5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【硫黄島】父親たちの星条旗8棹目【Flags of Our Fathers】

1 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 12:39:47 ID:fC7ljln0
第二次世界大戦末期、硫黄島で国旗を掲げた6人の兵士たち。
クリント・イーストウッド監督作。製作はスティーブン・スピルバーグ。

米公式サイト
http://www.flagsofourfathers.com/
日本語公式サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/iwojima-movies/
前スレ
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1164166941/l50

過去スレ
6 http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1163147527/
5 http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1162692952/
4 http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1162424489/
3 http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1162194774/
2 http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1162051965/
1 http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1160800320/

関連スレ
【Letters from】硫黄島からの手紙21通目【Iwo Jima】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1166273491/l50
真の男◆クリント・イーストウッド総合スレPart6◆真の漢
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1163588905/

関連アンチスレ
硫黄島からの手紙日本版と海外版で扱い違う件
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1161512896/

関連ネタスレ
こんな「硫黄島からの手紙」は嫌だ
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1166184440/l50

2 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 12:41:48 ID:fC7ljln0
参考資料
ウィキ【硫黄島の戦い】
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A1%AB%E9%BB%84%E5%B3%B6%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84

硫黄島に従軍した帰還兵の日記
http://www5f.biglobe.ne.jp/~iwojima/index.html

上記帰還兵の孫によるサイト
http://www.iwojima.jp/

題材になった写真(2枚目のほう)
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/en/a/a1/WW2_Iwo_Jima_flag_raising.jpg

当時の掲揚時の動画
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/e/e8/Raising_the_Flag_on_Iwo_Jima.ogg
劇中でも上の写真撮ったカメラマンの隣で撮影してた

硫黄島摺鉢山山周辺
http://maps.google.com/maps?f=q&hl=ja&q=%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%83%BD&ie=UTF8&z=18&ll=24.7486,141.288326&spn=0.00324,0.005697&t=k&om=1&iwloc=addr

硫黄島地形図
http://watchizu.gsi.go.jp/watchizu.aspx?id=37411200&slidex=2000&slidey=400

アーリントン国立墓地の記念碑
http://maps.google.com/maps?f=q&hl=ja&q=Arlington+National+Cemetery&sll=37.0625,-95.677068&sspn=47.349227,69.433594&ie=UTF8&z=19&ll=38.890396,-77.069703&spn=0.001388,0.002119&t=k&om=1

3 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 12:43:49 ID:fC7ljln0
「硫黄島からの手紙」予告
http://pdl.warnerbros.com/wbol/jp/iwojima-movies/trailer/iwojima_trailer2_1000k.wmv

「父親たちの星条旗」予告
http://pdl.warnerbros.com/wbol/jp/iwojima-movies/trailer/fof_trailer_1000k.wmv

「2部作篇」予告
http://pdl.warnerbros.com/wbol/jp/iwojima-movies/trailer/iwojima_trailer_1000k.wmv



硫黄島関連映画
【硫黄島の砂】1949年作 主演:ジョン・ウェイン
http://www.keep.co.jp/movie/08war/pdm_036.html
450円くらい

BF1942 "硫黄島攻防戦 〜island of hell〜"
http://www.youtube.com/watch?v=jB5REmvw-0M

【硫黄島の砂】はYahoo!!動画で無料開放中
http://streaming.yahoo.co.jp/c/t/00176/v00397/v0039700000000309825/

4 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 12:45:50 ID:fC7ljln0
マスターベーション許可申請書

                   申請日    年  月  日
 本部長殿

申請者氏名

申請記載事項
1   月  日  時  分  〜  時  分(予定) 
2 場所
3 使用道具
4 予定回数
5 参考 前回の行動日および回数

以上の通り、申請しますので、許可をお願いいたします。

認否判定
○ 判定  許可する・許可しない・条件付許可(条件:    )

注意事項
・前日の夜8時までに所属長経由で本部長提出のこと。
・可否の判定は、提出日の翌日の17時までに所属長経由で回答する。
・後始末を行い、使用部屋および使用器具を原状に復帰させること。
・ゴミについては、すみやかに廃棄処分すること。

5 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 14:44:25 ID:t4Oq+k/d
http://us.imdb.com/title/tt0055270/posters
アイラを主人公にした映画「THE OUTSIDER」邦題は硫黄島の英雄。
原題は意味深でいい感じなのに、なんでこんな邦題にしたんだか。
アイラ役のトニーカーティスはお熱いのがお好きでマリリンモンローと競演し、
キスシーンの撮影後「まるでヒトラーとキスをしたような気分だ」と語った白人のスター。

見たい。DVDとか出ないのかな?

6 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 16:20:37 ID:5RIfiWuY
新スレ乙

7 :愛国とはすべて軍需利権である。:2006/12/17(日) 16:25:52 ID:6XEPD6So
http://esashib.hp.infoseek.co.jp/chintaro05.htm
http://members.at.infoseek.co.jp/YaYa/isihara.htm
週刊朝日2001・3・23号・P54、対談。
林真理子 (石原慎太郎が)国会議員を辞めた後は寂しそうでした?
石原良純  というよりじいさんになってきていやだなと思っていました。
よどむみたいに頑固になっていくんですよ。同じ事何度も言ったり。
ちょっと心配していました。

(同じこと何度も言ったり、、よどむみたいに頑固、、って
介護施設ではなく都庁に放り込んだのか、石原家は?w)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik2/2003-10-31/03_01.html
石原宏高衆院議員(自民党)が昨年九月、
水谷建設元会長と料亭で会合をもっていた、500万円。
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2006-12-10/2006121015_02_0.html


8 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 17:36:58 ID:YmnsUqfm


                 戦 争 を 終 わ ら せ た 一 枚 の 写 真 。 そ の 真 実 。


     へ、-- 、,   iーッ、iヽ___へ F l a g s o f O u r F a t h e r s  1ー_=====へ、  ノ`,っ へ   i`っ 「フ____入
  ノ’,/` `ヽ, ヽ~lヽフ>] トヨ |  ヽ>      7>       __、    | ├====  |  /へこフ / i=;´ 「うノゝ_1 Z、
 ムイノヘ、 ノ`ン~~ ー=ン ゝ|├ヨ | =、-!ニフ,,、、、、=十=フ   /´ノ}’`ヽ`、 ヽ<=‐ーっー1 ,,;ン;;´ン<‐二了 | 万´ノ トキ |``
   `ヽ' `’' ノ  ‘-ラ' そ-Lヶ- 」  // ‘´<‐` 1l ,,-ェ;、 (l  ノ/   | ) /ン ┤ ト‘‐ゝ 三=ー! K==´ゝ | リ 1 | トモ | ,、
    ,/ヘ`ヽ‐_ ノ/1 | しリ ソ| |ノ1 ノ/  r、     し´   ) )| し,ソ   ノノ r´`-→ 「‐‐フ、 ノン'1 |ヽ`ニ了i ム 「っ亠`-;;-ゝ
  ,ノ- ´   ヽ、ソ´ しレン''´ L--Xノ  ヽこつ   _-_::ン'’ヽ´  =‐´´  `---亠亠----´´  し!  `‘ レ てノン‐´`ヽ、)

                        ク リ ン ト ・ イ ー ス ト ウ ッ ト ゛

                                監督作品

9 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 18:07:37 ID:5RIfiWuY
こんなAAあったのwww

10 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 18:15:23 ID:zEVJ4AQr
昭和40年、すっかり戦争も風化しかかった頃、ハリウッドからサイ・バートレット
という映画のプロディーサーがケーリー・グラントを伴って、西武子未亡人を麻布に訪れた。
彼は大戦で空軍大佐としてB29に搭乗。硫黄島に不時着したという。
そして32年のオリンピックの時に19歳の若者だった彼は、あの思い出のリヴィエラ・
カントリー・クラブでバロン西に大変可愛がられたという。なんという運命のいたずら。
彼は戦争が終わってバロン西に再会するのをどんなに待っていたことか。
彼は靖国神社でバロン西のためにたった一人の慰霊祭を主催する。
「………ロサンジェルスに帰りましたら、スペンサー・トレーシー、ロバート・モンゴメリー
及びカントリークラブの貴方の旧友達にこの報告をするつもりです。我が友よ安らかに」
サイ・バートレット大佐の涙の弔辞である。
http://ameblo.jp/tuboyaki/entry-10020593391.html

西竹一 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A5%BF%E7%AB%B9%E4%B8%80
http://ameblo.jp/tuboyaki/entry-10020590497.html
http://ameblo.jp/tuboyaki/entry-10020592448.html
http://ameblo.jp/tuboyaki/entry-10020593391.html
Sy Bartlett http://en.wikipedia.org/wiki/Sy_Bartlett
Sy Bartlett (サイ・バートレット) http://movie.goo.ne.jp/cast/2714/index.html
硫黄島の英雄(1961)原題 : The Outsider(1961)製作 Sy Bartlett サイ・バートレット
http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD690/index.html
硫黄島の上陸作戦に参加した1人のインディアン青年の生涯を描いたウィリアム・ブラッドフォード・ヒューイの原作から


920 名前:名無シネマ@上映中[] 投稿日:2006/12/13(水) 23:37:32 ID:Lb0pEO0D
アイラ・ヘイズを主人公にした映画が過去にもあったんだな。
ttp://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD690/comment.html
んでその製作者はバロン西の友達。
ttp://ameblo.jp/tuboyaki/entry-10020593391.html

11 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 18:18:07 ID:YmnsUqfm
>>9
いんや
今さっき作った

12 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 18:52:18 ID:cu4+BP9L
>>11
すげえ

13 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 19:04:46 ID:pIzttH++
>>11
GJ

14 :11:2006/12/17(日) 19:07:45 ID:t4Oq+k/d
うるせえ!!

15 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 19:26:22 ID:DFh38jMz
いい映画だったけど、「兵士たちは戦友のために戦っていた」というテーマに対する描写がちょっと不足していたような。
カードゲームやってる絵しかなくて、いきなり戦場に入っていくめまぐるしい展開のせいかな。
描写不足で、なんかとってつけたようなフレーズに感じられるのが残念。
戦友との友情に関しては「硫黄島からの手紙」の方が時間を割いていた気がする。
とはいえ、良い映画には間違いありません。エンドロールでしんみりとしてしまいました。

16 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 19:52:16 ID:N63YYLM/
この映画はアメリカ政府を皮肉った映画だよ。
たまたま星条旗を立てるところに立ち会った兵士が、政府の戦時国債を徴収
するキャンペーンに利用されるはめになる。
当初はどこへ行っても大歓迎されていたが、次第に忘れられていく。

戦闘シーンにはたいした意味はないし、友情なんてのも描写されてないだろ。

17 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 20:14:47 ID:iPvia/nm
星条旗は何というか小説を読むような感覚でした。
ポンポン飛ぶ時系列を頭で整理し、淡々と映し出される映像に
イメージを膨らませるというまさに小説そのもの。

クリントの映画に惹かれる人たちは基本的に読書好きの人が多いんだろうなあ

ちなみに、オレは読書が・・・・・あんまり好きじゃないw
でも、どういうわけかオレこの映画おもしろかった






18 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 20:29:10 ID:YmnsUqfm
                              北ノ岬
        4                I~^``ヽ!`つ
         1               L 、、、  :`、__   o
        _孑‐            /´:;‘  `'  ;:  ヽ-、
         ヽ          ,-'``、,,"‘  、… 、、、` 、  `
   ,、、     ヽ    漂流木海岸 ` 北部落 ;  :: `銀明水
  s l 監獄岩  `        i´ ;;`  、´o   o天山…:`''、 `ヽ
  {v'´             /'  `;:  '北飛行場     `; `ミ  `^)
  /)            西部落   ;      ,ヽ _     :  ;  「
                / `;o  大阪山 <;,.-‐''´     ; ; ` ''': し、
              ノ´    ;-ii;;;、'      o   o万部落`:: ‥ l
            /     ミ  `´    元山      ミ  、 :`  ヽ
           /´      :  : '     へ 二段岩・´, o ;、    ヽ
    ,-,       |    元山飛行場 //   ;'''`    ,-` 東部落 ノ`
    `´      l       ミ  、;_,-‐´-'一´´ ´ 玉名山  、'´    |
           |      ,;''  ソ / !`''´``'''´ `´ o南部落   ノ`

19 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 20:30:48 ID:YmnsUqfm
           ヽ     ;、 ,,ヽ´´~    ,、、、、、,-、´~‘    ノ´
             |千鳥飛行場, ' 船見台´´ ‐-、っ 、ーv-v-!`´
             |    ; ○    _ ;´   '`フ~´ー´
            |   ;´C 1、 //'    ノ´
             |    '、l「ヽ' /、;   ノ´
            /    、:`|`ソ^-' ;  /翁浜
           /     '/,,J ‥' ,-'´
           〕    ; `´ ,-´  ノ
            〔   `'´!-´ /´
           )      / 二ッ根浜
          ノ´     /´
         (  、、  i-´
        摺鉢山': |
         ヽ:- ,;''ソ´            0            2km
           }-`'´               !――――亠――――!
          ゚ ゜°


20 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 20:43:34 ID:gAqp77Ad
この本の巻頭に収録されている小笠原の砲台跡って、硫黄島の擂鉢山の砲台に近いイメージだと思う。
硫黄島は手軽にいけないけど、ここに載ってる小笠原なら手軽に行けるんで、ガイドブックとしてあり。

あと、元特攻隊員の証言も生々しく、他の本には載ってない秘話も収録されているのが興味深い。


『戦争廃墟』
http://www.amazon.co.jp/%6226%4e89%5ec3%589f/dp/481302047X/sr=8-4/qid=1156958338/ref=sr_1_4/503-0334738-7568711?ie=UTF8&s=gateway

21 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 20:44:33 ID:NBVxaLnz
>>18-19
すげーな。

22 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 22:35:41 ID:YmnsUqfm


;;;;;;;;;;;;;;:::::::        、                         : : :: : : ::: : :;;;::: ::  ::::;;;;;;;:::::::::;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;         丶ヽ-、_                     ::: ::  ::: ::::::::: :::::::::::     :::::::  ;;;;;;;;
;;;::::            丶ヽ゚ `~``ヽ-、_,__、、             :::::::: : ::::::::::::::::::  : :::::::  ::::::  :;;;;;;:
:::::::::             ヽヽヽ゚ 。゚。,ノ´ン´/入__         ::: ::: : : ::::: :::::    ::: :::::::::::: :  ::
:::                 ヽヽX´ン‐´ン/´/及コ        :  :  :  ::::::::::::   ::::::::::::::    :: :: ::::
                  ヽヽン´ン_´ノ入 ┤                      :      ;;;;;;;;;:::::::
;:::                  ヽヽン´/ア  ヽノ         :::   :  :  :        ::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::               ヽヽン'´ : :     ::        ::::: ::::::::::::::::::::::: ::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;
;;;::;;;;;;;:::::::::::::::::::   ::           ヽヽ         :  ::::::::  :::       :::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::  :::: ::::
:::::::;;;;;;;;;;;::::::::::::: :;:;::            ヽヽ                ::::::::::::::::   :::;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;
:::::::::::::::                      ヽヽ                ;;;;;; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
::::::::                        ヽ丶           父親たちの星条旗 :::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

23 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 22:37:09 ID:YmnsUqfm
:::  :                       ヘヽヽ              ::::::::::    ::::: :::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                          // ,,冫>、         :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                      ,.-yイン^`V´ /入,ー、.        :::::::::::::::    ::: :::::::::::::::::::::::
:                        〈ノ'ソ、,-.'´: ; ` u´、___l           ::;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::  ::::::::::::::::::::::
::                      Y´ ソ´::: ::/」1´-=ュミマ         _::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::  :::::: :::::::
::::: :::                  /: ::: :::::: トir1:: ´ .. ベ;ュ  ,-ーヘャ;;_`l  ::::::::  :::::  ::::::::::::::::::::::
:::::::::::                 _/,-f;;;:=__'::; ;V´;;::::','::::______`)/´/'   、>´  ::::::::;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::;;;;;;;;::::
::::::::::::::::::::::: ::            /フ.^ニ:::;゚''''';;;;`´::''''''::::;;;;;;}   `ヽくノ'__´-`':::: 1    ::::::;;;;;;;;;:::::;;;;;::::::::::;;;;;;;;;;;
iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii.iiiiiiiiiiiiiiiiii、、、.............../: ::: ii  `、:;;..´|;;;;;;::::'、',::`-、    `:: :::''ヽ-``ヽ          -、_;;;;;;;;;;;;;;
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:  (_;ソ1;;;;''''. ヽ;;::、ヽ;;;;;;;;,、;:::'ヽ、`i  /;;;;;::::、::__,,、-:´´書山・「ヽ一-ー、一_ヽ;;;;;;;;;;;;
::::iiiiiiiiiiiiiii「iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii;;;;;;;;;;;::::::::::::::: ノ;;;ノ´;;´-::::、ン';;;;;;/ ヽ;; |i:: i__i';;;;;,-´ヽy`;;アメリカから見た!!!!jjjj??書書書


24 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 22:40:45 ID:YmnsUqfm
!!!!!!!!!!!!!!!!八!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! /::,,,;:::::::、;;;;/ン'::::;;/ /,,::!i::;ィ、、ソ!!!!!硫黄島書書書書書書書書書
俺にはステーキに見える=《ヽへ」」」ノS;;;;、、;;iiiii;;`X;;;:::::::'´:::::::ソ、星条旗書書書書書書書書書書書書書書
書書書書書書書書書書書書g6fぅhsけwqkjsjykmk書書書書書書書書書書書書書書書書書書書書
書書書書書書書書書書書書書書書書書書書書書書書書書書書書書書書書書書書書書書書書書書




25 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 22:45:52 ID:AI+l7t/C
>>11
ついでに硫黄島からの手紙AAもよろ
で、向こうのスレに貼って

26 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 00:51:40 ID:ryAPnQWF
>>15
>「兵士たちは戦友のために戦っていた」

それは勘違いだろ。
どっかのインタビューで何度か読んだが、
イーストウッドは「兵士たちは後ろを歩く戦友のために死に、前を行く戦友のために死んだ」
つまり生き残るのは偶然でしかないという意味で言ってると思うんだが。

それにキャッチコピーに乗せられてテーマを語ってしまうのも、どうかと思う。

27 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 00:54:39 ID:FIAgrsF+

何度もカキコされているが、「星条旗」は映画館スクリーンで見てこそ、
その素晴らしさが解ります。物語の主題は別にありますが、戦闘シーンのできが
白眉です。


(IDにもちょっと注目してね)

28 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 01:17:47 ID:VGZSVYsu
特撮専門誌「cinefex」に、星条旗の記事が載ってるよ。
一般書店では売ってないけど、なぜか新宿の紀伊国屋にはある。

29 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 01:21:44 ID:PfNPg28K
ストロベリーソース。

30 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 02:45:11 ID:Ic4BrqaR
昨日上映場所聞いた者だが見に行った。いい映画だった、DVD購入だ。
気になったとこをあげると、なんか途中からアメリカ兵には弾は当たらない法則が感じられたような。
あとどうでもいいけど上陸前の日本軍の装備説明で字幕で高角砲って言ってたけど
俺の中途半端な軍事知識からだと高射砲を船に乗っけたのが
高角砲って呼ばれるんじゃなかったっけ?それとも高角砲は高角砲?

31 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 03:37:48 ID:YH5iepKv
ええその通りです。
海軍では高角砲とよびます。

32 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 05:37:28 ID:zubXmN12
いまさらですが、上映終わりそうなんで見てきました。
ミスティック・リバーもミリオンダラー・ベイビーも良かったが、今回のもすごく良かった。

イーストウッドの映画は80年代から好きで見てる方ではあるんだけど、ここにきて作風がぐっと変わったような
気がするのは俺だけ?バードや許されざる者あたりから流れはあるんだけど、、、

でも、マディソン郡の橋ってなんだったんだろうな。


33 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 07:22:15 ID:ryAPnQWF
>>32
文字通り恋愛映画に「浮気」したんでしょう>マディソン郡の橋

34 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 00:55:08 ID:68kPbqaj
見たけどアメリカのヒロイズムっていうのも国民病だなって思った。
日本じゃ現代でもそうだけど1人でいい目見ると徹底的にたたかれて、
滅私する人物に快哉を送るように、アメリカも特に男にはヒーローを
目指さない奴は男じゃない、マッチョであれ!って社会的抑圧が高い。
なんてことを考えながら見た。
まあ、硫黄島の死闘を生き残った身からすれば、何も知らない奴から
英雄呼ばわりされても「何も知らない奴が勝手なこと言うな!」
ってとこなんだろう。

35 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 00:30:03 ID:9K09fB4/

もう一度、あの凄まじい硫黄島戦を疑似体験するために
劇場にいくつもりです。



36 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 00:35:59 ID:k29WjUSQ
「手紙」ばかり語って、「星条旗」語らないのは片手落ち。

37 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 00:40:07 ID:J+UU+Im8
この映画は間違いなく映画史上、最高の戦争映画だよ。
映像の素晴らしさ、テーマの普遍性。

日本人が硫黄島映画を作ってこなかったのは罪悪とさえ思える。

38 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 00:41:30 ID:z8yCRIcu
>>37
もっとたくさん映画を見ろよ、恥ずかしいなあ

39 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 00:43:31 ID:k29WjUSQ
>>38
いや、お前こそその恥ずかしい感性をなんとかせんといかん。

40 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 00:49:56 ID:z8yCRIcu
>>39
そうか、悪かった。戦前の日本映画を見すぎたかも知れない。
1950年代の戦争映画も楽しんだ口だ。その後の日本の戦争映画はダメだわな。
そして、このイーストウッドの映画だが、どう見ても、日本の50年代の映画を思わせるわな。
いや50年代から60年代初頭あたり。戦争映画に限らないジャンルでの日本映画。
どうだろうか?

41 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 00:56:28 ID:ugtElyv8
>>40
そこらの作品の平均的完成度はもの凄いものがあったが、いかんせん今の
レンタルショップじゃあまりにも数が少なすぎるよ。
もっと気軽に旧作品が観れる環境が整えば、観客の鑑賞眼も冴えてくるのにな。
ただイーストウッド作品がそこ頃の邦画のテイストに近いムードを持っているのは
確かで、黒澤のみならずいろんな日本人監督の作品を観ているんだろう。

オレ的には今回の星条旗は戦争映画とだけは捉えられないと思う。


42 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 00:57:11 ID:J+UU+Im8
>>40
お前の推薦する戦争映画を教えてくれ。
父親達…が超えられない、映画を。
その薀蓄を。

===

ところで、この映画で、
タラワ基地が登場し、
すり鉢山に見立てた矢まで訓練するシーンがある。
さんご礁島嶼のタラワにああいう高い山、あったっけ?

========
プライベートライアンも、
ディアハンターも、
遠すぎた橋も、

この映画で超えられたね。

===
>>40
50年代の戦争映画?
まさかジョンウェインの「砂」じゃないだろうな。
はたまた「自転車泥棒」なんて出すなよ。w

43 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 01:08:38 ID:Hm7qBEcb

武士道による「台湾精神と日本精神」
李登輝前総統講演全文

http://www.yorozubp.com/0303/030301.htm


44 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 01:21:39 ID:ugtElyv8
>>42
笑うだろうが、オレ的には「ゴジラ」と「世界大戦争」かな。
あと「沖縄決戦」

でも今回の星条旗や手紙と比べる意味はないな。
黒澤の「トラ!トラ!トラ!」の挫折をあっさり覆してしまったイーストウッド。
おそらくスピルバーグの支え(まさに兵站)が完璧だったんだろう。
そのスピの怨念を支えたのが「SAYURI」の失敗。

偶然と才能が産んだ神懸かった双子作品でした。

45 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 02:46:12 ID:jAIPCmXl
あのコルセアに手をふり海に落ちた海兵隊員はどうなったんだろうか?

46 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 07:44:22 ID:UYYA+J7F
フカの海で九死に一生を得、JAWSの船長となったのです。

47 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 09:00:20 ID:FH/ZCAUq
>>42
>タラワにああいう高い山
あれは、ハワイのキャンプ・タラワ

48 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 12:35:32 ID:LgmB88oy

   Corpsman!





     Corpsman!!…

49 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 14:44:50 ID:VNjGt920
「硫黄島からの手紙」で
穴から地下へ引きずり落とされたのって
イギー?

50 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 15:11:11 ID:X1w8JXPK
>>49

そうかもしれないし、違うかもしれないって感じ。少なくとも俳優的には別人らしい。
俺はてっきり「父親〜」のイギーの死の真相が「手紙」で描かれるんだと思ってたけど違った。
「手紙」スレで誰かが言ってたけど、つまり戦場にはイギーみたいな奴が
たくさんいたって解釈でいいんじゃないかな。

51 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 15:50:51 ID:E4V9mlgq
>>50
いや、そんなにたくさん日本の捕虜になってない。
だから、演じてる人間が別でもイギーと考えて結構。

だって作ってる監督が同じ人なんだから、わざわざ別人と
言う必要ないじゃん。

52 :50 :2006/12/22(金) 17:25:12 ID:Ly4o1QoP
>>51

失礼、「たくさん」は言い過ぎだね。

>だから、演じてる人間が別でもイギーと考えて結構。
>だって作ってる監督が同じ人なんだから、わざわざ別人と
言う必要ないじゃん。

もちろんそうなんだけど、多分イーストウッドの意図としては、
あれがイギーであったにせよ違うにせよ、日本兵にとっては
単なる「米兵」の一人に過ぎなかったってことを伝えたかったのでは。


53 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:59:31 ID:7j+maiLd
今日硫黄島と一緒に見てきたけど、俺はこっちのほうが気に入ったな。
戦闘シーンはプライベートライアンを越える陰惨さで途中退席の人もちらほら。
でも残酷なシーンを隠そうとしないクリントには、あれは絶対に必要だったのだろう。
硫黄島のほうが感情移入できるという意見があるようだが、俺は全く逆。
アイラがほんといい奴で何度も泣きそうになった。

54 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 05:10:06 ID:ale66asY
http://www5f.biglobe.ne.jp/~iwojima/index.html
硫黄島から生還された方の日記です。
貴重なので、興味ある人は是非。

55 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 07:43:37 ID:Tt5UIdt7
>>53
それはお前が日本人ではないからだ。早く半島に帰れ。

56 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 08:44:40 ID:UoZ6i50l
どちらにせよ洋画だというのに、何を言ってるんだコイツは。

57 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 13:39:53 ID:uuhPjLPr
Iwo Jima veterans OK with 'Letters'
By Dennis McCarthy, Columnist
http://www.dailynews.com/dennismccarthy/ci_4883903
It was up close and very personal.Kill or be killed.

Still, it is a Hollywood movie, and not all the scenes resonated authentic,
especially a part where the Marines are landing on the beach and
quickly running across the black sand.
"We sank in that sand; we didn't run.
"We could hardly walk through it," Welsh said.
At one point in the movie, he leaned forward in his seat and whispered to Swerdlow,
who was a medic at Iwo Jima, that the attacking Marines weren't throwing enough grenades.手榴弾
"That battle was won with grenades and flamethrowers手榴弾と火炎放射器," he said later over lunch.
"They needed more of both. But as far as acting and photography, I thought it was very good."

58 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 14:08:52 ID:ylPhlSP6
『硫黄島からの手紙』観るなら
その前にこっちを観ておいた方がいい?
もう上映館が近くにはなくって、、

59 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 14:15:58 ID:xgjF08ka
>>58
「自国側を先に見たほうが衝撃が大きい」って言ってる人がどっかのスレにいたんで、手紙が先でも別にいいと思う。

60 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 14:16:38 ID:ylPhlSP6
>>59
ありがと

61 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 14:17:23 ID:xgjF08ka
>>48

    iggy!


       iggy!!…

62 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 19:26:57 ID:tuMiD+f2
何ていうかこっちのほうが洋画的に泣ける作りになってるよね。
同じ意見が手紙スレでも多いけど映画としての完成度が高い。
でもアメリカでは評価低いんだね…まあ気持ちはわかるけど

63 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 20:14:51 ID:uuhPjLPr
Private Ryan Is Gone, and War Is Global
By STEPHEN HOLDEN
Published: December 24, 2006
http://www.nytimes.com/2006/12/24/movies/24hold.html?ref=movies
So goodbye for now to Private Ryan and traditional Hollywood notions of
American go-it-alone heroism and "the good war" fought by "the greatest generation."


Here’s to the Ambitious and the Altmans
By A. O. SCOTT
Published: December 24, 2006
http://www.nytimes.com/2006/12/24/movies/24scot.html?ref=movies
Working with a Japanese cast in their own language, Mr. Eastwood once
again gives his actors room and confidence to work, and they ?
Ken Watanabe in particular ? repay him, and the audience, with remarkable performances.

64 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 20:38:20 ID:j0x6F6At
>>62
反対側からみるといままで見えなかったモノが見えてくるせいだろう。

日本人は星条旗に感動し、米国人は手紙に感動する。




65 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 00:13:14 ID:OFxu46RY
日本人が星条旗に感動してるとは思わん。
批評家が星条旗に感動し、一般大衆が硫黄島に感動する。

66 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 00:24:33 ID:Zi7PKFOZ
感動というよりは、感心した映画だった

「手紙」の方はずっと戦場の兵士をクローズアップしてるから(しかも負け戦)、
どこの国の人間でも終盤の展開は感情移入しちゃうと思う

67 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 00:46:59 ID:z4ZJ3Uh/
>>65
そりゃあ手紙の方がもちろん感情移入するけどさ、
洋画好きな人とかイーストウッド好きな人は星条旗にも感動すると思うよ。
まあ「感動」って一言で表せるような作品じゃないかもしれないけど。
てかこのスレでそれ言うw

ドクはずっとイギーの事後悔してたんだなあとか、
「本当に戦争を知ってる人」たちみんなが「父親たち」なんだなあとか、
最後のシーンでああ、ドクがやっと自分を赦せたんだなあとか、
表面的でしかないかもしれないけどぐっときたよ。

68 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 01:27:05 ID:nmMwrVPq
さて観にいこうと思ったらもう終わってるやんけ

69 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 01:54:17 ID:MkSHHQYP
うちの近くの映画館15日に終了だったのが
1日1回だけど引き続き上映してる。

今度のレディースディに
星条旗→手紙の順でもう1回観て来る予定。

70 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 02:22:22 ID:fc+xQg8+
http://www.geocities.jp/ryoujidou/jsdf-shokan.html

71 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 03:14:12 ID:K1UNpe1H
>>70
いいFLASHだな

72 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 10:34:58 ID:h1MRyiDl
>70
いいフラッシュだし、加熱しすぎを冷ますのも大事だけど、なんだかな。
最後にあの言葉を持ってこられると、やっぱり冷めてる場合ではないなと逆に思う。

今まさに、
一生を日陰者として終わるかもしれないとまで当時言われた自衛隊が「ちやほや」されだしている
=国家をとりまく情勢が不安定になっている
時だってことだと思うけどね。

「守りたい守りたい」って、随分「攻撃」と対比させてるけど、
積極的に攻撃をしたい人間なんかそんなにいるかな。
皆が本当に守りたいのは、
せめて自分と自分の子供の一生涯分くらいの期間の安全で幸せな暮らしであって、
そのために必要なら、攻撃をためらいたくなんかないな。

もちろん、戦争なしには自国の安全と幸福を維持することもできなくなったなら、外務省を中心とした無能連中のことは恨むけど。

73 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 11:13:51 ID:GM5x7ZEb
>>70
この手のフラッシュは右も左もアホクサス
恣意的な選文に叙情的な音楽くっつけて誘導しまくり。
政治は感情に流されてはいけないし、でもだからこそこの映画みたいな悲劇も起こる。
国民感情なんてアバウトな言葉が政治家の道具になってていいんだろうかまったく。

手紙を含めた両作品を観て感じたのは、もう戦争がなぜ存在するのか理解が難しく
なったことだった。
あとは哲学書の世界へ分け入るしか道はないな。

74 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 12:58:25 ID:KvMh06qR
哲学書の中に答えはないな・・・


75 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 14:55:40 ID:fc+xQg8+
>>73
なら、映画もアホクサスだよね

76 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 16:02:34 ID:jeC7Qobw
クリントの映画は誰かを煽動するようには作られていないだろう。
もちろんまったくの中立の映画などはありえないが、度合いの問題。
右も左も越えて、戦争すらも越えて、ひたすら生の不条理を描き続けている。

77 :栗んと:2006/12/24(日) 16:51:48 ID:NyJHKzkA
朝鮮半島との緊張、防衛省の問題、日本は深刻化を増している
硫黄島のような犠牲者がまた出ないとも限らない
出ないでほしいと祈るばかりだ

78 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 16:57:21 ID:GM5x7ZEb
>>77
別に緊張してないよ>対北朝鮮
あと防衛省の呼称がなぜ深刻な問題?

79 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 16:57:55 ID:HCUNddSJ
防衛省の問題は関係ないだろ。

80 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 17:14:37 ID:sTBDRCEw
>>73
君は、最後の吉田茂の言葉をなんと読んだのだ?
今まさに自衛隊がちやほやされている時代が来たのだ。
いますぐ自衛隊に入隊したまえ。

君が望んでいることを言葉でなく、行動で示せるときがもう目の前に来ている。

81 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 17:58:34 ID:GM5x7ZEb
>>80
敗戦国であるというのが前提の言葉>吉田茂
国を守るという軍隊の役割が疎まれるのは国として正常な状態ではない。

いまの韓国がちょうどそんな感じのお花畑状態なんだがな。

82 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 18:41:16 ID:NyJHKzkA
甘ちゃんだねw
韓国はまだ徴兵制度で自ら国の為に国民が汗流してるからな。
今の日本は愛国心を義務教育で教えなければならない。
ミサイル飛んできたら、おそらく金払ってるんだから
自衛隊なんとかしろってあんた一番に逃げ回るんじゃねw

83 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 18:45:44 ID:FuKxpOwv
>>82
甘いな。その自衛隊員も「いざとなったら逃げますよ」と語っていたぞ


84 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 19:14:11 ID:rGTEAZww
アイラがハーローン!と叫んで汽車(ディーゼル)が踏切をキンコンカンコン(ドップラー効果)、
農場で記念撮影、勲章を出すとカラスがカァカァ、
涙を禁じ得なかった。

85 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 20:56:48 ID:GM5x7ZEb
ついに近所のシネコンでも上映終わってしまいますた残念。
手紙の相乗効果もあるんだから、もっと上映延長すればいいのに。
でも2度観れたから満足かな。
あとはDVDが楽しみなのと、メイキングの充実度が気になります。

あと星条旗の方の日本の興収どれくらいだったんだろ。


86 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 21:58:14 ID:s2M92514
>>85
手紙が始まった時点で15億らしい

87 :名無シネマ@上映中:2006/12/25(月) 00:05:31 ID:0ZPs5GDN
>>86 THX
少ないなぁ100万人も観ていないのか。
前代未聞の2部作なんだから、映画会社、もうちょっと宣伝に命かけてほしかったなぁ。

88 :名無シネマ@上映中:2006/12/25(月) 00:34:31 ID:TWqC6q/r
>>87
いや、それでも「手紙」のプロモーションのおかげで随分伸びた数値らしいよ

89 :名無シネマ@上映中:2006/12/25(月) 01:12:33 ID:p1SNwl5k
手紙と比べて伸びなさすぎだな。
手紙は結局日本人効果が相当大きいと思う。

90 :名無シネマ@上映中:2006/12/25(月) 01:13:20 ID:wV8PBfaP
手紙、アメリカじゃ全然ヒットしてないけどね。

91 :名無シネマ@上映中:2006/12/25(月) 01:17:40 ID:0ZPs5GDN
>>90
つ http://love.freedeai.com/src/up0494.jpg

92 :名無シネマ@上映中:2006/12/25(月) 13:53:53 ID:TROBtRHE
DVDは4月くらいかな?

93 :名無シネマ@上映中:2006/12/25(月) 14:36:34 ID:Pxo9YHkK
硫黄島の星条旗の本今読んでんだけど、

海兵隊が去ってから数ヵ月後に降伏したある日本兵は
恥ずかしくて日本に住んでおれずブラジルに移住した

って文章が出てきたんだけど、コレ小野田さんと勘違いしてない?
それともそういう人がホントに居るのかな

94 :名無シネマ@上映中:2006/12/25(月) 15:33:19 ID:w4wNzSLm
>>65
日本人だから、手紙は無条件で泣いちゃうけど、
星条旗は良かったよ。顔の見えない悪鬼として描かれてた
日本側に感情移入して観てたから、主人公達の苦しみに
気づいたときは、ハっとした。

95 :名無シネマ@上映中:2006/12/25(月) 15:48:38 ID:lds+hjs+
なんにしても終わるの早すぎ

96 :名無シネマ@上映中:2006/12/25(月) 18:34:24 ID:3UXIoJu1
>>69の映画館ウラヤマシス
また旗みたい

97 :名無シネマ@上映中:2006/12/25(月) 19:26:33 ID:HZ8DVtNd
DVD買え

って言いたいところだが
俺も映画館の巨大画面でまた見たい

98 :名無シネマ@上映中:2006/12/25(月) 21:29:00 ID:GG1XK4V6
誰か関西でまだやってるとこ知らんか?
手紙と星条旗の二本立てで見たかったんだけど、もう終わっちまったか?
忙しくても行くべきだったな。まじ損した気分。

99 :名無シネマ@上映中:2006/12/25(月) 21:52:25 ID:3UJt3Q+o
ラストシーンがしみじみ美しく切なかった。
彼らは十代後半〜二十代前半のフツーの兄ちゃんだったんだよね…
手紙を見た後も星条旗のラストシーンが忘れられない。

100 :名無シネマ@上映中:2006/12/25(月) 22:44:03 ID:8bLWn8du
>>84
同感。
その農場のシーンは今思い出しても、涙…。

101 :名無シネマ@上映中:2006/12/25(月) 23:52:47 ID:0ZPs5GDN
つか、アイラなぁ・・・・・たまらないな。
日本から見ててもすでに故人で救えないし、どうしようもないな。
アメリカン・インディアンは日本人とDNA近いらしいね。
ドライになり切れないところが似ているのかなぁ。

アダム・ビーチはもう手紙観たかな。
感想を聞きたいよ。

102 :名無シネマ@上映中:2006/12/26(火) 11:08:45 ID:Gmmm01xz
ジョニー・デップやインディアン・アクセなどの影響で、
ネイティブ・アメリカンなんて、ちょっとカッコイイ原住民族
程度に思ってたんだけど、どうやらアメリカじゃ、居留地の
ネイティブというのは日本でいう被差別部落民みたいな
見られ方なんだってね。故郷に部落がないんでよく分から
ないけど、雰囲気としては。

アイラ役の人が舞台挨拶で活動家みたいなこと言ってる
のが少し不思議というか、ばりばりレフティなのかと思ってた
けども、民族史や居留地のことまで考えるとなるほどね、
と思った。もっと大きな拍手してやればよかったなあ。

今でさえそうなんだから、アイラの時代はどんなだったんだ
ろうなあ。

103 :名無シネマ@上映中:2006/12/26(火) 22:41:35 ID:YRM7utw/
高槻松竹セントラル
12/30(土)-1/5(金)
http://www.cinema-r170.com/time/c1230.htm
http://www.cinema-r170.com/

104 :98:2006/12/26(火) 23:06:57 ID:vq1vafZM
>>103
情報ありがとう!ほんと感謝。感謝。
絶対見にいくから。サンキュー!

105 :名無シネマ@上映中:2006/12/26(火) 23:09:21 ID:mWjqZVjW
脚本だから事実と異なっても構わないが、なんとなく意図的な感じがした。
昨日配信された下記メルマガを読んだら、同じような感想の人がいた。

◆■疑問符だらけの米国映画『硫黄島からの手紙』
http://blog.mag2.com/m/log/0000063858/108070938.html

106 :名無シネマ@上映中:2006/12/27(水) 01:04:16 ID:avEoSpy4
>>105 スレ違い乙 つかマルチやめれ厨

107 :名無シネマ@上映中:2006/12/27(水) 11:11:39 ID:sAfun8ar
>>105
泉氏の意見を紹介するなら、
ブログのほう紹介してくれりゃいいのに。

メルマガじゃ一方通行だよ。
私は当然彼とは意見が違いますから、
良いたいこともあるし。

108 :名無シネマ@上映中:2006/12/27(水) 11:55:42 ID:41jrWQdI
DVD早く出せばいいのに
絶対売れるのに

109 :名無シネマ@上映中:2006/12/27(水) 13:08:08 ID:p9ppED4K
>>105
同感

110 :名無シネマ@上映中:2006/12/27(水) 17:37:17 ID:Jx0MpteA
「父親達の星条旗」はイギリスで今週当たりから公開みたいだね。
ずいぶん遅いのにびっくりした。

111 :名無しシネマ@上映中:2006/12/27(水) 18:08:36 ID:wVM7kE58
>>105
まあ、そういう見かたもあるわな。

112 :名無シネマ@上映中:2006/12/27(水) 18:19:50 ID:JvE3kUYB
これもある種の中2病だな・・・>>105

113 :名無シネマ@上映中:2006/12/27(水) 19:07:33 ID:sAfun8ar
>>105のブログ版。こちらは記事に賛同・反論・感想を書き込める。
http://plaza.rakuten.co.jp/yizumi/diary/200612240000/


114 :名無シネマ@上映中:2006/12/27(水) 19:25:04 ID:qDhmW41R
手紙スレでは星条旗を見てない人が少なからずいる。
オタク揃いの2ちゃんですらそうだし、一般的にも興行収入であきらかにわかる
同時公開にしなかったのが一番の失敗。せめて一週間遅れとかでいいから、かぶってる時期をもっと取ってほしかった。
そしたら旗にももっと客入ったよ、たぶんだけど。
多少潰しあうことになったとしても、手紙を4回見るより
3:1ででも旗を見てくれてれば、クリントにも俺たち日本人にとってもよかったもしれん
手紙スレでクリントに感謝とか書いてるのを見るとセツナス

115 :名無シネマ@上映中:2006/12/27(水) 21:06:28 ID:V8ah70ZV
>>114
>>3:1ででも旗を見てくれてれば、クリントにも俺たち日本人にとってもよかったもしれん
どういう点が良いの?

116 :名無シネマ@上映中:2006/12/27(水) 21:15:12 ID:nSLX2umj
結局イギーとかいう奴はどんな死に方してたの?

117 :名無シネマ@上映中:2006/12/27(水) 23:17:26 ID:Bg1V4JoR
>>115
2つ観てこその作品だからじゃない?

118 :名無シネマ@上映中:2006/12/27(水) 23:33:07 ID:TpUlEW4u

蓮実氏が「星条旗」を「傑作としかいいようがない」と評論しているらしい。

戦闘シーンの素晴らしい出来具合。
戦争を体験した者の心情。
英雄の実体と戦争の実像。

これを現在戦時中の米国が作成したことも「手紙」以上にすごいと思う。

劇場(スクリーン)での鑑賞が可能であれば、是非お勧めします。


119 :名無シネマ@上映中:2006/12/27(水) 23:50:30 ID:h34+DTXB ?2BP(0)
父親たちの正上位

120 :名無シネマ@上映中:2006/12/28(木) 00:33:33 ID:uE1ELKJ1
今から再上映してくれないかな・・・
需要が増えてると思うんだが。


121 :名無シネマ@上映中:2006/12/28(木) 00:59:51 ID:CVvTz5u8
>>120
だよな。
「手紙」観たら、こっちの方もまた観たくなった。

手紙は悲しい
星条旗は切ない

122 :名無シネマ@上映中:2006/12/28(木) 01:06:31 ID:CVvTz5u8
この2部作のリンクのさせ方が絶妙だった。

手紙の「衛生兵を狙え!」のところでドクの顔が思い浮かぶ、
米兵がリンチされるところでイギーの最期を示唆する。
ホントうまいと思った

123 :名無シネマ@上映中:2006/12/28(木) 02:50:40 ID:cRdZiTTU
>>115
手紙を見てクリントに申し訳なく思ったとかさ
それ個人としてじゃなく、日本人としての物言いじゃん。
なら旗も見てたほうがいいじゃん、戦争はテニスの壁打ちじゃないんだから。
手紙を見て一面的な感想を書く奴にハタモミレで終わる会話もできない。
クリント的には旗がコケたからショボンだし日本人に軽く失望じゃん。
でもやってないから見れない。
全力で映画を広めようとしなかった映画会社の無能さよ

124 :名無シネマ@上映中:2006/12/28(木) 06:35:33 ID:mQlc87AP
いや本当に星条旗をまた映画館でやってほしい。
ポイズン反町の映画いらないから再映きぼう

125 :名無シネマ@上映中:2006/12/28(木) 09:43:57 ID:+7Z3qkii
>>124
俺は銀座のシネパトスで見たけどあそこだとサウンド再生がいま百なの(涙
もうちょっとまともな映画館でやって貰いたい・・・・

そういえばシネパトスなんて昨年、紗綾のあれで行ったような・・・

126 :名無シネマ@上映中:2006/12/28(木) 11:11:21 ID:QIffA5Ba
星条旗いい映画なのになあ・・

手紙だけみて分かったようなこと抜かす奴が多くて
閉口してしまう。

いつか分かってくれるとは思うけど、なんか
いらいらするんだ。

127 :名無シネマ@上映中:2006/12/28(木) 12:23:42 ID:KL1D6i4Z
>>126
わかるw
星条旗で補完されてる部分を、手紙への不満として言ってる奴…
「星条旗みろ!」って言いたくなる。
…見せてくれワーナー…

128 :名無シネマ@上映中:2006/12/28(木) 12:47:28 ID:ARVlTilQ
DVDいつくらいになりそうかなぁ?

129 :名無シネマ@上映中:2006/12/28(木) 18:46:58 ID:b+Jt67g+
仕事うっちゃらかして、星条旗→手紙と連荘してきました。
星条旗は1000円だったにも関わらず、客の入りは前者3割、後者9割と言うところ…
手紙の予告内で星条旗の告知も流れてたものの、客層の違いは歴然。
田舎の両親にも見せたいし、星条旗の全国展開再興を切に望んでいるけど…
やっぱり難しいのかな〜。

130 :名無シネマ@上映中:2006/12/28(木) 20:36:36 ID:fAmkJ3wV
>>129
やってるのがうらやましい…
うちの県は、完全終了してる。
しかたないから、手紙を5回見に行ったw

131 :名無シネマ@上映中:2006/12/28(木) 20:44:14 ID:t0Cci+EM
>>118
星条旗は120点
その余力で作ったのが手紙

だが、米国人が観れば手紙の方が面白いはず

132 :名無シネマ@上映中:2006/12/28(木) 20:52:52 ID:pZzFB2pQ
手紙観に行って初めてココ来た。
あ〜やっぱり星条旗とリンクしてたのかorz

父親たちの星条旗観て〜
俺も再上映希望(´д`)

133 :名無シネマ@上映中:2006/12/28(木) 20:54:36 ID:uYPj1j0T
AFI announces 'Moments of Significance' awards
Eastwood named a 'national treasure' for film duo
http://www.variety.com/article/VR1117956374.html?categoryid=13&cs=1

Altman, Eastwood hailed for significant works
http://today.reuters.com/news/articlenews.aspx?type=entertainmentNews&storyID=2006-12-28T085639Z_01_N28479491_RTRUKOC_0_US-AFI.xml


http://www.afi.com/
http://www.afi.com/Docs/about/press/2006/moments06FINAL.pdf
アメリカ映画協会
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E6%98%A0%E7%94%BB%E5%8D%94%E4%BC%9A

134 :名無シネマ@上映中:2006/12/28(木) 20:56:07 ID:j9E/Z3Uz
>>131

全くその通り。

現在のアメリカ社会はこの作品を受け入れる心理的余裕も
なさそうだし、自分たちとは一定の距離感がある「手紙」
の方が物珍しいのだろうね。


135 :名無シネマ@上映中:2006/12/28(木) 21:33:48 ID:aKnXwAuj
ほとんどが12/22で終了してるが
探せば見つかる。

http://moviessearch.yahoo.co.jp/bin/search?pr=&p=%C9%E3%BF%C6%A4%BF%A4%C1%A4%CE%C0%B1%BE%F2%B4%FA&cc=324328&pro=theater&x=32&y=14


136 :名無シネマ@上映中:2006/12/29(金) 00:25:27 ID:i6IZB607
昔はロードショーが終わると2番館に落ちてきて安くみられたもんだけどな。
DVDの売上を気にして、そういう慣例もなくなってきてるのかな。

でも星条旗も実は2回観なきゃ分からんシーンがたくさんあるんだよな。

冒頭クリントの低い歌声に続いて夜の戦場でたった一人のドクのシーン。
方々からコールマン!って呼ばれてパニックになって涙ぐむシーン。
2回目観て初めて理解できて冒頭から泣けてしまった。

さらに終盤英雄マイク(そう呼びたいと思う)が戦友の死体を見て「もういやだ」とつぶやくシーン。
悲惨すぎて言葉にならない。
胸が張り裂けそうになるシーンだ。
手紙の清水の最後に匹敵する不条理を感じる。

イラク戦争があるとはいえ星条旗がヒットしなかったアメリカは疲れきっているのかな。
気をいれて作った星条旗にくらべて手紙の方はいい意味でクリントの肩の力が抜けて
素直な作品に仕上がったと思う。

>>126
カキコの伸びなくなったこちらを、いっそしばらく両方観た人専用スレにしとけばいいんじゃ。
DVDが発売されるまでとか。


137 :名無シネマ@上映中:2006/12/29(金) 00:53:28 ID:DaUybmgU
手紙を公開日に観て、星条旗を本日ようやく観た俺が来ましたよw

元々イーストウッド作品が大好きなんだが…、手紙もこっちも甲乙つけがたい傑作じゃないか。今までそこそこ戦争映画を見てきたが、一番すばらしいよ。
色々な人が両方観にいくべきだと言っていた理由が、実際に行ってわかったよ。
相変わらずイーストウッドは淡々としかし深く真実と人間を描き出すのが上手いね。
こっちは全編に渡って巧みにフラッシュバックを散りばめて、帰還した3人のうち2人の心の傷の深さをちゃんと表現しているな。
構成の上手さもあって最後まで緊張感が途切れなかった。

手紙だけ観に行ってまだこっちを観に行っていない人はぜひ映画館に足を運んでほしい。
両方ともにもう一度劇場で観てみたい。

138 :靖国英霊という侵略強盗殺人犯と憲法九条:2006/12/29(金) 01:07:31 ID:NWJRjTib
2000万箱詰めの鍵を握る糸山元自民党議員の元秘書が家族共ども“行方不明状態”06/12/25夕刊フジ
http://www4.diary.ne.jp/logdisp.cgi?user=429793&log=20061213
糸山・石原連合に手も足も出ない地検特捜部
http://members.at.infoseek.co.jp/YaYa/isihara.htm
■石原都知事がもらった2000万円(佐藤立志のマスコミ日記)
日時は今年の9月14日、場所は高級料亭の吉兆。金は糸山が1500万円を出している。
石原は糸山に何でそんな高額な金をもらう下賤な奴になり下ったのかと思いきや元々金には汚なかったようだ。
この記事で指摘しているのは三男は2000万円のうち500万円をもらってるのに政治資金収支に記載がない。当然、本人はもらったなんていわないわな。    
公費使ってヨットだの、馬鹿息子に迂回の公費だの、石原は都民の血税を何と思っているのか。東京オリンピックでごまかすなよ。
石原のでたらめぶりは、このサイトがまとめている。
http://esashib.hp.infoseek.co.jp/chintaro05.htm
えらそーに天下国家を論じながら、糸山ごとき怪しげな人物から金を押し戴く、
品性のいやしさ。海外に妻を公費でファーストクラスで連れて行く傲慢さ。
http://www3.diary.ne.jp/logdisp.cgi?user=338790&log=20061223
そして、石原慎太郎は、自分の発言にシーンと静まりかえる会場を見回しながら、得意満面に
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik2/2003-10-31/03_01.html
石原宏高衆院議員(自民党)が昨年九月、水谷建設元会長と料亭で500万円。
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2006-12-10/2006121015_02_0.html


139 :名無シネマ@上映中:2006/12/29(金) 02:08:07 ID:fFivSg4K
>>135まだ東京でも観れるところあるんだ 
情報ありがとう!!!

140 :名無シネマ@上映中:2006/12/29(金) 02:59:43 ID:mpOmoC2l
>>136
>両方観た人専用スレ
賛成。手紙スレで1つの作品として賛否両論されてるのを見るたび
おまいら星条旗見たのかよ。両方観てから語ろうぜと叫びたくなるよ〜

141 :名無シネマ@上映中:2006/12/29(金) 19:03:20 ID:i5sjZ4Z2
なんか手紙の方のスレも毎日変なの沸いてきちゃってて大変だな。

142 :名無シネマ@上映中:2006/12/29(金) 19:19:36 ID:aWofiB5n
星条旗を後に観たが、公開順に星条旗→手紙と観るべきだった。
前者は辛口の蓮實、福田和也が絶賛したのがわかる出来だったね。

確かに手紙スレには変なのが湧いてるなw

143 :名無シネマ@上映中:2006/12/29(金) 19:27:30 ID:d6IklV9p
日テレで硫黄島から生還した登場だって

144 :名無シネマ@上映中:2006/12/29(金) 21:07:56 ID:kqvt5TkN
>>142
星条旗でのアメリカの絶大な勢力を見せつけられてから
手紙を見ると、むなしさが余計に増す。
トイレのバケツを捨てに行ったときに見た光景が星条旗の
あれだなと思った。

145 :名無シネマ@上映中:2006/12/29(金) 22:00:19 ID:ETfSKcmS
>>137

>色々な人が両方観にいくべきだと言っていた理由が、実際に行ってわかったよ

2作品とも単品でも十分、名作だが両方を鑑賞することにより相互補完的に
意味内容が増してくる。
これは製作側の意図通りだが、2作品の構成や雰囲気が異なる点が意外というか、
かえって効果的になっている。

「手紙」しか見ていない人はこの企画の凄さの40%ぐらいしか触れていない
んじゃないかな?


146 :名無シネマ@上映中:2006/12/30(土) 01:16:23 ID:q6pQzdL3
>>145
同感。

ナベケンが星条旗の企画を聞いて「無名の一兵卒の役でもいいから出してくれ」とイーストウッドに
直訴したが、目立った日本兵が出てこないことから却下、でもイーストウッドの心にはそこでなにか
が引っかかったんだろうと思う。
そして資料の推敲を重ねるうちに栗林のユニークな人間性に触れ、2部作にすることを思いついた
んじゃないかと踏んでいる。
以下はもっと憶測。
イーストウッドが双子作品にするために日本側作品の構成、制作費の割り振りに悩んでいるとき、
プロデューサーのスピルバーグが「日本人の心に触れるためになにも同規模の作品を作ることは
ない。私がSAYURIで挫折した方式をぜひ試してみて欲しい。小予算で全編日本語で作るんだ。
必要なCGIは私が星条旗の予算を割り振るから一緒に撮ってしまえばいいだろう? これなら会社
側を説得できるし、私は絶対に会社があなたに口出しさせないように守りきってみせる。だから、あ
なたは面倒なことはすべて私に任せて撮影に没頭してください」
「オーケイいい提案だ、スティーヴン。それは私のアイデアにするよw」

以上、妄想でしたw

147 :名無シネマ@上映中:2006/12/30(土) 10:08:45 ID:Nr2UJXNR
昨日硫黄島観てきたよ。
日本人的には硫黄島なんだろうが、作品としての隙の無さは星条旗の方が上だろうな。
音楽も題材もクールだし。

どーでもいいんだが、客層!フジテレビの映画じゃないんだから。
興行的に、星条旗観た客(「イーストウッド」で動く客フル稼働だと思う)はもう尽きたんだろうな・・・


148 :名無シネマ@上映中:2006/12/30(土) 10:48:12 ID:RyALkGDQ
>客層!フジテレビの映画じゃないんだから。
父親たちの星条旗と違っていたね。
ワシの前席のカップルは近くのアンちゃんに注意されるまで、喋るのを止めんかった。
うるさいバカ女は憲兵に射殺されるべきですよ。

149 :名無シネマ@上映中:2006/12/30(土) 14:32:38 ID:WL4/EIHN
http://www.ntv.co.jp/hotaru/
火垂るの墓 - 公式ページ。終戦六十年スペシャルドラマ。松嶋菜々子、
夏川結衣、井上真央らが出演。人物相関図等。[2005.11.1]

150 :名無シネマ@上映中:2006/12/30(土) 19:10:13 ID:cogK4QzR
北米版DVD、2月6日発売予定。

151 :名無シネマ@上映中:2006/12/31(日) 02:17:10 ID:xvMR+E7Q
なあ、DVDっていつ出るんだ?

152 :名無シネマ@上映中:2006/12/31(日) 10:15:49 ID:pDw8RekE
アメリカが2月だと、日本は4〜5月あたりじゃね?
勘だけど。

153 :名無シネマ@上映中:2006/12/31(日) 14:45:08 ID:Rl43fMQE
『硫黄島戦記』
故金田氏は氏が「支那事変」「大東亜戦争」と呼ぶ日中戦争(1937〜1945年)と
太平洋戦争(1941〜1945年)の8年間も戦い続けた。硫黄島では秋草氏と同様?の
通信兵。全身至る所にに爆弾の破片を含んで、九死に一生を得て帰国した金田
氏を待っていた過酷な現実。

「帰郷してみると敗戦国日本は、国民の愛国心はどこえやら
戦争は私達兵士がやったように白い目で見られます(中略)まるで罪人扱いです」

帰還して1996年に83歳で逝去された金田さんは『硫黄島戦記』の中で、率直に
戦況を偽る軍部を批判し、意識を失った五日間輸血を続けた米軍医に感謝し、
帰還の際に見聞した「人肉食」や日本の国力や文化がアメリカに劣ることにまで言及し、
さらに日本の軍隊での兵士や捕虜の「虫けら」扱いやアメリカの身分差のない食事
に感心するなど鋭い指摘が随所にみられる。

 『硫黄島戦記』(故金田八郎)※全文ダウンロードが可能です。

 http://aquarius10.cse.kyutech.ac.jp/~otabe/ioujima/index.html

http://d.hatena.ne.jp/kanjisin/20061229

154 :名無シネマ@上映中:2006/12/31(日) 14:58:37 ID:Rl43fMQE
If one photograph could be called the most famous ever taken, it almost
certainly would be Joe Rosenthal's soul-stirring picture of the World
War II flag-raising on Iwo Jima.

The image of five combat-weary Marines and a Navy corpsman struggling
to raise Old Glory atop Mount Suribachi remains a classic, and it earned
Mr. Rosenthal the Pulitzer Prize in 1945. It has been reproduced countless
times, and provided the model for a gigantic bronze Marine Corps memorial in Washington, D.C.

Although the Associated Press photographer who spent the last part of
his career at The Chronicle snapped thousands of pictures during his
35-year career, it is the flag-raising that he will be remembered for.

He was 94 when he died Aug. 20.
http://sfgate.com/cgi-bin/article.cgi?f=/c/a/2006/12/31/FAREWELLS.TMP

155 :名無シネマ@上映中:2006/12/31(日) 15:29:35 ID:Rl43fMQE
任務は自爆攻撃
http://www.tokyo-np.co.jp/kioku/txt/20050329.html

母まつさんは、息子が無事に帰ることだけを祈っていた。厳寒の四五年初め、
午前零時に風呂で水をかぶって身を浄(きよ)め、近くの神社に通っていたことを、
房江さんはよく覚えている。「手足を失ってでも生きて帰ってほしいと母は
二十一日間、願掛けに通っていました。最後の日に『ああ、だめだ』と
直感したと、よく話していました」

戦後、金造さんの戦友が生還していたことが分かった。

金造さんは、粟津勝太郎陸軍大尉を指揮官とする独立第三〇九歩兵
大隊に所属し、上陸した米軍の戦車の前進を阻止する「対戦車肉迫
攻撃隊」の一員だったことが分かった。地雷などの爆弾を抱えて戦車の
下に飛び込み、自らの肉体もろとも破壊することが、兵隊だった金造さん
に与えられた役目だった。

156 :名無シネマ@上映中:2006/12/31(日) 15:46:42 ID:qz4RMQFc
ID:Rl43fMQE

157 :名無シネマ@上映中:2006/12/31(日) 18:17:51 ID:fQMhZVGT
ちょっと盛り上がると、こっちにも妨害してくるのね。
アホくさ。

158 :名無シネマ@上映中:2006/12/31(日) 18:20:18 ID:nqJN5G6i
>>152
日本のほうが公開が早かったから、同時くらいじゃないか?

159 :名無シネマ@上映中:2006/12/31(日) 18:46:52 ID:VEhCyvRX
「硫黄島で戦死した米兵は平均19歳。15歳もいた」。監督は当時15歳。
4年後に徴兵されたが、朝鮮戦争(50〜53年)には行かず、故郷カリフォ
ルニアで軍の水泳指導員などを務めた。続くベトナム戦争についても「若者
を地獄に送っただけ」と距離を置く。

 「米国が今ほど分断されたことはない。私はイラクへの介入は優先課題で
はなかったと考える側だ」と、現ブッシュ政権の対応を批判する。

 「政治家たちは最前線にいる者の運命より、自らのちっぽけな権力を行使し、
保持することに関心がある」と厳しい。
http://www.asahi.com/culture/update/1020/001.html

160 :名無シネマ@上映中:2006/12/31(日) 18:48:07 ID:VEhCyvRX
監督について、渡辺さんは「いろいろなアイデアを受け止めてくれ、創造的
で刺激的な毎日だった」。二宮さんや伊原剛志さん(43)が提案して採
用されたアイデアについて具体的に説明すると、監督が「それも僕のアイ
デアにさせて頂きました」と笑顔で“突っ込む”場面もあった。
http://www.mainichi-msn.co.jp/entertainment/cinema/archive/news/2006/11/20061116mog00m200004000c.html

「それは昔からそうでした。
私だってそういう映画を見て育ったのです。
私が子どもの頃は第二次世界大戦がありましたが
当時の映画は戦争を鼓舞するような内容ばかりでした。
日本でも同じような状況だったのではないでしょうか。
当時はそれがすべて正しいと思い込んでいました。
しかし年を重ねて, 人生をさまざまな角度から
俯瞰( ふかん )できるようになると
もっと大局的に物事をとらえられるようになるのです。

「私は駆け出しの頃から,
すべての人間が善人でもなければ悪人でもないと考えてきました。
人間には善と悪の両面が必ずあるのです。
ですから,そうした役柄にも惹かれたのだと思います。
『許されざる者』の主人公のガンマンはもと殺し屋で
人生で悪の限りをつくしてきた人物でした。
http://news.high-scorer.com/2006/12/post.html
2006年12月01日▼ クリントイーストウッドは語る

161 :名無シネマ@上映中:2006/12/31(日) 18:49:51 ID:VEhCyvRX
『父親たちの星条旗』来日記者会見
●2006年10月20日グランドハイアット東京にて
●出席者:ジェイムズ・ブラッドリー(原作者)、ジェシー・ブラッドフォード、アダム・ビーチ
http://www.werde.com/movie/interview/seijoki.html
■ジェイムズ・ブラッドリー:実は私、若い頃に上智大学で勉強していました。でも、ごめんなさい、
日本語がしゃべれないんです。どうも図書館で過ごすよりも、もっぱら新宿で徘徊していまして……。
■ジェシー・ブラッドフォード:実は、僕は中学生の時に日本語を勉強しました。
今はあまり覚えていなくて、「メリーさんの羊」や「かわいいなぁ」とか、そんな言葉だけです。

162 :名無シネマ@上映中:2006/12/31(日) 18:50:57 ID:VEhCyvRX
■(ジェイムズ・ブラッドリー):父が生きている時から、彼があの旗を掲げた1人であるということは知っていました。
しかし、それ以上のことはまったく知らずに、亡くなった後に、父のタンスの中の箱に入ったある1通の手紙を
発見したわけです。そしてそれは、彼があの硫黄島で旗を掲げた直後に父母に書いた手紙で、「人生で
最高に素晴らしい経験だった」と書いてありました。それを読んだ時に、本当に泣けました。なぜなら、
自分の人生で一番幸せな瞬間を、自分の息子に話すことができなかった、分かち合うことが
できなかったわけですから。

私は、それを知った時には本を書くつもりはなく、とにかく、父はなぜ話してくれなかったのだろうかと思い、
おそらく、今ご質問いただいた方のお父さんもそうだったのだと思うのですが、あまりにも辛い経験でしたので、
とても言葉にすることができなかった、説明不可能だったのだということで、父も話してくれなかったのではな
いかと思います。普通の方々があの写真をご覧になると、すごいという感じに思われるかもしれませんが、
父にとっては、あの写真は常に、3人の仲間が死んだということでしか意味を持たないことだったのではな
いかと思うのです。ご存知のように、硫黄島では7,000人のアメリカ人と22,000 人の日本人が亡くなら
れまして、そういうことから考えた時に、とても、何か感じる、他のことを感じるということができなかったので
はと思いました。クリント・イーストウッドとスピルバーグにつきましては、スピルバーグが映画化権を買って
くださって、それをクリント・イーストウッドに監督をして欲しいと話を持っていかれたことには、もう文句の
つけようもなく、旗を掲げた他の遺族の人たちと一緒に、大喜びをしました。

163 :名無シネマ@上映中:2006/12/31(日) 18:52:15 ID:VEhCyvRX
■(ジェイムズ・ブラッドリー):実は、イーストウッド監督から電話があった時 ─ このお話の最初の時に、
2本の映画を作りたいと聞きました。私は、これは素晴らしいことだし、いくつかの理由があって考えました。
1つには、実は自分は、『フライボーイズ』というアメリカ、日本両側から見た作品、第2作を書いており
まして、その時に結局、気持ちというのは国が変わっても変わらないんだなということを自分で認識して
いたことがありました。それから、2つめの思い入れなのですが、先ほども言ったように、私は日本の大学
に行きました。そして、当然のことながら、帰国してから日本人の友人が何人も家に来ました。
父は彼らを喜んで迎えてくれました。そういうことがあったので、自分の中で2つというものが自然に
入り込んでいたのです。それから3番目なのですが、日本人の方も含めて、さまざまな退役軍人と
話したのですけれども、彼らはみな、一様に、今、この年になってみて、あの頃は本当にただただ若く、
相手のことが何もわからずに、無我夢中に戦っただけだったんだということで、どっちがどっちというこ
ともないと、みなさん口を揃えて言ってらっしゃったので、この作品ができたということをとても嬉しく思います。

164 :名無シネマ@上映中:2006/12/31(日) 18:54:00 ID:VEhCyvRX
原作者ジェームズ・ブラッドリーさん
父の「沈黙」の理由探した
「私たち物書きは、すべての要素を段階を追って説明する。だが、イーストウッド監督は、
中間の要素を巧みに省き、そこに何があるか想像させるんだ」
 脚本家、ポール・ハギスの才能も強調する。印象派画家ならぬ印象派作家だ」という。
 原作を書き始めたきっかけは、父親が硫黄島から書いた手紙を発見したことだった。
 「父は硫黄島での経験について生涯沈黙を通そうとしていた。手紙には摺鉢山
での国旗掲揚にかかわったことが記されていて、しかも『それが生涯でもっともしあ
わせな瞬間だった』と書いてあった。なのに、なぜ、子供たちには何も語らなかったのか。それが知りたかった」
 4年をかけて調査し、初めて本を書き、27の出版社に断られた末、出版にこぎつけた。
 「最初の動機は、父の沈黙の理由を探ることだったけれど、国旗掲揚にかかわり、
死んでしまった若者たちのことを強く考えるようになった。彼らの真実について書くこと
ができてうれしく思っている」
 映画化も早い段階から頭に浮かんでいた。出版後2、3週間で映画化権を取得し、
製作に携わったスティーブン・スピルバーグのオフィスには、執筆前に一度電話している。
 「でも、話は出来なかった。どこの誰とも分からないし、本も書いてないのだから、
当然だよね」。時を経て、その思いは現実になった。
http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/cinema/topics/20061117et11.htm

165 :名無シネマ@上映中:2006/12/31(日) 18:55:26 ID:VEhCyvRX
硫黄島2部作で評判のクリント・イーストウッド監督。西部劇のガンマンや暴力刑
事役の人気俳優だったころは、銃を乱射するヒーロー像が「右派のファシスト」
「マッチョ(男っぽさ)イズム」などと、リベラル派やフェミニストからさんざん非難された。
今じゃさしずめ反戦平和主義者か。
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/wadai/news/20061221k0000e070063000c.html

イーストウッドは「当時、自分は11歳。暮らしていたサンフランシスコではみな、
日本軍の侵攻におびえていた。米国人はすべてよく、日本人はすべて悪い
と教え込まれた」という。そのうえで、ダーティハリーで知られるこの監督は、
「暴力を美化するような映画を作ってきたが、結局暴力は痛ましいものだ」と語った。
http://www.sankei.co.jp/enak/2006/glace/dec/kiji/22cinemakenwatanabe.html

166 :名無シネマ@上映中:2007/01/01(月) 13:36:48 ID:W86+krym
文章までコピペいらん

167 :名無シネマ@上映中:2007/01/01(月) 15:07:58 ID:mODEWEht
>>166
ニュース記事は時間経つと削除されやすいし
The Wayback Machineでも見れない記事も多い。
後日過去スレ見る際にある程度のコピペは必要

168 :名無シネマ@上映中:2007/01/01(月) 16:19:31 ID:W86+krym
毎回スレごとにコピペしている人とかいるからさ。
もういいんじゃないのかなと思ってさ

169 :名無シネマ@上映中:2007/01/01(月) 22:55:07 ID:zqbUr1mq
今頃になって都心で星条旗のパンフを探してるんだが、2か所の映画館で売り切れだった…。

170 :名無シネマ@上映中:2007/01/02(火) 13:26:01 ID:bx6wkrRJ
>>169 銀座シネパトスできのう売ってましたよ。

171 :名無シネマ@上映中:2007/01/02(火) 13:37:48 ID:1n/BA8fi
どうしてロードショーやってる間に観ておかないんだ。
あんなに空いてたのに。

172 :名無シネマ@上映中:2007/01/02(火) 14:37:42 ID:kXkuDHLi
>>171
だよねぇ星条旗公開中はガラガラで気の毒なくらいだったよ。
DVDまで待つな、絶対劇場で観ないと損するぞ。
まだ未見の人は以下へ急げ!!!

http://movie.goo.ne.jp/contents/movies/MOVCSTD9375/theater.html

173 :名無シネマ@上映中:2007/01/02(火) 18:36:40 ID:xESOiK65
今日ようやく「硫黄島〜」の方も観てきました!
スレをちらちら見てたので両作品に共通するモノを探そうと思ってましたが、
摺鉢山の星条旗と戦車くらいしかわからなかったです。2作ともDVD早く欲しい。


確かに星条旗の閑散たる感じとは違い、かなり満席に近かったですね。
若いお嬢ちゃんたちもいました。
そして、後ろの列にいた嬢ちゃんの着メロが見事に上映中に鳴った…。
しかもすぐ止めたならまだしも、
「どうしよう…どうしよう…」とヒソヒソつぶやきながら1分くらい鳴らし続けてた…orz 何がドウシヨウなんだよ
代わりにバッグひっつかんで携帯出して電源ボタンを押してやろうかと思いました。
星条旗の時の雰囲気からはありえない感じでした。


174 :名無シネマ@上映中:2007/01/02(火) 18:37:47 ID:jwbOO6Zn
上陸ん時の戦闘シーンの音響どうだった?
自分が見た劇場は小さいとこだったから、音響効果よく分からんかったけど
あの場面の音響って、プライベートライアンくらい凝ってたんじゃね?
だとしたら、音響がいいとこで見れた人うらやましいよ。

175 :名無シネマ@上映中:2007/01/02(火) 19:37:07 ID:kXkuDHLi
>>174
音はライアンの時より抑制されてたよ。
というより、上陸場面そのものの演出が違うので、一歩退いた総合音?になってた。

ただ上陸後の音はかなり怖かった。
日本軍の機関銃の音が乾いていてかなり北

176 :名無シネマ@上映中:2007/01/02(火) 19:47:43 ID:6lSFylbp
最初は手紙は見るつもりなかったんです。
星条旗が余りにも出来がよかったので、つい見に行ってしまいました。
手紙の方は星条旗見てからの方がいいような気がするけど、逆もあるのでしょうか。
こっちの方は単品の完成度高いと思うけれど、やはり併せて見た方がいいのだろう、と。

177 :名無シネマ@上映中:2007/01/02(火) 19:55:06 ID:HBUKSN/t
終わる前にもう一度みとけばよかったな・・・・。
あの上陸シーンだけでも。大画面でもう一度見たかった。

178 :名無シネマ@上映中:2007/01/02(火) 20:05:31 ID:jwbOO6Zn
黒い弾?が飛び交ってるの見えたんで、音響もライアン級の臨場感なのかと思たんです
古くて小さい劇場でしたけど、それはそれで良い雰囲気が出てたかな。
ど迫力劇場で見れなかったのは残念だったけど、
ミニシアターでも十分楽しめたし、久しぶりにいい映画見たなと。


179 :名無シネマ@上映中:2007/01/02(火) 20:18:44 ID:kXkuDHLi
>>178
艦砲射撃の音はものすごかったけどね。
ライアンにはああいうの無かったから。
ノルマンディでは艦砲射撃は上陸前の早朝だけだったから
省かれたんだろうね。

ライアンの時の劇場で聴く弾の音は観客の臓腑をえぐるようでものすごかったね。

180 :名無シネマ@上映中:2007/01/02(火) 20:42:16 ID:jwbOO6Zn
>>179
ああ、艦砲射撃の音聞きたかったな。
硫黄島はそこそこの劇場で見れたけど、戦闘シーンは星条旗の砲が全然凄そうだった。
やっぱある程度の音量と音質じゃないと、戦闘の恐怖感が伝わりにくいね。

181 :名無シネマ@上映中:2007/01/02(火) 20:54:07 ID:1n/BA8fi
砲撃や銃撃の音は、胃がキリキリ痛むほどに凄かった。
でも同じシネコンへ上映終了直前に再度観に行ったら、
小さなスクリーンに移動されていたので、音響効果も迫力不足。
やはり映画も新鮮なうちに味わうが吉。


182 :名無シネマ@上映中:2007/01/02(火) 21:42:10 ID:kXkuDHLi
でも手紙の方のコルセア空襲シーンの音も凄かった。
あそこ予告編で観て「あぁこの程度か」って思ってたらぜんぜん違うんだもん。
飛んでくる構図も素晴らしいから、すごい迫力だった。

>>181
あぁシネコンってそうだよねw
オレも星条旗2度目の時スクリーン小さくなったw

183 :名無シネマ@上映中:2007/01/02(火) 21:46:34 ID:Qu51BB6b
艦砲射撃の音はすごかったよ、時間も長く取っていたし。
砲撃音は他の戦争映画と比べてもかなりよかった。@丸の内ピカデリー1

184 :名無シネマ@上映中:2007/01/03(水) 00:47:49 ID:WGAuMnHL
原作半分くらい読んだ
時代背景から戦い方まで、日本とアメリカじゃお国柄が全然違うね

185 :名無シネマ@上映中:2007/01/03(水) 01:06:55 ID:PxrzHF74
スレ違いですが、この映画で思い出したこと合ったので。
昔、ロバート・キャパのファンと話していて、あの有名な写真を誉めちぎってたので、あれ色々疑問点出てるよねと言ったところ、「それは問題じゃない。表現していることが大事だ」と力説されました。
それって報道写真じゃないやんと思ったんですが……

186 :名無シネマ@上映中:2007/01/03(水) 02:00:13 ID:HaJGL+sH
最初の方で友軍機が低空飛行しながら戦艦の横をかすめる時の
アノ臨場感溢れるエンジンの轟音などはプロペラ機マニアに
とっては感涙モノであろう。


187 :名無シネマ@上映中:2007/01/03(水) 02:06:12 ID:pw0IbXmz
>>171
>>174
>>179

俺も終映近くに渋谷ピカでみたが、「しまった、大画面のミラノ座で
見るべきだった」と激しく後悔した。
今は渋谷のモーニングショーや銀座シネパトスでやっているが、今後都内でも
小規模館ではリレーのごとくやっていくみたい。

DVDが発売されたら、「劇場で見たかった」という人がたくさんでてくるんだろうな。


188 :名無シネマ@上映中:2007/01/03(水) 02:48:52 ID:coppuDlZ
>>186
プロペラ機マニアでもなんでもないけどコクピット視点で擂鉢山上空から
降下しながら銃撃してるシーンが圧巻だった

189 :名無シネマ@上映中:2007/01/03(水) 03:15:54 ID:O9q0e6DI
最終日品川プリンス?で観ました。12時頃終わりの早い上映だったけど、良かった行っといて。
「手紙→星条旗」だったけど、星条旗を観て「あ〜そういうことか」って深く納得しました。
水をさすつもりではないけど、「手紙」は私はダメだった。それこそ音響や凄惨な場面で
「戦争なんて二度とやってはいけない」と決意するには充分だったけど、西郷に
「こんな奴はいないだろ・・」と思ったり、栗林中将やバロン西が深く描かれていないと思って。
ただただ暗い気持ちになりました。
でも「星条旗」を観て、むこうのスレでも前にあったけど、この2作品はアメリカに向けてなんだと
理解しました。日本兵にもアメリカと親交を持ったり、人間らしい心をもつ人もいたと。
一言でまとめるのは乱暴だけど。

「星条旗」は本当に素晴らしい映画。最後の場面に胸が締め付けられた。あと、アイラ・・・。

190 :名無シネマ@上映中:2007/01/03(水) 12:44:35 ID:XEFnNiSE
映画館検索結果
キーワード: 父親たちの星条旗
http://moviessearch.yahoo.co.jp/bin/search?p=%C9%E3%BF%C6%A4%BF%A4%C1%A4%CE%C0%B1%BE%F2%B4%FA&pr=&pro=theater

5日金で、全滅の模様。

191 :名無シネマ@上映中:2007/01/03(水) 13:52:58 ID:3Qiaz2zE
北米版DVD、一枚だけのショボい仕様になりそう。

192 :名無シネマ@上映中:2007/01/03(水) 19:47:30 ID:oxlI9R0i
>>182
あの空襲は迫力あったな。


193 :名無シネマ@上映中:2007/01/03(水) 22:27:24 ID:PYO7WIOk
俺は硫黄島観てから、父親たちの星条旗観る予定。
したがって、硫黄島の後またリバイバルやれば違うよ。

194 :名無シネマ@上映中:2007/01/04(木) 01:21:00 ID:kR9RS5JS
なんかwikiでは父親と手紙で力の入れ具合が違うな

195 :名無シネマ@上映中:2007/01/04(木) 11:12:30 ID:tOhjEbNa
>>182
あそこまでが静かな展開だったからね。
いきなり音量のレベルが変わったのかと思った。

196 :名無シネマ@上映中:2007/01/04(木) 16:17:42 ID:Mo218Ufr
「早咲きの花」見たぴゃ?
TBS 動画6.1チャンネル http://www.tbs.co.jp/6.1ch/
YAHOOニュース http://movies.yahoo.co.jp/m2?ty=nd&id=20061227-00000038-sph-ent
IZA/産経新聞 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/politicsit/24978
読売新聞 http://moviewalker.yomiuri.co.jp/schedule/0000/mo4342.htm
毎日新聞 http://www.mainichi-msn.co.jp/chihou/kanagawa/news/20061227ddlk14040280000c.html
産経新聞 http://www.sankei.co.jp/enak/2006/glace/dec/kiji/25cinemahayazaki.html
デイリースポーツ http://www.www.daily.co.jp/gossip/2006/12/27/0000201965.shtml
日刊スポーツ http://www.nikkansports.com/entertainment/cinema/p-et-tp1-20061227-135471.html
東京中日スポーツ http://tochu.tokyo-np.co.jp/00/tkhou/20061227/ftu_____tkhou___004.shtml
スポーツ報知 http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20061227-OHT1T00038.htm


197 :名無シネマ@上映中:2007/01/04(木) 16:23:07 ID:HJ0O7bsl
コルセア襲撃の後に水平爆撃してた爆撃機はB29なのかな
一瞬の引きの映像だったからよくわからなかった

198 :名無シネマ@上映中:2007/01/04(木) 16:24:47 ID:icEhnG7b
ありゃ誤爆で死んだ人居るよな・・・。って想ってたら実際に死んでた・・・。

199 :名無シネマ@上映中:2007/01/04(木) 16:34:50 ID:rBkKzK4X
>>197
あの引き爆撃機映ってた?
実際はB-24かもね。

200 :名無シネマ@上映中:2007/01/04(木) 17:01:49 ID:tOhjEbNa
>>198
ソース

201 :名無シネマ@上映中:2007/01/04(木) 17:16:05 ID:0UvVGr54
俺、星条旗の良さが分かる特別な奴なんだ
一般大衆とは違うんだぜ〜的
書き込み多くてきもちわりぃな。

202 :名無シネマ@上映中:2007/01/04(木) 17:44:46 ID:MkEiQsCc
・・・・・・。

203 :名無シネマ@上映中:2007/01/04(木) 18:16:00 ID:rBkKzK4X
>>198
誤爆って?
あの時まだ米軍上陸してないでそ?

204 :名無シネマ@上映中:2007/01/05(金) 05:24:02 ID:7F9WUHJ5
とてもいい評論。

「おとぼけ映画批評」

クリント・イーストウッドは偉大なフィルムメーカーである。
もしかする未来の映画史には20−21世紀で最も偉大な
ハリウッド映画監督として記憶されることになるかもしれない。
なにしろ、『ダーティハリー』と『ガントレット』で刑事映画の
スタイルを完成させ、『ペイルライダー』と『許されざる者』で
西部劇のスタイルを完成させ、『ハートブレーク・リッジ』と
『父親たちの星条旗』で戦争映画のスタイルを完成させたのだから。

http://movie.tatsuru.com/2006/12/31_1929.html

205 :UNKO:2007/01/05(金) 06:30:14 ID:ghdjd8eT
ダーティーハリーは自分で監督した4はギャグ映画だよ

206 :名無シネマ@上映中:2007/01/05(金) 07:53:13 ID:Zgtf/ygI
硫黄島を観てきた
前誰か言ってる人もいたけど
星条旗の方が完成度上だわ

207 :名無シネマ@上映中:2007/01/05(金) 22:56:03 ID:AjOKaMdX

>>206

同じ感想だが、よく考えてみれば「星条旗」以上の完成度の高い作品って
ちょっと想像しにくい。


このレスを見ている人はこんなスレも見ています。(ver 0.20)

shareケツ毛バーガーmixi運営に非難ボーボー★335 [ソーシャルネット]


208 :名無シネマ@上映中:2007/01/05(金) 23:26:44 ID:7WjodeoL
そうかな、映画の完成度としては並のクラスだと思ったけど。

209 :名無シネマ@上映中:2007/01/06(土) 00:02:18 ID:7F9WUHJ5
>>208
どんな作品が並ぶの?

210 :名無シネマ@上映中:2007/01/06(土) 00:11:58 ID:fmZemQkx

>>208

確かに鑑賞中に感動や感銘はないが、見終わってからいろいろと考えさせられた。

>>209
スレ違いだが、「ALWAYS 三丁目の夕日」はストーリーらしいストーリーが
ないのに完成度が高いというある意味すごい作品。


211 :名無シネマ@上映中:2007/01/06(土) 00:16:06 ID:BE2HSAXQ
これは釣りだろう、いくらなんでも。

212 :名無シネマ@上映中:2007/01/06(土) 10:03:14 ID:ZusYuTq8
ttp://moviessearch.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id324563/rid1262/p0/s0/c0/

こういう感想文を読むと何というか……

> 両作品に共通する「差別」。
> 栗林中尉も西も、国際人でした。
> だから、硫黄島に送られたのか?なんて思いたくはないけど、
> 当時の帝国軍なら有り得ないことでもないと思うと、
> 同じ日本人として、切なく悲しい限りです。
>
> 幼少の頃、近所の高齢のおじいさんが我が家へ遊びに来る度に、
> 自分は、何人の朝鮮人を殺したか、ここには書けないような、
> どんな非人道的な事をしたか、延々と酔いながら話していたのを、
> わずかながらに覚えています。まるで自慢話のように。
> 小さいながらも違和感を感じていました。
> 怖かった。
>
> 赤狩り・憲兵隊の検問・非国民。
> 正常な感情を全うしたい人ほど、拷問を受け、生き地獄を
> 味わったのです。

213 :名無シネマ@上映中:2007/01/06(土) 23:14:50 ID:AvVxp8De
>>212
気持ちはわかるが手紙スレ池

214 :名無シネマ@上映中:2007/01/07(日) 11:23:29 ID:xEYEJOdy
渋谷GAGA!で13日から始まるね。

215 :名無シネマ@上映中:2007/01/07(日) 11:25:39 ID:xEYEJOdy
あ、正確には渋谷シネマGAGA!です。

216 :名無シネマ@上映中:2007/01/07(日) 13:03:47 ID:pGiEf/kX
字幕無しのヴィデオ見たからよくわからんかった


217 :hh:2007/01/07(日) 13:59:56 ID:QWqeW2fE
完成度は星条旗だろう。
どちらかというと、硫黄島は余った予算で作ったかんじ。
でも硫黄島のほうが感動する。
完成度と感動は別物。

218 :名無シネマ@上映中:2007/01/07(日) 22:47:42 ID:L0xkNqtS
感動はひとそれぞれだろ。
どちらも「感動」て言葉はしっくり来ないが。



219 :名無シネマ@上映中:2007/01/08(月) 03:49:57 ID:f7DqFQ9j
DVDはいつ発売?
手紙とセットにしなくていいから早く出してくれ

220 :名無シネマ@上映中:2007/01/08(月) 13:33:22 ID:IJ3SP0fK
2/9、中之島リサイタルホールで上映だって。
朝日ベストテン映画枠で

221 :名無シネマ@上映中:2007/01/08(月) 13:43:00 ID:NvBi8f/7
             、
             丶ヽ-、_
              丶ヽ゚ `~``ヽ-、_,__、、
                ヽヽヽ゚ 。゚。,ノ´ン´/入__
                  ヽヽX´ン‐´ン/´/及コ
                  ヽヽン´ン_´ノ入 ┤
                   ヽヽン´/ア  ヽノ
                     ヽヽン'´
                       ヽヽ
                       ヽヽ
                          ヽヽ
                          ヽ丶
                          ヘヽヽ
                          // ,,冫>、
                      ,.-yイン^`V´ /入,ー、.
                      〈ノ'ソ、,-.'´: ; ` u´、___l
                     Y´ ソ´::: ::/」1´-=ュミマ         _
                     /: ::: :::::: トir1:: ´ .. ベ;ュ  ,-ーヘャ;;_`l
                    _/,-f;;;:=__'::; ;V´;;::::','::::______`)/´/'   、>´
                    /フ.^ニ:::;゚''''';;;;`´::''''''::::;;;;;;}   `ヽくノ'__´-`':::: 1
                  /: ::: ii  `、:;;..´|;;;;;;::::'、',::`-、    `:: :::''ヽ-``ヽ
                  (_;ソ1;;;;''''. ヽ;;::、ヽ;;;;;;;;,、;:::'ヽ、`i  /;;;;;::::、::__,,、-:´´
                    ノ;;;ノ´;;´-::::、ン';;;;;;/ ヽ;; |i:: i__i';;;;;,-´ヽy`;;
                    /::,,,;:::::::、;;;;/ン'::::;;/ /,,::!i::;ィ、、ソ
                  ノS;;;;、、;;iiiii;;`X;;;:::::::'´:::::::ソ、
ttp://www.candytower.com/link/1000/0548.jpg
前列左からアイラ、フランクリン、ドク、ハーロン
後列手だけ写ってるのがマイク、ドクの後ろにレイニー

222 :名無シネマ@上映中:2007/01/09(火) 01:23:23 ID:fwDzDyjC
>>221
掲揚メンバー知りたかったんだ。ありがとう。
ちなみに1回目に揚げた面子は映画では名無しの兵士たち?

223 :名無シネマ@上映中:2007/01/09(火) 22:40:25 ID:iHcG6iAP
>>218
感情が動いたから感動でいいんじゃね

224 :名無シネマ@上映中:2007/01/09(火) 22:58:14 ID:xqJII7xw
硫黄島隆起続く 地震多発、水蒸気爆発に注意必要
http://www.asahi.com/national/update/0109/TKY200701090351.html

225 :名無シネマ@上映中:2007/01/09(火) 23:11:48 ID:mgEZo6Yt
>>222
半句・反戦

226 :名無シネマ@上映中:2007/01/10(水) 12:02:22 ID:8iRymIzG
2006年公開映画を対象として第80回キネマ旬報ベストテン

    外国映画の一位    父親たちの星条旗



227 :名無シネマ@上映中:2007/01/10(水) 13:24:22 ID:SYBqe3GH
日本とアメリカ以外の国では「手紙」より「星条旗」のほうが
評価が高くなる様な気がする。
世界にとっては日本なんかよりやっぱりアメリカ様ですから。
キネ旬1位もそこらへんを読んだのではないかと。

228 :名無シネマ@上映中:2007/01/10(水) 14:09:19 ID:mfHCMDDE
>>227
世界には反米の国も多いわけだが

229 :名無シネマ@上映中:2007/01/10(水) 14:09:56 ID:8iRymIzG
ていうか「手紙」はオマケみたいなものだよ
映画の作りとしては・・

230 :名無シネマ@上映中:2007/01/10(水) 14:23:19 ID:3YJkRCmm
何の予備知識もなしで見たら手紙は解りにくいと思う
3日くらいで戦闘終わったように感じるし
意図的にそう作られてるのかは知らないけど

やっぱりセットで見て欲しいんじゃないかな

231 :名無シネマ@上映中:2007/01/10(水) 14:50:39 ID:TKiLtqW2
ttp://cinematoday.jp/page/N0009750
米アカデミー賞よりも歴史が長い!「第80回キネマ旬報ベスト・テン」発表!
2007/01/10

1919(大正8)年に創刊され、現在まで続いている映画雑誌として、
世界一の歴史を誇るキネマ旬報が、「第80回キネマ旬報ベスト・テン」を発表した。
さまざまな映画のベストテンが発表されていく中、日本の歴史の中で戦争をはさみ、
今も続いているこのベスト・テンは日本で一番重みのある映画の賞と言ってもいい。
また、米アカデミー賞が今年で第79回を迎えるが、
比較しても第80回を迎えるこの「キネマ旬報ベスト・テン」は世界的にも歴史が長いということになる。
授賞者と作品は下記のとおり。

【2006年度外国映画ベスト・テン】
1位 『父親たちの星条旗』
2位 『硫黄島からの手紙』



232 :名無シネマ@上映中:2007/01/10(水) 16:13:49 ID:8iRymIzG
>>230
「星条旗」も予備知識がないと判りにくいと思うぞ。

俺は「硫黄島いまだに玉砕せず 上坂冬子著」読んでいたから。
最初に星条旗を立てた兵士の秘密とか知っていたので判りやすかったけどネ。
米国人にとっては周知なことらしいぞ。

233 :名無シネマ@上映中:2007/01/10(水) 16:31:45 ID:GY9lECES
近くのシネコンでまだやってた。
一日一回上映の最終日且つメンズデーの明日、観にいくぞ

234 :名無シネマ@上映中:2007/01/10(水) 17:48:38 ID:8WNsbfol
いってらっさい>>233
時系列は3つあって

1.戦時中
2.戦後(国債買ってキャンペーンやってるとき→3人のその後)
3.現在(年老いて発作起こして倒れる老人ドク、父が何故戦争について何も語らなかったかを調べるドク息子)

最初は3から始まるからね
と言っておいたら少しは分かり易いかな(´・ω・`)

ハリボテ擂鉢山シーンの表現は素晴らしかった
ドクやアイラの抱える辛さが身にしみて感じられたよ...PTSD寸前だよ(´Д⊂

235 :名無シネマ@上映中:2007/01/11(木) 00:14:09 ID:YoEhvafV
3位 『グエムル ハンガン漢江の怪物』


236 :名無シネマ@上映中:2007/01/11(木) 13:34:26 ID:uXaJKrAP
13日から近くの箱で再上映されるらしい
4回目見に行くかな

237 :名無シネマ@上映中:2007/01/11(木) 17:16:48 ID:VAWSabbp
>>236
おおお、手紙ヒットの相乗効果ですかね。
再上映の波が全国に広がってくれれば、まだ未見の人を救済してくれて
2部作の意義が広がるのにね。

238 :名無シネマ@上映中:2007/01/11(木) 21:15:34 ID:R4/xfJ1n
近場でまだやってることを発見!良かった。。
「手紙」見てから、またこの作品を見たくなったので
週末行ってきます。

239 :名無シネマ@上映中:2007/01/11(木) 22:32:40 ID:9lftOHUu
ところで、この作品のDVDはいつ頃出るんだろう?

240 :名無シネマ@上映中:2007/01/12(金) 00:18:07 ID:QCS+xGhs
硫黄島〜を観たい!と言っていた
アメリカ人とのハーフの女の子がバイト先にいたので
「ぜったいに星条旗から観たほうがいい」とオススメしておいたら
昨日お姉さんも誘って2人で観てきてくれた。

すごく感動したらしく「硫黄島〜も必ず2人で観に行きます」と
言ってくれてなんだかすごく嬉しかった。
いまやアメリカ人と日本人は
結婚だってするんだよなぁって、すごく感慨深い。

星条旗と硫黄島、二つを観たあと
両方の国の血が流れている彼女は
どんな思いを抱くんだろうとすごい興味がある。

はやく感想が聞きたい。

241 :名無シネマ@上映中:2007/01/12(金) 00:29:49 ID:gxo+PPQL
( ;∀;)イイハナシダナー

242 :名無シネマ@上映中:2007/01/12(金) 01:52:52 ID:M8+NHB0P
なんて理想的な星条旗〜手紙の流れ。

243 :名無シネマ@上映中:2007/01/12(金) 01:58:53 ID:NvFNaMjA
アメリカ国家の所行に不必要なほど罪悪感を感じたらどうするんだ。可哀想じゃないか?

244 :名無シネマ@上映中:2007/01/13(土) 00:44:04 ID:cKF5ehxL
大丈夫だろ。ああいうことは戦時中ならアメリカじゃなくてもやるだろうし

245 :名無シネマ@上映中:2007/01/13(土) 10:47:57 ID:SEDoOByv
以前銀座シネパトスでパンフをまだ売っていると教えてくれた人、ありがとう。
無事買えました。

246 :名無シネマ@上映中:2007/01/13(土) 13:06:22 ID:6ujFPY9g
>>245
手紙の方のパンフとは微妙に違う硫黄島の地図w
なんか揃いで持ってると得した気分になるが高いね>700えん

247 :名無シネマ@上映中:2007/01/13(土) 15:08:17 ID:wwm6SIIj
さっきたまたま映画館の前通りかかったらポスター貼ってあって『絶賛上
映中』って書いてあってびっくりした。手紙しか見てなくて後悔してたけど
やってて良かった〜。これから見てくる。大阪の動物園前。

248 :名無シネマ@上映中:2007/01/13(土) 15:43:16 ID:wS2bPGEQ
*´∀`)ノシ 鬱ってらっしゃ〜い

249 :名無シネマ@上映中:2007/01/13(土) 15:57:31 ID:W1lN10Hj
>>247
動物園前って何処の映画館?天王寺?

250 :名無シネマ@上映中:2007/01/13(土) 16:10:29 ID:W1lN10Hj
自己解決しますた。すんまそん

251 :名無シネマ@上映中:2007/01/13(土) 16:14:35 ID:wwm6SIIj
>>249
天王寺っていうか新今宮のフェスティバルゲートの上の所。16:20からの回見てくる。
いつまでかは知らないけど一日三回やってるみたい。この回の他は昼・晩
くらいの時間帯の上映だったと思う。

252 :名無シネマ@上映中:2007/01/13(土) 16:16:58 ID:wwm6SIIj
おっと、自己解決してたか…レスしてしまったw

253 :名無シネマ@上映中:2007/01/13(土) 16:20:44 ID:W1lN10Hj
どうもありがとう!楽しんできてや!

254 :名無シネマ@上映中:2007/01/13(土) 18:16:10 ID:hyVM8Xhy
>>793
報告おつです
じゃ閣下の軍刀は戦場で失ったんだね
恩賜の軍刀は置いてったはずっていうのは無いよ
大事なときにこそ使う刀だ
今みたいに単なる飾りじゃない

255 :名無シネマ@上映中:2007/01/13(土) 18:17:40 ID:hyVM8Xhy
恥ずかしい 誤爆すまん

256 :名無シネマ@上映中:2007/01/13(土) 20:05:08 ID:SEDoOByv
>>246
昔と今の硫黄島の地図ねw
この2部作は二つで一つの大作だという思いがあったので、両方のパンフが揃ってよかったよ。
ぎっしり内容が詰まっているから、700円でOK。イーストウッドのファンだからかなw

>>247
星条旗も劇場で観られてよかったね。

257 :名無シネマ@上映中:2007/01/14(日) 02:38:17 ID:nHrmZOuI
質問なんですが、
冒頭、ドクがイギーを置いて負傷兵を助けに行ったシーン。
襲ってきた日本兵を銃剣で返り討ちにしてましたが、
その日本兵が刺されながら「ヘルプ・ミー」と言っているように
見えました。
それともあれは負傷兵だったのでしょうか?
暗くて見分けがつかなかったもので

258 :名無シネマ@上映中:2007/01/14(日) 02:50:26 ID:nEvSR5U/
>>257
住人解釈で2説ある
・日本兵が「ヘルプ・ミー」と言っていた
→そのくらいの英語は知っている兵士がいてもおかしくない、瀕死の状態で敵兵に縋ってもいいじゃないか、人間だもの

・日本兵を映しながら後ろで死に掛けて呻いている同胞の声
→前も後ろも敵味方関係なく「死」に囲まれてる戦場の悲惨な有様に加えてドクの追い詰められた心理状態が伝わる

こんな感じ?

259 :名無シネマ@上映中:2007/01/14(日) 04:50:14 ID:AwxjnGMf
>>258
でもこの声、なかなか発音よかったよな。どっちが正解かは別にして。

260 :名無シネマ@上映中:2007/01/14(日) 13:06:16 ID:Olv82T3W
2説あるとか言ってるなよ馬鹿馬鹿しいw
どう見ても日本兵が「ヘルプミー」って言ってるだろ、自分で口動かして。
直後に腹破れた米兵が反応して、日本兵をチラ見するカットがあるだろ。

261 :名無シネマ@上映中:2007/01/15(月) 00:03:56 ID:5mOe9rys
星条旗って二回掲げられたんだよね?

262 :名無シネマ@上映中:2007/01/15(月) 00:29:44 ID:12fAp28G
>>261
5回前後って説もある。
日本兵が夜中に日章旗に取り替えちゃうから。
つまり擂鉢山日本兵全滅までの回数=5回前後

263 :名無シネマ@上映中:2007/01/15(月) 02:02:24 ID:DkYOyGz+
ご教授ありがとうございます。
やはり日本兵だったんですね。
でも普通に日本語で「助けて」のほうが
誤解を招かなかった気もします。
言ってる意味がわからないと、
それでも殺さなければならなかった
ドクの気持ちが伝わらないんでしょうけど。


264 ::2007/01/15(月) 07:15:02 ID:gx1n4v7h
それはどうかと思うぞ。

265 :名無シネマ@上映中:2007/01/15(月) 14:11:51 ID:5mOe9rys
>>262

スゴイね・・・、日本兵(゚O゚;)
そんなに取り替えられる米軍もどうかと思うが(-。-;)

266 :名無シネマ@上映中:2007/01/15(月) 19:42:51 ID:BS8gj/Bb
>>265
頂上はほとんど遮蔽物もない場所だから守る方も大変でしょ

267 :名無シネマ@上映中:2007/01/15(月) 22:38:05 ID:EhV6MTzL
硫黄島より面白かったな。音楽もこっちの方が好きだ。
見た直後はイギー役のジェイミー・ベルの画像を見るだけで涙腺が・・・
今後注目していきたい役者の一人だわ。

268 :名無シネマ@上映中:2007/01/16(火) 07:55:21 ID:l7/OCxS9
リトルダンサー見てたのにイギー見ても気づかなかった。

269 :名無シネマ@上映中:2007/01/16(火) 12:55:02 ID:gpCxE4Ze
自分はすぐピンと来た。
そいえば彼、イギリス人なんだよね。
リトルダンサーであんなに訛りの強い「英」語喋ってたのに、米語も自然すぎてびっくり。

270 :名無シネマ@上映中:2007/01/16(火) 20:13:12 ID:86x+t8av
星条旗って悲しい話?

271 :名無シネマ@上映中:2007/01/16(火) 21:00:04 ID:UJWKPeR2
今も映画まだやっとるのかな?

272 :>>210:2007/01/16(火) 21:34:43 ID:LwJHZyH9

     祝 ゴールデングローブ賞外国語作品賞 受賞

273 :名無シネマ@上映中:2007/01/16(火) 22:05:44 ID:Iynpzcwz
>271
渋谷のギャガでまだやっているはず。

274 :名無シネマ@上映中:2007/01/16(火) 22:49:26 ID:/9Z0L0X8
>>270
語感でいうと「哀しい」話

275 :名無シネマ@上映中:2007/01/16(火) 22:50:23 ID:GGRTH5C8
>>271
川崎チネチッタでは今週金曜まで

276 :名無シネマ@上映中:2007/01/16(火) 23:12:56 ID:86x+t8av
>>274
なるほど、、、、ありがとう
泣いちゃう?

277 :名無シネマ@上映中:2007/01/17(水) 00:38:42 ID:CLz9EVFc
>>276
じんわりね・・・・即効性ではない

278 :名無シネマ@上映中:2007/01/17(水) 03:18:04 ID:a81WT54X
エンドロールは見てるとなんだかじわじわくる

279 :名無シネマ@上映中:2007/01/17(水) 03:42:51 ID:ius9PKqt
>>278
くるね。エンドロールでくるっていうか、それまで重ーーくのしかかってはくるものの
受け止めるだけで感情移入とまではいかなかった本編の内容が
ラストのドクと息子のシーン→海水浴→エンドロールで急にぐっっと胸から込み上げてくる感じ。
病院のシーンでやっとこの映画の全体というか本意が見えたからかな。
よくわかんないけど涙が止まらなかった。

280 :名無シネマ@上映中:2007/01/19(金) 12:59:31 ID:XXG0L3Yd
Our target is called Iwo Jima!
It's not Tarawa or Saipan. This is Japanese soil, the sacred ground.
Twelve thousands Japanese defenders in eight square miles will not leave politely, gentlmen!
So we take em out!

281 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 22:42:19 ID:RwjLeFan
今日、渋谷GAGAで見てきた。
土曜日だし、劇場が小さいということもあったが、席は8割は埋まってた。
映画は、期待していた以上だった。いい映画じゃないか。
でも、なんでだろ。見終わって、あらためて思い返しても、印象的なシーンがないんだよなぁ。
しいて言えば、エンドロール。 あの淡々さはなんともいえん。

原作は読んでみてみたいと思った。


282 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 15:00:17 ID:4h4kBNnh
大阪・フェスティバルゲートの上映時間
11:10〜と20:20〜の2回。


283 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 00:59:51 ID:flCIbZGi
DVDはいつ出るの?

284 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 23:23:56 ID:N1/s+h6B
落選残念だったね。
これほどアメリカ人見る目ないなと思ったことはない。
いくら手紙があると言えどだ。
こんな傑作なにによ〜悔しいぜ〜イギ〜〜〜〜

285 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 23:27:34 ID:N1/s+h6B
お、録音賞、音響効果賞にノミネートされてる!
おめでとう!!!!!

286 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 23:53:12 ID:N1/s+h6B
このスレにいるのはオレだけかよ('A`)

287 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 00:00:04 ID:zfhfMXiF
>>286 他にもいるぞよ。

録音賞、音響効果賞はとれそうだな。

作品内容は手紙より上なのに、戦闘シーンしか評価されていないところに
米国の現在の状況が窺われるな。

288 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 00:05:10 ID:BDT6UoE7
>>286
ノシ

音響効果来い!
脚本は手紙よりこっちの方がいいと思うんだけど…残念。

289 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 00:07:40 ID:+DTZ0K87
N1/s+h6B 笑ったw

音響効果・録音賞ノミおめ!
・・・作品と監督も来て欲しかったな・・・

290 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 00:08:50 ID:ZaPMtjbb
日本人だから素直に硫黄島のノミネートはうれしいけど、
どう考えてもこっちのが良くできてたと思う・・・

291 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 00:10:42 ID:BVYpWnli
おお、いたw

>>287
>米国の現在の状況が窺われるな。

米国はかつてないほどに分断されてるっていうのは、こういうことか。

>>288
うんこんな格調高い作品も他に無いのにな。
音はほんとうに良かった。
獲って欲しい!

292 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 00:21:34 ID:c52vZ2T6
格調高すぎてアメリカ人には敬遠されたのか?興行収入

293 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 00:33:01 ID:W8jfDPo2
>>292

イラクで毎日のように戦死者がでているので、「米兵が海外へ」
という設定だけでもうダメみたい。

有名なあの星条旗の写真にあんな裏舞台があったなんて、「よりによって
今言わなくてもいいだろう、疲れるよ」って感じなんでは?


294 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 00:51:40 ID:BDT6UoE7
>>293
あーなるほど。いくら作品の出来が良くても自国を否定するような内容は
見てて気持ちいいもんじゃないかもね。
ベトナムやイラクならともかくWW2は正義の勝利として誇ってたいだろうし。

未練がましいけどせめて監督賞は粋な計らいで
クリント・イーストウッド(「硫黄島からの手紙」・「父親達の星条旗」)
としてほしかったなあ〜

295 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 00:56:13 ID:oOwOER1G
>>290
映画としてはね。
余りに調和されすぎていて、引きずり込むカが弱かったかもしれない。
向こうの方が、極限状況で前向きだったのもあるかも。星条旗は、「使われた」兵士の物語だから、後味が苦いし。

今になって、亡くなった隊長を思い出して悲しくなった…
現場の英雄は報われない。それが戦場の現実か。。

296 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 03:36:44 ID:hhM4NJ7D
俺もこっちの方が良かった派だな。
星条旗は上映中96%くらいは痺れまくってたが
硫黄島は映画が軋んでるように思えてヒヤヒヤしながら見た

297 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 12:37:33 ID:84dKe+vI
「星条旗」あっての「手紙」だと思ってる。

298 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 17:14:11 ID:CXQWmk+e
2つで1つなのね

299 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 17:51:22 ID:36Uyw8Yw
>余りに調和されすぎていて、引きずり込むカが弱かったかもしれない。

正にその通りだと思う。
でも自分は硫黄島出演者のファンだけれど、
映画としては星条旗の均整のとれた美しさがたまらなく好きです。

300 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 00:56:21 ID:sEnTCZyh
硫黄島は荒削りで勢いがあるけど、星条旗はファインアートだと思う。

301 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 02:41:35 ID:jzkWC7Kw
「星条旗」は、「許されざる者」「ミリオンダラーベイビー」に連なる作品だと思う。
共通点は、

・主人公(たち)は貧乏である
・カネのために戦う(海兵隊員は給料目当ての志願兵}
・しかし、人間としての誇りは守り通す

「硫黄島」は嫌いじゃないが、栗林や西郷たちへのクリントの「敬意」が作品としての凄みを奪っているような気がする。
彼らに対するクリントのまなざしが「優しすぎる。
なぜチャーリー・パーカーなのかがわかるようで結局よくわからなかった「バード」に似ていると思った。
厳しいクリントと優しいクリント。

302 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 11:32:12 ID:ryht29r6
星条旗、興行収入が20億突破だってね。じわじわ伸ばしたらしい。うれしいな。

303 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 11:50:11 ID:sEnTCZyh
うん、やっぱ相乗効果みたいね。
硫黄島上映館の隣で常に星条旗やってたら、みんなほとんどはしごすると思うんだけどなぁ。
あと、

「父親たちの星条旗」外国作品賞…第49回ブルーリボン賞決定
http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20070125-OHT1T00077.htm

304 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 13:03:23 ID:ryht29r6
>>303
乙! やはりキネ旬といい日本の批評家達は星条旗の方がいいみたいだね。
俺も心情的には手紙だが、完成度では星条旗をとるね。

東京近辺ではもう渋谷でしかやってないんだよなぁ。君の言う通り、併映すればもっと伸びると思うんだけど。

305 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 20:43:35 ID:Dpj64/Mc
併映して、しかも手紙と星条旗のセットチケットで3千円にすれば両方見る人が増えると思う。

306 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 20:59:11 ID:tCeN6Rjj
まさに同じ映画館で続けて観た者だけど、
星条旗は1000円にも関わらず半分以上が空席だったよ・・
興行収入が地味でも伸びてるって記事は、ちょっと意外だな。

307 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 21:07:31 ID:2SVnHimA
わかりやすく刺激・感動主義な映画ばかりに入るようになって長いから
こういう映画が20億いったのは喜ばしい。

308 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 21:31:32 ID:sEnTCZyh
しかし報知新聞社など在京スポーツ7紙映画担当記者が選ぶブルーリボンって
3年連続でイーストウッドってずいぶん見識高いんだな〜。
確かにミリオンダラーベイビーはスポーツを扱ってはいるけれどね。

309 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 22:44:40 ID:Dpj64/Mc
マカロニウエスタンとか、ダーディーハリーとか
どこぞの市長さんだったとかくらいしか知らなかったんで、
こんなにすごい超巨匠になってしまってると言うことにびっくり。

それにしても、すごい監督になっちまったなあ。




310 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 23:45:05 ID:D3W+AuRA
旗は下から運んだけど、棹は適当に拾ったっていうのが不自然。もし棹がなかったらどうするんだ。

311 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 23:49:42 ID:I4ypJ1Cz
斬新な批評家ハケーン
新しい視点でつねwww

312 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 00:21:43 ID:OMemRcFp
>>310
確かにこれは史実を持ってしても反論できない無敵の評論だな

313 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 00:54:14 ID:rAWWTXDX
つうか山の頂上に棹が落ちているわけないな。

314 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 01:08:01 ID:OMemRcFp
いや実際は日本軍が破棄した水道管を使ったって話だけどね>棹

315 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 09:44:51 ID:GnAlizOh
山頂に雨水を溜めるタンクの残骸があった。
それに付いていた水道管が、たまたま旗竿にピッタリだった。
こんな奇妙な偶然が世界史を動かす。
嘘みたいな話だけど、史実だからしょうがない。

316 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 10:09:38 ID:CyT4KtlE
というか、旗を掲げるつもりなら、ポールも持っていくだろ、普通。

317 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 10:23:38 ID:GnAlizOh
アメリカ兵だからしょうがない。

318 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 15:23:18 ID:vIPQCbIq
上についてから、あっ棹ねえやってことになったら、
改めて下から適当なやつを持っていくことになったんだろうな。
それがアメリカンクオリティ。

319 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 15:26:50 ID:vIPQCbIq
追記。多分そこまでは、何かあんだろ棒くらい、瓦礫だらけだし、
って感じで行動してたんじゃないかと。

320 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 18:39:10 ID:mysY3/Vi
もしかしたら西郷が便器を回収するのに使った木の枝を拾っていたかもしれない

321 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 18:39:14 ID:emTDEX+n
イーストウッドの作品では「パーフェクトワールド」「許されざるもの」が好きで、
「ミスティックリバー」「ミリオンダラーベイビー」「硫黄島からの手紙」
は批評家に絶賛されてるわりにはイマイチだなぁと思ったが、
「父親たちの星条旗」はものすごく良いと思った。物語の構成が上手い。エンドロールまで隙が無い。

322 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 22:26:04 ID:QdmYrOzB
DVDいつでんの?

323 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 23:28:48 ID:d/Vb4WKz
>>322
>>150>>152>>158
らしい・・・

324 :名無シネマ@上映中:2007/01/29(月) 21:12:32 ID:nZaZkHSt
『父親たちの星条旗』は日本でのイーストウッド作品としては興行成績がいいほうだけどね。
『硫黄島からの手紙』(50億以上)『マディソン郡の橋』(46億)『パーフェクトワールド』(34億)の次だから
アメリカでは『許されざる者』『ミリオンダラー・ベイビー』は1億ドル以上、『スペースカウボーイ』『ミスティック・リバー』は9000万ドルだけど
日本ではヒットしたとは言い難い成績だったし。
映画の出来とは関係なく、イーストウッド映画は日本では受けない。
日本人俳優多数出演、ベストセラーラブストーリーが原作、当時人気スター出演、当たった要因はその辺りでしょ。
『父親たちの星条旗』はやっぱり『硫黄島からの手紙』が後ろに控えていたからなのかな?

325 :名無シネマ@上映中:2007/01/30(火) 18:50:46 ID:u+j7YVgN
>>311
>>312
こういう指摘>>310は面白いと思うんだけど、それを批評とか評論とか
呼ぶのに違和感を感じるなぁ。
こういうディテールを指摘することは映画の価値とは無関係じゃない?
だったらそれは批評や評論とは言わないと思うんだがなぁ。
映画を観る別の楽しみとしてはアリだと思うけど。

326 :311:2007/01/30(火) 21:48:11 ID:oflYJIDd
冗談にきまってるだろ

327 :名無シネマ@上映中:2007/02/01(木) 04:04:55 ID:edWlzU+D
ここまで(米の映画界的に)手紙の方が評価されると星条旗の出演陣が気の毒なような…
サムの中の人は勝ち組か?w

ここか手紙スレかで誰かが手紙のラストシーンで西郷の隣に寝てたのはドク?
って言ってた事があったけど自分には似て…る??とイマイチ判断できなかった。
あそこでリンクしてたら両方観たものとしては感動だけど、あの時点で解放された
西郷とに対してドクはあの時点から傷に塩塗りこむような人生が始まっちゃうから
もしあの兵士がドクだったらすごい皮肉だなあ

328 :名無シネマ@上映中:2007/02/01(木) 04:15:01 ID:EQ3vjamw
偶然エキストラが似ていたそうだけどね。
2度目観た時に気付いたんだけど、
冒頭からドクは夜の戦場で戦友の声に振り回されて涙ぐんでいるんだ。
気の毒で仕方なかった。

あとドク役のライアン・フィリップってベビーフェイスだから30前後って感じしないね。
早くDVD発売して欲しいなぁ。

329 :名無シネマ@上映中:2007/02/01(木) 11:20:51 ID:FG+Yiuqa
そういえば「衛生兵ー!」って英語で何て言ってた?
「メディーック!」じゃなかった

330 :名無シネマ@上映中:2007/02/01(木) 11:28:45 ID:AhFdXFR+
>>329
corpsman

331 :名無シネマ@上映中:2007/02/01(木) 11:33:32 ID:AhFdXFR+
>>329
補足

軍隊ごとに呼び名が違うらしく、米海軍ではcorpsmanのようです。
米海兵隊には衛生兵が居ないらしく、海軍の衛生兵がその役割を担うらしい。

332 :名無シネマ@上映中:2007/02/01(木) 12:07:30 ID:FG+Yiuqa
ほほぉー
詳しく説明サンキュー

333 :名無シネマ@上映中:2007/02/01(木) 17:19:36 ID:KhRxx+Ya
結局戦闘シーン以外は2作でリンクしてる場面ってないんだね
手紙で「衛生兵を狙え」って振りがあったから、戦闘で日本兵が衛生兵を
狙撃しようとして狙いを定めたのがドクだった、って場面があったり
擂鉢山陥落の報告を聞いた栗林が山を見たらあの掲揚の瞬間だった、
って展開だったら面白かったかもとも思ったけど、そういう安っぽい演出はしないんだろうな

334 :名無シネマ@上映中:2007/02/01(木) 18:43:02 ID:EQ3vjamw
>>333
安っぽいというより、うまくリンクしなかったんだろうね。
イギー的な兵士の末路はちょっと唐突だと思った。
引っ張り込むところからやって欲しかったかな。
あ、手紙の兵士を捕まえるところとダブるか。
いややっぱ良く考えてあるよ。

最初の方の火炎放射はものすごかった。

335 :名無シネマ@上映中:2007/02/01(木) 21:36:32 ID:AAnVRamY
>>331
ドクだけが何で水兵の服着ていたか分かりました。

336 :名無シネマ@上映中:2007/02/02(金) 13:54:41 ID:DOxkGDvJ
昨日観に行きました。
僕は手紙から入ったほうなので、最初あたりに日本兵がナイフで胸を刺されて、さらにねじ込まれるシーンなどを見て胸が痛くなりましたが、上陸シーンで擂鉢山やトーチカ(全く見えない!!)などから縦横無尽に飛び交う弾丸、爆音、爆発、舞い上がる砂。
「こんなの、まるで運試しじゃないか!」
と、段々米軍側にも感情移入し始め、夜間に突撃してくる日本兵や、どこから撃たれるかわからない恐怖に
「数とか兵器の質なんて関係ない!米兵だって怖い!」
と、やっと頭で理解できたような気がしました。

登場人物では、やはりアイラに肩入れしてしまいます。
列車の連結部分で泣きながら
「俺達は銀のナイフとフォークで食事をしている。…こんなの間違ってる。」
というセリフと、パーティ会場で亡くなった3人のうちのだれか(名前は失念)の母親と、ほとんど会話もせずに泣きながら抱擁してるシーン(会話があまりないのがいい)と、また戦地へ送還される前に
「…は(もう嫌だ。と言っていた兵隊)本当にいい男だったんだ。最高の海兵隊員だったんだ。」
というシーンで僕も少し涙ぐんでしまいました。
最後の泳ぐシーンと、スタッフロールで写し出されるの写真、特にスミス中将(?)を中心とした集合写真が映った時に、日本にも栗林中将を中心した集合写真があるのを思い出し(その中の一人の兵士がすごくいい笑顔をしてるんです。)、なんか泣けてきました。
僕が感じたのは手紙にしても、星条旗にしても、英雄とか、反戦とか、そんな事ではなく、ただ淡々とこの島でこういう戦闘があったのだ。という事を伝えたかったのではないのでしょうか。そしてあとは自分で考えな。という監督からのメッセージではと僕は思います。
最後にこういう考えさせられる映画を造ってくれたクリント・イーストウッド監督、スタッフと、星条旗を勧めてくれた手紙スレの住人に感謝です。
いい映画でした。

このような長文、駄文を読んでくれてありがとうございました。
携帯からですみません。

337 :名無シネマ@上映中:2007/02/02(金) 14:51:32 ID:voBzl+Y1
>>336
いえとてもいい感想でした。

>「…は(もう嫌だ。と言っていた兵隊)本当にいい男だったんだ。最高の海兵隊員だったんだ。」

マイクだね。
英雄気取りのジェシーを連絡係にすることを進言し、部下と一緒にいるために昇進を辞退し、
シャーマン戦車に一喜一憂し、友軍の砲撃にやられてしまったマイク軍曹。
なんか昔の知り合いみたいな印象が残ってる。
そのマイクが戦友の死体を見て「もういやだ」とつぶやく。
2度目をみてて、登場人物の把握が出来ていたせいか、ラストの戦友たちの矢継ぎ早の死は
余計に胸がはりさけそうになったっけ。

338 :名無シネマ@上映中:2007/02/02(金) 15:53:46 ID:U9jioS9a
エンドロールの写真見るとマイクはかなりイケメンだったね。

>上陸シーンで擂鉢山やトーチカ(全く見えない!!)などから縦横無尽に飛び交う弾丸、爆音、爆発、舞い上がる砂。

実際爆発の場所がエキストラ達に知らされてなかった、ってどっかで読んだけど
そんなことありえるのかな?
でも怪我人は出なかったらしい。

339 :名無シネマ@上映中:2007/02/02(金) 16:00:52 ID:t6OAwCFg
あのラストの米兵が泳ぐシーンをみるたびに、
奴らに機銃掃射をかけたくなるのは俺だけ?

340 :名無シネマ@上映中:2007/02/02(金) 16:05:20 ID:voBzl+Y1
>>338
爆発は火薬でなく、圧搾空気を使っていたらしい。
でも目とjかに入ったら危険だよね。

341 :名無シネマ@上映中:2007/02/02(金) 17:54:30 ID:k7RM9XHP
登場人物の顔と名前が判別できない…↓にいるのがマイクのチーム全員?
ttp://www.tribute.ca/tribute_objects/images/movies/flags_of_our_fathers/flagsofourfathers1.jpg
アイラしかわからないorz
この場面ではドクは散髪やってて画面外で、マイクはテントにはいないんだったっけ?

>>339
お前だけかもしれんしお前だけじゃないかもしれんし誰かどう思おうと構わないけど
自分は全くそんな気持ちにはならんかったな

342 :名無シネマ@上映中:2007/02/02(金) 19:30:22 ID:DOxkGDvJ
>>337
恐縮です。

>マイクだね。
ありがとうございます!覚えています、あの場面!
「お前達を無事母親の元に帰すと部下に約束したもので。」
というような台詞を言っていた人ですね。
部下思いの頼れる兄貴といった感じの人でした(泣)

>>338
同意です。ギャグソンもかなりイケメンでしたね。
>実際爆発の場所がエキストラに知らされていなかった〜
知りませんでした〜。エキストラ達もさぞかし緊張感のある撮影だったでしょうね。

>>339
僕はまだ緊張が解けてなかったので彼等が撃たれやしないかとヒヤヒヤしてました。


というワケで2回目観てきます。

343 :名無シネマ@上映中:2007/02/03(土) 02:33:00 ID:WNjHQKNk
ストロベリーソースの場面だけど、あれ仲間亡くした帰還兵に対して本当に無神経だよなあと
今更素で思ってしまったw

344 :名無シネマ@上映中:2007/02/03(土) 02:44:46 ID:uxOS9pNG
でもドクかアイラが「ストロベリーで」って選んじゃったんだけどねw

345 :名無シネマ@上映中:2007/02/03(土) 03:36:51 ID:WNjHQKNk
>>344
あれ、そうだったけ!
じゃあしょうがねえなww

346 :名無シネマ@上映中:2007/02/04(日) 00:24:21 ID:BOdiNBVh
ウェイターに「ストロベリーソースをかけますか?」と聞かれたことによって硫黄島に
飛んでいた意識が現実に帰って、うっかり「ああ」と答えてしまったもんでドロ〜リと、
って流れじゃなかったっけ?


347 :名無シネマ@上映中:2007/02/04(日) 01:00:54 ID:/Bvtywpw
>>346
そうだっけ?
どちらか選べという感じだったような。
で、赤いソースどろりで戦場のフラッシュバック・・・・・

やべぇまた観たくなってきた。

348 :名無シネマ@上映中:2007/02/04(日) 01:03:18 ID:6IK/HMWT
>>347
自分は346じゃないけど
不意打ちっぽく
「ストロベリーソースを?」(字幕ではただソースを?だった気が)
と訊かれたので「あっ?あぁ‥‥」って感じだったと思う。

349 :名無シネマ@上映中:2007/02/04(日) 01:12:18 ID:/Bvtywpw
そか、トンクス

350 :名無シネマ@上映中:2007/02/04(日) 01:38:54 ID:TXPR61Oc
「ストロベリーソースを?」
「いや、他のものに。」
「では、トマトソースを。」

351 :名無シネマ@上映中:2007/02/04(日) 02:40:57 ID:GyS3Obqw
「ストロベリーソースを?」という字面を見て瞬時に頭に浮かんだ次の言葉が
「かけますので?」となってしまった自分の脳内orz

352 :名無シネマ@上映中:2007/02/04(日) 03:35:12 ID:/Bvtywpw
 ゚∀゚) <ひょっとしてなっちが誤訳したんで?

353 :名無シネマ@上映中:2007/02/04(日) 22:20:56 ID:JITYV1os
キウイソースだったらあんなエグくならなかったろうな

354 :名無シネマ@上映中:2007/02/04(日) 23:50:37 ID:uA+GZjul
おとなりと違って何て平和な流れw
あれババロワとかの冷菓と思ってたら過去ログでクリームチーズケーキという
意見もあってなるほどうまそうだと思った。キウイソースもうまそうだ。
よくあんな型作ったな。菓子職人ってすごい

手紙観たらどうしてもこっちをもう一回観たくなった。あーどうしようかな渋谷まで行こうかな
ノミネート記念に音響効果を堪能したい

355 :名無シネマ@上映中:2007/02/05(月) 00:00:38 ID:el0JCexV

渋谷GAGAは何度も上映期間を延長してくれるので、本当に助かった。
戦闘シーンの迫力はスクリーンでこそ堪能できるし、本質のストーリー内容も
回数を重ねる度に心にズシリとくる。時間軸をあえて分散させている構成なので、
この映画は複数回見ることにより、前に見たはずのシーンであっても新たに
理解できることが多い。もちろん「手紙」を見た後ならそこから補強・解釈される
部分もあり、一度見たはずなのに、なかなか興味深いものがあった。

356 :名無シネマ@上映中:2007/02/05(月) 05:47:26 ID:awTPiWgq
新今宮はまだ上映している?

357 :名無シネマ@上映中:2007/02/05(月) 06:12:41 ID:MwNffmt8
ソースは
「チョコレートorストロベリー」と聞いてます。

358 :名無シネマ@上映中:2007/02/05(月) 06:19:31 ID:awTPiWgq
調べました…
今大阪でやっているのは梅田、高槻のようで。

359 :名無シネマ@上映中:2007/02/05(月) 17:19:03 ID:rnBwWkAx
アメリカ版DVD明日発売だね

360 :名無シネマ@上映中:2007/02/05(月) 22:19:24 ID:IiTE/OHj
明日、天六の映画館に見に行きます!

361 :名無シネマ@上映中:2007/02/05(月) 23:32:12 ID:OFOqI+Ej
ふー、びっくりした。
今日、北米版のDVDが届いたんで観てるんだけどさ。
(ちなみに、いずれ出る日本版と差別化するために、TVサイズを買った)

なんにもねぇよ。
特典なにもなし。予告編すらなし。
それどころか、チャプターメニューも無し。
メニューを開くと、「プレイ」「セットアップ」のみの、素っ気無い画面。
レンタルエロDVDかよ!と突っ込みたくなる。
いくら北米で人気無いからって、この仕様はあんまりだぞ。


362 :名無シネマ@上映中:2007/02/06(火) 00:40:42 ID:5ZUjJw5f
>361
メリケンクオリティ丸出しだな……。

363 :名無シネマ@上映中:2007/02/06(火) 01:42:14 ID:SWaVRI/G
>>361
エェェ(´д`;)ェェエ
メイキングを死ぬ程楽しみにしてたのに…orz
本国版で付かないのに日本版で特典付くって事あるのかな?
いずれ手紙とセットで完全版とか出るのを期待するしかないとか?orz

364 :名無シネマ@上映中:2007/02/06(火) 23:51:01 ID:FXIZ8vuy
ブルレイかHDDVDまで我慢

365 :名無シネマ@上映中:2007/02/07(水) 00:09:41 ID:YHxPrI6h
>>363
これでも読んで我慢汁。
ttp://www.cinefex.jp/index.html

366 :名無シネマ@上映中:2007/02/07(水) 20:14:42 ID:PbBSrYnO
今まで見た映画の中で3本の指に入る映画だった
戦争映画では文句なしの1位だな。
パールハーバー、ウインドトーカーズは当然としてライアンもゴミに見えたよ
DVDも絶対買おうと思った。
でも、なんにもねぇのか。メイキングみてえorz


367 :名無シネマ@上映中:2007/02/07(水) 23:54:38 ID:YHxPrI6h
気のせいか、
DVDの映像が、劇場版より彩度が上がってるような気が。

368 :名無シネマ@上映中:2007/02/08(木) 00:18:57 ID:ECkYXBDK
DVDで彩度調整してくる例は多い。
つかスクリーンとブラウン管、液晶はまったく異なるハードなので、
同じ映像が再現されることはないよ。
気になるなら彩度落として見るべし。

369 :名無シネマ@上映中:2007/02/08(木) 00:36:21 ID:EGbEJoPN
クリントのインタビューは色んな番組で見たけど
ライアンフィリップやジェイミーベル、アダムビーチのコメントとか聞きたかった
から本当に何の特典もないなら物凄く残念だorz
そういえばアダムビーチって賞レースに全然出てこなかったね
いい演技してたのになあ

370 :名無シネマ@上映中:2007/02/08(木) 01:44:45 ID:ECkYXBDK
>>369 ハゲド

いくら興行収入が振るわなかったとはいえ、星条旗は素晴らしい作品だと思う。
アダム・ビーチの演技も二宮と比べて遜色ないすごい感情移入だったと思うのに。
両作品を思い出しても、泣けてくるのは列車のデッキでうずくまったアイラの背中。
いくら硫黄島が批評家の評判が良くても、二宮のイノセンスが瑞々しくても、
それは星条旗と対だからだと思ってる。

ヒットしなかったからと碌な特典つけないパラマウントはケチ臭すぎる。
だけどDVDが売れて後にディレクターズエディションとか出ないとも限らないから、
DVD日本版が出たら買うけどね・・・。

371 :名無シネマ@上映中:2007/02/08(木) 02:16:28 ID:zud2+M9e
特典はともかく、
チャプターメニューがないのは嫌がらせとしか思えん。

372 :名無シネマ@上映中:2007/02/09(金) 20:34:13 ID:WSvpV+fh
しかしこのスレの「硫黄島からの手紙」スレと比較したときの
扱いの悪さというかスレの伸びなさ。

でも、なんかろくに過去のイーストウッドの映画も見たことないような奴が
(ネトウヨ風味?)集まって吹き上がっている「硫黄島からの手紙」スレに
比べるとここの人はずっとまともに見えるけど。


ここ20年近く、イーストウッドって虚構の「アメリカの神話」を
検証・破壊し続けてきた気がする。


「許されざるもの」
「ミステック・リバー」
「ミリオン・ダラー・ベイビー」
「父親たちの星条旗」
っていう風に。


しかし、こうやって見てくると、「マディソン」と「スペースカウボーイ」が
謎過ぎるな。

373 :名無シネマ@上映中:2007/02/09(金) 22:19:39 ID:urdlThR7
>>372
「ハートブレクリッジ」は???

374 :名無シネマ@上映中:2007/02/09(金) 23:13:51 ID:b0fxnmXW
「スペースカウボーイ」→あの「アルマゲドン」に対するアンチテーゼだと勝手に思ってたw

「ハートブレイクリッジ」→ベトナム後、戦争後遺症視点の映画、作家ばかりの中、「兵士の武勇」を描く

375 :名無シネマ@上映中 :2007/02/10(土) 00:59:56 ID:1KzrrvvK
日本本土から途中の島々の電波誘導で日本軍機が何回か夜間爆撃にきたと聞いた
爆撃される米軍をみて俺たちは見捨てられていないと喚起し将兵の士気もあがったとのこと。
なかにはうまく進路をとれず島までたどりつけず燃料ぎれで真っ黒な闇の中、海の藻屑となった
機もあったそうだ・・無念だったろう。
また夜間、島にたどりついた機は対空砲火が光のカーテンのようで、その壁に突入する時は恐怖を感じた
とあった。また上空から地上を見ると曳航弾の光の線がよくみえ圧倒的な米軍からの線と散発的な
日本軍側からの線とが見え苦戦している状態がわかった報告されている。


376 :名無シネマ@上映中:2007/02/10(土) 01:11:50 ID:k4NKM3NP
>>375 すごいな。

日本版DVDに特典付くといいなぁ。
硫黄島公開後、キャストのインタビューとかちっとも伝わってこないのが悲しい。
あと本国での星条旗不振の原因は、アイラがいちばん目立ったからだと思う。

377 :名無シネマ@上映中:2007/02/10(土) 01:13:23 ID:0PlMwr2y

この作品は本当に奥が深い。
見せ場的な戦闘シーンは前半に多くて、後半は尻すぼみのように
見えるが、何度か見ると後半の印象こそが強く残る。

米国映画とは思えない内容である一方、米国でしか作り得ない、歴史に残る
記念碑的作品だな。




378 :名無シネマ@上映中:2007/02/10(土) 01:19:59 ID:Ghy8gWpp
>>377
持ち上げ方が信者臭すぎてキモイからやめて。
お前ごときが「歴史に残る記念碑」を語るなよw
イーストウッド信者ってこういう天然の厚顔無恥を平気で晒すからキモイ。

379 :名無シネマ@上映中:2007/02/10(土) 01:22:12 ID:Ghy8gWpp
>>372
「ここ20年」とか言いながら例にあがるのはたった4本w
「ろくに過去のイーストウッドの映画も見たことないような奴」はお前だろ。


380 :名無シネマ@上映中:2007/02/10(土) 01:26:32 ID:k4NKM3NP
なにこいつ>ID:Ghy8gWpp

381 :名無シネマ@上映中:2007/02/10(土) 01:28:44 ID:WpRW//ba
原作を読むと、アイラは映画では美化されているね。実際、国債ツアーは結構楽しんでたらしいし。もちろん苦悩もあったろうが、本人しか分からないだろう。
ただ戦後ハーロンの親父のところに報告に行ったのは本当。そして完全なアル中になり野垂れ死にする。

382 :名無シネマ@上映中:2007/02/10(土) 01:36:02 ID:Ghy8gWpp
>>380
「本国での星条旗不振の原因」は単純に映画の出来の悪さからだよ。


383 :名無シネマ@上映中:2007/02/10(土) 01:38:55 ID:0PlMwr2y
>>378

俺はイーストウッドの他の作品は殆ど知らないんだけどね、
結構戦争映画は好きでね。

米国の戦争映画はいわゆる「英雄」が出てくる娯楽的な多数の
作品群がある一方で、戦争の本質に迫ろうとする(流れからすると反戦的な
傾向になりやすい)作品群がある。
ヴェトナムは例外だが、基本的に「戦勝国」の米国では日本とは異なり、後者は
少数派になりやすいのだが、ディアハンター、プラトーン、ライアン、などがこれらの系譜に
入ると思う。

「星条旗」もこれらに連なっていくことになるが、
「ついにここまで、成熟した作品がができたか」と個人的には思ったよ。

911テロ→イラク戦争と「戦時中」状態が続く米国で、ナショナリズムの象徴とも
言える星条旗のさらに象徴とも言える擂鉢山のあの写真の裏事情を明かしつつ、
米国兵の内面とその後の実態を描写した本作品は歴史に残る傑作だよ。


384 :名無シネマ@上映中 :2007/02/10(土) 01:41:49 ID:1KzrrvvK
獅童が地雷をもって死体の横にきて死体の血を顔に2,3回ぬりたくった
シーンがあったが。実録は違うらしいね海軍兵が言うには
陸軍兵が見方の死体の腹を切り裂いてるのでなにするのかと見ていたら
はらわたを引きずりだし自分の体に腸を巻きつけ戦車がきた時
むくっと起き出し戦車に突入したらしい。米軍はこれを見て死体が襲ってきたと
どぎもをぬかれたらしい。また死んだふり作戦に犠牲になる者が多いので
後半には倒れている日本兵にはいっさい近寄らず。死んでいようが生きていようが
火炎放射器で全て焼くかとどめをさしたと聞いている。



385 :名無シネマ@上映中:2007/02/10(土) 01:42:02 ID:Ghy8gWpp
>>378
「戦争の本質に迫ろうとする作品群」に出てる作品名ですでに片腹痛いんですがw
成熟してない未熟なお前の幼稚さはこのスレの歴史に残ったよ。

386 :名無シネマ@上映中:2007/02/10(土) 01:50:46 ID:k4NKM3NP
>>385
いいからイーストウッドスレへ還れw

387 :名無シネマ@上映中:2007/02/10(土) 01:57:09 ID:hirF0YWa
「星条旗」が不振なのは、イラク戦争に不信をいだいている
米国民に追い討ちをかけるような内容だから。

アメリカの「正義」の象徴である、硫黄島に星条旗を掲げた
兵士の‘その後‘を描くことによって、単に政府や財界
に利用されただけのピエロだということを皮肉っている
作品だ。 痛烈に政治的メッセージが込められている。

388 :名無シネマ@上映中:2007/02/10(土) 02:00:32 ID:Ghy8gWpp
>>387
お前はアメリカ人か?それともアメリカ在住か??分かった口を聞くなよ。
まじで出来が悪いからだから。映画として大変出来が悪い。
「皮肉」も「政治的メッセージ」も何十年前のネタだよ言いたくなるぐらいの
クリシェでしかないから。何を今さらなんだよ。その程度の知識すら無い奴が
持ち上げてるだけ。このスレにいるイタイ信者みたいに。

389 :名無シネマ@上映中:2007/02/10(土) 02:07:24 ID:6UPj8dOV
>388
なんか批判反論繰り返してるだけだね。
「出来が悪い」って言えば済むと思ってるのかね。
痛さでは信者に負けないほど痛い。いや、むしろキミ激痛。

390 :名無シネマ@上映中:2007/02/10(土) 02:08:42 ID:Ghy8gWpp
>>389
映画の出来の悪さをアメリカ国民のせいにする厚顔無恥な奴よりまし。
朝鮮人でもそんな言い方せんわ。

391 :名無シネマ@上映中:2007/02/10(土) 02:09:20 ID:LTiEGjIp
>ID:Ghy8gWpp
どの点で出来が悪いと思うの?

392 :名無シネマ@上映中:2007/02/10(土) 02:14:54 ID:Ghy8gWpp
>>391
構成。内容。
この程度の内容で>387みたいな未熟な過大評価を堂々とのたまう信者が一番出来が悪い。
アカデミー賞でスルーされたあたりは逆にアメリカ人の映画を見る目の高さをうかがわせるわな。
このスレでマンセーしてる奴らよりは、歴史・政治・映画をもっと分かっているだろう。

393 :名無シネマ@上映中:2007/02/10(土) 02:21:34 ID:6UPj8dOV
>390
いやぁ、否定言葉並べてるだけのサルよりマシでしょ。
お前、言葉足りなさ杉。>392でも「構成。内容。」って…
単語しか上げれないのは痛いね

394 :名無シネマ@上映中:2007/02/10(土) 02:28:16 ID:Ghy8gWpp
>>393
このスレが信者によるマンセー専用スレならハッキリそう言って。
できればスレタイに【信者専用】【批判厳禁】とか入れて欲しい。
隔離スレとしてw

395 :名無シネマ@上映中:2007/02/10(土) 02:30:34 ID:6UPj8dOV
>394
そうは言ってないよ。お前の口調、論調が煽りなのが問題なだけ。
ちゃんと筋立てしてレスできるようになったら書き込みしてね。
というかお前が来なければ一番なんだけどね。おやすみ。

396 :名無シネマ@上映中:2007/02/10(土) 02:30:57 ID:LTiEGjIp
>>392
じゃあどういう構成と内容だったら良かったの?

397 :名無シネマ@上映中:2007/02/10(土) 02:33:13 ID:SpK2VjkD
幼稚な煽りだ

398 :名無シネマ@上映中:2007/02/10(土) 02:35:08 ID:k4NKM3NP
マンセーって言葉使うのやめてくんない?
ダサいから。

399 :名無シネマ@上映中:2007/02/10(土) 02:35:38 ID:Ghy8gWpp
>>397
このスレに度々見られる幼稚な厚顔無恥・過大評価もしっかり批判しろよ。
自浄作用がなければこのスレは腐ったマンセースレになる。ほとんどそんな状態だけど。

400 :名無シネマ@上映中:2007/02/10(土) 02:38:19 ID:Ghy8gWpp
>>398
いや、煽りとかじゃなくて、まじでマンセースレでしょ。
読んでて恥ずかしくなる様な天然系信者脳マンセーレスがたくさんある。
ボケにはツッコミを入れないとね。

401 :名無シネマ@上映中:2007/02/10(土) 02:47:18 ID:f+3HGKPz
>>400
じゃあどういう構成と内容だったら良かったのかツッコんでみてよ
ただつまらんだけじゃわかんないよ

402 :名無シネマ@上映中:2007/02/10(土) 02:49:16 ID:k4NKM3NP
>>387
イラク戦争どうこうで不振はよく聞く説だけど飽きた。
オレはアイラ=マイノリティが主役級だから人が集まらなかったんだと思うよ。
白人(ドク)の苦悩をもっと前面に出していればもっと人入ったでそ。
でもイーストウッドはアイラに深い苦悩を見つけてしまった。
撮らざるを得なくなった。

>>400
好きなんだからいいんじゃない?
煽る必要もないかと。
ただスレトップにたくさんFAQが来るようなスレになって欲しくはないけどね。

オレは好きだけどね、この作品。
映画の構成が協奏曲のようで上品で美しいから。
イーストウッドの音楽好きがよく出ている。

403 :名無シネマ@上映中:2007/02/10(土) 02:56:44 ID:Ghy8gWpp
>>402
個人的にはそのマイノリティー=インディアン系に今更「深い苦悩」を見つけるってのが
もう時代錯誤なんだよね。それこそ何を今更なのよ。20〜30年ぐらい前なら誉められるだろうけど。
この程度の使い古されたネタを、さも新しい映画のごとく感じてしまうある種の情報弱者。

寝る前に一言。星条旗だけじゃなくて硫黄島も出来が悪いと思ってるから安心して。
この作品だけを責めてる訳じゃない。あとVFXも酷いと思う。
前評判・事前予想に思いっきり肩すかしを食らわせた2凡作だった。
制作意図はまあまあよかったんだけど。予想外だったのはこれらの凡作に対する異様な程の
過大評価。信者脳がそうさせるのかもしれないけど、もっと冷静に見ようぜ。出来は悪い。
あとイーストウッドが最近評価が上がってるのにも違和感。日和った映画撮るようになって
誉められ方を覚えちゃったね。逆に評価下がるわ。イーストウッドはもう守りに入った。

404 :名無シネマ@上映中:2007/02/10(土) 02:59:22 ID:Ghy8gWpp
>403の言葉がちょっと足りない感じ。
3行目は「〜しまうある種の情報弱者のマンセー意見もきもい」
に訂正しとく。

405 :名無シネマ@上映中:2007/02/10(土) 03:04:30 ID:DBXgBOZM
だから相手にするなって言ったのに・・・・
実話を元にしてるのを知らないらしい。

406 :名無シネマ@上映中:2007/02/10(土) 03:09:34 ID:s2Cb0Xbg
ロッキーなど懲りもせずアングロサクソンに栄光を与えているが
実際にはチャンピオンの多くはアフリカ系なのに

407 :名無シネマ@上映中:2007/02/10(土) 03:09:39 ID:f+3HGKPz
>>402
自分は結局「アメリカこそ絶対正義!」な映画以外は受けないんだろうなと思った。
あの写真云々ってアメリカ人的には「何を今更」な話なんでしょ?
それでも「何が悪い、我々は勝ったじゃないか」というのがあるから自分達を否定する
ような映画はどうしても面白くないんじゃないかな

でも今まで誰も作っていなかったものを、しかも敵味方両者の視点から作ったのは
映画人クリントとして意義のある事だと思うんだけどな。

賞賛意見が続く中貴重な批判を投じてくれたID:Ghy8gWppはもう満足した?
批判意見があればいいんでしょ。君ので十分だよありがとう。
好きなものを好きと言っている人の意見を捻じ曲げようとするならこれ以上はただの嵐だよ

408 :名無シネマ@上映中:2007/02/10(土) 03:12:24 ID:H05lY13/
スタローンはそもそもイタリア系じゃんw

409 :名無シネマ@上映中:2007/02/10(土) 03:24:19 ID:kIaVm3bS
>406

そこで、「ランボー怒りのアフガンU」だ

かつて、共にソ連と戦ってきたビンラディンを
今度はロシアと一緒に戦う。

単純なアメリカ人は過去のことなんか忘れてきっと喜ぶ


410 :名無シネマ@上映中:2007/02/10(土) 03:35:02 ID:k4NKM3NP
>>403
マイノリティーに関してはほとんど同意見だけど、ハートに新しい古いはない。
興行不振=時代遅れって決まりもない。
全体を流れている音楽を感じないんなら仕方ないね。
あんたの映画観に興味はない。

>>407
>自分は結局「アメリカこそ絶対正義!」な映画以外は受けないんだろうなと思った。

確かにアメリカ人は単純正義が好きな層が厚いだろうけどね。
じゃなんで「硫黄島からの手紙」は評価高くてアカノミまでされるの?
なんで上映館がどんどん増えるの?

411 :名無シネマ@上映中:2007/02/10(土) 03:55:37 ID:f+3HGKPz
>>410
自分達が直接否定されてる訳じゃないからじゃない?
もちろん純粋に映画自体に感銘受けるっていうのもあると思うけど所詮外国人の話っていうか、
逆に自分達はこんな高尚な相手と戦ってたんだ、ってんで自尊心保てるとか
上映館が増えるのはアカデミー効果ってか煽り?もあると思う

誰かが過去スレで言ってたけど星条旗は日本人が観るべき映画、手紙はアメリカ人が観るべき映画、
ってのは言い得て妙だと思う。興行とか上映館数とか数字関係なしに、
観て良かったって人がどっちの国にもいればそれはそれで成功だと思う。
自分はどっちも良い映画だと思うし、特に日本人として星条旗を観れて良かったと思う。

412 :名無シネマ@上映中:2007/02/10(土) 04:53:47 ID:k4NKM3NP
>>411
前段ちょっと曖昧だけど、映画に純粋にてのは言えてると思う。
あの歳にして荒削りで日本映画の新人作家の処女作という感じ。
硫黄島は一種の奇跡で再現不能だと思う。
信者で結構w

>星条旗は日本人が観るべき映画、手紙はアメリカ人が観るべき映画

それは同意。
星条旗はむしろ日本で不振だったのが悲しい。
手紙の日本ヒットは半分以上は物珍しさというか。

413 :名無シネマ@上映中:2007/02/10(土) 04:55:38 ID:Ohl2Ffsb
割合の問題だろ。エンターティメント性とメッセージ性の。


414 :名無シネマ@上映中:2007/02/10(土) 17:04:24 ID:lv3szhLx
なんかスレが伸びていると思ったら基地外が来ていたのか。

手紙スレに行けって言いたくなるな。あそこならいくらでも釣れるぞ。
その手の人間が集まってるから。ここは地味だから。

415 :名無シネマ@上映中:2007/02/10(土) 17:55:59 ID:k8bqBixR
リトルダンサーのビリー役だった子が出てるって聞いたんだけどチョイ役?役の名前は?

416 :名無シネマ@上映中:2007/02/10(土) 18:01:25 ID:k4NKM3NP
>>415
イギー。
重要で象徴的な役。

417 :名無シネマ@上映中:2007/02/10(土) 18:31:10 ID:ZN/dUUIw
リトルダンサーって何年前だっけ。大きくなったもんだなあ
フランクリンも童顔でちょい巻毛の役者だったから区別つかんかった

418 :名無シネマ@上映中:2007/02/10(土) 19:04:51 ID:7jgOVoPv
>>403
正直言って、キミは文章が下手なのでわかりにくい。
“マイノリティ=インディアン系に今更「深い苦悩」を見つける”ことが時代錯誤、
という批判は映画を作る側に対するもので、その次の1行は、時代錯誤のテーマを
新しいものとして感じている映画を見る側に対する批判、という理解でよいのかな。
製作者側はマイノリティ問題を新しいテーマとして提示していないこと位はキミは
わかっているだろうという前提に立っての理解だが。
(イーストウッドは映画キャリアのほとんどで何らかの形でマイノリティを扱っている)

さて。そうすると、結局キミはこの映画の「構成、内容」について、「ネタが古い」という
一点は具体的な批判のつもりということかな?
マイノリティに深い苦悩を見つけるのが時代錯誤、とおっしゃるが、アメリカ・インディアン系の
社会的諸問題は現在では解決されているのかね?
現在でも存在する問題を扱うのに時代錯誤とは全く意味が通らない。
今更、なんていう問題かね?
映画はネタの新鮮さが命なのかね?

いずれにせよ、現在でも根深く残っているマイノリティ問題を時代錯誤と言い切ってしまう
粗末な感性、稚拙な文章構成、この作品について不満に思う点を言葉にまとめることの
出来ない思考力不足、もうひとつ、次から次へと入ってくる情報におぼれちゃってる感が
文章から漂っている(使い古されたネタという言葉と情報弱者という言葉の使い方から、
新しい情報をありがたがる傾向、それを沢山得ること自体に何らかのステータスを感じている
ことが読み取れる)。
情報を集めるだけ集めて正しく理解できないキミのような人こそ“情報弱者”と呼ぶべきだよね。
知識も思考も自己中心的で極めて浅い。
マンセーばかりもウザいが、批判がそれ以下の内容では話にならん。
もう少しがんばっていただきたい。
そろそろ釣り宣言でも構わないが。


419 :名無シネマ@上映中:2007/02/10(土) 19:47:30 ID:k4NKM3NP
情報に振り回されて自分の心の所在が掴めなくなってるんだろうね。
溺れていると。

マイノリティといえばこの作品のインディアン、「メルキアデスエストラーダの3度の埋葬」
(タイトル憶えちまったよ!)でトミー・リーの違法滞在メキシカンを見つめる優しい眼差し
はなんか似ている気がする。
そういえばスペース・カウボーイでボスと共演していたっけなトミー・リー

BOSSのCFにも出てるし(関係ないがw

420 :名無シネマ@上映中:2007/02/10(土) 23:07:14 ID:k8bqBixR
>>416
重要な役なのか…見るのが楽しみだ。
ありがとう

421 :名無シネマ@上映中:2007/02/11(日) 09:32:51 ID:4uirIH6l
アイラの苦悩は計り知れないけど、かなり作られているよ、原作参照。皮肉なことに、こうやって祭り上げられる事を悩む事がテーマの映画なのに、再び祭り上げられている訳だ。

422 :名無シネマ@上映中:2007/02/11(日) 12:11:55 ID:e2OkhoVK
【文化】「お粗末なガンダム、なぜこれほど支持されるのかわかりません」…安彦良和氏★11
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1171156932/

423 :名無シネマ@上映中:2007/02/11(日) 18:40:18 ID:4aW4I7tG
アイラは派手に泣き叫んだりしてるから、印象的だけど
監督が一番伝えたかったのはドクの苦悩だと思う。

仲間の死を多く見てきて一番つらかったはずなのに、誰にも語ることなく、
最期に息子に伝えたのが、地獄の戦場の中での仲間とのつかの間の楽しい思い出だった
ってのが泣ける…

424 :名無シネマ@上映中:2007/02/11(日) 18:47:07 ID:W5jhAaJT
>>423
上品すぎて白人の観客にまで伝わらなかったのかね>ドクの気持ち
ライアン・フィリップって硫黄島の二宮に比すべきベビーフェイスだったね。
もう30って聞いてビックリ。

映画の冒頭、夜の戦場で泣きながら戦友の呼び声に振り向く顔が忘れられない。

425 :名無シネマ@上映中:2007/02/11(日) 20:40:50 ID:4uirIH6l
ドクが見たもの‥それは映画の中ではあんまりなので再現されていない。
日本兵のリンチに遭ったイギーの壮絶な遺体。
爪、歯が剥がされ、目玉がくり抜かれ、ペニスが切断され、それが口に押し込まれたイギー。
こんな事をするような軍隊は負けて当然と思う。
ドクはその後、結局日本人には心を開く事ができなかった。今で言うPTSDだ。

426 :名無シネマ@上映中:2007/02/11(日) 20:55:35 ID:KfVSiX+6
>>425
そういう行為を普通にする国の人しか思い浮かばないもんだよw
心理学用語で投影ってゆーんだ
覚えときなw

427 :名無シネマ@上映中:2007/02/11(日) 20:58:11 ID:2YJaW3xz
>>425
「手紙」のほうで、米兵を数人の日本兵が刺し殺すシーンがあったけど、
遺体の映像はなかったはずだけどな。

>爪、歯が剥がされ、目玉がくり抜かれ、ペニスが切断され、それが口に押し込まれたイギー。
そういう猟奇的な殺人を苦にしないのが、白人。
日本人の凶悪犯でもそこまではしないよ。


428 :名無シネマ@上映中:2007/02/11(日) 21:03:46 ID:roytruH3
>425
白人国家の方が異常な猟奇殺人多いがねぇ・・・
そんな国が大戦勝っちまったわけだが。

429 :名無シネマ@上映中:2007/02/11(日) 21:12:27 ID:Foa1WRJO
まあ状況が状況だしどんなことがあってもおかしくは無いとは思うけどな。
まあ、一般人の頭上で原爆炸裂させるような国が戦争に勝ったわけですが。

430 :名無シネマ@上映中:2007/02/11(日) 21:22:14 ID:W5jhAaJT
>>425
だったらこう言ってあげよう。
坑道の中には朝鮮系軍属もたくさんいたことを忘れるな、
ってね。

431 :名無シネマ@上映中:2007/02/11(日) 21:36:07 ID:XKAqvMlN
ライアン・フィリップは今までの出演映画からの先入観でアメリカ人からはイメージがかなり悪い。

432 :名無シネマ@上映中:2007/02/11(日) 21:53:32 ID:W5jhAaJT
>>431
「クルーエル・インテンションズ」

433 :名無シネマ@上映中:2007/02/11(日) 21:54:57 ID:W5jhAaJT
早押ししてしまった

>>431
「クルーエル・インテンションズ」とかで?
急進的リベラルのレッテルが押されちゃってるとか?

434 :名無シネマ@上映中:2007/02/11(日) 23:00:31 ID:2YJaW3xz
沖縄戦で、洞窟に潜んでいる住民に火炎放射を浴びせ、婦女子の断末魔
の叫び声やら人肉が焼ける匂いに性的興奮を覚えた米兵がいたらしい。

黄色人種であるインディアンを片っ端から殺害し、それを正義とか言ってる
国民だからな。
昔の西部劇を観ると、白人=正義、黄色人種=悪 と描かれている。


435 :名無シネマ@上映中:2007/02/11(日) 23:14:32 ID:W5jhAaJT
時々残酷な描写をうれしそうに書き込んでいるやつがいるな。
品性下劣。

436 :名無シネマ@上映中:2007/02/11(日) 23:26:53 ID:2YJaW3xz
東京大空襲に参加したB29の搭乗員の感想が、
「人の焼ける匂いを感じた」そうな。

人間バーベキューくらいにしか思ってないんだよな。

日本人は料理でも、匂いより味に舌を打つからな。


437 :あつかましい木村ヲタ発言:2007/02/11(日) 23:46:44 ID:bWxBwLnx
162 名前:ポケットに青春の名無し!名無し!名無し! [2007/02/11(日) 20:54:21]
日アカは木村辞退により、主演男優は渡辺謙でほぼ確定。
代わりに作品賞と監督賞で武士。特に作品賞は昨年東宝が獲ってるから、東宝以外。よって武士。
渡辺謙は木村に感謝した方がいいな。

438 :名無シネマ@上映中:2007/02/11(日) 23:49:11 ID:W5jhAaJT
>>437
ハンドルにワロタw

439 :名無シネマ@上映中:2007/02/11(日) 23:49:13 ID:XKAqvMlN
>>433
役柄というよりその声や演技がとにかくウザイらしい。
ただ星条旗での評価は上々。

440 :名無シネマ@上映中:2007/02/11(日) 23:51:26 ID:W5jhAaJT
>>439
へぇ〜×3

441 :名無シネマ@上映中:2007/02/12(月) 00:20:01 ID:7UvDZw9o
神戸震災を上空から取材した某アナも
「焼肉のような匂いが‥」

442 :名無シネマ@上映中:2007/02/12(月) 00:41:08 ID:PSlrSLRs
この映画、関東地域で上映してるとこまだありますか?教えてください。

443 :名無シネマ@上映中:2007/02/12(月) 00:44:39 ID:9/RQ/9e6
>442
yahooやmoviewalkerで調べられるんじゃねーの?

444 :名無シネマ@上映中:2007/02/12(月) 01:41:58 ID:QRCeYpri
>>431,433
へ〜そうなんだ。過去の出演作みてないけど何となくティーン向けのイケメン枠俳優
みたいなイメージあったからこの映画でこんなにいい演技する俳優だったんだと見る目が変わったよw

>>442
渋谷GAGAの9日までが関東圏最終じゃなかったっけ?
2回目行きたかったけど来週にしようか迷ってた。9日までって知らなかったから行ってよかったw
高校生くらいの若者から20代くらいのカップル、30代くらいの人や中年夫婦、年配の男性、外国人まで
思いのほか幅広い層で半分弱くらい埋まっててたかな。

2回目の感想は…話がわかってたせいかあっという間に終わってしまったような気がした。
個人的にハリボテ山のシーンが2回ともとても印象深かった。
1回目はハリボテとわからない入り方からスタジアムの大観衆を見せる引きの場面での
戦時中とは思えないようなショーアップ、花火、大歓声のいかにもアメリカらしい茶番劇、
2回目は歓声に混ざって聞こえる声に何度も振り返るドクとマイク達の最期のフラッシュバック3連発…
ドクの断片的な記憶を辿りながらあのラストに行き着く流れが好きだなあ。

しかし2回目でもやっぱりハーロンとハンクとフランクリンの区別がつかなかった…orz

445 :名無シネマ@上映中:2007/02/12(月) 02:45:13 ID:sdCLEU57
こんなの見つけた。

     57年目の郵便配達
―硫黄島よりアメリカへ、そして、日本へ―

アーノルドは一つのキーワードに出合います。「IWOJIMA」(硫黄島)です。米海兵隊の歴史の中で最も
激戦地であった硫黄島は、擂鉢山の上に星条旗を掲げる6人の海兵隊員の写真で世界中に有名であり、
今も語り継がれ、繰り返し出版され、ベストセラーにもなるテーマです。IWOJIMAの持つインパクトに気付
いたアーノルドは、硫黄島生還者たちの会に接触を持ち、数人のヴェテランと友人関係になっていきます。
はじめは多くを語らなかった老人たちが、いつしかアーノルドの熱意に口を開き始め、その聞き取りの中で
アーノルドは驚くべきことをたびたび聞くことになりました。それは、老兵達の、硫黄島守備の日本軍に対する
「敬意」ともいうべきものです。

http://www.yoyokaku.com/sub7-33.htm

446 :名無シネマ@上映中:2007/02/12(月) 17:14:52 ID:N5lr0e+E
衛生兵って外科医並の知識と治療技術持ってるものなの?
あと後方で支援するだけじゃなくて普通に戦闘にも参加するの?

主人公だからなんだろうけど冷静に治療して銃撃戦参加して白兵戦もこなして
怪我した足引き摺りながらも負傷した仲間のところに向かうドクは最高の兵士だと思ったw

447 :名無シネマ@上映中:2007/02/12(月) 21:28:53 ID:4xBdpg9s
>>446
衛生兵は自己防衛と負傷者の保護のため以外は、戦闘行為をしてはいけない。

治療技術は応急手当や蘇生処置くらいじゃないかな。
後方には軍医がいるし。

448 :名無シネマ@上映中:2007/02/12(月) 22:03:43 ID:2kxP0jEu
>>447

つ モルヒネ

449 :名無シネマ@上映中:2007/02/13(火) 04:04:08 ID:CuoYo2l4
日本兵が衛生兵を狙い撃ちしてくる以上、戦闘行為なしでは考えられないだろうね

450 :名無シネマ@上映中:2007/02/13(火) 18:42:48 ID:n+s/T3iA
この作品、硫黄島とカップリングで売り出さないかな。
もちろんメイキングDVDのオマケつきでさ。
両方みるべきなんだよ。

451 :名無シネマ@上映中:2007/02/13(火) 20:56:39 ID:bX3u8Pdn
手紙と両方見た人だけ参加できるスレとかあったら変な客来ないで平和にまわるんだろうか
手紙の上映終わったらそのうち統合するのかな

452 :名無シネマ@上映中:2007/02/13(火) 21:08:02 ID:tMO0bWOk
手紙スレって明らかにおかしいだろ、どう見ても映画ファンじゃない
ニュー速あたりから来たような連中がたむろってる。


本当に映画の内容理解してるのかもも不安。

453 :ほりうちさん ◆8EMk6i5vZ2 :2007/02/13(火) 21:46:08 ID:DrrDUJAu
中央日報
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=84423

 朝鮮の人々は矛盾というものを感じないようです。朝鮮の人々によると強
制的に言葉と文字(ハングル)は禁止されていた(はず)なのに、唯一のハ
ングル新聞という毎日新報が発行されていて、硫黄島の戦いを伝えているそ
う。ましてや旧日本軍軍人であった朝鮮人に対しては日帝に協力したとして
糾弾し、その軍人としての名誉だけでなく財産まで取りあげようとしている
のに、その軍人としての朝鮮人を描けとはこれいかに。
「不慣れな外国の地で故郷をしのびながら死と対立しなければならなかった
朝鮮の青年たちの悽絶な心情を十分に察することができます。」と書くのな
らば、朝鮮の人自身で絞首台の露と消えた洪思翊中将や特攻隊で散華された
光山文博大尉こと卓庚鉉大尉の心情をくんだ映画をどうして作らないのでしょうか。

 私はこの記事からは「朝鮮の青年たちの悽絶な心情を十分に察することが
できます。」というこの言葉がいかにも空しい感じしかしません。

引用:酒たまねぎ やURAホームページ  のんべえ日記
http://www.tamanegiや.com/ura.html (や → ya に変換


酒たまねぎ.や様は達観しておられるな、、、。

454 :名無シネマ@上映中:2007/02/13(火) 22:00:19 ID:Fd89ukcM
>>452
IEで見れば一目瞭然

■ おすすめ2ちゃんねる 開発中。。。 by FOX ★
このスレを見ている人はこんなスレも見ています。(ver 0.20)
二宮和也の噂158 [噂話]
■□■ アカデミー賞総合スレ その10 □■□ [映画一般・8mm]
な・ま・い・き盛り【70】 [ジャニーズ]
【映画】「硫黄島からの手紙」、韓国公開なるか?  [東アジアnews+]
リベンジ会話の成立する嵐【318】 [ジャニーズ]

455 :名無シネマ@上映中:2007/02/13(火) 22:11:56 ID:tMO0bWOk
>>454

今IEで見てみたらこんなことに・・・・・
そういう人たちと、あの手の人たちか。
どっちにしてもロクなもんじゃないな。

------------------------------------------------------

■ おすすめ2ちゃんねる 開発中。。。 by FOX ★
このスレを見ている人はこんなスレも見ています。(ver 0.20)
二宮和也の噂158 [噂話]
■□■ アカデミー賞総合スレ その10 □■□ [映画一般・8mm]
【映画】「硫黄島からの手紙」、韓国公開なるか?  [東アジアnews+]
な・ま・い・き盛り【70】 [ジャニーズ]
興行収入を見守るスレ136 [映画一般・8mm]

456 :名無シネマ@上映中:2007/02/13(火) 23:01:00 ID:i6PHjFFC
このスレ住人はほぼ手紙も鑑賞済み?

457 :名無シネマ@上映中:2007/02/13(火) 23:04:34 ID:j+yLa8zK

■ おすすめ2ちゃんねる 開発中。。。 by FOX ★
このスレを見ている人はこんなスレも見ています。(ver 0.20)
父親たちの星条旗・硫黄島からの手紙 8 [軍事]

まぁ軍ヲタしかいないここからしたら仕方ない。
賑わってなくても拗ねるな。

458 :funわか ◆40LBEVHyrU :2007/02/14(水) 22:56:23 ID:ZXEAF0Wn
>>453

その人どこの人??? 鋭すぎ!

459 :名無シネマ@上映中:2007/02/15(木) 00:04:53 ID:WI5cv3eZ
>>458
あんた軍板とこっちでなにやってんだ?

460 :名無シネマ@上映中:2007/02/15(木) 13:13:41 ID:M5oTOlXE
>>453

センスあるな。

461 :名無シネマ@上映中:2007/02/16(金) 00:20:49 ID:y7wQ67zs
>>460
本人かよw

462 :名無シネマ@上映中:2007/02/16(金) 21:42:49 ID:AN34wiEu
手紙のサントラは息子作曲だけど星条旗のメインテーマはクリント作曲?
手紙よりこっちの曲の方がじんとくるなあ
あのギターバージョンが一番好き

463 :名無シネマ@上映中:2007/02/17(土) 00:52:25 ID:ogxgSEGr
一応。
日本アカデミー最優秀外国作品賞おめでとうございます

464 :名無シネマ@上映中:2007/02/18(日) 16:37:22 ID:eLFhTuQ5
>>425 >>427
戦争における、兵士の残虐行為に国による違いは無いって、
いうのも両作品を通して描かれていたのでは?
硫黄島からの手紙には、米兵が日本兵捕虜を
惨殺するシーンがあったよね。

ちなみに、西南戦争で、政府軍兵士が薩摩軍兵士の遺体に
似たような行為をはたらいたってことが、「翔ぶが如く」
で紹介されてたのを思い出したよ。

465 :名無シネマ@上映中:2007/02/21(水) 00:16:11 ID:kcQ5nhzU
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070110-00000019-spnavi-base

イギー・・・・
アメリカ人にはどんなイメージの愛称なんだろう

466 :名無シネマ@上映中:2007/02/21(水) 20:40:07 ID:2kEpeU8I
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070221-00000013-fsi-bus_all
米大手企業 求む!退役軍人 管理能力買い採用急増

硫黄島の英雄も今の時代だったら・・・・

467 :名無シネマ@上映中:2007/02/22(木) 13:18:05 ID:RkdOk9P+
>>465
このへんかね
と思ったが戦後だし。
井川はともかく硫黄島より後だな。

468 :名無シネマ@上映中:2007/02/22(木) 13:23:53 ID:5c1rVTsB
美しさのあまり米兵にあだ名で呼ばれた爆撃機があったとか無かったとか

154 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)