5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【原田知世】紙屋悦子の青春【黒木和雄】

1 :名無シネマ@上映中:2006/07/27(木) 21:22:32 ID:C9u6uche
『竜馬暗殺』『祭りの準備』『Tomorrow/明日』『父と暮らせば』など
で知られる巨匠・黒木和雄監督の遺作。地味だけど期待してます。
http://www.pal-ep.com/kamietsu/

キャスト/原田知世 永瀬正敏 松岡俊介 小林薫 本上まなみ
2006年8月12日、岩波ホール他で全国順次公開予定

2 :名無シネマ@上映中:2006/07/27(木) 21:29:52 ID:zX2CS85t
完成してたのか

3 :名無シネマ@上映中:2006/07/27(木) 23:56:09 ID:u41o86QO
キャストが好み

4 :名無シネマ@上映中:2006/07/28(金) 19:08:31 ID:GKuNsF7a
黒木組の常連(原田芳雄、石橋蓮司)は出てないけど、手堅い布陣ですね。
四人しかいないということは、前作『父と暮せば』と似た舞台劇みたいな
感じなのかな。秀作の予感。

5 :名無シネマ@上映中:2006/07/28(金) 19:10:59 ID:GKuNsF7a
すいません、五人でした。

6 :名無シネマ@上映中:2006/07/29(土) 21:11:51 ID:myKiDc5l
試写見ました。地味だけど、ユーモアがあってせつなくて、でもお涙ちょうだいでなく、
役者がみんないい。

永瀬の老け役はよく出来たと思う。

7 :名無シネマ@上映中:2006/08/01(火) 22:59:52 ID:UImbQGW2


8 :名無シネマ@上映中:2006/08/02(水) 01:12:37 ID:ecLJYNSG
特攻隊のお話しみたい。予告が端整でいい。

9 :名無シネマ@上映中:2006/08/02(水) 17:42:12 ID:XWUXTJKl
見たいけど映画館がない

10 :名無シネマ@上映中:2006/08/04(金) 22:39:58 ID:I7rkcjAo
あと一週間か。

11 :名無シネマ@上映中:2006/08/05(土) 15:50:52 ID:zsAGFos8
俺的には今夏鑑賞したいのはこの作品だけ、だけど9月まで来ないんだよな。

12 :名無シネマ@上映中:2006/08/05(土) 20:22:07 ID:g4KQ8iwz
今日の読売夕刊に知世&永瀬のインタビュー掲載
ttp://www.yomiuri.co.jp/entertainment/cinema/topics/20060805et01.htm

13 :名無シネマ@上映中:2006/08/05(土) 20:47:30 ID:v5cowoeV
>>12ありがと。

14 :名無シネマ@上映中:2006/08/06(日) 14:31:54 ID:2cf2W1jj
期待してます、NHKでもやる

8月12日 ETV特集「戦争へのまなざし〜映画作家 黒木和雄の世界〜」
http://www.nhk.or.jp/etv21c/


15 :名無シネマ@上映中:2006/08/06(日) 23:41:24 ID:uQ/axxFb
黒木和雄は、寡作だが駄作がほとんどないんじゃないかナ。
今村昌平と並んで今年は惜しい映画人を亡くしました。
8月9日に『Tomorrow / 明日』を放映してほしい。



16 :名無シネマ@上映中:2006/08/07(月) 00:17:25 ID:X8V1zORh
関東地方では
8月8日13:30に『Tomorrow / 明日』を放映します。
ただしテレビ東京


17 :名無シネマ@上映中:2006/08/07(月) 01:36:49 ID:bEsMl6lc
>>16
サンクス!テレ東アゲ。

18 :名無シネマ@上映中:2006/08/07(月) 14:30:42 ID:bj8R1iww
主題歌分かる人いたら教えてください。

19 :名無シネマ@上映中:2006/08/08(火) 21:39:05 ID:jkBm+8Nj
>>18
ネタ?
二十年前の原田知世だったら、主題歌ついたかも。

20 :名無シネマ@上映中:2006/08/09(水) 10:14:46 ID:gjBKRGnM
あーCMで使われてるやつか。あれ逆効果だよな。
でも本編では使われて無いのでご安心を!
あんまり音楽自体使われて無いから。

21 :名無シネマ@上映中:2006/08/09(水) 23:32:09 ID:rBGxrPCw
あと三日

22 :名無シネマ@上映中:2006/08/10(木) 15:03:16 ID:ekO1lDxg
これは何回も舞台化されてる良い戯曲だよね。十月にもやるみたいだよ。

23 :名無シネマ@上映中:2006/08/10(木) 17:45:16 ID:sTFnkDEl
スカトロシーンはある?

24 :名無シネマ@上映中:2006/08/11(金) 23:23:05 ID:hk+wLfpb
アゲ

25 :名無シネマ@上映中:2006/08/12(土) 13:43:09 ID:fwDxocJd
>>14
公開と同時にNHK教育でやるね。
原田芳雄も出てるみたい。

8月12日 PM22:00-23:30
ETV特集「戦争のまなざし」映画作家・黒木和雄


26 :名無シネマ@上映中:2006/08/12(土) 21:30:46 ID:81+viwmE
見た!
すごく良かった!
みんな みれ!

27 :名無シネマ@上映中:2006/08/13(日) 11:57:08 ID:LWVgXmhU
岩波で上映される作品って前売り券あったっけ?

28 :名無シネマ@上映中:2006/08/13(日) 12:02:55 ID:ZmVALKyB
昨日、黒木和雄監督の追悼番組見た。
自分の地方でも『悦子』の公開を希望。

29 :名無シネマ@上映中:2006/08/13(日) 13:59:16 ID:cACQd7e/
岩波、前売りで見たよ。

良かった!若い子が見るべき!

30 :名無シネマ@上映中:2006/08/13(日) 15:21:51 ID:1sx8eOjy
このキャストの中で唯一の不安要素だった本上まなみが意外なほどいい!

31 :名無シネマ@上映中:2006/08/13(日) 19:51:28 ID:Scp7rxie
あの手紙,おばあちゃんになった悦子さん
まだ,もってるんだろうか?
「好きです」とかは書いてなかったんだろうな...
やっぱり

32 :名無シネマ@上映中:2006/08/13(日) 23:17:01 ID:1sx8eOjy
この映画自体が4月12日、黒木監督の亡くなった日に終わり、その丁度4ヵ月後に
劇場公開されるって・・・

33 :名無シネマ@上映中:2006/08/14(月) 01:47:07 ID:i31Q1SyZ
途中に波の音が何度か聞こえるんだが、
どういう意味なの?
観た人ネタバレしない程度に誰かおしえて

34 :名無シネマ@上映中:2006/08/14(月) 11:16:08 ID:KfRCzxWs
池袋の新文芸座で追悼企画やってます。8/5〜8/25
〜二人の社会派巨匠 今村昌平と黒木和雄
http://www.shin-bungeiza.com/


35 :名無シネマ@上映中:2006/08/14(月) 21:53:41 ID:AfWfjXsL
明石からの手紙、読んでないと思ってみる。

36 :名無シネマ@上映中:2006/08/15(火) 00:46:01 ID:9yRGibto
サヨナラCOLORがしょうもなかったから、これで口直ししたい

37 :名無シネマ@上映中:2006/08/15(火) 18:49:11 ID:3oJn7PRw
充分に口直しできますよ!

38 :名無シネマ@上映中:2006/08/16(水) 22:06:20 ID:OP4MYFuP
岩波ホールの公式サイトを確認してみるとかなり混んでいるようですが、
実際に行った方はどうでしたか?
前売り券は持っているのですが、空いている時にいこうと思っているので、
いつ行くか悩んでいます。

39 :名無シネマ@上映中:2006/08/17(木) 00:04:18 ID:CEG3zR4V
今日行ったけど混んでましたよ。全席+補助席が満席でした。
開演30分以上前に並んでないといい席に座れません。
年齢層は高かったです。余裕で平均50歳以上なのでは・・?

40 :名無シネマ@上映中:2006/08/17(木) 00:35:43 ID:KTaL7ek6
ご報告ありがとうございます。やっぱり混んでましたか?
満席の岩波ホールでこの時期に見るのは正直ちょっと辛いので、
9月頃になって空いた頃を見計らって鑑賞しようと思います。
重ね重ねご報告ありがとうございました。

41 :名無シネマ@上映中:2006/08/17(木) 01:31:07 ID:t98vsQUF
補助席まで満席っていうのはスゴイな。俺も少し時期ずらそう。
試写ではけっこう空席があったようだがもったいないね。
http://movie.maeda-y.com/movie/00777.htm


42 :名無シネマ@上映中:2006/08/17(木) 10:23:15 ID:/x5H593z
意外と傑作
レビュー
http://kizaemon.cocolog-nifty.com/blog/2006/08/1380_115d.html

43 :名無シネマ@上映中:2006/08/18(金) 13:51:05 ID:As4b9M1j
11:00 満席
まあまあ
原田と永瀬の80歳には無理あり
本上はミスキャスト。昭和20年にあの顔、体型は変


44 :名無シネマ@上映中:2006/08/18(金) 15:33:20 ID:NPmjFdyF
>>42
そこのレビュー、なんか読んでいて腹が立った。
失礼な書き方、大杉。

45 :名無シネマ@上映中:2006/08/18(金) 22:14:40 ID:87mUEsum
あちこちで宣伝マルチポストしてる電波でしょ

相手をしちゃいけません



46 :名無シネマ@上映中:2006/08/18(金) 22:32:54 ID:boDfNC8a
永瀬正敏は好演だと思う。(こういう人は現代でもたまにいる)
小林薫が笑えた。
戦争映画を見に行って、笑いをこらえるのに
必死になったのははじめて。
大変地味だがいい映画。


47 :名無シネマ@上映中:2006/08/19(土) 02:04:40 ID:+h38qU4F
http://www.pal-ep.com/kamietsu/gekijyo.html

いやあ、続々と上映館が増えましたね、

48 :名無シネマ@上映中:2006/08/19(土) 03:38:49 ID:0xrfmrU7
宮崎は監督のゆかりの地すぐ近くなんだけど11月公開はちょっと遅すぎ。
早ければいいのかと言われるとビミョーですがw
「美しい夏キリシマ」なんてどこのレンタルショップもDVD一本しか
置いてない。地元ゆかりの人なのに・・・。

49 :名無シネマ@上映中:2006/08/19(土) 08:57:43 ID:QjVHGSVt
このタイトル、「嫌われ松子の一生」とかぶってしまう 自分の中では

50 :名無シネマ@上映中:2006/08/19(土) 22:06:28 ID:u4/5D14h
べんとうばこ!

51 :名無シネマ@上映中:2006/08/20(日) 01:01:19 ID:WY+LZ3wg
「美しい夏キリシマ」を家族全員で見て、気まずい沈黙に襲われた犠牲者が
けっこういるわけだが、「悦子」にはこの監督の大好きなエロシーンは
たっぷりあるのだろうか?

52 :名無シネマ@上映中:2006/08/20(日) 01:11:47 ID:RIRke7ys
衛星映画劇場 「 父と暮せば 」 8月24日(木) 後8:00〜後9:39 BS2
ttp://www.nhk.or.jp/bs/navi/movie_td.html#200608242000

おまけ


53 :名無シネマ@上映中:2006/08/20(日) 02:19:17 ID:qAJ8QR44
これからテレ朝で特番かな?
とくダネでおすぎがけなしてたから、いい映画ということは決定w

54 :名無シネマ@上映中:2006/08/20(日) 03:49:16 ID:1A7myDNL
惜しい人を亡くしたなぁ

55 :名無シネマ@上映中:2006/08/20(日) 17:10:09 ID:ZuijQULN
>>53
詳しく。
m(__)m

56 :名無シネマ@上映中:2006/08/21(月) 21:49:26 ID:9GBYEf53
おすぎとは価値観が違うからなぁ。

で、なんていってたの?

57 :名無シネマ@上映中:2006/08/22(火) 21:19:41 ID:ivU0dncA
私の住む町は県庁所在地だけど上映は望み薄
テアトルかシネフェスタまで遠征するしかないようだ。

58 :名無シネマ@上映中:2006/08/25(金) 23:23:06 ID:dem8sPMq
あら、自分でリンク貼っておいて「父と暮らせば」見るの忘れたorz


59 :名無シネマ@上映中:2006/08/26(土) 00:37:43 ID:FG6euUm3
『父と暮せば』いいよな。
広島弁がなんともいえない味がある。井上ひさしの文庫まで
買ってしまった。

『紙屋悦子の青春』も方言に気をつかっているそうなので期待大。

60 :名無シネマ@上映中:2006/08/27(日) 10:27:25 ID:YHeCPS8q
>>49
涼宮ハルヒの憂鬱

61 :名無シネマ@上映中:2006/08/28(月) 18:40:34 ID:iWVwNteG
方言はすごい細かいですよー。悦子の晩年は夫の方言がまじってる
言葉、とか。

若い人、見るべし。

62 :名無シネマ@上映中:2006/08/30(水) 12:40:03 ID:n06WOppE
名古屋は週末から公開
原田知世さんの舞台挨拶があるらしい。


63 :名無シネマ@上映中:2006/08/30(水) 20:32:12 ID:TCYvFz1A
>>62
鹿児島弁で『時をかける少女』を歌ってほしい。

64 :名無シネマ@上映中:2006/09/01(金) 02:03:17 ID:f43eHjS0
>>62
レポートよろしく!

65 :名無シネマ@上映中:2006/09/01(金) 08:49:34 ID:GtGlloyr
永瀬も舞台挨拶参加だね。

66 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 07:41:02 ID:tekljFhe
リュ・シウォン様が出るって聞きました^^
本当?本当だったら絶対見に行くぞ〜^^

67 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 13:52:44 ID:m9ObsnjU
岩波ホールでの客の入り、どうですか?
そろそろ減ってきましたか?

68 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 22:32:28 ID:RpKqXiIV
微笑ましいシーン、多かった。もっと暗いのかと思ってたけど。
ただ、どの役者さんも戦時中の人には見えなかったけど。

永瀬君が舞台挨拶した。感じよかったよ、でもあの服のセンスはどうかな。

69 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 11:37:13 ID:7I1w95to
病院屋上のシーンが冗長に感じたがああするより他なかったか。
本上まなみの衣装が、ちょっときれいすぎると思った。

けど、全体として上品ないい映画です。長回しでしかもセリフが多い
シーンばかりで、役者さんは大変だったでしょう。

土曜17:30からの回はほぼ満席。岩波ホールは、スクリーンが
奥まっているので、一番前からでも十分楽しめる。

70 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 18:58:25 ID:tv85ePfi
方言は大変だったみたいだね。同じ九州でもそれぞれ
違うから、撮影の合間はセリフの練習ばかりだったよう。

71 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 19:30:31 ID:baI1Hc1N
おすぎ云々って話が前に出てたけど、今朝、福岡ローカルの番組でも
この映画のこと喋ってたよ。
映画じたいは悪くないけど、役者が皆あまりにも下手すぎるって。
特に本上のことだろうけど、役者で生きていく気があるなら腹括って
集中しろ。エッセイなんか書いてんじゃねー!って罵倒してた。

72 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 22:37:30 ID:5qpZ57tW
本上まなみが役者で生きていこうなんて思っているわけないだろ。

73 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 22:41:38 ID:trrMTqq5
いや、本上いいでしょ?この作品限定なら

74 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 23:19:27 ID:W3xoxw/s
下手なのは原田

75 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 00:09:34 ID:PbecgKta
みんないいと思うけどな。

おすぎとは合わない。

76 :名無シネマ@上映中 :2006/09/05(火) 00:57:06 ID:447R9pTG
今日見てきたけど傑作だった。
日常に巣くうふとした“情報の非対称性”が会話の妙を生み出していて
それが笑いにも繋がるし、万華鏡のように移り変わる話題にナチュラルさをもたらしていた。

役者も全員よかったなあ。
おすぎは何にも分かってないよ。

77 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 10:06:21 ID:PbecgKta
うん、役者はみんないいよね。

傑作と思うよ。

78 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 13:39:12 ID:yOIYgh/Q
つまんねぇよ。
不倫も病気も怪我も自殺も何にもないし、怪獣も出てこないし、超人も変態もいない。
行動力のなくなったジジババ御用達映画だわ。



79 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 13:40:14 ID:j0klWdEL
逆説乙。

80 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 13:40:50 ID:SLBNsz3A
おすぎは的はずれな事よく言ってるからな

81 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 18:07:43 ID:4sdLTK+1
永瀬はどちらかと言うと映画に対して「従」のタイプだからね。
巧い下手は無関係。
原田もそれは同じ。
個人的感情の発露を音楽に求めたのも二人とも同じ。
監督もそういう「従」タイプの役者を求める傾向が強い。

テレビじゃないんだから、しかもこの手の映画で役者陣がそれぞれ自己主張、もしくは演技力全開したら鑑賞なんか出来るものではない。
それも解らない「おすぎ」。

ま、原田が主演した「私をスキーに連れてって」を公開直後、徹底的に罵倒したのに公開十数年後たってようやく「良さ」に気付くのが「おすぎ」だから仕方ないけど。

82 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 21:42:34 ID:PbecgKta
>>81
うん。わかる。
自己主張しないタイプだ。だから監督によってまったく違う顔を見せる。
雰囲気俳優でもないよね。

83 :名無シネマ@上映中:2006/09/08(金) 00:23:36 ID:S6UBB0vH
明石少尉が紙屋一家にお別れに来て、悦子さんが玄関で出迎えるシーン、
画面下に録音マイク?のような黒い棒が映っていたのは…見間違えだろうか。
んなアホな話あるはずないけど…見えたような。

84 :名無シネマ@上映中:2006/09/08(金) 22:34:50 ID:OHAI+sjK
原田はなぁ、、

85 :名無シネマ@上映中:2006/09/08(金) 23:01:11 ID:YVoRsrqt
>>83
その場面で??と思ったが、もう少し後で、悦子さんがすわっている場面でも
マイクのような物が映っていた。

86 :名無シネマ@上映中:2006/09/08(金) 23:19:44 ID:SlGpYymf
明日は豚胃挨拶じゃ

87 :名無シネマ@上映中:2006/09/09(土) 01:04:39 ID:0Pj7KG0w
舞台挨拶って、写真撮っていい?

88 :名無シネマ@上映中:2006/09/09(土) 07:00:45 ID:3UY29vAL
撮影禁止がほとんど。
地方の映画館は舞台挨拶に慣れていないので、しきりが甘いところもある。

89 :117:2006/09/09(土) 16:55:29 ID:zw24MA5+
観て来た。
役者はみんな良かったけど、中でも本上まなみが光ってたと思う。
この映画の彼女をこきおろすなんて、おすぎ、やっぱり的外れだよ。
舞台挨拶での話によれば、方言での長まわしは九州出身の原田、永瀬
でさえ相当苦労したらしいから、本上(確か関西出身だっけ?)には
しんどい仕事だったろうに、よく頑張った。



90 :名無シネマ@上映中:2006/09/09(土) 16:58:58 ID:0voejKYO
これ、エンドロールのキャスト、5人で終了?なんかすごいね

91 :名無シネマ@上映中:2006/09/09(土) 21:55:00 ID:mYvRuTlh
不幸化の舞台挨拶どうだった?
このクラスが不幸化で舞台挨拶するなんて
滅多にないことだから行きたかったんだけど。

92 :名無シネマ@上映中:2006/09/10(日) 00:16:48 ID:uBB73QUJ
福岡に謝れw

93 :名無シネマ@上映中:2006/09/10(日) 20:59:09 ID:Z2w7GF2z
で、どうでした?

94 :名無シネマ@上映中:2006/09/11(月) 02:02:26 ID:AjOV4KjN
KBCシネマに着いた時はすでに開場後だったんだが、
まだかなり空席があったんで意外だった。
上映開始の頃には満席で、補助イスまで出てたけどね。
舞台挨拶では、原田が黒いドレスにロングヘア、永瀬
にいたっては何とポニーテール!といういでたちで、
映画の中の2人とのギャップが印象的だったよ。



95 :名無シネマ@上映中:2006/09/11(月) 17:54:48 ID:Go8Ll867
今日KBCシネマで見てきた。30人くらい入ってたけど、みんなお年寄りばかり。
2つ隣にいたおばあちゃん達から「若いのに一人でこんな映画観るの?」って話しかけられて、あめ玉もらった。
本上まなみのワンピース可愛かった。

96 :名無シネマ@上映中:2006/09/11(月) 22:06:44 ID:g9DEymMb
永瀬、髪が伸びるの早くね。去年の10月11月ぐらいにこれ撮ってるから
ボーズ。
今、違う映画で長髪なんだな。

97 :名無シネマ@上映中:2006/09/11(月) 22:50:18 ID:kAytCZoz
大阪で今日見てきた。本上の背が高すぎでは・・・それがずっときになってた。


平日昼だったので、50才以上客が八割、入りはキャパ150弱の席に50人ほど>


98 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 00:23:14 ID:FRM3dulR
おはぎ食べたくなるねえ〜

99 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 00:54:01 ID:omdAjzV6
今日の岩波ホール、2:30の回、90%の入り
爺さん、ばあさん多し、イスが背の低いオバサン仕様になっていて、175cmの私では
後ろの人に迷惑かけたかな。
前半場内には、笑い声が度々響く、面白い映画
後半には、すすり泣く音があちこちからチラホラ、
自分も含め、格別に悲しみを訴えたり、大きな芝居がある訳ではないのに
やはり悲しいものだ。皆もそうだろう。
映画館で見てそういうのを確かめながら見れてよかった。

100 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 01:00:40 ID:omdAjzV6
基調は、「父と暮せば」と同じく舞台劇の感覚の演出
非常にこじんまりとしたある家を出ないが、そこが良く描かれていて
ホームドラマの中の戦争といえばいいのだろうか
兵士と普通の市民の戦争への感覚がよくわかる。

101 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 01:09:02 ID:omdAjzV6
この映画、本上まなみの気丈さと現代的な感覚、
原田知世の明るささと可愛らしさ、
そして永瀬正敏の朴訥さがいい、
 特に本上まなみは、単純に男性を尊敬し、兵士を尊重する古典的な人間ではなく
その顔つきや背の高さ、強さと共に現代的な所がいい、2006年に作る映画として彼女のような配役が是非必要だったように感じる。

物語では本上まなみと原田知世は同い年だが、本上まなみは兄と結婚してるからお姉さんだし、
落ち着いていて、実際年上に思えるし
永瀬正敏と松岡俊介は同期だが、松岡の方が堂々としていて年上に見える
でも実際は全然、逆!、本上まなみは原田より7つも若い!
恐るべし、原田知世の天然お嬢さん!

102 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 19:05:39 ID:LKxefjRx
おはぎ美味しそうに食べるなぁ、永瀬。
食べたくなるよ。

103 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 23:24:16 ID:M+rqTGqY
紙屋悦子に続いて、CMにも新しく出てるみたいだよ。
原田知世 公式HPより
    ↓
http://haradatomoyo.com/link/

104 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 10:40:34 ID:FpWF5diU
宣伝乙

105 ::名無シネマ@上映中 ::2006/09/14(木) 17:28:00 ID:byIvU+YO
本城まなみの緑色スカートの衣装は「シビラ」
でしょうか?また80歳の永瀬正敏が着ているカーデガン
かっこよかったんですけどどこのブランドですか?
ご存知の方ご教示下さい。

106 ::名無シネマ@上映中 ::2006/09/14(木) 17:29:10 ID:byIvU+YO
あ、本上ですね。まちがえました。

107 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 17:58:15 ID:O0W1j4xV
>80歳の永瀬正敏が着ているカーデガン
かっこよかったんですけどどこのブランドですか?

いいね!


108 :名無シネマ@上映中:2006/09/16(土) 20:39:45 ID:8khJliHx
本上まなみは俺はだめだったなぁ・・・違和感があって
お茶を注ぐとかの日本的な立居振舞のシーンはわざと多くしてあるんだろうけど
すごい窮屈そうなのが目立ってたw
がんばってるなぁとは思うんだが。
屋上のシーンや海の音はとってつけたような感じがどうもなぁ
何か必然性があるのかしら
笑えて泣けて全体的に満足だったけど

109 :名無シネマ@上映中:2006/09/16(土) 23:17:35 ID:upx9i1gR
本上まなみの、グリーンのワンピ、
シビラかどうかはわからないけど、
あれの時だけ、洋装だったね。
やっぱり、主人が久しぶりに帰ってくるから、
おしゃれして迎えたい、という女心なのかな?

110 :名無シネマ@上映中:2006/09/17(日) 05:42:16 ID:7tvASMRU
エ? エ? エ?
本上まなみが映画中でシビラらしきのを着てたってこと?
舞台挨拶じゃないの?
ま、監督の回想によると、
「美しい夏キリシマ」の牧瀬里穂みたいなファッショブルな女性が、実際に戦時中の田舎にいたそうだけど。
1945年にシビラって・・・w

本上まなみは俺はマルだったなぁ。
ギコチない立ち居振る舞いも、まっすぐな視線とあいまって、ストレートそうな性格がわかった。
んで、この子は夫のことも妹のこともホント好きなのねってのが伝わって、そのひたむきさが可愛かった。


111 :名無シネマ@上映中:2006/09/17(日) 07:23:38 ID:OeGiGIaK
俺としてはセットももうちょっと作りこんで欲しかったなぁ
「さっき作ったばっかです」感がするんだ
照明のせいなのか、美術スタッフの責任なのか


112 :名無シネマ@上映中:2006/09/17(日) 18:49:06 ID:v5+lvX4e
汚しが足りなかったってことだね

113 :名無シネマ@上映中:2006/09/17(日) 21:01:05 ID:fyZzAyDd
同一キャスティングで生舞台を観たい

114 :名無シネマ@上映中:2006/09/17(日) 21:14:34 ID:yEL+bm+y
>>113
知世は舞台では輝かないような気がす

115 ::名無シネマ@上映中 ::2006/09/17(日) 21:54:29 ID:eWrDyRpI
>「美しい夏キリシマ」の牧瀬里穂みたいなファッショブルな女性が、実際に戦時中の田舎にいたそうだけど。
>1945年にシビラって・・・w

なんてシュールな世界なんでしょう。貧困の中にも美で抵抗する人がいたなんて・・。
本人は抵抗とも思っていなかったのかもしれないけど・・。


116 :名無シネマ@上映中:2006/09/17(日) 23:19:32 ID:SUFiXYPK
本上の緑ワンピは生地から作った一点もの。
永瀬のカーディガンは倉庫にあったノンブランド・・・いわゆるおじいちゃんのカーディガン。
着る人が着ると見え方変わるのね〜。

それにしてもイイ映画だ。

117 ::名無シネマ@上映中 ::2006/09/18(月) 19:56:29 ID:UUMHtWpi
>>116
あのう関係者ですか??

118 :名無シネマ@上映中:2006/09/18(月) 21:49:28 ID:jcmFoUNh
今日観た。
お見合いのシーンはメチャメチャ面白かったけど、後は微妙。
昨年の「父と暮らせば」と比べると数ランク落ちる。
宮沢と原田ではレベルが違いすぎる。

119 :名無シネマ@上映中:2006/09/18(月) 22:05:14 ID:jTcTuq74
>>117
知り合い(棲家の隣人)が関係者です。
自分も黒木監督好きだったから色々質問しまくりました〜。

120 :名無シネマ@上映中:2006/09/18(月) 23:37:45 ID:6U45jsw9
宮沢りえって大根じゃん・・・・w

121 :名無シネマ@上映中:2006/09/18(月) 23:46:53 ID:cogF57+z
原田に比べればマシorz

122 :名無シネマ@上映中:2006/09/19(火) 00:13:59 ID:MbZQicWb
老女役の原田は田中裕子に似てるな
年取ったらあんな顔になるかもな


123 :名無シネマ@上映中:2006/09/19(火) 00:39:07 ID:4cixobjD
>>120
「父と暮らせば」観てから言ってる?

124 :名無シネマ@上映中:2006/09/19(火) 01:52:40 ID:E6NugVWl
あの発声が受け付けん>宮○

125 :名無シネマ@上映中:2006/09/19(火) 03:35:23 ID:EuKPm/qM
おすぎと同じ意見でみんな下手すぎ。
長回しの所為か覚えたせりふ言うのがやっとって感じ。
学芸会じゃないんだよ。
演技の訓練してない雰囲気俳優ばっかだよ。
CM大甘演技がばればれ。
松岡はよかった。

126 :名無シネマ@上映中:2006/09/19(火) 11:25:21 ID:9yLtZo+G
気になったのだが、3月にあんなにススキの穂があるものだろうか。


127 :名無シネマ@上映中:2006/09/19(火) 12:11:26 ID:Qm1xK631
CMタレントばかりだもんな。

128 ::名無シネマ@上映中 ::2006/09/19(火) 12:57:26 ID:JW+j4Tim
>>125
そうかな?あの方言の長台詞をけっこうこなして
演じてると思うぜ・・。

129 :名無シネマ@上映中:2006/09/19(火) 17:01:46 ID:rCWGcmT1
>>125
わざとでしょ。
セットの造りからしても、舞台が架空の場所であることを匂わせ、
戦時下の「卓袱台を中心とした日常風景」をシンボリックに描こうとしてたんだから。
舞台的なセリフ回しを敢えて選択したんだと思うよ。

130 :名無シネマ@上映中:2006/09/19(火) 17:18:47 ID:5avr0ysK
永瀬も原田も「演技の訓練してない」と言われたら困り果てるだろうな。
二人ともデビュー以来、年一本はドラマなり映画なりで確実に演じている訳で。


131 ::名無シネマ@上映中 ::2006/09/19(火) 17:42:42 ID:/PqOm/ib
>130
私もそう思う。

132 :名無シネマ@上映中:2006/09/19(火) 22:40:34 ID:4cixobjD
永瀬は良いけど、原田は大根。
これだけは譲れない。
おまけに華も無い。
他の役者さん達は良いんだけどね。

133 :名無シネマ@上映中:2006/09/19(火) 23:53:14 ID:citb/gTk
原田 ○
永瀬 ○
松岡 ○
本上 △
小林 ◎
かなぁ俺は



134 :名無シネマ@上映中:2006/09/20(水) 02:13:04 ID:x2QMbFBs
この映画を見て原田知世さんの才能を確認しましたよ、
角川春樹の目は確かだった。あんなに可愛い人はいないね。貶す人は
人に会うとまず年齢を聞いてから出ないと応対できない人ね

135 :名無シネマ@上映中:2006/09/20(水) 03:50:14 ID:WiD+qvYz
やっと見てきた。
すごくおもしろかったよ。
でも、原田知世さんが大根だ、というのは賛成だな。
大好きな女優さんなんだけど。


136 :名無シネマ@上映中:2006/09/20(水) 06:08:21 ID:hAtZ2DhH
大根だと思う。
若さをキープしているプロ根性は認めるが整形だよ。
華がなくて大根でも生き残っている点からも角川の目は確かだった。認める。

137 :名無シネマ@上映中:2006/09/20(水) 09:24:29 ID:IMKWurb6
大根だけど、愛すべき大根だな。
もちろん、ヨッ、巧いねっ!ていう名優はいくらでもいるが、
一方で、大根の名優というのもいる。
味ってやつね。
これにホロリとやられちゃったりするンだな。
しかも知世の場合、大根そのものは淡白な味で素っ気もなくってさ、
自己主張もしようとしないんだが、料理次第で極上の味になる。
煮汁に溶け出した個性的な具のうま味さえ、しみちゃってたりするんだよな。
おでんの大根なんてたまんないね。
ま、今回の映画が極上だったか……については、また別の話だが、
素材を生かす料理人黒木監督の腕によく応えたと思うよ。



138 :名無シネマ@上映中:2006/09/20(水) 10:05:56 ID:3En8HqYd
「大根」って具体的にどんなところがだめだった?
俺は号泣するシーンだけ「もうちょっとうまくやってくれよ」
と思ったが後はそこそこ上手かったんじゃないか?
キャスティングとしてもっと若い女優使った方が良かった気はするけど

139 :名無シネマ@上映中:2006/09/20(水) 11:32:28 ID:zEBrpcsY
原田 ◎
永瀬 ○
松岡 ○
本上 △
小林 ◎
かなぁ俺は

演技で優劣をつけるのはまだ二流なんだよ。
一流は存在感の有無。
存在感があれば、演技が大根でも一流の役者。

140 :名無シネマ@上映中:2006/09/20(水) 11:33:24 ID:MeIbkr9V
みんな自分のテンポでがっついてせりふ言ってる。
上映中、ところどころ目をつぶって声だけ聞いてると
うまくいってるシーンとダメなシーンがよくわかるよ。
調和が取れていないときは監督が直さないとダメ。
舞台じゃないんだから。多分舞台並みの稽古もしないで撮影だったんでしょう。


141 :名無シネマ@上映中:2006/09/20(水) 12:48:33 ID:G1Cl9jQN
まあ今回は監督の体調も良くなったかもしれないし

142 :名無シネマ@上映中:2006/09/20(水) 12:54:40 ID:zEBrpcsY
あのさ、ひとつとってもいいことおしえておいてあげるね。
映画って、目をつむりながら楽しむものじゃないからね。
今度から映画を楽しむときあ、目を開けようね。

143 :名無シネマ@上映中:2006/09/20(水) 13:06:07 ID:vq+Lj1Hd
>>140
映画って舞台並みの「稽古」はしないと思うよw

144 :名無シネマ@上映中:2006/09/20(水) 16:18:38 ID:4NOAmw77
>>138
知世の泣きシーンはいつも賛否両論なんだよね。
昔から。
ま、役者の中でも珍しい泣きを観せるタイプなのは確か。
オレも泣きのシーンは違和感を覚えるんだが、うちのオカン(嫁)はOKらしい。
「女がAVみたいに声を出さないのと同じ」だってさ。

145 :名無シネマ@上映中:2006/09/21(木) 19:59:53 ID:LzWDvpj5
この前西日本新聞に、原田&永瀬のインタビューが載ってた
原田家のおはぎエピソードがちょっと悲しかった

146 :名無シネマ@上映中:2006/09/21(木) 21:23:45 ID:BeEKH93V
大根でも、名優でも、どっちでもいいな。
とりあえず、原田知世は好きだ。

147 :名無シネマ@上映中:2006/09/21(木) 22:22:21 ID:pGCzOfCs
知世さんの持ってる雰囲気とか佇まいとかが好き。
同性ながら憧れます。

148 :名無シネマ@上映中:2006/09/22(金) 04:36:48 ID:SDjferBJ
こないだ観たけどすごいよかった。二回目行こうか迷ってる。
俺は九州出身やから方言の温度が直に伝わってくるのもいい感じ。
あの兄夫婦とか明石少尉と長与少尉の掛け合いがすごく九州人的な感じがした。
不満な点は病院から見える風景が明らかに九州じゃないことかなー。

149 :名無シネマ@上映中:2006/09/22(金) 08:52:09 ID:hypytvQE
>145
「原田家のおはぎエピソード」って?
東日本に住んでる俺たちに教えてくれい。

150 :145:2006/09/22(金) 10:28:41 ID:M3aeojDH
>>149少し前なので、細かいところが違うかもしれないけど
原田が母親にストーリーを話す→母親号泣。
理由を聞くと、原田のお祖母さんが息子(原田の母親のお兄さん)が戦争に行く前
おはぎを食べさせてあげようと作ったけど、行き違いによりできなかったって話。
福岡の西日本新聞に載ってた。

151 :名無シネマ@上映中:2006/09/22(金) 22:33:30 ID:PNdRosWA
永瀬のインタヴューもお願いします。

152 :149:2006/09/22(金) 23:14:42 ID:hypytvQE
>>145
ありがとう!!
そうかあ、そうだったんかあ。
さぞ、食べさせたかったろうなあ。おはぎ。
「Tomorrow 明日」では、お手玉の中に入れていた小豆でおはぎをこしらえるエピソードが出てくるけど、
紙屋家は多少余裕があったとしても、あの時代、おはぎを作るのって必死だったろうになあ。
やはり砂糖がほんとに貴重だった戦争時の前後、菓子の甘みは母が子を想うこころだと言ってた教育者がいたが、
人工甘味料やら大量の砂糖やらで甘過ぎる菓子が氾濫してる今じゃ考えられんもんがあったんだろうな。

そっかあ。
さぞ、食べさせたかったろうになあ・・・

153 :145:2006/09/23(土) 00:29:45 ID:J8X5yQ2m
うろ覚えだから、細かいところが違ってたらごめんね。
もう既出なのかと思ってた。
永瀬さんの詳しい話は特になかったかな。あとは、監督の訃報の話とか方言特訓の話とかだった。
ここに書くなら新聞とっときゃ良かった

154 :名無シネマ@上映中:2006/09/23(土) 23:22:38 ID:KIJXN0ZY
ありがとう!乙

155 :名無シネマ@上映中:2006/09/24(日) 16:57:31 ID:Ha1PJMwn
本日、観てきました。
思ったよりも笑える映画だったんで驚きました。
戦時中の暗黒史観ってのかな。いままで世間で語られていた歴史観を全否定していて驚いたよ。

役者陣だが本上はここで言われているより良かった。(ま、演出の力が大きかったかも知れないけど)

原田は監督が言っていたように「普通っぽさ」の持味が発揮されていた。
主役なのに目立たず脇にまわることを要求される演出に応えていた。(ま、そんな事に応えられるのは彼女しか居ないだろうけど)

永瀬は「さすが!」としか言いようがない。大変だったんだろうけど余裕さも感じさせる。
それだけ底が厚いんだろうな。

とくに永瀬と原田の組み合わせは抜群で、それは二人とも作品を主に置くタイプだからなんだろうなと感じた。
あの小林が霞んで見えるほどの掛け合いを見せてくれたんだから驚いたよ。

少し誉め過ぎかも知れないけど、多くを語らない語れない青春を生きる若いころの二人っきりのシーン、そして間が多い老後のシーン・・・こういう沈黙が多いシーンで圧倒的な存在感を出せたことは素直に二人を評価したい。


156 :名無シネマ@上映中:2006/09/24(日) 17:04:44 ID:nVrvEEmK
三部作と言われてる
「美しい夏キリシマ」「父と暮らせば」と比べて出来はどう?


157 :名無シネマ@上映中:2006/09/24(日) 18:17:53 ID:Ha1PJMwn
趣が違うと思う。
監督自身が「新しい事に挑戦し続ける」ってタイプでしょうし・・・
個人的には、この映画の方が楽しめた。
戦争の重さを声高に訴えていないし。

ま、もっと言えば舞台となった「米ノ津」には昔、5年くらい前だが仕事で行くことが多かったせいも有るけど。(でも霧島も行っていたし・・・)
あのセットに「違和感を覚える」って書き込みも有ったけど、いまも残っている旧い家から考えるとあんな感じで正解。
あと役者の台詞回しも地元の人間を知る俺から見ると違和感ない。


158 :名無シネマ@上映中:2006/09/24(日) 19:36:09 ID:qLO2tfYJ
>役者の台詞回しも地元の人間を知る俺から見ると違和感ない

これってすごくない?!

159 :名無シネマ@上映中:2006/09/24(日) 21:23:08 ID:Ha1PJMwn
>>158
いや・・・凄くはない。
だって、たまたま「そこ」に仕事に行く機会が多かっただけだから。
当時はよく「米ノ津駅」や顧客宅で休憩していましたよ。

いまでも(って言っても5年くらい前だけど)とくに年配の方はあんな感じ。
九州南部では間が独特、、、ってか九州って都心で思われているように男社会じゃなくて実は家庭では完璧に女性が強いと思う。(暴力家庭以外は、ね)
そして男は家庭内のことに口出ししないのが美徳になっていると思う。
だからこそ、あの掛け合いなんだよね。
中央に住んでいる人間、しかも現代の人間が小林と本上の掛け合いが今一つと思うのは仕方ないかもだけど、小林が言葉下手なのは演出だと思うよ。

ただ小林が、もう少し威厳を感じさせる(芯の強さ)を背中で表現してくれればパーフェクトだったのにと少し残念には思うけど。
ちょっと存在感が軽すぎるかな。
でも、これは地元を知っている俺なりの感想だから、普通の人にとっては「少し頼りない家長」ってことで小林の演技こそが笑えるポイントの一つなのかも知れないけどね。

しかし話は変わるけど、この映画を極端に「戦争悲劇」のように扱うメディアは納得出来ないな。
監督がいう「人間哀歌」の映画に過ぎないのだろうし、原田がいう「遺された人間は前を向いて生きていくしかない」ってことを教えてくれる映画だと思う。

でも難しいな。
原田が言うような強さを持っているのが人間だろうけど必ずしも、それが反戦に繋がる訳じゃないし。
ただ時代は「弱者の振り」をしている人間を拒絶しているから、彼らじゃ平和を訴えても誰の耳にも届かない。
俺等は、原田が言う強さを持って生きてきた人間に尊敬の念を持つことでしか彼らの発言を重く受け止められないと思う。

「戦争は嫌ですね・・・」
「死んだら何にもならない・・・」

こんな当たり前のことを現代でも違和感なく観衆に訴えられるのは永瀬自身と原田自身の芯そのものが本当に強いからこそだと思う。


160 :名無シネマ@上映中:2006/09/25(月) 00:49:56 ID:y/AVtS4V
小林薫のレスはあまり見ないですがどうでしたか?

161 :名無シネマ@上映中:2006/09/25(月) 19:21:14 ID:Gxi3mq7Y
見てきました。
平日の昼間にしてはまずまずの客入りだったけど、俺以外爺さん婆さんばかりでした。
序盤の夫婦喧嘩のシーン、お見合いのシーンでは笑い声も聞こえる和やかな雰囲気。
屋上のシーンも含めて良作だと思うんだけど、「波の音」は唐突な感じがして馴染めなかった。
むしろ、最初の波の音を聴いて自分は安心よりも不安感をかきたてられちゃった。


162 :名無シネマ@上映中:2006/09/25(月) 20:45:36 ID:i/TFawGG
舞台である「米ノ津」。
そこは海と山に挟まれた町。(海と山がある町)
だから波の音がちょっと遠くても聞こえる気がするのだろう。
海の風景を出していれば解りやすかったんだろうけど、監督は(元の演劇)舞台を意識して作品を仕上げたからそれは無理だったんだろう。 
ま、そういうことで。

163 :名無シネマ@上映中:2006/09/28(木) 10:29:53 ID:lMQCpCAI
みんなもちろん上手い役者だと思うんだが、
主演のふたりはさることながら、
(演技歴では誰よりも未熟な)本上まなみが、
芝居の上手下手よりも、
その配役の性格づけとのマッチングにおいて、
ひじょうに光っていたように思いました。
>>101とまったく同感です。

「キリシマ」などとモチーフは違うけれど、
これはある意味で、
「砲音も空襲もない戦争映画」の究極形だと思いましたね。


164 :名無シネマ@上映中:2006/09/28(木) 20:23:32 ID:5otHlM+5
空気を表現する映画。

165 :名無シネマ@上映中:2006/09/30(土) 19:59:23 ID:Qz6d9UJ2
本上まなみは監督が「トップラランナー」の司会ぶりを見て
起用したそうです。

166 :名無シネマ@上映中:2006/10/01(日) 03:33:01 ID:prISiJ7e
おでんくんじゃないのか

167 :名無シネマ@上映中:2006/10/01(日) 10:05:07 ID:LLO0Mg1Q
このスレ何か落ち着いてますね

168 :名無シネマ@上映中:2006/10/02(月) 00:26:10 ID:3divX0yz
鹿児島弁のイントネーションに違和感なし
原田さんも小林さんも
いちばん上手かったのは長崎出身の設定の永瀬さん
本上さんはところどころあってませんでしたが
夫婦のやりとりとかすっとぼけた感じが
親戚のおじさん夫婦を見るようで
まなみばっばん!と呼びかけたくなりますた
鹿児島の田舎のおばさんの空気が出てました
女学校を出たような女性の使う
上品な鹿児島弁でした

舞台の米ノ津は現在は出水市
熊本県との県境で隣の駅はもう水俣市
上にもあるように海があり近くの山では柑橘類が栽培されています
九州新幹線開業とともに第三セクター肥薩おれんじ鉄道になりました
地元ではこの映画のこと全然知られてません


169 :名無シネマ@上映中:2006/10/02(月) 16:50:43 ID:rXU6llgH
今日「奥さまは名探偵」見に行ったら、
福岡のKBCシネマに>>150の記事が貼ってあった

170 :名無シネマ@上映中:2006/10/04(水) 15:28:04 ID:RBkjsyJP
オレの地元じゃ月曜に男性割引で大人千円なんだ。
来週月曜に見てくるよ。
映画館で映画見るのって何年ぶりかわかんないくらい。
中学の頃、「時かけ」見て原田知世のファンだった
のを思い出しました。
ちょっとワクワクドキドキ。。。

171 :名無シネマ@上映中:2006/10/04(水) 18:00:02 ID:QmO5cQmo
本日劇場鑑賞してきました。
上映開始から2ヵ月位たっていると思うけど、7割位入ってた。
恐るべし!岩波ホール!
感想としては、ああ、これは舞台劇だな、と思いましたね。
つまり全てが舞台の上で演技できるように作られた作品で、それをカメラで
撮っているだけだと。
舞台の人気作品が映画化されたに過ぎない、そんな感じの演出、カメラワーク。
まあ予算がないからという点もあると思うけど。
それなら役者は舞台出身の達者な人達で固めた方が良かったのでは?と思いました。
老人になってからの原田知世の声があまりにも若々し過ぎるのと本上まなみが
終始一貫して演技が下手だったのはまあご愛敬ですかね(苦笑)。

172 :名無シネマ@上映中:2006/10/05(木) 19:39:27 ID:SRMan2Kr
良い映画なんだけど、スレが伸びないね。
皆こういう映画は金を出してまで見に行かないのかな。

173 :名無シネマ@上映中:2006/10/05(木) 22:26:47 ID:cgasrCpH
宣伝してないからじゃないかな。
この映画の存在を知らない人って多いと思うよ。

174 :名無シネマ@上映中:2006/10/05(木) 22:30:58 ID:udQfjuXX
まあ東京ですら岩波ホール1館だし
地方もこれからってとこもあるし
しょうがない


175 :名無シネマ@上映中:2006/10/05(木) 23:40:04 ID:BA5A3oWu
知世ちゃんの微笑を見るだけで癒されます。

176 :名無シネマ@上映中:2006/10/06(金) 11:40:35 ID:/kKnb6cQ
原田知世の評判が分かれているけど、あの年であれだけ綺麗だというのは
凄いことだよ。

177 :名無シネマ@上映中:2006/10/06(金) 22:34:49 ID:/1V0EC8A
4日にシネカノン神戸にて観賞してきました。
1回だけの上映で、入りは10人くらい。
実はその日『フラガール』の舞台挨拶で、南海キャンディーズのしずちゃんが来場してて。
お客は皆そちらに取られたのかも。
あとで『フラ』も見たけど、だんぜん『紙屋』が良かった。
上映館少なすぎて残念だな。

178 :名無シネマ@上映中:2006/10/07(土) 00:04:27 ID:zKowPgyh
これって公開方法もそうだけで、映画自体としても長く地味に広がっていく
のだろうなあ。
まだまだ、始まったばかりですね

179 :名無シネマ@上映中:2006/10/07(土) 12:56:57 ID:0OaqcAxs
九州は長崎と福岡で1館ずつだね。
鹿児島でやらないのかな?


180 :名無シネマ@上映中:2006/10/07(土) 13:02:07 ID:8ymRdMqN
熊本と大分でもやるし、監督の出身県でも上映するのをお忘れなくw


181 :名無シネマ@上映中:2006/10/07(土) 23:38:53 ID:Z32jAa0f
>>174
岩波ホールって割引ほとんどないよね。
映画の日でも千円にならんのはどうかと思う。

関東地区でも上映館増やしてください。

182 :名無シネマ@上映中:2006/10/08(日) 01:10:10 ID:DGVbM/7x
>>181
誰でも使える普通の割引券ならHPで入手できるけど、あれじゃダメ?

183 :名無シネマ@上映中:2006/10/08(日) 01:28:24 ID:Mb4UNWJO
>>182
割り引いて1600円っていうのはorz

184 :名無シネマ@上映中:2006/10/08(日) 01:49:15 ID:vAUJYQz3
岩波ホールはいつ行っても混んでるんだよな。客層が年配者だから。
そのうち下高井戸シネマあたりでやると思う。


185 :名無シネマ@上映中:2006/10/08(日) 16:00:31 ID:2LBUK2t7
舞台の出水市→鹿児島県で上映されないのは如何なものかと思う。
ま、ミニシアターがない(と思った)街だから仕方ないのかも知れないけど。
特段、サヨ映画って訳じゃないから保守的な鹿児島でも受け入れられると思うんだが。
なにせ石原都知事も推奨している映画だし(「東京都知事推奨映画」)。


186 :名無シネマ@上映中:2006/10/08(日) 20:59:45 ID:ggXt1NtG
>>184
急がないなら、来年3月頃に新文藝座で「気になる邦画2006」特集の1本として
上映されるでしょう。単価ではこれが一番安く見られると思う。

187 :名無シネマ@上映中:2006/10/08(日) 22:02:26 ID:GUAVeXoR
晩年は戦争映画を撮り急いでいたんだろうか。「父と暮せば」なんて舞台劇を
映画にしても批判が出るのは分かっていただろうに。でもそんなことはどうでも
よかったのかも知れない。

エンタティナーな映画を撮れる力量は十分あったのに。

188 :名無シネマ@上映中:2006/10/09(月) 02:37:44 ID:njLDZN24
舞台劇か・・・
この映画、冒頭とエンディングの病院屋上シーンで一気に舞台から世界が広がって物語に深みと奥行きを与えたと思う。
その手法が秀逸だと思ったよ。
あのシーンが無かったらと思ったら単なる演劇だもんね。
あれ九州の病院だそうだけど、屋上から見える景色が都会そのもので改めて「戦後」というモノを考えさせられた。
もちろん二人が歩んだ歴史の重みも、ね。

一観客である俺は二人の想いを大事にしてあげたいと思った。
それが何なのかは、まだ解らない。
もう少し経てば解るかも知れない。
ただ単純に「平和」でないことは確かだろうけど。


189 :名無シネマ@上映中:2006/10/09(月) 15:18:28 ID:Yv4SyEyG
|◆◇◆ 2005年05月04日(水)分 ◆◇◆その(1)━●

■10年運「33歳宝卯」の干合支合中のため
日干支が「海戌」となり、
自身の月干「灯」と二次干合により、
ぞれぞれ「木」と「草」になり、
年干「草」をふくめた木性の天干一気的になっていて
(強気な)
原田知世(65-1128/陽戌*)が、
ラッキーカラー害年らしく焦ったのか、
年下の子丑天冲殺である、
イラストレーターのエドツワキ(66-0629/畑未)と結婚!
原田の日干支「陽戌」が、
エドの年干支「陽午」を大半会するため、
原田が惚れたのだろうけれど、
相手は金性ゼロ(DNA鳳/調なし)、
水性ゼロ(DNA禄/司なし)の野人で、
ダメージカラーに応援されるのは、本来苦痛。
最初は楽しくても、いずれは逃げだしかねない↑
|※「ずっと探し求めていたパートナーであることを
確信しました」とのコメントだけれど、
そうでも言わないと説明がつかないだけかも。
次旬「43歳海辰」は天剋地冲10年運。
午未天冲殺は年上が本則なので、壊れそうです↑

190 :名無シネマ@上映中:2006/10/09(月) 18:33:40 ID:SaFFghKI
今日、札幌で見てきました。
お客さんは20〜30人。
ほぼ全員三十代以上で、年齢層は高めでした。

見終わって穏やかな温かな気持ちになる映画でした。
こういう安心して見れる映画が減っているので貴重です。

帰り道におはぎを買いました。一件目が売り切れでしたが、
二件目で買えました。
美味しいお茶をいれて、手づかみで食べようと思います。

191 :名無シネマ@上映中:2006/10/11(水) 04:50:58 ID:TtkcXMiq
この映画を見て、

>>全てが舞台の上で演技できるように作られた作品で、それをカメラで撮っているだけ

>>舞台の人気作品が映画化されたに過ぎない、そんな感じの演出、カメラワーク。

こう思える奴は、もっと多くの映画と演劇を見た方がいい。
両方が無理なら片方だけでもきちんと見るべきだろう
それが出来ないなら偉そうに作品の批評などするべきではない。
大恥をかくのは勿論だが、人から深く軽蔑されるからね。

老婆心ながら

192 :名無シネマ@上映中:2006/10/11(水) 08:49:51 ID:witOpFgL
>>191
そういうなら、この作品のどこが「舞台劇を映画化したに過ぎない」のとは
違うのか君が具体的に万人が納得できるよう書いたら?

老婆心ながら

193 :名無シネマ@上映中:2006/10/11(水) 09:07:03 ID:TtkcXMiq
頑張って>>192程度にも分かるように映画と演劇の違いの基本を書いてあげるよ
と思ったが、あまりにも バカバカしい。

この映画を見て、フィックスに見えて実は静かに的確に動いているカメラや
玄関の向こうにある階段の象徴的な使い方や、
長いワンショットの末に、ここぞという瞬間に割られるカットの絶妙さや
効果的なアップの挿入などに関して、それと意識しないとしても
映画を見るために必要な感性を持っている者なら誰もが確かに感じ取っているであろうことを
映画が分からない奴に言葉で説明するなんて、余りにも無意味だ

と、いっても私はこの映画を天才的な映画的閃きに満ちた映画だと思っているわけではない。
確かな腕を持った職人が、丁寧に心をこめて作った誠実で美しい職人の作だと思っている。
これとても映画職人の芸が分からない奴に言っても無駄か・・・



194 :名無シネマ@上映中:2006/10/11(水) 09:13:32 ID:H94QflFG
映画も演劇も、そんなふうにして見なきゃいけないのか?
俺はヤダ。

素直にこの映画は素晴らしかったと思う。
涙ぐみもした。
いい映画だと思えない人もいるかもしれない。それはどの映画でも同じこと。
各々が、その言葉にならないような思いを、
言葉として搾り出すことで、映画に対する評価は紡がれていくのじゃないでしょうか。

195 :名無シネマ@上映中:2006/10/11(水) 18:41:01 ID:z9WWB9Uw
>>193
あのね、舞台劇で十分な内容の作品を映画化するとしたら、そこには当然、映画化しなければならない必然性のようなものがあるはずでしょ。
この作品に果たしてそれほどのものがあったか?というのが今問題になっている訳。
映画化する場合、当然、カメラには凝るよね。
問題はそれによって舞台で見る以上の何かを作品に追加することができたかどうかということなの。
それがなければわざわざ映画で見る必要はないでしょ。
「的確に動いているカメラ」や「カットの絶妙さ」や「効果的なアップの挿入」は単なる技術
に過ぎないでしょ。しかも君はこの映画におけるそれらの技術を「天才的な映画的閃きに満ちた」
ものではなく「確かな腕を持った職人が、丁寧に心をこめて作った誠実で美しい職人の作」と認めているじゃん。
だとしたら、この単なる“水準以上の技術”で撮られた映画は“水準以上の技術”で撮られたというだけで価値があるのか?
だとしたら、どんな内容の作品でも“水準以上の技術”で撮られた映画は価値があるということになるぞ!
それでいいのか?

196 :名無シネマ@上映中:2006/10/11(水) 18:42:06 ID:h79M0REL

それで いいのだ(AA省略

197 :名無シネマ@上映中:2006/10/11(水) 18:45:29 ID:z9WWB9Uw
例えばこの映画で一番笑いが起こる本上と小林のやり取りだけど、このシーンは確かに
笑いが起こるけど、本上が大根なので、見ている側は、何か本上の演技にヒヤヒヤしな
がらも、笑っているという感じじゃないかな?これを何とか見えるものにしているのは
おそらく君の言うカメラワークの的確さや監督の演出の巧みさなのだろう。
しかし、このやり取りを舞台の上で芸達者な役者さんの丁々発止のやり取りで、微かな
息づかいまで感じながら、劇場で観たら、遙かに見応えがあると思うぞ。

198 :名無シネマ@上映中:2006/10/11(水) 22:04:09 ID:rkXoVp7H
少なくともゲラゲラ笑いながら観るような映画ではない。
全神経を研ぎ澄まして微動だにせず、画面に、音に集中するタイプの映画だと思います。
長瀬のあの不器用さにこそ、戦時下におかれた人々の悲しみが漂っている。

爆笑しながら観てる奴は低脳かこんな高尚な文芸映画でも面白い部分を見いだして
笑うことができるのだぞと主張したいバカのどちらかだ。

199 :名無シネマ@上映中:2006/10/11(水) 22:37:08 ID:Fv5IQeQp
素人のオレは、そんな難しい事なんか考えずに
単純に良い映画だと思ったんですが、
ダメですか?
(多数を占める)素人の方が、枝葉に目がいかない分だけ
楽しいニョ。

200 :名無シネマ@上映中:2006/10/12(木) 03:02:00 ID:egctdIKK
>>197
あんまり書き込むと辛いんだが、俺は小林の方が駄目だったな。
鹿児島の男を知っている俺からすれば違和感が残った。
だから極めて個人的感想なんだろうけどさ、「小林×本上」よりも「永瀬×原田」「永瀬×松岡」の掛け合いの方がノレました。

あと、確かに舞台は舞台で楽しめるとは思うんだが・・・映画と演劇は当たり前に別物だし、俺は舞台よりも映画が好きだし・・・比べられても辛い。

>>199
「難しいこと考えずに単純に楽しむ」→もちろんOK!
「難しいこと考えて(難しく考えて)楽しむ」→もちろんOK!
って事ですね。

年配の観客が多かった映画だけど、若い人間(って言っても30代くらいから)の方が素直に楽しめるし心に残ると思うから強くこの映画を薦めたい。
ま、強く薦めるからには理論武装も必要な訳で・・・


201 :名無シネマ@上映中:2006/10/12(木) 07:10:19 ID:yJqYKhig
>>195
飽きれるほど低レベルな意見で脱力した。

舞台劇を、映画的アレンジを最小限にして、まるで舞台劇そのままのように映画化した作品。
少数の登場人物による密室劇。
ひたすら対話の連続に終始する映画。

そんな傑作映画は数多くある。

アンタはようするに「映画」というものがまるで分からないのだろう。

ルビッチだったか、ワイルダーだったか、ヒッチコックだったか忘れたが(勝手に検索してくれ)
舞台劇を映画化するとき、舞台との差異を強調したいがために
あまり効果の無い屋外ロケ場面を付け加えることの愚かさについて発言していた。

>>195の意見は余りにも愚かである

202 :名無シネマ@上映中:2006/10/12(木) 14:33:05 ID:egctdIKK
ま、この映画の「屋上シーン」は復興し尽くした戦後日本と夫婦の歴史を重ねて良く映し出していると思う。
非常に意味のあるシーンになっているな。

逆に言えば、屋上シーンにノレなかった人間にはこの映画の価値が減るでしょうね。
俺には感じる所が十分にあるシーンだった。
だから満足。


203 :名無シネマ@上映中:2006/10/12(木) 21:49:17 ID:MnAQ9Z7+
>>201
激しく同意。
俺はあまり映画に詳しくないが、作品内での登場人物の一挙一動を再現して
(逆に)舞台化できる映画はたくさんあると思うよ。

なのにそれをしないのは、映画ってモノが舞台的な要素も内包する
懐の広いものだからでしょ。
映画化の必然性云々言う人がいるけど、舞台じゃ役者の顔のアップ見れないじゃん!

204 :名無シネマ@上映中:2006/10/13(金) 01:34:09 ID:ro27dZ9M
> 映画化の必然性云々言う人がいるけど、舞台じゃ役者の顔のアップ見れないじゃん!

あのー、舞台と言っても例えばテレビで放送される時はどう?
役者さんの顔はアップで映されるよね。
例えば吉本新喜劇だとか。
テレビドラマでシチュエーションコメディ(でよかったかな?)というジャンルが
あって、最近だと三谷の「HR」だとか舞台で演技して、それを観客が見ていて、
複数のカメラで撮って、編集してテレビで放送していたりするよね。
「紙屋悦子の青春」の場合、例えば、舞台で上演されて、それを複数のカメラで撮
ってテレビで放送したとしようよ。それは生で見ている「舞台」ではないかもしれ
ないけど一応「舞台劇」とは言えるよね。
じゃあ映画版「紙屋悦子の青春」はどうだろう?
あれは明らかに舞台ではなく映画だよね。
じゃあ、前者の舞台劇をテレビで放送した場合の「紙屋悦子の青春」と映画版「紙
屋悦子の青春」では果たして何がどう違うだろう?
この映画を見て、これなら舞台劇で十分と思った人はつまり前者の舞台劇をテレビ
で放送した場合の「舞台劇」と映画では「舞台劇」で見る以上のものを映画が表現
してはいないと考えたのではないかな?
言ってることわかります?


205 :名無シネマ@上映中:2006/10/13(金) 02:52:47 ID:dBe2Sj9z
舞台だの映画だのどうでもいいんだよ

この映画は黒木和雄の遺作というだけで、価値がある

「黒木和雄」この名前を目にしただけで襟を正して観なくてはならないと感じないバカは
映画のエの字も知らない精薄

本当に、画面全体から黒木さんの戦争への、あの時代への思いを必死で汲み取ろうと
上映中は深い深い祈りを捧げっ放しでした

叩いているバカは自分が場違いだとの自覚もなく、分不相応な映画を観に行ってしまったことを
恥じるがいい(爆

意味わからなくて退屈しているオマエ =>>204 の間抜け面が目に浮かぶようだ

206 :名無シネマ@上映中:2006/10/13(金) 07:26:17 ID:yr+o65+N
>>204
もう恥の上塗りはよしなよ。 痛々しいから・・・

それにしてもアンタって、どうしようもなく「映画」が分からない人なんだね。
こういう人もいるんだなぁ〜と勉強になったよ

207 :名無シネマ@上映中:2006/10/13(金) 07:47:49 ID:X0j1ysI4
ま、「舞台で見たほうが面白いわ」と思った人はいるんじゃね?w

208 :名無シネマ@上映中:2006/10/13(金) 09:06:56 ID:SEPD8tdC
舞台で見てもたいしてかわらんじゃまいか
もしかしたら舞台の方が面白いかも。

位に思った人なら、いるかもな。


それを下手に理屈をこねるから、祈りキモオタを呼び出す呪文になっちまう。
理屈をこねるなら、読むものをうならせてくれくらいのものでないとな。

209 :149:2006/10/13(金) 10:38:37 ID:V7KVdJ/o
何だか、ヘンに感情的になって、論点がズレ合ってるけどさ、
舞台と映画の違いを考えるというのはおもしろい。
舞台の映画化と、逆に映画の舞台化
っつうのは歴史的にもさんざん行われてきたもんだよね。
俺はそんなにたくさん映画を観て来たって言えないファンだけどさ、
それでも、思いつくだけでも、
ビリー・ワイルダー「情婦」とか、
シドニー・ルメット「12人の怒れる男」とか、
舞台そのものをまんま映像化したような傑作も多い。
話題に出てた三谷作品で言えば、「12人のやさしい日本人」「笑いの大学」などは
もろに舞台そのまんまの映画化。
「HR」は、即興性もありの舞台のおもしろさをテレビに持ち込もうという企画だったけど、
その緊張した空気感も含めて、けっこう笑えたなあ。
そん時のカメラワークは、ヴァラエティのノリだったように思う。(しかし、あなどってはいけない)
そいつをもっと洗練させて映像作品にしてみたいという願望は、
舞台人にもけっこうあるんじゃないか。
三谷が自分の舞台の「ラジオの時間」の映画化で、自らメガホンをとろうとしたのもその一端と思える。
そもそも、映画のモンタージュ理論(今では意識もされない当たり前の文法のようになってるけど)は、
歌舞伎に学んだという説があるんだってさ。
たとえば、ミエで観客の視線をひきつけ、アップの感覚で表情を見せようとしたり。
そうした舞台の演出の努力を、映画ではアップのカットひとつで出来てしまうわけだからね。
でも、それはやっぱり映画を楽しめる武器だと俺は思う。

210 :209:2006/10/13(金) 10:41:13 ID:V7KVdJ/o
ごめん。149って書き込んじゃったけど、209です。
長くなってスマンが、も少し書かせてくれ。

黒木監督が、「父と暮らせば」の舞台を映画化したとき、
脚本をあまりいじらない冒険を周囲は危ぶんだらしいね(TVで、たしか原田芳雄が言ってた)。
「明日」を撮ってから大病をして(「明日」の撮影時も、立っているのがやっとなほどの病状だったという)、
入退院や何やかやで10年ほどの歳月を費やしてしまう。
だから次の「キリシマ」は、もう後がないという意識があって、撮り急いでいたことは確からしい。
けれど、脚本をあまりいじらないことは、撮り急いでいたからという理由ではけっしてないと思う。
まず脚本のよさありき。
それを、半世紀も映画を撮り続けてきた映画人として、映像作品に成立させる自信があった。
で、それは成功してたと思うな。
「父とノ」しかり、「紙屋悦子」しかり。
「紙屋悦子」の方は、小津安二郎だよね。
畳なめのローアングルとかじゃなくて、その間のとり方とかアップの多用とか。
でも、そういう地味な演出に、観客が気づくことは少ない。
が、無意識的には、たとえば、アップの多用は、観客をその人物の気持ちに沿わせる効果がある。
知らないうちに、共感し世界にひきこまれているうちに、
カメラワークがどうのこうのということは忘れちゃったりするんだ。
ま、「舞台で見た方が面白いわ」という感想を、たとえ一部であれ一般大衆に抱かせるとしたら、
そこらへんは作品の限界かなあ。
同じ脚本でも、舞台には舞台のよさがあるし、映画には映画のよさがあり、
俺には、映画のよさを味合わせてくれた作品だった。
ヒーローや悲劇のヒロインというわけでなく、日常的な意識から、戦争の不条理さを感じさせてくれた。



211 :名無シネマ@上映中:2006/10/13(金) 14:18:06 ID:ff2xOEXW
オレが言いたい事はこういう事だ。
アイスは真夏だけの食い物ではない。
真冬に暖房の効いた部屋でコタツに入ってアイス食うのも
旨い。

212 :名無シネマ@上映中:2006/10/13(金) 14:20:11 ID:6gJeG+1h
思わずうなっちゃいました。


213 :名無シネマ@上映中:2006/10/13(金) 14:21:39 ID:6gJeG+1h
>>212 は>>209-210へのレス

214 :名無シネマ@上映中:2006/10/13(金) 15:39:11 ID:y5P1bOuC
>>208
祈りキモオタって何?

215 :203:2006/10/13(金) 18:56:00 ID:nc926PMI
>>204
>舞台劇をテレビで放送した場合の「紙屋悦子の青春」と
>映画版「紙屋悦子の青春」では果たして何がどう違うだろう?

違わない、若しくはテレビ版の方が良いと思えるのなら
テレビ版を制作したスタッフは、それだけハイクオリティな映像を
作り出せる実力がある人たちなんでしょ。
ならばディレクターなり現場スタッフは映画監督にでもなればいいだけで。

でも実際は映画「紙屋悦子の青春」レベル程の、舞台のTV放送なんて
見たことないなあ。

216 :名無シネマ@上映中:2006/10/13(金) 19:24:17 ID:dakv+Otu
祈りキモオタって何?


217 :名無シネマ@上映中 :2006/10/13(金) 19:30:21 ID:nc926PMI
上映中は深い深い祈りを捧げっ放しだった>>205のことじゃない?

218 :名無シネマ@上映中 :2006/10/14(土) 06:48:22 ID:ManP7iBS
例えばまるで舞台を完全映画化したみたいなアレクサンドル・ソクーロフの『エルミタージュ幻想』
なんて作品があるけど、あれ絶対舞台化できませんよね。
なぜならその場所で撮られる必然性があるから。
そういう局地性というか偏在性に大きく影響される「舞台のような映画」って
他にどんな作品があるんでしょうか?

219 :名無シネマ@上映中:2006/10/14(土) 07:44:27 ID:QtPS3U54
と、いうか「エルミタージュ幻想」を見ながら
「舞台を完全映画化したみたいな」と一瞬でも思うことなど不可能なわけだが・・・

220 :名無シネマ@上映中:2006/10/14(土) 08:03:46 ID:MXrY3U5R
>>218
「エルミタージュ幻想」で舞台は連想しなかっかたなぁ。

ちなみに俺は、役者の肉体や息づかいを含めた生モノとして
楽しむなら舞台、物語りを楽しむなら映画、かな。
両方好き。

221 :名無シネマ@上映中 :2006/10/14(土) 08:10:29 ID:ManP7iBS
>>219
>>220
そ、そうですか。
私の中で「舞台」ってモノが物凄く広義に捉えられ過ぎてるだけみたいですね。


222 :名無シネマ@上映中:2006/10/15(日) 02:44:44 ID:ecY4a/y+
盛岡で今夜1回だけ上映されたんですが、上映前に
行けなくてすみません、という知世さんの映像が流れました。
そこにいた人しか見られなかった映像かと思うと感激です。
映画も良かったし。
いい映画に出られて知世さん幸せでしたね。

223 :209:2006/10/15(日) 05:20:49 ID:gY5FmLTP
そうかー。
知世さんは、東京・岩波ホール、名古屋、大阪、福岡とこまめに足を運んで上映の舞台挨拶に立ってたもんな。
まあ、全国ロードショーでは当たり前だが、日を変えてスケジュールを何日も割いてという例はあまり多くないかもしれない。
行けない所へは、そういう映像を撮ってたんだ。
彼女はどうも地味にいい奴なんだよね。

224 :名無シネマ@上映中:2006/10/15(日) 07:24:02 ID:EnTssGvA
原田知世というと昔「クラブ紳介」という深夜のトークショーに出ていたときの
ことを思い出す。プライバシーをあまりにしゃべらないことにキレタ紳介が彼女
を罵倒しまくった。見るに耐えない程酷い内容でよくこんなのテレビで放送する
なと思った。

225 :名無シネマ@上映中:2006/10/15(日) 21:21:44 ID:bs5jAMVS
紳介の件に関して知世ファンは沈黙していたんだよね。
許していたって言うか放置していた。
あの頃の紳介は若かったけど、もう彼も大人になったんだし、、、と。

で、紳介は「あの」スキャンダルを起こしたわけだが・・・「やっぱり人間って変わらないんだなぁ(笑)」と。深く失笑。


226 :名無シネマ@上映中:2006/10/16(月) 05:28:00 ID:QJ3QpRIB
紳介はそういうの多いよ
同じくクラブ紳介で紺野美沙子も泣かしてた
新伍・紳助のあぶない話で細川ふみえも泣かしてた

227 :名無シネマ@上映中:2006/10/16(月) 14:31:36 ID:ebazYjOL
あの頃は、すでに角川からは独立してたから、事務所の圧力はなかったと思うんだよね。
知世さん自身、それまでビートたけし、明石家さんま、村上龍などなどを相手とするトーク番組で、
プライバシー周辺の話題を特に嫌っていたというわけではなかった。
その当時も、触れられるとまずいようなスキャンダルがあったわけではないと記憶している。
が、紳介はその貪欲なサービス精神からだろう、エグいところまでプライバシーの開示を求める。
その辺が合わなかったんだろうな。
昨今のトーク番組を見てもわかるように、
権威ある弁護士が人間味を露骨に見せたり、
キレイなタレントがスッピンの部分を見せてブッチャケるようなのが受ける。
人間性がどうあれ、紳介がそういうので数字をとっているのは確か。

しかしまあ、さんまがよく使う「トークの場は戦場」というギャグも、半分マジなところがあると思う。
番組スタッフもタレントも必死だ。
知世さんは、あの頃以来、バラエティー、トーク番組からすっかり遠のいてしまったわけだが、
あれにコリたというわけではないだろう。
何だか、バラエティー番組スタッフへの礼儀があるように感じる。
映画の宣伝だからと中途半端にお茶を濁すことをやめようとするような。
映画自体を紹介するインタビューなどには、よく顔を出しているもんな(主に衛星放送だが)。

ともあれ、ファンとしては、どんな理由でもバラエティーに顔を出してもらって、素の部分を見せてもらいたいと思うな。
素の部分がとても魅力的なんだから。

228 :名無シネマ@上映中:2006/10/16(月) 15:05:24 ID:uF5kEGgU
あのさ、女優板に個人スレがあるんじゃないの?

229 :名無シネマ@上映中:2006/10/16(月) 15:38:00 ID:kKgZ7PJi
誘導
原田知世って今年で36だよ!
http://bubble4.2ch.net/test/read.cgi/cafe30/1067667969/l50

230 :名無シネマ@上映中:2006/10/16(月) 15:41:05 ID:kKgZ7PJi
【祝!】原田知世【結婚】
http://tv7.2ch.net/test/read.cgi/actress/1115638515/l50

231 :名無シネマ@上映中:2006/10/16(月) 17:28:09 ID:0ZnrqUWY
いや、でも紺野や細川とは比較にならなかったよ<原田のクラブ紳介
真顔でやる気ないのかとか来るなとか自分のこと何様と思ってるねんみたいな
感じの罵倒を平気でやってた。さんまがよくアイドルを泣かすのとは次元が
違う。さんまのはまだ愛嬌がある。紳介のは陰湿そのものだった。
流石に深夜でもこんなの流すなと思った。
あれ以来紳介は大嫌いになった。

232 :名無シネマ@上映中:2006/10/17(火) 17:44:37 ID:UMVOG4RL
この映画、週刊新潮で最高点だったらしいけど、、、そんなに公開されてないよね?


233 :名無シネマ@上映中:2006/10/17(火) 18:12:09 ID:rU6SxPpK
映画担当者による、「俺様の脳内順位」の話じゃないの?


234 :名無シネマ@上映中:2006/10/17(火) 18:39:02 ID:8LAMfnsw
映画担当者って、最初から一般受けする映画を見ないからなぁ。
逆偏見があるというか。

235 :名無シネマ@上映中:2006/10/17(火) 19:07:13 ID:UMVOG4RL
原田がヴィム・ヴェンダースと対談しているDVDを見て気付いたんだが、原田って意識的に自然な存在感を出そうと努力してきた女優さんなんだね。
原節子や笠智衆を「台詞の力を借りずに佇まいだけで表現出来る(もちろん意訳)」と絶賛していた。


236 :名無シネマ@上映中:2006/10/17(火) 19:30:16 ID:rU6SxPpK
ただ、週刊新潮の主たる読者層(50才台以上)を意識するなら、そう的外れではないランクだとは思う。

237 :名無シネマ@上映中:2006/10/18(水) 00:29:14 ID:eLpMEBVz
弁当箱に電子回路を組み込んだのをプレゼントするところがあっても良かったのにと後になって思った

238 :名無シネマ@上映中:2006/10/18(水) 01:07:06 ID:uNuKalnk
うまいお茶はぬるめにいれるからごくごく飲める
八女茶じゃなく静岡茶というのが泣ける

239 :名無シネマ@上映中:2006/10/18(水) 06:51:41 ID:qObzUDAQ
おはぎとか、弁当箱とか、静岡茶とか、
からむエピソードも秀逸だよね。
さりげないけど、ほんのり印象を残す。
俺は、駅長さんという人が、どんな人か知りたい。
話し好きで悦子を笑わせたり、安忠(小林薫)を引き留めてるんじゃないの?などと
噂話で語られるだけなんだが。
町や職場にたいてい一人くらいいて、しょうもない冗談を言ってたりする好人物なんだろうな。
映画のふくらませ方としては、こうした脇役を実写化して、
1シーンか2シーンくらい、コミックリリーフ的にはさみこむところかもしれない。
でも、黒木監督はしない。
その分、物語の中心がブレないんだろう。
話の中に登場するだけなんだけど、妙に印象を残すんだよなあ。
俺は渥美清を想像してしまった。


240 :名無シネマ@上映中:2006/10/18(水) 11:16:37 ID:ZW+i65Dt
私は駅長さん=原田芳雄さんを想像してました。

241 ::名無シネマ@上映中 :2006/10/18(水) 15:13:47 ID:78VCUBji
私は駅長さん=谷啓かな


242 :名無シネマ@上映中:2006/10/18(水) 22:32:53 ID:oCxPAQes
駅長=見栄張
だったらどうする?

243 :名無シネマ@上映中:2006/10/19(木) 14:24:58 ID:WvzirTIX
>>237
俺もずっと電気回路だと思って聞いてたが、
電気懐炉なんだな。「もう春だぞ!」とか言ってたし
そりゃ回路なんかもらっても仕方ないか

244 :名無シネマ@上映中:2006/10/20(金) 08:21:21 ID:JJDzVkGq
がっびいーん。
そうだったのか。懐炉だったのか。
俺はまた「子供の科学」の付録的な、回路ボックスみたいなのを思い浮かべていた。
専門家じゃなきゃ面白くないようなそんなモノを、悦子がもらっても仕方がないと
そう思っていたのだった。
ああ、なるほど。懐炉だったんだ。なら、すげえ納得がいく。

245 :名無シネマ@上映中:2006/10/20(金) 08:43:32 ID:JJDzVkGq
駅長=谷啓は、俺のイメーじともぴったりだった。

駅長=原田芳雄は渋いな。
でも、アリかもなあ。
しかめっ面のクセに、時々馬鹿話をひとくさり語っては、近所の子どもから「えきちょのオッサン」とか呼ばれていそう。

駅長=見栄晴はどうするよ?
いや、これもアリだろ。
時々、汽車が忘れて「え? こんな駅あったっけ」なーんか言って通り過ぎちゃったりする駅かもしれないけど。

しかし、それぞれのイメージってみんな違うもんだな。

246 ::名無シネマ@上映中 :2006/10/20(金) 12:59:41 ID:qyndf9A1
昨日、広島で見てきました。
いやああ、いい映画ですね。
松岡俊介、最高♪
号泣、また号泣でした!
駅長=谷啓はぴったりですね。


247 :名無シネマ@上映中:2006/10/20(金) 16:29:37 ID:dDZSldi6
前に話題になってるけどやっぱり「舞台劇」の単なる「映画化」だと思った。
単なる「舞台劇」を「映画」に昇華させるための工夫が全然足らない。
「良い作品」だとは思うけど「良い映画」とはとても思えない。

248 :名無シネマ@上映中:2006/10/20(金) 16:43:55 ID:atwkLbox
>>244
俺もだよ!
てっきり「回路」だと思っていた!
シナリオ付きのパンフレットまで購入しているのに気付かなかった!

いや〜でも俺は「シュールなギャグ」だと笑えたんだよね。
吉田戦車の漫画みたいなギャグだと思っていたよ。

監督の年齢考えると、ってか作品考えると、そりゃ「懐炉」だよな。


249 :名無シネマ@上映中 :2006/10/20(金) 19:05:26 ID:d3kNURBi
>>247
まあそれは人それぞれだろう。
俺は映画としての意義があったと思った。
屋上のシーンで。
それから舞台じゃ役者の顔のアップが見えない。

あとあまり映画化の必然性は考えなくてよいと思う。
「良い作品」ならば「良い映画」の十分条件だと思うから。

250 :名無シネマ@上映中:2006/10/21(土) 15:56:37 ID:m2iL+tpT
>>240
おらも原田芳雄だと思ってたよ
黒木組の常連だし、いつでてくるかと待ってたら終わってしまった

251 :名無シネマ@上映中:2006/10/22(日) 05:24:56 ID:2QrNiynl
>>247
くどいよ 粘着くん

252 :名無シネマ@上映中:2006/10/22(日) 12:25:09 ID:5kgneJUe
>>247
感じたことは判りますが、
舞台劇であっても感銘深い映画であればそれでいいのでは?
あなたは舞台劇は見たの?比べてどうでした?
舞台劇ではないものもあったのでは?

253 :名無シネマ@上映中:2006/10/22(日) 14:43:11 ID:o6vz1XzC
 本庄まなみのツンデレぶりに萌えた。

254 :名無シネマ@上映中:2006/10/22(日) 20:04:11 ID:v28bTg3S
どうしてだろうかね。
この映画の余韻って言うのかな?
解らないけど不思議に心に残り続け考えさせられる映画。
もう観てから一月も経つのに。
で、心に残っていたり考えさせられたりするのは平和の尊さや戦争の悲惨さじゃないんだよ。
まだ俺なんか30年しか生きていないけど監督から「いままでの人生、ご苦労さんでした」と言われているような気分だった。
そういう感想しか持てない俺は許されるんだろうか、と・・・
妙に癒される映画だったよ。俺には。

悦子がさ、最後に前を向いて生きていく決意を見せるシーンが有るよね?
そのシーンの後に屋上の素晴らしい老夫婦のエンディングシーンに繋がるんだけど、やっぱり監督は「前を向いて生きなさい」って言いたいのかなと。



255 :名無シネマ@上映中:2006/11/01(水) 21:51:51 ID:XNtOHQ8k
神保町以外にも拡大しろよ。東京は広いんだからさ。

256 :名無シネマ@上映中:2006/11/10(金) 00:50:22 ID:b+u1sWRF
あげておくか

257 :名無シネマ@上映中:2006/11/10(金) 01:13:03 ID:rpQTMqCG
岩波ホールさステージが大きいから
スクリーンが奥に行き過ぎてさ見難い

258 :名無シネマ@上映中:2006/11/14(火) 10:40:59 ID:XWaRHlDq
新潟で観た。
いわゆるBGMがない映画なんだね、これ。
でもぜんぜんたるまないの。本庄まなみがとてもいい感じでした。
もう一回観たい!けどどこでやってるんだろう。。。

259 :名無シネマ@上映中:2006/11/15(水) 07:33:42 ID:3IEt2pyf
>>258
http://www.pal-ep.com/kamietsu/gekijyo.html

260 :名無シネマ@上映中:2006/11/19(日) 20:56:55 ID:UvOaSpUc
今日、岩波ホールで観た。
良い映画だと思った。
原田知世の良い面を黒木監督が巧く画面に出したと思った。

261 :名無シネマ@上映中:2006/11/23(木) 00:30:56 ID:jQNVA2yM
よい映画だけど、原田知世はヘタだと再認識させられた映画でもあった。

262 :名無シネマ@上映中:2006/11/23(木) 01:52:31 ID:FR2Zt8R9
>>261
田中裕子みたいになると思ってたんだけどなぁ。
所詮はアイドルだったよな。

263 :名無シネマ@上映中:2006/11/23(木) 02:06:42 ID:jQNVA2yM
ああ、若いうちに相米にでもしごいてもらえばよかったのにな。
大林ではなくて。
おっと、永瀬がションベンライダーでデビューしたのを思い出したわ。

あの年代の女学生をやらせるなら上野でも蒼井でも宮崎でももっとマシな演技を
するわな。

でも、監督の意図として狙ったヘタさなのではないかとも思う漏れがいる。

264 :名無シネマ@上映中:2006/11/23(木) 02:41:48 ID:e9DMTqPb
私も下手だなあと思ったけど、
こりゃあ、永与が一目惚れするのもうなづける、
という魅力はふりまいていたと思います。
たぶん、演技じゃなくて無意識に。

265 :名無シネマ@上映中:2006/11/23(木) 14:18:32 ID:y1+3AgIw
それでも、方言を使ってるからまだ助けられてるな。

266 :名無シネマ@上映中:2006/11/24(金) 12:21:55 ID:GBYWi6zN
>>263
言えてる。大林じゃ伸びないよな。
黒いドレスの女の時に、監督の要求が厳しすぎて
女優をやめようと思ったって聞いた。
スパルタだと逃げ出すみたいだ。
そこを踏ん張って大女優になって欲しかったよ。
今じゃタレントだよ。
でも監督は上手い下手よりも、ああいう雰囲気の女優を
使いたかったのかもしれないなと。

267 :名無シネマ@上映中:2006/11/28(火) 21:22:43 ID:xU4k3jDm
        。 ◇◎。o.:O☆οo.   
       。:゜ ◎::O☆λλ☆。∂:o゜                   
       /。○。 ∂(σ.σ)O◇。☆
     /  ◎| ̄ ̄ ̄ ̄ ゚̄ ̄ ̄ ̄|:◎:
    /    ☆。| お誕生日おめでと。|☆
  ▼      。○..io.。◇.:☆____| 。.:
∠▲―――――☆ :∂io☆ ゜◎∂:.


268 :名無シネマ@上映中:2006/11/29(水) 17:25:04 ID:uDOHbD0D
http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20061128-OHT1T00067.htm
おめ

269 :名無シネマ@上映中:2006/11/30(木) 09:55:19 ID:KqdVw4Jd
>>269
おめでとう
監督の家族は10回ぐらい見たそうだな

270 :名無シネマ@上映中:2006/11/30(木) 18:43:40 ID:EUELk4rh
ってか、実相寺死んでいるし・・・
知世にとっては哀しみの年では有ったな。

>>263
「抑える演技」を監督が要求していたのは確か。
原田も解りやすい演技、いわゆるテレビ的演技は出来るんだが似合わないんだよね。
ってか、そういう演技を求められないタイプなんだろうな。きっと。

>>266
知世を女優業から逃げ出すまで叩いたのは早春物語の澤井監督。
ちなみに監督は知世を絶賛。冗談じゃなく。

271 :名無シネマ@上映中:2006/12/02(土) 00:18:23 ID:1G5kRIdw
黒いドレスの女の後、女優やめたいと思ったって言ってたよ。
黒いドレスの監督も叩いたのか?

272 :名無シネマ@上映中:2006/12/02(土) 02:30:00 ID:PL3gyWOZ
>>271
「早春物語」→女優業に疲れて音楽活動に専念
ドラマ「恋物語」で女優活動復帰→「黒いドレスの女」→映画の出来は別として本人ノリノリ。
そのまま角川独立→速攻で「私をスキーに連れてって」の撮影。


273 :名無シネマ@上映中:2006/12/02(土) 02:39:44 ID:/RH6IXCr
黒いドレスは崔洋一か。

274 :名無シネマ@上映中:2006/12/03(日) 21:09:23 ID:1zpp/GGO
米ノ津出身なので、どうしても観たくなって、東北から長野まで遠征して観てきました。
方言に若干の違和感はありましたが、兄夫婦の会話が自分の両親の会話を聞いているようで、楽しめました。
両親やばあちゃんにみせたいな。

275 :名無シネマ@上映中:2006/12/03(日) 21:39:07 ID:2Jw+EtQ+
乙。いい映画だよね。

276 :名無シネマ@上映中:2006/12/07(木) 00:39:43 ID:j4lzgs5B
http://www.asahi.com/kansai/event/OSK200612040040.html
貼っとくわ。2位オメ。

277 :名無シネマ@上映中:2006/12/08(金) 03:25:12 ID:B7BsOLUr
うん。オメ

278 :名無シネマ@上映中:2006/12/08(金) 10:09:00 ID:sD2aXDtP
朝日か。どうせ1位は蟻の兵隊だろ。

279 :名無シネマ@上映中:2006/12/08(金) 22:56:15 ID:Hqn+LpRp
いや、グエムルだよ。洋画部門は。

280 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 23:56:51 ID:IW7vCdRP
ヨコハマ映画祭は次点ですた。

281 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 01:12:50 ID:XBR31Qn6
キネ旬ベストでかなり上にきそうだな

282 :名無シネマ@上映中:2006/12/25(月) 19:33:53 ID:ciIS+7Cd
明日は原田知世のNHKのドラマが放送されるよ

283 :名無シネマ@上映中:2007/01/05(金) 00:42:19 ID:Yze5pFHP
アゲトク

284 :名無シネマ@上映中:2007/01/06(土) 15:26:15 ID:wwFRokOc
演技派女優を諦めてタレントとして生きていくなら
若いうちにあのブタ鼻を整形しておくべきだったのにな

285 :名無シネマ@上映中:2007/01/09(火) 10:51:11 ID:22xnmAgV
あれだけ整形しまくってるのに鼻だけ直さないってことはないんでない?
直してあれなんだと思う。


286 :名無シネマ@上映中:2007/01/11(木) 05:39:42 ID:snjYXjM6
キネ旬、第4位おめでとう

思ったより上位で嬉しい

287 :名無シネマ@上映中:2007/01/11(木) 10:03:23 ID:YT3QX71k
遺作だもん

288 :名無シネマ@上映中:2007/01/11(木) 14:22:14 ID:5LfbUZIy
>>286
なかなか良い位置だと思う。あとあと評価が高いのは、トップより
下がったこの辺りが多いよね。

289 :名無シネマ@上映中:2007/01/14(日) 16:11:13 ID:M0Io1RzE
>>284
あのブタ鼻のおかげで対女性好感度があがるんだよ。
cf. 篠原凉子

290 :名無シネマ@上映中:2007/01/14(日) 17:24:43 ID:LIh8JPGF
女性には好かれてないよ。原田。
女性は無難なタイプは好きじゃない。
嫌われはしないというだけ。
若さからそのうち人気が出てくると思うけれど。

291 :名無シネマ@上映中:2007/01/15(月) 20:40:00 ID:ShF8ldP1
女ですがファンですが何か。


292 :名無シネマ@上映中:2007/01/15(月) 20:50:16 ID:4OqDtxSc
それは少数派。
全盛期に比べたら減ったね、ファン。

293 :名無シネマ@上映中:2007/01/15(月) 21:11:42 ID:FYWLLz2X
>>292
そりゃそうだろ、全盛期ってそんじょそこらの芸能人の全盛期とは訳が違うし。

294 :名無シネマ@上映中:2007/01/16(火) 10:07:13 ID:CTacmOwZ
虚構だったしな。

295 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 17:41:00 ID:qyvEG6HS
高崎映画祭、助演女優賞おめでとう、まなみん

296 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 03:45:00 ID:/I3lQ+cM
こんなに良い映画なのにアカデミ賞には誰も引っ掛かりもしない。


297 :名無シネマ@上映中:2007/02/04(日) 23:01:22 ID:u0bixT3J
やべえ落ちそう

298 :名無シネマ@上映中:2007/02/05(月) 14:30:55 ID:B5woIP0k
まだ公開中なのに落ちたら洒落にならない。

299 :名無シネマ@上映中:2007/02/05(月) 14:48:36 ID:whchOFhR
落ちたら後悔中になる(洒落)

300 :名無シネマ@上映中:2007/02/05(月) 16:02:45 ID:TQA+fv8D
DVD





301 :名無シネマ@上映中:2007/02/07(水) 22:57:32 ID:yQ5pXIbZ
今日大阪リサイタルホ−ルで観ました。屋上シ−ンの長い何気ない夫婦の
会話絶妙な間合いだと思います。日常生活に入り込んだ戦争を描いた良い
映画でした。

302 :名無シネマ@上映中:2007/02/08(木) 20:09:15 ID:Kq45jFh4
↑すげーいびきかいて寝てるおっさんがおったやろ!


303 :名無シネマ@上映中:2007/02/08(木) 20:49:04 ID:/MeUDZGT



304 :名無シネマ@上映中:2007/02/08(木) 23:43:35 ID:y5hWCXej
>>302 1回目の上映でしたな凄いいびきだった、だれかつついて起せば
と思った。

305 :名無シネマ@上映中:2007/02/10(土) 00:18:28 ID:ft+uEj1+
DVDマダー

306 :名無シネマ@上映中:2007/02/10(土) 01:31:29 ID:FlDQ3rB4
↑まだ公開中だから無理じゃろうて。

307 :名無シネマ@上映中:2007/02/10(土) 01:56:39 ID:rSuTjUr4
6/22発売
ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000N0WBFE/

308 :名無シネマ@上映中:2007/02/10(土) 19:56:07 ID:gvknA8LO
知世なら、どうしても結婚してくれと言われれば、
考えてやってもよい。

309 :名無シネマ@上映中:2007/02/10(土) 23:06:00 ID:6NJ8vMcF
知世の姉は、今何やってるの?

310 :名無シネマ@上映中:2007/02/11(日) 00:34:51 ID:Yd156tqu
>>309
検索って知ってる?
ttp://www.pacvoice.com/artist/kiwako/

311 :名無シネマ@上映中:2007/02/11(日) 20:32:10 ID:Slmftu9x
知世、キネ旬女優賞で次点だったんだってね。
古くからファンを続けている俺としては隔世の感がします。

312 :名無シネマ@上映中:2007/02/12(月) 02:37:20 ID:ArEBNbCW
次点になる演技だとは思わなかったが。

313 :名無シネマ@上映中:2007/02/12(月) 06:04:31 ID:WW5AsEm0
>>312
大向こうを張る演技をする女優じゃないからね。
なかなか賞レースには乗り難い。
たまにテレビとかでは解りやすい派手な演技もするけど知世本来の抑える演技で通した。
それもこれも黒木監督の演出が良かったんじゃないかな?
永瀬はどうだったんかな?

314 :名無シネマ@上映中:2007/02/12(月) 06:42:46 ID:XzzIocLh
大根

315 :名無シネマ@上映中:2007/02/12(月) 09:39:24 ID:+zDrCNss
笠智衆みたいな感じ

316 :名無シネマ@上映中:2007/02/12(月) 21:45:17 ID:4kL3BIGE
>>315
あ、それ言える鴨



317 :名無シネマ@上映中:2007/02/13(火) 12:24:15 ID:VEP8nCRu
なにをやっても原田知世。

318 :名無シネマ@上映中:2007/02/13(火) 13:48:31 ID:29kd7xAm
>>317
だな。自転車泥棒でも原田知世だったorz
大向こうを張らなくても賞はとれるよ。
逆に玄人衆の評価は高まる。
「知世は大根」に異論のないファン歴約18年の俺orz

319 :名無シネマ@上映中:2007/02/14(水) 17:46:25 ID:5cXfcC66
何を演じても原田知世ってのが良い。
ジョディーもヘプバーンも何を演じても変わらない女優さんだし。
そのうち賞も獲るだろう。
キネ女優賞次点なんだって?
個人事務所で後ろ盾もないのに良くやったよ。

320 :名無シネマ@上映中:2007/02/15(木) 00:17:12 ID:Nt91d3gY
「なにをやっても」って続くのは、加藤嘉に決まってると
思ってた。いろんな人の名前を入れても、別にいいんだな。

321 :名無シネマ@上映中:2007/02/15(木) 00:31:14 ID:fktCg4qF
加藤鷹に見えたのはわたしだけではないはず絶対

322 :名無シネマ@上映中:2007/02/15(木) 04:47:48 ID:P4DQsqri
加藤茶でも?

323 :名無シネマ@上映中:2007/02/15(木) 17:41:09 ID:HPfqFPcU
加藤豪でも?

324 :名無シネマ@上映中:2007/02/15(木) 18:06:20 ID:dMJrLPFw
加藤家でも?


325 :名無シネマ@上映中:2007/02/16(金) 13:50:46 ID:l6PhEjQe
>>321
ノシ

326 :名無シネマ@上映中:2007/02/16(金) 13:52:14 ID:l6PhEjQe
>>319
キネマ旬報は事務所の力は関係ないよ。
知世世代のオサーン達が力をつけはじめたので、
そのうち賞とるだろ。
時かけは偉大なり。

327 :名無シネマ@上映中:2007/02/17(土) 00:08:28 ID:G0Qk7wv2
ラッキョウを食って、口の中に酸味があるうちに、おはぎを食う。
口の中に甘みがあるうちに、ラッキョウを食う。
これを繰り返すと美味い。

328 :名無シネマ@上映中:2007/02/17(土) 14:56:32 ID:9jPUI7BJ
>>327
渡辺文樹 御巣鷹山
http://tv10.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1123321522/

329 :名無シネマ@上映中:2007/02/17(土) 14:57:35 ID:9jPUI7BJ
ゴバクすみません

330 :名無シネマ@上映中:2007/02/19(月) 22:14:33 ID:2RK3IQg1
個人事務所でも薬師丸ひろ子は日本アカデミー受賞。
石田ゆり子は個人事務所でも候補にのぼる。

331 :名無シネマ@上映中:2007/02/20(火) 17:21:34 ID:45QHiIPf
はいはい。
薬師丸さんは凄いですね。W
キネ旬次点が限界って知世ファンは謹みますよ。W

332 :名無シネマ@上映中:2007/02/20(火) 19:07:35 ID:NbtNRbyg
黒木作品の主演てだけで満足だわ。

333 :名無シネマ@上映中:2007/02/22(木) 14:35:09 ID:ONMGaa9K
>>332
同意。よく使ってもらえたよな。
驚きだ。それも遺作だよ。
知世の運の良さと世渡りの上手さには驚かされる。
これからもその調子で乗り切ってくれ。

334 :名無シネマ@上映中:2007/02/22(木) 18:10:30 ID:J1M7udZo
うむ。遺作だけに、確かに、なにかと今後マスコミでは取り上げられる作品のひとつになったもんなあ。

335 :名無シネマ@上映中:2007/02/22(木) 20:14:49 ID:ONMGaa9K
時かけ
わたスキー
トーレ
落下する夕方
結婚
そしてこれ。

節目節目をきちんと抑えていて
息の長い女優になったよ。
運も実力のうちだよ。

336 :名無シネマ@上映中:2007/02/22(木) 20:19:15 ID:4J9kfQx4
ここ、女優板じゃないんだけれど。

337 :名無シネマ@上映中:2007/02/23(金) 04:15:42 ID:aEmpcoRp
>>336
あら、失礼をば。
でも私みたいな知世ちゃんのファンからしてみれば「知世」ってキーワードを通してしか作品を語れないのよね。
で、そういう映画評も許されるんじゃないかしら?
だって黒木監督も作品を作り上げるにあたって「素材→原田知世」ってキーワードを通して作品を作り上げたのは間違いないだろうし。
それほど客を呼べる派手な有名女優でもないし、宣伝にもそれほど協力しないし、ましてや名女優と言われる存在でもないのに敢えて起用したのは知世ちゃんの個性が大きかったと思うのよ。

まぁもちろん映画では永瀬さんの存在も大きいけどね。
知世さんは永瀬さんに引き立てて貰ったとも言えそう。
でも、知世さんも永瀬さんを引き立たせたとも言える訳で、、、永瀬さんの女房役は知世ちゃんしか居ないでしょう!・・・とこれは私見だけどね。
でも「うぶめ」でも知世さんは永瀬のヒロインを演じた訳で強ち無理な主張ではないような気がします。

でも、これだけの題材をさらっと演じてしまうのは主役二人の凄さでしょうね。
それに違和感を覚えさせない演技力、監督の演出・・・良かった。

83 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)