5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【Letters from】硫黄島からの手紙35通目【Iwo Jima】

1 :名無シネマ@上映中:2007/01/14(日) 13:52:27 ID:Ij7pwEq6
父親たちの星条旗』を、今度は日本側の視点から切り取った話題の姉妹作。
監督クリント・イーストウッド×製作スピルバーグ。
映画界最高の才能が、“太平洋戦争”を、2本の映画を通じて、武力のみならず文化の衝突として描き出す。
戦争の無益さに気づきつつも、愛する家族のために勇敢に戦い抜いた、栗林中将と日本軍兵士たちの感動大作。
■スタッフ
制作・監督:クリント・イーストウッド
制作総指揮:ポール・ハギス
制作:ロバート・ローレンツ
制作:スティーブン・スピルバーグ
脚本:アイリス・ヤマシタ

■主要キャスト
<士官>
渡辺 謙  ・・ 栗林忠道中将
伊原剛志  ・・ バロン西
中村獅童  ・・ 伊藤中尉
阪上伸正  ・・ 大杉少将
渡辺 広  ・・ 藤田中尉
尾崎英二郎 ・・ 大久保中尉
坂東 工  ・・ 谷田中尉

<兵卒>
二宮和也  ・・ 西郷
加瀬 亮  ・・ 清水
松崎悠希  ・・ 野崎
山口貴史  ・・ 樫原
安東生馬  ・・ 小澤

裕木奈江(NAE)・・ 花子

注)次スレは>900踏まれた方が立てて下さい

952 :940:2007/01/19(金) 14:40:14 ID:zfVRV83F
皆さん情報ありがとうございます。

「散るぞ悲しき」は既に読んだので「何も語らなかった青春」(多田実)と
「オリンポスの使徒」(大野芳)を読めばよいみたいですね。

「散るぞ悲しき」は最近読んだのですがあのエピソードは無かったと思います。
一番好きだったのは栗林さんが兵隊達に手紙を書くことを奨励していたこと。

もう一人の兵隊さんが家族に宛てた手紙の中で息子の笑顔の写真も好きだが
きりりとした顔の写真が利口そうに見えて気に入って他の兵隊達に自慢したり
いつも眺めていたと。です。



953 :名無シネマ@上映中:2007/01/19(金) 15:23:58 ID:3gMFs5wN
>>952
いまふと思い出したけど、
城山三郎の「硫黄島に死す」に、たしか映画に
出てくるのと同じバロン西のエピソードがあった
はずだ。

それが何の話だったか、捕虜の話だったか、
忘れてしまったのだけど、そうだ、城山三郎だよ・・

すっかり忘れてました。こちらもぜひ。

954 :名無シネマ@上映中:2007/01/19(金) 15:28:22 ID:yqcapD4V
加瀬亮すげえと思ったよ俺は。演技うまい

955 :名無シネマ@上映中:2007/01/19(金) 15:28:39 ID:3gMFs5wN
>>952さん、スレの皆さん、何度も申し訳ありません。
たったいま発見したけど、バロンと捕虜の話はやはり城山三郎だった。
   ↓

 228 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/03/11 09:24
西竹一中佐の話は、城山三郎の「硫黄島に死す」を読めばよく分かるよ。
玉砕まじかの戦いの最中、仲間とはぐれて火炎放射器を放っていた海兵隊員を
西中佐の部下が、足を撃って捕虜にした。
身体検査をしたところ、一通の手紙が出てきた。
アメリカの母親からの手紙で「母はいつもお前の事を案じています。一日も早く
無事に帰ってきなさい。」と書かれていた。
それを読んだ西中佐は、「母親の愛情には、世界の西も東もないんだな。」
とつぶやいて、残り少ない医薬品をつかって捕虜の手当てをしてやった。
翌朝、米兵捕虜は、西中佐に感謝しながら息をひきとったそうだ。

 硫黄島の話を まじめに語るスレ
 http://makimo.to/2ch/hobby3_occult/1045/1045108149.html

956 :名無シネマ@上映中:2007/01/19(金) 15:49:10 ID:273ilksA
謙の演技は、おおげさ

957 :名無シネマ@上映中:2007/01/19(金) 15:51:23 ID:xCcpvTpb
今出ている「丸」増刊の「硫黄島読本」もいい資料だね。
西竹一中佐のオリンピック参加のエピソードも読みごたえあり。

さて、週末は7回め観に行くか・・・

958 :名無シネマ@上映中:2007/01/19(金) 15:57:26 ID:xQbITU3Q
>>955

本当かな?
日本兵同士が誰が敵だか分からないとか言ってるのに、
米兵捕虜をそこまで手厚く保護するとも思えんのだが。

959 :名無シネマ@上映中:2007/01/19(金) 15:59:55 ID:IJm1xBNN
違和感が無い海外制作の日本を舞台にした映画ってこれが初めてなんじゃないかな。

「西郷みたいな日本兵がいるわけない」とか「日本兵士同士が握手で再会を喜ぶなんてありえない」といった細かいディテールに対する批判は出てるケド、ラストサムライや太陽の帝国で見られた「アメリカ人から見た日本観」は感じられなかったように思う。

960 :名無シネマ@上映中:2007/01/19(金) 16:11:48 ID:xCcpvTpb
林少将や大杉少将の遺族からはクレームこないのかな?

961 :名無シネマ@上映中:2007/01/19(金) 16:18:06 ID:vjHBjDPU
>>958
いや、あるかもよ。
城山三郎は、聞き取りしたりして書いたようだし。
映画では、日本で出てる硫黄島関連の書籍とか、ちゃんと参考にしたんだな。

962 :名無シネマ@上映中:2007/01/19(金) 16:21:53 ID:fZh/ETpl
>>958
史実だよ、ソースはこれ↓
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4769821131
硫黄島―太平洋戦争死闘記 リチャード・F. ニューカム (著),Richard F. Newcomb (原著), 田中至(翻訳)



963 :名無シネマ@上映中:2007/01/19(金) 16:39:05 ID:nfJqqoFZ
>>923
軍人だから仕方ねえな。それは。
マッカーサーでさえ、とれなかったら死ぬまで戦え。生きて帰ってくることを許さない
って命令ニューギニアの部隊に対して出してる。

964 :名無シネマ@上映中:2007/01/19(金) 16:43:32 ID:xCcpvTpb
マッカーサーは「予は常に庶子の後方にあり」だけどな

965 :名無シネマ@上映中:2007/01/19(金) 16:46:20 ID:nfJqqoFZ
>>964
そうそう。

966 :名無シネマ@上映中:2007/01/19(金) 17:11:17 ID:n3rN4DvM
>>923
栗林中将を美化したり祭り上げたりしてる人などいない。
映画の中のエピソードは史実に基づいているし、聖人のように描かれたりもしていない(むしろ鬼人?)
渡辺謙の演技は誇張入ってるかもしらんが。迫力あるから、いいんジャマイカ?
戦争なんだから作戦的に残酷だったり冷酷だったりするのは当たり前だろ。

967 :名無シネマ@上映中:2007/01/19(金) 17:12:55 ID:xCcpvTpb
谷田中尉・・・

ttp://www.villagebando.com/imeges/img7-over.jpg

968 :追加:2007/01/19(金) 17:15:27 ID:n3rN4DvM
漏れが疑問に思ってるのは>>912が残酷とか冷酷とか言ってるから、その根拠は何か、ってことなんだ。
>>923に文句つけたみたいな書き方でスマソ。

969 :名無シネマ@上映中:2007/01/19(金) 17:43:03 ID:LkxEJEGy
残酷ってのはちがうだろ。意味も無く労苦を強いたとかなら分かるけど、戦闘指揮官としてあえて、冷酷に徹したというなら分かるけど。
なんか日本語乱れてるね。
あそこで頑張っても空襲の死者数はかわらねーよとかいうのは、後知恵だし。


970 :名無シネマ@上映中:2007/01/19(金) 18:29:42 ID:iQvbECzj

http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1169198305/

971 :名無シネマ@上映中:2007/01/19(金) 18:29:49 ID:kIIYALUu
西が捕虜の手紙を読み上げて兵がしんみりするってシーンはベタな演出で正直ちょっと白けた。
イーストウッドのストイックな演出の中であそこだけ緩んだ感じなのが残念だな。
もう少しさらっとさり気なく見せてくれたらなあ。

972 :名無シネマ@上映中:2007/01/19(金) 18:30:56 ID:3gMFs5wN
>>958
私もバロンと捕虜の話は、主題を際立たせるための
創作であろうと思っていたので、いささか驚きましたよ。
驚いた自分はちょっと恥ずかしかったけど・・

いつの時代も、どこの国にも、高い精神を持った人が
いるということですね。私がバロンの立場ならふつうに
捕虜殺してると思いますから、敬服です。

973 :名無シネマ@上映中:2007/01/19(金) 18:32:14 ID:kIIYALUu
>>970


974 :名無シネマ@上映中:2007/01/19(金) 18:38:23 ID:ibuSGgXU
>>959
握手は本当らしいよ。
西については知らないが、栗林はそういうバタ臭いことをする男だったので
他の将官から嫌われたと何かに書いてあった。

975 :名無シネマ@上映中:2007/01/19(金) 18:39:56 ID:n3rN4DvM
>>970
スレ立て乙です!

>>971
実話だから入れたかったんじゃ?バロン西はアメリカでは人気者だし。
それに、米兵の手紙がきっかけで清水が投降するのに、米兵に殺されてしまうという、戦争の無常感を伝えたかったのかもしれない。


976 :名無シネマ@上映中:2007/01/19(金) 18:45:31 ID:IJm1xBNN
>>974
そうなんだ。

固定観念を真実だと勘違いして安易に批判・判断する人もいるということだね

977 :名無シネマ@上映中:2007/01/19(金) 18:48:45 ID:MLpNz83F
>>895
勝新は、髭の達磨親父のイメージがあったから印象相当違った
若い頃の勝新は見ておくべき、
怒りを爆発させる演技は必見だと思う

978 :名無シネマ@上映中:2007/01/19(金) 19:11:13 ID:kIIYALUu
>>975
入れるのはいいんだけどね。意図が分かり安すぎる。
演出というより問題は脚本かな。

979 :名無シネマ@上映中:2007/01/19(金) 20:29:04 ID:9r1brImZ
>>970
サーバが変更されたようですよ。
ttp://tv10.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1169198305/

980 :名無シネマ@上映中:2007/01/19(金) 20:31:18 ID:nfJqqoFZ
書き込めない

981 :名無シネマ@上映中:2007/01/19(金) 20:41:16 ID:ibuSGgXU
>>978
じゃあどういう脚本なら良かったと思う?
英語に堪能なのは西だけという設定だったとすれば、
手紙は読み上げる以外に方法はないと思うのだが。

982 :名無シネマ@上映中:2007/01/19(金) 21:22:15 ID:Zr8iyKzJ
>>972
同時に国の女房に「おれはもててるよ、あばよ」って手紙も送ってしまうんだから
セレブの気持ちは雲の上だ。

>>978
分かりやすすぎる、平板な演出なのには同意。
ただ他の部分に影響するほどではない。

もしかすると演出ではなく伊原の朴訥な台詞回しのせいかもしれない。
少し舌足らずなんだよね。

983 :名無シネマ@上映中:2007/01/19(金) 22:18:59 ID:znOwZruY
>>971
ベタってなんなんだ?
文句を言うのが目的の奴は映画なんか見なければいいのに。

984 :名無シネマ@上映中:2007/01/19(金) 22:58:42 ID:YSpurHm+
硫黄島赴任時のバロン西の写真を見ると
髪を短く刈り上げて口髭もちょっとはやしてるね。

985 :名無シネマ@上映中:2007/01/19(金) 23:05:23 ID:kIIYALUu
>>981
正直俺もようわからん(汗
それでも工夫するなら、もっと洞窟は暗く、読み上げるのは西しかいないけど、周りには衛生兵
と大久保・清水・西郷だけでいい。
兵全員のために読み聞かせてやるという演出、それを聞いた兵が皆立ち上がってしんみりする
みたいな説明的な演出は不要。
偶然手紙を見つけた西が内容に打たれて思わず読み上げてしまい、ハッと我に返ってやめる、
くらいで良かったと思う。それでも清水の心を変えるには十分だったろう。


986 :名無シネマ@上映中:2007/01/19(金) 23:07:20 ID:kIIYALUu
ところでこれに出てるのは清水上等兵かな?
ttp://www.youtube.com/watch?v=D-B52PV876I

987 :名無シネマ@上映中:2007/01/19(金) 23:10:58 ID:nfJqqoFZ
>それを聞いた兵が皆立ち上がってしんみりする
>みたいな説明的な演出は不要。

ああなるほど。そういや、なんか舞台演出みたいだったな。


988 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 00:05:47 ID:FrE8zA1a
リチャードニューカムの『硫黄島』の240Pにこんな記述があるんだけど、本当なの???

>関東の兵隊は二段岩頂上をアメリカ兵に許さず、その日の夜半、医薬品と弾丸の補給を
>要請するのろしをあげた。一時少し前、パラシュートで補給品が落とされた。
>これは小笠原諸島から飛んできた最後の日本機であった。

のろしを見て父島かどこかから飛行機が来たってこと??? ありえないよね?
何のことをいってるんでしょ・・・

989 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 00:12:44 ID:Nh4AXkMi
木更津から一式陸攻が二度爆撃している
一度目は飛行場で対峙していた時らしく、サーチライトで合図した兵は
補給の合図だと言われていたらしい
二度目は最後の突撃の前らしく、それで疲れていた米軍は
さんざんにやられて170名くらいの死者をだした。

990 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 00:31:52 ID:oKcgtFi/
>>989
二度目の爆撃のときの一式陸攻側の被害状況って分かりますか?
制空権ないので決死的作戦のような気がするけど。

991 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 00:33:10 ID:FrE8zA1a
>>989
 ありがと。
 やっぱりその話とごっちゃになってるんだよね?
 木更津から来た根本少尉の飛行機は爆撃はしたけど、パラシュートでの
 補給品は落としてないよね? 
 この本もけっこう適当に書かれてる・・・・?

992 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 00:39:09 ID:ctPl3FwN
根本少尉が単機空襲したのは栗林兵団長が最後の突撃をした3月26日だから、
二段岩の攻防のずっと後だね。
補給品投下のことは書かれていない(「何も語らなかった青春」)

993 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 00:39:34 ID:Nh4AXkMi
>>991
そうとしか考えられないよ

994 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 02:31:08 ID:FJ70kMaQ
埋めます(´・ω・`)

995 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 02:31:51 ID:FJ70kMaQ
埋めます(´・ω・`)

996 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 02:32:30 ID:FJ70kMaQ
埋めます(´・ω・`)

997 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 02:33:15 ID:FJ70kMaQ
埋めます(´・ω・`)

998 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 02:35:48 ID:FJ70kMaQ
埋めます(´・ω・`)

999 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 02:36:40 ID:FJ70kMaQ
埋めます(´・ω・`)

1000 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 02:37:35 ID:FJ70kMaQ
硫黄島からの手紙
1000☆(´・ω・`)

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

265 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)