5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

アマデウス 第6幕

1 :名無シネマ@上映中:2006/05/24(水) 23:48:32 ID:0seCyIQ2
とりあえず立てておきます。
懐かし映画板に行くかどうかは、マターリと決めてください。
アヒャヒャヒャヒャヒャヒャ(・∀・)

第5幕 http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1125175574/
第4幕 http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1096208883/
第3幕 http://makimo.to/2ch/tv3_cinema/1048/1048473292.html
第2幕 http://makimo.to/2ch/tv3_cinema/1032/1032694918.html
初代 http://makimo.to/2ch/cocoa_cinema/1020/1020749154.html

懐かし映画板の「ア マ デ ウ ス」
http://bubble4.2ch.net/test/read.cgi/kinema/1110467377/

2 :名無シネマ@上映中:2006/05/24(水) 23:51:50 ID:vave6HrA
宦i・ω・)

3 :名無シネマ@上映中:2006/05/24(水) 23:52:04 ID:0seCyIQ2
アマデウス(Yahoo)
http://moviessearch.yahoo.co.jp/detail?ty=mv&id=1199
アマデウス ディレクターズ・カット(Yahoo)
http://moviessearch.yahoo.co.jp/detail?ty=mv&id=239765
IMDb
http://www.imdb.com/title/tt0086879/

4 :名無シネマ@上映中:2006/05/24(水) 23:55:47 ID:0seCyIQ2
「懐かし映画」じゃなくて「懐かし洋画」だった…

5 :名無シネマ@上映中:2006/05/25(木) 01:15:29 ID:j76Q5ReO
ア マ デ ウ ス
http://bubble4.2ch.net/test/read.cgi/kinema/1110467377/

6 :名無シネマ@上映中:2006/05/25(木) 01:54:36 ID:GWAAwH8e
http://www.jtnews.jp/cgi-bin/review.cgi?TITLE_NO=20
アマデウス

http://www.jtnews.jp/cgi-bin/review.cgi?TITLE_NO=4388
アマデウス/ディレクターズカット

みんなのシネマレビュー(JTNEWS)


7 :名無シネマ@上映中:2006/05/25(木) 06:59:56 ID:TUz2W2VR
>>1
グラッツェセニョーリ

8 :名無シネマ@上映中:2006/05/25(木) 12:15:28 ID:NmjUPJxU
>>1
赦してくれ 赦して

9 :名無シネマ@上映中:2006/05/25(木) 23:50:27 ID:e3qTsCeQ
>>1
ζ( ゚∀゚)ζ<アヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャ

乙。

10 :名無シネマ@上映中:2006/05/26(金) 00:58:20 ID:hanT812d
>>1
乙セニョリータ

11 :名無シネマ@上映中:2006/05/26(金) 01:11:13 ID:8IaD+zUv
>>10
それスペイン語

12 :名無シネマ@上映中:2006/05/27(土) 10:19:26 ID:5KI+6Q6U
>>1
あなたに嫌われてると思ってた・・・

13 :名無シネマ@上映中:2006/05/27(土) 14:06:17 ID:MOQVNMYT
>>1!」
「嫌いだ」

14 :名無シネマ@上映中:2006/05/27(土) 23:08:16 ID:i7gxocTh
>>1

Nipples of Venus 置いときますね。
◎◎◎
Try one.

15 :名無シネマ@上映中:2006/05/28(日) 02:34:49 ID:2Zd+DGiA
>>1 is... my idol !!

16 :名無シネマ@上映中:2006/05/29(月) 23:45:13 ID:mGH/IhBE
通常版のDVDひっくり返すのが面倒なんで、ディレクターズカット版も
買っちまったよ。 単純に音楽が増えてるのが嬉しい。

17 :名無シネマ@上映中:2006/05/30(火) 22:37:35 ID:SXbvd1/m
サリエリについてのスレがない訳だが。
http://mimizun.com/cgi/dattohtml.pl?http://mimizun.com:81/log/2ch/classical/music4.2ch.net/classical/kako/1109/11092/1109247182.dat
アントニオ・サリエリのスレ
http://mimizun.com/cgi/dattohtml.pl?http://mimizun.com:81/log/2ch/classical/music4.2ch.net/classical/kako/1130/11302/1130241805.dat
HMVサリエリ商品検索
http://www.hmv.co.jp/search/index.asp?keyword=salieri
結局サリエリとモーツァルトはどちらが凄いのか?
http://music.2ch.net/classical/kako/1007/10079/1007988121.html
【名誉回復】サリエリ【汚名返上】
http://mimizun.com/cgi/dattohtml.pl?http://mimizun.com:81/log/2ch/classical/music4.2ch.net/classical/kako/1109/11090/1109087259.dat
サリエリの音楽って
http://music.2ch.net/classical/kako/1009/10092/1009277918.html
【タラール】アントニオ・サリエリ【アクスール】
http://music4.2ch.net/test/read.cgi/classical/1147091801/l50

18 :名無シネマ@上映中:2006/05/31(水) 00:34:28 ID:4kNZvwog
あげとく

19 :名無シネマ@上映中:2006/06/01(木) 01:23:58 ID:XJ2o0AME
サリエリのスレって・・・・・・

20 :名無シネマ@上映中:2006/06/01(木) 01:31:37 ID:m0Z8dBFy


21 :名無シネマ@上映中:2006/06/04(日) 15:09:38 ID:np3wkI/0
アントニオ・サリエリ - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%8B%E3%82%AA%E3%83%BB%E3%82%B5%E3%83%AA%E3%82%A8%E3%83%AA
オーストリア案内 - アントニオ・サリエリ
http://www.austriaannai.com/module-Pagesetter-viewpub-tid-3-pid-5.html
HMVサリエリ商品検索
http://www.hmv.co.jp/search/index.asp?keyword=salieri
音楽之友社商品詳細【サリエーリ】
http://www.ongakunotomo.co.jp/catalog/detail.php?code=22280X

22 :名無シネマ@上映中:2006/06/05(月) 22:07:22 ID:YwKgvy88
なんだなんだサリエリブームか

23 :名無シネマ@上映中:2006/06/11(日) 13:41:22 ID:bqoN5A5n
ヒント 判官贔屓

24 :名無シネマ@上映中:2006/06/11(日) 20:31:52 ID:g/W0qV9I
ボンノ宮廷楽長もよろしく

25 :名無シネマ@上映中:2006/06/11(日) 23:14:52 ID:aBEk/W7I
【映画アマデウスで、サリエリが童貞を貫いたとか言うのは作り話】

本当は1774年10月10日のサリエリ24歳のときに既に結婚してる
お相手はマーリア・テレジーア・ヘルファーシュトルファ
まあモーツァルトの死に際にサリエリがいる時点でネタ映画だからな。

参考文献
「サリエーリ モーツァルトに消された宮廷楽長/水谷彰良」
http://www.ongakunotomo.co.jp/catalog/detail.php?code=22280X

26 :名無シネマ@上映中:2006/06/15(木) 00:48:03 ID:YCbOIng2
>>24
ぐぅっふっふっふっふっふ

27 :名無シネマ@上映中:2006/06/17(土) 18:02:41 ID:4KH2gP9a
>>24 太った男女が目をむいて<イタリア人

28 :名無シネマ@上映中:2006/06/21(水) 13:51:55 ID:haFnj9rQ
サリエリとモーツァルトってそれぞれ何型だと思う?

29 :名無シネマ@上映中:2006/06/21(水) 19:24:42 ID:s4L52E+H
こんなところにまで血液型厨が現れるとは。

30 :名無シネマ@上映中:2006/06/21(水) 23:53:24 ID:haFnj9rQ
すみません。

31 :名無シネマ@上映中:2006/06/23(金) 18:47:33 ID:54gxeswy
モツの煮込みはB以外有り得んだろ
去り襟の暗さはAしか有り得んだろ

32 :名無シネマ@上映中:2006/06/23(金) 19:07:24 ID:2K1zvEFQ
ボンノはO
皇帝もO
ローゼンベルクはB
バンスイーデンはA

たぶん

33 :名無シネマ@上映中:2006/06/24(土) 10:11:09 ID:ht/zEaFu
サリとモツってそれぞれSとMどっちなんだろ?

34 :名無シネマ@上映中:2006/06/24(土) 18:35:36 ID:MkCaNtUS
もういいわかった

35 :名無シネマ@上映中:2006/06/24(土) 23:58:20 ID:ht/zEaFu
すみません。

36 :名無シネマ@上映中:2006/06/26(月) 07:41:51 ID:GEZtV2zl
アマデウス・アンコール買った。
このCDも20bitK2だった。
解説書にエンドクレジットはフリーメイソン葬送音楽K.477を当初使う予定だったと書いてあった。

37 :名無シネマ@上映中:2006/06/26(月) 08:15:27 ID:GEZtV2zl
サウンドトラックをデジタルK2仕様による20bit、K2マスタリングしてよりピュアなサウンドを実現しました。
綺羅星のごとく並ぶ純美な音楽に耳を傾けると映画のシーンが走馬燈のように甦ってきます。
モーツァルトや同時代の作品がネビル・マリナーによって極上の演奏となって収録されています。
また解説書には作られた時の背景やその頃のモーツァルトの事などが詳しく書かれています。
映画のサントラとしてだけではなく、純粋にクラシック音楽を楽しみたい方にもお薦めできる名曲集です。
http://www.victor-f-c.com/product/detail.php?sgno=0&mgno=2&ino=2515

38 :名無シネマ@上映中:2006/06/27(火) 11:31:46 ID:1Hkr05yS
まーたパパゲーノ収録されてないのか・・・

39 :名無シネマ@上映中:2006/06/29(木) 01:04:53 ID:K9+zIhVS
第107回 7月4日(火)放送
フリーメイソン葬送音楽 K.477
指揮: ネヴィル・マリナー
演奏: アカデミー室内管弦楽団

第108回 7月5日(水)放送
ピアノ協奏曲 第20番 ニ短調 K.466 第1楽章より
ピアノ: ダニエル・バレンボイム

40 :名無シネマ@上映中:2006/07/01(土) 10:38:32 ID:HsBomHvp
age

41 :名無シネマ@上映中:2006/07/01(土) 14:11:37 ID:W37fdDwg
ネヴィル・マリナーってまだ生きてるんだ。
カラヤン、バーンスタイン、クライバー、ベームあたりは、
みんな死んじゃったよね(´・ω・`)


42 :名無シネマ@上映中:2006/07/06(木) 02:48:32 ID:EQ7tABqx
フリーメイソン葬送音楽 K.477

この曲すごすぎw

43 :名無シネマ@上映中:2006/07/06(木) 02:55:07 ID:EQ7tABqx
モーツァルトが作曲したフリーメイスンのための音楽の特徴
 1.儀式や集会のために作られたもので、素人でも唱いやすく出来ている。

 2.すべて男性で組織されているので、男声三部合唱。「三」という数字に特別の意味をもたせているため「四部」ではない。

   連想:プッチーニが作曲した歌劇「トゥーランドット」に出てくる「ピン・ポン・パン」の3人と「3つの質問」

 3.調性としては、フラット3つの変ホ長調かハ短調の曲が多い。

   連想:変ホ長調というと「英雄」、ハ短調というと「運命」で、両方ともベートーヴェン

最後は明るいハ長調の主和音によって曲を閉じるのは、フリーメイスンの重要な考えの一つである「闇から光明へ」を表している。

 ベートーヴェンの第5交響曲「運命」は、「苦悩から勝利へ」がテーマ。

 モーツァルトと関係の深かったヴァン・スヴィーテン男爵は、ベートーヴェンとも親交があった(第1交響曲を献呈)。

 ベートーヴェンがフリーメイスンだったかは不明だが、少なくとも思想的に共感していた可能性はある。

それにしても、ヴァン・スヴィーテン男爵という人物は、面白いなあ。
 彼はJ・S・バッハやヘンデルの作品に興味を示し、「フーガ」という形式ではモーツァルトやベートーヴェンに影響を与え、ハイドンの2つのオラトリオ「四季」と「天地創造」の台本まで書いているんだからね。

 何だか音楽史(ウィーン古典派)におけるスゴイ「要(かなめ)」のような人物に思えてくる。彼の果たした役割って、相当に重要だったのではないかな?彼のことをメインに取り上げた著作ってあるのだろうか?

もし彼を主人公にした映画なんてあったら、たくさんの有名作曲家が登場人物として現れて、それこそ音楽史のお勉強にも役立つと思うけどな(^^♪
モーツァルトの葬儀費用は、このヴァン・スヴィーテン男爵が出したんだよ。エライ!(゜o゜)

44 :名無シネマ@上映中:2006/07/06(木) 14:05:31 ID:k8TLloD9
究極のメイド萌え映画

45 :名無シネマ@上映中:2006/07/06(木) 14:12:26 ID:yZiCdnCY
>>43
お前アホすぎwww

>連想:プッチーニが作曲した歌劇「トゥーランドット」に出てくる「ピン・ポン・パン」の3人と「3つの質問」

何も知らんなら知ったかすんな。


46 :名無シネマ@上映中:2006/07/06(木) 19:25:59 ID:hinL06iF
トム・ハリスってどうなっちゃったの?

47 :名無シネマ@上映中:2006/07/06(木) 21:04:01 ID:aaG1mPG+
>>46
そんな人はいません

48 :名無シネマ@上映中:2006/07/07(金) 12:01:38 ID:sYSkZxkm
Maurerische Trauermusik(;´Д`)ハァハァ

Maurerische Trauermusik(;´Д`)ハァハァ

Maurerische Trauermusik(;´Д`)ハァハァ

49 :名無シネマ@上映中:2006/07/07(金) 12:08:42 ID:mbxoA5v6
ラストシーンのサリエリの言葉がグッとくる。
名作だなー。


50 :名無シネマ@上映中:2006/07/07(金) 13:42:35 ID:BtnMtGGh
「許そう」って言葉は、イマイチ嫌だな〜お前は何様かと
「自分の凡庸を嘆くな」とか「天才も凡人も等しく死ぬ」とかなら
まだ共感出来るのに

51 :名無シネマ@上映中:2006/07/07(金) 17:21:42 ID:NC191TEP
コンスタンツェの写真発見される
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060707-00000074-jij-ent

52 :名無シネマ@上映中:2006/07/08(土) 07:01:11 ID:Vo1xQ+OD
サリエリの写真発見される
http://news.bbc.co.uk/nol/shared/spl/hi/pop_ups/06/europe_enl_1152262665/img/1.jpg

53 :名無シネマ@上映中:2006/07/08(土) 12:30:08 ID:steXZDQZ
疑問なんだけど
コンスタンツェの母親は、モツの才能を見抜いていて
「うちの娘のムコにすれば、金持ちになれるわ」
みたいな気持ちがあったのか?


54 :名無シネマ@上映中:2006/07/08(土) 13:44:57 ID:oyPKGuNr
ガキの頃から目立ってんのに「見抜いた」とかそういう次元でもないだろ

55 :名無シネマ@上映中:2006/07/08(土) 14:45:37 ID:UjZnQbKu
>>51
前列右端の座ってる人がコンスタンツェなの?

56 :名無シネマ@上映中:2006/07/09(日) 00:33:37 ID:I4j4nam0
新聞記事によると「前列左」だということだけど。
見ただけでは右だと思ってた。

57 :名無シネマ@上映中:2006/07/09(日) 05:40:53 ID:zNnFf//n
【MLB】松井秀「オレ、昔は"根上のモーツァルト"って呼ばれていたんだ」 自宅でクラシック“癒しトレ”
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1152389188/

58 :名無シネマ@上映中:2006/07/17(月) 19:04:50 ID:5qBWg9he
   モーツァルトなんて嫌いだ   
http://music4.2ch.net/test/read.cgi/classical/1146265786/

59 :名無シネマ@上映中:2006/07/19(水) 15:03:52 ID:7r5lxzby
http://www.youtube.com/watch?v=5afQTp_w18I&search=amadeus

60 :名無シネマ@上映中:2006/07/19(水) 15:22:25 ID:BZ8xcNqR
サリエリって、音楽のためなら一生童貞でいいです!って神に祈ったんでしょ。
その願いはラストでモツと共同作業をすることでかなえられたんじゃないかな。
あのシーンでサリエリも本当に音楽が好きなんだなって思った。
そんでモツに、あなたはいい人だと言われて我に帰る表情が深くて悲しい。

61 :名無シネマ@上映中:2006/07/19(水) 19:00:56 ID:13lgNDQr
同時代人のほとんどが理解できなかったモーツァルトの才能を唯一理解できて、
その上同じ音楽の世界を共有できたのがサリエリだったんだよね。

62 :名無シネマ@上映中:2006/07/22(土) 00:52:43 ID:2PDp+2M0
映画「アマデウス」に描かれた皇帝ヨーゼフ2世のプロフィール

↑これ教えてください


63 :名無シネマ@上映中:2006/07/22(土) 01:31:21 ID:g/zfxvMj
>>62
ヨーゼフ2世(Joseph II Benedikt August Johann Anton Michael Adam、1741年3月13日 - 1790年2月20日)は、神聖ローマ帝国の皇帝。
在位は1765年 - 1790年。フランツ1世とマリア・テレジアの子。マリー・アントワネットの兄にあたる。
父帝フランツ1世の死後、母マリア・テレジアとともに共同統治を行う。啓蒙思想の影響を受けながら絶対主義の君主であろうともした啓蒙専制君主の代表的人物であった。

1780年、母マリア・テレジアの死にともなって単独統治となると、翌1781年に農奴解放令を発布した。
また、宗教寛容令を発布して、ルター派、カルヴァン派、正教の住民に公民権上の平等を認めた。
国内の多くの修道院を解散させ、その財産を国家が掌握することで財政を富ませた。
貴族勢力の弱体化を図りつつ商工業を発達させ富国強兵・王権強化を図ったが、その改革の多くは抵抗勢力に阻まれた。
1790年フランス革命が激化する中で死去。帝位は弟レオポルト2世が継いだ。

改革の多くが挫折に終わったことから、俗に母マリア・テレジアと比べてヨーゼフは否定的な評価を受けやすい。
プロイセンのフリードリヒ2世に、「第一歩より先に第二歩を踏み出す」と揶揄されることもあった。
しかし、彼の提示した改革理念は、いわゆる「ヨーゼフ主義思想」として、今後のオーストリアにおける改革運動に影響を与えた。
また、文化の発展にも意を用い、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトを宮廷音楽家として雇っていたことでも知られる。




64 :名無シネマ@上映中:2006/07/22(土) 02:39:08 ID:2PDp+2M0
どうもありがとう

65 :名無シネマ@上映中:2006/07/22(土) 04:30:24 ID:NOFYu69V
>>64
つーかさ、携帯厨の俺ですら、その程度の情報は自分で入手するのだが。

66 :名無シネマ@上映中:2006/07/22(土) 08:49:05 ID:lLtomwf4
映画の中では音楽好きだがセンス無し、ちょっとヌルイ人に描かれてたな。

67 :名無シネマ@上映中:2006/07/22(土) 10:30:04 ID:FdWpm2vJ
サリエリに音痴っていわれてたし・・・。

68 :名無シネマ@上映中:2006/07/22(土) 15:51:18 ID:1MEChSWi
ピアノのセンスが無いのと、音痴とは違うぞ
まあ音痴でもあるんだろうけど

69 :名無シネマ@上映中:2006/07/23(日) 20:42:56 ID:OReSZUAY
"has no ear at all"ってひどい音痴って意味なの?
音楽を理解してないって意味かと思ってたんだが。

70 :名無シネマ@上映中:2006/07/24(月) 15:53:45 ID:e9c7Z2Vq
字幕では音痴ってあったけど
にぶいとかみる目(きく耳、ですかい)がないという
感じでないかと

71 :名無シネマ@上映中:2006/07/24(月) 18:55:15 ID:wEQK8wz2
字幕で音痴ってなってたっけ……?

72 :名無シネマ@上映中:2006/07/24(月) 20:42:39 ID:e9c7Z2Vq
彼は音痴だった、とあったぞVHS版

73 :名無シネマ@上映中:2006/07/24(月) 20:43:28 ID:hHJJOUlC
字幕は「皇帝は音楽のセンスは無かった」って書いてあった希ガス
DVD持ってないんで、うる憶えだけど

74 :名無シネマ@上映中:2006/07/24(月) 21:45:24 ID:wEQK8wz2
DC版DVDで確認。

日本語字幕 「彼に才能はなかった」
英語字幕   「Actually . the man had no ear at all.」

DVD字幕は松浦さんで、VHS字幕はナッチだが……。

75 :神聖ローマ帝国皇帝 ヨーゼフ2世:2006/07/24(月) 22:22:04 ID:rbeb4C2m
朕は音痴ではないぞ(#゜Д゜)

76 :名無シネマ@上映中:2006/07/25(火) 03:32:44 ID:LZk8Akac
名画座でリクエストしまくってるんだが……全然やってくれる気配無いな。
250周年なのに……。

やるならDC版が良い、賛否両論あるだろうけど通常版は字幕がry

77 :名無シネマ@上映中:2006/07/25(火) 10:29:53 ID:ElRiO8nh
>>76
250周年だからって一番インパクトのある時期を狙ってやるつもりだとかいうことはないかな。
12月の命日とか。

78 :名無シネマ@上映中:2006/07/25(火) 11:16:44 ID:7MiBYjRz
死んだ時間にあわせるとか。

客入り少なそうだが・・・

79 :名無シネマ@上映中:2006/07/25(火) 11:49:50 ID:LZk8Akac
命日師走なんか……忙しい時期だな(´・ω・`)

80 :名無シネマ@上映中:2006/07/25(火) 13:01:29 ID:QgeId3vk
サリエリの長い独白が終った後、神父が顔を上げる。
その時の表情がすごくいいなと思う。
「赦しとか平安とか簡単に言うとったけど、えらい話聞いてもた・・・」
と、あの神父が関西出身やったら心の中で呟くやろな。

81 :名無シネマ@上映中:2006/07/25(火) 16:53:29 ID:7MiBYjRz
神父ちゃんと話聞いてたんかな?
24時間ぶっ通しで話してたじい様もタフだが。

82 :名無シネマ@上映中:2006/07/25(火) 22:51:28 ID:H4VyHQYO
神父はサリエリのあまりにも長い退屈な話に徹夜で付き合わされて
最後の方は眠ってしまっていたんだと思ってた。
「はっ!」と眠りからさめて顔をあげるともう朝。
しかも神父を置き去りにして世話人はサリエリを朝食に
連れていってしまうし・・・。

83 :名無シネマ@上映中:2006/07/25(火) 23:07:34 ID:LZk8Akac
>>81
一晩じゃないの?

84 :名無シネマ@上映中:2006/07/25(火) 23:15:54 ID:Ye5/RLFb
朝神父がやってきてその次の日の朝までだからほとんど24時間じゃないか?

85 :名無シネマ@上映中:2006/07/26(水) 00:44:48 ID:M3FJP/Yc
映画があの長さなんだから3時間もかかる話じゃないと思うんだがなあ。

86 :名無シネマ@上映中:2006/07/26(水) 00:45:49 ID:M3FJP/Yc
あっそうだ。2人とも途中で休憩入れたり食事・睡眠とったりしていたんだねw

87 :名無シネマ@上映中:2006/07/26(水) 00:52:22 ID:/U+cgM0X
映画に出てこなかった部分についてもサリエリはダラダラしゃべっていたんじゃないかな

88 :名無シネマ@上映中:2006/07/26(水) 02:47:17 ID:Ts8TbYfo
年寄りの話は長い上にループするから

89 :名無シネマ@上映中:2006/07/26(水) 02:50:59 ID:70JC+rZ7
神父さんはサリエリが生きている間、しょっちゅうあの話を聞かされていたんだろうなw

90 :名無シネマ@上映中:2006/07/26(水) 09:03:03 ID:ireXRqQ+
>>80
あの神父さん、ホントにいい表情してるよなぁ。

91 :名無シネマ@上映中:2006/07/26(水) 20:57:05 ID:pIjdHtzk
少しハゲてるところがカワイイ神父

92 :名無シネマ@上映中:2006/07/26(水) 21:09:22 ID:DLOthFmK
亡くなっちゃったんだよなー……惜しい。

93 :名無シネマ@上映中:2006/07/27(木) 09:12:04 ID:Q09NSs9e
マジかよ・・・・・・・

94 :名無シネマ@上映中:2006/07/27(木) 09:32:52 ID:iIOt+Til
エイズだったそうだよ、何年前だったかは失念。

95 :名無シネマ@上映中:2006/08/01(火) 22:04:48 ID:JopJ92r4


96 :名無シネマ@上映中:2006/08/02(水) 20:17:41 ID:FGW/XVW/
モーツァルト:交響曲集U
【曲目】
交響曲 第25番、第36番、第1番、交響曲 第31番、第38番
ボーナス映像:アイネ・クライネ・ナハトムジーク K.525
【演奏】
カール・ベーム(指揮)、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
【録音】
1974年11月(第36番、K.525)、1978年5月ウィーンで収録
収録時間:110分+20分(ボーナス映像)
http://www.towerrecords.co.jp/sitemap/CSfCardMain.jsp?GOODS_NO=971856&GOODS_SORT_CD=103

http://www.dreamlife.co.jp/menu/1168.html
〜モーツァルト生誕250年記念初回出荷限定特別価格〜
モーツァルト:交響曲 第25番 ト短調 K.183  
指 揮レナード・バーンスタイン
演 奏ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
監 督ハンフリー・バートン
製 作ユニテル 1988年
このモーツァルトの交響曲第25番の映像は、バーンスタインが
亡くなる2年前の1988年10月にウィーン楽友協会で収録されたものである。
バーンスタインは、交響曲第25番にモーツァルトの晩年に
通じるものを見出し、わざとそれを強調しようとしたのかもしれない。
逆説的ではあるが、このモーツァルトの17歳の交響曲の演奏は、
マーラーやブラームスの交響曲の演奏以上に、晩年のバーンスタインの
重くて濃厚な演奏様式を際立たせているといえるだろう。

97 :名無シネマ@上映中:2006/08/04(金) 20:22:45 ID:6fBBZZ4W
ttp://www.kobe-np.co.jp/matsukata/schedule/syusai.html
11/4(土)  (1)10:30 (2)14:30 (完全入替制)

松方ホールシネマVol17 モーツァルト生誕250年記念特別企画 「アマデウス」

1984年度アカデミー賞8部門受賞で話題をさらったこの作品の未公開シーンを加え、再編集したディレクターズ・カット版。
凍てつくウィーンの街で自殺を図り、精神病院に運ばれてきた一人の男。アントニオ・サリエリ。
彼の人生そのものを変えてしまった天才、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトの短い生涯について語り始める。
モーツァルトファン必見の映画をスクリーンでご堪能下さい。(英語版/日本語字幕スーパー/180分)

前売¥800  当日¥1,000  友の会¥800 シニア・障害者¥800



98 :名無シネマ@上映中:2006/08/07(月) 11:37:30 ID:BrkYaLvI
上の方で字幕の話が出てるけど20年ぐらい前に出たLDだと
「音痴」になってた。<デスマスクとかの誤訳のあるナッチ字幕だけど。

あの場の訳としては不適切だろうけど要するに「下手の横好き」
だったんだろうなあ。
でもまあ初見の楽譜でたどたどしくても鍵盤弾けるんだから趣味
としては十分なレベルだと思うな。(サリエリにマンツーマンで
指導されててあの程度って所が才能の無さなのかもしれんけど)

99 :名無シネマ@上映中:2006/08/07(月) 11:49:36 ID:HQsQqDtO
でも実際、王族とか貴族とかはお抱えの音楽教師とか抱えてる人は特に女で多かったはずなのに
パトロンとして名を残した人はたくさんいても音楽家として歴史に名を残した人ってそんな聞かないし、当時の音楽なんてしょせんたしなみ程度のもんで
才能以前に練習となると真剣にやる人もそんないなかったんだろう


100 :名無シネマ@上映中:2006/08/07(月) 12:03:36 ID:BrkYaLvI
王侯貴族の暇つぶしとしてのスポーツ(決してアスレチックスポーツではない)
みたいなもんだったのかね?
でもまあ、それなりに才能ある人は少なくてもあの皇帝よりは、はるかに
上手に演奏しとったんじゃないかねえ。

101 :名無シネマ@上映中:2006/08/07(月) 14:29:46 ID:zWQlOTvx
すみませんが、教えて下さい。
以前、ディレクターズカットのDVDを購入したのですが
音声解説にすると、解説の字幕が出ません。
字幕の設定をすると、ストーリーの字幕が出るだけなのですが
何か他に設定をしないといけないのでしょうか?
(´・ω・`)

102 :名無シネマ@上映中:2006/08/07(月) 15:04:54 ID:rmE1fUsN
>>101
解説を日本語字幕にして、音声を英語にしても駄目?

103 :名無シネマ@上映中:2006/08/07(月) 22:29:59 ID:RREzypiV
>>102
有難うございます!出来ました( ´Д⊂


104 :名無シネマ@上映中:2006/08/09(水) 19:03:42 ID:rdlD27KN
モーツァルト&サリエリCM Part3 キター



つまらんかったけど・・・

105 :名無シネマ@上映中:2006/08/09(水) 21:42:56 ID:TkTRQFVQ
モーツァルトの髪型が変、CM

106 :名無シネマ@上映中:2006/08/13(日) 00:36:35 ID:NpY6un//
変人っぷりが面白かったな
あんまり、クラシックとかモーツァルトのこととか知らなかったが、
もっとマジメで気難しい人だと思ってたわ

107 :名無シネマ@上映中:2006/08/13(日) 15:50:42 ID:JjdKGnWF
最初に手塚漫画から入ったので、モツがウンコの話題が好きな
女好きの奇天烈な天才だと言う事は知ってた

108 :名無シネマ@上映中:2006/08/13(日) 20:32:16 ID:xiSzOSWP
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

109 :名無シネマ@上映中:2006/08/23(水) 22:30:42 ID:2sSfndZA
凡庸な人々よ 罪を赦そう 汝らの罪を赦そう

110 :名無シネマ@上映中:2006/08/25(金) 19:14:13 ID:bcn9lTg4
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1148736788/285
285 名前:本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2006/08/12(土) 17:10:50 ID:CwWDn5VM0
>>140
モーツァルトのフリーメイスンのための葬送音楽 ハ短調 K477

                 b
ハ短調=フラットb3つ= b b = 666

かな(笑)

111 :名無シネマ@上映中:2006/08/25(金) 20:22:07 ID:7Dyt0z0Y
わかった!
だから浪速のモーツァルトもヅラなのか!

112 :名無シネマ@上映中:2006/09/01(金) 15:40:16 ID:NsQMrzVm
今見たけど、よく分からんだ
OPの回想も矛盾してるような気がするし
この映画の何が凄いのか教えて

113 :名無シネマ@上映中:2006/09/01(金) 18:05:10 ID:+Bi6N446
分からないという
そんなあなたには
凡才の神の称号を与えましょう

114 :名無シネマ@上映中:2006/09/01(金) 19:58:29 ID:pUfX5NAT
>>112
OPは戯曲アマデウスの本を読まなければ理解できないところもある。

予告編で喋ってる二人組って、戯曲版でいう「風のささやき(?)」だったんだな。
変な予告編だなと思ってたけど戯曲版の本読んでスッキリしたわ。

115 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 03:00:27 ID:TQvzyPlf
>映画『神童』のクライマックスのコンサートシーンでは今年生誕250周年を迎えるモーツァルト の名作「ピアノ協奏曲20番」が大規模に演奏される予定で、
http://www.cinematopics.com/cinema/news/output.php?news_seq=5124

(゚д゚)

116 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 11:56:24 ID:VYKkUjz6
笑いかたがぞっとするW

117 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 13:07:38 ID:Jugks4vL
>>112
(゚∀゚)<ア-ッヒャッヒャッヒャッヒャッヒャッ

118 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 05:30:15 ID:JIIKhz65
DC版の犬好きの富豪の娘、もったいない。
スーパーピアノレッスンどころではない、すごい機会なのに

119 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 19:00:01 ID:e3XF58Of
ttp://stage6.divx.com/members/62132/videos/4827
DivX入れて見てみよう。

120 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 20:36:43 ID:6I4/2pL8
【終末計画】2010年から第三次世界大戦か【2012】
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1148736788/

第3次世界大戦―最強アメリカvs不死鳥ロシア
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4880861812/ref=pd_sim_b_5/250-3230029-0811444?ie=UTF8
発火点はユダヤとイスラムの全面戦争!キリスト教とニヒリズム無神論の激突は、未曽有の地獄絵図を現出し、そして地球人類は、ルシファー崇拝のニューワールドオーダーへと導かれる。
ハルマゲドン(世界最終戦争)としての第3次世界大戦は「300人委員会」の既定路線であり、その危機は切迫している! 「最強を自負する帝国アメリカ」対「堕ちた旧帝国ロシア」の最終決戦、恐怖のタイムテーブルを警告。

アルバート・パイク 南部連邦の将軍 「KKK」の創始者
http://www.idaten.to/room/00004.html
パイクが1871年に、イタリアの革命指導者、ジュゼッペ・マッチーニに送った書簡(手紙)には「世界を統一するために、今後3つの世界大戦と3つの大革命が必要だ」と書かれていた
「第一次世界大戦は、ツァーリズムのロシアを破壊し、広大な地をイルミナティのエージェントの直接の管理下に置くために仕組まれることになる。そして、ロシアはイルミナティの目的を世界に促進させるための“お化け役”として利用されるだろう。」

「第二次世界大戦は、『ドイツの国家主義者』と『政治的シオニスト』の間の圧倒的な意見の相違の操作の上に実現されることになる。その結果、ロシアの影響領域の拡張と、パレスチナに『イスラエル国家』の建設がなされるべきである。」

「第三次世界大戦は、シオニストとアラブ人とのあいだに、イルミナティ・エージェントが引き起こす、意見の相違によって起こるべきである。世界的な紛争の拡大が計画されている……」
http://d.hatena.ne.jp/rainbowring-abe/20051109
http://inri.client.jp/hexagon/floorB1F_hap/_floorB1F_ap.html

文鮮明は、次のような言葉を口にしている。
「2012年までには神の摂理のすべてを完成させなければなりません。イエス様が2000年前に受け入れられずに失敗したすべてを蕩減(とうげん)しなければならない。
キリスト教徒はユダヤ人と共にそれを成し遂げなければならない。
http://inri.client.jp/hexagon/floorA4F_ha/a4fhc600.html

121 :名無シネマ@上映中:2006/09/10(日) 03:43:14 ID:ypyNoPPJ
>>120 すぷーなら、なんとかしてくれる

122 :名無シネマ@上映中:2006/09/17(日) 21:36:07 ID:mpf00JiL
アマデウス、地上波放送はないのかな・・・・

123 :名無シネマ@上映中:2006/09/17(日) 23:58:31 ID:rjJip2jh
カットされまくりのぶつ切り放送になりそうな気がする 

124 :名無シネマ@上映中:2006/09/18(月) 23:14:54 ID:xO9Og9OA
10月にMOVIX橋本で上映されるよー

125 :名無シネマ@上映中:2006/09/19(火) 10:16:54 ID:YmnQ9pBQ
>>118
その娘にしても皇帝の娘にしても強制的に習わされてる口だろうからな。
音楽好きなら有名音楽家に教わるのはありがたみがあるかも知れんけど
そうでないなら猫に小判、豚に真珠

126 :名無シネマ@上映中:2006/09/19(火) 13:38:26 ID:ACDUQwZg
身につけなきゃならん教養の一部として習うわけですしねえ。
英会話やお習字(古いか)を習うのと感覚が一緒かも

127 :名無シネマ@上映中:2006/09/20(水) 09:22:15 ID:htgfFgGt
世界的な映画製作者に贈られる東京国際映画祭の第3回黒澤明賞の受賞者に、
チェコ出身のミロス・フォアマン監督(74)が19日、追加発表された。
すでに今回の受賞が決まっている市川崑監督とともに担当した
ミュンヘン・オリンピックの記録映画「時よとまれ、君は美しい」や、
アカデミー作品賞を獲得した「カッコーの巣の上で」「アマデウス」などが評価された。

ソース
http://www.asahi.com/culture/update/0919/013.html

128 :名無シネマ@上映中:2006/09/20(水) 21:44:45 ID:9eLtafNv
【映画】「アマデウス」「カッコーの巣の上で」のミロス・フォアマン監督が黒澤明賞受賞
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1158674982/

129 :名無シネマ@上映中:2006/09/21(木) 00:46:45 ID:rvVaBwrD
もはやロンブー敦がモーツアルトにしか見えない

130 :名無シネマ@上映中:2006/09/22(金) 20:34:52 ID:Fgw/Jwgw
>>125
あれはモツのほうがキレた
「犬の調教をしたいときはまたお呼びください!」と捨て台詞をはいて
ついでに召使が持ってきた酒ビンを奪い取って、とっとと帰ってしまった
DC版ではじめて登場したシーン

劇場公開版だと、いきなり酒ビンを持ってふらふらと街を歩いていたので
「あの酒ビンはどこで??」と疑問だった

終盤で、金欠になったモツがボロボロの服装で「雇ってくれませんか?」と
あの家にやってくるシーンは、けっこう悲惨だったな


131 :名無シネマ@上映中:2006/09/23(土) 00:48:57 ID:yuiIPthn
>>127-128
アマデウスもカッコーもアヒャヒャな感じだよな

132 :名無シネマ@上映中:2006/09/23(土) 10:40:53 ID:AlNgo2gH
モーツァルトが酒びんを持ってウイーンの町をふらふら歩くシーンで流れて
いる曲はなんですか? ご存知の方ご教示ください。ピアノ協奏曲22番
3楽章と似ているけれどちょっとちがうような...


133 :名無シネマ@上映中:2006/09/23(土) 20:23:00 ID:QzB8T+i3
ピアノ協奏曲第22番変ホ長調〜第3楽章
で合ってるよ。

134 :132:2006/09/24(日) 14:52:35 ID:E6qJLfq0
>>133, ありがとうございます。

しかし、です。 2種類のCD(サントラ盤とバレンボイム+ベルリンフィル)
でそれを確認したのですが、ちょっとメロディが違うんですよね。カデンツァ??
という雰囲気でもなさそうだし、版が違うのかなあ。。。

135 :名無シネマ@上映中:2006/09/24(日) 19:37:21 ID:pRlE6crC
>モーツァルトが酒びんを持ってウイーンの町をふらふら歩くシーンで流れて
いる曲はなんですか?

この曲はサントラにはいってないよ。

136 :名無シネマ@上映中:2006/09/24(日) 19:43:24 ID:u7NqAiW7
はいってるよ

137 :名無シネマ@上映中:2006/09/24(日) 20:25:53 ID:18zMEaLG
野外で皇帝の前で弾き振りしているシーンで流れているのは、たしかに
ピアノ協奏曲第22番変ホ長調の第3楽章ですよね。
その留守にサリエリがモーツァルトの自宅にメイドの手引きで忍び込む
ところ。

138 :名無シネマ@上映中:2006/09/24(日) 20:48:18 ID:7xYiK3XI
>サリエリがモーツァルトの自宅にメイドの手引きで忍び込むところ。
そこは22番3楽章で合ってるはずだが。
編集で間dでるから一瞬訳わからなくなるけど。

139 :名無シネマ@上映中:2006/09/27(水) 08:09:08 ID:AAyiaVPW
これは実話ですか?

140 :名無シネマ@上映中:2006/09/27(水) 16:37:35 ID:A/HvzM9d
>モーツァルトが酒びんを持ってウイーンの町をふらふら歩くシーンで流れて
いる曲はなんですか?

ピアノ協奏曲15番の第3楽章だよ

141 :132:2006/09/27(水) 22:19:09 ID:NmAj8ewb
>>140, ほんとだ! ありがとうございます。

レアものですね。全部きいてみるとレアな理由がわかるようなわからない
ような。。。

142 :名無シネマ@上映中:2006/09/28(木) 11:38:56 ID:r6L+QKeu
>>139
映画の予告では「全てが真実だ」といっているけど、公開から20年以上経った今
いろいろと検証され、その結果この映画の真実の度合いは60%ぐらいになっている。

143 :名無シネマ@上映中:2006/09/28(木) 19:16:01 ID:hHyLKp5/
いやいや映画公開時にすでに歴史を基にしたフィクション扱いだったろう
作者もそのつもりで書いてると思う

144 :名無シネマ@上映中:2006/10/03(火) 07:34:55 ID:TGQCy6dx
http://form1.fc2.com/form/?id=48723
http://form1.fc2.com/form/?id=48723
http://form1.fc2.com/form/?id=48723
http://form1.fc2.com/form/?id=48723
http://form1.fc2.com/form/?id=48723
http://form1.fc2.com/form/?id=48723
http://form1.fc2.com/form/?id=48723
http://form1.fc2.com/form/?id=48723
http://form1.fc2.com/form/?id=48723
http://form1.fc2.com/form/?id=48723
http://form1.fc2.com/form/?id=48723
http://form1.fc2.com/form/?id=48723
http://form1.fc2.com/form/?id=48723
http://form1.fc2.com/form/?id=48723
http://form1.fc2.com/form/?id=48723

145 :名無シネマ@上映中:2006/10/08(日) 20:36:11 ID:e7RRkz2E
ttp://captain.jikkyo.org/cat/s/1160292453476.jpg

146 :名無シネマ@上映中:2006/10/10(火) 14:33:54 ID:2RTVVSXx
神奈川のMOVIX橋本で音楽映画祭ってのがあって
1週間アマデウスDC版が500円で見れるらしい。
行きたいけど遠い。うらやましい…

147 :名無シネマ@上映中:2006/10/10(火) 22:15:14 ID:0cJ5D7Oe
比較の対象としては不適格かもしれないけど、
シューベルトを描いた「未完成交響楽」も好きだ

148 :名無シネマ@上映中:2006/10/11(水) 01:05:34 ID:NYwdxogz
比較の対象としては適切かもしれないけど、
ベートーヴェンを描いてアマデウスを思いっきり意識して作ったけどコケてしまった「不滅の恋」も好きだ

149 :名無シネマ@上映中:2006/10/11(水) 16:34:50 ID:nVwnc+z2
モツは面白い奴だし、主人公としても脇役としても
いじり甲斐があるけど、ベートーベンはなあ・・・

150 :名無シネマ@上映中:2006/10/11(水) 17:58:27 ID:mFEPR/4n
>>146
近所なので行ってきた。
平日昼間にしてはよく入っていた。
やっぱり劇場でみるのはいいね。

151 :名無シネマ@上映中:2006/10/11(水) 23:05:21 ID:hsyexF3E
わたしも橋本でみてきました。
劇場でみれたことに感動!!

しかし中年の夫婦がぼそぼそ
しゃべっててうるさかった・・・

152 :名無シネマ@上映中:2006/10/11(水) 23:47:56 ID:v9a0fCnR
>148
自分も好きだよ「不滅の恋」
親父の暴力から逃れて川辺で星空と同化するシーンは感動した。

153 :名無シネマ@上映中:2006/10/14(土) 09:42:34 ID:XGo8eUbl
自分も橋本で見ました。
音楽よりも笑い声が耳にこびりついた。

上映中にしゃべる奴が居たり、携帯見たりする奴が居たりで orz
確かに長い映画だったけど、飽きたんなら出てけよと。
料金安いとマナー悪い奴も混ざるから、必ずしも良いとは
いえんのよね。


154 :名無シネマ@上映中:2006/10/14(土) 10:54:20 ID:2+EL+Vj8
まあ、モーツァルトのマナーもあれだったしw

155 :名無シネマ@上映中:2006/10/14(土) 15:05:47 ID:T/+4FXrq
>154
晩飯時にウンコの話で盛り上がるような奴だったしな

156 :名無シネマ@上映中:2006/10/20(金) 02:28:41 ID:qhufASyh
内容からしてモツ父が死んだあとに出てくるオペラがドンジョヴァンニだよね。
変な馬が「ドンジョヴァ〜ンニ〜」とかいいながら出てくるやつがあるけどあれは何?

157 :名無シネマ@上映中:2006/10/20(金) 05:35:59 ID:fEwDgm47
あれは友達の作ったパロディ作品

158 :名無シネマ@上映中:2006/10/21(土) 23:00:54 ID:n5DQaaDz
こんなの作れるのは、シカネーダしかねーだ。

159 :名無シネマ@上映中:2006/10/26(木) 00:45:02 ID:+t4npdaX
>>158
>シカネーダしかねーだ
くだらないのにうかつにも笑ってしまった・・・・・・


アヒャヒャヒャヒャ〜〜〜

160 :名無シネマ@上映中:2006/10/26(木) 00:51:51 ID:oOsmPQ5K
モツがあのアヒャ笑いすると話相手がみんなビクッ!てなるのが笑えるw
芝居なんだか素なんだかわからないくらい自然。トムハリスも他の役者もすごい

161 :名無シネマ@上映中:2006/10/26(木) 09:57:21 ID:Ij97ICil
>>160
オーストリア皇帝もビクッてなってたなw
手しか映ってないけど。

162 :名無シネマ@上映中:2006/10/26(木) 10:42:43 ID:dcGe3Ns4
トム・ハルスをトム・ハリスと思い込んでる人が多いのはなんでだろ。

163 :名無シネマ@上映中:2006/10/28(土) 11:13:51 ID:MOj1DuTp
俺なんて、「まさか巨大化!?まさかね」なんて思ってた

164 :名無シネマ@上映中:2006/10/28(土) 22:06:02 ID:xf2mlx2Q
ttp://www.fmstar.com/movie/t/t0082.html 
今は何やってるのかな

165 :名無シネマ@上映中:2006/10/29(日) 02:40:15 ID:PSr9+z56
不思議ハケンでモツァルト特集やってたな

166 :名無シネマ@上映中:2006/10/30(月) 07:56:41 ID:lFDjV2U5
フリーメイソン
[0]MID 04/12/29 09:29 uUa6I2iCuQ
皆でメイソンについて語りましょう。メイソンを知らない人でもどうぞ。一度話の内容がわかると震えます。
http://fiction.log.thebbs.jp/1104280189.html

167 :名無シネマ@上映中:2006/10/31(火) 19:40:41 ID:Tx700d4u
3日夜に日テレでモツ特集。

168 :名無シネマ@上映中:2006/11/01(水) 12:30:10 ID:Z7e5cwpX
皇帝、こんなにきもくなってるし・・・wwww

ttp://www.thesmokinggun.com/archive/1027041jones1.html

169 :名無シネマ@上映中:2006/11/01(水) 23:44:51 ID:BPoH0zvR
結局サリエリとモーツァルトはどちらが凄いのか?
http://music.2ch.net/classical/kako/1007/10079/1007988121.html
サリエリの音楽って
http://music.2ch.net/classical/kako/1009/10092/1009277918.html
【名誉回復】サリエリ【汚名返上】
http://mimizun.com/cgi/dattohtml.pl?http://mimizun.com:81/log/2ch/classical/music4.2ch.net/classical/kako/1109/11090/1109087259.dat
サリエリについてのスレがない訳だが。
http://mimizun.com/cgi/dattohtml.pl?http://mimizun.com:81/log/2ch/classical/music4.2ch.net/classical/kako/1109/11092/1109247182.dat
【1750】アントニオ・サリエリ第2幕【1825】
http://mimizun.com/cgi/dattohtml.pl?http://mimizun.com:81/log/2ch/classical/music4.2ch.net/classical/kako/1128/11284/1128433011.dat
アントニオ・サリエリのスレ
http://mimizun.com/cgi/dattohtml.pl?http://mimizun.com:81/log/2ch/classical/music4.2ch.net/classical/kako/1130/11302/1130241805.dat
【タラール】アントニオ・サリエリ【アクスール】
http://mimizun.com/cgi/dattohtml.pl?http://mimizun.com:81/log/2ch/classical/music4.2ch.net/classical/kako/1147/11470/1147091801.dat
アントニオ・サリエリのスレ
http://mimizun.com/cgi/dattohtml.pl?http://mimizun.com:81/log/2ch/classical/music6.2ch.net/classical/kako/1161/11613/1161345428.dat
【ウィーン】アントニオ・サリエリ【宮廷楽長】
http://music6.2ch.net/test/read.cgi/classical/1162027668/l50

170 :名無シネマ@上映中:2006/11/03(金) 22:12:20 ID:Drc4d3Qs
http://cgi.2chan.net/m/src/1162559374861.jpg

171 :名無シネマ@上映中:2006/11/03(金) 23:13:53 ID:Drc4d3Qs
http://www.menphis75.com/images/foto_varie/simbolo1.JPG

172 :名無シネマ@上映中:2006/11/04(土) 09:40:04 ID:uvg8Z9SA
>>142
今だにこの映画が真実かどうかなんていう本質から外れた議論があるとは。

この映画は加害妄想に取り付かれたサリエリという老人が精神病院で告白を
する、という設定だろ。それを神父が聞き取る、内容が真実かどうかなんて、
既に精神を病んでいるサリエリ本人にすらわからない状態。この映画のテーマ
はその精神異常者の妄想であり、妄想の中で繰り広げられる人間の嫉妬についてだ。

173 :名無シネマ@上映中:2006/11/04(土) 19:04:55 ID:oh+QzkkQ
どう考えても「超えられない壁」があるって事に
サリエリが苦悩する、それが神への挑戦になっちゃうって事じゃないかと。
きっと彼の頭では常に、
モツ>>>>>>>>>>>サリエリって
図がいつも渦巻いていたんだろうなぁ。

174 :名無シネマ@上映中:2006/11/04(土) 21:03:52 ID:YMFhZUH2
完成度の高さではここ20年シンドラーのリストと双璧だと思う。

175 :名無シネマ@上映中:2006/11/04(土) 21:14:21 ID:XvftxsRm
こんなスレがあったのですね。
2年前に池袋の文芸座で観たものです。

映像も俳優も脚本も演出も5つ星でした。
5つ星過ぎて物足りない気さえしました(欠けているものがあった方が愛おしい)。

ああ、もちろんモーツァルトの楽曲も!

未だに思い出す映画の一つです。

176 :名無シネマ@上映中:2006/11/08(水) 02:53:56 ID:1TpUrWtq
本物の素材で豪華さを表現してるから好き。
CGの溢れた今では作れない映画だと思う

177 :名無シネマ@上映中:2006/11/11(土) 14:18:06 ID:KBnW5BG4
>>142
60%も真実ねーだろ。

178 :名無シネマ@上映中:2006/11/11(土) 14:22:32 ID:zqBMVEkK
最近観て、1週間で4回観ました。すごく好きな映画です。
ところで、コンスタンツェに渡された楽譜をサリエリが見ながら頭の中に次々と音楽が流れる
シーンで、サリエリが楽譜を落とす時に流れている曲って何ていう曲でしょうか?
あの曲と、コンスタンツェが服を脱ぐ時の曲を知っている方がいらっしゃったら
教えていただければ嬉しいです。

179 :名無シネマ@上映中:2006/11/11(土) 22:29:14 ID:3yygxwRN
最近になって、「のだめカンタビーレ」がブームとなって
年末はクラシックCDの発売が相次ぐようだ
スウングガールズとかの学園ドラマの延長だけど
なかなか面白い マンガやドラマで使用した楽曲などでイラストつき
海外編ではモーツァルトヲタク貴族も出てくるらしいけど
なかなか商魂たくましい 来年1月にはアニメも出るから
クラシックブーム再来のカンジ
たいしたストーリーじゃないけど なかなか名曲が多い

180 :名無シネマ@上映中:2006/11/12(日) 03:17:57 ID:p36BvNf6
有名だがモーツァルト本人のブログだぜっ
ttp://amadeus-blog.cocolog-nifty.com/blog/


181 :名無シネマ@上映中:2006/11/12(日) 19:38:29 ID:FzV0iw+5
>>178 サリエリが楽譜を落とすところは、ハ短調ミサ(Kv.427)のKyrie,
(モーツァルトの結婚式も同じ).
ディレクターズカット版の服を脱ぐところは、やはり同じハ短調ミサ
のGloria.


182 :名無シネマ@上映中:2006/11/12(日) 22:59:03 ID:HKLwWbfI
>>181ありがとうございます!サリエリのところは分かったんですが、服を脱ぐところを
教えていただけて本当にありがたいです。好きな曲が同じミサの中に複数入っていて良かった。
ハ短調ミサ、ものすごく気に入ったので、CD買って聴いてみようと思います。

183 :名無シネマ@上映中:2006/11/12(日) 23:09:47 ID:cSyC+pRM
今更だが
>>132
モツマニアの先生が7割実話で後は小説とかが混じってるって解説してた。


184 :名無シネマ@上映中:2006/11/13(月) 09:15:42 ID:XTjIyaOS
サリエリって結婚してるし、愛人だって囲ってたし
当時の作曲家は、芸術家というより職人だし(モーツァルトは多作で仕事も速かった)
モーツァルトの楽譜の草稿には書き直しが数多くあるのが発見されてるし
モーツァルトは弟子と同居してたし
モーツァルトの子供は6人いたし(内一人は死後誕生)
モーツァルトはウィーンとプラハを往復する生活をしてたし
モーツァルトの死は二人の医者に看取られてるし
例の鎮魂歌のクライアントは別人(ヴァルゼック伯フランツ)だし
奥さんは封印なんかせず、後金を受け取る為に弟子に補間させてるし



映画は、後の小説を元にしたもの、あくまでフィクション

185 :名無シネマ@上映中:2006/11/13(月) 19:40:47 ID:y67PxPzM
>>184
小説じゃなくてオペラだ罠。

186 :名無シネマ@上映中:2006/11/14(火) 11:04:33 ID:sSKCi1qx
舞台劇だろ

187 :名無シネマ@上映中:2006/11/15(水) 10:11:40 ID:IBPz//52
スソソソソソソ

188 :名無シネマ@上映中:2006/11/15(水) 11:40:58 ID:pdfQzA+P
全てサリエリの妄想劇という事にすれば片付く。

189 :名無シネマ@上映中:2006/11/15(水) 14:43:14 ID:IBPz//52
今更アマデウスの台本を手に入れた とても嬉しい

190 :名無シネマ@上映中:2006/11/16(木) 06:03:31 ID:M/HyDm+y
便宜をはかるなら見返りがあって当然だ
some service deserves service in return(by サリエリ)

見返〜りは?... 袖のし〜た。(by ミルヒ・ホルスタイン)



191 :名無シネマ@上映中:2006/11/17(金) 21:47:44 ID:K9/mVuY3
http://cgi4.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2006-11-23&ch=12&eid=14537

NHKBSで「ルードヴィヒ」が放送!!

192 :名無シネマ@上映中:2006/11/18(土) 15:06:01 ID:zVLkRbml
>>172
とーんでもない。
サリエリは正気だよ。

ただ自殺は当時は破門されるに等しい大罪なんで、
その不名誉からサリエリを救うために
いまなら「心神喪失」にあたる「神に与えられた理性を失ってしまった=狂人」

ということにして癲狂院にいれられているだけ。


神父は映画の構成上必要なのと、
「懺悔」を聞きに来たんだよ。

193 :名無シネマ@上映中:2006/11/18(土) 15:16:31 ID:zVLkRbml
>>188 これは殺したいまでに憎むことでしか愛することができない、というお話し。



194 :名無シネマ@上映中:2006/11/18(土) 23:22:01 ID:Are9rwmZ
大好きな映画なんだけど、少しだけ腑に落ちない部分があります。

冒頭でサリエリが「モーツァルトを殺したのは私だ。許してくれ。」と叫びながら自殺を図った。
でもその後彼の語り口は、自分がモーツァルトを殺したというようには言ってないし、彼を追い込んでいく
ことを後悔するようなコメントは全く無い。これに違和感がありました。

「殺す」というのは、資金繰りに失敗するように仕向けつつレクイエムを無理やり作曲させ、過労にさせることを
指していたんでしょうか。だとすると、最後の2人で作曲していくシーンも結局はモーツァルトを殺そうとしていたんでしょうか。
あそこのサリエリとモーツァルトのやりとりを好意的に捉えている方が多いのですが、もしモーツァルトと作曲する歓びを
感じていたとしたら、あそこで休憩をとるなり医者を呼ぶなりして、回復をさせるという方法もあったのではと思います。

違和感だけを書き続けていたら支離滅裂になってしまったのですが、つまりこういうことです。
サリエリが改心(後悔)をしたのはいつ?モーツァルトが死ぬ間際?それとも自殺する時?それとも最後まで
モーツァルトを追い込んだことを後悔していない?(だとすると冒頭のシーンがおかしい)

魔笛以降のシーンでサリエリがモーツァルトに対する思いを神父に述べるシーンが無いので色んな捉え方が
できそうですが、最後まで「サリエリが現在モーツァルトを追い込んだことをどう思っているのか」
「モーツァルトの死ぬ間際にどう思っていたのか」がわかりませんでした。
モーツァルトの、「私は馬鹿だった。あなたに嫌われてると思ってた。許してくれ・・・」という言葉に
彼は何を感じたんでしょか。

195 :名無シネマ@上映中:2006/11/19(日) 00:03:32 ID:OW591w4y
サリエリの最後の台詞は神を真似ることで冒涜してるんだと
ばかりおもってたけど。
カトリックでは罪を許すのは神と神の代理人たる聖職者のみが
出来ることで、罪を懺悔するのは聖職者を通して神に許しを請う
ため。
最後の台詞は神を捨てたと言う意味だと。
自分を神だという人間は基地外だと扱われる。
あのとき初めて本当に基地外になったと言える。

>>194
サリエリはモーツァルトに劣等感を感じていたが、モーツァルトの
「あなたに嫌われていると思っていた」と言う言葉から
モーツァルトもまたサリエリに引け目あるいはわだかまりを感じて
いたことを感じて分かり合えた。
だがだからといってモーツァルトに対する殺意がなくなった訳ではない。
サリエリの感情はモーツァルトのふるまいによるわけではなく、
不道徳なモーツァルトに天賦の才を与え、道徳的な自分を凡人にしている
神の不条理に対するものだからだ。

と思う。



196 :名無シネマ@上映中:2006/11/19(日) 00:09:55 ID:ljRvzF6k
>>194
基本的には、モーツアルトを死なせた事をそれほど後悔していないと
思われる。
一方で、彼も根は悪人ではないから良心の呵責は少なからずある。
それが年老いて、かつての名声も失って、夜一人で考え事をしている
うちに、気が弱くなって、もう死にたいなんて思い始めて、モーツアルトの
事を思い出し、ああ彼にはひどい事をしてしまった...て所かな。
ただ、その気持ちも長続きせず、朝になればまた憎しみのほうがぶり返
してくる。そんなもんでしょ、人間て。

197 :名無シネマ@上映中:2006/11/19(日) 00:17:53 ID:6Tk0aTMp
サリエリは自分がモーツァルトと分かり合えたから、
神がモーツァルトを自分だけのものにするために
天に召したと考えてる可能性もあるね。
自分がモーツァルトを理解したために結果的に
死なせることになったと。


198 :名無シネマ@上映中:2006/11/19(日) 00:29:44 ID:ljRvzF6k
>>194
あと殺すつもりがあったかどうかは、彼の「殺害計画」の告白からわかるよね?
・レクイエムを作曲させて、それを奪い取る
・それから彼を殺すが、具体的な殺害方法はどうするか決めてない
つまりあの時点では、早くレクイエムを完成させようと思っていただけで、彼が
過労で死ぬとは想像もしていなかった。

199 :名無シネマ@上映中:2006/11/19(日) 00:41:42 ID:FHXFPRXF
>>194
私は最後のレクイエムを書いたシーンは、モーツァルトの死後、サリエリが自分が作曲したレクイエムだとしようとしたんだと思った。
コンスタンツェが楽譜をしまったときのサリエリの表情が「せっかく自分の筆跡で書いたのに」みたいな感じの表情に見えたんだけど…違うのかなぁ?
皆さんはどう思いました?

200 :名無シネマ@上映中:2006/11/19(日) 07:24:56 ID:Z7n6Lf6u
>>199
筆跡までは考えてなかったと思うなあ、持って帰って書き直せばいいんだし。
書き直しをしないモーツァルトなんだから、最初の方は彼の筆による部分もあるだろうしね。

あの表情は、単純にレクイエムを自分のものにする計画が費えたことに対するものじゃないかな。

201 :名無シネマ@上映中:2006/11/19(日) 08:47:39 ID:mmcH8m4n
12月4日(月) 後7:50〜10:31 衛星映画劇場 アマデウス AMADEUS 1984年・アメリカ
http://www.nhk.or.jp/bs/navi/movie_fw.html
よう折の天才音楽家ウォルフガング・アマデウス・モーツァルトの死の謎を題材にしたピーター・シェーファーの舞台劇を映画化。
モーツァルト35歳の生涯を、宮廷音楽家サリエリとの関係を通してミステリアスかつ華麗に描き、アカデミー作品・監督・主演男優賞ほか計8部門に輝いた名作。
オーストリア皇帝の宮廷に仕えていた音楽家サリエリは、モーツァルトの比類なき才能に激しいしっと心を抱き、彼を陥れようと画策する。
〔製作〕ソウル・ゼインツ
〔監督〕ミロス・フォアマン
〔原作・脚本〕ピーター・シェーファー
〔撮影〕ミロスラフ・オンドリチェク
〔音楽〕ネヴィル・マリナー
〔出演〕F・マーレー・エイブラハム、トム・ハルス、エリザベス・ベリッジ  ほか
(1984年・アメリカ)〔英語/字幕スーパー/カラー〕

202 :名無シネマ@上映中:2006/11/19(日) 09:09:46 ID:bgP9SpND
サリエリがレクイエムを自分の曲にしようとしていたなんて、映画見ていたときには微塵も考えなかったよ。
あのときはモーツァルトが神の言葉を聞くように曲をつむぎだす作業に手を貸している自分に
この上ない至福を感じていたんじゃないの?

203 :名無シネマ@上映中:2006/11/19(日) 09:14:11 ID:6Tk0aTMp
>>202
サリエリがレクイエムを自作にしようとしてた。
そういう台詞があったはず。
(少なくとも以前TVで放映された時の吹き替えでは)


204 :199:2006/11/19(日) 09:16:12 ID:FHXFPRXF
>>200
そうですそうです!レクイエムを横取りする計画が費えたってゆうことが言いたかったんです。自分のボキャブラリーの無さを痛感します。
でも言われてみれば筆跡のことまで考えてなさそうですね。最初はレクイエムを書いてる時点でも殺意があったと思ってましたが、198さんの言うようにあの時点ではレクイエムを奪うことしか考えてなかったと見る方が自然ですね。

205 :名無シネマ@上映中:2006/11/19(日) 09:23:12 ID:FHXFPRXF
ところで質問なんですが、映画の冒頭サリエリが自殺を図るシーンの曲の作品名分かる方いますか?CD買おうかと思うんですが、作品名が分かりません…。
出来ればアマデウスで使われている作品を集めたCDがあるといいんですが、そうゆうのはありますかねぇ?
連投スイマセン。

206 :名無シネマ@上映中:2006/11/19(日) 11:33:38 ID:32tqFlSX
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B000063L78/sr=1-1/qid=1163903460/ref=sr_1_1/503-2013030-0766342?ie=UTF8&s=music
こういうサントラがいくつかありますよ。

最初の曲は交響曲25番ト短調。ただこのサントラではどの曲も使われた楽章しかなかったり、
レクイエムがばっさり削られてたりという面もありますので、クラシック好きの方なら難しいとこですね。
とりあえず幅広く聴きたい方にはオススメだと思います。

ちなみに私はむかしTSUTAYAで借りました。サントラ。

207 :名無シネマ@上映中:2006/11/19(日) 12:57:04 ID:QVls+VgD
>>194 
なぜ「殺した」と騒いだか、については元の舞台を知らないと少しわかりにくい・・・

モーツアルトの下手人として、音楽のすばらしさで歴史に永遠に残るモーツアルトの影にその名前を永遠に刻むための狂言、ですね。

舞台ではサリエリの心境はこんな感じ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
かつて祈り、善行を行うから音楽家としての名誉を、と心の底から願い、その誓いを守ったのに
スケベで自堕落なガキに、あなたの声を、音楽をゆだねた神よ、
何故あなたの声を聴きとることのできるだけの耳を下さったのに生み出す才能は与えず空虚な名誉を私にあてがったのですか、、

アナタは残酷だ。

だから私はあなたに復讐するためにモーツアルトを社会的にも心身も破滅させてやった。
(直接手を下していない・貧乏と不健康で死亡)
なのにあなたは、
神よ、なおもその音楽をこの世に広めようとしている。
モーツアルトは死んでからもますますその音楽と名前が輝きを増ししていくのに
わたしはかつての世俗的な名誉も音楽も忘れ去られてただ老いて行くのみ。

アナタは残酷だ。

それなら、最後の反撃として、せめて神に一撃を食らわせるために「俺がモーツアルトを殺したのだ!」ということを歴史に刻み込めば俺の名も、悪名とはいえモーツアルトと並んで永遠に残る!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

映画では
神父が癲狂院におとずれたときに、サリエリがいくつか自分のヒット作を弾いて見せて「知ってるかい?え、むかしはたいへんなひょうばんだったんだがね」
といってもキョトン、としている若い神父に「じゃあこれは?」とアイネクライネを弾いて見せて「ああ、ああそれなら知ってます先の方までぼくだって歌えます、ステキですね、アナタの曲ですか?」
と反応した神父に苦々しげに「これがモーツアルトじゃよ」と言うシーンがそれを暗示してるのかな・・・。



208 :名無シネマ@上映中:2006/11/19(日) 13:04:54 ID:QVls+VgD
「モーツアルト殺害の下手人として」、がただしいかな・・・ こぴぺ
----------------------------------------------------------
ate : 2005/05/21 11:36:38
Subject: サリエリについてのスレがない訳だが。
URL : http://music4.2ch.net/test/read.cgi?bbs=classical&key=1109247182

 モーツアルトに秘密でレクイエムを書かせる一方でモーツアルトを殺す(手段未定)、
  そしてモツが死んだところでサリエリはかくしておいたレクイエムをやおら引っ張り出し、
  モツの葬式で演奏、あたかもサリエリこそが神の愛し子にふさわしい才能の持ち主(レクイエムの作曲者)であるかのように振る舞う。

「神の愛し子を殺し、その葬式であたかも自らの才能の発露であるかのように神の子の曲をお披露目して、神の栄光を簒奪する」たくらみの一環だったのよ、
レクイエムを書かせるのは。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
最後の方のレクイエムの書取のシーンは、はじめは「とにかくレクイエムを書き上げさせる」ことにあったのだろうけど、
「自分の手が届かなかった世界に導かれていくサリエリが驚きと法悦に身を浸しながらモーツアルトに奉仕する」場面であり、
「ついに神の声がモーツアルトを通じて直に彼に話しかけられ、彼はそれを自らの手で書き留める至福を味わっている」シーン。

((そしてまたモーツアルトに対するサリエリのアンビバレントな気持ちの中で「愛」が思わず溢れてきてしまっているシーン??))

朝が来て、サリエリが子供用のベッドで胎児のように丸くなって寝ているところなんぞは「サリエリの浄化」を象徴してるんじゃないか、
帰ってきたコンスタンツェに驚いて子供ベッドから床に落っこちちゃうあたりなんぞも。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
舞台のサリエリは神を恨み、憎み、神の道具であるモツをたたきつぶしたい、と言う気持ちが強い。
(モツには神にもてあそばれる人間としての共感と哀れみはあるが)

映画のサリエリはモーツアルトを通じて現れる世界に惚れ込み、モーツアルトを愛せるものなら愛したい、という様子が見えるような気がする。 
---------------------------------------------コピペ終わり


209 :名無シネマ@上映中:2006/11/19(日) 13:06:54 ID:QVls+VgD
(前レスの続き)
レクイエムの譜面をしまわれてしまうシーンの「あ、あ、」という顔は 到来物のお菓子を取り上げられる子供のような、誇らしい作品を持って行かれてしまうような。
その一寸前のコンスタンツエに「あら、これ旦那の筆跡じゃないわね」「私が書いたのです」という言葉や上記コピペのをふまえると
そんな心持ちがする。


210 :205:2006/11/19(日) 13:29:36 ID:FHXFPRXF
>>206
ありがとうございます。でもPCがないので見れませんでした。せっかく貼って頂いたのに…。アマゾンで検索すればあるのかな。
アマデウスでモーツァルトにハマったので、映画の中で使われていない部分も含めてしっかり聴いてみたいと思ってるんですが…レンタルであるなら一度借りて聴いてみようと思います!ありがとうございました。
そういえば気になってるんですが、サリエリがモーツァルトの作品を奪おうとしたってゆう事実はあるんでしょうか?レクイエムに限らず、そうゆうことを企んでいたようだと言われてたり。それともあれは映画の中だけの表現なんですかね?

211 :名無シネマ@上映中:2006/11/19(日) 14:05:05 ID:QVls+VgD
>>195
この最後のシーンも舞台見てないとわかりにくいシーン。  舞台では観客達はまだこの世に生を受けていない魂たち、ということになっていて、
それまでの間に老いたサリエリがモーツアルトと神との確執を語り、また当時の出来事が舞台で演じられる。

実は舞台では喉を切るのは幕が閉まるほんのわずか前のシーン。
---------------------
老いさらばえたサリエリは
神に復讐の会心の一撃を加えるべく喉を切る前に

「凡庸なる者達よ! 
 試みに破れ、なお手の届き得ないものへの渇望に耐え得ざるとき、
 そのときお前達に私は囁きかけるだろう、”ここにわたしがいる、凡庸なる者達の守護聖人のサリエリが”と。
 そして惨めに落ちぶれたときには私に祈るがいい、私はお前達を受け入れ、許す(forgive)だろう。 さらばだ!」

と言い放ち舞台中央で喉を切り、車いすにがっくり倒れ込む。 

ところが「ウイーンの町の声」を象徴する男が舞台の両端に一人ずつ現れ、
ベートーベンの会話帳や新聞の記事を読み上げ、
「サリエリは喉を切った!でも生きている」
 (さりえりは、まさかそんな、戸首をもたげ、正面を凝視する)

「サリエリが殺しなんかするわけがない、年寄の妄想だ」と言った類の記事を読み上げ続け、
世間がサリエリのもくろみに乗ってくれないことをしめす。
 (サリエリはがっくりと自らの試みが潰えたことを知り、うなだれる。 その間にだんだんと強いスポットライトがサリエリに当たる)

とどめに、その二人はA「しんじられない」B「しんじられない」 A&B「この世の中の誰が信じるものか」言い放って去っていく。

サリエリはよろよろと立ち上がり進み出て手を大きく広げ、あたかも観衆を包み込むように抱きしめようとするかのような姿で

「今生きている、そしてこれから生まれてくる、すべての凡庸なる者達よ! お前達全てを私は赦す(obsolve you all)!アーメン!」と吠えるように嘆き叫び、掲げた手で祝福の手礼を切り、舞台は暗転する。幕。
------------------------


212 :211:2006/11/19(日) 14:09:22 ID:QVls+VgD
>>195
そうは言ったものの

映画でのニコニコと「そんなわけで神父さん、何かの時には私を思い出しなさい、私、サリエリ、凡庸なる者達の守護聖人をね」と
言ったあと車いすでキチガイの群れの中を推されていきながら I obsolve you をニコニコしながら連発するサリエリとそれにかぶるヒャハハハハハ
は実は私にもなぞだったりする。

213 :名無シネマ@上映中:2006/11/19(日) 14:18:05 ID:QVls+VgD
>>210 ないっす。 サリエリは映画にも出ていたようにそんなことしなくても十分売れてたし、顕職にもついていたし、
     わざわざ格下の音楽家から盗むなんて沽券に関わるっす。

    只今ほどオリジナルだのなんだのって言うことにこだわりのない時代だったことは確か。
    引用、であったり流行のモチーフ(簡単に言うと音型。)を使ったり、ということにはおおらか。
    あからさまに全曲引っ張ったら拙いけど、出版社がマイナー作曲家の佳品を大作曲家の名前で売り出してセールスにつなげる、
    なんて事はあったようです。(モーツアルトの子守歌、ってそうじゃなかったっけ)
    
ただ、作曲が趣味の貴族が自作だよーん、と威張るためにモーツアルトにレクイエムを発注したのはほんと。 ばれちゃったみたいだけどね。
(フォン・ワルゼック伯爵)

CDはサントラに入っている曲が全曲入ってるCDを聴いていけばいいと思うよ。 まずレンタルにはないと思った方が良い。
どうしてもただで聴きたいなら公共図書館にリクエストして入れてもらえばいいと思うし、モーツアルトならそこそこもう既にあるんじゃないかな。

 

214 :名無シネマ@上映中:2006/11/19(日) 14:53:15 ID:ljRvzF6k
>>211
舞台でどのように描いていたかは、それはそれで参考になる情報だけど、映画がそれと
同じ解釈でいいとは限らないという事は忘れないほうがいいっしょ。
例えば映画版で、サリエリのモーツアルト殺害の告白が狂言だと解釈するのは、かなり
飛躍があると思うし、監督も脚本家もそういう意図はなかったと思われる。

215 :名無シネマ@上映中:2006/11/19(日) 17:25:39 ID:QVls+VgD
>>214
うにゃー 正気だし、 狂言。 狂った人のはなしだたらはなしががくっと面白くなくなるにゃー。

大体原作者のピーターシェーファーが脚本作りに大きく絡んでるからそこまでテーマがガタガタになるような設定変更はしていないと思うにゃー

216 :210:2006/11/19(日) 18:55:02 ID:FHXFPRXF
>>213
なるほど。サリエリのあの企みは映画の中の話なんですね。そしてあの時代では、誰かの作品と似たような曲を発表するケースも珍しくなかったんですか〜。
自分ではなかなか調べられないので、勉強になりました。詳しくありがとうございました!
CD借りるなら図書館がいいですか。じゃあ図書館から始めて、モーツァルトの曲を堪能していきたいと思います。^^

217 :名無シネマ@上映中:2006/11/19(日) 19:36:50 ID:FLAkE62d
たしかモーツァルトの楽曲の中に、サリエリを引用したものがなかったか?

218 :名無シネマ@上映中:2006/11/20(月) 09:52:39 ID:WYB6BYNS
>>217
つ【ピアノソナタ ハ長調 k545 第1楽章 第2主題】

219 :名無シネマ@上映中:2006/11/21(火) 14:59:41 ID:FKQc91HG
長くなりますが
>> 194
>> 214

ネット上にアマデウスの映画版(1984)のシナリオのバージョンのいくつかが
残っていますが、(たとえば ttp://www.weeklyscript.com/Amadeus.txt)
それを読むと、最後のほうのサリエリの独白の中に

From now on no one will be able to speak of Mozart without thinking of me.
Whenever they say Mozart with love,
they'll have to say Salieri with loathing.
And that's my immortality - at last!
(これより先に、私のことを考えずにモーツァルトを語れる者はいなくなるだろう。
愛をもってモーツアルトを語るたびに、嫌悪をもってサリエリを語らざるをえなくなる。
ついに、わたしの私の名が永遠に残るのだよ。)
があります。

そうやって人々の記憶に残ることによって、神の裏をかきたかったと。
そもそも司祭に告白するシーンなど舞台版にはないので、
映画版の初期段階では、
「モーツァルトを殺した人間として人々の記憶に残ることによって、
神の裏をかきたかったという舞台版の設定が残っていたことになります。


220 :名無シネマ@上映中:2006/11/21(火) 15:03:59 ID:FKQc91HG
一方、「だれがモーツァルトを殺したか」についてですが、

初期の映画版シナリオにあった「おまえは邪悪な神に仕えている。
神は私ではなくて、モーツァルトを殺した。(中略)
神は私のような凡人を栄光のわずかなおこぼれに預からせるよりも、
自分の最愛の者を滅ぼした。」の部分は、
「邪悪な神(your wicked God)」が「慈悲深い神(merciful God)」に代わったけれど
最終版のサリエリの独白にはかなり残ってます。

Your merciful God. He destroyed his own beloved,
rather and let a mediocrity share in the smallest part of his glory.

つまりサリエリは「モーツァルトを殺したのは、自分ではなく神であり
神が自分のたくらみを挫くためにやったことだ」と
はっきりと考えているわけです。

221 :名無シネマ@上映中:2006/11/21(火) 15:08:37 ID:FKQc91HG
ディレクターズカット盤の監督とシェーファーの音声解説を聞いていると、
戯曲版のサリエリの独白を映画向けにいかに短くまとめるかが、
かなり大変だったそうです。
短くする段階で「モーツァルトを殺した人間として、
人々に永遠に名前を記憶されたい」と
明言するセリフが削除されたわけですが、
舞台の設定をあえて変えるために
消したのかどうかはわかりません。

というのは、当時はまだ舞台版が大ヒット中で、
とくにキリスト教が強いイギリスやアメリカでは、
実際に舞台を見ていない人にも、アマデウスのテーマが
「凡人が神に挑戦して破れた」であることは、知られていたからです。
だから、セリフで言わせなくても理解できるはずと思ったのかもしれません。

222 :名無シネマ@上映中:2006/11/21(火) 19:19:40 ID:SnooyN0O
もし、あれがサリエリの狂言だという設定を残したいんだったら、セリフかあるい
はなにか別のそれを示唆する表現を入れただろうけど、それがないんだから、
やはり映画版ではサリエリの狂言という設定は削除されたと考えるのが正し
いでしょう。
大体において、舞台はセリフに依存する割合が映画より多いから、心の内側
を独白でしゃべらせたりするけど、映画ではそういう手法は野暮とみなされる事
が多いんで、中途半端にそういう設定残して、サリエリの心情をぼやけさせるより、
いっその事カットしちゃったんでしょうね。

223 :名無シネマ@上映中:2006/11/23(木) 09:08:51 ID:4QQ3YlrK
ドクター月尾 地球の方程式でサリエリがちょっとだけ紹介された。

224 :名無シネマ@上映中:2006/11/25(土) 17:52:27 ID:StqoLNfh
BS放映記念age

225 :名無シネマ@上映中:2006/11/25(土) 18:45:05 ID:iKvdOm27
BSかよ!

226 :名無シネマ@上映中:2006/11/25(土) 21:54:29 ID:kdYEShTp
>>222
だったら全ての告白?というか今まで秘めていた想いのたけを全て語りきったあげくに、
打ちのめされた神父をからかうように「まあ、神父さん、自分の凡庸さんに打ちのめされたら私のことを思い出しなさい(*´∀`) 」みたいなこと言うあたりはなにか・・・

確かに舞台に比べて見せて面白い話に作り替えるために苦心したのはよく伺えるけど・・・

「さりえりはやっとキチガイの振りをすることで本音が言えるようになり、モーツアルトを通じて聞こえてくる神の声に安心して浸れるようになりました」って言うオチなのかなあ・・・・
「みんな、平気でいられるのは実は本当はもう知らないうちに気が狂ってるからなんだよ。わたしにはわかる。だから、安心していて狂っていていいんだよ」
「自分が狂っている、ということに気づいて本当にキチガイになってしまった人たち、あなた達だって私とちっても変わらないんだ、安心し給え、安んじて狂気にとどまりたまえ」
「安心しておゆきなさい、わたしはあなたたちのあるがままをうけいれ、そしてゆるす。」

どうなんでしょうな。


227 :名無シネマ@上映中:2006/11/25(土) 22:47:52 ID:OqwVPEfQ
別にサリエリは気が触れたふりはしていません。自殺を図っただけで。なぜ精神病院に入れ
られたかは、キリスト教では自殺を禁じているので、自殺しようとしたサリエリを精神錯乱
扱いしたって所でしょう。

神父への言葉の意味はこんな所でしょうね。「凡庸なあんたには私の魂を救うなんて事は
できはしなかったが、別にそんな事は気にしちゃいないよ。私たちは同類なんだから」

サリエリはえこひいきな神に復讐をしようとしましたが、失敗に終わり、自分の作品を後世に
残したいという夢も潰え去ろうとしています。最後の彼の言葉は、それに対する悲しみと、
そして無駄に終わった自分の人生の滑稽さから出たものでしょうね。言葉を補えばこんな
感じでしょう。
「モーツアルトという神が生み出した天才を知り、自分には才能の一片も与えなかった神と
戦って敗れた自分は、凡庸な人間達の代表的存在(=守護者)である。凡庸な人間の
苦しみ・悲しみ、嫉妬、そしてそれ故に時には彼らが罪を犯すことも知っている。だが、私は
おまえ達の苦悩を誰よりも知っているからこそ、お前達を責めはしない、その罪を許そう」

228 :名無シネマ@上映中:2006/11/26(日) 09:05:23 ID:rxTB9sdy

>>192とか
>>207-209あたりで私もサリエリ正気説に一票。

世間的に「狂人認定」されたことでそうなったのかねえ、と>>226の本意で書けば良かったかしら。

229 :名無シネマ@上映中:2006/12/01(金) 00:15:28 ID:RsS7bUzL
最後に響くモーツァルトのバカ笑いは、「神の嘲笑」と解釈してよろしいですか?

230 :名無シネマ@上映中:2006/12/01(金) 16:22:50 ID:J8e21lfG
>>229
そうだと思います。

231 :名無シネマ@上映中:2006/12/02(土) 13:47:37 ID:QaaKHUnq
rt

232 :名無シネマ@上映中:2006/12/02(土) 13:56:21 ID:PuNe1mUG
frfr

233 :名無シネマ@上映中:2006/12/03(日) 23:53:00 ID:0WL4hml/
いよいよ明日か・・・実況が楽しみだ

234 :名無シネマ@上映中:2006/12/05(火) 02:24:17 ID:xOl5duBe
ものすごく画質悪くなかった?<BS2
すごく古い映画に見えた。古いんだけど。
うちにある古いVHSの方がましだったよ。

235 :名無シネマ@上映中:2006/12/05(火) 10:40:24 ID:7JTwfNRi
>>234
録画した分のデータ見ると、すごくレートが低かったみたい。

236 :名無シネマ@上映中:2006/12/05(火) 11:22:14 ID:crCUlm87
デスマスクは誤訳じゃなかったのかな?

237 :名無シネマ@上映中:2006/12/06(水) 00:01:04 ID:AmvDt0cw
>>236
それってBSの話? >デスマスク
まさか字幕担当は…!?

238 :名無シネマ@上映中:2006/12/06(水) 01:28:59 ID:8oW3HzP7
BS2、字幕はなっちじゃなかったけど、デスマスクになってた。
誤訳でないとすると、
死後に使われるもの(デスマスク=レクイエム)を生前に奪ってやる、
という意味になるのかな?

239 :名無シネマ@上映中:2006/12/06(水) 21:20:07 ID:tLQek9Fr
初めて昔に見たテレビでは、デスマスクって言ってたけど、DVDでは
鎮魂曲(death mass)になってるね。
話してるの聞いても確かにmassって言ってる(kは発音してない)。
自分も今日まで「デスマスク」だと信じこんでいたよ...

ところで、史実では実際サリエリはモーツァルトの魔笛を鑑賞に
行ってたそうな。こっそりではなく、モーツァルトに招待されて。そして、
作品を絶賛したらしい。

240 :名無シネマ@上映中:2006/12/07(木) 08:30:30 ID:ZvyXMR2q
>>239
当時、プラハでは評価の高かったモーツァルトもウィーンではサッパリだった。
サリエリはウィーンに在って、モーツァルトを高く評価していた数少ない一人だ。

241 :名無シネマ@上映中:2006/12/07(木) 12:10:31 ID:dL+tO7Of
>>240
ウイーンでも売れっ子だった時期はあったよ。
ウイーンは逸り廃りが激しいからモツも一時低評価だったに過ぎない。

242 :名無シネマ@上映中:2006/12/14(木) 18:35:15 ID:J5+1BZLI
どの場面でかかってた曲が魔笛なんすか?

243 :名無シネマ@上映中:2006/12/14(木) 18:43:59 ID:ezylWNny
シカネーダーが鳥刺しパパゲーノに扮して演じてたのがオペラ『魔笛』でそ

244 :名無シネマ@上映中:2006/12/14(木) 22:12:34 ID:J5+1BZLI
鳥の着ぐるみのところですね。ありがとうございます。

245 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 01:15:53 ID:EqCdgwjr
あと、家を抜き出したモザートが、一軒屋で「パパパパパパ・パパパパ」てやってたのもー

246 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 16:57:24 ID:ed2NuOid
コンスタンツェの母ちゃんが怒鳴ってるところから
「魔笛」の夜の女王のシーンに変わる

247 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 22:34:23 ID:WjU77LYj
>>245-246
そこも魔笛ですか。どうもです。

248 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 00:34:00 ID:x5Q1JyFA
DVD買ったんだけど、音声解説には日本語字幕ついてないの?

249 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 00:38:11 ID:JxduVF2S
夜の女王のシーン、DVDの絵にも小さく使われてるよねw

250 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 08:58:02 ID:faYkqNTL
>>246 はじめて見た子供の頃、あのシーンはコンスママーンがあの怒鳴りから
    モツにスカウトされてそのまま夜の女王に抜擢されたのかと
    思ってた。

251 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 15:50:05 ID:jPRPzr5f
DVD買って見た
いい映画だけど、モーツアルトのあの笑い声がどうしても馴染めない

252 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 17:49:26 ID:Sd9JP8Gu
魔笛てフリーメーソンのイメージからもっと
おどろおどろしいのを想像してたのですが
ずいぶん明るい曲だたのですね

253 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 02:54:16 ID:D6MCOzga
>>248
ついてるよ

254 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 21:55:49 ID:ew8JuDf+
映画アマデウスの主役はサリエリでおk?

255 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 22:02:02 ID:PuoKb/Ov
>>254
アカデミー賞ではサリエリ、モーツァルト両俳優主演でノミネートされた
原作の舞台では完璧にサリエリが主役らしいけど映画はは2人が主役らしい

結果サリエリがオスカーを取ったけどモーツァルト役の人は助演でノミネートして
両者共に取れればよかったのになーと当時思ったよ

256 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 22:11:47 ID:RLzkH20W
サトエリの演技ヨカタ\(^o^)/

257 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 01:12:32 ID:rDHywsji
この映画の高評価の理由わかんね あんまおもしろくなかった
Life is beautifulも高評価であんまおもしろくなかった
おもいっくそ地雷だな

258 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 01:44:50 ID:jb6lAWON
【音楽】ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトの全楽譜をHPで公開 印刷も可能
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1166438746/

259 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 17:57:59 ID:q4EWCgN6
>>250
史実ではあの歌手はモー妻の姉
モーが惚れたが振ってしまう
その後にモーたんは妹とくっついた
映画で姉は結婚式とオペラの場面に登場するが
魔笛の歌手はは別の女優さんと思われ
(クレジット調べるの面倒くさい)

260 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 23:31:35 ID:pMq/+DK3
>>257
わからんやつにはとことんわからん

それでよいのだ

261 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 23:41:59 ID:OhKtWr25
でもコレ公開当時から絶賛されてる映画なのに?
わからない奴にはわからない様なタイプの映画じゃないよ

262 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 00:43:19 ID:0rXIrDN1
>>259
長女 ヨゼファが夜の女王の初演を歌って
次女 アロイジア(これも天才的な歌手)がモーツァルトを振って宮廷俳優と結婚
三女 コンスタンツェが傷心のモーツァルトと結婚(コンスタンツェ母の策謀のお陰?)

なので、夜の女王役はモーツァルトを振ったわけではないよ。

263 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 00:56:52 ID:WKJUEm0C
>>262
と言われてきたのですが
当時歌っていたのは実は次女なんです

264 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 08:42:28 ID:NAmcYPYR
>>263
「毎日モーツァルト」の情報が間違っていたの?

265 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 00:15:14 ID:8FMuxdFD
>>261
全く音楽に興味ないとか・・・

266 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 01:20:24 ID:OoVY6H79
BSとかではやったけど結局地上波でやるTV局は現れなかったな・・・
個人的には三ツ矢氏吹き替えの日本語版見たかったが・・

267 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:33:43 ID:sXXu4dwD
初めて見たのが三ツ矢氏吹き替えのテレビ放送だったと思う。20年くらい前。
文字通りテープがすり切れるまで見たから、その印象が強くて、
字幕だと物足りないくらい。もう一回みてみたいなぁ。
「マーチです、陛下、マーチ!」が面白かった。サリエリだけど。

268 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 06:58:05 ID:09roRXi5
三ツ矢吹替えはあの笑い声も再現できてた

269 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 11:28:02 ID:fOxgliP3
ヴィーナスの乳首

270 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 11:37:36 ID:kqDBPvF5
>>267
「デスマスク」って誤訳してるやつかな?自分もあれ観てセリフ覚えたクチだから、
DVDの字幕見てると、色々文句言いたくなる。
「デスマスク」の誤訳も「鎮魂曲」じゃセリフとしちゃ平凡だし、こっちのほうが
いいんじゃないかっていう気がして。

271 :267:2006/12/24(日) 00:59:31 ID:wAiAdt2C
>>270
そうそう。デスマスクって言ってた。
中学生だった自分は、黒仮面=デスマスクだと思ってたw
てゆか、デスマス=鎮魂曲だと知ったのは、ネットしだしてからかも。

吹き替えにしろ字幕にしろ、やっぱり最初に見た印象が強いね。
普段は字幕派なんだけど、アマデウスに限っては三ツ矢版の吹き替えが秀逸だったなぁ。
他の映画の吹き替えは、どうしても違和感が残る事が多いけど、
この時の吹き替えは全くそんなことがなかった。


272 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 01:26:48 ID:vebDlBs8
そういうものなのか誤訳って酷い影響残すものだな
中学の音楽の授業でレクイエムの作曲の時にモーツァルトは依頼者を死神だと思って
怯えていたと習ったので(昔の音楽の教科書にはモーツァルトの項にそう載っていた)
大人になって公開時に観た時アレか!ってワクワク感があったんだけどね

273 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 09:46:17 ID:FnS1BEhD
>>271,272
もしあのセリフがデスマスクだったとしたら、デスマスク=黒仮面じゃなくて、デスマスク=
鎮魂曲ってことだけどね。
本来その人が死んでから、周囲の人間が作るはずのデスマスクを、本人が生きている
うちにその人(モーツァルト)自身に作らせようという策略。
そういう意外な事をサリエリが言ったからこそ、神父が「What?」と聞き返したのかと思ってた。

274 :名無シネマ@上映中:2006/12/29(金) 18:34:31 ID:dD6eBwIk
三ツ矢さん吹き替えのやつ、どこかで見れたらいいのにね・・
(良くはないが)どこぞで流れてないものかな。

ホントは地上波放送してもらうのが一番いいんだけどね

275 :名無シネマ@上映中:2006/12/29(金) 18:38:45 ID:UhfPpS/p
音楽家の間では、あの指揮がめちゃくちゃなんで不評らしい

276 :名無シネマ@上映中:2006/12/29(金) 19:18:09 ID:o9NaOeUx
>>261
んー、俺的には人選ぶ方じゃないかなと思う。
クラシック好きとそうでない人の温度差は結構ありそう。
俺も吹奏楽部だったんでこれにはどっぷりつかったが、
彼女は退屈そうだったw

277 :名無シネマ@上映中:2006/12/29(金) 20:13:04 ID:4Dy86amV
幼少時のモーツァルトが弾いてたオルガンの名前なんでしたっけ?
逆さになって弾いてたやつ。

278 :名無シネマ@上映中:2006/12/30(土) 03:45:40 ID:O+HGKJHv
あの時代はチェンバロじゃないの?

279 :名無シネマ@上映中:2006/12/30(土) 11:18:41 ID:RUg+8Kxw
>>278
あーーーーありがとう!
なんとかオルガンって名前だったっけ、とぐぐったけど出なかったの。
チェンバロだ!

280 :名無シネマ@上映中:2006/12/31(日) 05:14:56 ID:tYMT1fT7
アヒャヒャヒャヒャハ。
ハイビジョン放送でやるみたいだねぇ。楽しみ。
アマデウス 2月23日(金) 後10:00〜 BS-hi

281 :名無シネマ@上映中:2006/12/31(日) 08:40:26 ID:NkUY41DK
>>280
うおおおおお
5.1音源で録画できるぞおおおおお

282 :名無シネマ@上映中:2006/12/31(日) 17:52:47 ID:tYMT1fT7
>>281
ディレクターズ・カット版らしぃです。

283 :名無シネマ@上映中:2006/12/31(日) 19:07:16 ID:8hPaVYc6
>>282
ディレクターズ・カットだと音声レベル落ちるの?

284 :名無シネマ@上映中:2006/12/31(日) 19:42:45 ID:tYMT1fT7
あ、そういう意味じゃないw誤解招いてスンマソン。
調べてたらディレクターズカット版だったという話w

285 :名無シネマ@上映中:2007/01/01(月) 09:17:15 ID:Or4q0Ys/
>>273
鎮魂歌は英語で「デスマス(death mass)」だ罠。(“ク”はどこから生えて来た?)

286 :名無シネマ@上映中:2007/01/01(月) 11:16:32 ID:ZHQukTA0
>>276
音楽というより、モノ創り系の連中には理解を得やすいような気がする。
特に、自分の才能に確信が持てたり持てなかったりの、大部分の「凡人」にw



287 :ピエール ◆JSH5/FTi3s :2007/01/02(火) 00:24:59 ID:04jCT5a9
あの、すいません

288 :名無シネマ@上映中:2007/01/02(火) 09:40:23 ID:f/KhoeDT
何で字幕の人が2人ともデスマス「ク」って誤訳したのかな。
字幕の人に渡された脚本か何かがデスマスクになってたのかね。

289 :名無シネマ@上映中:2007/01/02(火) 09:53:46 ID:/JqqkGma
音楽に無知で単語を知らなかったんだろう。

290 :名無シネマ@上映中:2007/01/02(火) 10:06:01 ID:04jCT5a9
あの、すいません。どなたか僕の質問に答えてくれるネ申さまどうか降臨してください。お願いします。アマデウスのDVDを買った三年前から気になって寝れない日々が続いてます。どうかお願いします。お金だったらいくらでも払いますから。本当にお願いします。

291 :名無シネマ@上映中:2007/01/02(火) 11:19:25 ID:mDZSfvhf
>>290
今払え。話はそれからだ(`・ω・´)

292 :名無シネマ@上映中:2007/01/02(火) 12:08:51 ID:04jCT5a9
では質問させてもらいます。
サリエリがコンスタンツェを「Come back,tonight」と言って招く場面があります。本人は「礼をするのが当然だ」「君次第だ」「物事には代償がつきものだ」と明らかに「SEXしよう」と言ってるような物ですが実際垂れパイを見たら「帰ってもらえ」と言っています。どゆ事?

293 :名無シネマ@上映中:2007/01/02(火) 12:23:23 ID:f/KhoeDT
垂れパイがキモかったから。

294 :名無シネマ@上映中:2007/01/02(火) 12:29:40 ID:04jCT5a9
俺はデブ専だから全然OKだよ?

295 :名無シネマ@上映中:2007/01/02(火) 15:40:38 ID:UWnxy9El
映画の中のコンスタンツェは悪くないんだが、
ディレクターズカット内のメイキングで話してるコンスタンツェ役の女優は
なんかひたすらキモく、かつウザかった。


296 :名無シネマ@上映中:2007/01/02(火) 16:59:14 ID:Lk7eBB8B
>>292 その垂れパイ画像をウプしたら教えてやる。

297 :名無シネマ@上映中:2007/01/02(火) 17:02:41 ID:fJ7InsL0
>>296
http://img.photobucket.com/albums/v664/jpstreet/liz-now.jpg


298 :名無シネマ@上映中:2007/01/02(火) 17:43:29 ID:04jCT5a9
>>296
貴様に教えてもらう所以はない。
ディレクターズカット内のコンスタンツェってあれか?笑い方がモーツァルトより気持ち悪い奴か?なんたって本当の幻のコンスタンツェはサッカーやって足の骨を折っちゃってるからな笑

299 :名無シネマ@上映中:2007/01/03(水) 19:17:40 ID:oc1IUi37
>>292
サリエリ的には無理難題を吹っ掛けたつもりだったんだけど、コンスタンツェが無理難題にノってきて
しまったので、慌てて追い出したのでは無いかな?

300 :名無シネマ@上映中:2007/01/03(水) 19:42:43 ID:cZt8cjw9
本当ですか?
でもサリエリは待ってる間「あの晩ほど来てくれと願ったことはない」って言ってましたよね?じゃあやっぱり来てほしかったんですよね?何のために?

301 :名無シネマ@上映中:2007/01/03(水) 21:28:16 ID:LP2x3g8s
「あの晩ほど来てくれと願ったことはない」
って、シナリオの
l prayed as l had never prayed before.
に対応した訳?それなら誤訳だとおもうが




Dear God. . .



. . . enter me now.


302 :名無シネマ@上映中:2007/01/03(水) 22:05:55 ID:cZt8cjw9
正確には「あの晩ほど必死に祈ったことはない」だよ。俺が記憶を辿って書いただけだ。意味的に何も変わらないんじゃ?全く誤訳じゃないと思いますけど?一言一句合わせなきゃいけないんですか?だとしたら訳す人は大変だ。意味的にあっていても誤訳だと言われるんだからな。

303 :名無シネマ@上映中:2007/01/03(水) 23:07:53 ID:8W96tpwC
何を祈ったかというと、神に向かってenter me, と祈ったんでは?
巨乳のひとに来てくれと祈った??www


304 :名無シネマ@上映中:2007/01/03(水) 23:12:49 ID:cZt8cjw9
コンスタンツェに「来てくれ」とセックスを連想させるような言い方でいっときながら実際脱ぎだしたら帰らせるって意味分からないよね?

305 :名無シネマ@上映中:2007/01/03(水) 23:15:16 ID:gUbuXynQ
サリエリの演技うまいよなー。
不器用な作曲家って感じをうまく演じてるよな。
ただ、異常に不器用な皇帝を演じてる人は、もっと凄いのかもしれない。

306 :名無シネマ@上映中:2007/01/04(木) 00:28:12 ID:OC3diSRt
>>304
>>ID:cZt8cjw9

えーと、マジレスですが、貴方はお若いのかな? そんなに難しいことかなぁ。

モツの出世と引き換えにスタンツェに肉体供与を求めてみたものの、
安易に(サリエリにはそう見えた)脱いだ妻を見て嫌悪感を感じたんじゃないの。

ずっと神に仕えて童貞守っていたサリエリが、
モツの妻を寝取ることでモツにも神にも勝つつもりだったけど
本人は実際にはそれ以上に清廉だったってこと。
童貞だったが故にスタンツェを抱けなかった=女を知らないコンプレックスを刺激された、とも言えるかな。
うまく言えないので、もっと上手に説明できる人の登場キボン。

個人的には、この場面は作品全体には蛇足なんだけど、
DC版で追加されたおかげで、終盤のレクイエム制作の時に
スタンツェがサリエリに冷たかった理由がわかって、すっきりした。

307 :名無シネマ@上映中:2007/01/04(木) 01:20:00 ID:k5IBhQ5i
>>306
あなたの様な方を待っていました。私は18の高3です。
確かにスタンツェに肉体的な物を求めたと考えるのが自然でしょうが、こうは考えられませんか?
本人は全くその気がなくてただ、夜、モツが寝た後に黙ってオリジナルの楽譜を持って来いという意味だった。それだったら待ってる間のサリエリの「真の音楽を創造させて下さい」とゆうのも納得がいきませんか?

308 :名無シネマ@上映中:2007/01/04(木) 02:07:42 ID:ubWqHTRk
うーん、俺も>>306の解釈が妥当だと思うけどな。
例えばサリエリから見たモーツァルトだけ取ってみても、

・粗野で下品な男、モーツァルト
・純粋に信頼を寄せてくる、か弱いモーツァルト
・モーツァルトを通して言葉を伝えてくる「神」
・才能豊かな音楽家としての、人間モーツァルト

と、サリエリの中でもモーツァルト像は多様に入り混じってるんだよ。
勢いと憎悪で彼の妻に「やらせろ」と言ってはみたけど、本当にその場面になったら
怖気づいたんだろうね。>>306の説明は上手いと思うよ。あと、

>DC版で追加されたおかげで、終盤のレクイエム制作の時に
>スタンツェがサリエリに冷たかった理由がわかって、すっきりした。

これは俺も同感。前作観た時は、看病して楽譜書きまで献身的に手伝ってるサリエリに、
「夫を仕事させないで!」というだけであれほど冷たくする理由がわからなかった。

309 :名無シネマ@上映中:2007/01/04(木) 02:41:40 ID:k5IBhQ5i
じゃあなんであのタイミングで「真の音楽を創造させて下さい。たった一曲でいい、あなたの愛の証に。」と言ったのですか?あなた方の意見だと、あのシーンはサリエリの神への忠実さとサリエリの見栄っぱりさを映し出すシーンですから音楽的なセリフはいりませんよね。

310 :名無シネマ@上映中:2007/01/04(木) 04:30:54 ID:DLYWsvVI
>>308
>「夫を仕事させないで!」というだけであれほど冷たくする理由が

亭主の楽譜を踏みにじって去っていった
夫の才能を憎んでることをあのとき理解したのだし
これで十分だと思うが

見送りさせる召使がどうのこうのという台詞も
要はあのメイドはあなた(サリ)が雇っていたんでしょってことだし

311 :名無シネマ@上映中:2007/01/04(木) 13:31:44 ID:IT1OwHxv
>>292
夜にまた来いと言った時点で、サリエリの中でも気持ちの整理はついていないんじゃないかと。

モーツァルトを嫉妬する余り妻に無理難題をふっかけたが、サリエリの中にはまだ神には見捨て
られていないという一縷の望みがある。

信仰心から、童貞も守り通してきたサリエリ。
そのもとへ、結局コンスタンツェはやって来た。

サリエリにとっては
「お前がどんなに穢れようと私はかまわない」
という神の嘲笑だ。

そして
「神よ、もうあんたは敵だ」
というその後のセリフにつながった、と自分は解釈した。

312 :名無シネマ@上映中:2007/01/04(木) 14:25:42 ID:k5IBhQ5i
>>311
なるほど!たしかに「Now on You're enemy」とゆうのは訳が分かりませんでした。
とゆうことはあのシーンはサリエリが最後の望みをかけて神のサリエリへの気持ちを試した、と考えていいのですか?

313 :名無シネマ@上映中:2007/01/04(木) 14:32:54 ID:uY0CcD9j
モーツァルトは、マジに天才だよ!

314 :名無シネマ@上映中:2007/01/04(木) 17:03:13 ID:+9McCmgF
つか「来ないでくれと祈った」のだと漏れは捉えていた。

自分の言動を恥じてのモノローグだと…。

315 :名無シネマ@上映中:2007/01/04(木) 19:12:01 ID:trcS5G+8
自分はディレクターズカット版の追加部分って蛇足だと思ってたから見てないんだけど、

ttp://www.script-o-rama.com/movie_scripts/a/amadeus-script-transcript-wolfgang-mozart.html

ここに載ってたセリフ(英文)を読んだ限りでは、コンスタンツェを一度帰らせた後、神に
祈ってたのは、自分に真の音楽の才能のかけらでもいいから自分に分け与えてくれ
(Fill me with one piece of true music.)、って事で、要は真の音楽の閃きがわずか
でも自分に降りてきさえすれば、自分は神に愛されている事を知ることができるし
(so l know that you love me.)、そうすれば、自分もモーツァルトに好意を示して音楽
教師の座につけてやることができるって事だね。

でも「閃き」は降りてこなかったので、絶望したサリエリはコンスタンツェに女としての屈辱を
与えたというのが正解かと。

316 :名無シネマ@上映中:2007/01/04(木) 22:10:57 ID:OC3diSRt
306です。
昨夜よっぱらって勢いで書いたので、うまく表現できなかったんだけど
賛同してくれた人がいてくれて嬉しいです。

1度観て蛇足だと思い、あのシーン前後は見返してないので
「真の音楽を創造させて下さい」のセリフがどのタイミングだったか覚えてないんだけど、
>>311読んで、霧が晴れた気分。
女が来なかったら自分は童貞を守れる=神に見捨てられていないはず、と望みを託した
なんてすごい解釈だよね。目からウロコ。

いろんな解釈ができるのがこの映画の面白いとこだね。
どれも正解に思える。
これだけいろんな解釈が出来るんだから、
DC版もこれはこれでありなのかも…と思えてきたw



317 :名無シネマ@上映中:2007/01/05(金) 01:25:09 ID:5FYYsZxv
これで、僕もなんかすっきりしました。質問してよかったです!金は郵送させてもらいます

318 :315:2007/01/05(金) 02:29:57 ID:pJkyr2+R
補足。
Fill me with one piece of true music.
っていうのは、pieceは作品ていう意味があるから、「私を愛しておいでならば、
真の音楽をほんの1曲でも私にお授けください」とでも訳したほうが正解かも
しれない。

つまりサリエリの祈りというのは、祈りであるのと同時に、必死にモーツァルト
のものに匹敵する曲のインスピレーションを得ようともがいていた(それを得る
事ができたならば、モーツァルトに対する寵愛には及ばなくとも、自分も神に
愛されている事を証明できる)という事だね。

319 :名無シネマ@上映中:2007/01/05(金) 02:57:28 ID:Fmg9kSqv
>>311
あのさあ、これ矛盾してね

320 :名無シネマ@上映中:2007/01/05(金) 03:55:29 ID:5FYYsZxv
なんだよ、今度は。
なんかもうめんどくさくなってきたわ

321 :名無シネマ@上映中:2007/01/05(金) 04:05:27 ID:Mppgjalg
>>319
どこが?

322 :名無シネマ@上映中:2007/01/05(金) 05:48:11 ID:fbQhKOMn
んな深く考えるな
スコア見たいが、それをプライドが邪魔したが為に嫌がらせをしたおっちゃんがいて
夫のためならと嫌がらせに乗ってきたおばちゃんがいただけだ。


323 :名無シネマ@上映中:2007/01/05(金) 08:39:26 ID:+6YeDnav
それでいいよ

324 :名無シネマ@上映中:2007/01/05(金) 15:24:35 ID:VlheZPn4
>>319
「お前がどんなに穢れようと私はかまわない」

多分↑の事をいってるのだと思うが、この「かまわない」は、「どうでもいい」とか「興味無い」
といったニュアンスでないかと思われ。

サリエリは神様にとって取るに足らない存在だったって意味ではないかと。

325 :名無シネマ@上映中:2007/01/08(月) 19:32:53 ID:ItB9OF0M
マスカルポーネ、スピッツィアーレ

326 :名無シネマ@上映中:2007/01/09(火) 10:59:32 ID:jdDVATs2
すみません、モツレクくらいしか知らないんですがBSで録画
して観てます。
終わり近く、ヴォルフィが自分の部屋で燭台を持ちキチガイ
みたいに踊るときバックに流れる軽快なオケの曲と、その後
一軒飲み屋でみんなと騒ぎながら弾く鍵盤の最後の曲は同じ
ですよね。
タタタタタタタタラララ タタタタタタタタラララ ってやつ。
これはなんという曲ですか。

327 :名無シネマ@上映中:2007/01/09(火) 11:20:47 ID:EPA56vD6
この映画おもしろい?

328 :名無シネマ@上映中:2007/01/09(火) 14:11:52 ID:YdLC5S5N
おもしろいよ
モツの笑い方が

329 :名無シネマ@上映中:2007/01/09(火) 18:30:28 ID:3jHE1kj0
>>327
おもろいが結構イメージ壊れるw

330 :名無シネマ@上映中:2007/01/09(火) 18:55:57 ID:9nj3oXT6
>>326
メーソンのための魔笛

331 :名無シネマ@上映中:2007/01/09(火) 21:14:58 ID:vkrI1WjG
「魔笛」序曲だろw

332 :名無シネマ@上映中:2007/01/10(水) 16:51:00 ID:0ZPhj6RH
>>329
慣れろw
実のところ天才には変な人が多い。

333 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 18:55:18 ID:GNzGuBtk
天才だがどこかキレてるほうが面白い!

実際、あんな感じだったこもしれないしね。


334 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 00:49:11 ID:PEKcRsAg
「モーツァルトに会った。
 イメージぶっ壊れた。」
と同時代の人も手紙に書き残してるくらいだからなあ

335 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 02:46:25 ID:Dc1NVjnC
『アマデウス ディレクターズ・カット』緊急上映決定!

336 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 01:38:14 ID:7EIYo7y+
ベートーベンもゲーテに粗野な男と書かれているそうな。

337 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 01:58:22 ID:2ZE7mQfx
歴史上の有名音楽家の伝記集を読んだことがあるけど

まともな人間なんてほとんどいなかった。
真面目な性格なら真面目な性格で「真面目すぎて異常」だったり。

338 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 03:31:01 ID:5bq8Hr0V
この映画、女の人達乳が良い形で白くておいしそうだったのはよく覚えてる

339 :名無シネマ@上映中:2007/01/31(水) 17:00:03 ID:0qRcnWhk
よせあげだかんね

340 :名無シネマ@上映中:2007/02/01(木) 00:43:51 ID:Ss2RLiEG
>>338
なんつーか、全員が「ほしのあき」って感じだったね
あの時代は、ああいうのが普通だったのか

フランス革命の頃のフランスでは、男がバレリーナみたいな白いズボンをはいて
股間の「もっこり」を強調するのが普通だったらしいが


341 :名無シネマ@上映中:2007/02/02(金) 09:18:07 ID:bKTwJQGX
http://up2.viploader.net/pic/src/viploader406770.jpg

342 :名無シネマ@上映中 :2007/02/08(木) 02:43:06 ID:uTVhLlwg
舞浜イクスピアリで日本最終上映キタ!!

343 :名無シネマ@上映中:2007/02/08(木) 05:28:19 ID:1qdiyI/9
>>335


344 :名無シネマ@上映中:2007/02/08(木) 09:00:01 ID:EyTOOi6A
>>342
http://www.ikspiari.com/cinema/
http://www.ikspiari.com/cinema/pop_amadeus.iks
『アマデウス ディレクターズ・カット』緊急上映決定!

ワーナー・ブラザース映画による日本最終上映が
シネマイクスピアリで決定いたしました。


『アマデウス ディレクターズ・カット』
(2002年/アメリカ/180分)

【上映期間】2月17日(土)〜2月20日(火) 4日間限定
【上映時間】2月14日(水)以降にお問い合わせください
【チケット発売】2月14日(水)<全席指定> シネマイクスピアリ窓口、
 およびオンラインチケット「Myシート・リザーブ」にて一斉発売
【料金】1000円均一
【配給】ワーナー・ブラザース映画
【ご注意】
※旧作のため、フィルムに劣化が見られる場合がございます。予めご了承ください。
※定員入替制のため、完売の際はご入場いただけません。また追加上映は一切ございません。
※特別興行のため、幼児の方(通常料金900円)も含め、一律料金でのご入場となります。

345 :名無シネマ@上映中:2007/02/09(金) 18:19:44 ID:ifxa2L9u
むかし発売されたLD版の音声解説ってミロシュ・フォアマンが
クレヨンしんちゃんの組長先生で、ピーター・シェーファーは
銭形警部の人が吹き替えてやったそうだけど、内容はDVD版と
同じなのかしら?

346 :名無シネマ@上映中:2007/02/14(水) 09:24:44 ID:friuaMym
オペラも日本語吹替え版がったら、ネタ的に面白いな。

 「こ〜れぇは楽しい」「こ〜れぇは楽しい」

347 :名無シネマ@上映中 :2007/02/16(金) 23:43:12 ID:eMGF8/8l
明日から〜

348 :名無シネマ@上映中:2007/02/17(土) 08:51:40 ID:v53k+TO6
屁コキのレオの葬式に出るんだ。
ジャック、お前もどうだ?

349 :名無シネマ@上映中:2007/02/20(火) 22:42:42 ID:/clNvswe
見返したら、モツ宅内にハイドンやモツ母の肖像画が飾ってあるのに気づいた。
あと、モツのペットの鳥もいるのに気づいた。
なんというか、芸が細かいなあと思った…。

350 :名無シネマ@上映中:2007/02/23(金) 20:39:17 ID:YEhIYVWq
今夜BS-hiでディレクターズカット放映age

351 :名無シネマ@上映中:2007/02/23(金) 21:04:28 ID:BIxfxnM0
↓実況スレ
BS-hi「アマデウス ディレクターズ・カット」
http://live24.2ch.net/test/read.cgi/livebs/1172232216/

99 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)