名無シネマ@上映中:2006/01/21(土) 21:27:45 ID:HDkl25f2
こういう感動系で感情移入できないのは痛いなあ。
ずーっとオリバー君の動きを俯瞰で見ている感じ。
状況説明が欲しいところで入らないから、「なんとなくあいつ悪者なんだろうな」という
憶測で見進めるしかなく、スッキリしない。
胸のすくような複線回収もないし、「普通」
ただ、これで原作どおりなんだよね。仕方ないか。

49 :名無シネマ@上映中:2006/01/21(土) 22:11:34 ID:/iiQyJFe
BoAの新曲がイメージソングなのはなぜ?

50 :名無シネマ@上映中:2006/01/21(土) 22:23:25 ID:3Rhj09HM
やっぱりアレックギネスだと思うよ俺は

51 :名無シネマ@上映中:2006/01/22(日) 05:49:22 ID:WzWZoDNt
雰囲気良さそうだし観に行こうと思っていたけど
宣伝におすぎを使っちゃっているんで心配してたら…
出来もイマイチっぽいね
こりゃあスルー推奨かな
前売り買わないで良かった

52 :名無シネマ@上映中:2006/01/22(日) 12:48:41 ID:ROAV3Wk2
試写会当たっちゃったんだよなー。(´・ω・`)ドウスルベ

53 :名無シネマ@上映中:2006/01/22(日) 14:53:59 ID:DN4Inq4Z
これ数ヶ月前にBSで放送されてたと思うんだが昔版だっけ?

54 :名無シネマ@上映中:2006/01/22(日) 17:29:28 ID:ZHE9RITv
おすぎが宣伝してるから糞

55 :名無シネマ@上映中:2006/01/22(日) 17:36:24 ID:/NPDV6CM
感動できそう♪

56 :名無シネマ@上映中:2006/01/22(日) 19:09:20 ID:b2RRZFnV
試写会なら行けばいいと思うよ。
どんなんでもスクリーンで見ると違うと思うしさ。

57 :名無シネマ@上映中:2006/01/22(日) 19:53:04 ID:88Z0b6pl
とりあえずポランスキーは自分の罪をつぐなってから監督業を再開しろよ。
なにをのうのうと国外逃亡して映画撮ってんだ。感動の物語もクソもあるか。

58 :52:2006/01/22(日) 22:46:52 ID:ROAV3Wk2
気乗りしないけど、とりあえず見に行ってみまつノシ
おすぎの宣伝は逆効果っすね

59 :名無シネマ@上映中:2006/01/22(日) 23:18:17 ID:Ra/JUMvM
まったく期待しないで行くと「そんなに悪くないじゃん!」って気になれるよ
とにかく期待さえしなければ大丈夫

60 :名無シネマ@上映中:2006/01/22(日) 23:38:47 ID:5XoSap9d
セットの壮大さとフェイギンの役者の気合の入り方だけはガチだと思った

61 :名無シネマ@上映中:2006/01/22(日) 23:44:44 ID:9y3IRDsK
>>20
はげどうってやつ

62 :名無シネマ@上映中:2006/01/23(月) 04:47:35 ID:oLfEJsRq
作品そのものと監督のプライバシーを区別して語れない奴が多いな
原作のつまらなさと映画のつまらなさを混同してる奴も大杉

63 :名無シネマ@上映中:2006/01/23(月) 11:54:39 ID:6i44ZrbV
作品語る時は監督も語らないか?監督語るにはどういう作品作ってきたか、どういう人間なのか知らないとなんも言えんだろ

64 :名無シネマ@上映中:2006/01/23(月) 15:32:13 ID:oVRIfT25
予告編で使われてるニコラス・ニクルビーのサントラが好きだ

65 :名無シネマ@上映中:2006/01/23(月) 17:51:22 ID:+UI6VJe1
>>63
語りません

66 :名無シネマ@上映中:2006/01/23(月) 20:01:59 ID:D4Zjj3b1
個人的には面白かった。
ポランスキーの子供出演してるよね。

バーニー君来日中!



67 :名無シネマ@上映中:2006/01/23(月) 20:13:48 ID:B0Sn3RLF
タイトル的にオリバー・ストーンが作ったのかと思ってた・・・

68 :名無シネマ@上映中:2006/01/23(月) 20:53:15 ID:7D3vLhi5
見た。
これってオリバー君の母親はなんとあの人の子供だったって話があった気がすんだけど、どこいったの?

69 :名無シネマ@上映中:2006/01/23(月) 23:57:14 ID:E0iGBbE0
>>68
その辺のくだりは語られてなかったね。
だからよけいに>33のような感想になってしまうような。
とりあえず

ブルズアイ グッジョブヽ(´ー`)ノ



70 :名無シネマ@上映中:2006/01/24(火) 07:36:44 ID:WLKwbQ3l
ま、>>33 が醜い顔をしていることだけは分かった

71 :名無シネマ@上映中:2006/01/24(火) 09:35:07 ID:fyXZUQ2b
昨日試写会行って来たけどなんか後味悪かったな…。
予告と中身全然違っててびっくりした。
雰囲気は良かったんだけどなあ。

昨日テレビに、来日してる子役に抱き付くおすぎが写っててショックだった。
子役の顔も引きつってたし、軽くトラウマだな。
やめてくれよ、おすぎ…

72 :名無シネマ@上映中:2006/01/24(火) 12:30:53 ID:h4KYqDXK
予告だけはすばらしい出来

73 :名無シネマ@上映中:2006/01/24(火) 12:52:00 ID:+/RS53IQ
オリバーといったら何といってもマーク・レスターの上品な可愛さ
が目立ったミュージカル『オリバー!』にとどめを刺す。
美術的にも素晴らしかったし。68年オスカー作品賞、監督賞、美術賞、
ミュージカル音楽賞など取ってるね。孤児仲間のジャック・ワイルドも
可愛かった。オスカー助演賞獲得。GC賞も作品賞、フェイギン役
のロン・ムーディ男優賞獲得。
特に「Who Will Buy!]という物売りの場面は溜息が出るほどうっとり
と美しい〜〜〜! 未見の方はどうぞ。今ではもう作られないだろう
と思われる壮大な規模のミュージカルです。


74 :名無シネマ@上映中:2006/01/24(火) 19:58:18 ID:j7b4Exz+
CMのBoAの歌によって映画まで安っぽくみえる件

75 :名無シネマ@上映中:2006/01/24(火) 21:42:59 ID:nq7wxweA
もう映画業界もヤバいね
何でテーマソングくっ付けるんだろう。
誰があんな勝手な抱き合わせ望んでるんだよ…
あ、電通か。

76 :名無シネマ@上映中:2006/01/24(火) 22:14:00 ID:Htle0CPa
BoAの歌はともかくとして神木くんのナレーションは短いけどすごくいいよ。

77 :名無シネマ@上映中:2006/01/24(火) 22:53:59 ID:hASMU9EH
これ試写会で観たけど、本当につまらなかったよ。
こんなにつまんない映画みたのは久しぶりってくらい。
何が言いたいんだか全く伝わってこないし、
独特の雰囲気を楽しむ映画というにはパっとしない世界だしね。

78 :名無シネマ@上映中:2006/01/25(水) 01:04:58 ID:zg93NW6v
BoA ありがとう、君の歌が入る前の予告では「今年ベスト1早くもキター!」と思ってたよ。

79 :名無シネマ@上映中:2006/01/25(水) 05:16:35 ID:zLz6i2gu
こんな しょーもない感想しか書けんアホ>>77
新作をいち早く無料で見せるのが一般試写会ならば、
一般試写会など完全に廃止すべきだな

80 :名無シネマ@上映中:2006/01/25(水) 06:07:33 ID:AUtAD72i
77はライバルの配給会社社員だから
試写には行ってません

81 :名無シネマ@上映中:2006/01/25(水) 12:40:38 ID:FGRx2rEj
オリバーツイストって悪役がどう描かれてるかが
一番気になる。
主役の可愛らしい子役は大根でも構わんけど
フェイギン役は名優がいつもやる。ユダヤ系の。
この作品ではそれについては触れられてないみたいだったが。

原作のフェイギンは完全に悪人だったけど
映画では割と良い面も随所で描かれてるんだろうな。



82 :名無シネマ@上映中:2006/01/25(水) 12:43:10 ID:FGRx2rEj
でもこの作品アメリカでは興行的に全く振るわなかった。
だから日本で回収しようと歌手使った宣伝したりして
必死なんだろうな。


83 :名無シネマ@上映中:2006/01/25(水) 12:49:02 ID:tLfNZtDS
予告は映画館でのみ観るに限るよ
CMのはたいていなんでも最悪だから
よけいなものの入ってないオリバーツイストの予告は傑作
でもそれで期待してる人は本編で期待を裏切られるよ

84 :名無シネマ@上映中:2006/01/25(水) 15:46:25 ID:iTkTsrTx
>>81
フェイギンは凄い。それと、良い面はあまり描かれていないと思うけど
完全な悪として描かれてるわけでもない。

85 :名無シネマ@上映中:2006/01/25(水) 16:28:44 ID:0Sad0/eC
サーにとってはあのくらいの演技は朝飯前さー

86 :名無シネマ@上映中:2006/01/25(水) 16:45:30 ID:hse8U7Kt
>>83
確かに映画館で見た予告は最高だった。その時は必ず見に行こうと思ったが、
BOAの歌付きの予告をテレビで見て、見に行く気が失せた。

87 :名無シネマ@上映中:2006/01/25(水) 17:35:07 ID:JTXC1aUZ
映画館で見た予告だけは秀逸だったな。
ヨーロッパの汚い空気が好きだから雰囲気はすごく好きだ。
一般人の服とかも可愛かったし。

しかし見終わったあとは悲しさが残った。

88 :名無シネマ@上映中:2006/01/25(水) 20:15:12 ID:Y8VeHJT5
飛行機の中でみたけど、はっきし言ってつまらん。
もうすでに記憶から消えかけている。

89 :名無シネマ@上映中:2006/01/25(水) 23:08:43 ID:yEvOHQPZ
マークレスター版のフェイギン役は軽妙な感じで
面白かった。悪の雰囲気も漂わせながら。

アレック・ギネスのフェイギンより個人的には好き。




90 :名無シネマ@上映中:2006/01/25(水) 23:15:19 ID:IAUTdnad
そういえば昔オリバー君っていたよな
今頃どこで何をしているやら

91 :名無シネマ@上映中:2006/01/25(水) 23:31:40 ID:PHqRjBHM
おすぎの60秒版CM見てしまった。
こんなの見て映画館に行こうと思うやついるの?

92 :名無シネマ@上映中:2006/01/26(木) 00:19:01 ID:md6s8SNU
>>91
どうせならバーニー・クラークにもこれ↓くらい言ってやればよかったのにw

あの子役の男の子、鼻糞みたいな子でしょ
・・・
どっちかってゆったらぁ、子供ってさぁ、ああゆう気持ち悪い子は嫌じゃん
だからこう観ながら死ねー死ねーとか思いながら観てたり・・・
・・・
ああゆう子を上手いとかさぁ、ゆうのがすごく間違ってて
大河ドラマでね、そら子役やったかもしれないけど
なんだよこんなのってホントにそう思った、もう、うん

93 :名無シネマ@上映中:2006/01/26(木) 00:32:36 ID:0lgXzCX2
ミュージカル版の方が好きだ。
それにしてもこの映画制作費が凄いんだな〜
美術とか衣装が凝ってたもんな。時代考証もきちんとして。
その割には興行は・・・なのか。


94 :名無シネマ@上映中:2006/01/26(木) 12:24:18 ID:3jNbV8Jc
ヽ(`Д´)ノ今から見に行ってくる!
何かこれ見ておけ。気になった。とか有るなら注意して見て来るぞ!

95 :名無シネマ@上映中:2006/01/26(木) 22:02:48 ID:MFWwA3La
おすぎのカメオ出演は見逃すな

96 :名無シネマ@上映中:2006/01/26(木) 22:30:47 ID:ECPhhfO0
若手俳優の小栗旬が「全然感動できなかった。」と言ってた。


97 :名無シネマ@上映中:2006/01/26(木) 23:04:18 ID:2rjPPmts
ラスト近くのフェイギンとオリバーのシーンは
やられた!と思った。
とにかくフェイギンの神演技に感動。


98 :名無シネマ@上映中:2006/01/26(木) 23:06:57 ID:GaoTIpyK
「オリバー!」はかなり感動できたんだけどな
>>73の言うとおり「Who will buy」は本当に良かったし、
いじめられてる所でも軽く見れて楽しかった

やっぱ強姦魔が作ったのはそれな(ry

99 :名無シネマ@上映中:2006/01/26(木) 23:28:17 ID:P0GnfcRM
「オリバー!」は最低。「第三の男」のキャロル・リードがあんなもの撮ってはいけないだろ。

100 :名無シネマ@上映中:2006/01/26(木) 23:51:03 ID:eHpJkAa8
具体的どういう映画なのかぜひ教えてくれー
映画の予告だけで感動しちゃったけどさ
ロマンス映画なのかこれ?

101 :94:2006/01/27(金) 01:07:25 ID:og+Bv7tv
>>100
今見てきたところだから教えてやる。
「可愛い孤児の大冒険」
孤児のオリバーが、どこに行っても酷い目に遭いながら、色々な人に助けて貰いつつ、助けて貰ったのが悪い人(泥棒で生きている人)だった。果たしてオリバーは幸せになれるのか?ッテ映画だった。
ラスト付近では泣いてる人も、ちらほら居た試写会だった。
漏れは全く泣けなかったケドナ。

教訓
世の中見た目

102 :名無シネマ@上映中:2006/01/27(金) 02:00:32 ID:YB/CFaK7
「オリバー」ではオリバーがブラウンロウ氏の孫であることを知った
ありえねぇ〜〜〜〜〜〜〜〜〜

103 :名無シネマ@上映中:2006/01/27(金) 05:50:26 ID:AtnPcc9I
こんな人にお勧めします。

1)かわいい男の子(でもミュージカル版のマーク・レスターの方がいいらしい)が
 酷い目に遭っているのを見るのが大好きな腐女子

2)神木くんに対して>>92の暴言を吐いたおすぎに共鳴するような劣悪な精神を持った人

3)タダ券を貰った人

ということでよろしいですか?

104 :94:2006/01/27(金) 06:44:48 ID:og+Bv7tv
>>103
そんなに酷くないぞ。そこそこ泣ける映画だ。金を使っても問題ないぞ。試写会の後、前売り買っていく人も何人か居たよ。だれも試写後に前売り買わなかった博士やフライトプランより格段に上。
(漏れは何回も同じ映画を見る気はないので買わない)
BoAの曲も流れなかったしな。おかまと韓国人をCMで何故使ったんだろう?明らかなイメージダウンだよな。

105 :名無シネマ@上映中:2006/01/27(金) 14:03:27 ID:AoZPdrxu
ディケンズの作品は好きだ。
見に行こうかな。

106 :名無シネマ@上映中:2006/01/27(金) 16:06:01 ID:1Y0Zo49a
>>99 作っちゃいけないなんて事はないだろ。監督の自由だし。しかも
オスカーで監督賞受賞してるしさ。

107 :名無シネマ@上映中:2006/01/28(土) 00:28:01 ID:abyr6XUy
最近、洋画にとってつけた日本版イメージソングを叩くスレはある?
あったら教えてくれ。
なくば立てとくれ!

108 :名無シネマ@上映中:2006/01/28(土) 01:07:33 ID:NLB1dUGl
ディケンズはそもそも大衆娯楽小説家だからなぁ。
展開が強引すぎるんだよ。

109 :名無シネマ@上映中:2006/01/28(土) 08:00:09 ID:DVP9mVsJ
バーニーくん今テレビで見ますた

110 :名無シネマ@上映中:2006/01/28(土) 09:12:39 ID:5sNwR+Cl
これ昔のミュージカルぽいのと比べるとどう?
俺は昔のやつ結構好きなんだけども

111 :名無シネマ@上映中:2006/01/28(土) 11:03:54 ID:5oselIRN
デートで誘って見にいく価値あり?自分女ですが映画はかなりみるほうです
相手はあんまり見にいかないみたい。
初デートなんですが、お互い微妙に付き合う前から出かけたりはしてました。

見たシトよろしくお願いします!

112 :名無シネマ@上映中:2006/01/28(土) 11:07:05 ID:PVJ5bUAP
BOAのイメージソング、テラウザス

113 :名無シネマ@上映中:2006/01/28(土) 13:00:56 ID:DVP9mVsJ
何でクラシックとかじゃなくてボアが歌う?そこが解らない

114 :名無シネマ@上映中:2006/01/28(土) 13:19:54 ID:RqTj0osd
>>111
なんとも言えない。毒にも薬にもならないというか…

115 :名無シネマ@上映中:2006/01/28(土) 13:21:16 ID:HmMIN7R4
観ましたけど、ちゃんと面白かったです。
そう言うと叩かれるのかなあ。
確かにクソまじめな作りだったけど、
最後の場面はやられました・・・


116 :名無シネマ@上映中:2006/01/28(土) 13:33:36 ID:OWc2JHzG
普通に面白かった
三丁目やコングのように街並みがCGでなくてよかった
盛り上がりを求める人はつまらんかもな

117 :名無シネマ@上映中:2006/01/28(土) 13:56:32 ID:HFlWmlAl
>>111
何とも云えんな…
なんつーか、イマイチ盛り上がりに欠けるっつーか。

プライドと偏見の方がいいんでないの?

118 :名無シネマ@上映中:2006/01/28(土) 17:05:14 ID:wPBPTvb2
主人公喋らんにもほどが…
つまんなかったとは言わないけど、確かに毒にも薬にもならない、微妙な作品だなぁ

119 :名無シネマ@上映中:2006/01/28(土) 18:27:15 ID:8cMPCIBK
今見てきました。
この映画、テレビか何かでみたことあるんですけど、何か思い出せない…

120 :名無シネマ@上映中:2006/01/28(土) 22:43:57 ID:y+1Z4pe4
個人的にはナンシーのオリバーを救いたいという気持ちが上手く表現されていたのが
一番心地よかったシーンかなぁ。

ちなみに日比谷スカラ座ではぴあの満足度調査が出口で行われていました。

121 :名無シネマ@上映中:2006/01/28(土) 22:49:05 ID:AKziIsyP
デートでみるような映画じゃないですか?

122 :名無シネマ@上映中:2006/01/28(土) 23:15:17 ID:LyrmHcEl
早業ドジャーらは結局どうなったのか気になる。

123 :名無シネマ@上映中:2006/01/28(土) 23:54:17 ID:wEikzymW
オリバー!(ミュージッカル版)は日本でのみブレイクしたそうですよ。わたしは好きですけど。
話的には日本人向けですかな

124 :名無シネマ@上映中:2006/01/29(日) 00:29:22 ID:4qto+/Gc
理不尽にお尻を叩かれたので、なぜか遠いロンドンまで逃亡した
オリバー君が、後は流されるまま生きてたら幸せになりました。
って感じだな。
オリバー君は素直で美形なだけでほかに特徴がないような。
もっと、街の泥棒少年とかとの友情物語を期待してた。
薄汚いロンドンの街とかはよく作ったと思う。

125 :名無シネマ@上映中:2006/01/29(日) 00:31:19 ID:qUwei3my
さっき見てきました〜
悪くはない映画だと思います。デートで見ても大丈夫だとは思いますよ。
泣いていた人がいてちょっとビックリはしました。
そこまでは感動しないような…

126 :名無シネマ@上映中:2006/01/29(日) 00:53:07 ID:ri8ond+s
つまらん
なんかただの成り上がりで幸せになりましたみたいな。
唯運が良かった孤児のお話って感じ。
もっと苦労して幸せ掴んだみたいなストーリー期待してた。
最後の方なんて肝心なオリバー自身があまり出てきてないよね。
可哀想なオリバーを周りの優しい人間が助けてあげました。終わり。


127 :名無シネマ@上映中:2006/01/29(日) 01:12:45 ID:RrDkd8Za
オリバーよりも小さい子供二人を連れた家族連れが前の席だった。
無理もない話だが、途中で子供らは飽きてぐずりだし、
ポップコーンの箱でぽこぽこと鼓を打つしまつ。
一応母親も子供をひっぱたいたりと、鎮めようとはしていたけど・・・
まあ、それはともかく、
やっぱり全体的な印象は、ちょっと盛り上がりに欠けるかなぁ・・・という感じ。
部分部分で見れば例えば>>120と同じでナンシーのシーンなんかは好きなんだけど、
肝心のオリバー自身は他人に対しての関わりがどうも中途半端で・・・

128 :名無シネマ@上映中:2006/01/29(日) 01:19:47 ID:RZvnS4rP
>>127
昔、池沼の団体と一緒だったことがある。奇声発しまくりでマジうるさいし、立ち歩くし、濡れ場シーンでも興奮して奇声発するし。
池沼だろうとガキだろうと、静かにできないなら来るなと言いたい。

129 :イギ−:2006/01/29(日) 01:25:29 ID:foeeeaAJ
こどもたちの演技が凄くイイ!
特にチャールズ。
アニメや童話の世界から飛び出してきたよう。
フェイギンとロジャーとチャールズともう一人の男の子とでオリバーに
泥棒の手本を示すシーンが秀逸だった。
あといかにも金持ちそうな男の子のフラフープ(予告でグッときたシーン)をとって
3人で巧みに渡し合いながら遊ぶシーン。無言で追いかける男の子も可愛かった。
これはアカデミー衣装デザイン賞を受賞するかもしれない。
あとベン・キングスレーの2度目の受賞は…ないか。
でもノミネートはされるかもしれない。
ラストシーンの、錯乱状態のフェイギンの最後の絶叫が可哀想で、ここがこの映画の非凡な愁嘆場。

130 :名無シネマ@上映中:2006/01/29(日) 01:29:34 ID:QmuBhbeM
美術と衣装と演技か…レポ乙。
あんま期待せずに行ってみる。

131 :名無シネマ@上映中:2006/01/29(日) 01:50:50 ID:7GUEwqrS
雰囲気は確かにいい映画なんだけど、なんせストーリーがつまらない。
棚から牡丹餅とか果報は寝て待てってとこか?wあと可愛い子は得をする。

132 :イギ−:2006/01/29(日) 01:53:04 ID:foeeeaAJ
また観たい…。

133 :イギ−:2006/01/29(日) 02:00:28 ID:foeeeaAJ
あの無言で追いかける子はロマン・ポランスキー監督の子供だったんだ!
あとバーニー・クラークくん、短髪で来日したときは「うわっ」と思ったけど
今月の22日に再来日したときは綺麗な巻き毛で美しい…。

134 :名無シネマ@上映中:2006/01/29(日) 02:04:57 ID:TVd1SJ+C
オリバーの見た目は確かに心を打った・・・
と同じにもどかしい少年だなと。



135 :名無シネマ@上映中:2006/01/29(日) 02:20:30 ID:CSujz0d8
予告篇で、「期待の新星(だったっけ?)」とかって出てたから、
思いっきり期待していたんだが、(´・ω・`)ショボーンだった・・・・

136 :イギ−:2006/01/29(日) 03:02:49 ID:flu3wCSr
公式ブログにわたしのこの映画の感動をすべて書いてきた。

137 :名無シネマ@上映中:2006/01/29(日) 03:23:36 ID:qfSHUsps
〉126
それを言ったらハリーポッターの立場が

138 :名無シネマ@上映中:2006/01/29(日) 03:26:34 ID:h34COfGH
CMのおすぎは少年スキーでFA?

139 :名無シネマ@上映中:2006/01/29(日) 03:27:22 ID:qfSHUsps
あと、親が見に行ったのだけど
この時代にモルタルとかセメントがあったのか?

といっていた。

140 :名無シネマ@上映中:2006/01/29(日) 03:51:49 ID:riUPWemq
>>139
モルタルなんぞローマ遺跡などの古代遺跡にも使われている。
セメントだって、ポルトランドセメントが18世紀には出来ている。と、親に教えてやれ。

141 :名無シネマ@上映中:2006/01/29(日) 04:43:19 ID:faIjz9i4
観ようかどうか迷ってるんだが…
アンジェラの灰みたいな作品なの?

142 :名無シネマ@上映中:2006/01/29(日) 08:01:53 ID:5QIpzxKg
ショタコンにはたまらん映画だろうな。
男の子がかわいいし、裸シーンがふんだんにあるし。

でも実際はオリバーは疫病神で、関わった人すべてを不幸にする、
悪魔みたいなやつなんだけどな。

143 :イギ−:2006/01/29(日) 09:20:15 ID:XmutzL7/
オリバーの上半身裸のシーン、2ヶ所にしかない。
そのかわり美少年がかなり出る。
ロリコン監督なのにこの質は凄い。

144 :名無シネマ@上映中:2006/01/29(日) 10:58:37 ID:LBUuTd0M
最後の方オリバーがすごい受身で、幸福になってもたなぼた的な感じが強く残ってしまった。
特に最後、ビルから逃げ出せるポイントが3回はあったのに、律儀に待っているのが謎。
ナンシーの事で怒るのも別の子供だった。
個人的には、オリバー以外の子供がどうなったのかがすごく気になる。

145 :名無シネマ@上映中:2006/01/29(日) 11:36:35 ID:JtaEWkKO
タナボタ・他力本願のすえ幸福になる、ってのが
ディケンズの小説の黄金パターン。

146 :イギ− ◆VD0688G9N2 :2006/01/29(日) 13:07:09 ID:klQCU0Se
わたしは公式ブログで思いのたけをぶつけまくってる(苦笑)
当初の目標である大ヒットはもうムリっぽいけど、せめて小ヒットくらいはしてほしい。
日本随一のこの映画のファンであるわたしが苦戦気味の本作のプロモーション活動を引き受けます(笑)
ちなみに本作は『アレキサンダー』的な名作、傑作だと思う。
駄作といえば駄作だし、稀代の名作といえば名作。
そういう2つの要素をもった映画がわたしの好みっていうのはある。
おすぎが絶賛っていうことでヤバイと思ったんだけど、これは良かった。
わたしが少年好きっていうこともあるからかなぁ…。
でも一番の愁嘆場は、我を失ったフェイギンが思わずオリバーに抱きつくシーンだ。
何も出来ないでオリバーの乗った馬車が去っていくときに、石壁の前の板組みがフェイギンの絞首刑の
準備なんだとわかってさらに哀しくなった。
この映画だけの寂寞感を胸に残す。

147 :名無シネマ@上映中:2006/01/29(日) 13:26:59 ID:KiO1WEou
主役のオリバーが、駄目っつーのが一番痛いな。


148 :名無シネマ@上映中:2006/01/29(日) 13:41:24 ID:D/ove3xo
結局グッドルッキングでもの悲しい顔ってだけで金持ちの家の養子になれたってだけの映画


149 :名無シネマ@上映中:2006/01/29(日) 13:57:29 ID:A9vMRNnS
ロンドンに向かう途中で助けてくれたおばあさんの家の雰囲気がたまらない

150 :名無シネマ@上映中:2006/01/29(日) 14:10:08 ID:BdJNc2c/
フェイギンが宝箱開けて喜んでるシーンから子供を道具にして私腹を肥やしてるって印象が強く残ってしまい
オリバーに優しくしても何も感じなくなった。いい演技だったけど

ロジャーとフェイギンの物語にした方が面白い予感

151 :名無シネマ@上映中:2006/01/29(日) 14:22:20 ID:6NN5utmt
>>150
あれはねぇ
ただ単に、子供の思い出を大切にとっているってことにしたかったのかな、と思ったけど、途中のもろもろの展開で、
全然心優しい人には見えなくなってしまった罠

他の人も書いてるけど、もっとこう、友情とか色々あっていい感じなのかと思ったけど全然無くてがっかりだ

152 :名無シネマ@上映中:2006/01/29(日) 14:24:16 ID:VhWkxSVG
俺がこの映画に向いてなかっただけなのかもしれんが、

・オリバー受け身すぎてよくわからん
・全体的にあんまりメリハリなくて淡々としてる
・観ていて喜怒哀楽全ての感情が盛り上がらない、
あぁ可哀想、あぁ良かった、あぁ切ない程度

俺が鈍感なだけだろうが

153 :名無シネマ@上映中:2006/01/29(日) 15:34:35 ID:y0RPspB4
金曜の読売夕刊の批評、辛辣だなw

> SFでもないのに80億円の制作費を
> 投じた力作。確かに見応えがある。
> でも、筆者だけだろうか、ちっとも感動
> しなかった。

> この映画の場合、オリバー少年にあるのは、純粋な
> 心というより融通の利かなさ。
> 一人でいい子でいたいがために、悪いなりに秩序のある社会を
> 混乱させ、身の回りの小さな悪を根絶やしにしてしまう。
> 天使?悪魔に見えたが。
> 下心があったとはいえ、彼の面倒を見てやったスリ団の
> ボス、フェイギン(ベン・キングズレー)があまりにかわいそうだ。
> フェイギンの立場になって映画をもう一度見直したい。
> そうすれば間違いなく泣けるのに。

俺は普通に娯楽作として、楽しめたけどな。
19世紀のロンドンの風景とか、小説ではわからない
部分を再現してくれたし。

154 :名無シネマ@上映中:2006/01/29(日) 17:18:20 ID:4qto+/Gc
ロンドン以降のオリバーってほとんど
「はい、分かりました」
って感じの台詞しか言ってないような。
予告とか見るとスリの少年との友情とか努力で
未来を切り開くような展開の印象を受けたが
本編のオリバーはなんか流されるままに
生きてる感じだ。
フェイギンの人は良かった。

155 :名無シネマ@上映中:2006/01/29(日) 17:38:09 ID:lrD5Nx0s
今見てきたよ。正直いえばつまらなかった。
でもね、同監督の「チャイナタウン」を見たときも
同じような印象だったんだよね。
でもその後なんか気になって、DVDを購入して、5回以上は見たかな。
いまではお気に入り映画の一つだ。

映画として成立する際まで、リアルを追求して世界を作り込んでいく。

ストーリーを追っかけている間は
「まるでタイムスリップしたような既視感」を味わう余裕はなかなか持てない。

156 :名無シネマ@上映中:2006/01/29(日) 18:06:20 ID:hHX50H8q
>>153
オリバーが悪魔に見えた、で正解だと思うよ
イギリス流の皮肉だろ

しかしフェイギンに感情移入してる人も珍しいような

157 :名無シネマ@上映中:2006/01/29(日) 18:54:52 ID:e23WzRyq
>>156
すねに傷持つ身には堪えるのです。

それとね、
オリバーはさまよえるユダヤ人のメタファーなんだよ



と言ってみる。

158 :名無シネマ@上映中:2006/01/29(日) 19:36:36 ID:pOZjfJWM
観て来た
オリバーがお金持ちの家からナンシーに連れて来られてドジャー達に上等の服を
脱がせられるところで興奮してしまいました

159 :名無シネマ@上映中:2006/01/29(日) 20:14:08 ID:jLJYJDOd
>>158
金払って観てきて
感想がそこに尽きるのかよw

160 :名無シネマ@上映中:2006/01/29(日) 20:17:33 ID:si6qZYT3
かわいかったオリバー…
もう一回みたい!

161 :名無シネマ@上映中:2006/01/29(日) 20:20:46 ID:P0vQOy/n
>158
それくらいしか見どころがなかったっていう隠喩だよ きっとそうだ
映画見てクソつまんないから彼女といちゃつこうと思ったけど女が
真面目に見てて


162 :名無シネマ@上映中:2006/01/29(日) 21:13:52 ID:pDHMBBHd
見てきた。昔のイギリス人て貧乏でも乞食でもジョンガリアーノとかヴィヴィアン
みたいな服着てるんだな。すげえや

163 :412:2006/01/29(日) 22:07:56 ID:kqkdhK8X
この政局の場合、小泉首相にあるのは、純粋な
心というより融通の利かなさ。
一人でいい子でいたいがために、悪いなりに秩序のある社会を
混乱させ、身の回りの小さな悪を根絶やしにしてしまう。
天使?悪魔に見えたが。
下心があったとはいえ、彼の面倒を見てやった亀井派の
ボス、亀井静香があまりにかわいそうだ。
亀井の立場になって政局をもう一度見直したい。
そうすれば間違いなく泣けるのに。



164 :名無シネマ@上映中:2006/01/29(日) 22:24:43 ID:si6qZYT3
他の子供達がどうなったのか気になる…ドジャースとか…

165 :名無シネマ@上映中:2006/01/29(日) 23:30:32 ID:fVRAHwqn
>>164
独立

166 :名無シネマ@上映中:2006/01/30(月) 00:26:17 ID:iwEDu1HZ
また予告が内容をはげしく歪ませてるな。
あれじゃオリバーが窃盗団と友情を育む話みたいになってる

167 :名無シネマ@上映中:2006/01/30(月) 00:32:39 ID:HIWQqVkT
みてきました
オリバーと愉快な仲間たちの冒険成長活劇と思って見に行ったのでギャップにびっくり
おもしろかったしとても丁寧に作ってあって好感が持てましたが…
悲しみが深く残ってつらかった…

168 :名無シネマ@上映中:2006/01/30(月) 00:33:40 ID:XHljW+60
帰ってから、ナンシーでヌイた
そこだけの映画

169 :イギ− ◆VD0688G9N2 :2006/01/30(月) 00:54:29 ID:ZVWYDQnM
愛想を尽かされたのか、ブログのひとが返事をかえしてくれなくなった(苦笑)

170 :名無シネマ@上映中:2006/01/30(月) 01:09:18 ID:SaTsho+t
ロミオの青い空のような話なのかと思ったら、ところがどっこい。

171 :名無シネマ@上映中:2006/01/30(月) 01:27:58 ID:LQ5NyLFe
子供が大勢出てくると、どれがオリバーなのか判別が難しい・・・俺だけ?

ナンスィーのおっぱいが見所

172 :名無シネマ@上映中:2006/01/30(月) 01:31:46 ID:g9m31E4a
予告編で受けた印象とはえらい違いだなぁ。
もっとこう、スリ集団と絆が深くなるシーンがあるだけで
違ったと思うんだが……。
オリバー万歳。他は知らんって感じで、どうも……。
てか、オリバー、えこひいきされ過ぎ……

音楽もセットも秀逸な中で、肝心のシナリオに説得力が無い。
まあ、原作通りに作ったのかも知んないけど、
原作知らない人(例えば俺とか)には、厳しいんじゃ。
フェイギン、ドジャー、ナンシーの心理が察しづらいから
尚シナリオが解りづらいし。

それでも、セットと音楽と雰囲気は凄くいいと思う。
古いイギリスの町並みが好きならオススメかな。

173 :名無シネマ@上映中:2006/01/30(月) 01:50:22 ID:c2UlhiXY
原作は、薄倖孤児の切々物語を諧謔文で突放して書いてあるんだよ
そこが面白み。マトモに映像にしたら…
餓死する子供、無学と貧困で身を持ち崩す少女、生まれながらの悪党、…

174 :名無シネマ@上映中:2006/01/30(月) 02:06:19 ID:I3iV7u8u
試写会で見てきたけど、駄作。何処がおもしろいのかわからん、何も伝わらなかった。まあ試写会でよかったです。金出して見る価値は無いね。

175 :名無シネマ@上映中:2006/01/30(月) 02:21:19 ID:t1CuuKnR
ナインゲートぐらいの駄作なの?

176 :名無シネマ@上映中:2006/01/30(月) 09:02:24 ID:1T1xvNtb
>162 あんた、センスいい!!
そのひと言で、見に行く気になりました、はい。

177 :名無シネマ@上映中:2006/01/30(月) 09:04:05 ID:42/aPls6
コケましたね。見事にw

178 :名無シネマ@上映中:2006/01/30(月) 10:52:00 ID:UQWOdiWQ
http://kizaemon.cocolog-nifty.com/blog/2006/01/1050_afbf.html

179 :名無シネマ@上映中:2006/01/30(月) 11:06:14 ID:tcVu0LFJ
隠れ家とか怪しい団体
に心動かされる私は本
当に楽しめた。
パンやスープが素朴に
旨そうだし。


180 :名無シネマ@上映中:2006/01/30(月) 12:13:47 ID:V5J/BQpZ
少女強姦魔(しかも国外逃亡)の監督による糞映画。

181 :名無シネマ@上映中:2006/01/30(月) 12:49:17 ID:vIOk/+Ue
オリバー君、いったい何度失神するんだってツッコみながら観た。
最初の倒れ方はオオッと思ったほどリアルだった。

182 :名無シネマ@上映中:2006/01/30(月) 13:11:39 ID:yl/p0Gyf
>>173
そうだな、階級社会への風刺だからね、感動するような話じゃない

183 :名無シネマ@上映中:2006/01/30(月) 13:40:12 ID:Nmzx1CyU
そもそも、オリバーを連れ戻したのがバカ
しばらく様子を見てればよかったのに
オリバーの性格からして盗賊団の話はしないと想像できるだろ

184 :名無シネマ@上映中:2006/01/30(月) 14:05:31 ID:TpW6L3uz
フェイギンの神演技!
監督が呂利ペドだから
観ないとか食わず嫌い
もったいない。


185 :イギ− ◆VD0688G9N2 :2006/01/30(月) 14:16:31 ID:X0HzSGe+
なんでロジャーじゃなくてオリバーを豪邸の強盗に参加させたんだ。
協力しないのはわかってるだろ。
にしてもあの2丁拳銃の貴族ファッションの男はなかなか良かった。
やっぱり絞首刑なんだろうか。

186 :名無シネマ@上映中:2006/01/30(月) 14:53:32 ID:WyRIGxSB
ロジャー役はいつも芸達者がやるんだな。
舞台で見たことあるけどオリバーよりは芝居がわかってる演技だった。



187 :名無シネマ@上映中:2006/01/30(月) 15:32:34 ID:gQB2F8wy
>>172
イギリス近代住宅、内装の資料になりそう?

188 :名無シネマ@上映中:2006/01/30(月) 16:03:12 ID:oEMGLwJ6
CXでオリバー特番放送中。バーニーくんは思っていたよりも科学実験が好きで数学が
嫌いらしい。カッパ巻き、照り焼きチキン、天麩羅が好きだとか話していた。

>>185
オリバーは家の構造を知っているし、オリバーへの最大の屈辱・そして窃盗団への絶対従属
を誓わせるために行われたんじゃないかな。なにせ、オリバーはブラウンロー氏の下で生活
していきたかったし世話にもなった。んで、ブラウンロー氏もオリバーが犯罪に荷担したとわか
れば彼を引き戻す気にもならない、つまり窃盗団の一員として生活せざるを得なくなることを
狙っていたのではないかと自分は思うんだが。

189 :名無シネマ@上映中:2006/01/30(月) 16:07:53 ID:EezNjZ2z
>>188
オリバーくんは見ていてイライラするシーンいっぱいだったなw
屋敷に入った時点で、鍵開けなきゃ良いのに。とか、人質になってるシーンの所とか、
自ら危険なことを進んでやっているように思える。

190 :名無シネマ@上映中:2006/01/30(月) 16:16:48 ID:zPP5M2QM
BOAのCMなけりゃ見に行くとこだった。アブネアブネ

191 :名無シネマ@上映中:2006/01/30(月) 16:59:17 ID:Nmzx1CyU
>>188
連れ戻すんじゃなく、金持ちの家にいるオリバーを利用して、
金を手に入れればいいのにと思ったんだよ
親切な友として振る舞えば、大人しそうなオリバーから
理由をつけて金を巻き上げるのは難しくなさそうなのに

192 :名無シネマ@上映中:2006/01/30(月) 17:25:58 ID:jf49zxA+
てなこって観てきたワケぢぁがw  客入りは80人強

結論 外見がすべて  外見が良ければ、なんとでもなる
なんつーーーーーーーーーーー ええ加減な映画や つまらん時間を過ごしたわぃな
カネ返せw

ナンシーのデカパィ乙だけが救いやなw
ところで、牝2匹も餓鬼と同じく調教したんやろが
何でメイド風にご奉仕プレイせんのんや? 色仕掛けの窃盗だけ教えたんかぃ?
観客ゴコロを理解しちょらへん監督やのぉ〜 つまらん、つまらん
ええ加減な映画作るなや( ゚Д゚)凸 ゴルァ!

フェイギンもなぁ〜 なんとも無いぞ? どこが世話になったつーんだ? あぁあん?
身代わりとなって絞首刑になった餓鬼共から
巻き上げた貴金属に語りかけちょるシーンは引いたぞ( ゚Д゚)凸 ゴルァ!

つまらん、つまらん  所詮、外見がすべて つーーー映画やでぇ〜

そうやな  30点やな   これから観やうか迷ってる者共、観なくてもええよ

193 :名無シネマ@上映中:2006/01/30(月) 17:37:12 ID:iD+N3Dt7
@荘厳でさえある予告編映像
Aロマン・ポラン好き監督
Bチラシの表「感動巨篇」

見事に騙された・・・  俺の馬鹿。
ついでに、80億は全部舞台セットに遣っちゃったの?
遥かに素晴らしかったalwaysのVFXだったら予算1/20で済むのに。

映画作品を叩くのは本意ではありませんので、このへんで。

194 :名無シネマ@上映中:2006/01/30(月) 18:05:58 ID:t1CuuKnR
良かったよ。
細部まで作り込んだ美しい映像の中に、
翳りと緊張感ある映像は、ポランスキーならでは。

監督の生い立ちから、弱者の側に立った血の匂いのする映画が多かったけど、
マクベスの復讐的な物やチャイナタウンの告発的な物でもない。
オリバーツイストは、
同じ境遇の完全なる悪人と、まだ人間の心を持ちながら彷徨ってる人を対比させながら、
自分を苦しめた人達にも、そうせざる得ない現実がある事への、
憐れみと赦しの映画だったと思う。

原作は読んでないけど、男の子が頑張って幸せを掴む物語なんですか?
もしそうなら、裏切られた気持ちで一杯になるのも分かります。
エンドロール始まると直に、席を立つ人多かったし、何か暗いという意見もあったし・・

そして、あの宣伝は嘘っぱちです。
何を求めて観に行くかによって、意見が大きく分かれます。


195 :名無シネマ@上映中:2006/01/30(月) 18:51:18 ID:dyF24u3Y
今見てきた。
セットと映像は立派だけど内容は今一だったな。
原作にほぼ忠実に作ってあるからけど
ごっそり削られてるところもある。
それはしかたないとしても、細部の、しかし重要な描写に不満が残った。
(たとえばサイクスがナンシーを殺害する場面)



196 :名無シネマ@上映中:2006/01/30(月) 18:59:28 ID:6JkI42oB
昨日みてきた

深い悲しみ包まれた映画でした〜
よかったよ!
一緒に行った彼氏は映画としては失格だと言ってたけど。

197 :名無シネマ@上映中:2006/01/30(月) 20:01:23 ID:qLgtSsYN
やはり最後、獄中でのフェイギンのシーンに尽きる。
そこだけはなんか心が震えた

198 :名無シネマ@上映中:2006/01/30(月) 20:09:09 ID:t7luApqe
最近、リメイク&文豪小説映画化が多いのは単なる偶然?

・宇宙戦争
・キング・コング
・偏見とプライド
・オリヴァー・ツイスト
・オペラ座の怪人
・ランド・オブ・ザ・デッド
・ナルニアシリーズetc・・・・・・

チラシの裏だな…orz

199 :名無シネマ@上映中:2006/01/30(月) 20:43:06 ID:zBNetCz0
The rain in Spain stays mainly in the plane.
を各登場人物が読むと、ほとんどが例の発音になると思った。

200 :名無シネマ@上映中:2006/01/30(月) 20:59:42 ID:14shgwaW
>>198
馬鹿か

201 :名無シネマ@上映中:2006/01/30(月) 21:22:57 ID:Bo9VqE9L
感想:すばらしいぞ

202 :名無シネマ@上映中:2006/01/30(月) 21:26:24 ID:Bo9VqE9L
改めて言おう
素晴らしいぞ

203 :名無シネマ@上映中:2006/01/30(月) 21:59:48 ID:3iyPbIif
前知識ないままいてきたよ。
最後なんだか不思議な気持ちになりました。

204 :名無シネマ@上映中:2006/01/30(月) 22:18:17 ID:Y4137Fp7
プロットと演出が合ってない
無理やり感動作っぽくしようとして中途半端になってる
映画と言う媒体の持ち味を出せてない映画

しかしナンシーは可愛かった、お嫁さんにしたい
彼女を外に出さなかいビルには殺意は湧いた、手ぶるぶる震わせてた
でも殺すシーンではなぜかそんなに頭にこなかった、予期できたからかな。
ナンシー主役にしたらよかったのに

205 :名無シネマ@上映中:2006/01/30(月) 23:29:00 ID:t1CuuKnR
>>201
かなり同意。
分かる人にはたまらない映画。
感動作で売り出そうとした会社には、オリバーツイストを題材に、
監督の個人的な思いへ、主題が置き換えられているのが痛い所。
ポランスキーのここ何作かは、予定調和の凡作続きだったので、年かなと思ってたけど
久しぶり”らしい”映画が観れて安心しました。


206 :名無シネマ@上映中:2006/01/31(火) 00:13:55 ID:Z+CqtkaL
葬儀屋抜け出して最初に行き倒れて助けてもらってまた出発の後に、
その家はこんな家です。作り込みましたんで観て下さいと言わんばかりのカットに笑った。

207 :名無シネマ@上映中:2006/01/31(火) 08:59:51 ID:xjUHqr1z
>>205
つまり、ごくごく一部のマニアには受け入れられるが、
普通の人に取っては凡作っつーことで宜しいか?

208 :名無シネマ@上映中:2006/01/31(火) 11:25:16 ID:fEgGQASn
監督が好きならおk
原作好きだときつい。画面は綺麗だったけどねー

209 :名無シネマ@上映中:2006/01/31(火) 14:30:52 ID:+w0rbS8a
>>207
普通の人にとっては凡作極まりない ということで宜しいかと。

ただし、画像的に写実以上の映像美と言えるレベルのものではないものを捉えて「綺麗」と感じ、
ストーリー的にも、展開の必然性や自然さといったものを無視した脚本が気にならない。

御仁でなければこの映画を賞賛出来ませんでしょうから、マニアとは別物かと・・・


210 :名無シネマ@上映中:2006/01/31(火) 14:38:01 ID:F5eHoGyr
これが傑作なのだとしたら
ミュージカル版のオリバーはそれ以上って事になるな。


211 :名無シネマ@上映中:2006/01/31(火) 14:38:09 ID:m8Hj3a4J
オリバーは外見だけじ
ゃないと思う。
だって悪にも善にも同
じように自分を助けて
くれた事に敬意を示し
てるし、窃盗団という
職業にも軽蔑という態
度ではなく尊敬の眼差
しでフェイギン達を見
てたんじゃないか?

212 :名無シネマ@上映中:2006/01/31(火) 15:52:05 ID:1jUvBffp
>>210
傑作は予告編だけかと
もちろんTVCMのは論外

213 :名無シネマ@上映中:2006/01/31(火) 16:16:32 ID:r5kpoPn+
「フライト・プラン」が評判悪いので、これに期待してたけど、
これもレス散々だな。
今週デートで映画なのにどれ観よう・・・。

214 :名無シネマ@上映中:2006/01/31(火) 17:12:47 ID:+i0DsZdr
>>213
7人のマッハお勧めだったけど、無くなったかな?
デートなら「有頂天ホテル」見てないなら見た方が良いよ。
ホラー好きなら「輪廻」出も良いんジャマイカ?

215 :名無シネマ@上映中:2006/01/31(火) 17:43:38 ID:cGuygDtY
数式とかまだ見てなければスミスとか

216 :名無シネマ@上映中:2006/01/31(火) 17:57:10 ID:+i0DsZdr
>>215
スミスは良いが、数式は糞。こんな映画デートで見ない方が良い。
「オリバーツイスト」の方が10倍良いよ。

217 :名無シネマ@上映中:2006/01/31(火) 19:48:04 ID:1jUvBffp
数式の方がいいに決まってんだろw
オリバーツイスト見ても話が盛り上がらないっての
デートで見るなら有頂天ホテルが一番無難

218 :名無シネマ@上映中:2006/01/31(火) 21:03:24 ID:u16UUb1D
ゾロも大衆受けする作品で気楽に見れていいと思うけどね

219 :名無シネマ@上映中:2006/01/31(火) 21:51:08 ID:GPiJ6R1n
面白かった。
ストーリーも適度に起伏があって見ていて飽きなかったし、
俳優の演技はさすが。特にフェイギンが良かった。
それになんと言っても19世紀のロンドンの風景が見事に再現されていて、
パンフ見るまで「ロンドンってこんな風景が残ってるんだ〜」とか思ってしまった。
アレがセットってのはすごい!
まあ、デートには向いていないかもだけど、見て損しない映画だね。

220 :名無シネマ@上映中:2006/01/31(火) 23:19:20 ID:hRxn0iqh
俺だけかもしれんが、ドジャーが出始めの頃のリバーフェニックスに被って見えた。

221 :名無シネマ@上映中:2006/01/31(火) 23:56:12 ID:7R0KCs27
>220
あ、なんかわかるかも。
ドジャー役のやつよかったね。

222 :名無シネマ@上映中:2006/02/01(水) 00:07:01 ID:/qVvZU9O
ところで


オリバー出生の秘密エピソードは一体どこへいったんですか


ここが最重要エピソードじゃあないのか・・・





223 :名無シネマ@上映中:2006/02/01(水) 00:10:04 ID:NsN+O2cj
面白かった。けなす理由がよくわからん。

224 :名無シネマ@上映中:2006/02/01(水) 00:11:45 ID:aINekCje
俺のブラウンローさんマダー?
早く貧しい俺を救って養ってくれ…

225 :名無シネマ@上映中:2006/02/01(水) 00:21:35 ID:lejjDq5+
見てきた。原作読み。
原作読みとしては、原作の細かいとこに愚直なくらい忠実な
台詞と映像に、首傾げながら見てた。
そりゃメイリー家とモンクスを丸々削ってるんで、大改造はしてるんだけどな。

で、凝ってるんだが「何でこんなに手間かけてポランスキーが
撮ってるのかわかんねー」演出に首傾げたまま、最後の部分。
…あれが撮りたかっただけか? あそこで初めて
ポランスキーらしい映画だな、と思った。それならサワベリー家も
いらないんじゃないか。

個人的には”犬”に名前がついて、待遇も良かったのが
良かったw

226 :名無シネマ@上映中:2006/02/01(水) 01:06:14 ID:RAwFtasG
似たような映画あったよね、放浪した少年が最後に生き別れて作家になった
母親と出会うストーリーのもの、題名なんだっけ?

227 :名無シネマ@上映中:2006/02/01(水) 01:21:02 ID:oGdelbYX
そもそもディケンズがあまりストーリーの展開を複線持たせて作るのが上手くないんだよね。
まあそういう意味ではこの話は複雑なストーリーではないのでそういうところを見るのではないのでしょう。
ポランスキーの映像美は確かにあってあれだけ暗黒の中で色を潰さないで演技をさせるのは立派。
ただし、それは本当は黒澤組。ならもっと上手く出来たとは思う。
ただ、ポラさんワンパターンになってきているのがちょっとうーんと思う。
上のひとが書いていたように最後が描きたかったんだろうね。

228 :名無シネマ@上映中:2006/02/01(水) 01:35:51 ID:iACmakkY
戦場のピアニストがすごくよかった分、さらにいまいちに思える。
戦場のピアニストはいいよな?

229 :名無シネマ@上映中:2006/02/01(水) 01:36:47 ID:PmkfOiuP
どうぜならあっと驚くような「実はあの人の孫/子供だった」があったほうがよかったよね

誰の子供がいい?とりあえずビル


230 :名無シネマ@上映中:2006/02/01(水) 01:42:21 ID:lejjDq5+
>227
ディケンズは当時のジャンプ連載作家みたいなもんでw
読者の反応見つつ、走りながら連載してたっていう。

…この絵づらで「リトル・ドリッド」なんか、どうだっただろう。長いか。

231 :名無シネマ@上映中:2006/02/01(水) 02:45:56 ID:k367jsJ5
>>222
それを入れるとさらに登場人物増えて、2時間じゃ収まらんからカットしたんだろう。

出生の秘密を省いたせいで「顔と運」だけで幸せになったように見えるけど、
監督的には問題なかったんじゃないの。幸せになりましたーってことが重要でさ


232 :名無シネマ@上映中:2006/02/01(水) 03:23:55 ID:7uJ2ehxF
映画館の予告見ておもろそうだと思ってみたんだけど、(´・ω・`) だよ
上の方にもあるけど、ジャックとの友情&スリ団の話だったら良かったなー

ブランチか何かでやってたマジックがまたみたいなー オリバー役のこ

233 :名無シネマ@上映中:2006/02/01(水) 03:41:29 ID:rYg4biyH
観てきたよ。

面白い顔の人がいっぱい出る面白い話の映画。

おれは、ロンドンの判事が良かったな。本当、横暴な感じが出てた。
主役のコも良かった。
煙突掃除夫に連れて行かれそうになるときの、涙いっぱいの顔にモエモエ。
最後も泣けた。あの、面会に行く前の牢への道をちゃんと描いてるあたり、
ベテラン監督のツボを押さえた「芸」だよなあ。

なんで貶すのかね?
そりゃ、傑作というほどじゃないけど、おれは充分楽しんだよ。

234 :名無シネマ@上映中:2006/02/01(水) 03:58:43 ID:OYcWyw0+
正直、昔の「オリバー!」の方が好き。

235 :名無シネマ@上映中:2006/02/01(水) 04:31:36 ID:Gk28nO6t
「オリバー!」って、アカデミー賞史上最低の駄作って聞いたんだけど

236 :名無シネマ@上映中:2006/02/01(水) 04:36:24 ID:INJPE//P
ハリーポッターとかCGで目がくらむような映画とかでないと
満足しないんじゃないかな
今の観客は
チョコレートなんとかとかあんな感じのやつ

237 :名無シネマ@上映中:2006/02/01(水) 07:24:55 ID:oGdelbYX
>>228
確かにそうだね。線上のピアニストは素晴らしかったと十分に思った。
その比較をどうしてもしてしまうのかも。
>>230
四時間くらいになるのでは?でもポラさんに会わないような気も。
>>231
同意。


238 :名無シネマ@上映中:2006/02/01(水) 07:26:43 ID:oGdelbYX
>>233
貶めてないんですよ。ある程度は楽しんだし、特に映像美はポラさん独特の
ダークな感じが出ていた。
あの原作をああ表現するのも立派。
でも何か皆がものすごく期待していたほどでは残念ながらなくて、
多分次回また彼が作る映画を見に行くと思う。
けなされる映画なんて2chではこんなもんじゃないですよ。
重箱の隅をつつくようなことばかり言っている人間もいる。
>>236
ハリーポッターこそ何が面白いのかという感じで一作目しか見ていない。
たしかに最近のアメリカの映画はCGばかりで本物の質感がまるで伝わってこない。
とくにフィルムからデジタルになって違和感ありすぎ。この10年が特にそう。
いま一番ヒットしている三谷の映画もデジならではのノイズと奥行きがないので舞台がホテルなのに広さがでない。
(カメラワークもどうしようもないし、ストーリーも終わってるけど)
映像美と言う意味では「博士の愛した数式」の暗闇で見えるか見えないか分からない、
でもやっぱり見えるというカメラワークはすごい。中身に合わせて色を作っている。
間違いなくコダックだと思っていたらやはりそうだった。
タイタニックは多分個々にいる人たちは好きではないと想像する。
それはディカプリオがまだわかすぎてケイトウィンスレットに完全に食われていたから。
アカデミー賞の主演男優賞にノミーネートされないのも当然と思った。
でもジェームズキャメロンはあの船を作り直し、中の豪華な調度品を全て複製したんだよね。
もちろん、CGにも頼った。
ただ私が言いたいのはそれだけのことをしないと映画にしたときにばれてしまうと言うこと。
私などより豪華調度品に慣れている人はいくらでもいるし、その人たちを欺くことは出来ないと言うことです。

最近の映画に不安を覚えているので長くなりました。失礼です。


239 :名無シネマ@上映中:2006/02/01(水) 09:14:00 ID:tjI5Ef5o
貶してる人なんて少ないと思うが…。
予告が神すぎたせいで期待した人が肩すかしくらって
「がっかりした」ってレスがほとんどだろ。
個人的にはよくも悪くも普通で印象に残らない映画。
見て損はしないが得もしない。まさに毒にも薬にもならない映画。

240 :名無シネマ@上映中:2006/02/01(水) 09:37:29 ID:MAnS/3DN
「貶してる」部類に入ってるであろうヲデが書き込んでもいいですか?
>>233
この類の映画にCGやらVFXやら求めるわけないでしょう?(w
ストーリー性がダメダメだからそのように評価するしかないのです。
例示すると、ドロボーの親方やおカネモチが何故不利益しか生じない少年にあそこまで執着するか。
物凄く不自然な展開に辟易してしまう訳です。

窓から放り投げて鍵を開けさせる役務だけのためにオリバーが必要ですか?
因果関係のない、心情的にも無問題のちっこいオコチャマであればあの件は完全犯罪達成してたでしょ?
「オリバーでなければ完遂出来ない何か」が存在しないから必然性がまるで欠落してしまう。
例を挙げればきりがないくらい、極めて不自然なストーリー展開の連続になってしまっていますね。




241 :名無シネマ@上映中:2006/02/01(水) 10:28:14 ID:bfMfnllS
>>231
>監督的には問題なかったんじゃないの。幸せになりましたーってことが重要でさ

そんなポランスキー映画いらん

242 :名無シネマ@上映中:2006/02/01(水) 13:23:21 ID:5HxVtKVZ
試写会はどうすれば観に行けますか?
1人でもいいの?

243 :名無シネマ@上映中:2006/02/01(水) 13:55:02 ID:3WHnGSWi
おすぎのCMウザイ

244 :名無シネマ@上映中:2006/02/01(水) 14:00:31 ID:/lqdGIv0
18〜19世紀のイギリスの下町やらを見るには良かった。
でもそれなら「フロム・ヘル」でもいいって話だけど。

245 :名無シネマ@上映中:2006/02/01(水) 14:07:16 ID:wGStgYvP
>>630
ストーリーを責めても原作のせいだから仕方ない。ディケンズってあんなもん。

246 :名無シネマ@上映中:2006/02/01(水) 14:25:00 ID:lDR0CTF/
>>240
>窓から放り投げて鍵を開けさせる役務だけのためにオリバーが必要ですか?
そもそもオリバーがあの家で世話になって内部を知ってるだろうから、
あの犯罪計画が生まれたんじゃん。
いくらなんでも、少しぐらいは理解力ってものを鍛えろよ。

247 :名無シネマ@上映中:2006/02/01(水) 14:44:39 ID:gfJW9Zl7
おすぎがむかつく

248 :名無シネマ@上映中:2006/02/01(水) 14:59:17 ID:tjI5Ef5o
>>246
「○○にも鍵がある」とオリバーが言った時点で
もう存在価値はなくなってると思うが。
鍵が暗証番号を必要とするようなものでない限り
オリバーでなければならない理由がない。
普通の鍵なら例えばドジャーなんかを連れていけば
充分期待に添う仕事をしただろう。

249 :名無シネマ@上映中:2006/02/01(水) 15:03:31 ID:MHbLyVfA
>>246
観ずに書いてるんだろ?w   一番酷い人選をした訳なんだが・・・
内部状況など口頭説明や図示で充分であり、ちょこっと心情的考察すれば、
現場でオリバーにヤマ踏ませることの危険性  ・・・はぁ、疲れる。


そのレスの最終行は自己紹介という解釈でいいんだね?





 



250 :名無シネマ@上映中:2006/02/01(水) 15:04:41 ID:tjI5Ef5o
考えてみたら暗証番号の場合も聞くだけで充分か…。

251 :名無シネマ@上映中:2006/02/01(水) 15:06:51 ID:lDR0CTF/
>>248
単純に考えろよ。
事情を知ってる者を連れてった方がいいに決まってるじゃん。
おれが仮にアランのような悪党で、銃を持っていったら、
絶対オリバーを連れて行くよ。むしろ、反抗するなんて想像もつかん。

252 :名無シネマ@上映中:2006/02/01(水) 15:09:04 ID:lDR0CTF/
>>249
お前は結果的にオリバーが反抗したから、そう言ってるだけ。
現場を知ってる者を連れて行くなんて、当たり前じゃん。
ばかだな、本当に。

253 :名無シネマ@上映中:2006/02/01(水) 15:17:55 ID:lDR0CTF/
>>251 アラン→ビル、ね。分かるだろうけど失敬。

254 :名無シネマ@上映中:2006/02/01(水) 15:20:10 ID:MHbLyVfA
>結果的にオリバーが反抗したから
>結果的にオリバーが反抗したから
>結果的にオリバーが反抗したから


いくらなんでも、少しぐらいは理解力ってものを鍛えろよ。

255 :名無シネマ@上映中:2006/02/01(水) 15:21:13 ID:MHbLyVfA


ばかだな、本当に。



256 :名無シネマ@上映中:2006/02/01(水) 16:03:38 ID:II2fmV4q
終盤眠ったのは俺だけじゃないはずだ

257 :名無シネマ@上映中:2006/02/01(水) 16:11:59 ID:jM/YQgqv
ワレハ 珍獣 オリバーくん
コンゴトモヨロシク…

258 :名無シネマ@上映中:2006/02/01(水) 16:13:25 ID:/pIW5IqA
>絶対オリバーを連れて行くよ。むしろ、反抗するなんて想像もつかん。

こういう奇特な人が居るから、物語って成立するもんなんだな。
「奇特」の遣い方は間違ってません。 奇異や奇妙とは全くの別物です。




259 :名無シネマ@上映中:2006/02/01(水) 16:57:41 ID:lDR0CTF/
恐ろしい悪党に銃を向けられた子供(しかも、もともと「こちら側」の人間)が
命を捨てても反抗するかも知れない……なんて当の悪人が考えるとでも?
はああああああ……。あんたは、奇特というより、未熟だよ。

もういいや。とにかく、あんなところで引っかかる人がいるとは、驚いた。
一度、泥棒の身になって考えてみろよ(苦笑)

おれはむしろ、あんだけビルが警戒してたのにナンシーがロンドン橋に行けたこと
の方に無理を感じる人がいると思っていたが。
(これも、よく考えれば理屈は通ってるんだけどね)

260 :名無シネマ@上映中:2006/02/01(水) 18:03:28 ID:D+CJANNx
ナンシー・゚・(ノД`)・゚・

261 :名無シネマ@上映中:2006/02/01(水) 18:15:20 ID:tjI5Ef5o
>>257
いいなぁオリバーくんw
役にはたちそうにないけど仲魔に欲しい。

262 :名無シネマ@上映中:2006/02/01(水) 18:46:21 ID:9SN9pCD3
昔の文学作品に過度のリアルさを求めるのは野暮。
当時の作家は、時代の"お約束"を踏みにじってまで
リアリティを追求することは難しかったのよ。

お子様は無垢であるべき
小説は勧善懲悪のハッピーエンドで終わるべき…とかね。

263 :名無シネマ@上映中:2006/02/01(水) 19:14:04 ID:lejjDq5+
>昔の文学作品に過度のリアルさを求めるのは野暮。

待ってくれよ。原作の強盗先は、オリバーと無関係の遠方田舎屋敷だろ?
今ネタになってる「恩人の家に送り込めば失敗確実だろうが」は、
筋を改定した脚本の負うところだろう。
ナンシー一人に呼び出されて、深夜のロンドン橋に、氏一人が行くところもな。
(ナンシーが強殺の手先だったらどうすんだ、と思って見てたよ)

ディケンズの魅力は、下層社会のリアリティ+極端な人物戯画+熱病の冗舌+幻想
だと思ってるんだ。「お子様は無垢であるべき」なんかは、否定しない。

264 :名無シネマ@上映中:2006/02/01(水) 19:55:18 ID:RsMTVDKi
きょう、千円の日で見てきたよ。
俺としては十分楽しめた。
中盤までは原作に忠実で
それ以降は筋はしょったり変わったりしてるけど
19世紀のロンドンの雰囲気は堪能しました。

265 :名無シネマ@上映中:2006/02/01(水) 20:27:10 ID:lDR0CTF/
はあ……しかたねえなあ。
もう黙ってようと思ったけど、仕事も一段落ついたし、まとめるぞ。

>>263
だからさあ、ディケンスの原作はひとまず置いて、普通の心理で考えると、
金持ちの家の内部に通じた者が自分の身内関係に出てくるなんて、
泥棒にとっては滅多にないことじゃん。
千載一遇のチャンスだと考えるのは、あり得ること。
鍵の場所も、お宝の在処も、誰がどこで寝てるかも、その他、
実際に押し入って役に立つ諸情報をオリバーは知ってるんだぞ。
窓から入れるのは子供だからって理由で連れてったわけ、ないだろ(笑)

ん、なになに? オリバーを連れて行かなくても、情報は活かせる?
他の子供に口づてで情報与えて連れて行く? 図面でも描かせる?
…………なんでそんな面倒なことしなきゃいけないんだよ。
情報の伝え漏らしもあるかも知れないし、実際、本人連れて行くのが一番じゃん。
言うこときかなきゃ拳銃で脅しつけるわけだし。
命より恩を大事にするガキがいるなんて、サイクスには想定外だよ。
(それこそ「リアル」で考えて、拳銃向けられて逆らう奴はまずいない。
オリバーだって玄関のドアを開けるまでやったじゃないか)

「恩人の家に送り込めば失敗確実だろうが」なんてネタを思い浮かべるのは、
命より恩を大事にするガキがいる……という現実には珍しく、
映画ではよくある話を信じすぎた子供の考えなんだよ。
ところがオリバーはそういう子でした……
というのが、「物語」として救いがあるところじゃない。

その部分に関しちゃ、脚色として無理はないよ。
こんなことも分からない客がいるというのは、ひとつの驚異だが。
でも、子供だったら、仕方ないかもね。

266 :名無シネマ@上映中:2006/02/01(水) 20:40:45 ID:zP/rDtGH
>>265
バーニー君カワイスまで読んだ

267 :262:2006/02/01(水) 21:16:41 ID:9SN9pCD3
>>263
誤解させてスマンが、その議論に介入したワケじゃない。
あくまで、ディケンズの作品に過度のリアリティを求めることの
危険性を言ったまでのことであって、他意はない。

268 :名無シネマ@上映中:2006/02/01(水) 21:27:35 ID:x1FysyNR
でも>>263
>ディケンズの魅力は、下層社会のリアリティ+極端な人物戯画+熱病の冗舌
には同意

269 :原作知りません:2006/02/01(水) 21:36:14 ID:OZHVKTv1
あの子何にもしませんでしたね 大活躍すんのかと思ってた

270 :名無シネマ@上映中:2006/02/01(水) 22:47:44 ID:1q71LFKg
北朝鮮の子供って、今この瞬間にも
あんな境遇の子がいっぱいいるんだろうな。コッチェビとかさ。

271 :名無シネマ@上映中:2006/02/01(水) 23:35:38 ID:cXJFVzNM
ID:lDR0CTF/


本日のアイタタタタタタタタタタタタさん、乙。

272 :名無シネマ@上映中:2006/02/01(水) 23:51:42 ID:gt8HtRYs
路上のうんこが気になってしょうがなかった。
みんな踏まないようにってずっと思いながら見てたけど、
みんなうんこ踏んだあの靴で家に上がってベッドで寝るん
だよな。
顔洗った汚水とか窓から捨ててるし。

273 :名無シネマ@上映中:2006/02/02(木) 00:11:41 ID:08T8rUf9
あのラストでポランスキー映画だなぁ、としみじみ思った。
フェイギンとの別れは原作にもあるのだろうけど、
『戦場のピアニスト』同様、主人公が割り切れない感情で満たされるあの表情がいい。
ポラちゃん映画としては中位の出来だけど、面白かったよ。


274 :名無シネマ@上映中:2006/02/02(木) 00:32:35 ID:9jKTZpB8
まあ子供を連れて行ったのは、
お世話になった家の主人を殺すという、
物語のワクワク鬼畜感を出すためでしょうなあ。
そこに合理性を求めるのはお門違い。
もともと合理的な人たちだったら、
最初から泥棒なんかしてませんって。
絞首刑になるかもしれないのにリスクが高すぎます。
泥棒ってのは鬼畜で馬鹿なもんなんです。

275 :名無シネマ@上映中:2006/02/02(木) 00:56:42 ID:J6mXpPHZ
別に子供に限らず、昔のワル仲間が嫌がる主人公を脅して、
彼が勤めていた店に忍び込む案内人をさせるってのは、よくあるけどな。
それと同じようなものでしょ。
でも、>>274は自分の解釈が、かなり気に入ってる様子だ。
こういうのも映画の楽しみ方かもな。

276 :名無シネマ@上映中:2006/02/02(木) 01:08:21 ID:TTtvAR6G
>>256
俺は頭30分寝たぞ。

277 :名無シネマ@上映中:2006/02/02(木) 03:08:55 ID:FqeCGo3Z
戦場のピアニストは原作が素晴らしかった。
ディケンズのこの原作はそもそもいまいち。

結果としてポラの映画も同じ。
ただひたすら話が進行して行くだけの乾いたスタイルは同じだね。
ラストに力点を置いたのがわずかな主張か・・・でもなんか弱いんだよなあ。
正直眠かった。

278 :名無シネマ@上映中:2006/02/02(木) 05:29:26 ID:uE58hWdU
今日見てきて感じた事

 ・ダラダラしてて眠くなった
 ・オリバー君は疫病神
 ・ナンシーのおっぱい
 ・ナンシーのおっぱい
 ・ナンシーのおっぱい

279 :名無シネマ@上映中:2006/02/02(木) 09:01:16 ID:kOnoY7JQ
ディケンズを映画化するのなら、「デイヴィット・コパフィールド」にして欲しかった。一番の傑作だし過去に映画化されていないからこそ。

280 :名無シネマ@上映中:2006/02/02(木) 09:10:45 ID:U4Sq9OOI

オリバーくんジジ転がし

281 :名無シネマ@上映中:2006/02/02(木) 09:45:06 ID:WtWfm1V9
オリバーくん、お世話になった人たちを裏切り過ぎ。
でもまぁ、みんな自分が一番かわいいってことだな。

282 :名無シネマ@上映中:2006/02/02(木) 11:30:40 ID:DIO/c6Jo
>>279 TVシリーズとかミニシリーズとか山の様に作られている。どっちに
しても日本人にはなじまないと思うよ。
過去にはイアン・マッケラン、ダニエル・ラドクリフがデビッドを演じてる
し。

283 :名無シネマ@上映中:2006/02/02(木) 14:58:10 ID:SHjYueiN
昨日の痛い人は今日は書き込んでいない件

284 :名無シネマ@上映中:2006/02/02(木) 15:21:36 ID:fPmqiAK9
>>276俺は序盤とクライマックス抜かしてずっと熟睡できましたお(´・ω・`)

285 :名無シネマ@上映中:2006/02/02(木) 16:36:16 ID:hsuLnsH6
>284
よほどお疲れだったんですね。
今度映画を観るときは、体調がいい日を選んでね!

286 :名無シネマ@上映中:2006/02/02(木) 19:17:23 ID:IrglTZ5F
ドラマだと尺を伸ばすために余計な設定を入れて不自然になることが多々あるけど、
映画も尺内に収めるために無理な設定を入れて不自然になる。
リアルな展開では面白くないから「おいおい、マジかよ?」ってな流れも仕方がないが、
見せ方が下手だったり、リアルさを売りにしてる作品でそれをしちゃうと浮くって話だな。
「餅は餅屋に焼かせろ」とはよく言ったものだ。

287 :名無シネマ@上映中:2006/02/02(木) 19:37:59 ID:wcpQPfo1
文春の星取り笑えたな

この程度の映画でほめられてもポランスキーやサー・ベンはうれしくもねーよ

288 :名無シネマ@上映中:2006/02/02(木) 20:17:48 ID:wTgLRnlW
予告も観て行ったけど、すげー良かったよ。
なんでこんなに不評なのか理解出来ん...

289 :名無シネマ@上映中:2006/02/02(木) 20:19:11 ID:CbD4Yh7v
予告と中身がさあ…想像してたのとさあ…

290 :名無シネマ@上映中:2006/02/02(木) 21:19:10 ID:n4fjpekZ
あの予告を見た後、実際に映画も見て、それでもいいと思えるのは正直羨ましい

291 :名無シネマ@上映中:2006/02/02(木) 22:42:29 ID:8aqwr6ZN
オリバー君の精子ぬいてやりたくなったぞ

292 :名無シネマ@上映中:2006/02/02(木) 22:48:09 ID:/1m/fjTb
>287
文春の星取は最近サッパリわからん。
単純に利権とゲイ趣味だけでつけてるおすぎなんかは「おすぎがこう貶してるってことは
面白い映画だな」とか逆にわかりやすいけどw

293 :名無シネマ@上映中:2006/02/02(木) 23:28:06 ID:e6IRqlth
1 名前:名無シネマさん[] 投稿日:2006/02/02(木) 22:46:14 ID:3pbPhwcI
面白かった。ドジャー役の子がかっこいい!



294 :名無シネマ@上映中:2006/02/02(木) 23:34:27 ID:Qe9sRngu
>>289
同意。なんか、ね。。


295 :名無シネマ@上映中:2006/02/02(木) 23:39:00 ID:mAKMHjm3
昨日見てきた。
予告見てたけどそれなりには良かったと思う。
でもオリバーとスリ少年達との友情物語だと勘違いしてたので、
彼らがあんまり出てこなかったのが少し残念だった。
ドジャーやチャーリーの子役がいい感じだっただけに。
スリゲームとか絞首刑の真似とか面白かった。

296 :名無シネマ@上映中:2006/02/02(木) 23:55:06 ID:uu33Fkpy
全く泣けなかった・・・。

少なくとも「感動巨編」ではないなぁ。

297 :名無シネマ@上映中:2006/02/03(金) 00:24:40 ID:tC6D8tBt
監督も原作もな〜んにも知らない、TVのCMだけ見て行って来た一般人です。

見てきた感想ですが、19世紀の英国ってあんな感じだったんかな?というのが頭に入ってきました。
衛生状態がひどかったところの情景描写は細かいと思ったな。
でも、ただ流されるままのオリバーには『なんで?』と思うところもあったり。
凝った特撮があるわけでもなく、ダイナミックな展開があるわけでもなく、相当細かいところまで描写するけど
ストーリーは淡々と進むように作られた映画という印象でした。

あと、内容のいい悪いはともかく、いかにもおすぎが好きそうな映画だなぁ…てとこでしょうか。

298 :名無シネマ@上映中:2006/02/03(金) 01:35:38 ID:UWwsQvHP
オリバーにツッコミどころが多すぎてイライラした。

何故そんなに一生懸命ロンドンを目指していたの?
最初に助けてもらったおばあさんのお家に置いてもらうわけにはいかなかったのか。

ブラウンローさんちに押し入ったところでは、
結局助けを求めるんだったら鍵わざわざあけんな!とか。

そして流されるままに金持ちのうちに落ち着くオリバー。
キミは何をしたかったんだ…

でもラストのフェイギンとのからみのシーンにはうるっと
きてしまいました。

299 :名無シネマ@上映中:2006/02/03(金) 01:45:11 ID:zZInDWX5
吹き替え版だとエンディングでBoA流れるの?

300 :名無シネマ@上映中:2006/02/03(金) 02:50:27 ID:WWFuxD9D
>>298
>何故そんなに一生懸命ロンドンを目指していたの?
夢のない子が夢の在処を示す道しるべを見たから。
おばあさんの見た目で、オリバーは太陽(夢の方向)に向かって歩いていたよね。

>結局助けを求めるんだったら鍵わざわざあけんな!とか。
殺される恐ろしさに鍵は開けたが、最後の最後に勇気を振り絞って……ということ。
その前にオリバーはたっぷり銃の恐ろしさを聞かされて、極限状況だったんだから。

>キミは何をしたかったんだ…
幸福を得たかったんだと思う。

ラストは同意。多分、歳とればとるほど、染みるシーンじゃないかな。
あの、オリバーが「大丈夫です」と制するところは、いいよねー。

301 :名無シネマ@上映中:2006/02/03(金) 02:57:17 ID:WWFuxD9D
とはいえね、「キミは何をしたかったんだ」という気持ち、わからんでもない。
単に楽ができる方向に流れる人物って(実際には、人間、そうなんだけど)、
映画で観たくないしね。
オリバーがいったん金持ちの家に居着いたとき、読書の喜びに目覚めるとか、
あのおじさんの子供になろうと心の底から思うとか、そういうエピソードがあれば、
あなたももう少し、ノれたのでは?>>298

302 :名無シネマ@上映中:2006/02/03(金) 03:25:48 ID:KR+b4bfF
「物書きや読書人より本屋になる方がいい」とか言ってたな
向上心が無いことが判ったこの時点で
どうしてブラウンローさんが見捨てなかったのか不思議だ
完全に他者依存でいい生活を夢見るだけでは物語の動機としては弱すぎる

303 :名無シネマ@上映中:2006/02/03(金) 03:57:28 ID:AUu6rUfV
そうか?
オリバーの、あの謙虚なところが良いと思ったが。

304 :名無シネマ@上映中:2006/02/03(金) 04:17:30 ID:KR+b4bfF
ブラウンローは保護者としてではなく、オリバーの知識欲などを見込んで
教育者として成長を見守りたかったんじゃないかな
あの容姿と相俟って気の弱さを思慮深さと勘違いしたようにしか見えなかった

オリバーより、
富める者と貧しい者が純真無垢な子供を
自分と同じ色に染めようとして取り合いをした構図の印象が強く残った
オリバーが優柔不断な分この二人の対比が際立った

305 :名無シネマ@上映中:2006/02/03(金) 05:43:15 ID:XzPHFLxb
これ完全にコケたの? イギリスで興収が170万ドルって

306 :名無シネマ@上映中:2006/02/03(金) 08:55:06 ID:fGE2MXtf
興行成績  (2006年1月28日〜2006年1月29日) 毎週木曜日更新
順位 先週 作品名 公開週数
1 - フライトプラン 1
2 1 THE 有頂天ホテル 3
3 2 男たちの大和/YAMATO 7
4 - オリバー・ツイスト 1
5 - 単騎、千里を走る。 1


307 :名無シネマ@上映中:2006/02/03(金) 14:34:41 ID:SN1eTLAj
旧作を見たのと、あのロマンポランスキー監督ということで期待していた者ですが、
映像はともかく、音楽、ストーリー共にひどいできですね。
まぁたしかに、旧作の音楽性に勝てる音楽はそうできないでしょうけど。
そもそも今回はミュージカルとしてつくってないし。
あと映像があれだけきれいなら、アングルももっと奇抜にすればよかったのに。とか
サイクスとナンシーの配役、オリバーの魅力などなど不満爆発でした。
最後まで旧作との比較だったので、偏ってますかね。。長文で失礼しました。

308 :名無シネマ@上映中:2006/02/03(金) 14:50:31 ID:khozRmQ/
むしろポランスキーは淡々と撮ることに腐心した結果、
オリバーのどこでも居場所を見つけられない孤独さを醸し出せたと思うのだが。
自分には『オリバー!』の単純明快な世界観の方が嫌だった。
デイヴィッド・リーン版も映画としてはいい出来なのだけど、
フェイギンはシンプルな悪役になっていたのがちょっとな。

309 :名無シネマ@上映中:2006/02/03(金) 15:26:36 ID:t4CM+B62
>>307

旧作というのが『オリバー!』のことなら、比較する対象を間違えている。
あれはミュージカル。
旧作というならフツー、デヴィッド・リーン版のことだろう。
本作より上映時間は短いが、より多くの内容が詰め込まれていて、それでいて駈足という感が全くない。
でも、デヴィッド・リーンのディケンズならば、「大いなる遺産」の方が面白い。

310 :名無シネマ@上映中:2006/02/03(金) 15:33:20 ID:lApE/CbL
万引きしたチャーリィとドジャースを捕まえて、警察に通報しないかわりに・・・
っていう想像をしてしまいました。

311 :名無シネマ@上映中:2006/02/03(金) 15:38:14 ID:iKROV51P
>307
レイチェル・ポートマンの音楽は良かったと思うが。
感じ方はまさに人それぞれだね。

312 :名無シネマ@上映中:2006/02/03(金) 15:47:23 ID:DTGBcg6j
ロマン・ポランスキー監督は
イライジャ・ウッドがドジャーを演じた「オリバーツイスト」は見たのかな?w
なぜ、この映画をリメイクしようと思ったのだろう?
ピーター・ジャクソンの「キングコング」には、エイドリアンが出てるし
面白いつながりだ。
作風似てるのかもな、PJとポランスキー。

313 :名無シネマ@上映中:2006/02/03(金) 15:54:59 ID:OoQRHKtA
久々の拷問映画だった 魅力的なキャラがいなかったし ストーリーも
散々 キライな奴に勧める映画ですねこれは

314 :名無シネマ@上映中:2006/02/03(金) 15:56:08 ID:DTGBcg6j
イライジャ・ウッドが出てるほうは
「ハンナプトラ」や「ヴァン・ヘルシング」を撮った
スティーブン・ソマーズ監督が製作を手がけたやつ。
NHKで放送されたりしてたので見た人も多いと思う。
ただDVDなどは発売されていない。

315 :名無シネマ@上映中:2006/02/03(金) 16:01:16 ID:DTGBcg6j
名作なので、親子映画でしょう。


316 :名無シネマ@上映中:2006/02/03(金) 16:10:42 ID:DTGBcg6j
今度はキーラ・ナイトレーで若草物語のリメイクでもやったらーみたいな。

317 :名無シネマ@上映中:2006/02/03(金) 17:38:35 ID:4Z5HMiJ0
日刊スポーツの特集記事で評価が星2、5個だった。
4個以下はめったにつけないのに…。

318 :名無シネマ@上映中:2006/02/03(金) 17:53:41 ID:EtwbjT9i
東京国際画際で見たので記憶が薄れているが、
レスに数多く見られるように戦ピアと同じく淡々と描いていて
タッチが渇いているというか、らしさにあふれていたのは気に入った。
が、いかんせんインパクトに欠ける。徹底して通俗的なディケンズ原作や
デヴィッド・リーンのやつのほうが単純に面白いのかもしれない。

319 :名無シネマ@上映中:2006/02/03(金) 18:46:23 ID:1SVTNoy4
自分はポランスキーが好きなので、彼独特の映像世界は堪能しました。
「戦場のピアニスト」でも感じたのですが、彼は群集の撮り方が上手い。
ロンドンの下町に生きる人々がイキイキと描かれてました。
あと田舎の田園風景やナンシーの殺人現場の血の見せ方は「テス」を彷彿させたし、
クライマックスの屋根のシーンは「フランティック」ですよね。

320 :名無シネマ@上映中:2006/02/03(金) 18:59:35 ID:SN1eTLAj
>309
えっ?ってことはこの『オリバー』関連での劇場公開は、3作?
すいません。話になりませんでしたね。

321 :名無シネマ@上映中:2006/02/03(金) 20:04:22 ID:sbttsY41
>300

なんというか、私の納得がいかない部分は、、
よく考えれば300さんの解釈に近い部分に行くことは出来るのですが、
結局映画内でそれがきちんと表現できていたのか、
というのが気になるのです。

たいていの映画は見終わった後に
「あのシーンは主人公はああいう行動をとったのだろう。
何を表現していたんだろう」と疑問に残っちゃう場所が1箇所くらいあるものだけど、
この映画は前編通してそんな感じだった。

オリバーが幸せになりたかったのは、分かる。
でもそれはキャッチコピーで謳われているから。

映画だけを見たらオリバーが「幸せになりたい」という姿が
どれだけ描かれていたのかが疑問。

オリバーは台詞も少ないし、
殆ど食べているか寝ているかのシーンばかりが妙に印象的。

彼がもっと貪欲に幸せを求める描写があれば
ロンドンを目指す描写も、強盗のシーンも納得がいったと思うのです。

シナリオというより、演出が悪かったんですかね。


322 :名無シネマ@上映中:2006/02/03(金) 20:34:13 ID:Jwz/lZdK
>>319
フランティックは自分も思った。
テナントでは落ちてたわな。
現実にも屋根から滑り落ちそうになったのかなーとか、
ロンドンの下町の描写はユダヤ人ゲットー風味になってるんだろーなーとか、
ピアニストの後だけに、全てを監督の実体験とむすび付けてしまう。


323 :名無シネマ@上映中:2006/02/03(金) 20:40:07 ID:EtwbjT9i
>>320
少なくとももっとあるようです・・・

不屈なみなし子(オリヴァー・トウィスト)(1913)
オリバー・トウィスト(1922) フランク・ロイド監督 (アメリカ)
オリバー・ツイスト(1933) ウィリアム・J・コーウェン監督 (アメリカ)
オリバー・ツイスト(1947) デヴィッド・リーン監督 (イギリス)
オリバー! (1968) キャロル・リード監督 (イギリス)
オリバー・ツイスト(2005) ロマン・ポランスキー監督 (イギリス他)



324 :名無シネマ@上映中:2006/02/03(金) 21:07:50 ID:1SVTNoy4
教科書どおりというか、原作に忠実に映画化してしまったのが不満。
ポランスキーならではの一ひねりがほしいところ。
ただ、フェイギンのキャラはB・キングスレーの存在にだいぶ救われて、
原作よりも魅力的なキャラになっていたと思う。

325 :名無シネマ@上映中:2006/02/04(土) 00:05:37 ID:3Nf1Lr2r
オリバー強いよ
何処かの小悪党みたいに自分の縄張りつくったりしないもん
だからブラウンロー氏のような人物に拾われる

フェイギンは弱い
ラストシーン、オリバーがフェイギンを代弁するのは
この映画ならではの感動だった

富の偏在による貧しさが世界的なテーマになる中で
リメイクする価値はあったでしょ
一般的にはつまらないと思われて終わってしまうかもしれんが

原作読んでみようかな

326 :名無シネマ@上映中:2006/02/04(土) 00:23:35 ID:j//a4utv
ちょっと監督は少年愛に萌えてきたのかな、って感じの撮りかただった。
懐かしのお猿のオリバー君で撮り直しを希望

327 :名無シネマ@上映中:2006/02/04(土) 00:46:11 ID:VEktjZPR
最後のフェイギンが、
拘置所で錯乱している
オウムの麻原とダブっ
て見えた。
子供達は弟子だった訳
だしね。

328 :名無シネマ@上映中:2006/02/04(土) 01:01:41 ID:j//a4utv
なんにせよ、ナンシーの胸の谷間は見所。
それと、あの不細工な獰猛犬の絶妙な演技も見所。

329 :名無シネマ@上映中:2006/02/04(土) 01:27:18 ID:6BQyCF/J
>>326
>ちょっと監督は少年愛に萌えてきたのかな、って感じの撮りかただった。
煙突掃除夫に貰われたくない時の泣き顔を上から見下ろした目で撮ったカットは、
少年愛の人にはモエモエだろうなあ。あそこは凄い。
>>328
犬はよかったねえ。

330 :名無シネマ@上映中:2006/02/04(土) 03:16:41 ID:L2sAuxUe
オリバーは最初にブラウンロー氏の家に世話になったのって何日間位なんだろう?
なんかオリバーとその他の人物との関係性に深みが無いんで、 なんでそこまでオリバーをかばうのかとかが、わからなかった。
ただ顔が奇麗だから?

331 :名無シネマ@上映中:2006/02/04(土) 04:44:34 ID:S+3uJ0cY
最後のシーンが刑執行前の死刑囚に会うという
所が「戦メリ」を思い出した。

裕福な養父を見た時から
「この人はワトソンじゃないのか?
そうなのか?やはりイギリスが舞台だからか?」
と気になった。

映像とフェイギンの演技だけが見ものです。

332 :名無シネマ@上映中:2006/02/04(土) 11:58:42 ID:6BQyCF/J
>>330
たぶん、その点がいちばんの評価の分かれ目だと思う。

ブラウンロー氏がオリバーに入れ込むのは台詞通り「純粋そうな心惹かれるものがある」
というようなことなんだろうけど、基本的にはキリスト教的な慈善の精神があるんだろうね。
それがどこまで説得力があるのか、日本人にはハッキリ言って分からないのかも。
おれも分からん。ただ、何か文化的な違いを感じるのみだ(だから容易に批判はできない)。
おれとしちゃ、ボケッと観ている分には、ブラウンロー氏が童話の人物みたいに風貌が面白いんで、
何をやっても割と「そんなもんか」と受け入れられた。

日本であのドラマを明治時代とかに設定を変えてやるのなら、
たとえば死んだ我が子に似てたから……などというベタな設定を加えるぐらい、
普通の脚本家なら誰でも考えるだろうし、そうじゃなきゃ納得できないだろうね。

333 :???名無シネマ@上映中:2006/02/04(土) 12:44:36 ID:XwZrQRXQ
お母さんのことが省略されちゃ「オリバー・ツイスト」になんないよ!!!!

見たことのないお母さんを馬鹿にされたから
葬儀屋でオリバーは戦ってロンドンまで行ったんだろ?

信じられない愚作!!!!!!!!!!!!

334 :名無シネマ@上映中:2006/02/04(土) 12:49:14 ID:SjNAFWgN
原作未読。
予告見て「孤児の波瀾万丈物語」だろう程度に思って見に行った。
…何このクソ映画。
つまらないだけでなくムカつくんだけど。
オリバー結局状況に流されてるだけじゃん。
こういう話だと主人公の機転の効かせ方がないと共感も思いいれも持てないよ。
予告見た限りじゃ、フェイギンも悪党ではなくちょっと変わった所のある程度の人物だと思ってたんだけどなー。
スリ団の元締めかよ。

一言で言うなら肩すかし映画。

335 :名無シネマ@上映中:2006/02/04(土) 12:53:32 ID:6BQyCF/J
>>333
原作は未読だけど、
>見たことのないお母さんを馬鹿にされたから
>葬儀屋でオリバーは戦ってロンドンまで行ったんだろ?
というのは、映画でそのままやってるように見えたけど?
映画だけ観ている分には、母親ことを悪しざまに言われて、
キレまくるのは、何となく納得がいったけど……。

336 :イギ− ◆VD0688G9N2 :2006/02/04(土) 13:02:10 ID:YtSlheOo
公式ブログに毎日のようにメッセージ書いてたらとうとう無視されるようになってしまった…。
ひどい。

337 :名無シネマ@上映中:2006/02/04(土) 13:07:49 ID:+EHj+Kj3
バーニー君&イーデン君むっちゃカワエエやん

338 :名無シネマ@上映中:2006/02/04(土) 13:36:55 ID:+iOuYvkY
>>333は映画観ないで書いたんだな

339 :名無シネマ@上映中:2006/02/04(土) 14:41:49 ID:F7L1ss1D
おすぎです!!

340 :名無シネマ@上映中:2006/02/04(土) 14:45:47 ID:DT31uOt8
ピーコです!!

341 :名無シネマ@上映中:2006/02/04(土) 15:22:20 ID:hOlQh2/F
予告見てスタンドバイミーを想像してたが
全然違った。重苦しかった。
でも悪くない。

342 :名無シネマ@上映中:2006/02/04(土) 15:25:04 ID:61MnORtI
この映画のロンドンの街並みはCGじゃなくセットなんですね。すごい。
昔の映画でははCGを使っている、ということで驚きましたが、
最近の映画でCGを使ってない、ということで驚かされますね。

343 :名無シネマ@上映中:2006/02/04(土) 15:29:42 ID:HxZdUWpS
雰囲気はミュンヘンと似てるよね。アカデミー賞ぽい

344 :名無シネマ@上映中:2006/02/04(土) 17:04:24 ID:xBtc2iuv
最悪。なにこれ。
金損したとしか言いようが無い。
オリバー自身の心理描写が弱すぎるし
展開も平坦で盛り上がりに欠ける。
ニューシネマパラダイスとか
海の上のピアニスト系を想像してたんだけど
月とすっぽんどころの騒ぎじゃないや。。

345 :名無シネマ@上映中:2006/02/04(土) 17:31:43 ID:i7F4He7L
>>343
どのへんが?すまん、まじでわからん。

346 :名無シネマ@上映中:2006/02/04(土) 17:55:23 ID:rI51AoSm
号泣させて戴けるのかと期待して観たら、一滴の涙すら落ちなかった。 = 愚作

という評価/解釈が多いんではないかと。  殊にあの予告編じゃ、さ。

347 :名無シネマ@上映中:2006/02/04(土) 19:01:11 ID:+EHj+Kj3
そんなことないでしょ
観たけど普通の映画だったし予想よりもはるかに楽しめた
多少あやふやな部分もあったけど特に変だとは思わなかった

348 :名無シネマ@上映中:2006/02/04(土) 19:11:23 ID:4hh++mSb
原作ではウブなオリバー君はフェイギンやドジャーが犯罪者であることに
最初は全く気付いていない。
盗品のハンカチからイニシャルの刺繍を抜く作業をやらされても
一向に気付かないし、
フェイギンと子供たちがスリの練習をするところを見ても
「何かのゲーム」としか認識していないという有り様。
その後町へ出て、例の本屋の前でドジャーがスリをする場面で初めて
オリバーは事の真相に気付いてショックを受ける。

オリバーは終始一貫して悪事など出来ない性格なのだ。
結果的に「お世話になった人々を裏切った」格好になったのはそのせい。

…映画ではその辺の描写がはっきりしないので、観客を混乱させているね。


349 :名無シネマ@上映中:2006/02/04(土) 23:58:50 ID:/cbBEq8Z
予想より全然落ちるがまあ面白かったよ
普通の映画だった

350 :名無シネマ@上映中:2006/02/05(日) 01:02:20 ID:7mXBXHFK
ミュージカル版が好きで、それしか観たことなかったけど、
ラストが違うんだね。最後はジジイとドジャーが
夜の路地裏で再会してたのに。


351 :イギ− ◆VD0688G9N2 :2006/02/05(日) 02:55:44 ID:CJnnVZKk
アカデミー賞最有力候補のはずが、末端の賞にも名前が見られず…。

352 :イギ− ◆VD0688G9N2 :2006/02/05(日) 02:58:11 ID:CJnnVZKk
ブログのほうは新しいほうのコメントに返信してるのにわたしのコメントは
相変わらず返信なしか。
完全に確信犯だな・・・。

353 :名無シネマ@上映中:2006/02/05(日) 08:36:42 ID:Snct1V61
アカデミー賞っていつ発表?
日本のテレビでもやりますか?

354 :名無シネマ@上映中:2006/02/05(日) 11:35:45 ID:5N9Ht0xu
日本の配給会社が映画の中身無視のアホな宣伝をして
それをもとに勝手な期待(友情ものとかアクション大作とか泣ける映画とか)
んで自分の予想がハズレだと、失望とか愚作とか言う。どのスレもこれが多すぎ。

355 :イギ− ◆VD0688G9N2 :2006/02/05(日) 12:53:14 ID:TLFsydb8
>353
WOWOWで生中継。

にしても「孤独だけが友達だった」ってのは完全に言葉の印象だけで採用したな。

356 :名無シネマ@上映中:2006/02/05(日) 14:28:29 ID:ygkM7f3n
予想が外れたからとか泣けないから愚作駄作なワケないじゃんw
単にツマンネだからだよ。
オリバーの心情が全くと言っていい程描かれてないし、どうしたいって意志も伝わってこない。
無垢で純真と言うよりもただ周囲に流されてるだけで、オリバー自身の魅力か全く伝わってこなかった。

357 :名無シネマ@上映中:2006/02/05(日) 14:41:47 ID:XkOQcfaa
驚くべき映画美!圧巻でした…やりたいこと散々やってあれだけポップに仕上げてるのは流石だと思うぞ

358 :名無シネマ@上映中:2006/02/05(日) 14:56:25 ID:RYCOXcAp
>>333
そういやそうだなあ

>>335
母親は見たことも会ったこともない っつー描写あったっけ?
お母さんは死んじゃったんだ・・・しか言ってなくない?

359 :名無シネマ@上映中:2006/02/05(日) 14:58:22 ID:RYCOXcAp
途中送信しちゃった


オリバーの出生のヒミツを明かさないなら
「見たこともない」の設定は必要ないから、切ったんじゃないかな。

360 :名無シネマ@上映中:2006/02/05(日) 15:01:38 ID:1Odd04rj
原作読んでないけど、何となく「この子は母親の顔も覚えてないな」というのが、
分かったような気がする。セリフであったのかなあ?
あるいは、キレ方が凄まじかったので、逆に、そういう感じがしたのかも。
(自分も知らないからこそ、「本当はこんな人だった」という逃げ場が無くなって、
キレるわけだからね)
再見しないと分からないけど、もし後者なら、やっぱり演出、うめえな。

361 :名無シネマ@上映中:2006/02/05(日) 18:18:56 ID:QGnG0LYW
ドジャー最高やん

362 :名無シネマ@上映中:2006/02/05(日) 22:57:32 ID:ZiXkn1Nt
これはオリバー・ツイストの物語ではなくオリバー・ツイストの周囲の
大人たちと社会を描いた映画なんだと思った。
途中からそういう視点に切り替えてみたら非常に面白かったよ。
善のなかに悪があり、悪のなかに善がある。
しかし本当に善なるもの、無垢なるものはいつかは神がお救いになる・・・
今の日本人にはわかりにくいけどそういう宗教観のようなものを感じた。

363 :名無シネマ@上映中:2006/02/05(日) 23:01:23 ID:QGnG0LYW
雰囲気がすっごく良かった
ちょっと古めかしい感じがうまく出ててさ
洋服とかもステキだったな

364 :名無シネマ@上映中:2006/02/05(日) 23:20:09 ID:pibTR2P8
はあ……しかたねえなあ。
もう黙ってようと思ったけど、仕事も一段落ついたし、まとめるぞ。

>>263
だからさあ、ディケンスの原作はひとまず置いて、普通の心理で考えると、
金持ちの家の内部に通じた者が自分の身内関係に出てくるなんて、
泥棒にとっては滅多にないことじゃん。
千載一遇のチャンスだと考えるのは、あり得ること。
鍵の場所も、お宝の在処も、誰がどこで寝てるかも、その他、
実際に押し入って役に立つ諸情報をオリバーは知ってるんだぞ。
窓から入れるのは子供だからって理由で連れてったわけ、ないだろ(笑)

ん、なになに? オリバーを連れて行かなくても、情報は活かせる?
他の子供に口づてで情報与えて連れて行く? 図面でも描かせる?
…………なんでそんな面倒なことしなきゃいけないんだよ。
情報の伝え漏らしもあるかも知れないし、実際、本人連れて行くのが一番じゃん。
言うこときかなきゃ拳銃で脅しつけるわけだし。
命より恩を大事にするガキがいるなんて、サイクスには想定外だよ。
(それこそ「リアル」で考えて、拳銃向けられて逆らう奴はまずいない。
オリバーだって玄関のドアを開けるまでやったじゃないか)

「恩人の家に送り込めば失敗確実だろうが」なんてネタを思い浮かべるのは、
命より恩を大事にするガキがいる……という現実には珍しく、
映画ではよくある話を信じすぎた子供の考えなんだよ。
ところがオリバーはそういう子でした……
というのが、「物語」として救いがあるところじゃない。

その部分に関しちゃ、脚色として無理はないよ。
こんなことも分からない客がいるというのは、ひとつの驚異だが。
でも、子供だったら、仕方ないかもね。


365 :名無シネマ@上映中:2006/02/05(日) 23:42:36 ID:8vXAxZjt
オリバーは幸せに暮らし、悪党と爺さんはああなってしまったけど、掏摸団の子供達と犬はその後どうなったのだろうか?

366 :名無シネマ@上映中:2006/02/06(月) 00:38:07 ID:LkkOTLW6
>>362
当時の社会を舞台にした大人群像であって、それだから面白い顔の人々を起用しているよね。
主要人物だけじゃなく、葬儀屋の親父や途中で助ける婆さん、ロンドンの判事とか、みんないい顔してる。

367 :名無シネマ@上映中:2006/02/06(月) 00:54:52 ID:vBviS0Ya
でもオリバーが街中でぶっ倒れてたら
助けてしまいそうだ。
なんだか雨の中捨てられてる子犬だな。
でヤンキーがry

368 :名無シネマ@上映中:2006/02/06(月) 01:19:14 ID:9pAKAbXq
テーマ曲が鉄道唱歌みたいでへんだった。

369 :名無シネマ@上映中:2006/02/06(月) 01:25:00 ID:LkkOTLW6
>>368
実はおれもそれ、思った。

370 :名無シネマ@上映中:2006/02/06(月) 01:49:58 ID:i3J2MTDs
>>366
そうなんですよね。
善悪二元論で見た後爽快なファンタジーとかアニメとかに慣れた
人たちにはきつい映画だと思うんです。
オリバーくん、ちっとも能動的じゃないし、大した知恵もないしw
当然、泣ける映画でもない。
でも当時の大人社会の群像劇としてみると非常に良くできた映画だと思うんです。
しかも根っこの部分で普遍的なものを感じさせる。

ヒットさせるためとはいえ、勘違いさせてしまう宣伝方法とかおすぎとかw
責任あるような気がします・・・

371 :名無シネマ@上映中:2006/02/06(月) 03:04:04 ID:E9cFyZRb
>>365
ドジャーとかどうしたんだよって感じだな
てか予告とか見た感じじゃもっとスリ団の子供たちとか
もっと出番多いと思ってたがそうでもなくて残念

372 :名無シネマ@上映中:2006/02/06(月) 08:48:42 ID:+OKO+c7Y
一番いい顔してたのは墓石(葬儀?)屋のガキだな。

373 :名無シネマ@上映中:2006/02/06(月) 12:04:43 ID:LkkOTLW6
ありゃ、すげえ顔の子、連れてきたもんだな。

374 :名無シネマ@上映中:2006/02/06(月) 14:02:29 ID:Fl5N5M+A
これはかなり大人向けの映画だよな。
無垢なる者に運命を握られているのは大人たち。
だからこそ、最後にフェイギンがオリバーを天使のように愛おしむのが
グッとくる。あそこで罵倒するって展開もあり得るわけだからな。
そして、無垢な天使のオリバーはフェイギンのために泣くってわけだ。
ある意味、フェリーニの「道」に近い映画。ま、あそこまで名作ではないが(笑)

375 :名無シネマ@上映中:2006/02/06(月) 14:49:04 ID:UUzSuAq8
ドジャーってリヴァー・フェニックスに似てない?なんとなく。
かなりツボw

376 :名無シネマ@上映中:2006/02/06(月) 15:24:04 ID:ZD9x3nea
>375
上の方で誰かもおんなじこと言ってた


ドジャーらは縛り首なんだと勝手に思ってた・・・
フェイギン一味として捕まったってのとを考えると・・・

377 :名無シネマ@上映中:2006/02/06(月) 15:34:55 ID:wJNajE3Y
>>374
君、いいこと言うね

378 :名無シネマ@上映中:2006/02/06(月) 16:43:50 ID:e94aWp5O



      糞 映 画 で し た 。

379 :名無シネマさん:2006/02/06(月) 16:54:44 ID:nQD5bkb4
小公女セーラ(ハウス日曜劇場?シリーズ)
マッチ売りの少女
母をたずねて三千里
ハイジのフランクフルトでのいじめられる日々


などを思い出しました。子供にも分かり易いストーリーでした。
可哀想な昔の北欧のこどもシリーズに1つ加わりました。


380 :名無シネマ@上映中:2006/02/06(月) 19:31:08 ID:6q/Q7s2C
>>378ブランコしに逝け
ドジャーはナンシーに惚れてたのか?
最後の方で怒ってたのはドジャーだったと思うんだが

381 :名無シネマ@上映中:2006/02/06(月) 19:35:32 ID:gWSL/NJC

思いやりのある心の優しい子だったっ、てことだろう。
道で行き倒れてたオリバーを放っておけずに助けたりさ。

ドジャーいいな。マジかっけえ。

382 :名無シネマ@上映中:2006/02/06(月) 21:45:07 ID:MX4w7A3T
シルクハットがいい感じ。
もっとドジャー達の描写が欲しかった。

383 :名無シネマ@上映中:2006/02/06(月) 22:28:20 ID:6q/Q7s2C
ドジャーのザーメン欲しい


384 :名無シネマ@上映中:2006/02/06(月) 22:38:34 ID:UUzSuAq8
ドジャーかこいい。大物になるな。

385 :名無シネマ@上映中:2006/02/07(火) 00:20:33 ID:gbHCiq/r
原作もオリバーよりも、オリバーを取り巻く状況や大人たちをメインに描かれてるの?
原作よく知らないで、予告だけ見て見に行ったんだけど、
ここでの二分する評価みて本当の面白さが分かってなかったみたいorz
普通につまんねーなって思ってた。
とにかくオリバーが好きになれなかったって言うかムカついた。
ドジャーの方がよっぽどキャラ立ってるしいい子だよ。

386 :名無シネマ@上映中:2006/02/07(火) 01:12:41 ID:+W5P7H68
感動しよう、楽しもう、と思って行くと肩透かしだよね。
客呼びたかったんだとは思うが、ホントなんだアレ。

なんの前情報もなくて、あんなにガンガン広告打ってなかったら、
うむなかなか味のある映画だった・・・と思ったかもしれんなあ・・。
と、このスレの好意的な解釈レスを見て思った。


>>385
原作はもっとオリバーメイン。(流されまくってるのは変わらんが)
彼には色々ヒミツが隠されてるんですよ。

387 :名無シネマ@上映中:2006/02/07(火) 06:12:51 ID:Og4lRwfe
俺もこれ見てきた。
とりあえず映像と音楽と子役たちは好きだったがそれをさしひいてもストーリー( ・_ゝ・)ツマンネ
まぁなんだ、ナンシーテラカワイソス。゜(゚´Д`゚)゜。

388 :名無シネマ@上映中:2006/02/07(火) 06:16:47 ID:2vPhDTZK
フライトプランのほうがいいかな?

389 :名無シネマ@上映中:2006/02/07(火) 09:55:16 ID:cgVXblQ9
なんでそんな、まったくテイストの違う映画と比べんの?
どっちも観ろ!

390 :名無シネマ@上映中:2006/02/07(火) 11:31:09 ID:Q/R0O5RV
いや、たぶんそういうこと言ってる子供が観ても、これ、わかんないよ。

391 :名無シネマ@上映中:2006/02/07(火) 13:00:57 ID:cgVXblQ9
女と観るんだってさ。こんな変な男と観るの、どんな映画でもやだな。

392 :名無シネマ@上映中:2006/02/07(火) 13:08:19 ID:kPFsPoYk
商業的には子役が注目を浴びている映画なのに
その子どもに感情移入したかったり何かを期待したい(精神)年齢層には
さっぱりの映画だろうな。

393 :名無シネマ@上映中:2006/02/07(火) 14:30:02 ID:Q/R0O5RV
葬儀屋のおっさんのやることを見て、腹立てるより、
「こういうやつ、いるいる」と面白がるぐらいの
汚れたオトナが観た方がおもろいよな。

394 :名無シネマ@上映中:2006/02/07(火) 21:34:41 ID:c4yI9nu0
このスレ読んで、この映画みるのヤメタ

(´・ω・`)

395 :名無シネマ@上映中:2006/02/07(火) 22:10:03 ID:XTRks4KR
そりゃ懸命だ

396 :名無シネマ@上映中:2006/02/07(火) 23:07:15 ID:SGfun36l
クソおもしくないぜ。この映画。

397 :名無シネマ@上映中:2006/02/07(火) 23:41:39 ID:mOjkh+tj
オリバーよりドジャーのほうがよほど魅力あるなと書き込もうとして
>>385既出で悔しい思いをしてる俺

398 :名無シネマ@上映中:2006/02/08(水) 01:31:11 ID:BIzgEJ/q
老人と少年の友情物語?と、何の予備知識もなく見たら、いやはや…。
途中から、これはホラー映画だと、思い込んで見たけど、後半は、本当にそんな展開だし^^。
ポランスキー監督だから、らしいといえば、らしいのかもしれないが。
ま、悪評は納得だけど、微妙に満足してしまう映画でもある。
最近、押し付けがましい感動作が続いていたから、こういう暗い乾いたタッチも、またいいかと。

レイチェル・ポートマンの音楽も聴けたし、(「サイダーハウス」最高)
ベン・キングズレーが、全然ベン・キングズレーに見えないところも、すごかった。

399 :名無シネマ@上映中:2006/02/08(水) 09:15:42 ID:+jgXU4hl
ドジャーやチャーリー達は最後どうなったんですか??

400 :イギ− ◆VD0688G9N2 :2006/02/08(水) 12:47:39 ID:bFFlY02r
『アレキサンダー』公開時も大体こんな感じだった。
わかるひとにはわかる映画。
今年観た映画のランキングではこんな感じ。

2006年映画ランキング

1.オリバー・ツイスト
2.ロード・オブ・ウォー
3.ミュンヘン
4.ポビーとディンガン
5.男たちの大和
6.疾走

401 :名無シネマ@上映中:2006/02/08(水) 16:39:14 ID:W0ge8QnI
なにもないことに気づきながら、何かあるように装うことで優越しようという浅慮


          は だ か の お ー さ ま




402 :イギ− ◆VD0688G9N2 :2006/02/08(水) 19:50:14 ID:AIzYF8OH
不満があるとすれば、救貧院のエピソードがとってつけたような感があったこと。
もう少しそこでの生活を描いて欲しかった。じゃないと概観したときにそこだけ薄っぺらく
感じてしまう。

403 :名無シネマ@上映中:2006/02/08(水) 23:10:44 ID:or5pLy6G
無垢って言うのは自分の意思を捨てて
全てをあるがままに受け入れる事を言うんですね。
初めて知りました。感動しました。

404 :名無シネマ@上映中:2006/02/09(木) 18:15:33 ID:Z/x5xRyc
少女強姦して国外逃亡したのに、映画撮ってて
銭形のとっつぁんに捕まらないの?

405 :名無シネマ@上映中:2006/02/09(木) 19:17:48 ID:WpWSLUjV
>>64 遅でスマソ…。ニコラスのサントラってッ!!
jamie or lee スマイク、どちらのほうでしょうか?
もし宜しければ教えてください!

406 :名無シネマ@上映中:2006/02/09(木) 23:28:33 ID:T1w7jZPC
ジェイミー・ベルがスマイク役のです
映画もいいけど音楽もいいよ、これ
音楽は、レイチェル・ポートマン


407 :名無シネマ@上映中:2006/02/10(金) 03:51:32 ID:leJ9rbPl
予告で「心優しき悪党フェイギン」てあったから、完全にだまされた・・・
映画会社詐欺だろこれ!映画事態はそこまで悪くないのに、この宣伝をみて
いった俺のように、原作を読んでなかったら、終わった瞬間「は?」ってなる。
何が「感動巨編」だよ!宣伝うそっぱちじゃん!

408 :名無シネマ@上映中:2006/02/10(金) 03:53:14 ID:hUcF/8wv
めちゃくちゃ感動した俺の身にもなれ。

409 :名無シネマ@上映中:2006/02/10(金) 04:00:26 ID:leJ9rbPl
>408
映画だけを見てたら俺も感動したさ!でも予告編をサイトで何回も見てたから
それで全てが台無し!

410 :名無シネマ@上映中:2006/02/10(金) 04:28:05 ID:DdJGOXi2
否定派は子供っぽいレスが多いな。

411 :名無シネマ@上映中:2006/02/10(金) 04:52:18 ID:leJ9rbPl
410>
ぎくっ・・・
でも君もあの宣伝の仕方はいただけないと思うでしょ!
映画自体を否定する気はないのよー・・・

412 :名無シネマ@上映中:2006/02/10(金) 08:36:48 ID:O3Xx/Yqv
>>407
オレもその部分に引っかかった。
オリバーを消す計画に全然反対もしないんで「ヘッ?」って感じだった。
おかげでラストも全〜〜〜〜く感動しなくて「まぁ自業自得だろ」って
だけだった。

413 :イギ− ◆VD0688G9N2 :2006/02/10(金) 09:34:05 ID:UMMhdwDE
あのね、今の時代の感覚、死や猥雑なものが一切排された世界の物の見方で
この映画の真髄がわかるわけがない。
ホームレスのほうがよほどキミらよりこの映画を見る力があるわ。

414 :名無シネマ@上映中:2006/02/10(金) 09:54:23 ID:8w154TjC
そうかねえ?
単純に面白くなかた。じゃあダメだろうか?

415 :イギ− ◆VD0688G9N2 :2006/02/10(金) 09:56:15 ID:UMMhdwDE
それでもいい。
わたしもスタンリー・キューブリック全然好きになれないもん。

416 :名無シネマ@上映中:2006/02/10(金) 10:10:26 ID:y9FK2mrg
>死や猥雑なものが一切排された世界
おまえ一体どんな管理社会に住んでるのよ?w
ホームレスを出してきたり、高校生の映画感想文じゃないんだから。

つーか、現代から見てもそれほどの作品とも思えないけど、
当時の人間がこれ見たって、全く面白くも何とも無いと思うが。

端的に言えば、
宣伝とのギャップ以前に、オリバーやその周囲の人間の背景が
全然描ききれていないから、どのキャラクターにも感情移入できない。
何故、ブラウンロウやナンシーがオリバーをあれほど助けようとするのか
その動機付けが甘いから、なんだ、結局可愛い奴が得をするのか、と
思われてしまう。

監督は、原作は誰でも知っている話だから、背景をはしょっても
それぞれの心情を理解できるとおもったのかもしれないが、それでは
映画としては片手落ち。

417 :イギ− ◆VD0688G9N2 :2006/02/10(金) 11:47:51 ID:zZ/VTTf5
まだ人間というものがわかってない青いヒトがいるな。
まぁ延々言葉での説明がいるいつまでたっても愚鈍な人間もいれば
勘が良くてこの世が至極曖昧なものだって幼少の頃から気づく人間もいる。
前者のほうが楽に生きれるが一生この世の本当の姿は見えない。
後者は絶望の淵に陥りやすい。

418 :名無シネマ@上映中:2006/02/10(金) 12:24:36 ID:K+xZuDjN
能動的なオリバーじゃないから運命に翻弄される様が
よくわかるんだよ。唯一能動的だったのが家出して
ロンドンに向かう時とフェイギンに面会するときなんだよ。


419 :名無シネマ@上映中:2006/02/10(金) 12:51:37 ID:DimwK5vK
>>404
銭形のとっつぁんは実在しないんだよ

420 :名無シネマ@上映中:2006/02/10(金) 14:23:57 ID:7kd93EJc
上のほうでも出てたけど、金持ちな子供の
フラフープを取り上げて遊ぶ所がかなりツボった!

421 :名無シネマ@上映中:2006/02/10(金) 14:24:36 ID:OBGG8yGp
テーマ曲を聞くと鉄道唱歌につながりそうになる。

422 :421:2006/02/10(金) 14:26:02 ID:OBGG8yGp
あ、タイアップのじゃない劇中の曲ね。

423 :名無シネマ@上映中:2006/02/10(金) 15:16:31 ID:/u4ihBj4
前情報無しで観たこともあるかもしれないけど、中々よかった。
でも、ちょっと盛り上がりに欠けるから途中ダレる。
やたら長く感じるし。
それと、ドジャー達のその後が知りたかった…。
ロンドンの風景や衣裳は最高にツボなので、DVD出たら買うかな。

424 :名無シネマ@上映中:2006/02/10(金) 17:18:46 ID:q/m6sibF
>>417
笑いどころはどの部分ですか?
ヒト という片仮名表記かな。

425 :名無シネマ@上映中:2006/02/10(金) 18:15:22 ID:mX9c6AO8
一番の見所はドジャー達のスリのテクニック。
お前らそれはコントかと。

426 :イギ− ◆VD0688G9N2 :2006/02/10(金) 18:28:32 ID:/tGgdqaZ
>>420
そのシーンの良さを語ったのはわたしだよ。
予告では一番の名シーンだったフラフープを取るシーンはけっこうアッサリしてたけど
そのあとの健気にフラフープを取り返そうとするちっちゃい男の子(ポランスキー監督の息子)が可愛すぎ。

427 :名無シネマ@上映中:2006/02/10(金) 18:52:30 ID:kncubs0v
ドジャーはイライジャウッドの方が100倍かわいいよ!
ちなもにロードの主役やってた子だよ!
ちなもに単独スレはココ

イライジャ・ウッド Elijah Wood Part7
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1133388431/

428 :名無シネマ@上映中:2006/02/10(金) 19:08:30 ID:ZvjOoWCc
前半はだれたけど、後半はよかった。
それぞれの役者のキャラがたってるし、オリバーが最後牢屋に面会に行ったシーンは技巧いの一言。監督がね。
オリバーは普段やたら優柔不断で要領悪い分、牢屋の中で錯乱したフェイギンに抱きつかれながら「平気です!」と制したシーンはすごいインパクトだった。
身分のないガキが幸せを掴むために努力してのし上がるなんて映画はいくらでも撮れるだろうけど、
このなんとも中途半端なキャラが逆に面白いんじゃないかな。
犬の使い方もうまいよね。

429 :名無シネマ@上映中:2006/02/10(金) 19:21:27 ID:nl0dOL7d
犬も子役もみんなうまかったと思うよ

430 :名無シネマ@上映中:2006/02/10(金) 19:55:13 ID:lDV9gDJf
405でつ。>>406さん、情報ありがとうございます!

431 :名無シネマ@上映中:2006/02/10(金) 20:32:13 ID:SHhGxlII
なんか善悪の狭間に生きる人間たちの中で、あの犬がメタファー的な存在に思えた。

432 :名無シネマ@上映中:2006/02/10(金) 22:07:02 ID:zGSk86lM
>>420
ワロタ

433 :名無シネマ@上映中:2006/02/10(金) 23:51:12 ID:wccpAeUH
クラキットがルー大柴に見えてしかたなかった

434 :名無シネマ@上映中:2006/02/11(土) 11:06:59 ID:GUSEw/Ze
ドジャーかっこよすぎるよ、ドジャー

435 :名無シネマ@上映中:2006/02/11(土) 11:41:31 ID:5cv5t5SC
>414
いいに決まってる。
いちいち「本当はああでこうで…」「こういう意図が」とか
ここで説明されなきゃ伝わらない人が結構いた。
つまり単純に「つまんねー」って事。
予告詐欺の部分も大きいとは思うが。

もちろん感動した・面白かったって人にけちつける訳ではない。
けど、そういう人たちが「この映画の面白さが分からないのはガキ」とか言うのもやめれ。

436 :名無シネマ@上映中:2006/02/11(土) 13:04:08 ID:CiSrHS4R
解る人だけが解ればいいさ

437 :名無シネマ@上映中:2006/02/11(土) 13:22:16 ID:1CNMj/AE
白人の子供って大人びてると思ってたけど、オリバー演じたときのバーニーは11歳、
ドジャーは14歳だって。
子供っぽく見えるよね。

438 :イギ− ◆VD0688G9N2 :2006/02/11(土) 13:29:31 ID:toHNdEqX
早くも1日に2回の上映になった。
まぁ映画マニアじゃない一般人には映画料金は1800円っていう認識だし
よほど派手なアクション映画か、もしくは流行ものぐらいしかわざわざ高い金
払ってまで遠くの映画館まで通わないんだからなかなかこの文学の映画化に
興味はいかないよなぁ。観たら観たで、凡作としか感じられないだろうし。

439 :名無シネマ@上映中:2006/02/11(土) 17:44:57 ID:P1NvA8nw
眠い映画だった。
サイレンを見に行きたかったのに、こんなの見せられた自分は…。
原作でもフェイギンさんはあんなふうに死ぬの?

440 :名無シネマ@上映中:2006/02/11(土) 19:59:18 ID:qhytS6rE
なんかNHKでよくやる品行方正海外ドラマって感じ。
まぁ、セットとか豪華みたいだけど、器が豪華でも既視感バリバリ。
逆にいえば、コレがオリジナルで色んなモノに影響与えたのかな?でも、とにかく今更感強かった。

ポラちゃんさぁ、アプローチの仕方間違ってるよね。
ピアニストは醒めた視点・突き放した演出が、逆に戦争批判のメッセージ性を高めたり、
諸行無常感を強く観客にアピール出来たと思うけど、オリバーはその逆でよかったんじゃね?

例えばさ、
●お粥おかわりを言い出し職員室wに引きずられて、扉開けたら大人たち豪華ディナー。
●ナンシー(だったよね?)オリバーのために人肌脱いで、真相を富豪爺さんに告げる→あぼんの憂き目に遭う。
この辺のベタ加減をもっともっと全面に押し出せば面白かったのに。

豪華な器で味付けの濃い料理法の方が、美味しく味わえるストーリーでしょ。

441 :名無シネマ@上映中:2006/02/11(土) 20:02:02 ID:qhytS6rE
変換ミスだw

X人肌脱いで

○一肌脱いで

ところで、彼女ら娼婦まがいの事はしてなかったの?>原作

442 :名無シネマ@上映中:2006/02/11(土) 20:55:49 ID:U26JJAZp
書いてない、書かなくても分かるから

443 :名無シネマ@上映中:2006/02/11(土) 21:26:53 ID:1akERffB
ナンシーは酒に何か混ぜてボブに飲ませてたけど、てっきり毒盛って殺そうとしたのかと。
あれ何入れたんだ?次のシーンでボブフカーツしてたけど。

444 :名無シネマ@上映中:2006/02/11(土) 21:27:28 ID:sql1V+ET
今日見てきたよ。1800円分楽しめた。
まあ原作とかオリバー!を知らないせいか、
最近面白い映画を見てないせいかわからんが。
映像とフェイギンは素晴らしかった。

445 :名無シネマ@上映中:2006/02/11(土) 22:28:02 ID:hnI3qcO/
>>443
ちなみにボブじゃなくてビルねw

私も毒だと思ってた。
彼は嵐の夜に河に流されても平気だったから、
毒くらいじゃ死なないんだよ。
最後、首吊って死んだように見せかけてたけど、きっとヤツは生きてる。
続編はビルが墓場から甦る映像から(ry

446 :443:2006/02/11(土) 22:45:07 ID:OkdwrB22
<<445
あ、ビルでしたw

原作読んでないからわからんが、ビルはナンシーを幼い時からテゴメにしてた設定なのかなぁ?
赤毛の悪党の方は付き人があんな感じだし男色家っぽいよね。

447 :名無シネマ@上映中:2006/02/11(土) 22:54:33 ID:2bAnRi9f
ょぅι゛ょの頃から胸を揉みしだいてきた結果
あんな胸になりました。

448 :イギ− ◆VD0688G9N2 :2006/02/11(土) 23:59:50 ID:Erp658vd
ナンシーはあの男を殺したりなんかしない。
睡眠薬。

449 :名無シネマ@上映中:2006/02/12(日) 00:22:57 ID:OxX6ML2d
>>448
そうだよねぇ、あれ飲んだ後高いびきでビルが寝てるシーンあったし。
毒薬だったらナンシーがためらうとか演出するだろうし。
ナンシーは心根の優しいいい娘なんだよ・・・・おかげで身を滅ぼしたが。

・・・・・っんとに、オリバー以外は救われない話だな。

450 :名無シネマ@上映中:2006/02/12(日) 00:35:28 ID:E8tWVDkw
原作でもナンシーは売春婦。
ビルに飲ませたのは阿片。深く眠って起きないようにね。
原作のナンシーはビルが矯正不能な悪人なのを承知で惚れていた。
だからこそ、殺される場面が哀しい。

ちなみに原作でビルにナンシー殺しを食ってかかるのはベイツ。

451 :名無シネマ@上映中:2006/02/12(日) 00:45:40 ID:kMHXxEI0
日本で作ればいいのに。「オリバー・ツイスト」。主演は神木りゅうの介で。
フェイギン役が難しいけどな。今の日本でいるかな、ああいう役は。殺人鬼
は北野武あたりで。

452 :名無シネマ@上映中:2006/02/12(日) 01:18:44 ID:ibH+MZD6
ビルが飼っていた犬はビルよりナンシーになついていたように見えた。
ビルがナンシーを殺す時に犬にかみ殺させるつもりだったが
逆にナンシーの命令で犬はビルに噛み付くというオチを想像していたけど
あっさり撲殺だった。なーんだ・・・

453 :名無シネマ@上映中:2006/02/12(日) 01:41:59 ID:kQ4Ocg/c
このスレで、やたら予告が神扱いされてるので
公式サイト行って見てみた。

うっかり泣きそうになっちゃったよ (´・ω・`)
本編では一滴の涙も出なかったのに。
むしろ、原作は無視して、
予告に沿って一から撮り直した方がいいんじゃないかとすらw

454 :名無シネマ@上映中:2006/02/12(日) 03:33:49 ID:L17O5KqU
久しぶりに映画代
損したと感じた…

あんなにいろんな場面でイライラしたのは初めて

455 :名無シネマ@上映中:2006/02/12(日) 04:27:50 ID:3tjPS7so
月曜にWOWOWでオリバー!やるね。

456 :名無シネマ@上映中:2006/02/12(日) 07:12:40 ID:3WS3QOqr
『オリバー・ツイスト』じゃなくてはダメだ

457 :名無シネマ@上映中:2006/02/12(日) 17:17:35 ID:81rhmyLN
これよりは昔のミュージカル版の方がマシだった。
フェイギンだけは見物

458 :イギ− ◆VD0688G9N2 :2006/02/12(日) 17:19:58 ID:2WPgFtxZ
わたしは公式ブログで広報の方といっしょにがんばってる。

459 :名無シネマ@上映中:2006/02/12(日) 18:44:28 ID:F/K4Nct6
昨日みてきた よかった 久々にいいものを見た気がした

460 :名無シネマ@上映中:2006/02/12(日) 20:05:11 ID:kMHXxEI0
原田の人生のほうが泣けるよ。

461 :名無シネマ@上映中:2006/02/12(日) 22:02:49 ID:K20Zx6eS
>>460
それいう〜?!

462 :名無シネマ@上映中:2006/02/12(日) 22:56:47 ID:llF7Uq9a
p。

http://blogs.yahoo.co.jp/olivertwist70miles/25479178.html

463 :名無シネマ@上映中:2006/02/13(月) 10:15:18 ID:UkZmL/T+
よく知らんのだが、役者にとって老人や精神障害の役はおいしいらしいな。
この映画で言えばふぇいぎんだ。確かに熱演だった。一見の価値ありと感じた。
それ以外は、うーん、どうでもいいか。


464 :名無シネマ@上映中:2006/02/13(月) 11:51:17 ID:dC8G4HnQ
精神障害の役は本人熱演でもイタイだけってこともあるがな。
映画だとそれなりの役者がやるからいいのが多いけど、ドラマだと
失笑ものだったりする。

465 :名無シネマ@上映中:2006/02/13(月) 13:20:55 ID:QwFM3hIi
なんだよ、このくそつまらん映画。
この時代は大好きなのにこれだけ退屈したのは初めてだ。
感動どころか、筋運びも悪けりゃ、役者の魅力もなし。音楽もよくない。
無論原作は知ってるが、ディケンズといえばわかりやすくて面白くて
はらはらドキドキさせるエンターテインメント性の高いストーリーテラーだろう。
金かけて映画化するからには本で読む以上の満足を客に与えなきゃ意味がない。
戦場のピアニストも期待はずれだったし、ポランスキーはもうだめかもね。
金も時間も無駄だった。

466 :名無シネマ@上映中:2006/02/13(月) 17:10:32 ID:895b0O0t
観てきました。

突っ込みどころも少ないが、見どころのほうはまるで無し。 皆無。
なんとなく文芸っぽいつくりに酔わされている御仁がスレに散見されるが、
文学的、芸術的要素も殆どない上に更には娯楽ですらない。
まさにないないづくし。 マジでなにもなし。

467 :名無シネマ@上映中:2006/02/13(月) 18:15:35 ID:AiE0cJax
まだ見てないんだけど、感じとしては「リトルプリンセス」みたいなものでしょうか?
絵は綺麗で主人公の子どもが結構強いみたいな。でもってハッピーエンドみたいな。
原作とストーリーは一致していましたか?

468 :名無シネマ@上映中:2006/02/13(月) 19:59:00 ID:rOJ0NTtI
>467
主人公の子どもは全然強くない。


469 :名無シネマ@上映中:2006/02/13(月) 20:11:26 ID:hVka1CBd
これ文芸っぽい雰囲気かな?そうは思わなかったけど。
原作も読んでないし、予告も見てなかったのが幸いしてか、それなりに楽しめた。
ラストのほうが良かったけど、中盤が少しダレた感あり。

470 :名無シネマ@上映中:2006/02/13(月) 21:53:13 ID:vgculnId
無力な子供のサバイバルな話ですよ。エンターテイメントでも文芸大作でも
ない。希望無き労働者階級に一筋の光をあてようという試みですが、紙一重
で人間は生きたり死んだりするというリアルな話です。犬の鳴き声で事故死
する殺人鬼が象徴的な光景でした。映画に気晴らしを期待する人は観ないほう
がいい。失望の連続だからね。

471 :イヤンレンドル:2006/02/13(月) 22:10:10 ID:GcQ6GS71
ナンシーって年いくつなのでしょう。子供っぽく見えた。

472 :名無シネマ@上映中:2006/02/13(月) 22:33:23 ID:laeyDOiu
>469
主人公の出生の秘密はばっさりカット。カルピス名作劇場を期待すると外す。

473 :名無シネマ@上映中:2006/02/13(月) 23:20:14 ID:oHh1W1A6
これだけ面白い顔の大人たちが次から次へと出てくる映画を、
見どころまるで無しとは、残念な人だな。

474 :はやく沈没しろ:2006/02/13(月) 23:57:45 ID:iGfveZE7
劇場で涙必死にこらえた

475 :名無シネマ@上映中:2006/02/14(火) 00:06:19 ID:idT84T6E
>>473
同意。
路面に散らばる馬の糞と形容しがたい顔立ちの人々。
良い物見せて貰ったよ。


476 :名無シネマ@上映中:2006/02/14(火) 00:28:22 ID:Bcnn1XYZ
最初の教護院の職員室(?)みたいなところからして、怪物の館。いきなり、見どころじゃん。
うがった見方でもなんでもなくて、本当に、そういう風に撮ってるでしょ。

477 :名無シネマ@上映中:2006/02/14(火) 01:18:23 ID:DCNMFA9f
ディケンズのファンとしては文句なしに面白い映画だった。

それよりも、映画上映を機に復刊された新潮文庫版「オリバー・ツイスト」で
「アートフル・ドジャー」が「忍術小僧」と訳されていることに怒り狂ってる。
ちくま文庫では「ドジャー」なんだが。
板違いごめん。

478 :名無シネマ@上映中:2006/02/14(火) 01:25:25 ID:oPuIcgry
>忍術小僧

工エエェェ(´д`)ェェエエ工工
dodgerはペテン師だろう

479 :名無シネマ@上映中:2006/02/14(火) 01:44:30 ID:ImORlqMJ
せめてマジックボーイだよなw

480 :名無シネマ@上映中:2006/02/14(火) 09:29:07 ID:fDkmbIeP
>忍術小僧
すげぇ、いつのヒトだよ翻訳者
ちなみにこの映画をカバーにした角川文庫の訳も化石のように古い直訳調。

481 :名無シネマ@上映中:2006/02/14(火) 09:50:07 ID:wYzLN/vb
忍術小僧w 印刷工の植字ミスだろう。

482 :名無シネマ@上映中:2006/02/14(火) 19:18:44 ID:H8Ewx7+E
「おい、忍術小僧」とか。

483 :名無シネマ@上映中:2006/02/14(火) 21:17:20 ID:WmrGJuMu
たなぼた人生バンザイ!お金持ちの人に拾ってもらえてよかった。

484 :名無シネマ@上映中:2006/02/15(水) 14:35:29 ID:WHhvupzm
スリの一味として生きるより、物質的な豊かさが
無条件に優先される、潔さがよい。アッパレだ。



485 :名無シネマ@上映中:2006/02/15(水) 14:58:25 ID:lJVSDD/p
さっき見てきたよ。
淡々と物語が進んだって印象で、盛り上がりどころに欠けるというか・・・
最初母の悪口言われて怒ったシーンとか必要なのか?
どんな過去があったのか以降楽しみに見てたけど母親のこと全然出てこなくてガカーリした。
中盤はおっぱいと字幕に目を交互させるのに夢中ですた

486 :名無シネマ@上映中:2006/02/15(水) 15:51:52 ID:d27ICeC5
この映画に満足を覚えないという人が多いのには、心底、ビックリだ。
おいおい、この映画にアカデミー賞を与えないでどうするんだい? 
退屈? 信じられない感想だよ。ポランスキーの最高傑作に違いない
し、わたしの洋画ベスト・テンにも入るな。つまらないと書き込んだ
人は、それぞれどんな映画がいいとおもうのか、ぜひ教えてほしいよ。


487 :名無シネマ@上映中:2006/02/15(水) 15:54:11 ID:d27ICeC5
ドジャー役の子役の演技も見事の一語じゃないか。


488 :名無シネマ@上映中:2006/02/15(水) 19:43:30 ID:yqRQ4JEO
オリバーは主人公らしく、これといった演技がなくても
あの目だけでいい、つーくらい絵になるし。
で脇のユダヤ爺いとおっぱry

489 :名無シネマ@上映中:2006/02/15(水) 22:46:40 ID:cTqcEOoB
オリバーを泥棒に連れて行ったことに対するストーリー批判があるが、
あれは仲間で一番体の小さなオリバーじゃないとあの小窓を通れないと
いう説明がミュージカル版ではあったと思う。

490 :名無シネマ@上映中:2006/02/15(水) 23:26:21 ID:NOJL9jTa
>>489
説明なくてもふつうわかるでしょ。子供を連れて行く意味は。

491 :名無シネマ@上映中:2006/02/15(水) 23:31:50 ID:eSITCUHS
>>490
「仲間で一番体の小さな」って書いてあるじゃん。

映画ではその説明がなかったから、裏切るかもしれないオリバーじゃなく
他の子供をつれていけばよかったんじゃね?という意見があった。

492 :名無シネマ@上映中:2006/02/15(水) 23:46:22 ID:ABTV9SFg
子供のサイズ優先するくらいならもっと大きな窓のあるお屋敷を狙えよ   プッ

493 :名無シネマ@上映中:2006/02/16(木) 01:15:56 ID:BYKYLCfZ
この映画ではオリバーの知ってる屋敷に連れていかれるから、
子供じゃなくオリバーを連れて行くことに意味がある。
そうじゃないと、向かいのレストラン?で悪役が家にいるオリバーを
見ているカットのじっくりした演出が生きてこない。

494 :名無シネマ@上映中:2006/02/16(木) 01:59:14 ID:D1ElIhpy
オリバーとしては、真の悪党になるためのイニシエーションだったのだが、
彼は悪の階段をのぼるには心が弱かった。あそこで恩人夫婦を斧で惨殺した
らロベール・ブレッソンの「アルジャン」になってしまうところでした。

495 :名無シネマ@上映中:2006/02/16(木) 06:20:49 ID:3mUajQg6
予告につられて期待して行ったらかなり困った。
指輪物語並に原作ファン向けな気がする。

衣装、舞台、ドジャーが良かった。

496 :名無シネマ@上映中:2006/02/16(木) 08:10:12 ID:2IF+RzyA
わかるひとにはわかる映画



無論「わかる」の意味は侮蔑に他ならないが

497 :名無シネマ@上映中:2006/02/16(木) 09:13:56 ID:LEA8c0H0
ドジャーはよかったね。
もっと出番多くしてほしかった。

498 :名無シネマ@上映中:2006/02/16(木) 09:28:33 ID:BYKYLCfZ
>>496
全くわけの「わからない」意見だけど、
>>496 自身が、人を侮蔑するのが好きそうな人間だということだけは
「わかる」気がする。

499 :名無シネマ@上映中:2006/02/16(木) 11:02:35 ID:RnvNU23P
>>498 = わかりすぎるくらいわかりまくっちゃっていらっしゃるお方

500 :名無シネマ@上映中:2006/02/16(木) 11:06:42 ID:goi/LfoO
オリバーが、全く成長しないところにイライラした。

501 :名無シネマ@上映中:2006/02/16(木) 11:07:26 ID:OdZbYabB
>>498
同意

502 :名無シネマ@上映中:2006/02/16(木) 15:46:36 ID:aG3khpDD
>>500
つまらないという奴は、みなそういう視点で見ていると思う
この映画の中でオリバーと周りの人々との繋がりは薄い
オリバーはそんな人たちに翻弄されてしまう
この繋がりの薄さというリアリティーの中で誰かこの子を
助けてやってほしいという視点でみるとこの映画は実におもしろい
薄い繋がりの中でオリバーに手を差し伸べる人たちがいる
人としての情と仲間意識、そして利敵好奇心と自己保身
オリバーをとりまく人間は人間味にあふれている

503 :名無シネマ@上映中:2006/02/16(木) 16:03:36 ID:B4AMElpr
オリバーが成長しなくてもいいんだよ。巻き込まれて流されて行くだけでも全然構わない。
もともと原作がそうなってるんだし、この映画がつまらないのはそんなことが理由じゃない。
もっとテンポよく、スリル、ユーモア、涙をあざとく盛り込み、悪いやつはもっと悪く、
いい人はもっと善良に、メリハリをつけて描くべきだった。人間の二面性なんていらないよ。
芸術性や文学性にこだわらず、子供向けと割り切って作った方が面白くなったろうに。

504 :名無シネマ@上映中:2006/02/16(木) 17:23:12 ID:LrMY0v4k
>>503
でも作り手が最初からそういう面白さを求めてないから、仕方ない。

505 :名無シネマ@上映中:2006/02/16(木) 21:17:46 ID:D1ElIhpy
ロマンスキーは今更こどもむきの作品なんか撮りたくないだろ。貴重な
人生の時間は撮りたいものにあてたいはずだ。

506 :名無シネマ@上映中:2006/02/16(木) 22:44:00 ID:PqQddtYi
>>505
釣り?

507 :名無シネマ@上映中:2006/02/16(木) 23:20:39 ID:UNoyGmQ9
>>506
いや、釣りならよっぽどこっちのほうが・・・

>オリバーはそんな人たちに翻弄されてしまう

508 :名無シネマ@上映中:2006/02/17(金) 04:14:39 ID:1bxqf+bh
>495
原作ファンだが、困ったぞ

509 :486:2006/02/17(金) 09:26:53 ID:x6KkNX9B
この映画の主役は、オリバー・ツイストではない! 真の主役はドジャー
を筆頭とする悪党連中だ。最下層に属する彼らが金持ち連中から、巧みな
技量で物をくすねて生きる。確かに犯罪者だが、彼らほど魅力的でいきいき
と描かれている連中はこの映画には出てこない。彼らほど、人間的に面白い
連中は、まっとうな市民やブルジョワのなかにはいない事を、この映画は
描いている。あの人殺しの悪党(名前をど忘れ)とナンシーや愛犬との
屈折した愛情関係もみごたえがあるではないか。複雑な内面を持つ悪党を
描いた傑作映画だと思った・・・。


510 :486:2006/02/17(金) 09:31:42 ID:x6KkNX9B
503の人の意見にはまったく同意できないな。どうして、この素材を
子供むけ映画なんかにしなければならないか?


511 :名無シネマ@上映中:2006/02/17(金) 10:21:37 ID:+VT+MwSg
確かに主役はオリバー・ツイストではなくその周囲だな。

512 :名無シネマ@上映中:2006/02/17(金) 12:06:05 ID:u8Mi/hbp
509の見解は鋭い。悪の魅力をあますことなく描いているね。貧者の武器だった
ね、悪行は。悪党のポランスキーが描くにはうってつけの素材だ。

513 :名無シネマ@上映中:2006/02/17(金) 13:12:28 ID:71gtZNl0
>>374 の意見を書いた者だけど、
これはある意味「ザンパノたちの映画」と言うこともできるよね。
フェイギンが家伝の秘薬で治療してやるところとか、
(フェイギン同意の上で)ビルに殺されることが決まってるオリバーが、
感謝しまくるわけじゃない?
あそこで、「わー、何も知らずにオリバー、かわいそう!」と思うより、
「うわー、フェイギン、これ、キッツイだろうなあ」と、思うもの。

514 :名無シネマ@上映中:2006/02/17(金) 14:29:56 ID:tJvMBcfY
ピカレスクものとしても中途半端じゃないですか。
フェイギンは気弱で心優しい面が勝ってるし、サイクスは悪党としての凄みがない。
すりの少年たちとオリバーの関係性も曖昧。共感的なのか、よそもの扱いなのか。
最後まで気持ちが乗らない、引き込まれない作品でした。

515 :名無シネマ@上映中:2006/02/17(金) 19:42:26 ID:pMR1z3lo
バーニーの顔見るだけで価値はある
サーも頑張ったじゃないか

516 :名無シネマ@上映中:2006/02/17(金) 20:27:06 ID:iXwZe4X9
ナンシーがかわいい
っていうかオッパイがすごかった

517 :名無シネマ@上映中:2006/02/17(金) 21:36:48 ID:xniHEWMM
悪党の話題ばかりでてるけど
オリバーがブラウンロー氏に「学者になりたいか?」
と言われて「本屋になりたいです」と答えるシーンなんかもいいよ
流されてるようで 流されてないんだな これがまた

518 :名無シネマ@上映中:2006/02/17(金) 22:58:49 ID:w2eKtmt1
誰も美化せず、ありのままの姿を描いてるのかな。
中途半端だけど、こんなもんだろ、という感じ。ドラマチックじゃないよね。
だから悪党にも人間味があるし、主人公も子供らしく状況に流されがちだし。
少年たちが戻ってきたオリバーをからかって身ぐるみはぐとこなんか、子供の残酷さが出てるなと思ったし。
棺桶屋の主人の、そこそこ善良で、でも家庭の平和を大事に思ってオリバーをかばいきらない小市民ぶりも、悲しいけど好きだな。

519 :名無シネマ@上映中:2006/02/18(土) 00:40:53 ID:5BrHquFi
>中途半端だけど、こんなもんだろ、という感じ。

あー、そうそう、そんなかんじ。
キャラクターが皆地に足がついてて、彼らの描写は後でじわっとくるね。
でもそれがあのすんごいセットとミスマッチで何か気持ちが悪いような
まあ違う方向に期待していた自分のせいだとも思うんだけど。

というわけで悪いのは全て広告のせいってことで!

520 :名無シネマ@上映中:2006/02/18(土) 06:37:10 ID:qr04AKNa
皆流されるしかなかったあの時代の混沌とした雰囲気がうまく出せていると思った。
ナンシーは一際輝いて見えた。

521 :名無シネマ@上映中:2006/02/18(土) 08:28:58 ID:iFXlBGgq
この映画面白いと思う
俺もう3回も見に行ってしまったよ

522 :名無シネマ@上映中:2006/02/18(土) 12:56:16 ID:Uuf8c0tc
>>514
悪役に比重をおいて描くのと、いわゆる「ピカレスクもの」は違いますよ。
誰も「ピカレスクもの」と書いている人はいないと思います。。。

523 :名無シネマ@上映中:2006/02/18(土) 14:36:26 ID:ub/YKpZb
>>520
ナンシーが殺されるかも知れない危険を犯してまで裏切るのは、
ただ単にオリバーが気にいったとかそういうことじゃなくて、
いままでにもさんざんオリバーのようにトカゲのシッポ切りとして
始末される少年たちを見続けてきて、内心こころが痛みながらも、
自分自身まだ無力で恐怖に震える少女でしかなっかったから、
救うことが出来なかったと後悔し続けてきたからだ。ナンシーは
大人になったがゆえに、殺されてしまった。
そういうすべてを、さりげなく示す所が大人の映画だ。


524 :名無シネマ@上映中:2006/02/18(土) 14:46:47 ID:ub/YKpZb
>>514
フェィギンは、あの優しくおどけたキャラクターなしでは
到底、悪ガキどもを束ねてはいけなかった。愛すべきキャラクター
は生き延びるための仮面でもある。だが、自分の身に少しでも
危機が迫れば、少年たちを始末することを少しもためらわぬ
もうひとつの顔がのぞかせる。フェィギンの優しさは本物であると
同時に贋物でもある。


525 :名無シネマ@上映中:2006/02/18(土) 15:09:12 ID:1tPrIGQ7
>>524
宝物を見て「この子も良い子だった」「この子も……」
と回想した中には、逃げた子もいるし、始末した子もいたんだろうね。
ただし、それが罪悪感になっていたからこそ、
オリバーという格別に無垢な、天使のような存在の少年に贖罪を求めて、
あのラストになったんでしょう。
あのラストと、(ビルが始末することが決まっている)オリバーを
秘薬で治療してやるシーンは呼応してるよね。

526 :名無シネマ@上映中:2006/02/18(土) 17:03:17 ID:OAoSIbMU
これ原作知らなくても脚本の穴に気付くよな
映画見た後で原作を借りてみてたら、
予想通りに抜けているパート多かった

527 :名無シネマ@上映中:2006/02/18(土) 18:27:39 ID:1tPrIGQ7
その「抜けている」のが映画の脚色の方針に必要かどうかだね。

528 :名無シネマ@上映中:2006/02/18(土) 18:50:52 ID:PmWWJijG
抜けてるというか、抜いたというか

529 :名無シネマ@上映中:2006/02/18(土) 22:03:47 ID:mH4ZTdCd
ナンシーで抜いた

530 :名無シネマ@上映中:2006/02/18(土) 23:18:02 ID:ZF1ty+mh
529ちょっと来い

531 :名無シネマ@上映中:2006/02/19(日) 00:27:39 ID:4e11Vfdh
>>526
>これ原作知らなくても脚本の穴に気付くよな
↑ずいぶん偉そうに言ってるな。何様だろうなあ、と、思ったら……

>予想通りに抜けているパート多かった
↑長編小説の脚色のための省略という当たり前のことに対し、
鼻息荒く「予想通り」と言い放つお子ちゃまだったとさ。チャンチャン♪


532 :名無シネマ@上映中:2006/02/19(日) 00:59:47 ID:yoI7KLHE
摘指している「オコチャマ」相手に涙目でムキに書き込む>>531もどうかと・・・

533 :名無シネマ@上映中:2006/02/19(日) 01:06:14 ID:ILGSkaA7
>長編小説の脚色のための省略
そんなレベルでなく、物語の幹となる部分を省略してるから評判悪いんだが

534 :名無シネマ@上映中:2006/02/19(日) 03:24:07 ID:T3O1YlLZ
一昔前の少女マンガみたいな話だね、これ。

意地悪役と、悲劇のヒロイン役が出てきて、ラストは
ヒロインがおいしい思いをして終わり。

人間の業の深さが、もっとその人の生い立ちや
生活に根ざした描き方をされていれば、
もう少し味わい深い作品に仕上がったと思う。

話の展開が強引すぎるし、人間の悪の部分が極端すぎて
作品世界に入っていけない。
冷めた目で見ていることしかできなかった。

535 :名無シネマ@上映中:2006/02/19(日) 06:22:24 ID:jAO6DWXY
>意地悪役と、悲劇のヒロイン役が出てきて、ラストは
ヒロインがおいしい思いをして終わり。

これはちょっと違うと思う・・

536 :名無シネマ@上映中:2006/02/19(日) 12:08:43 ID:S0k+0kzp
なんで女の子が巨乳なの?
理由がわからん。

537 :名無シネマ@上映中:2006/02/19(日) 12:25:59 ID:wzI6fvck
534
>一昔前の少女マンガみたいな話だね

原作は、一昔どころか大昔の古典で、世界中の物語に影響を与えている作品です。
どっちがマネをしてるか良く考えて見ましょう。

538 :名無シネマ@上映中:2006/02/19(日) 12:42:41 ID:9a5fevgv
>>537
大昔に撮影された映画だったんだ・・・

539 :名無シネマ@上映中:2006/02/19(日) 12:54:41 ID:FMzcX2Nc
食べてるものがみんな旨そうだった

540 :名無シネマ@上映中:2006/02/19(日) 14:55:08 ID:7jcBTqFy
>>537
真似しているとは一言も書いていないけど。
どっちが最初で後かなんて話をしてるんじゃないですよ。

人間の業の深さが、それぞれのキャラクターから
剥離してしまっていて腑に落ちない。
浅薄な描き方が、少女マンガレベルだ。

541 :名無シネマ@上映中:2006/02/19(日) 19:17:39 ID:qOQcI2Gd
つまらなかった。スリ団に拾われたときは早く僕もやりたいですとか
言っといて金持ちの家に入ればもう切り捨てるのかよ!と。
ドジャーこそ最後に救われてほしかった。

542 :名無シネマ@上映中:2006/02/19(日) 20:21:58 ID:yoI7KLHE
感動巨編     

ってどこが?
誰一人としてハナすする微音すら全く皆無だったが・・・

543 :名無シネマ@上映中:2006/02/19(日) 20:31:29 ID:yxnNHZsw
世にも不幸な物語 2
〜少年オリバー偏〜

544 :名無シネマ@上映中:2006/02/19(日) 20:56:49 ID:9GsbFtWR
もうピーコの言葉は信用できないぞ、と。

545 :名無シネマ@上映中:2006/02/19(日) 23:14:03 ID:7d/ex1mD
TBSの「夢の扉」の中で、2回くらい
レイチェル・ポートマンの曲が流れてた。

546 :名無シネマ@上映中:2006/02/20(月) 08:40:19 ID:9VBGcE1S
>>544
おすぎだよ

547 :名無シネマ@上映中:2006/02/20(月) 11:05:20 ID:a1Kad+Yo
これくらい愚作も珍しいですよね

548 :名無シネマ@上映中:2006/02/20(月) 12:33:52 ID:QrhunW2N
大人は言いたいこと言ったら引っ込み、
子供だけが似たような非難を飽きもせず繰り返し、
あとは煽りだけという、
よくある展開になってしまいましたね。

549 :名無シネマ@上映中:2006/02/20(月) 13:24:07 ID:zTLJRIS6
この映画を批判してるのっておつむの弱い人が多いみたいですね。
普段文学とかまったく読まない人たちなんでしょう。

550 :名無シネマ@上映中:2006/02/20(月) 13:28:38 ID:R730UWLp
そうでもないでしょ

551 :名無シネマ@上映中:2006/02/21(火) 00:04:57 ID:eD2aZr5I
>>549
さも自分が強者のように誇示してますが
お前みたいなヤツこそおつ(以下略

552 :名無シネマ@上映中:2006/02/21(火) 02:03:57 ID:pYLqyk+O
見て来た。
おもしろかったよ。
ただ、悪役の人が山崎ほうせいに見えて
ギャグがちらついて集中できなかった

553 :名無シネマ@上映中:2006/02/21(火) 07:06:59 ID:2zYfc3Nl
見て来た。
どうしようもないなこれ。

今更ディケンズをそのまま映画にしようってのが大体間違ってるんだよ。
あの時代の道徳規範ガチガチのストーリー展開が今そのまま通用する訳がない。
それこそディケンズ本人並の話術が必要になる。

「オリバー!」はミュージカルの方向に逃げて成功した。
物語そのものをミュージカル(=ファンタジー)の衣にくるんじゃった訳だ。
「大いなる遺産」は現代に移し替えた上で、ごくごく特殊な社会だけで話を作って
やっぱり良い映画になった。

「オリバー・ツイスト」にはそういうのが全然無い。
何の捻りもないし工夫も無い。
俺はポランスキーにその部分を期待したんだけど、ものすげー投げやりな演出してるし。
セットだけ作って満足しちゃったのかね。

554 :名無シネマ@上映中:2006/02/21(火) 11:37:10 ID:EjObWZAS
この映画を擁護してるのっておつむの弱い人が多いみたいですね。
普段文学とかまったく読まない人たちなんでしょう。


555 :名無シネマ@上映中:2006/02/21(火) 12:48:45 ID:30xMn49/
小学生のときに少女ネルの死(骨董屋)を読んで涙し、
中学生でオリバー・ツイストを読んでわくわくし、
高校生で大いなる遺産を読んで考えさせられた。
この映画から得たものはなにもなかった。

556 :名無シネマ@上映中:2006/02/21(火) 15:36:26 ID:LG2GGBA7
↑うわーキモ

557 :名無シネマ@上映中:2006/02/21(火) 16:47:00 ID:dcJKxX8t
マークレスターのオリバーの方が可愛かった

558 :名無シネマ@上映中:2006/02/22(水) 00:01:06 ID:hYB3UmF6
こんな愚作ばかり作り続けて、何故にこの監督が有名なのかワカラン。

満足な作品はピアニストくらいしかないにも関わらず、スキャンダル発生のずっと以前から有名だしね・・・

559 :名無シネマ@上映中:2006/02/22(水) 06:36:26 ID:p9W0K4bg
>558
昔は凄かったんだよ。「チャイナタウン」なんてマジ傑作だぞ。

本来ポランスキーってのは、人間関係の緊張感とか不安感とか、
どっちかというとドロドロしたものが大得意な人なのだ。
なんでこいつにこの映画任せたのか、不思議でしょうがない。

560 :名無シネマ@上映中:2006/02/22(水) 07:49:30 ID:WWCJyzv5
ポランスキー、この映画は手を抜いてるという感じがする。
オーディションで美少年バーニーを発掘した時点で満足しちゃったのか?


561 :名無シネマ@上映中:2006/02/22(水) 07:56:08 ID:jBIdEp/3
>>558
まったくだ。 代表作はホラー映画だしなw

562 :名無シネマ@上映中:2006/02/22(水) 09:55:33 ID:CtcpUXXL
ポランスキーの魔力は万人向けではないのだよ
かかる人には、まちがいなく魔法がかかって、酔える。ナインスゲートでさえも。

563 :名無シネマ@上映中:2006/02/22(水) 10:07:39 ID:K10CiQ/n
原作読んでなきゃ結構わからなかったと思う。
読んだ人が改めて具現化された映像を観るって感じ?

564 :名無シネマ@上映中:2006/02/22(水) 10:13:18 ID:FNl9r/1Y
>>558
>まったくだ。 代表作はホラー映画だしなw


ばーかw

565 :名無シネマ@上映中:2006/02/22(水) 12:57:23 ID:Lzg529LR
涙滲ませて煽りに反レスワラワラ

566 :名無シネマ@上映中:2006/02/22(水) 15:42:01 ID:OYXngNNK
大人が去って子供だけのスレの惨状に、
フェイギン逮捕後の少年たちの運命を予感。

567 :名無シネマ@上映中:2006/02/22(水) 17:01:56 ID:4oRpEW7a
548 :名無シネマ@上映中 :2006/02/20(月) 12:33:52 ID:QrhunW2N
大人は言いたいこと言ったら引っ込み、
子供だけが似たような非難を飽きもせず繰り返し、
あとは煽りだけという、
よくある展開になってしまいましたね。

>>566
粘着乙

568 :名無シネマ@上映中:2006/02/22(水) 17:08:05 ID:3OyiqLDB
>大人が去って子供だけのスレの惨状

自己レスか? 反省してんのか? www

569 :名無シネマ@上映中:2006/02/22(水) 20:38:36 ID:FQtnRUMn
ああ、そういう事か。

「悲惨な境遇で泣かせる」
「善良さと素直さを至上といいつのる」
「人物造形をとにかく極端にする」
「とってつけた様な解決で話を終わらせる」

要するに"子供騙し"なんだ、この映画。

570 :名無シネマ@上映中:2006/02/23(木) 02:29:13 ID:QH5S3PXK
ID:4oRpEW7a = ID:QrhunW2N

子供乙!!

571 :名無シネマ@上映中:2006/02/23(木) 11:26:57 ID:ywsUp7KH
>>564
まったくだ。 代表作はホラー映画だしなw


572 :名無シネマ@上映中:2006/02/23(木) 14:09:19 ID:ywsUp7KH
>>564
ろーずまりーのバカちゃん

573 :名無シネマ@上映中:2006/02/23(木) 20:20:09 ID:Q0FBwSbt
まぁ代表作と言ってもいいんじゃないかと。
フィルモグラフィの中で一番話題になった映画だしね。出来も良い。

574 :名無シネマ@上映中:2006/02/23(木) 21:56:03 ID:83Kdnnjx
ようやく今日観にいってきた。
18時過ぎの回だったからか客は8人もいた。

575 :名無シネマ@上映中:2006/02/23(木) 23:18:22 ID:+T2P9DMn
みてきた。感想

・オリバーの すごい 善人転がし
・犬
・おっぱいおっぱい

576 :名無シネマ@上映中:2006/02/24(金) 08:25:15 ID:AQC1FBSF
300円ならもう一度見てもよい。   (年収850マソ[手取り])

577 :名無シネマ@上映中:2006/02/24(金) 22:58:38 ID:UeW+AzdN

ナンシーたんのおっぱいに顔を埋めたい(*´д`*)

きっと、いいにおいだよ

578 :名無シネマ@上映中:2006/02/25(土) 03:51:04 ID:apo4qH5k
おっぱいより犬が好き

579 :名無シネマ@上映中:2006/02/25(土) 08:14:32 ID:hvMjXmSl

犬より美少年がちゅきヽ(*´ 3`*)ノ
オリバたんにチュチュしたい

580 :名無シネマ@上映中:2006/02/25(土) 09:27:06 ID:HVj6jodX
ID:hvMjXmSl

52歳 一部上場企業次長級
身長162センチ 体重115キロ

プロファイルしてみた。

581 :名無シネマ@上映中:2006/02/25(土) 18:21:29 ID:apo4qH5k
野蛮な国だよなあ。江戸時代の日本の方がずっとまし。

582 :名無シネマ@上映中:2006/02/25(土) 20:08:03 ID:m4GHByFO
オリバークンはナンシーのおっぱいにどきどきしなかったのかな?

583 :名無シネマ@上映中:2006/02/25(土) 20:19:07 ID:SVMjjTqf
きっと、きつい香りのするパンチュの中で竿をこわばらせて、我慢汁を滴らせていたに違いない(;゚∀゚)

584 :名無シネマ@上映中:2006/02/26(日) 13:34:49 ID:M6oE+XXf
>581
オリバーの時代から50年後の日本で、寒村の子供を遊郭に売り飛ばす映画を
つい最近みたばっかりなんだが。

585 :名無シネマ@上映中:2006/02/26(日) 13:45:11 ID:ZhftdTjf
>>582
あなたが落としたのはこの金のナンシー関ですか?
それともこちらの銀のナンシー関ですか?

586 :名無シネマ@上映中:2006/02/26(日) 20:48:47 ID:n5Mz/tQg
あのさー、オリバー役の子の顔ヒューグラントに似てない?

587 :名無シネマ@上映中:2006/02/27(月) 01:55:51 ID:w04B/Xj8
ナルニアと比較してどちらが糞?

漏れ的には小学生対象のナルニアよりも大人に照準を合わせたこちらの方がよっぽど糞だと思うのだけれど。

588 :名無シネマ@上映中:2006/02/27(月) 03:17:37 ID:lbmnJ01U
君のレスが一番クソだと思うよ

589 :名無シネマ@上映中:2006/02/27(月) 04:00:28 ID:3Uvp03rl
君のレスが一番クソだと思うよ

590 :名無シネマ@上映中:2006/02/27(月) 20:11:54 ID:BtY8gtS5
じゃ俺も・・
君のレスが一番クソだと思うよ

591 :名無シネマ@上映中:2006/02/27(月) 21:39:30 ID:ZRcPgj7m
以下の3作品中最もクソ映画なのはどれか、選べ。

@ナルニア国物語
Aオリバーツイスト
B>>587のレス

592 :名無シネマ@上映中:2006/02/27(月) 22:18:12 ID:YEKxauoQ
丸数字を使う奴

593 :名無シネマ@上映中:2006/02/27(月) 22:22:35 ID:pPuJ45rZ
文句なくID:YEKxauoQ

594 :名無シネマ@上映中:2006/02/27(月) 23:21:14 ID:RvAFajc0
>>586
やめてよ!せっかく感動したのに。

595 :名無シネマ@上映中:2006/02/28(火) 08:24:17 ID:DD43mPg/
映画同様スレ展開も糞

596 :名無シネマ@上映中:2006/02/28(火) 11:26:39 ID:DD43mPg/
いろんな意味でクソ

597 :名無シネマ@上映中:2006/02/28(火) 18:33:09 ID:coStCv1E
主人公に、人生に対する積極性を期待してしまう人は不満だろうね。
うまく作ればヒットするかもしれないけど、それやっちゃたらありきたりになる
のが難しいところ。大衆のカタルシスをとるか、芸術をとるかって感じ。

598 :名無シネマ@上映中:2006/02/28(火) 20:08:28 ID:1R2uzMCv
ロンドンに出る辺りは積極性の現れともとれるけど…。
ちなみにこの作品だと、人生に消極的だと芸術性が高いの?

599 :名無シネマ@上映中:2006/02/28(火) 20:31:52 ID:3WW7Tgbw
フェイギンがオリバーに「逃げるつもりだったんだろう?警察にチクるつもりだったんだろう?叩き直してやる!」ってセリフの付加疑問文〜did you?の言い方がどうも面白かったのは俺だけ?
というかフェイギンの声が可笑しい

600 :名無シネマ@上映中:2006/02/28(火) 22:26:59 ID:vD3Bsl14
アイアムデビッドの方が面白かった

601 :名無シネマ@上映中:2006/02/28(火) 22:42:07 ID:9LdFIsn0
>大衆のカタルシスをとるか、芸術をとるかって感じ。

まるで芸術を取りえているかのような、変な物言いだな。

602 :名無シネマ@上映中:2006/03/01(水) 00:10:18 ID:IYTcbq8H
美術は良かったけど話がつまらなすぎ。
戦場のピアニストといいこれといいこの監督の作品は俺に合わん。
アカデミー賞最有力って書いてあるけど全くかすりもしてないw
ミュンヘンは最高だった。
関係ないけど俺の列にいた親子がうるさくて集中できなかった。
何かあるたんびに子供が「これ何?」って聞いてた。普通に携帯見てたし・・・
注意しろよ母親って思ったら、その母親も携帯開いて見てた。
そりゃ親がこうじゃ子供もそうなるかって思った。
常識ないんだよ死ねばばあ

603 :名無シネマ@上映中:2006/03/01(水) 00:26:48 ID:VFX7uj/T
セットと衣装は良かった。日本で作るとどうしても孤児が小綺麗。
髪の毛ペカペカで爪に泥が入ってる時点で満足してまった

604 :名無シネマ@上映中:2006/03/01(水) 00:52:40 ID:MGPq5CZI
>>601
すくなくとも、大衆のカタルシスの方に芸術はないよ

605 :名無シネマ@上映中:2006/03/01(水) 00:56:52 ID:ZG2pF6KB
みてきた。
ナンシーちゃんかわいそう。おっぱいぱい。
オリバーはよかったね。

でいいのか?

606 :名無シネマ@上映中:2006/03/01(水) 01:44:32 ID:IYTcbq8H
ナインスゲートもこの人か・・・

607 :名無シネマ@上映中:2006/03/01(水) 07:29:36 ID:/M9HTt0L
>604
お前今、全世界のクラシック音楽ファンに喧嘩売ったぞ。

少なくともディケンズの「オリバー・ツイスト」はカタルシス追求型だからなぁ。
別の方向性に行きたかったんなら、そもそもこれの映画化でやるべきじゃなかった。

608 :名無シネマ@上映中:2006/03/01(水) 08:40:50 ID:EoLySImh
>>604
大衆の中にない芸術がいったいどこに存在するのか。


・・・・あぁ、キミたちデムパの脳内か。

609 :名無シネマ@上映中:2006/03/01(水) 10:05:23 ID:ICrJcoYl
>>607
いや、芸術的でなくとも音楽的であったり漫画的であったり
映画的であったりすることはあるから、別にいいんだよ。

橋田壽賀子や梶原一騎が好きなら、それはそれでいいし。
ディケンズが古典として残るのは、それだけではないからなんだね。

610 :名無シネマ@上映中:2006/03/01(水) 16:55:37 ID:eEHVkEAN
電波大暴れ

611 :名無シネマ@上映中:2006/03/01(水) 20:42:05 ID:ARgKlDTs
音楽的だったり漫画的だったり映画的だったりしながら芸術的なのも
「別にいい」んじゃん。

大衆の中のカタルシスが芸術になる事を否定する理由にはならん。

612 :名無シネマ@上映中:2006/03/01(水) 21:48:30 ID:AqJm9R1I
結局は「芸術」性などという抽象的な言葉を動員しなければ
賞賛出来ないほどの愚作だってことなんでしょ?

ストーリー展開もドラマ性もまるでダメダメ、キャストもスタッフも魅力がなくてさ。

613 :名無シネマ@上映中:2006/03/01(水) 21:52:11 ID:CRmXOnRV
誰の助けも借りずに自分で運命を開いた話なんて、積極性どころか
傲慢な年寄りの自慢話みたいで面白いわけないと思うんだがな。

614 :名無シネマ@上映中:2006/03/01(水) 22:03:58 ID:ZmNfcKLC
>613
そんなのは語り口次第。

この映画に関しては、語り口も平板で魅力のかけらも無い。

615 :名無シネマ@上映中:2006/03/01(水) 23:03:34 ID:CRmXOnRV
>>614
映画に対する非難の大半は主人公が流されているのが
気に入らないってことだよな。なら、同じ事だよねえ

616 :名無シネマ@上映中:2006/03/01(水) 23:33:30 ID:FaCTKqHR
今日観てきたけど良かった!
作者は違うけど、いつの日か「五輪の薔薇」も映画化されますように。

617 :名無シネマ@上映中:2006/03/01(水) 23:48:36 ID:/qfUYw6V
今日見た。
スレ読まずに感想。
「オリバー・ツイスト」ってこんな話だっけ?
子供のころ読んだのとは印象違うなあ。
製作陣は当時の悲惨な社会状況を描きたかったのだろうね。
その点は良くできてたと思う。
凄く雰囲気が出てた。

「悲惨な現実」に挫けず立ち向かう少年の成功譚は、
「悲惨な現実」を共通認識として持った上で、
夢を見たいからこそ人々に受けるわけで、
そういう記憶が色あせた現代においては、
「昔はこうだったんだよ〜」という部分に焦点を当てるのも一つの手なのかもね。


618 :名無シネマ@上映中:2006/03/02(木) 00:23:30 ID:XmXmI4/r
美術は確かに「芸術的」だったけど、その他に芸術的な部分があった?

619 :名無シネマ@上映中:2006/03/02(木) 00:39:06 ID:5y6HYrqT
>>611
優れた民謡なんかは大衆のカタルシスが芸術になってるわけだけど、
大衆のカタルシスをねらって創作すると、あざといものになるだけなんだよ。
まあ、感情移入で泣きたかったのに騙されたっていうならその通り。

>>618
少なくとも文学的ではある。ディケンズだから当たり前か。
例えば北原白秋の童謡「待ちぼうけ」の歌で、待ちぼうけをしているのは
積極的でないから気に入らないなんて言ったら、芸術を理解してない
証拠だよ。

620 :名無シネマ@上映中:2006/03/02(木) 01:54:57 ID:xae9/FYl
ブラウンロー氏がもしもペドフィリアだったら…
涙目のオリバー君のお尻を毎晩撫でさすり、ある日とうとうシリアナを貫通させてしまうんだぬ
上目遣いでペロペロするオリバー君の髪を引っ張って「噛むなよ、うまく舌を使え」と教育的指導するのかぬ
チェス仲間にもお楽しみを分けたりするのかぬ

621 :名無シネマ@上映中:2006/03/02(木) 04:41:17 ID:CKOV9xUG
原作読んでみた。ドジャーカワイソス(´・ω・`)

622 :名無シネマ@上映中:2006/03/02(木) 08:05:45 ID:zt4wp8Es
>619
>大衆のカタルシスをねらって創作すると、あざといものになるだけなんだよ。

狙ったかどうかは最初から議論の外。
ここで俎上に上がってるのは「大衆のカタルシスの中に芸術は存在するか」

ワグナー聞いて感極まって泣き出す奴がいるのは事実。
ワグナーの意図は関係無い。

でもって、ディケンズは当時「大衆小説家」だった。
「オリバー・ツイスト」にしてからが続き物の連載小説だ。
大衆の売上げだけが発刊継続を約束するって意味じゃ、
「少年ジャンプ」と全然変わりない。

そういう状況下でも芸術は登場する。
そしてそれが世に出た功績のひとつとして、「大衆のカタルシス指向」も
無視は出来ないんだよ。

623 :名無シネマ@上映中:2006/03/02(木) 08:26:27 ID:tCiwgl8V
少なくとも


         感   動   巨   篇


とは似ても似つかぬ作品だったでしょ?

624 :名無シネマ@上映中:2006/03/02(木) 14:10:13 ID:xzj4loK3
子供向けと思われているものを原作に、ひねくれた大人が意地悪く作ったんだから、誤解されて当たり前。
アルトマンの「ポパイ」なんか公開された時に2ちゃんねるがあったら、もっと陰惨なスレ展開になったと思われw

625 :名無シネマ@上映中:2006/03/02(木) 14:28:54 ID:mVKXBlDn
原作自体子供でもわかる大衆向け娯楽小説。
歴史的意義はあるだろうが、今の基準での文学性などたいしてない。
大金かけて映画化するのならとことん原作の娯楽路線で行くべきだった。
少なくともカタルシスは得られただろう。

626 :名無シネマ@上映中:2006/03/02(木) 16:07:14 ID:xciVESEu
原作読んでないと前置きして、映画だけ見たら、懐古趣味を絡めた男の子のプチ・シンデレラストーリーだね。
しかも、成り上がりじゃなくて、白馬の王子様いらして〜的な方向なので、感動にほと遠かった。
まぁ、お約束通りいくという安心感とそこまで引っ張る焦らされ感は悪くない。
ナンシーが(ryなのは、おとぎ話として観ると附に落ちない。
オリバーは当時の時代を親しむための舞台装置と考えると、
ナンシーの件も納得でき映画の趣向も堪能できたと思うが、感動という面はさらに薄らぐ。

年齢問わず女性向きかな。

627 :名無シネマ@上映中:2006/03/02(木) 16:35:47 ID:J8P+em/c
年齢問うでしょう。

子供に見せても仕方がない、無駄。
尤も最後まで起きてる子は居ないだろうけど。

老人に見せても無駄なような気もするが、
脳軟化症や認知障害の治療には悪くないかもしれない。

628 :名無シネマ@上映中:2006/03/02(木) 17:18:12 ID:xciVESEu
オリバー役の子がとても可愛らしいお顔でしたって意味。
だから、一部の極端な性癖のある男性の方も、お楽しみになられるのではないでしょうかw

629 :名無シネマ@上映中:2006/03/02(木) 21:47:42 ID:Vtfgowy6
http://news.bbc.co.uk/1/hi/entertainment/4765996.stm

630 :名無シネマ@上映中:2006/03/03(金) 00:05:03 ID:L7Flh7RR
まー正直、どんなに19世紀ロンドンを完璧に再現したって、
CG使いまくりのホグワーツのが楽しい訳だ。
最初から物凄く狭い客層しか掴めない映画だったんだよね。

631 :名無シネマ@上映中:2006/03/03(金) 01:35:38 ID:2gFm8Oc0
>>625
ディケンズの小説に文学性がないってか???

632 :名無シネマ@上映中:2006/03/03(金) 01:41:37 ID:kTlMP/4I
文学性かぁ。
クレヨンしんちゃんの オトナ帝国 くらいはあるのかなぁ。 どうだろう・・・

面白さじゃ クレヨン100>オリバ0 だけどさ・・・

633 :名無シネマ@上映中:2006/03/03(金) 09:35:12 ID:pRRsW/pZ
仮にオリバーがクレヨンしんちゃんみたいなキャラでも結局同じ行動にでるしかない
それがディケンズの普遍性かもよ

麻ひものクジを引いて青ざめるしんちゃん。。。そんなに不自然じゃないな

634 :名無シネマ@上映中:2006/03/03(金) 11:51:28 ID:mYoKDpUO
しんちゃんなら、ナンシーのアレがアレなのも必然だしね。
ま、のびたでもコナンでも誰でもいいよ。 こんなクソ映画。

635 :名無シネマ@上映中:2006/03/03(金) 23:25:11 ID:apPwEAgu
のび太は見るけど湖南は見ないな。俺はこの映画好き

636 :名無シネマ@上映中:2006/03/05(日) 13:29:49 ID:MXsOZenR
しんちゃんとのび太はロンドンに着く前に餓死すると思います
コナンは下手な行動にでてビルに殺されるか 絞首刑になると思います

ナンシーのおっぱいまでたどり着くのはとても無理でしょう

637 :名無シネマ@上映中:2006/03/06(月) 02:09:31 ID:YBEDSFdN
前作? になるんでしょうかね・・・
名作云々(要は古いということですな)DVDがワンコイン500円で売っていたんですが。
500円くらい捨てても惜しくはないと思いながらも、結局本作があまりにも糞過ぎてスルー。

どうでしょう。 買うべき?

638 :名無シネマ@上映中:2006/03/06(月) 07:41:55 ID:R7NbDGAg
悩むくらいなら買えよ

639 :名無シネマ@上映中:2006/03/06(月) 12:20:21 ID:sNCD05NG
>>638
こんなものに金を出す位なら捨てたほうがマシ

と言ってるんだろ。

640 :名無シネマ@上映中:2006/03/06(月) 18:02:53 ID:HZv7QIu9
ttp://homepage2.nifty.com/e-tedukuri/OliverTwist.htm

641 :名無シネマ@上映中:2006/03/06(月) 19:09:47 ID:L7LZ37wN
>>639
ちがうでしょ

642 :639:2006/03/07(火) 07:48:45 ID:MuFSaJWN
違わないよ。

だって>>637ヲレが書いたんだもん。

643 :名無シネマ@上映中:2006/03/07(火) 16:45:22 ID:dsMVWtAA
確かに

644 :名無シネマ@上映中:2006/03/07(火) 18:03:20 ID:Mk3e2RKi
>>642
なんだそうなのか 悩んでないなら買うな

645 :名無シネマ@上映中:2006/03/08(水) 07:58:31 ID:wdVdKXqH
はぃ

646 :名無シネマ@上映中:2006/03/09(木) 23:37:40 ID:LmrQkGjU
原作を買おうと思うのですが、ちくま文庫版と新潮文庫版と角川文庫版、
どれが1番いいですか?
>>477-482辺りを見ると、新潮・角川とも難ありという感じなのですが、
ちくま版が1番おすすめなんでしょうか?

647 :名無シネマ@上映中:2006/03/10(金) 07:02:22 ID:6u1FbV3b
ちくま文庫のディケンズのシリーズは丁寧な文章で雰囲気出てたと思う。
といっても俺が読んだのは『骨董屋』なんで、オリバーの方はわからん。

648 :477:2006/03/10(金) 18:36:20 ID:tv7HYiei
>>646さん
477を書いた者です。
新潮文庫版の訳は「忍術小僧」に目をつぶれば、全体的にシンプルな表現が多くて読み易いです。
ちくま文庫版は、良くも悪くも647さんの言うとおり「丁寧」です。
あと、田舎ヤクザのようなイタいセリフが少し鼻につきます。

文章の好き嫌いは人の好みなので、好きなシーンを店頭で読み比べて自分で判断するのが良いと思います。
私は新潮の方が好きです。(角川は読んでません)

でも、(あたりまえですが)内容的には同じなのでそんなに神経質になる必要もないと思います。


649 :646:2006/03/11(土) 06:47:22 ID:3N0R2CwS
647さん、648さん、ご教示ありがとうございます。
646を書いたあとで気付いたんですが、岩波文庫からも出ているんですね…
『オリヴァ・ツウィスト』という題名で…
ともあれ、実際に本屋で読み比べをしたいと思います。

650 :名無シネマ@上映中:2006/03/15(水) 03:09:07 ID:mk/arsyD
ミュージカル版のラストはフェイギン死なないの?だとしたらオリバーやドジャーはどうなるん?

651 :名無シネマ@上映中:2006/03/15(水) 13:22:21 ID:QFKzsEjO
どもならんがな

652 :名無シネマ@上映中:2006/03/16(木) 16:51:00 ID:ibC8Obo4
あげ

653 :名無シネマ@上映中:2006/03/16(木) 17:39:43 ID:u0VNlh5s
Who will buy・ 以外にもいい曲ありますか?<ミュージカル版

654 :名無シネマ@上映中:2006/03/19(日) 15:18:14 ID:MY37P6Ls
私は面白かったな。原作を読んだのが高校時代(ずっと昔)だったから、さすがに
随分イメージは違ってたけど。役者が皆いいじゃない。フェイギンもアートフル・ドッジャー
もビル・サイクスもミスタ・ブラウンローもナンシーも皆深みがある、ただのカリカチュア
じゃなくって共感できるキャラに仕上がっていたし。
最初がちょっとノロかったから心配したけど、ロンドンに来てからはかなり引き
込まれた。観て良かったな。

655 :名無シネマ@上映中:2006/03/19(日) 18:47:24 ID:sAI92tWU
>アートフル・ドッジャー

ビミョーに違くないか?

656 :名無シネマ@上映中:2006/03/19(日) 23:16:08 ID:JucW8NoG
ドジャー

657 :名無シネマ@上映中:2006/03/24(金) 01:18:13 ID:d0Sn8SUK
横浜郊外ではまだしぶとく上映中らしいね、この映画

658 :名無シネマ@上映中:2006/03/31(金) 01:31:42 ID:nysTAwvZ
保守

659 :名無シネマ@上映中:2006/04/09(日) 05:57:03 ID:WEBJZ5Oc


660 :名無シネマ@上映中:2006/04/09(日) 22:05:48 ID:A1yWKyVE
Artful Dodger

661 :名無シネマ@上映中:2006/04/15(土) 21:53:59 ID:0G7bJAl5
再映してたから観てきた。…正直つまんねとオモタ。予告じゃ面白そうだったのに。
所詮顔がいいとお得って感じの映画にしか見えなかった。
ただ、ナンシーは良かった。最後めった殺しにされて可哀想すぎ。
ブルズアイは黒ぶちが眉毛に見えて癒された。

662 :名無シネマ@上映中:2006/04/15(土) 22:08:31 ID:FuMABVDf
自分も最初つまらんと思ったけど、後からリーン版を見たら
jこっちの良さがわかってきたよ。

663 :名無シネマ@上映中:2006/04/18(火) 23:41:58 ID:7SEzUEKM
俺も段々とわかってきた感じ。

664 :名無シネマ@上映中:2006/04/18(火) 23:52:02 ID:eD1beFkV
>>663
ナカーマ( ゚∀゚)人(゚∀゚ )ナカーマ

665 :名無シネマ@上映中:2006/04/22(土) 00:48:20 ID:yvQZSjGY
どもならんがな

666 :名無シネマ@上映中:2006/04/23(日) 21:23:52 ID:oL/avLXu
版画風の演出がいい

667 :sage:2006/05/05(金) 17:22:32 ID:rL522qCg
DVDはいつ頃発売するの?

668 :名無シネマ@上映中:2006/05/05(金) 18:01:54 ID:FwyjOpJu
鉄道唱歌は最悪

669 :名無シネマ@上映中:2006/05/11(木) 01:47:19 ID:s0qkymzD
この作品って主役は大根でもいいけど
悪役が巧くて魅力的だと面白いんだよな。


670 :名無シネマ@上映中:2006/05/11(木) 09:10:54 ID:z+h3akAK
フェイギン

671 :名無シネマ@上映中:2006/05/18(木) 19:07:41 ID:cP2aBCip
クリスマス・キャロル(原作)に反発すら感じたオレは
この映画を観るべきではないのだろうか?

672 :名無シネマ@上映中:2006/05/29(月) 00:28:27 ID:C3fqWrFU
捕手

673 :名無シネマ@上映中:2006/06/07(水) 02:48:27 ID:CubmnBw2


674 :名無シネマ@上映中:2006/06/14(水) 22:07:55 ID:0XWpZnzF
観るべし

675 :名無シネマ@上映中:2006/06/30(金) 17:28:19 ID:MKe3aRqx
ドジャーはあのあとどうなったの?
死刑?

676 :名無シネマ@上映中:2006/07/05(水) 22:23:00 ID:zJ/uuN+b
今日DVD借りてきて観た

オリバー役の子役がちっこくて超かわいいね
カワイイんじゃないよ、ちょーかわいいんだよ

677 :名無シネマ@上映中:2006/07/08(土) 14:12:34 ID:8F749RnM
ポランスキーってずっと腕前おちてきてるよ。
テスまでが最高。

あとは、なんというか独自の映像世界でなくなった。
ずっとハリウッドで映画とってほしかった。
なにか狭い袋小路にはいりこんだままだ。

もういい映画とれないだろうな。

678 :名無シネマ@上映中:2006/07/09(日) 00:26:31 ID:30Y1WKcC
DVDの特典はどうですか?
バーニーくんファンなら買う価値ありですか?

679 :名無シネマ@上映中:2006/07/09(日) 03:30:49 ID:WKWfB9Du
>>675
ミュージカルは結末はっきり描かれてるらしいぞ。ドジャー死なないんジャマイカ?

てかドジャー役の子、失読症らしいな(´・ω・`)

680 :名無シネマ@上映中:2006/07/09(日) 04:03:21 ID:CDuXxGVs
失読症とは初耳。
ググってみる。

681 :名無シネマ@上映中:2006/07/09(日) 16:54:12 ID:y1JxVQFv
ソフマップで1000円引き
でも・・・・・・・いらない

682 :名無シネマ@上映中:2006/07/09(日) 18:27:59 ID:7OqdrY54
買おうか迷ってるんだけど面白い?予告は面白そうだったんだけどさぁ

683 :名無シネマ@上映中:2006/07/09(日) 18:49:36 ID:ULsDiOcp
私は好きだな

684 :名無シネマ@上映中:2006/07/10(月) 09:33:42 ID:zyc9wz+P
予告は神。
買う前に見てから決めた方がいいと思う。

685 :名無シネマ@上映中:2006/07/11(火) 04:26:57 ID:m1wqS3HR
みた
オリバーが周りに流されてるだけの話
全体的に飄々とした作りで全く重くない
だが、それが良い
十分面白かったな
もう少し感動場面などあれば、さらに良かったが


686 :名無シネマ@上映中:2006/07/11(火) 05:05:36 ID:UmmBSbl+
成長物語を期待すると×だけど、
ディケンズ特有の社会批判だから。

687 :名無シネマ@上映中:2006/07/11(火) 09:04:16 ID:dFJ8sK0M
ドジャー役の子がかわいかった!普通に面白かったけど。一番印象に残ったのは
牢屋でフェイギンが錯乱してるシーンと、それに続く絞首台のシーン。原作はあの辺り
もっといいんだけどなあ。

関係ないけど少女強姦してアメリカから逃げてるポランスキー監督と結婚する
エマニュエル・セニエの神経がわからんw

688 :名無シネマ@上映中:2006/07/13(木) 05:36:29 ID:LC2wPByL
この映画でどうやって感動できるの?

689 :名無シネマ@上映中:2006/07/14(金) 23:44:01 ID:gS5kT9pi
感動するって言うタイプの映画じゃねーべ

690 :名無シネマ@上映中:2006/07/17(月) 12:55:50 ID:97xgwxyt
映像がきれいだし音楽がいい。
「鉄道唱歌」に聴こえちゃう感性の人って・・
気の毒。

691 :名無シネマ@上映中:2006/07/17(月) 18:53:48 ID:R5CoBIXA
いいじゃないか。別に聞こえても。いい曲だし。
おれは>>690みたいに
>「鉄道唱歌」に聴こえちゃう
ことを感性として劣るように書く人の神経を疑う。

692 :名無シネマ@上映中:2006/07/21(金) 01:44:58 ID:k8zvQj1k
バーニーはヒューグラント似。

693 :名無シネマ@上映中:2006/07/22(土) 08:33:28 ID:bQaO8k6v
美少女版でもう一回作ってくれ

694 :名無シネマ@上映中:2006/07/27(木) 10:06:11 ID:cymLOlVI
感動を強調した宣伝につられて観たが、全然感動しなかった まったく期待はずれ
主人公がかわいいというだけで大人たちの助けを受け金持ちの家に引き取られていく
たいした試練もなく、本人の努力なしで救われていくさまを観るのはまったく時間の無駄だったな

695 :名無シネマ@上映中:2006/07/27(木) 16:38:49 ID:f3QnbeAj
>>694
世の中、本人の努力で救われるとでも思ってるのか?

696 :名無シネマ@上映中:2006/07/27(木) 19:21:51 ID:cymLOlVI
>>695
はい

697 :名無シネマ@上映中:2006/07/28(金) 05:45:09 ID:PyP34D7E
「五輪の薔薇」読もうぜ!

698 :名無シネマ@上映中:2006/07/28(金) 08:35:30 ID:Coy58lzs
>>696
そんなのは映画の中だけだぞ

699 :名無シネマ@上映中:2006/07/28(金) 13:50:25 ID:9ymuZYqp
>>698
努力すれば救われる
救われないのは努力が足りないから

700 :名無シネマ@上映中:2006/07/29(土) 02:57:01 ID:ETg5LcbC
新宿コマ劇場地下のシアターアプルで上映してたので観てきたよ。
会社帰りに寄った金券屋でチケットが150円だったので安さに釣られて
観たような感じだけど、素晴らしかった。
何の予断も期待も無かったのが良かったのか、オリバー君が幸せになれるかどうかとハラハラしながら観れた。
ただ、上映機材の不調かと思うくらい終始画面が暗くて、まるでゲームの「thief」
のようにダークな画面だったけど、これで正常なのか?
開始間際に入ったので劇場はオバちゃん達で一杯で、ようやく空席を見つけて座ったんだけど、これが大失敗。
隣がデブのキモヲタでこいつの肘や膝が当たるはでかい音で鼻すするは眠りだしてイビキかくはで最悪でした。
また、エンドロールが流れた途端オバちゃん達は席を立ってスクリーンをブロックするし、客層悪すぎ。
駅までの帰り道に場末感たっぷりの歌舞伎町の雑踏を歩きながら、胸元の空いた服の姉ちゃん達にナンシーを連想した。
歌舞伎町って場所が今一だったし隣がデブヲタで今日はツイてなかったけど、いい映画だった。
冷蔵庫いっぱいの食料と、布団の上で寝れることに感謝!

701 :名無シネマ@上映中:2006/07/29(土) 10:27:37 ID:L0h6gBdx
>>699
本当にそう考えているなら危険だよ。
自分ではどうしようもない危機にあったとき、自我が崩壊してしまう。

702 :名無シネマ@上映中:2006/07/29(土) 11:10:38 ID:A72YDX+1
>>701
崩壊するのは努力が足りないから

703 :名無シネマ@上映中:2006/07/30(日) 15:48:49 ID:bk8+7bo8
感動巨編ってうたってた割りに全く感動しなかった。
結局、裕福な生活を手に入れて良かったねってか?

良かったのは、ロンドンへ向かう途中で助けてくれたお婆さんの家の風景が物凄く綺麗だった事だけ

704 :名無シネマ@上映中:2006/07/30(日) 21:45:04 ID:zkItZ4So
>>703
それは日本の宣伝部が謳ってるだけで、
実は当時のロンドンの人間群像をオリバーを中心に、
けっこう底意地悪く描いているのを味わう映画なんです。

705 :名無シネマ@上映中:2006/07/31(月) 08:29:22 ID:YyvDVHpp
ちゃんと美少年が出てれば文句言わなくてもいいだろよ。
「サマリア」なんて美少女で釣っておいて、実はオッサンが主人公だった。

706 :名無シネマ@上映中:2006/08/04(金) 23:19:23 ID:iq9NnGQA
この映画、ドジャー役の子しか見てなかった

707 :名無シネマ@上映中:2006/08/05(土) 22:46:16 ID:D8+EEGNL
>>706
すまん、俺もだ

708 :名無シネマ@上映中:2006/08/07(月) 01:39:53 ID:NT8hgxqK
よだれが出るほどつまらなかった。

まぁー、つまらなかった。

もう「?」しか浮かばなかった。
ヒドい。

709 :名無シネマ@上映中:2006/08/07(月) 01:56:50 ID:EUJWbcCu
うーむ…最後が良かったかな
でもあまり印象残らない作品だね

710 :名無シネマ@上映中:2006/08/07(月) 06:34:54 ID:oiyhJLqN
オリバー!の方がヌケル!

711 :名無シネマ@上映中:2006/08/08(火) 01:31:54 ID:Js2eBtQ1
監督の性格からして、「骨董屋」をやれば世紀の大傑作になったんじゃないだろうか。
R18になるかもしらんが。

712 :名無シネマ@上映中:2006/08/08(火) 13:14:07 ID:1PD2x4q7
「骨董屋」はジュニア版に書き直された「さすらいの少女」(世界少女名作シリーズ)
しか読んでいません。
エロティックな描写があるんですか?
救いのないラストに、幼心に衝撃を受けました。

713 :名無シネマ@上映中:2006/08/12(土) 11:35:02 ID:Nh84O6RU
妖怪大戦争とどっちが面白い?

714 :名無シネマ@上映中:2006/08/12(土) 14:23:33 ID:3iPZq/4Q
これも妖怪大戦争だよ。
出てくる大人たちの顔が、善玉も含め、完全に妖怪のように撮られている。
妖怪の薄気味悪さを味わいたいのなら、こっち……かな。

715 :名無シネマ@上映中:2006/08/20(日) 14:25:53 ID:dDQzEwGB
何もしなくても道なり幸せになるオリバー

原作通りなんだろうけどなぁ…これものすごく映画に向かないお話なんじゃないか?

716 :名無シネマ@上映中:2006/08/20(日) 14:28:33 ID:7ABOg9oD
美少年でも?

717 :714:2006/08/20(日) 16:16:02 ID:dDQzEwGB
>>716
他に価値がないと言わざるを得んだろうよ
強くもなければ機転が利くわけでもないし
面白いリアクションもしない

718 :名無シネマ@上映中:2006/08/21(月) 02:39:14 ID:tiPWi+Ij
予想してたよりは面白かった。オリバー役のコ可愛かったし、ドジャー役のコもいい。
感動が欲しかったかな。

719 :名無シネマ@上映中:2006/08/22(火) 11:05:17 ID:pLmF2rBq
まぁ、その映画を観てどう感じるかなんて人それぞれだしな。
自分はわりと楽しめた。主人公に自己主張が無いとか、機転が利かないところは確かに大いにあるけど
引っ込み思案な子供なんてこんなもんなんじゃ・・・?
フェイギンとドジャーの人は結構良い感じだった。上手。
DVDはプレミアムの方を買ったけど、セットのこととか衣装のこととか詳しく紹介されてて面白かった。

720 :名無シネマ@上映中:2006/08/23(水) 04:16:03 ID:wBS06jhb
なんか物足りないとおもいつつ、続けてスウィングガールズ見たら
なんて馬鹿な事を考えてたのかと自分が恥ずかしくなった

721 :名無シネマ@上映中:2006/08/23(水) 23:51:12 ID:F2fWGL+h
>>719は関係者臭いな・・・

722 :名無シネマ@上映中:2006/08/24(木) 01:24:04 ID:ZTLHsX08
>>721
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/movie/1154346042/267-276

723 :名無シネマ@上映中:2006/08/31(木) 02:19:47 ID:Ab4ADVQ3
この監督って幼少時に両親をアウシュビッツに連れてかれたり、
妻をマンソン・ファミリーにお腹の子供ごとめった刺しにされたり、
それでゴシップ記事にその殺害現場をさらされたり、(今でのネットで写真が見れる)
悲惨すぎますね。
13歳と性的関係を持ったとしても、いろいろ精神的にやばかったのではないかと
かってに想像して、同情してしまう

724 :名無シネマ@上映中:2006/08/31(木) 22:42:00 ID:RUDF0Cbi
>>694とか>>715とか勘違いしてるやついるみたいだけど
話としては周りの人がオリバーの素直で無垢な心に惹かれてるって話だろ
見かけがいいからよくしてるなんてそんな醜い話じゃないだろ
外見以外のところも見ろよな

725 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 03:15:30 ID:pGDgnIlF
DVDレンタルして見た
所々登場人物の行動が?なところもあったけど雰囲気が良かった
なんかオリバーよりもフェイギンの方が重要な役割持ってるっぽく感じた

726 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 13:56:29 ID:7t+wWkLo
>>725
ボランティアというわけではなかったが浮浪児たちに衣食住を提供し
犯罪とはいえ職業訓練も施していたわけで
オリバー脱走にあたって牙をむき出しにもしたが基本的に善人だろう
ものすごい多面性を持つ興味深い人物だった

彼と比べると最終的にオリバーを引き取る金持ちオヤジもなんだか気まぐれで
そうしたようにしか見えない、薄っぺらい人物に思える。

映画化にあたってフェイギンを真の主役としてアレンジするわけにいかんかったのかな?

727 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 20:37:00 ID:KC7qKYMd
映画見ている間、フェイギン役はジェフリー・ラッシュだと思ってた。

728 :名無シネマ@上映中:2006/09/16(土) 06:35:36 ID:kqo6MLQd
DVDで見ますた。少しCMや予告編に騙された感が残るかも。
もっとスリ少年達の間でいろいろあって、
その後に何かしら感動があるのかと。

そこまで入り込めたわけでもないし、後に何か残るわけでもなかったけど
雰囲気かな、またちょっと見たい。

あとドジャー可愛い。ナンシーも

729 :名無シネマ@上映中:2006/09/18(月) 00:50:53 ID:vCpQICNH
自分も予告を見て
何故かドジャーとオリバーの友情物語だと思っていた。
たぶん予告のドジャーのシルクハットと自己紹介が印象に残ってたからだと思うが。

関係ないけど
ブラウンロー氏ってどっかで見たことあると思ってたら
ワトソン君だったんだな。驚いた。
あとチャーリー役の子はドジャー役のオーディション受けたみたいだな。
ドジャーにはなれなかったがチャーリーすごく良かった。ハマッてた。

730 :名無シネマ@上映中:2006/09/18(月) 01:23:20 ID:Z/jv/N/d
ドジャーいいよね

731 :名無シネマ@上映中:2006/09/18(月) 07:18:00 ID:xCvuN7lK
ドジャーとナンシーの乳しか見てなかったです

732 :名無シネマ@上映中:2006/09/18(月) 10:07:25 ID:NB8EAT9A
戦場のピアニストとどっちがおもしろい?

733 :名無シネマ@上映中:2006/09/18(月) 10:24:23 ID:VUGsQaW8
戦場のピアニスト

734 :名無シネマ@上映中:2006/09/20(水) 14:26:05 ID:v7xioQLH
レンタル店で流れてた予告見て絶対面白いコレと思って借りてきた。

正直、期待はずれだったな。
お代わりを欲しがったことも受身だったのか。
男ならもっと知恵と勇気と行動力で自分の道を切り開け!とか思った。
もっと、他の少年たちと親交を深めていくシーンとか見たかった。

無垢な心というより外見的な可愛さが人の心に響いてるんだろ、
と何度か突っ込んだのは確か。オリバーの行動や言動は結構気弱で打算的で、
純真無垢と言うにはあまり説得力がなかったかな。あんまり好感持てなかった。
フェイギンはいいなあ。画面のこっちまで口臭とかにおって来そうで。
なんとか生きて逃がしてあげたかったよ。

19世紀の作家の作家の話だし、今の感覚で大衆的なカタルシス求めるのも
違うのかもしれないけど。
小説のほうはかなり長いみたいだし、読んでみたいと思った。

735 :名無シネマ@上映中:2006/09/20(水) 18:59:07 ID:FTJcZYzu
俺もオリバーにはあまり好感持てなかった。
てかそんなに可愛いとも…数年もしたら勢いよく劣化しそうだなと思いつつ。


ドジャー可愛いよドジャー

736 :名無シネマ@上映中:2006/10/05(木) 22:21:45 ID:KhQs5Nr4
密かに制作費80億円もかかってるらしいなこの映画

737 :名無シネマ@上映中:2006/10/05(木) 22:23:14 ID:5x+jOWVb
チェコでのロケにお金かかったみたいね、セットとか

738 :名無シネマ@上映中:2006/10/05(木) 23:51:10 ID:i0Qe/k1t
見終わった

最後のフェイギンとの面会が一番の感動のポイントだと思った
フェイギンは私欲の為にガキを育てて利用しててオリバーもそうするつもりだった
子供には優しく接し、ゲーム感覚でスリを教えるとか実に巧妙なやり方
そのおかげで無垢で純粋なオリバーは親切な老人だと思ったわけだ
フェイギンがおかしくなったから殺人計画のことも知らないまま
オリバーは一生フェイギンを優しい奴だと思い続けるってわけだね

普通に感動しないか?
世間知らずで透き通った心を持つ少年に

739 :名無シネマ@上映中:2006/10/09(月) 03:31:35 ID:kyIWFd2N
正直、主人公の男の子がかわいいだけの映画。

740 :名無シネマ@上映中:2006/10/12(木) 16:59:20 ID:KcfceBc6
昨日WOWOWで見た。みんな服装が良いね。

741 :名無シネマ@上映中:2006/10/12(木) 20:59:51 ID:eTk5vDX/
このスレの住人は「レ・ミゼラブル」のコゼット嫌いだろうね。
あっちは主人公じゃないけど、児童向けには主人公バージョンがある。

742 :名無シネマ@上映中:2006/10/17(火) 13:32:45 ID:AomWhBef
うん嫌い。

743 :名無シネマ@上映中:2006/10/19(木) 18:04:10 ID:MvXZX5za
2度と見ない
テレビで放映されるまでは

744 :名無シネマ@上映中:2006/10/19(木) 18:46:46 ID:SXDsYiZ5
カッコワル〜

745 :名無シネマ@上映中:2006/10/20(金) 19:38:54 ID:5sYTdFip
染色体の数が普通より多いんだっけ?

746 :名無シネマ@上映中:2006/10/21(土) 09:18:20 ID:89p40zpy
何か淡々とした映画だね。
悪くはないけど、心のベスト5には入らなかった。


747 :名無シネマ@上映中:2006/10/24(火) 18:46:45 ID:DkKXE3jR
悪くはないんだが・・・・・・・・よくもない

748 :名無シネマ@上映中:2006/10/29(日) 13:04:37 ID:MpNRswf5
フランクフルトが旨そうだったなあ

749 :名無シネマ@上映中:2006/10/30(月) 04:00:47 ID:AA6srWYH
なんだかなぁ…今頃レンタルしてみた…
オリバーが幸せになってのはわかったけど…
他の孤児達はどうなったんだ?
 
途中主人公より目立ってたわけだしその辺が気になる

750 :名無シネマ@上映中:2006/11/02(木) 01:51:49 ID:Or2dxSMW
みながらずっと、この映画はこういう生き方しか選べなかった貧しい犯罪者達が、
善良なオリバーを仲間に引き入れたために破滅していく話だと思ってたけど、
ラストをみてやっぱりなと思った。宗教的な問題も匂わせていたね。
>>738
よりも
>>725-726
に同感。本当の主役はフェイギンだと思う。オリバーは動物映画の動物みたいなもの。

751 :名無シネマ@上映中:2006/11/04(土) 16:29:20 ID:Mlp6Hd6m
「神よお慈悲を」とすがりながら無残に撲殺されたナンシー・・・
スゲ辛かった。ビルの野郎どんな最期をむかえるかと思ったら。ロクに
苦しまずに逝っちまった。それが残念。
でも自分のなかでは良作だった。


752 :名無シネマ@上映中:2006/11/05(日) 15:22:05 ID:D4QY3YTt
首吊りってあんな簡単に死ぬもんなのか?

753 :名無シネマ@上映中:2006/11/06(月) 10:17:08 ID:pECv0tce
締め所がよいと、わりと簡単に逝く。

754 :名無シネマ@上映中:2006/11/06(月) 17:44:20 ID:OFUTQRYT
犬が吠えてビルが死んだわけだが、犬はビルに何て言ったんだろう。

どうでもいい事を気になってみる


755 :名無シネマ@上映中:2006/11/06(月) 22:17:27 ID:aqnIDGUP
ジャックかっこいいなぁ
なんか将来に期待!!

756 :名無シネマ@上映中:2006/11/07(火) 09:13:30 ID:WNR2tcd9
ジャック・バウワー?

757 :名無シネマ@上映中:2006/11/07(火) 23:29:47 ID:itlPRzlh
これ予告は神だよなぁ…、すっごく面白そうだと思った。
実際はつまらなかった。
当時のイギリスの町並や服装は凄く良かったけど
主人公のオリバーの人間性がつまらん。
はっきりしない性格で流されてる感じ。
スリ仲間との友情話しか?と思ったけど全く違う方向だったし。
殺されたナンシーは気の毒だったけど…

758 :名無シネマ@上映中:2006/11/08(水) 02:30:05 ID:3hpqEVwJ
うん、ほんと予告は神だった。

759 :名無シネマ@上映中:2006/11/10(金) 12:35:57 ID:tdaxTPwI
葬式屋のオヤジめ。やっと優しい人が出てきたと思ったのに。


760 :名無シネマ@上映中:2006/11/12(日) 21:01:42 ID:qUX4XEcr
やっと見た
ここでの評価の通りあまり面白くはなかったな
何かオリバーに感情移入できなかった
ドジャーと共に成長していく様を映画にしたほうが面白そうな気がしたな
ドジャーやチャーリーは結構キャラ立ってたし

761 :名無シネマ@上映中:2006/11/13(月) 09:59:58 ID:+E3LuUfA
そういうことは、ディケンズに言った方が良かったね。

762 :名無シネマ@上映中:2006/11/17(金) 22:22:53 ID:srdnKFR1
世界観とか町の背景はとても好きなんだけどなぁ…
なんだかなぁ…
 
どうでもいいけどドジャーの本名ってジャックなんだな…
つい忘れがち…ww

763 :名無シネマ@上映中:2006/11/18(土) 03:28:10 ID:ruUIs2/J
ツタヤ半額で借りてきた。
原作者ってほんと理不尽な虐待&せつない雰囲気の主人公の話好きなんだな。
ある意味ポランスキーに合ってるよ。
ダニエル・ラドクリフが同じ原作者の不幸な少年役やってたの見たけど
さすがにそれよりは完成度高かった。

爺さんラブアクチュアリーの俳優って書かれてるけど一瞬しか出ないから詐欺だ。
ラブアクチュアリーのジジイといえばビル・ナイしか目立ってないって映画なのに。

764 :名無シネマ@上映中:2006/12/02(土) 22:32:51 ID:J/4FsktD
>>763私もTSUTAYA半額で借りて今みてる。
期待ハズレ


765 :名無シネマ@上映中:2006/12/07(木) 22:05:49 ID:80e1vel0
何の予備知識もなくみたけど、けっこう良かった。

オリバーには人間がもつ「卑しさ」が無いから、彼の言動に共感するのが難しいのかもね。
みてて『グリーンマイル』の黒人の大男を連想したよ。
でも他の人物は派手なほど卑しさも描かれてて、無垢なオリバーと関わりあう様は面白かった。
特にフェイギンは演技もよくて、まさに人間そのもの。
愛すべき彼のために、オリバーが神の赦しを求める場面にはグッときた。

ディズニーみたいに気軽に楽しめる映画じゃないけど、味わい深い映画だと思う。

766 :名無シネマ@上映中:2006/12/07(木) 23:12:02 ID:kGvc5Kig
うん

767 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 19:42:42 ID:+sC3rGl5
やっぱり 2ちゃんるねる ってみてたらイヤになるな。
もう何年もやってるけど 改めて感じた。
屁理屈でもないけど なにかとムカつく言い回しで アンチを仕掛けてる


768 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 00:04:24 ID:KY62W0C7
あ、ごめん。
いいんだよ。
それぞれちがうみかたがあるんだから。
ごめん。
上のレス無視して。

769 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 10:21:47 ID:jcTwzoTp
2ちゃんやってると改めていろんな意見あるなーって感じるね。


この映画楽しかったよ。ナンシーは残念だったけど

770 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 11:18:14 ID:pvb+HUBo
世界名作劇場のほうが面白い!

771 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 18:06:12 ID:KdJPx51X
>>768
そだね。
ちがうみかたにムカつくって言ってもしょうがない。
自分のみかたを言えばスッキリするかもよ(´・ω・`)

772 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 15:51:39 ID:fR5bJPNu
スリの少年達が、みんな綺麗な顔してるのに萌え。

773 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 17:35:20 ID:LQyAdviW
19世紀ロンドンの(裏)社会知るには良かった


774 :名無シネマ@上映中:2007/01/02(火) 22:05:06 ID:kEW8D/6W
今日初めて観た
悪のジジイとの愛情に感動

775 :名無シネマ@上映中:2007/01/02(火) 22:52:47 ID:UTHl5Oua
スリで死刑になるのがよくわからないんだけど、
時代と国柄だとこういうもんなの?

776 :名無シネマ@上映中:2007/01/02(火) 23:43:18 ID:ecVv8sAA
それ以外も過去にいっぱい悪いことしていたのよ。
それに昔のほうが、見せしめの意味もこめて
刑罰が重かったし。

777 :名無シネマ@上映中:2007/01/02(火) 23:56:20 ID:OOODoa+j
>>773
映画だからいいけど、実際はすごい臭かったと思うよ

778 :名無シネマ@上映中:2007/01/07(日) 00:06:55 ID:PXAO3nAM
バーニー・クラーク萌え

779 :名無シネマ@上映中:2007/01/08(月) 18:34:21 ID:IiUB3YZp
そのへんにバーニー君みたいな孤児いないかなあ。

780 :名無シネマ@上映中:2007/01/10(水) 12:55:19 ID:QX9/bXc0
いたらどうする気だ

781 :名無シネマ@上映中:2007/01/14(日) 02:06:44 ID:sTvudaEk
今観た。
>>374のレスに同意っす。


782 :名無シネマ@上映中:2007/01/15(月) 01:45:23 ID:6PohYyr2
バーニーは今後劣化するのだろうか?
カルキンやオスメントと違って地顔から美形だから大崩はしないと思いたいが

783 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 10:57:34 ID:raJDjhoK
やっぱりショタに飼育されるんじゃないか

784 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 05:29:02 ID:V7DveVKH
正直溜め息が出るくらい主役が可愛い

785 :名無シネマ@上映中:2007/02/01(木) 00:38:34 ID:JW6lrZhN
保守

786 :名無シネマ@上映中:2007/02/04(日) 02:52:44 ID:elaojY+i
ドジャーがイイ!!
彼の次回作に期待
 
DVD安くなったら買いたいね

787 :名無シネマ@上映中:2007/02/04(日) 17:26:19 ID:ewWPdzuf
顔はブサイクだが意外とノア・クレイポールが気になる


788 :名無シネマ@上映中:2007/02/04(日) 22:51:09 ID:c36S+7kk
この映画の主役と「コーラス」の主役が、自分の中で最近のヒット子役

789 :名無シネマ@上映中:2007/02/05(月) 02:18:53 ID:uddLu4to
>>775
フェイギンはユダヤ人だからってこともあって、刑は重くされたのかもね。
後味の悪い映画でした。
いや、駄作という意味ではありませんが。ラストが悲惨すぎて。

790 :名無シネマ@上映中:2007/02/05(月) 09:04:11 ID:qme2aHpm
バーニー君これ以降あまり出てこないけど何やってるんだ

791 :名無シネマ@上映中:2007/02/09(金) 17:19:10 ID:e8KgEFWL
ディケンズの作品では骨董屋もいいな

792 :名無シネマ@上映中:2007/02/11(日) 01:13:18 ID:o6CxNBcP
「骨董屋」は消防の頃児童版読んだきりだ。
英語版だとかなりボリュームがあるから、
ずい分はしょったものを読んだんだと思う。

793 :名無シネマ@上映中:2007/02/11(日) 17:37:46 ID:C3FhOrpy
去年映画館に観に行ってオロオロ泣けたから、
またゲオでレンタルしてきてさっき観た。
さすがに二度目は泣かなかったけど、
ラストシーンだけはやっぱ泣けた。
フェイギンは、言われないとベン・キングスレーって気付かないと思うんだが。

794 :名無シネマ@上映中:2007/02/20(火) 21:58:55 ID:vJ3U0eWe
ベン・キングスレーって誰?だったのでググったら、
爵位を授かった有名な俳優らしいな。
サーを付けて呼ばないと会話をしてくれないって解説でワラタ

795 :名無シネマ@上映中:2007/02/21(水) 08:20:25 ID:Sl8vUFup
ガンジーで主演男優賞取ってから偉そうになっちゃったらしいね

185 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)