5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【Letters from】硫黄島からの手紙36【Iwo Jima】

1 :名無シネマ@上映中:2007/01/19(金) 18:18:25 ID:iQvbECzj
父親たちの星条旗』を、今度は日本側の視点から切り取った話題の姉妹作。
監督クリント・イーストウッド×製作スピルバーグ。
映画界最高の才能が、“太平洋戦争”を、2本の映画を通じて、武力のみならず文化の衝突として描き出す。
戦争の無益さに気づきつつも、愛する家族のために勇敢に戦い抜いた、栗林中将と日本軍兵士たちの感動大作。
■スタッフ
制作・監督:クリント・イーストウッド
制作総指揮:ポール・ハギス
制作:ロバート・ローレンツ
制作:スティーブン・スピルバーグ
脚本:アイリス・ヤマシタ

■主要キャスト
<士官>
渡辺 謙  ・・ 栗林忠道中将
伊原剛志  ・・ バロン西
中村獅童  ・・ 伊藤中尉
阪上伸正  ・・ 大杉少将
渡辺 広  ・・ 藤田中尉
尾崎英二郎 ・・ 大久保中尉
坂東 工  ・・ 谷田中尉

<兵卒>
二宮和也  ・・ 西郷
加瀬 亮  ・・ 清水
松崎悠希  ・・ 野崎
山口貴史  ・・ 樫原
安東生馬  ・・ 小澤

裕木奈江(NAE)・・ 花子


2 :名無シネマ@上映中:2007/01/19(金) 18:19:46 ID:iQvbECzj
■日本公式(予告編多し) 
ttp://wwws.warnerbros.co.jp/iwojima-movies
■アメリカ公式(写真多し)
ttp://iwojimathemovie.warnerbros.com/lettersofiwojima/framework/framework.html
■IMDB
ttp://uk.imdb.com/title/tt0498380/
■前スレ
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1168750347/
■予告編
「硫黄島からの手紙」予告
ttp://pdl.warnerbros.com/wbol/jp/iwojima-movies/trailer/iwojima_trailer2_1000k.wmv
「2部作編」予告
ttp://pdl.warnerbros.com/wbol/jp/iwojima-movies/trailer/iwojima_trailer_1000k.wmv

テレビCM
西郷編
ttp://raincloud.warnerbros.com/wbol/jp/iwojima-movies/trailer/iwojima_spot_saigo_1000k.asx
栗林編
ttp://raincloud.warnerbros.com/wbol/jp/iwojima-movies/trailer/iwojima_spot_kuribayashi_1000k.asx
総合編
ttp://raincloud.warnerbros.com/wbol/jp/iwojima-movies/trailer/iwojima_spot_30sec_1000k.asx



3 :名無シネマ@上映中:2007/01/19(金) 18:21:21 ID:iQvbECzj
ウィキ【硫黄島の戦い】
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A1%AB%E9%BB%84%E5%B3%B6%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84
硫黄島に従軍した帰還兵の日記
ttp://www5f.biglobe.ne.jp/〜iwojima/index.html
上記帰還兵の孫によるサイト
ttp://www.iwojima.jp/
題材になった写真(2枚目のほう)
ttp://upload.wikimedia.org/wikipedia/en/a/a1/WW2_Iwo_Jima_flag_raising.jpg
当時の掲揚時の動画
ttp://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/e/e8/Raising_the_Flag_on_Iwo_Jima.ogg
劇中でも上の写真撮ったカメラマンの隣で撮影してた
硫黄島摺鉢山山周辺
ttp://maps.google.com/maps?f=q&hl=ja&q=%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%83%BD&ie=UTF8&z=18&ll=24.7486,141.288326&spn=0.00324,0.005697&t=k&om=1&iwloc=addr
硫黄島地形図
ttp://watchizu.gsi.go.jp/watchizu.aspx?id=37411200&slidex=2000&slidey=400
アーリントン国立墓地の記念碑
ttp://maps.google.com/maps?f=q&hl=ja&q=Arlington+National+Cemetery&sll=37.0625,-95.677068&sspn=47.349227,69.433594&ie=UTF8&z=19&ll=38.890396,-77.069703&spn=0.001388,0.002119&t=k&om=1


4 :名無シネマ@上映中:2007/01/19(金) 18:23:56 ID:iQvbECzj
ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4104774014
散るぞ悲しき 硫黄島総指揮官・栗林忠道 梯久美子(著)
ttp://www.amazon.co.jp/gp/product/4163683704
栗林忠道 硫黄島からの手紙 栗林忠道?(著),半藤一利(著)
ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4094026762
「玉砕総指揮官」の絵手紙 栗林忠道(著),吉田津由子(編集)
ttp://www.amazon.co.jp/gp/product/4163241507
名をこそ惜しめ 硫黄島魂の記録 津本陽?(著)
ttp://www.amazon.co.jp/gp/product/4905849489
常に諸子の先頭に在り―陸軍中將栗林忠道と硫黄島戰 留守晴夫(著)
ttp://www.amazon.co.jp/gp/product/4769824491
闘魂 硫黄島―小笠原兵団参謀の回想 堀江芳孝(著)
ttp://www.amazon.co.jp/gp/product/4756330150
硫黄島―極限の戦場に刻まれた日本人の魂 武市銀治郎(著)
ttp://www.amazon.co.jp/gp/product/4796655069
栗林忠道硫黄島の戦い―アメリカが最も恐れ、そして最も尊敬した男
ttp://www.amazon.co.jp/gp/product/4769821131
硫黄島―太平洋戦争死闘記 リチャード・F. ニューカム (著),Richard F. Newcomb (原著), 田中至(翻訳)
ttp://www.amazon.co.jp/gp/product/B000I0RNEI
NHKスペシャル硫黄島 玉砕戦〜生還者 年目の証言〜(DVD)
ttp://www.amazon.co.jp/gp/product/4872577302
父親たちの星条旗 ジェームズ・ブラッドレー(著),大島英美(翻訳)
ttp://www.shinchosha.co.jp/books/html/477401.html
「閣下ぁー、貞岡が、ただいま参りましたーっ!」

5 :名無シネマ@上映中:2007/01/19(金) 18:25:34 ID:iQvbECzj
【受賞】
ナショナル・ボード・オブ・レヴュー 最優秀作品賞
アメリカ映画協会賞 作品賞トップ10
ロサンゼルス映画批評家協会賞 最優秀作品賞
サウスイースタン映画批評家協会賞 作品賞第2位
ダラスフォートワース映画批評家協会賞 最優秀外国語映画賞・作品賞第6位
サンディエゴ映画批評家協会賞 最優秀作品賞・最優秀監督賞
ラスベガス映画批評家協会賞 作品トップ10
フェニックス映画批評家協会賞 最優秀外国語映画賞・作品賞トップ10
シカゴ映画批評家協会賞 最優秀外国語映画賞
AFI(アメリカ映画協会) 特別賞
ユタ映画批評家協会賞 最優秀外国語映画賞
カンザスシティ映画批評家協会賞 最優秀外国語映画賞
全米映画批評家協会賞 作品賞第3位
ブロードキャスト映画批評家協会賞 外国語映画賞

【ノミネート】
第64回ゴールデン・グローブ賞(1月15日発表)
 外国語映画賞・監督賞(星条旗・硫黄島でWノミネート)

【メディア】
TIME誌 年間1位
CNN   年間1位(2部作として)
USATODAY 年間1位
Entertainment Weekly 年間1位

6 :名無シネマ@上映中:2007/01/19(金) 18:27:13 ID:iQvbECzj
十七歳の硫黄島 秋草鶴次(著)
ttp://www.amazon.co.jp/gp/product/4166605445/
軍隊日記より
硫黄島戦記
金田八郎
ttp://aquarius10.cse.kyutech.ac.jp/~otabe/ioujima/ioujimasenki.pdf
バロン西伝説 米映画プロデューサー、サイバートレットの涙の弔辞
「ツボヤキ日記」硫黄島からの手紙 
バロン西その@〜B
ttp://ameblo.jp/tuboyaki/entry-10020590497.html
ttp://ameblo.jp/tuboyaki/entry-10020592448.html
ttp://ameblo.jp/tuboyaki/entry-10020593391.html
「西とウラヌス」(希少本、オリンピックの栄光から硫黄島の戦いまで)
「嗚呼、硫黄島!! 「バロン西」
ttp://takozchan.exblog.jp/4620271

7 :名無シネマ@上映中:2007/01/19(金) 18:28:16 ID:iQvbECzj
まとめサイト
硫黄島からの手紙 @2ちゃん関連情報置き場(23通目966氏製作)
ttp://www23.atwiki.jp/ioujima2eiga/list
過去スレは↑を参照

8 :名無シネマ@上映中:2007/01/19(金) 18:48:36 ID:B6T4w2CK
つうかアップデイトしてないじゃん
このテンプレ

9 :名無シネマ@上映中:2007/01/19(金) 18:52:53 ID:n3rN4DvM
まあまあ、そう言わんと。テンプレ大杉だしW
ともかくスレ立て乙!

10 :名無シネマ@上映中:2007/01/19(金) 19:06:04 ID:W/Jm4S/1
アカデミー賞に期待しよう!

【受賞】
ナショナル・ボード・オブ・レヴュー 最優秀作品賞
アメリカ映画協会賞 作品賞トップ10
ロサンゼルス映画批評家協会賞 最優秀作品賞
サウスイースタン映画批評家協会賞 作品賞第2位
ダラスフォートワース映画批評家協会賞 最優秀外国語映画賞・作品賞第6位
サンディエゴ映画批評家協会賞 最優秀作品賞・最優秀監督賞
ラスベガス映画批評家協会賞 作品トップ10
フェニックス映画批評家協会賞 最優秀外国語映画賞・作品賞トップ10
シカゴ映画批評家協会賞 最優秀外国語映画賞
AFI(アメリカ映画協会) 特別賞
ユタ映画批評家協会賞 最優秀外国語映画賞
カンザスシティ映画批評家協会賞 最優秀外国語映画賞
全米映画批評家協会賞 作品賞第3位
ブロードキャスト映画批評家協会賞 外国語映画賞
第64回ゴールデン・グローブ賞 最優秀外国語映画賞


【ノミネート】
今のところ無し


【メディア】
TIME誌 年間1位
CNN   年間1位(2部作として)
USATODAY 年間1位
Entertainment Weekly 年間1位

11 :名無シネマ@上映中:2007/01/19(金) 20:25:42 ID:nfJqqoFZ
>>1


12 :名無シネマ@上映中:2007/01/19(金) 20:26:25 ID:nfJqqoFZ
>>1


13 :名無シネマ@上映中:2007/01/19(金) 20:57:06 ID:xQbITU3Q
>>1
をつ

14 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 02:35:59 ID:EtLTYXEw
以前ここに載っていたブログに撮影現場について書かれてた。
直リンは悪いかなと思うので抜粋

-------------------------------------------------------------------
あの日本語のイーストウッドの映画は、カリフォルニアで撮影されました。殆どロケーション
撮影。32日間という短い撮影でしたが、いろんなところへ行きました。

バーストーというモハビ砂漠の町の東にあるピスガ・クレーター。
http://seis.natsci.csulb.edu/VIRTUAL_FIELD/Pisgah_Crater/pismain.htm
このサイトにある写真を見てもわかるように、マグマを思わせる黒い火山弾や岩塊の塊がたーくさん。
ガラガラ蛇に注意!というサインもあって、実は怖かった^^。撮影が終わった直後、みんながいた
ところでガラガラ蛇がやっぱり見つかったらしいよ。

リオカリロ・ビーチがはじめのロケ地。
http://www.californiacoastline.org/cgi-bin/image.cgi?image=3737&mode=sequential&flags=0
クレーターから黒い砂を運んで作られた人工の砂浜は本物そっくりでした。マリブビーチの先に
あるんだけど、ここの一番初めの食事が一番美味しかった・・・なんとロブスター!青い海からの
風と曇った空が寒かったけどね。(余談:マリブで今日は雪がふった!!!寒すぎ・・・。ロスでも
雪が降ります(゚Д゚;))

カリコ・ゴーストタウンの近くのカリコ鉱山。1881年にオープンしたこの鉱山では銀がよく見つかった
らしく、今でも穴がたくさん。でも、その穴の奥に入ると咳がでるほど砂埃が・・・。靴は汚れるし、服
は茶色になるし、手も洗ったら・・・。マスクとヘルメットして洞穴に入るんだけど、マジで道路工事現場
を思い出す場所でした。爆発のシーンとかは強烈。離れてても熱い空気が来たのはびっくり。噂によると、
このゴーストタウンは暇つぶしにもならないらしい・・・。

ミステリー・メサ http://www.sosfilmworks.com/Mysterymesamaster.shtml
には、清水が飛行機から降りてくるシーンや爆撃機が爆弾を落とすシーン、それに日本風の街の
セットが作られて、犬が撃たれるシーンなどの町のシーンはすべてここで撮影。ここは宇宙戦争や
ハワード・ヒューズの映画が撮影されたところでもあります

15 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 02:41:04 ID:FJ70kMaQ
>>1
乙です。
age(^ω^)

16 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 03:37:12 ID:ZpX7oCO0
>>14 おつです
3番目のカリコ・ゴーストタウンに追加
http://www.ghosttowngallery.com/htme/calico.htm

17 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 04:24:30 ID:a+oDUVet
>>1 乙です!


18 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 12:37:38 ID:IB6pIJXo
戦上からの手紙で見たんですが、東京大空襲の前にB29が硫黄島の上を通過したのを、硫黄島で戦ってた兵隊さんが見たってなってるんですが、どのよぅな気持ちで見てたんでしょうね??
後話しはそれますが、東京大空襲で東京中が焼け野原になった時に、当時の天皇や軍の偉いさん達はどこに逃げてたんですか??
知ってはる人がいれば教えて下さい。

19 :七誌:2007/01/20(土) 12:46:17 ID:SypRPMsh
 どこがいいのか疑問。
 
 別に普通の映画だろ。

 この映画を見て、「憲法9条をまもれ」とか言ってるやつらは、何を考えているんだか。

20 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 12:51:19 ID:Ehq2rE3E
>>18
>当時の天皇や軍の偉いさん達
防空壕だろうよ。庶民もそうだが。
ところで空襲をやった米軍への批判はないのか?おかしい考え方だな

21 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 13:09:36 ID:CkXznpar
>>18
その都度本土へ速やかに連絡してます。
硫黄島はサイパンから飛来するB29を早期警戒する戦略上の価値も有していた。

22 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 13:09:50 ID:Z2FNp0sn
東京大空襲を立案したルメイは戦後
なぜだか日本から勲一等を授与されている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%BC
%E3%83%81%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%AB%E3%83%A1%E3%82%A4
航空自衛隊を指導したとかなんとか。

23 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 13:19:53 ID:djr5o826
>>22

アメリカの植民地日本の情けなさ。

24 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 13:52:37 ID:1iteRGx7
もうアメリカで拡大公開だね。

読みやすいあちらのレビューサイトあったら教えて下さい。

25 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 13:55:12 ID:Ehq2rE3E
>>22
まああれは源田実(真珠湾攻撃立案者にして航空幕僚長)のリージョン・オブ・メリット勲章授与
とのバーターだけどね

26 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 14:06:49 ID:MsFbpmkF
ワシントン在住でようやくみてきました。今日(19日)が初日ですが、全米で公開が始まりました。
と言っても確か200館だったっけ。忘れないうちに経過報告。
まず、500人定員の広めのシネコンですが、がらがらで日本人と思えるのは俺一人。隣には硫黄島戦に
参加したようなご老人と海軍の軍服を着た若いのとあとぽちぽちでしょうか。
アメリカ人はリアクションがハッキリしていて結構笑声もありました。シーンは以下の通り。
栗林中将が赴任したとき、月から着たんじゃないかと先任将校が言うとき。なお、字幕はMarsでした。
汚物を運びに西城がおろおろしながら持って行くとき。更に、不発であったこと。
伊藤中尉が他の部下にあきれられつつ、一人で爆雷を抱えて壕を出るシーンと寝っ転がりながら戦車
よ来いと叫んで、最後にあっさりと投降するシーン。
あと、よく分からなかったのが、俺の後ろの白人(30位男)が自決のシーンで笑っていたよな。
推定だがまだ戦うことができるのに自決する精神が理解できないのかもしれない。

27 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 14:15:49 ID:W6Ts0Kip
>>26
そんなもんだろう。
当時、映画館で日本軍兵士が火炎放射器で丸こげになる映像見て
げらげら笑ってたような人達だもんなぁ。

28 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 14:19:28 ID:Ehq2rE3E
>>26
つか日本軍兵士は確かに自爆したが、ああいうタイミングではやらなかったとは思う。
普通は一応突撃して、手榴弾だけしか武器がなくなったとき。
まあフィクションだから仕方ないけどね。

29 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 14:22:16 ID:MsFbpmkF
>>24
俺もこの意見に賛成だが、この感想は日本人が書いていると思う。
ttp://www.fandango.com/MoviePage.aspx?wssac=59&mid=100666&location=20852&wssaffid=11497_MovieAlertsTest

It was what I anticipated. Great acting and cinematography. The subtitling into English is
only about 75% congruent with the Japanese diaglogue, but thats only an issue for viewers
who speak japanese and read the english subltitles, theres nothing really lost if you just read
the subtitles. For Japanese or people familiar with Japanese culture, there is a bit more go be
gained by understanding the unspoken but communicated aspects of the acting. This was a
film that really shows the human (and inhuman) qualities of both the Japanese and Americans,
and how the opposing troops are very much alike. This film could have been 30 minutes shorter
and still conveyed the same message, idea, and feeling. Overall, a definite see, not a must go,
I would rate 6 or 7 out of 10.
例えば、kenpeitaiとかyakukuniでは何のことかわからんと思う。こちらではパンフレットも無いので
よほど日本の知識が無いと分からないと思う。しかし、これがアメリカ映画とはとても思えないね。



30 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 14:23:36 ID:gJJ16ozV
>>28
>ああいうタイミングではやらなかったとは思う。
それはあなたの憶測。

31 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 14:29:21 ID:Ehq2rE3E
>>30
いや。憶測じゃなくてアッツ島とかの他の戦いではそうだから。

32 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 14:29:31 ID:1459ddtG
スレチですが、先の戦争で失ったモノも多いけど、得た物(経済的な物以外に)も
あった筈なのに結局、生かされなかった。中国はいざとなったら北朝鮮を
後押ししますよと?衛星打ち落とす実験をしてみせた。
何処に金の亡者が居るし(日本も)中国を敵にまわし続けた日本のお偉いさん達
どうしてくれる?拉致問題も中国や韓国ロシアの協力無しじゃ埒あかん


33 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 14:35:37 ID:Ehq2rE3E
>>30
誤解があるといけないので言っておくが、映画は映画でフィクションでいいと思うし、
この映画も評価してる。ただ映画で描かれた部分が全て史実として信じるのは危険だから
よした方がいいということ。

34 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 14:35:52 ID:PqAXs/IN
>>24
http://www.rottentomatoes.com/m/letters_from_iwo_jima/?sortby=date&critic=columns

35 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 14:36:44 ID:MsFbpmkF
自己レス
>>26
清水の赤痢の演技は大爆笑だったね。

>>29
DC地区で配布されているEXPRESSという新聞があるが、そこの映画紹介には、
In the last half-hour, the story, looses its way; lacking any clear-cut goals except survival,
the film becomes repetitive. It's necessary movie; too bad it's not a great movie.
とある。
Flags of our fathersのような戦争ものではないと書いているが、最後の文を読んでみると
エンターテイメント性を否定しているのでしょうか?英語が得意な人訳してみて





36 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 14:38:52 ID:BvHXeW0J
>>32
もとから彼らが協力するわけないやん。
ロシアにいたっては、旧ソ連時代に今の将軍の父親を自分とこの軍部で教育して
北に送りこんだんだから。
育ての親が中国なら、北の生みの親はロシアだよ。


37 :kk:2007/01/20(土) 14:45:42 ID:y98N3dZm
この映画にはフィクションもあればノンフィクションもある。
でもいい映画だった。
この映画を見たからって、憲法改正の私の考えは揺るがない。
人によって感性も考えも違うものだ。
私はむしろ、国に殉じた人に感謝しなければいけないことと、今を生きることの
大切さを考えさせられた。だから3度も見てしまった。

38 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 14:47:20 ID:ReV6k/GB
太平洋戦争版「許されざる者」ですね

「アメリカ側に善も悪も有ったように日本側にも善も悪も有った」っていう当たり前のことを淡々と描いてますね
日本側の善悪両方を描くことでこれを見るアメリカ人は「日本人も我々アメリカ人と同じ人間なのだ」というごく当たり前の真実に気付くわけです、なかなかよく出来てますね
ところがこれを日本側から見ると「本当にそうか?」となるわけです
東京裁判史観から脱却した日本人の側から見ると「それでは日本もアメリカも5分5分悪かった」ってことになりかねないじゃないか」あの戦争は日本にも悪いところが有ったかも知れないがアメリカの方がより悪かったじゃないか」となるわけです
ここで論争が勃発します
「アメリカの映画で日本人をフェアに扱ってくれることなどめったにないではないか、ここまでフェアに作ってくれたクリントに感謝する」っていう人たちと
「確かにパールハーバーとかSAYURIとか国辱ものに比べればずっといいと思うけど、根本的な歴史観が白人優越史観だからけしからん、日本のいい部分は欧米を知った者だけなのか?」
って思う人たちの対立です
「こんな戦争賛美映画はけしからん、日本人は謝罪と賠償を・・・」という人たちは問題外ですが
これからそのへんを深く論争出来るといいですね
ちなみに私の評価は映画としては一流だけど「大東亜戦争版許されざる者」を見たいってことです


39 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 14:52:53 ID:BvHXeW0J
アメリカの反応は想像つくからアレやね。
イーストウッドのような感覚の人は一種の奇跡みたいなもん。

それより公開決定済みのドイツでの反応が気になるな。
あそこは日本以上に自国の為に戦った末端兵士への評価や感謝すら
ゆるされないような空気が強いから。




40 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 14:58:21 ID:oRCoKGqe
日本人=アメリカの言いなりでひ弱な者達っていう偏見が浸透してるから
劇中の日本兵の奮闘ぶりだけでも衝撃なんじゃないか?

41 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 14:58:41 ID:1459ddtG
>38 今年だけで南京虐殺の映画が4本控えているとのことですが。
中国製、中米製など、サンダンス映画祭でもう上映された物も

42 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 14:59:08 ID:Ehq2rE3E
>>38
>「確かにパールハーバーとかSAYURIとか国辱ものに比べればずっといいと思うけど、
>根本的な歴史観が白人優越史観だからけしからん、日本のいい部分は欧米を知った者だけなのか?」

わかるけど、そういう手合いは「受け身」なんだよな。こっち(日本)が色んな事情で作れないもんだから、
相手様(米)が作るのを待って、それに対して批判をしている状態で何ともみっともない話だよ。

まず自分とこ(日本)が作っている状況があるなら、そういう批判もいいかもしれないんだけどな。
クリントは米で自分に対する批判が起こるかもしれんという状況で作ってくれた。
それに対して何もしてこなかった日本人に文句はいえないってことだよ。

43 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 15:05:15 ID:0zg9xvN2
>>41
これは日米同盟を軽視、いずれ日本を切り捨て
これからは中国と組むよっていう
アメリカからのメッセージなのかな。

44 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 15:06:00 ID:1459ddtG
硫黄島であったことなんて、この映画作られなかったら、知りせんでしたよ。

45 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 15:09:24 ID:MsFbpmkF
>41
所謂アメリカを仕切っている白人知識層は中国共産党が宣伝してる南京の件は、眉唾程度と
思っている。アメリカ人が言っていたが、特に中○人は自分たちを有利に働かせるために、
歴史の改ざんなど何とも思っていないと言っていた。中華系の移民が多いので、表向き
日本たたきがあるかもしれんが、支配者階級の白人は中○人は信用していないね。なお、
その間にある半島は論外の扱いだが・・・
南京の映画は好きにやらせとけばいいよ。過去をいろいろ蒸し返しても、今目の前にいる
彼らの子孫のレベルがあれだから、どうかするとフィクション扱いだね。

46 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 15:11:56 ID:1459ddtG
>41 そんなお互い軍需産業が潤わなくなるような事はしないんじゃない?別にアメリカの政治家が映画作る訳じゃないし、

47 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 15:14:54 ID:1459ddtG
46ですが>41で無く、
     >43宛でした。

48 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 15:15:27 ID:MsFbpmkF
>>43
それは絶対にあり得ないね。
中国は特許に代表される知的財産権など理解できない、ルール無視を開き直る国民性、
は結構知られているよ。職場のボスが言っているが、中国人を雇うと監視役を一人雇う必要
があるので人権費がかかると。

49 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 15:16:22 ID:0zg9xvN2
そっか。

50 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 15:16:32 ID:SyyoYRVr
拡大公開前のimdbの評価は☆8.3
これは過去のアカデミー作品賞クラスの高評価。どっかで爆撃してるのかも知れんけど。。
レビューしてる人たちの評価は比較的高い。否定的な意見を書いている人でも大体☆5〜7。
にもかかわらず、全体の投票統計を見ると何故か実に10人に1人が☆1を付けている。
これは☆8を超えるような作品では異例。
だがコメント付で評価してる人で低評価付けてる人は☆1が1人に☆2が1人だけ。

51 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 15:28:49 ID:MsFbpmkF
>>50
原因として字幕の問題点を挙げたい。
日本語と字幕が微妙に合っていない。最後に遺骨収集にて手紙を発見するとき、こぼれる
手紙に合わせて日本語の朗読があり、感動的なシーンであるが、こちらでは無論
字幕無しです。日本が仏教であることは知られているので、お経と間違えられそうだよ。
それと2部作なので両方見ないとこの作品の良さは分からないと思う。同時期に上映されない
のが不思議でしょうがない。

52 :在米:2007/01/20(土) 15:28:49 ID:8YmSiwkO
>>45
ロサンゼルスの日系地元誌の BRIDGE USA 12月15日号に
クリント・イーストウッドのインタビューがあった。

NAROTA YOKO という人がインタビューしているんだけど、しっかり「南京大虐殺」の
映画化について聞いていたよ(w  (この人偉いなぁ)

以下その部分だけ転載
-------------------------------------------
クリント: 南京大虐殺の映画化? 世界中の製作者が企画を練るたびに勝手に
名前を出したりする一例だろうが、私は考えたこともない。
目瑠璃巣鳥ーぷ(わっ、傑作な語換、メリル・ストリープ)が予定されていた?
「かわいそうなメリル。’ブリッジズ・オブ・ナンキン’」というタイトルはどうかね(笑)

-------------------------------------------
屁にもかけていないみたいだね。
事情がわかっている人たちの間では有名なんじゃない?

53 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 15:30:50 ID:djr5o826
>>43

もうそうなってるけどね。

54 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 15:32:03 ID:hPxAXQjd
みてきた
つまらない映画だった
お前らが絶賛してるのに騙されたわ

55 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 15:32:14 ID:I5HoBc0x
>>50
>>実に10人に1人が☆1

やっぱり、アメちゃんはハッピーエンドを望む人が根強く残ってるってことじゃないかな
>>35の人が紹介したレビューでも分かるように、
きっと「ラストは栗林が獅子奮迅の活躍をして潔く切腹」だったら☆1の人は減ってるかも


つか、みんなどした? 怒濤の書き込みw

56 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 15:32:25 ID:WpeXMfkY
「傑作」って・・・・w

しかも大して傑作でもない。

57 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 15:39:58 ID:B8f/ifri
>>52
ワロタ

58 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 15:43:27 ID:1459ddtG
南京はドキュメンタリーものが多いのかな?

59 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 15:44:47 ID:1459ddtG
スレチは引っ込みます

60 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 15:46:15 ID:MsFbpmkF
おれが思うには日本軍が水もなく食料もなく悲惨な状況であった点の描写が少なかったのが
気になる。西郷にミミズ(字幕worm)を捕って来いと命令をされて、栗林中将のdeskに置いただけで
それを食べざるを得ない状況であったことの演出がほしかった。


61 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 15:49:19 ID:oxJRJ4Zr
>>52
クリントが2chねらーにみえた
「ブリッジ・オブ・ナンキン」てのはどうかね?w ってなんだかねらーぽい(笑

62 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 15:50:19 ID:MsFbpmkF
伊藤らに率いられて夜間突撃をはじめるシーンで墓地を通るがあれは史実なの?
それのあれは上陸前の空襲での戦死者と考えていいの?それとも上陸戦初期の戦死者を埋葬
したのだろうか?

63 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 15:58:45 ID:/zXravrn
>>それを食べざるを得ない状況であったことの演出

あれで十分じゃん。実際食べるシーンを入れろと?

64 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 16:00:28 ID:F2oTQYsz
>>62
米軍上陸後は墓なんて作る余裕はなかったはず。
駐留中の病死や地下壕の建築中の事故、上陸前の空襲などで
亡くなった人たちのお墓だろうね。

65 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 16:06:50 ID:MsFbpmkF
>>いや、おれだったら、ミミズを採集するシーンとそれすら手をつけられない西郷を
取るかな?
ところで、最後の突撃で海軍の市丸少将も突撃するが、いなかったような気がするが・・・
彼の書いたルーズベルトへ与える書があるとアメリカ人への凄いメッセージになったのでは
と思うと残念。イラクで同じことやっているよと・・・

66 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 16:17:29 ID:I5HoBc0x
ディズニーランドでキティちゃんが見れないのはしょうがない

・・・うまいこと言おうとして失敗したけど投稿w

67 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 16:34:24 ID:eocxzeGS
南京については証言者のマギーとかダーディンとかは
実は国府の宣伝部員だったことが近年の研究で暴かれている。
今度の映画もその延長上のものだよ(今度は中共だけど)。
それにしてもこんな露骨な宣伝戦に対抗出来ない日本は情けなすぎ。

68 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 16:39:49 ID:WpeXMfkY
>>62
>それのあれは
 
 どれのこれだ?

69 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 16:40:55 ID:3pvW/ldf
>>67
中国の反日工作よりよっぽど効果あるな。何してるのかしらんけど。

・アジア各国(除く韓国)で日本へ高い信頼感
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1158169088/

・「世界に最も良い影響与えている国」日本が1位に(世界対象のBBCによる世論調査)
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/asia/1139054159/


70 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 16:59:50 ID:F2oTQYsz
>>69
自国民の生活レベルを下げながら外国に金使ってるじゃん。
他国にとってこんな都合のいい国はないだろ。

71 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 17:02:47 ID:ERs3+QWx
意外だねぇ。アメリカが1位で、日本が2位だってさ。
韓流で韓国が1位かと思ったけど違うのか。

【中国】上海の高校生、国籍選べるなら15%が「日本」・中国紙報道[01/16]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1169081421/l50

16日付の中国紙「労働報」によれば、上海市の中高生を対象とした調査
で「もし国籍を選ぶことができれば、どの国」と聞いたところ、
高校生の14.9%が日本と答えた。1位は米国で36.9%だった。
中学生でもトップは米国(13.1%)だったが、
日本(6.8%)も2位に入った。

上海では2005年に大規模な反日デモが起きたが、日本企業への就職希望
や日本アニメなどへの関心から日本語を学ぶ若者も多い。調査は復旦大学
(上海市)などが実施、高校生550人、中学生602人が回答した。


72 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 17:31:29 ID:4vi4zqqA
映画の話しろよ

73 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 17:32:16 ID:a+oDUVet
最後の手紙が落ちてくるシーンに字幕がないのは残念。Sometimes remember me....とかなんとか入れてほしかった。

74 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 19:08:29 ID:aw5EJOhf
さっきまで繋がんなくて、マジ閉鎖かと焦ったw 単なる鯖オチだったもよう…
それでは映画の話をドゾー!

75 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 19:13:36 ID:woh6OBfY
懐かし邦画と懐かし洋画に繋がんないけど、、、どこ行ったか知ってる方いますか?

76 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 19:18:21 ID:H7PX/1IU
以前、陛下がこの映画を見て頂く事ができないのもかと記載したが、
まさか、このような事になるとは!!!

天皇、皇后両陛下26日の試写会出席…日韓映画「あなたを忘れない」
 日韓合作映画「あなたを忘れない」(花堂純次監督)の公開前日の26日に、
東京・ニッショーホールで開かれる「追悼試写会」に、天皇、皇后両陛下が
出席されることが19日、発表された。

 配給元のソニー・ピクチャーズ関係者が明らかにしたもので、
両陛下そろっての公務で試写に出席されるのは初めてという。

 同作は2001年1月26日、JR山手線の新大久保駅ホームから転落した
日本人を救おうとして電車にはねられ死亡した韓国人留学生、イ・スヒョンさん
(享年26歳)の実話を基に描かれた感動作。

(2007年1月20日06時02分 スポーツ報知)
http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20070120-OHT1T00055.htm

77 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 19:19:41 ID:Ehq2rE3E
>>76
まあその韓国人は立派な人だったんだから仕方ない。

78 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 19:23:29 ID:H7PX/1IU
>>77
日本人も一緒に助けに入って、お亡くなりになっている事は、
何時もスルーされている。

79 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 19:23:50 ID:ctPl3FwN
硫黄島でも多数の朝鮮出身者が立派に戦って死んでるよ。
伊原のコメント聞いてると彼らの気持ちを代弁してるような錯覚に陥る。
朝鮮系軍属は多数投降してるみたいだけどね。

80 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 19:34:54 ID:XZF/TcLE
>>76

その韓国人留学生には韓国に恋人がいたが、映画では日本人女性との
ラブストーリーをでっちあげてる。美談を商売に転化しただけの
糞映画。

81 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 19:42:23 ID:Ehq2rE3E
>>78
まあ日本国民がその人にお世話になったんだから、陛下がお礼するのを否定することはあるまい。

82 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 19:47:49 ID:XZF/TcLE
陛下がお礼とかは関係無し。陛下が観る映画を決めてるわけでなし。
ただの決められた公務の一つです。

83 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 19:50:02 ID:ctPl3FwN
つかスレ違いだわな

84 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 20:10:01 ID:a+oDUVet
DVDになってからでいいから、陛下にはこの二部作をご覧になっていただきたい。

85 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 20:13:26 ID:VCAQ3Gkb
>>80
いろんなネタで煽っても煽ってもこれだから↓、彼ら心底困ってるそうな。
アメリカでの日本ネタもこんなあつかいなんだろうな。

【韓国】 韓流映画、海外で「寒流」 [01/19]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1169186955/
【韓国】昨年の韓国映画の輸出額6割減〜中でも日本向け輸出が前年比82.2%の減額[01/18]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1169135442/


86 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 20:26:57 ID:IB6pIJXo
映画ではアメリカ軍が硫黄島に上陸してから、栗林さんが攻撃命令を受け戦闘開始したのと、本では栗林さんの攻撃命令の前に勝手に戦闘開始したと書いてますが、実際はどうなんですか?

87 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 20:32:53 ID:9Ei+g3Ky
緊張感に耐え切れなくなった人がフライングした説はあるね

88 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 20:39:12 ID:Ehq2rE3E
>>87
説じゃなくて擂鉢山砲台のフライングは本当。

89 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 21:17:38 ID:0fT1eoM/
嫌韓廚が紛れこんでくるあたりが微妙なスレなんだよな…

90 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 21:19:44 ID:WgwO4d15
>>88
ぜひソースを出してくれ
その話は証言が無いのが定説らしいぞ

91 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 21:20:04 ID:pgz3tlkk
>>89
最近、嫌韓が増えてるね。

92 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 21:25:35 ID:NM6teahC
嫌韓は厨に限らずどこにでも居るよ
問題はどうしてそういう話題で盛り上がってしまう流れになるかだ

93 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 21:25:39 ID:oKedEkJH
今日観てきたけど擂林中将ってカッコよすぎ!!
軍服もカコイイ。しかも家族思い。ああいう人を彼氏にしたいと思いました

94 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 21:29:28 ID:MsFbpmkF
>>67
ソースは?
書籍になっているならなおOK?

95 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 21:31:51 ID:Ehq2rE3E
>>90
俺が小学生の時に読んだ太平洋戦史だが、その内容は資料を米海軍報道部と財団法人資料調査会
から得ているようだ。

で書いているのは作戦自体、米軍が千鳥平地に集結したところを不意打ちをくらわせるところを
8時10分すぎに擂鉢山の要塞砲がフライングし、あわてた高石参謀長が擂り鉢山の指揮官を電話口
に呼び出したとある。

で沖合の戦艦からの艦砲射撃で擂鉢山の砲兵陣地が沈黙させられてしまった。
硫黄島西海岸に上陸成功の赤信号弾が打ち上げられたのが午前9時2分。

96 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 21:35:41 ID:FrE8zA1a
>>86
>栗林さんが攻撃命令を受け戦闘開始したのと
 映画では栗林さんが誰から攻撃命令を受けたと?

>>93
 そんな中将は出てませんでしたけど・・・?

97 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 21:38:44 ID:FrE8zA1a
>>93
 いいことを教えてあげよう。
 あなたが彼氏にしたいと思った中将は、自分の娘の誤字が多いことを嘆き、
 『そんなことでは嫁のもらいても何もないでしょう・・・』と
 手紙を書いて送っている。
 つまりあなたのような誤字、しかも致命的な誤字をするような
 女性には目もくれないことでしょう。

98 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 21:40:59 ID:WgwO4d15
天皇陛下万歳で帽子とった時、
「あ 擂鉢山発見」と思ったのを思い出した

99 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 21:41:46 ID:K98Eed2K
俺、宇都宮の人間なんだけど、本の週間ランキングで
梯久美子「散るぞ悲しき」が9位に入ってた。やはり映画効果かもね。
この本て今までベスト10に入ったことあったの?
単なる戦史本じゃなく、栗林の人間性などに焦点合わせて書かれてるし
文体もさっぱりしてて読みやすいから、女性にも結構読まれてそうな感じがするんだけど。


100 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 21:43:04 ID:/IfjC6DF
最近になってやっとこの映画を見たんだが・・見終わって最初に思ったことは
今の時代の日本に生まれていて良かった・・だったな。

最後らへんのラジオからの子供の歌声・・それを聴き、静かに無く栗林には号泣しそうになったな。
本当に硫黄島の兵士たち(勿論、当時の国民全体)はこういう感じだったんだろうな。

それにしても、イーストウッドは凄いな。両方からのクールな視線で戦争を描くなんて
イーストウッドだから撮れたんだろうな。殆ど違和感のない日本人たちといい、イーストウッドや
そのスタッフをを尊敬する。

101 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 21:43:05 ID:uls98u4R
いまでは個人のフライング説より米軍上陸前の空爆で日本軍の大砲ほとんど
いかれて最後の一太刀的に撃たせた説が有力らしい。

どっちにしろ一発撃てばそこに米軍の集中砲火でおじゃんになるし
フライングでも作戦でも大局に影響はないでしょ。
とりあえず1発成果はあったんだし。

102 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 21:44:08 ID:uFL/FDdO
何スレか前に、米国人の友達から「米国人の自分と日本人の君で一緒に見に行こう。
一緒に泣いて、一緒にご先祖様に乾杯しよう。」ってメール貰ったと書いた者だけど、
数日前にアメリカで見てきた。
NYで見たんだけど、奴は清水が出てきた瞬間にコートの裾を絞ってたw
(前に見ているので、彼の未来を知っているから、堪らなかったらしい…)
最後の方は二人ともポロポロ泣いて、鑑賞後「栗林の男前ぶり(謙さん含む)」について熱く語り、
流れで奴の好きな米国の軍人?(名前は失念)について、延々語られた。
どうやら米国人は「自己犠牲」に弱いみたい。(たぶんそんな話をしてた…酔ってて定かじゃないが)
ちなみに、最初に約束通り「ご先祖様」に乾杯したんだけど、その後は頭が痛くなるくらい飲んできたw

…ところで、この映画に「ヤッター」ってセリフ無かったよね?日本人って言ったら何回か言われた。

103 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 21:46:04 ID:K98Eed2K
93の女は擂鉢山と栗林を混同してるんじゃないか?
擂林中将ってww

104 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 21:47:55 ID:MsFbpmkF
>>同感
おれ51でも書いたが、字幕がしょぼいのは仕方がないとして、靖国、栗林中将が米国に留学中に
絵を描いたこと、憲兵が嫌われていたこと、などある程度の知識が無いと分からないかもしれない。
アメリカ人に判りやすいようにこれらの時代背景をだれか纏めてくれない?英語で
これも立派な宣伝戦(>67)だよ。アメリカ人の見る映画の批評サイト(>>29)にアドレスを貼ればいい。
アメリカでは映画館で切符を買うのと同じようにネットでチケットをダウンロードするので興味
ある人は見るよ。2chで努力するといいのができると思うが・・・

105 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 21:53:21 ID:K+ADvuZ9
>>102
あーあなたでしたか。覚えていますよ。
いい話をありがとう。
しかもあの話の続きが読めるなんて。
このスレに来てよかったな。

106 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 21:57:21 ID:VcX9olnV
>>102
> …ところで、この映画に「ヤッター」ってセリフ無かったよね?
> 日本人って言ったら何回か言われた。

http://en.wikipedia.org/wiki/Hiro_Nakamura

107 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 21:57:24 ID:Ehq2rE3E
>>101
そちらもソース出してくれよ。

108 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 22:00:48 ID:Rmo+2H27
しかしバロン西って罪な男だよな。
奥さん、子供もいながら米国ではハリウッド女優などとSEXしまくり。
あの小さな島では戦車なんか役に立たないのに、戦車で戦って、戦車隊は全滅。
部下を無駄死にさせたようなもんだ。
あげくの果てに清水をそそのかし、清水は投降したが殺された。
西のせいで清水は死んだんだ。
西ぐらい役に立たなかった男もいないよな。
精鋭145連隊の池田大佐の爪の垢でも飲ませてやりてーよ。
まぁ池田大佐は映画には出てこないけどさ。

109 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 22:04:49 ID:Rmo+2H27
そもそも大本営が本当に硫黄島を重視してたかどうかも疑わしい。
重視してれば硫黄島に寄せ集めの老兵ばかりを送るはずがない。
精鋭が僅か3000人の145連隊だけだったというのが情け無い。
中国戦線や満州から1個師団ぐらい引き抜いてくりゃよかったのに

110 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 22:06:29 ID:XZF/TcLE
>>108
お前が批判したいのは
現実のバロンか映画のバロンか
どっちなんだ。

111 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 22:07:38 ID:I2uXB8Qh
>>102
>> …ところで、この映画に「ヤッター」ってセリフ無かったよね?日本人って言ったら何回か言われた。

人気のテレビドラマ HEROES で超能力を持った日本人がやたらと使う言葉。
http://www.youtube.com/watch?v=ywTtd3EAjJs
http://www.youtube.com/watch?v=fJxKyFS7sP4

112 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 22:07:45 ID:WgwO4d15
>>102
いい話だ〜サンクス

何スレか前に、バイト先に日本とアメリカのハーフの娘がいて、
映画を姉妹で観に行くって言ってた人もいたよね?
そっちも聞いてみたいね

113 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 22:09:05 ID:I2uXB8Qh
こちらの方が良かった
http://www.youtube.com/watch?v=YnacNqLfBV4&mode=related&search=


114 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 22:12:14 ID:Ehq2rE3E
>>109
http://www.iwojima.jp/data/convoy.html

115 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 22:15:11 ID:ctPl3FwN
>>109
重視、というかアメリカが硫黄島を重視してると思ってなかったが正しい。
大本営はアメリカはまず沖縄に来るだろうと思ってたから。
アメリカもアメリカで沖縄で何度も潜水艦を向かわせるなど、
日本の注意を沖縄に向けるようにしていた。
アメリカ艦隊も当初沖縄に進路をとり、途中で硫黄島に変針した。

116 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 22:24:15 ID:Ehq2rE3E
映画では卑怯な将校も出てくるが、史実では部隊長クラスがすごかったらしい。
擂鉢山の総指揮官の厚地兼彦大佐は最前線の指揮所で戦車砲弾の直撃を受けて
早々20日に戦死し、
元山飛行場正面の守備に当たっていた独立速射砲第12大隊の早内大隊長は
砲も半数が破壊されたあと、自ら砲を操作し、さらに数両の敵戦車を撃破。
その砲も破壊され、砲陣地に米戦車が突入してきたので自ら爆薬を抱いてその
下に飛び込み、壮烈な自爆を遂げた。 これも22日のこと。


117 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 22:36:31 ID:aw/R111K
>>116
胸がほんと痛くなるね。

118 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 22:48:36 ID:Ehq2rE3E
>>117
こういう人たちのことを忘れちゃいけないよな。もちろん硫黄島だけじゃない。
結果論的に言えば、死ななくても良かったかも知れない。
でもその時に果たして「戦わなくても日本は亡びない」と誰が断定できただろうか?
未来を知り得る者などいはしない。
日本と近距離の米植民地だったフィリピンを手に入れるための米比戦争でどんなことが起こったか
知っている日本側関係者は米を信じることはできなかったろう。
(日本側では現在ではその資料は訳されてはいない。多くの出版物が、特に
比関係の出版物がマッカーサーによって翻訳を阻止された)
彼等の多くはは俺がここで食い止めなければ日本は滅ぶかも知れないという可能性
を少しでも消し去るために戦い、自分の命を捧げてくれたんだよ。ほんの70年前のことを
あまりに日本人自身が封印しすぎていた。イーストウッドが日本人が硫黄島について知らないと
いうことに驚いたのももっともだよ


119 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 22:51:34 ID:XVjQAyWK
俺が始めて硫黄島という言葉を知ったのはガキの頃プレデター2を見たときだったな。
凄い戦闘が有ったことは何となく知っていたがこの映画が無かったら
栗林の事を知ることもなかったろう、イーストウッド監督に感謝。

120 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 22:53:45 ID:Ehq2rE3E
>>119
そういや戦闘に惹き付けられるプレデターは硫黄島にも現れたってなセリフを
FBIのおっさんがいってたな。あと2つぐらい地名あげてたっけ?

121 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 22:58:48 ID:H7PX/1IU
>>119
俺は、随分昔に少年ジャンプに載ったマンガ。
「風と踊れ!〜時代を疾走ぬけた男・バロン西」原作・二橋進吾 漫画・樹崎聖
当時、中学生のおれは教室で涙した。

122 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 23:07:29 ID:F2oTQYsz
>>116
自決の命令を出したアダチ大佐って厚地大佐がモデルだよな。
史実と違う設定にしたので名前を変えたのだろうが、ちょっと失礼な感が否めない。

123 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 23:08:01 ID:I5HoBc0x
>>104
もしやるとしたら、ここで日本語で作ってみて、翻訳は上手い人(貴方かな)に頼んだ方が良いかも?
ちょっと叩き台を作ってみたので、やる気のある人で突っ込むべし
-------------
太平洋戦争末期、日本は敗戦が濃厚になりながらも悲壮な努力を続けていた。
あらゆる物資が不足する中、「欲しがりません勝つまでは」をスローガンに
政府は、国民の一致団結を強いた。
そのため「憲兵」と呼ばれるMilitary policeは、一般市民をも対象に行動を監視し、
戦争に反対する人物を厳しく取り締まった。
また、日本古来の宗教「神道」に則り、兵隊は戦場で命を落とすと「靖国神社」と言うtempleに英霊となって
戻ってくると信じられ、徴兵され、国家のために命を賭すことを誇りとする思想が強調せられた。
そんな時節厳しい折、映画に登場する栗林忠道中将は本土防衛の重要拠点の一つ、
硫黄島の指揮官に任命される。
彼は陸軍に於いてアメリカとカナダの駐在経験もある稀な軍人であった。
元々、ジャーナリストを志していたこともあって文才があり又、芸術にも才があった。
アメリカ駐在中、長男の太郎に送った非常に細密な絵手紙が多数残されている。
開戦に反対したとも伝えられる彼だが、軍人として任務を全うするため、死を覚悟して任地へ赴くこととなる。
---------------

しかし難しいなと思ったのは「英霊」だ
これを外人に説明するのは一冊の本にできるくらいの題材かも?w
幽霊じゃ弱いよね むしろ神に近い
「八百万の神」の日本ならではだと思った。

124 :七誌:2007/01/20(土) 23:11:32 ID:SypRPMsh
 この映画のどこがいいんだか。

 ただの戦争映画だろ。

 男達の大和のほうが、よっぽど良かったよ。

 アカデミー、無理でしょ。

125 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 23:13:54 ID:XVjQAyWK
>>121
始めて知ったな。そのマンガ。単行本化されてます?


126 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 23:16:16 ID:H7PX/1IU
>>124
「男達の大和」に感動できるあなたは、素直で良い人なのですね。
しかし、広い意味で歴史/戦史をもっと勉強をしましょうね。
それに、賞などどうでも良いのです。


127 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 23:22:00 ID:H7PX/1IU
>>125
残念ながら、読み切りだったので単行本化されていません。
週刊少年ジャンプ1994年36・37合併号です。
奇跡的に古本屋に残っているかも。

128 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 23:25:46 ID:mZupbtzg
本日2度目を見てきました。
1度目を見たときよりも人が増えていたのは受賞のせい?
いずれにしろ感動する映画だ。

129 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 23:26:00 ID:VwxudkMC
Oscar race lacks best-picture favorite as 'Dreamgirls,' 'Departed,' 'Babel' square off
Scorsese's prospects look good this time around
From Friday, January 19
BY DAVID GERMAIN
AP Movie Writer
http://nwitimes.com/articles/2007/01/19/entertainment/entertainment/86ae72589986b7e7862572660073ed49.txt

130 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 23:26:06 ID:Ehq2rE3E
>>123
俺のばあちゃん言ってたけど憲兵は都会にはいたけど、ばあちゃんの田舎にはいなかったてさ。
「んなもん田舎におるかいな」だってよ。

だからイメージとして、エリートという意識はあっても
>一般市民をも対象に行動を監視し、
>戦争に反対する人物を厳しく取り締まった。
というのはないらしい。

131 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 23:29:31 ID:X7W3UWcd
>>123
英霊は、キリスト圏の外国人からしてみれば、日本人が思う精霊みたいなイメージだと思う。
向こうは神は一人しかいないからな。
それはそうと、この映画日系のブラジル人とみたんだが、号泣してた。
特に西郷が最後シャベルを持って立ち向かうシーン。
日本人は美しい精神を持ってるってイメージは、ブラジルでは未だ根強いらしい。
というか日系人は、その日本人の子孫であり、それを誇りにしてると言ってて、
栗林中将やシャベルを振り回した西郷の姿は、妙に心の染み涙が止まらなかったらしい。

132 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 23:31:03 ID:H7PX/1IU
概出だが、国内においてアカを取り締まっていたのは「特別高等警察」、通称「特高」。
占領地では憲兵が活躍していたが。


133 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 23:37:01 ID:Ehq2rE3E
>>132
いや、憲兵自体は日本国内にもいたよ
。ここの昭和20年以降ってのを見てみなよ。「東条憲兵」もしってるだろ?
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%86%B2%E5%85%B5_(%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%BB%8D)


134 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 23:38:36 ID:Ehq2rE3E
>>123
英霊は英語でSpirit of the war deadだよ。


135 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 23:40:08 ID:FrE8zA1a
でも、そんな日系ブラジル人も日本へ来るとたくさんの事件を起こして
帰っていくよね・・・・

136 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 23:40:36 ID:m/opx4YO
憲兵は地方にもいたけど進学校でしょ、当然地方都市になるけど。

137 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 23:42:14 ID:H7PX/1IU
>>133
いや、言葉足らずですまぬ。
勿論、憲兵は軍に必要なもので内地にもいる。軍人を取り締まるものだからな。
しかし、一般国民の思想等を取り締まるのは特高の役目だと言いたかっただけだ。
占領地では、特高が無かったので憲兵がその役目も果たした。

138 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 23:42:17 ID:I5HoBc0x
>>130-131
二人に聞きたいんだけど、

>一般市民をも対象に行動を監視し、
>戦争に反対する人物を厳しく取り締まった。

これが全くなかったって主張なの?

139 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 23:44:57 ID:+J172VuG
>>123
>>日本古来の宗教「神道」に則り、兵隊は戦場で命を落とすと「靖国神社」と言うtempleに英霊となって
>>戻ってくると信じられ、徴兵され、国家のために命を賭すことを誇りとする思想が強調せられた。

ここ違和感あるな。
これ以前に武士道の系譜がある訳だが・・・

140 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 23:45:58 ID:FrE8zA1a
>>138
131にその質問をするのはどうかな?

141 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 23:46:44 ID:m/opx4YO
地方は隣組だよ、国防婦人会と、鍋釜の供出なんかがそうだよ。

142 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 23:47:06 ID:I5HoBc0x
>>139
うんそれは俺も文章が否定的になりすぎて違和感もってた
「この思想は古い日本の武士道に基する物で、日本人には馴染み深く」
みたいなのが入るといい

143 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 23:47:49 ID:mZupbtzg
『副官・藤田大尉ファン倶楽部』を創設したい。

144 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 23:48:32 ID:Ehq2rE3E
>>138
いや主張じゃなくて、俺の場合ばあちゃんという生き証人の証言。
少なくとも住んでいた地域にはそういう圧力を感じなかったとさ。

他のところでどうかは知らん。

145 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 23:51:13 ID:mZupbtzg
『副官。藤田大尉ファン倶楽部』
藤田大尉を演じる俳優さんもwatanabeなのな。
名前は覚えたんだけど、家に帰るまでに忘れてた。

146 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 23:52:07 ID:FrE8zA1a
>>143
砂浜を栗林の『右!』『左!』の掛け声で右往左往する場面は俺も好きですよ。

147 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 23:52:25 ID:G4Y0pv5P
130−131ではないが、ヤフーレビューの方には、
「うちの父が
『特高とは別に、憲兵は憲兵で国民を監視していた。ただし拳銃は持っていなかった』
と言っていた。」
というのが載っていた。

一般的にそうだったのか、その方個人の見聞の範囲に限ったことなのかは、わからないが・・・・・


148 :123:2007/01/20(土) 23:53:56 ID:I5HoBc0x
>>144
失礼w 「都市部では」入れるくらいでも良いかな?

あと、今後の方、文章書き加えたり、削除してコピペして貰えるとみんな見やすいかも

149 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 23:55:21 ID:m/opx4YO
憲兵は短剣を持ってなかった?

150 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 23:56:05 ID:FrE8zA1a
131は英霊と日系ブラジル人についてしか発言してないのに、
憲兵に関して何かを主張したとみなされるのは何故だろう・・・?

151 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 23:59:34 ID:I5HoBc0x
>>150
>これは無かったみたい
というのを見てどの程度の話か聞いてみたかっただけ。
つか、こんなレスしたくないな

152 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 00:00:12 ID:Yl/FjOyG
>「靖国神社」と言うtempleに英霊となって
細かいことを言えばtempleじゃなくてShinto shrineだな。

あと吉村昭の述懐だが、

「過ぎ去った戦争について多くの著名な人々が、口々に公の場で述べている。
「戦争は軍部が引き起こした」・・・しかし私のこの眼で見た日本の戦争は、全く
種類の違ったものに見えた。正直に言って、私はそれらの著名人の言葉を、彼等自身の
保身の卑劣な言葉と観じた。嘘ついてやがら・・・私は、戦後最近に至るまで、胸の中で
ひそかにそんな言葉を吐き捨てるようにつぶやき続けていたのだ。
・・・一言にして言えば、戦時中の私たちは、戦争を罪悪とは思わなかったし、
むしろ、戦争を嬉々として見物していた記憶しかない。」

こういう意見もあるようだね。

153 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 00:04:25 ID:GOrzhk8N
>>150
みんな、>>123の文に関して討論している。
その中に憲兵に関する内容もある。

154 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 00:06:35 ID:f7yCH9q4
>>135
映画の話しをしよう。

>>131
ええ話し、ありがとう。
この映画、他の国の人がどんな感想持ったか知りたかった。。

155 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 00:07:13 ID:iabzhA1a
戦後の寄りどころが海軍で、鶴田浩二だけが生き証人みたいな風潮はあった。海軍は先に負けただけだけどね。

156 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 00:10:05 ID:egZnlH21
>>152
それ聞くべき意見だね
>>131も重要だ
さっき>>123を書いたとき、なんかサヨクぽい文になって自戒してた
中立で、客観的のみの印象の文を書くってなかなか難しい
忠道中将さんに書かせたらどう書くかな?w

157 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 00:13:19 ID:egZnlH21
もう一つ。
>又、芸術にも才があった。
これはちょっと言いすぎかもしれない
そっち方面で興味持つ人がいたらガッカリするかもしれないし
「絵が上手かった」くらいが良いかな

158 :副官くん:2007/01/21(日) 00:15:42 ID:RS/a2VmA
『副官・藤田大尉ファン倶楽部』
倶楽部発足直後になんですが、藤田大尉は大尉なのか?中尉のような気もする。

159 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 00:22:18 ID:Yl/FjOyG
>>148
ああ、なんせばあちゃんはラストサムライの勝元の村と設定されたとこの出身だからな
iいまだに行政区が「村」のド田舎だw
>>156
いま日本は戦いに敗れたといえども、日本国民は諸君の勲功をたたえ、
諸君の霊に対し涙して、黙祷を捧げる日がいつかは来るであろう。安んじて
国に殉じよう。予は常に諸子の先頭に在り

戦局遂に最期の関頭に直面せり、
(45年2月)17日夜半を期し小官自ら陣頭に立ち皇国の必勝と安泰を祈念しつつ全員壮
烈なる攻撃を敢行する。
敵来攻以来、想像に余る物量的優勢をもって陸海空より部下将兵の勇戦は真に鬼神
をもなかしむるものがあり。
しかれども執拗なる敵の猛攻に将兵相次いで斃(たお)れたためにご期待に反しこの要地
を敵手にゆだねるやむなきに至れるは、まことに恐懼に堪えず幾重いにもお詫(わ)び申し上ぐ。
特に本島を奪還せざる限り、皇土永遠に安からざるを思い縦(たと)ひ魂魄となるも誓って皇軍
の捲土重来の魁たらんことを期す。
今や弾丸尽き水枯れ、戦い残るもの全員いよいよ最後の敢闘を行わんとするにあたり、つくづく
皇恩のかたじけなさを思い粉骨砕身また悔ゆるところにあらず。
ここに将兵とともに謹んで聖寿の万歳を奉唱しつつ、
永久のお別れを申し上ぐ。
防備上に問題があるとすれば、それは米国との物量の絶対的な差で、結局、
戦術も対策も施す余地なかりしことなり。
なお、父島、母島等に就いては同地麾下将兵如何なる敵の攻撃をも断固破砕しうる
を確信するもなにとぞよろしくお願い申し上げます。
終わりに駄作を御笑覧に供す。なにとぞ玉斧をこう。

国のために重きつとめを果たし得で 矢弾尽き果て散るぞ悲しき
仇討たで野辺に朽ちじ吾は又 七たび生まれて矛を報らむぞ
醜草の島にはびこるその時の 国の行く手一途に思う

160 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 00:29:22 ID:egZnlH21
>>159
あらためて思うけど、濃密な詞だね
どんだけ物を考えたらこんなのが捻りだせるのか

話はなれるけど、「醜草の島にはびこるその時の 国の行く手一途に思う」
醜草ってアメリカ兵ってことか
いままで読み流してたな

161 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 00:33:35 ID:aTocolEz
>独立速射砲第12大隊の早内大隊長は
砲も半数が破壊されたあと、自ら砲を操作し、さらに数両の敵戦車を撃破。

この人は硫黄島戦闘では有名だよな。
砲が破壊され、自身も吹っ飛び血みどろになって余命の幾ばくかを知るや
爆弾もって敵戦車に体当たりを敢行して戦車を爆砕し、自身も砕け散った・・




162 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 00:36:47 ID:Yy7iNB9Q
>>123
提案ありがとう。アメリカにいても微妙な翻訳は難しい。俺理系だから文系のネラーにお願いしたい。
しかし、単発でも興味のある一般アメリカ人に説明したいと思うね。
日本人(日本文化)を勘違いしているよ彼らは。変な寿司屋に砂糖入りの緑茶(これホント)。
日本文化を曲げているのは、どうも日本人の振りをしている、他のアジア系なので・・・
letters of iwojimaをアメリカでの評価を上げるには俺たちの協力が必要と思うよ。

163 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 00:41:25 ID:hN7JaTN4
>>160
 醜草はアメリカ兵のことではなく、自分たちが死んでしまって、その上に
 生えてくる草のことだとどこかで読んだような・・・

 それを鵜呑みにするわけじゃないけど、栗林中将の遺したものをいろいろ
 読んでると、敵のアメリカ兵のことを『醜草』などと表現するような下衆な 
 人には思えないので。
 

164 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 00:45:10 ID:jhRrv720
観たけど、もう一回観たいと思うような映画だったな。
でも、ミスティックリバーとかと違って、あんまり語ることがない
というか、良くも悪くも見たまんまって感じの映画だった。
それだけリアリティがあるって事だろうけど。

それにこれ、反戦映画としてみると、素晴らしい出来だと思うな。
共和党支持者のイーストウッドが最高の反戦映画を撮ったとは皮肉。
例えば「プライベートライアン」とかは、反戦映画とか言いながら
反戦映画になってない。むしろ「戦争って楽しそう」って感じになる。
でもこの映画を見ると心底「戦争ってやだなぁ」って気になる。

165 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 00:45:28 ID:5PzdsrtT
>>162
>砂糖入りの緑茶

これは仕方ない。
味覚の違いというか、欧米人はあの苦味が苦手らしいよ。
緑茶の香りにも慣れてないらしくてフルーツフレーバー添加ものとかもある。
台湾やタイでも砂糖入りの緑茶があるんじゃなかったっけ。

166 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 00:47:21 ID:wLVZ1kPm
>>157
単なる、陸的な猛将では無かったことが、、最高ですよね。
藤田中尉含めて、大久保さんはじめ、、、実に脇役陣が
良い味を出していたと思います。

でもなぁ、let's go、、、これは日本人にをして深く考えさせる
映画・・・すなわち文化。。 難しすぎませんかね? 米人に
分かった戴くのは。 でも、ここでは良い友人に恵まれている
人が居ますね。

チラシの裏にもならなくて、すいません。

167 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 00:57:16 ID:egZnlH21
>>163
その人の解釈うまいね
その人も尊敬する

でも、前の句を鑑みるとそこはやっぱア・・・ぽいかもw
軍人の最後の辞世の句として大本営に打電する訳だし。
自分も栗さんがそんな事思ってる人だと考えてはいないけれど、
芸術としての歌はそっちでいいような気もする
清濁併せ持つのが人間で、聖人君主の歌などつまらない
アメリカに公表するときは>>163でお願いだけど

168 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 00:57:19 ID:bf4JZ2LY
東京出身・たこちゃんと同い年の漏れの母親は、この映画の憲兵の話したら、「憲兵はホントやな奴らだった!それくらい(犬を殺すシーンのこと)してもおかしくない。」と言ってた。
まあ、思いこみなんだろうけど。今だに警察のことを「オマワリ」と呼ぶ官憲嫌いだからw


169 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 00:58:13 ID:8b+ySVWD
>>154

ttp://movies.yahoo.com/movie/1809425051/user 此よんでみて

170 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 01:02:59 ID:jhRrv720
例えば、この映画。最後に二ノ宮が殺されたら、どういう評価になっただろ?

そもそも、あんなに「運の良い男」を主人公にするのは、その時点でリアリティ
に欠けるわけでさ。最後に二ノ宮が殺されれば完璧だった。
客は入んないだろうけど。

171 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 01:03:11 ID:Yl/FjOyG
>>164
>良くも悪くも見たまんまって感じの映画だった。
大岡昇平の「俘虜記」につけられた吉田健一の解説なんだが

「(戦争というものは)あまりにも大規模な、広範囲にわたる出来事である為に、
一人の人間にとって、というのは結局は、一人の文学作品を書く立場から見るならば、
戦争を大袈裟に扱えば扱うほど、その結果は虚偽となる。」

この「文学」を「映画」に置き換えてみるとなんとなくわかる。
淡々と描く方が嘘が少なくなるんじゃないかと。戦場ではBGMは鳴らない。

>>167
硫黄島には天皇からの親電扱いの感謝の電報が戦闘中も何回となく送られてるから
あんな感じになってるんだろう。


172 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 01:04:49 ID:bSiIwwqg
やっとの思いで日本に帰ったら奥さんが死んでたってゆーのが史実なんだよな

173 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 01:05:14 ID:g310vvmN
>>65
> ところで、最後の突撃で海軍の市丸少将も突撃するが、いなかったような気がするが・・・

市丸は栗林の向かってすぐ右隣に居たのを2回目で確認したぞ。

174 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 01:08:40 ID:jhRrv720
>>172
そうなの?思ってたよりハードだな。

175 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 01:10:30 ID:Yl/FjOyG
「たこちゃん」検索してて今初めて知ったが、自由民主党の衆議院議員の新藤義孝つー人
たか子の子息であり、栗林の孫なんだってなw

本人にとっては追い風かもな

176 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 01:14:52 ID:egZnlH21
>>172
それはこのスレで紹介されてた生き残りの兵隊の手記の話。
栗林中将は遺体が見つかってないだけで、硫黄島で戦死

177 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 01:17:14 ID:04XkXTnY
>>135
犯罪を起こすのは多分偽の戸籍売買をして日系人に成りすました現地人

178 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 01:18:15 ID:gG0eo59l
>>102です。
遅くなりましたが、レスと「ヤッター!」への回答を
ありがとうでした。
普通にyoutubeに入り浸ってしまったw

179 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 01:18:49 ID:04XkXTnY
>>135
日本に来ている日系ブラジル人のかるく半分以上は偽者らしいよ。

180 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 01:34:47 ID:TJZkEY41
>>159
>なにとぞ玉斧をこう

じゃ大本営が「散るぞ悲しき」を添削して「散るぞ口惜し」に治してもオケってことかな。

181 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 01:44:58 ID:Yl/FjOyG
>>180
だろうな。実を取る栗林なら。

182 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 01:45:18 ID:x6e+L0GG
>>179
中国残留孤児が親戚50人くらい連れて帰国したり、
国策でダマされて南米に送り込まれた人達の子孫とか言う人達が大挙帰国してきたり、
政治家は日本の過去の悪行を償って満足だろうけど、
我々はたまったモノじゃないな。

183 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 01:47:22 ID:Yl/FjOyG
>>180
俺は補給も出来ずに見捨てた戦争指導部に対して万感の思いを込めて死ぬことを、
散るぞ悲しきと表現したという見識はあまりに、解釈人の思想が入りすぎててキモいと
思ってるクチ。

184 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 01:55:20 ID:egZnlH21
>>180
補給が来ない不満を句に込めたって解釈した人がいるの?
その解釈はさすがにおかしいな
センスなし


185 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 01:56:57 ID:egZnlH21
ごめん引用まちがえた
×>>180
>>183

186 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 01:58:45 ID:TJZkEY41
オレは梯久美子って人は軍部憎しで民衆が政府を煽って大戦を始めたなんて反省は
想像すらできないんじゃないかと最近思うよ。
「散るぞ悲しき」は読んだが、梯久美子には栗林中将に理想の父親を投影した倒錯した
エロティックささえ感じた。
彼女の本はノンフィクションやドキュメンタリーというより文学作品だと思うね。
ただこれが優れた文学作品であるからやっかいなんだがw
冒頭の貞岡さんのエピソードなんて涙なくして読めないくらいだからな。
達者だ。

187 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 02:00:32 ID:nUw86srv
つ ま ら ん 映 画 だ っ た

188 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 02:01:46 ID:Yl/FjOyG
>>184
そりゃたくさんいるぞ。なんつーか飛躍しすぎで妄想の域なんだよなw 
無知も加わってるし。

ノストラダムスの予言解釈じゃないてーのw

http://www.google.com/search?num=50&hl=ja&q=%E6%95%A3%E3%82%8B%E3%81%9E+%E6%82%B2%E3%81%97%E3%81%8D+%E5%8F%A3%E6%83%9C%E3%81%97%E3%80%80%E8%A3%9C%E7%B5%A6&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=lang_ja

189 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 02:04:25 ID:Yl/FjOyG
あと「口惜し」ってやったために「ぞ」の受けがない。「口惜しき(くやしき)」だろって言う人もいたなw

じゃなくて、もともとあれは「くちおし」と読むんだよな。

190 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 02:04:26 ID:3rZzT6q5
二宮が最後に生かされたところがアメリカが撮った映画なんだよな。


191 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 02:04:52 ID:9wxbbbGM
自分のことでなく玉砕する兵士たちを想って「悲しき」と詠んだと個人的に解釈。

192 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 02:10:00 ID:Yl/FjOyG
国のために重きつとめを果たし得で 矢弾尽き果て散るぞ悲しき
仇討たで野辺に朽ちじ吾は又 七たび生まれて矛を報らむぞ
醜草の島にはびこるその時の 国の行く手一途に思う


普通に読んだら

「悲しい」結果何をしたいかというと
>仇討たで野辺に朽ちじ吾は又 七たび生まれて矛を報らむぞ

じゃないの?

193 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 02:10:41 ID:egZnlH21
>>186
あー女性が男性を書くルポってそういうことあるよね
一番みんなに読まれているであろうその本を読んでない俺が言ってみるw


しかし人物に関するノンフィクションは難しいね
一般的に評価されてる司馬遼太郎も自分の好みがはっきり入ってるもの
・・・で、またそれが面白い
俺も大好きな作家だったりするw

194 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 02:13:33 ID:ULGINSAc
日の丸をあげていないから憲兵隊にやられるということはなかった。
また、犬を騒ぐからと住宅地でピストルで殺すなど、絶対にありえない。
白米を食べているなど、、これまたありえない。

全体としてよい映画だが、このシーンがあることで非常にもったいない。
知らない人が見たら、この映画のシーンを本当のことだと
思い込んでしまう。これまた、非常に恐ろしいことだと思いました。

195 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 02:17:04 ID:TJZkEY41
>>193
おれも司馬の小説好きだよ、歴史読み物作家って印象だけど。
とにかく読みやすい。
だけど極端に陸軍だけ責めるのが解せない。
やっぱ戦車兵だったから身内に甘くしたくなかっただけかな。

196 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 02:18:40 ID:TJZkEY41
>>194
>非常に恐ろしいことだと思いました。

ずいぶん大袈裟だな。
硫黄島の戦いを知らないより百倍マシだろ。

197 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 02:18:55 ID:beh8aICz
>>190
それだけ(二宮が生かされた)でアメリカが撮った映画ってひとくくりにするのもどうかと。
国民性ももちろんあるだろうが、作風や監督によって変わることも少なくないんじゃないか?

特にイーストウッドは、戦争映画を感動物、英雄物として賛美しない稀有な存在だと思う。

個人的に、二宮が生きていたのは、戦争の悲惨さを後世(観客)に伝える生き証人としたかったんじゃないか
と思うが。

198 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 02:19:28 ID:egZnlH21
司馬遼太郎をノンフィクションのラインで出したのはまずかったな
反省

199 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 02:27:59 ID:egZnlH21
>>195
厳しい環境にいると、他人の芝がより青く見えるというのもあるかも
多田実(あってるかな?)の海軍学徒兵の本を読むと陸軍さんの行動に感心する人々が出てた

200 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 02:28:31 ID:AHNTSNM6
ラストで西郷が死んだら、リアルかもしらんが見てる方は打ちひしがれすぎてもう立ち上がれないよ。
今のエンディングでも、葬式帰りの集団と化すのにw
自分は、西郷がスコップ振り回して米兵がこいつ殺っちまうか?的やりとりしてるとこは
「やだやだやだ殺さないで殺さないで」って思わず祈っちゃったよw

201 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 02:30:25 ID:sUzIpGv5
>>200
あの米兵はあの場でよく殺さない決断をしたもんだ(まあフィクションだが)

202 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 02:31:45 ID:cDy7BqcP
>>196

おい、この映画の問題点に香具師は言及してんだろ。
なんで、この映画厨はそういう声を書き消そうと必死なんだ?

ホント気持ち悪い奴らばかりだよ。


203 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 02:33:14 ID:cDy7BqcP
>>300

あんな日本兵は存在しない。
この映画を陳腐にした最大は二宮にあるな。
しかも、あの演技は二宮個人がやったことなんだってさ。
クリントかわいそす


204 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 02:35:10 ID:cDy7BqcP
>>199
お前、正月からずっとこのスレに居座ってんのか?
正月前後にそのコメント見たぞ。
外へ出ろ、馬鹿。

205 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 02:40:05 ID:umE5ajZX
test

206 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 02:41:28 ID:egZnlH21
>>200
>>やだやだやだ殺さないで殺さないで」って思わず祈っちゃったよw
わかるw
映画冒頭は違和感もあったがそのシーンの頃には
完全にイースウッドマジックにやられてた
「西郷!おまえはやめろ!生き残れ〜!」だったw


207 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 02:41:35 ID:umE5ajZX
'Iwo Jima' tops Japan holiday B.O.
Pic had earned $30 million
By MARK SCHILLING
Clint Eastwood's "Letters From Iwo Jima" won the battle of the Japanese holiday B.O.,
according to figures compiled by the Zakzak Web site.
http://www.variety.com/article/VR1117957713.html?categoryid=13&cs=1


208 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 02:44:36 ID:umE5ajZX
1位渡辺謙、2位木村拓哉…正月映画興収

 興行収入トップは、クリント・イーストウッド(75)が
製作・監督を務め、渡辺謙(47)が主演する「硫黄島からの手紙」で、36億7000万円(8日現在)。
続いて、木村拓哉(34)主演の「武士の一分」の30億円(同)と日本人の主演作が1、2位を独占した。

 「武士の一分」と「007/カジノ・ロワイヤル」は、ともに12月1日初日で一番スタートが
早かったにもかかわらず、公開1週遅れの「硫黄島〜」がトップに立った。

 現段階では、最終興収で「硫黄島からの手紙」が45億−50億円、「武士の一分」が
35億−40億円、3位以降は「エラゴン/遺志を継ぐ者」、「大奥」、「007〜」の3本が
20億円から25億円前後となる見通し。


209 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 02:46:44 ID:umE5ajZX
zakzak  1月15日

210 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 02:50:12 ID:egZnlH21
>>204
俺がその本の話を出すのは、昨日か一昨日に図書館で書庫に入ってたって書いたとこだけだよ
このスレで知って最近借りたんだよ!

被害妄想つよすぎて数人を一人の自演だとか考えてるんじゃないのか?

211 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 03:12:24 ID:TJZkEY41
オレも多田さんの「何も語らなかった青春」は最近手に入れて読んだ。
この映画の個別のエピソードにいくつもの影響を与えてると思う。
おそらくID:cDy7BqcPはそういうことも知らないんだろ。

212 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 03:27:46 ID:iYnhpY3A
>123
「神道」じゃなくて「国家神道」だね
帝国憲法下では「神道は宗教ではない」とされており
「靖国神社」 も国家神道に基づいて作られた護国神社。
そうとう古来から有りそうにも見えるかもしれないが創建明治2年だの。



213 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 03:31:37 ID:l7Mkemxb
今日見てきたけど

アメちゃんがあれを淡々と撮ったって事には意味があると思うけど
5日で落ちると思われてた島を30ン日守った壮絶さとか
上層部の気違いっぷりとか飲まず食わずで戦った悲惨さとか

そういう部分まで淡々としてるのには参った
泣けもしなければ笑えもしない

214 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 04:40:00 ID:7clPvYm2
>>213
この映画は、初級編。

あなたが抱くような疑問を抱く人は、すでに中級以上。

これは、そういう人のための映画じゃないから。
残念だったね。




215 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 05:27:30 ID:dfSKb/SJ
結局西郷って、最初の方の射撃訓練で二発銃撃った以外一発も銃撃つ描写ないんだなw
たぶん映ってないところで撃ってるんだろうがこれはどういう意図なんだろ

216 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 06:46:31 ID:D7DAimc6
ちょっとスレ違いになるけど、25%ぐらいは関連があるかな。

↓アメリカ政府は大嘘つき証明ビデオです。
http://www.youtube.com/watch?v=960vBSKT-Pw&mode=related&search=

217 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 06:49:50 ID:D7DAimc6
ちょっとスレ違いになるけど、25%ぐらいは関連があるかな。

↓アメリカ政府は大嘘つき証明ビデオです。
http://www.youtube.com/watch?v=960vBSKT-Pw&mode=related&search=

218 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 07:44:03 ID:6oitvMCn
今BS1でゴルフやってたぞ<クリント

219 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 08:16:21 ID:cDy7BqcP
>>212
お前は馬鹿。
日本ってのは怨霊信仰の国。
仏教が入る前からずっとそう。
出雲大社がなんで出来たか知ってるか?
ヤマトが中国地方を治める前に大国主が治めてた。
その地をヤマトが奪い取った。
神話では国譲りと呼ばれているけど、実際には大国主一族は滅ぼされた。
ヤマトは彼らの怨霊を恐れ出雲大社を建設してその地に彼らの霊を封じ込めた。
だから出雲では二拍手ではなくて4拍手、つまり死拍手する。
後に日本に仏教が入ったが、日本の仏教も怨霊信仰だ。
先祖供養をしなければ、自分達に祟りが怒る。だから先祖を祈り
この世に未練のないように成仏してもらう。

靖国、護国はどうなんだ?みんな同じ線だろうが。
ちなみに韓国、中国のワメキに日本が弱いのも、彼らのワメキを
日本人は怨霊と見ているからだ。
でも韓国、中国は馬鹿だから靖国批判をした。
そこで実は韓国、中国はおかしいんじゃないかって話になった。

靖国が近代神道だ、国家神道だtっていう共産党のインチキ常套句に騙されるな。

220 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 08:21:39 ID:QRZCkfLP
>>300がどんな日本兵について語るか期待。

221 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 08:25:47 ID:YT9d4v8a
>>215

二宮は二つしかタマ持ってないからな

222 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 08:36:27 ID:hJiwmtXc
漏れは西郷が糞捨てに行って不発弾が落ちてくるシーンは要らないんじゃないかと思っていたが、アメリカで笑いが起きたってレス見て納得したよ。
こんな暗い内容でも笑いをとるアメリカ映画、そして西郷はたまたま運が良くて生き残るという伏線なんだな。
漏れはとても笑える状態じゃなかったが(獅童が生き残るシーンも)、それは日本サイドで見てるからで、アメリカサイドだと滑稽なんだということに気づかされました。
アメリカでの反応レスしてくれた人、ありがとう。

223 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 08:37:44 ID:Yl/FjOyG
>>219
>怨霊信仰
別に世界的に珍しいもんではない。インドだってそうだし、中国も
道教などの魂魄とかの考え方は怨霊信仰とつながるし、
「三国志演義」では、呂蒙も曹操も関羽の怨霊にとりつかれて死んだことになっている。

インドネシアのランダ信仰
も魔に対する信仰だからよく似たようなもんだろ。
そういった人間のこころというものはどこにでもあるもんだ。
別に日本が特殊ではない。




224 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 08:47:29 ID:cDy7BqcP
>>223
中国は今はどーですか?

ちなみにベトナムだが
靖国については理解を示している。
首相が英霊に祈るために靖国参拝をするなんて当たり前じゃないか
死者に善人も悪人もない、だいたい文句を言ってるのは
中国と韓国だけでしょって反応。

225 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 08:49:24 ID:QPAZa8Vs
シリアスな映画の中のコミカルシーンって重要なんだよ。
それによって一気にその人物に感情移入できるから、泣けるシーンが
引き立つんだよね。


226 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 08:51:10 ID:cDy7BqcP
>>225
この映画厨は泣けるシーンを、クリントはあえて作らなかった
っていつも言ってるようなんだが。


227 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 09:07:42 ID:Yl/FjOyG
>>224
だから中韓が特殊なだけ。あとわかってても理解できないふりしてんだろ

228 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 09:09:38 ID:+aP++dwo
>224
脳内ベトナム人乙

229 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 09:10:39 ID:NEmtjKUw
>>203
>クリントかわいそす
ちっともかわいそうじゃないだろ。二宮の判断にGO出したのはクリントなんだから。なんか勘違いしてないか?
千人針を清水の亡骸にかけるというのも二宮のアイデアだというし、漏れはむしろ奴は嵐なんかやめて俳優に専念すりゃいいのにと思うぞ。


230 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 09:16:23 ID:cDy7BqcP
>>227
いや、南京大虐殺をでっち上げられた松井石根は
興亜観音を建立して日中の戦没者を同時に供養したんだが
その精神をどうも中国人は理解できないらしいよ。
>>229
西郷をワザと現代人風にアレンジしたのは
二宮のアイデアだと天狗になった二宮自身が発言してるね。
西郷が現代人風になったことで
この映画がファンタジーになってしまった。

231 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 09:18:54 ID:QRZCkfLP
>>230
いや、だからそれでOKとイーストウッド監督が思ったんだろ。
提案したのは二宮だがGOサイン出したのは監督でそれで監督が可哀想ってのは
どういう意味よ?

232 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 09:23:08 ID:Z1ABMCN2
>>230
あの時代にだってああいう人はいたと思うし、あのシニカルな視点がないと、現代人の観客には共感しにくいと思う。
映画はまさしくファンタジーであり再現ドラマではないのだし。
また、玉砕から逃れる行動にもっと説明が必要になって冗長になるだろう。

233 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 09:23:41 ID:cDy7BqcP
>>231
二宮を信頼したクリントかわいそす
ってことだね。


234 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 09:25:54 ID:vMDE1Gyq
あーもううるせぇな二宮アンチ

235 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 09:36:43 ID:QRZCkfLP
なんだ二宮アンチなだけか。アホらしい。

236 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 09:37:07 ID:9wxbbbGM
クリントはジャニ一人に掻き回されるようなダメ監督ではないと思いますがw

237 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 09:37:15 ID:8b+ySVWD
>>222
追加(米国人感想)
栗林中将が最後の突撃の後、一人傷ついて戦場をさまよっているとき(日本人として感傷的なシーンと
思うが・・)、西郷と再会するシーンがある。その時栗林中将が「また会ったな」と言ったが、
このときも爆笑だった。アメリカ人はちょっとしたことで爆笑するが、理由として最後の突撃の前に
資料消却を命じて西郷を救ったことから、また会うことを滑稽と思ったのかもしれない。
なお、最後のスコップを振り回すシーンはアメリカ人にも理解できそうだね。アメリカ人は友人
のために殉ずることは理解できるらし、西郷と栗林中将との友情を感じとっていたと思う。


238 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 09:41:09 ID:Yl/FjOyG
>>230
「松井閣下には申し訳ないことをしました。」と涙ぐんだ蒋介石の話知ってる?

239 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 09:44:33 ID:Yl/FjOyG
 最後は蒋総統との会見である。
 蒋介石総統はすでに80歳、口辺に笑みを浮かべ、好々爺(こうこうや)といった感じだ。
何応欽将軍はじめ多くの要人も同席した。〈写真は禁止とのこと〉総統は一段と高い所に坐
をしめ、まず岸先生の近況と皆さんの台湾視察の感想はどうでしたか、と質問された。中山
団長が詳細に報告し、この度の旅行に際しての行き届いたご配慮とご接待に対して深く感
謝する旨を述べた。
 暫く懇談ののち、団員ひとりひとりが蒋総統の前に進み出て、謝辞を述べ、総統から握手
を賜ることになった。
 私は総統に敬礼してから、「私はかつて閣下にお目にかかったことがございます」と申し上げた。
 「いつか。」と聞かれるので「36年(昭和11)の3月、松井石根閣下にお伴して、南京で・・・・」と
申し上げた。
 松井大将の名を聞くや、蒋介石の顔色が見る見る変わった。
 ふるえ声で――「松井閣下には、申し訳なきことを致しました・・・・・」と私の手を堅く握りしめて、
むせぶように言われ、眼を赤くして涙ぐまれた。
http://www.history.gr.jp/~koa_kan_non/10-2.html


240 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 09:48:20 ID:n9EJosUU
ID:cDy7BqcP ← 毎度おなじみの駄パンフなのでスルー。

241 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 10:24:14 ID:cDy7BqcP
>>238
南京大虐殺自体が、国民党の捏造なんだからそうなるでしょ。
国民党が米国の世論を味方につけようとロビー活動を執拗に行った。
その結果南京大虐殺がデッチあげられた。
南京大虐殺が国民党のデッチあげだくらい知ってるし
俺はその立場でカキコをしている。

>>240
クリント厨はいつまでこのスレに溜まってんだよ。

242 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 10:26:49 ID:cDy7BqcP
>>236
かき回されたから、西郷が現代人風になって
こんな日本兵ありえねえってクソ映画になったんだろうが。
クリントは俳優を信頼しすぎ。
あんな日本人いるわけねえのに、騙された。

243 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 10:27:25 ID:JH3XQmi3
>>225
だがシリアスな映画に無関連なギャグを入れては絶対にいけない。プライベート
ライアンのビーチ上陸シーンでヘルメットに玉が貫通して、笑えないがオモシロ
演出をしてしまった箇所があったが、あそこはどうも違和感を禁じ得ず、
アメリカの批評でも指摘されていた。二宮の糞捨てシーンはギャグではない
と思う。


244 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 10:29:25 ID:cDy7BqcP
>>243
二宮が絡んだシーンはクソになるよな。

245 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 10:58:00 ID:cDy7BqcP
>>30
これもクリント厨だな。
ずっとおんなじ奴がこのスレに糞溜のごとく居座ってるんだろうね。
だから歴史的にこんなのあり得ないって反応を新参者がすると
いつも同じような反応を示す。

246 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 11:01:03 ID:Z1ABMCN2
「クリント厨」って凄い表現だな・・・
この映画のファンならそりゃ大多数そうだろう・・・

247 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 11:02:57 ID:x6e+L0GG
>>246
だから低能の ID:cDy7BqcP は相手にするべきではないと・・・・

248 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 11:04:54 ID:Yl/FjOyG
まあ
>>30がおかしなやつであるということは確か。

249 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 11:06:42 ID:cDy7BqcP
>>246
このスレもサーっと見てみたんだけど
この映画を批判した人間に対するカウンターがいつも
ワンパターン。
男達の大和のほうがいい
なんて感想があればボロカス。
なんでいつも同じ反応なんだろって思ったら
公開前からこのスレの糞溜は同じなんだね。
スレの中の人の回転がない。
同じ人間がこのスレに糞溜のごとく溜まっている。
誰か処分してやれよ。
二宮はいねえのかよ。

250 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 11:08:19 ID:QRZCkfLP
>>247
きっと彼は最近勢いを無くしたこのスレを盛り上げようと敢えてあのような振る舞いをして居るんだよ。

251 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 11:13:50 ID:x6e+L0GG
>>250
アイツのせいでしらけているような気もするが・・・・・
映画の話をすると、変な政治に持って行こうとするし。

252 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 11:14:46 ID:Yl/FjOyG
>>30に噛み付かれたのは俺だ。
俺の基本的な姿勢は>>33だ。

クリントはいい映画を作ったが、それは「映画」であってドキュメンタリーではない。
だから映画に描かれてあることを全て史実通りとして、当時を理解してしまうのは
おろかであるということには間違いない。

253 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 11:17:14 ID:QRZCkfLP
つーか映画で当時を理解出来るはずない。
知りたいなら図書館行くなり爺さん婆さんに聞くなりしろと。

254 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 11:20:55 ID:cDy7BqcP
>>252
俺と同じ姿勢だね。
そのことを書いたらクリント厨に総攻撃にあって
低脳だとわめき散らされたことあるよ。
このスレにもっと人が多かった頃。
それで、映画観てないのに文句言うなだとか。
で、劇場でパンフレット買って持ってるから
パンフレットの中身の質問してくれ。
全部答えられるから、それで俺が映画を観た証明になるって
言ったら、「パンフしか持ってないだろ。お前は駄パンフだ」だってさ。
その後は、映画観たこともパンフも持ってないのに
この映画観たフリをする奴が駄パンフなんだって
このスレの新参者に俺のことを説明する始末。
捏造もいいところ。このスレに溜まっている糞ども。

255 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 11:22:40 ID:Yl/FjOyG
>>253
まあ今まで硫黄島について知らなかった層にそういう機会を作ってくれたクリント
には感謝だが。

映画だけで終わってはダメだろうな。君の言うとおり、当時の「史実」について
何か断じようとするならば、そうすべきだね。映画に関してのコメントならいいが、
「史実」に関してのコメントが出たなら当然反論が出てくる。

256 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 11:22:56 ID:x6e+L0GG
映画の様なものは、基本的に娯楽と考えないと情報操作に載せられてしまう。
例えば
http://www.nikkansports.com/entertainment/p-et-tp0-20070121-145122.html
この騒ぎを見ると情報に乗ることの愚かさを考えさせられる。

257 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 11:25:04 ID:94tk+UCA
町なかで拳銃を撃った憲兵は処罰されるのを恐れ、
自分の保身の為に虚偽の報告をし、清水に罪をきせて
上司の命令に逆らった清水は左遷させられた。

東條憲兵じゃないけど軍部内ではありえそうなどと、
描かれていない場面を脳内補足して見たら違和感なかった。

258 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 11:26:06 ID:Yl/FjOyG
>>254
映画見たのに、勝手にパンフレットしか持っていない人間にされてしまったというのなら
それはあんたも迷惑だろうな。

259 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 11:30:33 ID:cDy7BqcP
>>257
俺がいない間も憲兵の行動に疑問持ってる香具師は多いね。
夜中に日章旗掲揚しろと怒鳴り込む憲兵はいない。
日章旗は夜中は仕舞うものだ。
戦中に小さなパン屋なんてそもそも開けない。
配給でも小麦粉なんてもらえない時期になんで
都会の東京でパン屋を開けるんだよ。
だからそもそも憲兵がパンをかっぱらいにきたという話も嘘。
クリント自身も戦中の日本の軍人は酷かったが
庶民は悪くなかったという話を作るために憲兵を悪者にしている。
史実通りだとそれでいいが
そうでなければ迷惑。
将来、日本が他国に侵略されて敵兵に無茶苦茶される大義名分にも
されかねない。(南京大虐殺なんかはそれがいえるね)

この映画は、史実に忠実に描いたという触れ込みで製作された。
だから、こういったフィクションは始末に置けない。

260 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 11:32:44 ID:iCWP3tPc
観てきました。
ってこれどう見ても日本映画じゃんか。
本当にクリントイーストウッドが撮ったのかといいたくなるほど
ドメスティックで辛気臭いな。
しかしフスマを叩いてあんな豪快な音がするとは
思えないのだが。



261 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 11:32:47 ID:cDy7BqcP
>>258
そうだね。そんなことに一方的にされたら俺も感情的になる罠。

262 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 11:33:38 ID:TtmEjAVR
>>241
南京大虐殺は事実だぞ馬鹿が。
と思ったらまた駄パンフかwww

263 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 11:34:25 ID:Yl/FjOyG
>>260
障子も紙じゃなくて擦りガラスみたいだったなあ

264 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 11:34:40 ID:cDy7BqcP
>>262
あったという証拠を出してくれる?
証拠写真ってのが「レイプ・オブ・南京」に
いっぱいあるけど、その中にホントの写真ってあったっけ?

265 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 11:35:57 ID:x6e+L0GG
>>262
だから(ry

266 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 11:36:34 ID:Z1ABMCN2
>>260
ふすまといっても色々あるよ。
前に住んでた家では木の板の上にふすま紙を貼ったものを使用していて硬かった。

267 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 11:38:17 ID:cDy7BqcP
>>265
南京大虐殺があってっていう香具師に証明してもらったらいいんでは?

268 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 11:39:43 ID:TtmEjAVR
>>264
キリング・フィールドやルワンダ大虐殺なんて写真すら残ってない。
だからと言って捏造にはならない。

269 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 11:41:55 ID:cDy7BqcP
>>268
南京大虐殺があったという時期に
外国人記者はわんさかいたよね。
虐殺があれば写真撮れるでしょ。
なんせ30万人もレイプしまくったんだから。

なんでそんな写真は存在しないわけ?

270 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 11:42:54 ID:Yl/FjOyG
>>268
いや、罪を問うならあったという証拠出さないとダメだよ。

また日本軍が勝っていたらそういう話も出てこなかっただろうし、
米軍や中国側の虐殺は「なかったことにされてる」のは事実だろうね。
原爆見たいな明らかなものは別にして。

271 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 11:43:47 ID:QRZCkfLP

はいはい。否定、肯定ともに
【反日】ハリウッド発:南京大虐殺、南京のシンドラー【二殺目】
http://tv10.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1167723325/l50
にでも失せてください。

272 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 11:46:44 ID:cDy7BqcP
>>271
俺の言いたいのは
史実に忠実に映画を製作したという触れ込みで
この映画を公開した以上
二宮みたいな渋谷のDQN10代みたいな一兵卒はいらないし
夜中に国旗掲揚しろという憲兵も徴兵の知らせをその場で猛抗議する
妻もいらないということだ。

273 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 11:46:52 ID:TtmEjAVR
>>270
じゃあチベット大虐殺やら大粛清やらホロコーストも
明確な証拠がないから駄目だな。お前の発言からはそう捉えられる。

274 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 11:48:47 ID:cDy7BqcP
>>273
話をそらすな。
南京には日本を貶めたい外国人記者がわんさかいた。
でも誰一人、日本兵が住民襲っているシーンを写真に撮って
世界発信できなかったのはおかしいのではと言っている。

275 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 11:52:59 ID:Yl/FjOyG
>>273
チベットなんぞ現在進行形でいくらでも証拠出てくるだろ?
それに罪を問うなら事実関係ははっきりしないとダメというのが俺の持論だが
間違ってるのか?南京の場合はそれで処刑もされてんだぞ。

>>272
フィクションなんだから俺はいいよ。二宮は現在人があの世界に迷い込んだら
という設定だろ。俺はかまわんよ。

276 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 11:55:44 ID:pUWd36vD
>>275
日本軍はその当時に光学迷彩を実現していたんだよ!

277 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 11:55:57 ID:g310vvmN
>>240
アイサー。

278 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 11:56:32 ID:vDgwT7HF
>>275
つまり現時点では明確な証拠がないのか。
君は馬鹿だなぁwww

279 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 11:58:25 ID:Yl/FjOyG
>>278
というか映画見た人をパンフレットだけしかかっていない人間として「駄パンフ」
とみんなにウソの宣伝していた君のことはもう信じないよ。

280 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 12:00:27 ID:x6e+L0GG
>>279
それでいい。
ID:cDy7BqcP
ID:Yl/FjOyG
以外は普通に接していけると思う。

281 :240:2007/01/21(日) 12:00:54 ID:n9EJosUU
>>279
いや、>>278は俺じゃないよ。

282 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 12:02:16 ID:Yl/FjOyG
>>280
いや?それは君のほうだよ。孤立するのは。俺の言ってることが間違っているなら
それを指摘すればいい。

283 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 12:02:59 ID:CdpBckE7
南京で三十万虐殺とか言われているが、大変な数だぜ?
当時の南京の人口が十五万とかなんだぜ?
白髪三千丈の国なんだよ
ナチの虐殺には理由があるんだよ、殺す
ヒトラーはユダヤ人の財産を没収して兵士の給料その他に回していたんだよ
だから機械的に殺したんだよ、一方、日本軍が三十万人殺す理由がない
ただ趣味で殺しても、そんなに沢山は殺せないさ、ったく・・・

284 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 12:05:19 ID:Yl/FjOyG
>>281
そうだったか。すまん。だが「駄パンフ」とされていた人間は
映画を見ていたようだ。これはその名付け親の悪意による捏造だと思うんだが、
そこらへんは考え方の違いを超えてフェアに認めないといけないのでは?

285 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 12:07:01 ID:Z1ABMCN2
まあ南京や虐殺の件は他所でやりなよ。

286 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 12:10:12 ID:XxpQ5p/Q
南京は実際にあったと思うけどな。でも誇張してるよね。
中国は、チベット問題をごまかす為の反日工作に祖国の人の悲劇を利用してる。

【中国・東トルキスタン】米国に亡命のウイグル女性人権活動家、中国政府に国連査察受け入れを要請
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1168521547/l50
【中国/東トルキスタン】 ウイグル人「公開処刑パレード」、「核実験場の奇形乳児」〜一番のテロリストは中国の共産主義者
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1164206376/l50
中国による東トルクスタンの圧政
ttp://www.geocities.jp/saveeastturk/index2.html
トルクスタンの女性がノルウェーで講義、人権賞をもらう
ttp://watch.blogtribe.org/entry-e6871c312925cc3cbc0e764218d92188.html
【カナダ】 6割強のカナダ人、ハーパー首相の対中国政策支持〜経済利益より人類の安全重視を評価
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1164209014/
ドイツ人の61%がダライ・ラマ法王を崇拝との調査結果
www.tibethouse.jp/news_release/2006/060906_de.html
中国・胡錦涛主席が訪問中のインドでチベット人活動家らが抗議活動
www.fnn-news.com/index.html
【英中】中国・温家宝首相が訪英、人権問題などの質問にぶぜん
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1158165259/ 

中国軍がチベットの巡礼者を無差別に撃ち殺す映像
http://www.youtube.com/watch?v=hXC5RxhZUYw
中国政府のチベットでの蛮行
http://www.youtube.com/watch?v=jDo30PuJqrU
http://www.youtube.com/watch?v=6VdX5ZTvL24
http://www.youtube.com/watch?v=Hw5TjBsdnz8
チベット人600万人に対し、750万人(2000万人に増やすとの情報
もある) の漢人入植者、チベット女性の強制的な不妊化、
チベット女性と漢人入植者の強制結婚、強制混血児出産
東トルキスタンでは、民族浄化に加えて、数多くの核実験を行なわれた
ために、放射能の影響で多数の人が死に、また奇形児が生まれたという。


287 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 12:10:46 ID:c2AMGX/Q
>>159
皇恩のかたじけなさ
ってなに。
怖い怖い。

288 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 12:10:49 ID:x6e+L0GG
>>285
そうだよな。
反論はヤマほどあるけど。
ガマン。

289 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 12:11:47 ID:Yl/FjOyG
>>285
了解。

290 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 12:12:07 ID:XxpQ5p/Q
あと協定守ってた日本軍をさんざん挑発したり、先に民間人を虐殺したのは中国。

302 名前: メール: 投稿日:2006/12/21(木) 00:29:22 ID:7sinEYWl
ttp://www004.upp.so-net.ne.jp/teikoku-denmo/no_frame/history/honbun/tsushu.html
通州事件。 日本がシナへの憎悪を駆り立てた事件。これが日本とシナ国民党との全面戦争へと駆り立てた。

160 名前:_ メール: 投稿日:2006/09/04(月) 20:03:00 ID:VvleSFUt0
『通 州 大 虐 殺』
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%9A%E5%B7%9E%E4%BA%8B%E4%BB%B6
近年ではこの事件に対する報道は日中両国で皆無であり、歴史の闇に埋もれようとしている。

ttp://banmakoto.air-nifty.com/blues/2005/06/post_5e77.html
冀東保安隊(中国人兵士)は、事前にリストアップしていた日本人居留民の
住宅一軒一軒に襲いかかった。
女性は強姦した上で性器を銃剣で刺す、刃物で抉る、箒や箸
を突っ込むなどして殺害。
子供は両手・両足を切断するなどして殺害。男は眼を抉る、
首に縄を巻き付けて引き回すなどして殺害。
それでも生き残った者は、手足を縛られ、鼻や喉に針金を突き通され、
二ヶ所に引きずり集められたうえで射殺された。

235 名前: メール: 投稿日:2007/01/09(火) 20:26:36 ID:Dx2B8f3O0
済南大虐殺も加えてくれ。
これは、紛れもない中国の正規軍による日本人虐殺事件だ。

666 名前:_ メール:sage 投稿日:2006/09/22(金) 10:18:33 ID:4+L+Riyy0
とても丸め込んでいうと、
通州大虐殺の報道があって、世論が沸騰。
それも一因で軍部が日中戦争の泥沼へ突入していった。

291 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 12:18:05 ID:Yl/FjOyG
>>287
栗林は陸大次席卒業のエリートで天皇からの「恩賜の軍刀」もらってるし、
その関係で特別に欧米の駐在武官に抜擢された。
そういう関係もあったんじゃないの?

映画で「とこしえにお別れ申し上げる」といってるのは天皇に対して。


292 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 12:18:29 ID:TtmEjAVR
>>286
そういう動画は当てにならない。
チェチェン首切りみたいに胡散臭い。

293 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 12:19:13 ID:g310vvmN
米軍の西への投降勧告は作り話と言われてたが、パンフレットには実名入りで事実として
載ってたけどどっちなんだろうね。

294 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 12:21:26 ID:Z1ABMCN2
>>291
そういう理屈じゃなくって、当時の軍人にしてみれば当たり前の感情だと思う。

295 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 12:25:33 ID:iabzhA1a
>>293 投降の呼び掛け方がバロン西を指しているようだからさ。

296 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 12:26:36 ID:cDy7BqcP
>>275
>フィクションなんだから俺はいいよ。二宮は現在人があの世界に迷い込んだら
という設定だろ。俺はかまわんよ。

これ、俺が以前言ってたことと全く同じだ。
その点ゴッド オブ ウイング や きけ、わだつみの声のほうが
良心的だって話をしたら
もう、スルーしろ
ってこのスレの住人はすごく感情的になって
追い出そうとするんだ。
あげくの果てはみんなに
NG登録を要請する。

297 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 12:30:31 ID:cDy7BqcP
それともう一つ。
二宮は現代人風の話し方、態度でどうみても浮いている
ってカキコしたら、「俺のじいちゃんは下町出身なんだが
あんな話し方だ」ってもう反発。

その後、二宮のインタビューで
二宮が独自に西郷を現代風に演じたってこと言ってた
ことが発覚したんだ。

このインタビューがあるから
もうこのスレの住人も前のような
自分の爺ちゃんを使ったインチキ反論ができなくなった。


298 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 12:31:31 ID:cDy7BqcP
>ゴッド オブ ウイング 

ウイング オブ ゴッド

に訂正な。

299 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 12:35:11 ID:Yl/FjOyG
>>297
>スレの住人

あんたもケンカ売る相手間違ってるよ。
あんたを駄パンフといって事実を歪めたやつは卑怯だと思うけど、

「このスレの住民」は別に彼だけじゃなく色んなやつがいるわけで。

300 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 12:35:37 ID:qrzRab5B
駄パンフはもう来ないっていつも言ってるのに、
何故頻繁に駄文を書き込むんだろう?

301 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 12:37:44 ID:TJZkEY41
>>296-298
南京だなんだってこのスレと関係ない話で混乱させんなよ。
いまさら南京虐殺なんて国民党のプロパに共産党も乗っかったデマだくらい
アメリカのリベラルだってとっくに承知で鼻で笑ってるって。

あと分からないなら映画の話に首突っ込むなよ見苦しいからさ。
フィクションだのノンフィクションだのいうレベルの話してないんだって。

302 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 12:37:46 ID:g310vvmN
>>295
「サイ・バートレッド」という映画制作者の友人が呼びかけたと実名まで挙がってるんだけど、
やっぱ嘘なの?検索してみると実在の人物のようだ。

303 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 12:38:08 ID:Yl/FjOyG
>>297
まあ単発で煽ってるやつよりは、あんた正々堂々としていいよ。

304 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 12:38:26 ID:cDy7BqcP
>>288
南京大虐殺がなかったという論に反論があるなら
このスレでもいいし、向こうのスレでもいいし
ちゃんと俺の質問に真正面から答えておけよ。

>>300
こないと言った覚えもないし
大晦日と多分元旦の朝以来ほとんど来てない。

お前は回収されない糞溜だろ。

305 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 12:45:39 ID:Yl/FjOyG
>>302
サイ・バートレッドについては以前英語で俺が検索してここに出したんだけど、
硫黄島についての映画も制作しているみたいだね。
http://movie.goo.ne.jp/cast/2714/index.htm




306 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 12:45:46 ID:x6e+L0GG
早くDVD出ないかな。
なまじ客が入ってるから、なかなか出せないんだろうな。

307 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 12:47:27 ID:cDy7BqcP
>>301
>デマだくらいアメリカのリベラルだってとっくに承知で鼻で笑ってるって。

デマだって日本人でも分かってないのが多いのに
アメリカのリベラルが分かるわけない。それが事実。
特にアメリカ人は原爆落とした贖罪意識を薄めるために
南京大虐殺を信じ込もうという傾向があるんだよ。
スレチガイだがね。

それともう一つ。
お前がこの映画を分かってないんだよ。


308 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 12:48:12 ID:pLcF88Yt
南京については語りたいならよそにいけ。なにがこのスレでもいいだ。明らかなすれ違いだろうが。

309 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 12:49:02 ID:cDy7BqcP
>>308
俺がよそで書けと言ってるんだろうが。

310 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 12:53:44 ID:F301pOUR
南京市の住民が15万だから30万人も殺せるわけがない、とかいう話
もう聞き飽きたよ。

その30万人説てのは南京市内だけの被虐殺者の話ではなく、
南京への行軍の過程も含めての数字だと聞いている。
つまり南京市内の人口はあんましカンケー無えという話。違うの?

なんかコメントつけてよ、エロい人。

311 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 12:54:56 ID:9LEzde0g
もう、面倒臭い!
南京の話は、ちゃんとスレあるんだよね?確かに突っ込む所はあったけど、あ〜いう事があったんだよ、実際は 今ある平和を、有り難く感謝しようよ 面倒だよ、うんちくばっかり

312 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 12:56:39 ID:x6e+L0GG
>>310
オレももちろんそれは知ってる。
しかし、低能どもは有効な反論は無視して、持論を撒き散らすだけ。
結局無視が一番。

313 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 12:56:52 ID:9LEzde0g
面倒臭い!
南京スレ行きなよ そこで思う存分発言してきなよ ここで南京の話は違うだろ?ウザい〜

314 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 12:58:46 ID:zdOZfnJ5
お前らもっとさ、映画作品としてのこの映画の価値について話なよ。
ドキュメンタリーじゃないんだからさ。史実がどうだのなんて話だけがしたいならもっと適切な板があるだろ。

315 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 13:01:02 ID:Yl/FjOyG
激戦地の硫黄島での死者は36日間で26950名。

316 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 13:03:41 ID:cDy7BqcP
>>310

南京に多数の外国人記者がいて
なんで虐殺写真を一枚も撮っていないの
と俺は言っている。
別スレでいいからちゃんと答えろ。





317 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 13:05:14 ID:Z1ABMCN2
この映画の良いところは、潔い軍人の清清しさを描きつつ、戦争に関しては絶対に繰り返してはいけない悲劇だと感じるところ。
戦争の悲惨さを訴えようとするあまり、必要以上に軍人として愚かにも、犠牲者として高潔にも描こうとはしていない。
どちらにも偏らないことで、その分ずしりと伝わってくるものがある。

318 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 13:07:44 ID:x6e+L0GG
しょうがないから、関連DVDでも買うか
http://www.amazon.co.jp/
%E7%A1%AB%E9%BB%84%E5%B3%B6-%E5%9C%B0%E7%8D%84%E3%81%AE36%E6%97%A5%E9%96%93-%E3%83%89%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%AA%E3%83%BC%E6%98%A0%E7%94%BB/sim/B000KJTNW2/2/ref=pd_sxp_grid_mlt_0_2/503-4847173-7954339?ie=UTF8&pf=94

319 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 13:08:13 ID:g310vvmN
>>316
じゃあ別スレ誘導してお前も二度と帰ってくるな。カス

320 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 13:09:57 ID:TJZkEY41
>>243
>二宮の糞捨てシーンはギャグではない

ギャグではないだろうな〜。
しかし時として状況的に必死な人間は傍から滑稽に見えてしまうという効果は狙っているだろうね。
そういうの指摘して批判してたら映画はどんどん味気ないものになっていくだろう。
どんな深刻な映画でも笑いを取れるシーンでは笑いを取っておけって言ったのはヒッチコックだったっけな。
オレあのシーンは大好きなんだよ。
不発弾を前にして「やっぱオレついてる」みたいなセリフも秀逸だった。


321 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 13:11:55 ID:cDy7BqcP
>>319
カスもクソもお前だということに気づけ。
二宮に掬ってもらえ。

322 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 13:13:47 ID:Yl/FjOyG
生き残りたかった清水が死んで、死ぬつもりだったシドーが助かったってとこも
チェックポイントだな。戦場ってそんなもんなんだろう

323 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 13:13:59 ID:cDy7BqcP
>>65
市丸は名将なのにほとんど登場しなかったし
名将としても描かれなかったのは残念だ罠。

324 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 13:14:59 ID:cDy7BqcP
>>322
いいこと言うね。中帰連なんてそうだしね。

325 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 13:16:46 ID:qB5p9EM6
>>317
まったく同意。

326 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 13:17:10 ID:Yl/FjOyG
>>324
もういいってw
あんた自分の気持ちに正直な人だとは思うけど、ちょっとがまんして
本筋に戻ろうよ。

327 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 13:20:40 ID:CLJ1nWIx
んだ

328 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 13:20:49 ID:cDy7BqcP
>>326
俺も煽ってしまってるな。中帰連なんてプロパガンダ部隊の名前出してしまって。
ここの回収されないクソがどんな臭い放つのかなと興味があった。

329 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 13:21:26 ID:Y2oQusAM
素朴な疑問
北朝鮮もベトナムもキューバもアメリカに負けなかったのに
日本とイラクは何故負けた?

330 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 13:24:30 ID:g310vvmN
>>322
二宮もラスト、それまでも生への執着を捨てて戦ったが生き残ったんだよな。
だから二宮最後死ななくて良かったよ。

331 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 13:24:56 ID:tOkpBfrU
ソビエトとかの援助があったから。

332 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 13:27:26 ID:TJZkEY41
>>329
日本は明らかに戦線広げすぎたからだろ。
兵站は現地調達という伝統がアダとなり太平洋地域で餓死者続出。
大陸では鉄道利権をアメリカと分けあっていれば、真珠湾攻撃すら
無かった可能性があると思うが。
まぁ戦争始まってしまってからは早目に講和すべきだったとか諸説
あるけど、負ける戦争始めたんだから仕方ないだろう史実だし。

333 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 13:28:31 ID:Yl/FjOyG
>>329
そうそう。あと誰かが二宮の「微笑み」が何を意味するかとか
言っていたが、
俺はあれは死生を越えた宗教臭い言い方かもしれんが、仏の顔で決して笑っちゃいないと思う。



334 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 13:33:27 ID:Yl/FjOyG
>>332
戦線を広げすぎというより、戦争継続のための燃料がそこにしかなかった
というのが本当だろう。航空隊でさえ、本土では燃料不足のために練習できず、
南方まで行って訓練し、機動部隊までトラックを基地にするしかなかった。

食料は植民地が宗主国とのモノカルチャー貿易で成立し、商品作物を作る一方で
食料に関しては宗主国からの輸入で補っていた現実があり、そのルートを日本軍
がつぶしてしまったから。

335 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 13:33:35 ID:cDy7BqcP
>>333
あれは「転校生」の、ラストシーンを思わせる。
男女入れ替わった体が最後の最後に戻って
男を見送った後にする女のスキップに似ている。
やっと自分の生活に戻れるという安堵感からの笑みだと思われる。

336 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 13:34:11 ID:zR8qtF6N
>>332
そうは言っても、元々石油を始めとした資源獲得のための戦争だったんだから、
少なくとも南方には進出しなければならなかった。

337 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 13:34:38 ID:F301pOUR
>>316

ガイジン記者立ち入り禁止の区域があったって聞いたけど、
日本軍て主にそこで殺ったんじゃねえ。オレそう思う。

338 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 13:36:19 ID:F301pOUR
>>335
イーストウッドの思想からすると、まーそんなトコか。

339 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 13:38:53 ID:94tk+UCA
>>320
あそこの台詞とかけっこう重要なんだよな。
お日様を見ながら「あんたやっぱい良い奴だ」

清水と投降の相談をするところで故郷の夕日の台詞があったらしいとか、
おそらく脚本で削除されてわかりづらくなってるんだろうけど、
担架に乗せられて、西郷が太陽を見ながらの複雑な笑いのシーンに繋がっていくんだよね。
監督はわかりやすくできる所をばっさりと切って映画を奥深くさせたね。

340 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 13:47:16 ID:zdOZfnJ5
二宮の現代人風の演技ってのは、結果として良かったんじゃないか?
何か、彼が我々現代人の目線を提供してくれてるおかげで、映画の世界に入りこみやすくなってるような気がする。
現代人の代表として映画の中に潜入している、と言うか。

そんな彼が、最後の最後で当時の他の日本人と同じような興奮状態になり、シャベルを振り回すというのは、
物語の結末としても秀逸だと思う。
現代人が映画を通して、当時の状況を(少しは)理解できた、ということを暗に示しているようで。

341 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 13:51:08 ID:g310vvmN
>>333
「死の恐怖」はある意味人間の心に常に掛かっているプレッシャーだから、それを
乗り超えた時に”開放”された表情になるんだろうね。修行を積んだ行者とか武道の
達人は穏やかな表情の人が多い。

342 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 13:51:51 ID:CLJ1nWIx
>>333
あれはこれで撮影が終わって
やっと自分の生活に戻れるという安堵感からの笑みだと思われる。


343 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 13:56:26 ID:g310vvmN
>>342
あれが最後じゃなくて裕木奈江とのシーンが最後だからそれはない。

344 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 13:57:20 ID:SUuLhnAR
>>320
ちとスレチかもしれないけど。
星条旗でも、戦車が爆破されるシーンで「ああ、アメリカ映画だな」と笑いそうになったが、現場にすれば全然笑うどころの話じゃないと思い、複雑な気分になった。
その後この映画見て、日本の話でもあり、笑えそうな場面もあるのに笑えなかった。
ハリウッド映画らしい笑い所なのに笑うことを考えさせられてしまったのは考えすぎなのかな?

345 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 14:04:29 ID:cDy7BqcP
>>340
もう、その意見での修正は腹いっぱい。
まさしく回収されない糞溜。

346 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 14:07:23 ID:e46gVZzb
>>170
テンプレにある生還者の日記読んでみろ。
二宮どころじゃない運のよさだぞ。ほんと何度死んでてもおかしくないくらいの。

347 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 14:08:37 ID:8DS5p1pw
>>340
自分もそう思った。
そういう西郷が生き残るのがまた良かった。

348 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 14:09:37 ID:TJZkEY41
>>334 >>336
すまん戦線広げすぎたと言ったのは、海軍が独断でガダルカナルに飛行場作ったり
とかを言った(陸軍の大陸での行動も似たりよったりだが)
米豪分断は分かるが6000kmは遠すぎだろ。

349 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 14:09:38 ID:eEIh7755
つか生還者たちはありえないほど運が良いから生き残ってるんだろ。硫黄島で。

350 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 14:13:51 ID:TJZkEY41
>>339
あぁそうか「お天道さま」だったな〜だからラストシーンで夕日かなるほど!
これは深いかも。
なんでかっていうと当時の国家神道と比して庶民に根づく太陽信仰という
のが日本人にはあると思うから。
「お天道さまに顔向けできない」とかねw
そのお天道さまを昭和天皇にあてはめた「太陽」という映画もあるけど、
日本の映画人なにやってんだろねまったく。

351 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 14:22:52 ID:TJZkEY41
>>344
初見だと笑うどころじゃないのは同意。
この前2度目観に行ったら、余裕が出てきたのか他にもけっこう笑えるとこがあった。

逆に清水が初めて飛行場に降り立つシーンとかに母親への手紙のナレーションが流れ、
その後の境遇を知ってるからそこからもう泣けてしまった。


352 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 14:25:34 ID:IZKj+pfR
>>340
俺も同意。
二宮を画面で最初に見たときは、おいおい何でこんな奴選んだんだよって思ったけど、
結果的には彼のあの演技で映画がより良いものになってると思う。
まあ、役に比べて若すぎるような気もしたけど・・・

353 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 15:26:34 ID:F301pOUR
>>350
神道なんて知らないけど、一理はあるなそれ。

人は社会の中を生きる。
だから否応なしに国家の干渉を受けるものだけど、
社会の営みに還元されない「世界の摂理」もまた同時に進行中だ。

国家間戦争の歯車の中で登場人物が右往左往してきたけど、
それとはまた違った摂理にふと気づき、世界からの啓示を受けることもある。

その瞬間を捉えた描写なんじゃないの〜。そう思うんだけどな。

あと、日本の映画人は結構こーゆーの好きなんじゃねえ。
岩井俊二の「リリィ・シュシュのすべて」なんかモロにそうじゃんか。

354 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 15:43:58 ID:TJZkEY41
>>353
あぁ観たか知らないけど「シン・レッド・ライン」では激しい戦闘のなか、
圧倒的なジャングルの自然描写を織り込むことによって対比を出してた。
シン〜の主人公?ジャックは常に大自然に包まれる視点だったのに対して、
西郷はお天道さまと対話してたね。
とすれば最後の表情は「お天道さまありがとう」か。

355 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 16:12:47 ID:nUw86srv
クリープを入れないコーヒーみたいな味気ない映画だった


356 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 16:27:01 ID:CcB3ZdUQ
俺はブラックで飲むけどね。

357 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 16:27:07 ID:94tk+UCA
日が昇って沈むところが故郷という感覚は庶民的な実感だな。

国家神道が国是になる前の日本人に根ざしている信仰が、祖父or祖母から、
日本人の血を引く脚本家に受け継がれていても不思議じゃないな。
そんなのが西郷の心を支えている設定に繋がるのかもね。


358 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 16:32:30 ID:/voQgdtc
この映画じゃバロン西が結構でてるけど
実際の戦闘では役に立ったの?
日本の戦車なんてアメリカ軍の戦車に歯が立たなかったと思うんだが・・

359 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 16:33:38 ID:eEIh7755
>>358
この映画でも結構でてきただけでほとんど役立ってなかったじゃん。

360 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 16:35:21 ID:/voQgdtc
西の戦車隊は23車両くらいあったみたいだけど、一日で全滅?

361 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 16:41:15 ID:xIcNZAtF
敵の戦車かっぱらって砲撃したのは西部隊?

362 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 17:02:36 ID:KmNC/HEw
>>361
屏風山を守ってた精鋭145連隊の兵士がよくやってた。

363 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 17:11:36 ID:KmNC/HEw
西戦車隊もかなり活躍した。
戦車を壕に半分埋めて、迫り来る米兵を撃ち倒したり、
M4戦車を引きつけて撃ち、破壊した。
最後の一両が破壊されるまでの10日間、戦ったのだ。

364 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 17:20:17 ID:TJZkEY41
ここのアルバムの遺品収集の様子、映画と似ている。

http://many.moralogy.net/webdata/image/photo/act00/ioutou_17/album/index.asp

365 :222:2007/01/21(日) 17:29:34 ID:4gN6Syw9
やっと追いついた。なんで西郷が糞捨てに行くシーンの話から南京大虐殺の話になるのか、さっぱりわかんないけどw
西郷の役どころを評価してる人が多いようだね。(漏れもだが)
時間の都合上けっこうカットした部分もあるんだろうから、多少ご都合主義的になってるところもあるだろう。アメリカ人が字幕で見て「?」な個所は少なからずありそうだ。

366 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 17:49:20 ID:TJZkEY41
イーストウッドが日本人が硫黄島の戦いの詳細を知らないで驚いたのは、
アラモ砦の戦いがアメリカ人なら誰でも知っている史実だからだろう。
日本人にとっては一般民の犠牲が大きかった沖縄戦の方に大きな意味があった。
日本人はずっと軍人を蔑ろにして来ているからね。
アラモの戦いは硫黄島の戦いと比べるとおもしろいし、これに惹かれる
アメリカ保守派の気持ちも良く分かると思う。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A9%E3%83%A2%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84

367 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 17:55:34 ID:AeILkwRH

795 : :2007/01/06(土) 18:12:55 ID:5s2VRqdV
勝ち           負け

日本     VS   元+高麗      (元寇)
明       VS   日本+朝鮮     (文禄の役)
日本     VS   明+朝鮮      (慶長の役)
清       VS   明+朝鮮      (明滅亡)
日本     VS   清+朝鮮      (日清戦争)
日本     VS   露+朝鮮      (日露戦争)
ソ連      VS   日本+朝鮮     (シベリア出兵)
アメリカ    VS   日本+朝鮮     (大東亜戦争)
ベトナム   VS   アメリカ+韓国   (ベトナム戦争)

     引き分け(どっちも負け)

アメリカ+韓国 VS 中国+北朝鮮 (朝鮮戦争)


368 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 18:35:12 ID:tUGEMZbi
アメリカ在住のものです。
今日、シカゴ郊外の映画館で、アメリカ人でほぼ満員のなか、
「硫黄島からの手紙」を観ました。

アメリカでは、エンドクレジットが始まると、
館内が明るくなり、席を立つ人がほとんどなのですが、
この映画は違いました。席を立たない人の方が、
多かったのです。

土曜日の夜、こんな重いテーマの映画を見に来るアメリカ人は、
きっと問題意識の高い人たちなのでしょうが、みんな、
席を立つ気になれない、といった感じでした。




369 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 18:50:24 ID:bph7ZANV
人が入っている?
アメリカではガラガラという報告があったが。

370 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 18:52:25 ID:tUGEMZbi
つ週末

371 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 18:54:14 ID:cDy7BqcP
>>357
また国家神道批判か。
ちなみに「海ゆかば」が大伴家持の作詞であるように
天皇のもと戦うなんてのは古代からの思想。
もともと天皇家は軍人。
だから朝鮮半島へ遠征なんてやったんだ。
でも、人殺しはケガレに触れるんで
そのケガレ仕事を武士に委託するようになった。
神道が穏やかなものになったのはその時代からだね。
ところが鎖国時代が終わって
世界は帝国主義。
日本が生き残るために
神道が先祖がえりしたってこと。
国家神道自体は神道の先祖帰り。
俺も穏やかな神道のほうが大好きだが
近代の神道を貶めるために
国家神道云々というのもどうかと。

372 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 19:06:28 ID:mch0ZeSb
国家神道とは、国家が神社を管理するシステムだったと、葦津珍彦氏が言ってます。

373 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 19:07:34 ID:Z1ABMCN2
というわけで、日本映画は士魂部隊の映画を作ろう。

374 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 19:22:03 ID:QS09ST5x
これは反戦映画なのか?
「いい奴もいれば悪い奴もいる」ってメッセージの映画かと。

375 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 19:22:55 ID:tUGEMZbi
郵便係の山崎役の人の口調は昭和30年代の役者さんみたいだなと思った。

376 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 19:25:32 ID:TJZkEY41
>>371
よく読め。
神道と太陽信仰(のようなもの)は別のもので、日本では太陽信仰のがより古い。
西郷はお天道さまを拝んだんだよ(手を併せなくても拝むことになる)
太陽信仰(のようなもの)は庶民階級の信仰だって流れなんだよそこは。

あと近代の神道は別に貶めていない。

377 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 19:37:11 ID:cDy7BqcP
>>376
神道と太陽信仰は一緒だよ。
全ての神を統括する神がアマテラスなんだし。
ちなみに井沢元彦はアマテラス=ヒミコ=日巫女 説を取っている。
ヒミコの亡くなった248年は皆既日食の年と重なっていて
それが天の岩戸隠れにあたるんだろうという話。

近代の神道を貶めてないのはわかった。

378 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 19:41:13 ID:Z1ABMCN2
まあ庶民の言うお天道様なんだろうね。
神道の影響もあるかもしれんが、それよりも庶民的に親しみを込めた「お天道様が見てる」という感覚だろう。
太陽の下で人間は今日もつまらないことをしてると、でも見捨ててないというやさしさ。

379 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 19:46:44 ID:TJZkEY41
>>377
まぁ確かに神道はあらゆる宗教を吸収しちゃったからな。

380 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 19:51:10 ID:CLJ1nWIx
>>368 どうもありがとう。なんか胸にぐっと来ました。
国籍に関係なく、人間を描いた映画なんだなと、改めて感じました。

海外の反応は、内地では知ることができないし、すごく興味があるので、感謝感謝です。

381 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 19:52:26 ID:cDy7BqcP
>>378
自分で気づいてないかもしれんがそれも神道なんだろうと。
日本の古代の国名はワだな。
太陽の下でワを尊んで生きていきましょう
ってのが長く根付いた日本人の精神文化なのかと。


382 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 19:55:04 ID:JH3XQmi3
アメリカ人にとって太平洋戦争は民主主義とファシズムの戦いであり、日本軍
とは残虐なファシストの集団である。この映画もそのステレオタイプの枠を出ていない。
犬殺し憲兵などを登場させることにより、ファシズム国家を背景にあらわし、一般の
兵隊はファシズムの犠牲者であるがごとく描いている。クリントは「星条旗」でアメリカに対して
も批判的な立場をとるが、戦った相手を「悪」とする批判とは性格の違うものだ。
戦争で死んだ日本人はファシズムの犠牲者ではない。


383 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 19:59:59 ID:Z1ABMCN2
>>382
家族を守るために戦ってるのは、予告編の台詞からもわかるじゃないか。
憲兵や嫌な上官、無駄死にさせる上層部など、組織に問題があったのは事実なんだし。

クリント・イーストウッドは近作で特に、公平というよりもはや善も悪も超越した、かなり達観した視点で描いてると思う。

384 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 20:03:59 ID:cDy7BqcP
>>382
俺も同意だな。憲兵の扱いがかなり酷かった。
あと、星条旗のほうだが、敵兵の首をちょん切る写真とか。
あれ、アイリス・チャンの捏造写真使ってんじゃないの?
って思った。

385 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 20:10:07 ID:TJZkEY41
硫黄島で投降呼びかけをした日系二世の話

http://www.tokyo-np.co.jp/kioku05/txt/20051213.html

386 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 20:14:32 ID:Go61y8CN
もし擂鉢山砲台がフライングしないで、栗林の命令どおり
敵を引きつけて撃ってたら敵の初日の戦死者は千人を越えたんじゃないかな?
つくづく残念だ。

387 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 20:16:41 ID:TJZkEY41
>>384
あれは捏造と言われている写真を分かって出しているだろ。
当時アメリカ兵がそう思って戦っていたのは事実なんだから仕方ないさ。

388 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 20:25:32 ID:memCsw4P
家の祖父ちゃん(86歳)は南方戦線の生き残り。
夜間切込みで米兵を3人刺殺してるんです。
ここでしか言えないけど殺人者なんです。
俺はその孫なんです。悲しいよ・・

389 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 20:25:53 ID:F301pOUR
>>371
ぎょえー?
なんか知らないけど、面白いすね。

古代の共同体にシャーマンが居るのは
たまさか起こる苦難や災いを無害化するためで、それが役割。
古代の天皇はつまり、それ。

「もともと軍人くん」じゃないと思うよ。

古代の共同体ならそれで万事OKだったけど
複雑化した近代国家じゃそーゆーわけにいかない。

世は帝国主義の時代。
日本を藩のゆるい連合体から
列強と渡り合える国民国家へと脱皮させるため
全く新しいシステムが考案された。
すなわち、
天皇を頂点とする国家規模の家父長制システム。
近代天皇制がつまり、それ。

近代天皇制を正統化するイデオロギー装置が
国家神道。

先祖返りじゃなくて、普通考えたら別物じゃね?
新機軸つーか鬼子っしょ。

390 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 20:27:17 ID:CLJ1nWIx
このスレは「南京」と「神道」をNGワードに登録しておいて連鎖削除で一括削除すると
見違えるほどすっきりした、いいスレになる。

ホットゾヌ2を使ってる人は
ツール →アクション設定
で、NGワードを登録して、現在のスレに適用すると、すっきり。
ぜひお試しあれ。


391 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 20:31:34 ID:cDy7BqcP
>>389
いや、天皇家は東征してきてるし、昔は戦争に明け暮れたはず。
大和朝廷の原形が邪馬台国だとしても
邪馬台国も狗奴国と戦ってるし倭国大乱ってのもあった。
国家内ではワを尊んだが
「天下統一」するために戦争はしまくってたはず。

392 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 20:31:44 ID:94tk+UCA
>>371
神道を貶めてなどいませんよ。

狂信的な神道は受け付けないですけど。

古来からある太陽信仰を神道と言うのなら日本人の中の無意識に
深く刷り込まれているんでしょうね。日本人の血を引く脚本家が
書いたからあのような表現がありえるのかな、と、推測したまで。
あの感覚を主観に流されずに客観化できているのはクリントの手腕もさることながら
アメリカ人だというのが相乗効果として上手く作用したのかもね。

スレ違いですね、ここまでとします。

393 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 20:32:56 ID:CLJ1nWIx
>>388 当事は殺すことでしか、祖国や家族を守ることができなかったんだから
しょうがない。「家族」のなかには、まだ見ぬあなたも含まれるわけだが。
おじいさんはおかれた状況下で最善最大の努力をされたわけで、
それをあげつらうのは、変な話。

それに、おじいさんがいたから、あなたがいる。

あなたがこの世に生まれるきっかけを作ってくれた、あなたの命の恩人に対して、
殺人者だなどと後ろ指を指すのは卑怯者のすること。


394 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 20:34:51 ID:cDy7BqcP
>>393
全くの同意。
ああいう感情になる背後には
日教組=北朝鮮の子供洗脳部隊による洗脳があるんだろうね。

395 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 20:37:43 ID:F301pOUR
>>391

それがぜーんぶ正しいとしたって
「もともと軍人くん」というのは無理ありすぎ。

天皇家はもともとシャーマン。
神懸りが共同体トップになったという例。

396 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 20:40:51 ID:memCsw4P
いや、確かに俺を可愛がってくれたし良い祖父ちゃんなんだけどね。
以前戦争の話になったときも
「アメリカ軍を殺したことは後悔してない。あれはしょうがなかったんだ」と反省の色なしでした。
未だに健康そのものです。まぁ耳は遠くなったけど。
この映画にも関心を示してた。ビデオになるのが待ち遠しいみたい。

397 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 20:41:17 ID:jiJuTaWc
>>390
駄パンフのIDをアボーンするだけでも結構スッキリするよ。

398 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 20:42:56 ID:9LEzde0g
>>388
お祖父さまだって、やらなきゃやられた訳で…戦争ですよ…殺人者なんてお祖父さまを冒涜するなんて…労って差し上げて下さい、お願いします

399 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 20:46:19 ID:cDy7BqcP
>>395
神託を得て戦うか戦わないか決めるんだよ。
戦じゃないが称徳天皇の時代、道教を皇位に就けようかどうかで
和気清麻呂を宇佐八幡宮に向かわせ神託を得ただろ。あれだよあれ。
ちなみに宇佐八幡宮はヒメ大神が祀られてて
ヒメ大神こそがヒミコなのではという説がある。
となると宇佐あたりが邪馬台国の地なんだが。

400 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 20:50:59 ID:pLcF88Yt
こいつ今年もすれ違いという言葉を学ばなかったらしいな。

401 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 20:52:24 ID:TJZkEY41
地方豪族だったころの天皇を天皇と呼称するのは古事記成立後の
日本統一のための方便なんだが、もういいよスレ違いだ。

402 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 20:53:29 ID:TJZkEY41
>>400
学ぶもなにもこの映画が好きじゃないらしいしw

403 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 20:55:23 ID:cDy7BqcP
>>400
お前は大きなスパンでこのスレを見れ。
最初と最後の太陽から話が膨らんでるだけだろ。
話が膨らんだら駄目なのか。
膨らんだ話も待ってれば元に戻るもんだ。
スレタイがあるんだからな。

404 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 20:56:52 ID:cDy7BqcP
>>401
天皇家には姓がないとされているが
実は天皇家の姓は天なのではという説がある。
天照大神の天ね。お天道様の天ね。

405 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 20:57:15 ID:mch0ZeSb
>>396
反省ね・・・反省が必要なのはどっちかね。

406 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 21:01:38 ID:cDy7BqcP
>>396
反省の色無しってなんだかな。
おじいちゃんをそんな目でしか見れない自分自身を反省すべきなんだが。
戦う人間が存在しなかったらオマイが今この世に生を受けなかった
ことすら理解できないのかね。

407 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 21:07:04 ID:yw4c/4dY
>>396
学生さんかな?なんか文体が幼稚っぽい。
反省とかさぁ、、もっと言葉選んだ方がいいよ。

408 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 21:08:42 ID:F301pOUR
>>393
じゃなんで君は反国家的「父親たちの星条旗」or「硫黄島からの手紙」
なんか観て感動してんのー?

へんなの・・

グラスルーツ右翼のイーストウッドは
基本的に国家なんて信用してないもん。

御大がレーガン政権を支持したのは、一にも二にも
「小さな政府」志向だったから。

国家なんてロクなもんじゃない、
政府なんて必要最低限にしておけ、
というのが自存自立をモットーとするアメリカ伝統右翼の立場。

だから「ミリオンダラー・ベイビー」では
社会保障ベッタリのプアホワイト批判を繰り広げたのです。わかる?

あのさ。

雄々しき老カーボーイ、イーストウッド的心情から見れば、
戦争遂行のため犠牲になる若者こそは称え敬うに値する。
しかし同時に
若者の血を啜る国家権力こそは憎悪の対象。

アメリカだろうが日本だろうが、
国民の血を啜るクソ国家こそ
マグナムを撃ち込んでやりたい相手なんじゃないのー?

409 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 21:09:41 ID:egZnlH21
遅レスだけど、>>368
字幕に関してこれはアメリカ人には解らないだろうなと感じる所は無かったですか?

410 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 21:12:16 ID:TJZkEY41
>>396
きみこの映画ちゃんと観たのかな?
正しかろうが間違っていようが硫黄島や南方の島々の極限の環境の中で
日本を(つまり郷里や家族を)しょって辛い毎日毎時間毎分毎秒を戦って
くれたおじいちゃんだ。
それを反省はなかろ。
強盗犯人が拳銃で撃ってきたら警官だって撃ち返すだろう。
その警官を人質が責めるのかい反省しろって。

反省するのはきみのほうだよ。

411 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 21:12:46 ID:F301pOUR
>>399
その神懸り機能こそ
天皇家がシャーマンであることの証し。

とでも考えたらよいのでわ?

君の>>399カキコとオレの主張は別に矛盾してないから
別にいーんじゃない。

412 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 21:15:14 ID:F301pOUR
>>410
別にアメリカ兵は強盗犯人じゃないし
日本兵は警官じゃないしー。

イーストウッドはそんな映画撮ってないと思うなー・・

413 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 21:18:25 ID:mch0ZeSb
>>408
>戦争遂行のため犠牲になる若者こそは称え敬うに値する。
>しかし同時に
>若者の血を啜る国家権力こそは憎悪の対象。

それはイーストウッドじゃなくてお前の考えでつね。

414 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 21:18:48 ID:TJZkEY41
>>408
落ち着けよ>>393は国家とは言ってないだろ。
「大本営は国民のみならず我々まで騙すのか」ってセリフあるのはオケなんでしょ。
それに祖国ってつまり郷里や家族を象徴する言葉だよ。

415 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 21:21:36 ID:TJZkEY41
>>412
「正しかろうが間違っていようが」てのはイーストウッドの言葉だよ。

http://www.youtube.com/watch?v=F3PzG712hCA
http://www.youtube.com/watch?v=Iz1VyrgHH7c

416 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 21:32:40 ID:F301pOUR
>>414
別にそれでもいいけどさー
目の前の敵兵を殺しゃあ郷里を、愛する家族を守ることになりますよー
って映画じゃないもんねえ。

そのへんを誤解する人が絶えないのって
なんでだろ?

むしろ国家間戦争の歯車の中で翻弄される人々への哀悼と
非情卑劣な国家への憤怒にブッとく貫かれた
インターナショナル右翼ムービーだと思ったぜ!!


417 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 21:36:15 ID:Kz9NdYh5
結局全米TOP10入りすらしないどうしようもないクソ映画だなwww
だれもみねーってw

418 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 21:37:41 ID:F301pOUR
>>413

なぜ?

419 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 21:41:51 ID:TJZkEY41
>>416
誤解ではなく、そうとしか説明できなかったり理解できない不条理なんだから
仕方ないだろう。
説明できたら不条理ではなくなるさ。

最後の3行はほぼ同意。

420 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 21:42:02 ID:YgoqxtF+
>>385
ありがとう
せつない

421 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 21:43:18 ID:JH3XQmi3
>>416

>>382で書いたが、当時の日本を残虐なファシズム国家であるとするステレオ
タイプな見かたはインターナショナルな解釈ではなく、アメリカの解釈。

422 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 21:43:35 ID:psfASdyP
観て来ました
こわかったです><

423 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 21:47:10 ID:egZnlH21
>>422
なごんだw
余談の無いイイ感想だと思いますw

424 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 21:47:41 ID:F301pOUR
>>415
「正しかろうが間違っていようが」だけじゃん。。

強盗と警官のタトエはまぁーったく無えじゃん。。

>>417
アート系の映画みるようなマニアばっか
投票してるのかも知れないが、
IMDbもロッテントメイトーも異常に評価高いす。

425 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 21:50:05 ID:TJZkEY41
>>424
強盗と警官の方はあんたにつけたレスじゃないよ

426 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 21:53:21 ID:mch0ZeSb
>>418
そんな単純な二分論は戦後の日本にしかないから。

427 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 21:59:10 ID:F301pOUR
>>421
なんか違うなそりゃ。

イーストウッドは若者の血を啜るクソ国家を許さない
自由気ままな孤高のカーボーイ。

相手がファシズムジャパンだろうが民主アメリカだろうが
関係ないのだ。
だからアメリカの解釈(アメリカ連邦政府的解釈って言い
てえのか?君は)つーより、
グラスルーツの伝統的アメリカ右翼の解釈って言え。みたいな。。


428 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 22:03:59 ID:F301pOUR
>>418
アメリカにあるんだな、これが・・。

連邦政府ビル吹っ飛ばしたのは戦後の日本人じゃないよ。
アメリカの武装極右、ミリシアのメンバー。

思想的には別に戦後日本とカンケーねえすよ。

429 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 22:06:05 ID:JH3XQmi3
>>427

そういう意味で反戦映画なんだろうな。しかしその反戦のネタに日本を
イカれたファシズム国家扱いされてはたまらんわ。


430 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 22:10:23 ID:cDy7BqcP
>>429
ホントのことならいいんだが
嘘ならやだね。
憲兵やら西郷やら変だったよな。
史実に忠実にというわりに。

431 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 22:12:18 ID:TJZkEY41
>>430
史実に忠実に、なんて宣伝にあったかい?

432 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 22:13:54 ID:cDy7BqcP
>>431
このスレで俺に説教してダパンプと言ってた人らが言ってたよ。
西郷の態度も史実に忠実にイーストウッドが再現したんだってさ。

433 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 22:14:19 ID:pLcF88Yt
史実に忠実てのは誰がいったの?

434 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 22:15:07 ID:xd8Lbbzh
>>431
いや、なかったと思うよ。
駄パンフの脳内CMだろ(笑)

435 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 22:17:35 ID:F301pOUR
>>429
そうか。。

じゃ、当時の日本はイカれた民主国家でした、
と脳内変換すればいいんじゃね。



436 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 22:17:37 ID:Z1ABMCN2
>>429
そんなに酷く描かれてたかな?
俺はむしろ、二宮の家に赤紙持ってくるおばはんが出征を喜ぶように強要してるところで、人間味のある描き方をしてるのに新鮮さを感じた。
日本の映画だと、あのおばはんは冷酷な行き過ぎた愛国主義者に描かれることが多い。
でもああいうおばはんだって同じように妻であり母親なんだし必死なんだなあって思った。
なんか、とにかく悪いのは戦争なんだよ。

437 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 22:18:28 ID:cDy7BqcP
>>433
このスレのクソ溜住人で俺に敵意持ってる奴の大勢。

438 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 22:20:09 ID:cDy7BqcP
>>436
あんなおばはんは存在しないし
赤紙もらったその場で激怒して猛抗議する妻も現実には存在しない。

439 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 22:21:05 ID:pLcF88Yt
もう一度確認するぞ。公式ではなくスレ住人の書き込みのみでしかないのか?

440 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 22:22:56 ID:Z1ABMCN2
>>438
激怒して猛抗議?
ちょっと色眼鏡入ってない?
あと、ああいうおばはんは日本映画でもよく見るけど、大抵もっと冷酷。
冷酷な方が良いと?

あとあなたあの時代の人?

441 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 22:24:34 ID:cDy7BqcP
>>439
このスレの住人。
俺が二宮みたいな一兵卒いないだろ。あの設定はおかしいって言ったら
ここの住人で俺に敵意持って駄パンフと言っていた香具師の多数が
クリントは事前に調査してあの映画を作ったんだ
アイリスって日系人を使ったのもそのためだ。
下町の爺さんがあの映画みたんだが二宮は当時の兵隊と同じだと
絶賛してたんだとか言って聞く耳持たなかった。


442 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 22:26:22 ID:TJZkEY41
「史実」と「忠実」が似ている件について・・・・・・w

つかイーストウッドは端からノンフィクション作家じゃないしなw
栗林師団長だって実物とかなり印象違うし、西竹一だって野性的すぎるし。
硫黄島で戦いがあったってことと、西郷がラストで「うぉあああぁぁぁぁ〜〜〜!!!!」
てのが重要なワケでね。
あとは知りたい人は各々本でも読めばヨロシと。

「うぉあああぁぁぁぁ〜〜〜!!!!」は西郷の栗林への思慕というか愛だろ。
西郷というより桐野利秋みたいだけどw
日本のゲスな草の根サヨがもっとも恐れるエンディングなので、オレは気持ちがいい。

443 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 22:27:16 ID:Z1ABMCN2
>>441
まあ二宮の役はあの時代かろうじて存在しうる程度に現代的な視点のキャラだと思う。
いないというのも、時代考証的に忠実というのも、どちらも言い過ぎ。

444 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 22:27:34 ID:cDy7BqcP
>>440
その日本映画とやらを史実と取り違えるな。
出征になるとみんなで祝福するんだ。
猛抗議なんてありえん。皆が去った後に悲しむというのはあり得るが
その場で兵隊に取らないでくれと抗議することはあり得ない。

445 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 22:32:12 ID:TJZkEY41
>>441
やっぱあんた映画のモンタージュってのが理解できていない。
根っから活字の人なんじゃないかな。
憲兵や軍国おばさんの細部は映画において個別の批評はあまり意味がないんだよ。
全体の流れが醸成する意味や感情が大事なんだ。
ちょっとこれでも読んでみてはくれまいかに。

「モンタージュ理論」
http://www.sorekika.com/dame.jsp?idx=310

446 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 22:32:54 ID:Z1ABMCN2
>>444
言いたいことはわかるけど、あり得ないという言い方に反発を感じる。
あのおばはんも体裁としては喜んでるが、かなり無理してる印象だが、そういうことはあり得たと思う。
また二宮の家も、パン屋をやって昼間に本を読む少しインテリっぽい夫婦の様だし。

447 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 22:35:28 ID:Z1ABMCN2
というか、出征に際してのドラマとしては、日本中でさまざまな形があっただろう。
その中で、現代人の我々にとって理解しやすいものになったんじゃないかな。

448 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 22:37:40 ID:94tk+UCA
自分ひとりが賢く正しいわけではないしね。
いろんな考えがあるからすべてを否定できるわけでもないし、
そういう見方もあるのか、ぐらいじゃないのかな。
それこそ和の国だとしたら、まぁまぁで済ませられる程度の違いなんじゃないの。
映画なんだし。
監督に完璧を求めてもしゃーないし。

449 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 22:43:30 ID:pLcF88Yt
なんだ。あんたスレ住人にたいする私怨で書きこしてたのか。

450 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 22:44:09 ID:JH3XQmi3
>>445
そんなことはない。憲兵と軍国おばさんのエピソードは、この映画の最も
根本的なものをシンボライズしたメッセージなんだよ。さっきから言ってるが
狂気のファシズム国家の犠牲者として日本兵を描くためにね。アメリカ人には
日本との戦いを「悪」との戦いだったするたてまえが必要なんだよ。

451 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 22:46:08 ID:F301pOUR
>>442
なんか違うくねえ?

それまで「どーしても生きたい。帰って美人な嫁とヤリたい」
としか思ってなかったパン屋の西郷が、
最後の最後にあり得ねえーほどの蛮勇を奮ったのが
「個人の、個人による、個人に対する思慕」だったわけだ。

とするとイーストウッド的に言うとさー
やっぱ人間がいちばん強くなれるのは国家なんぞに命令され
統制され、強制されたときじゃねーんだな。やっぱし。

これは左翼的にグッとくるんじゃないのかね?
だいたい「硫黄島からの手紙」に対して根本的な批判を与えた
「日本のゲスな草の根サヨ」なんて
見たことないし。
少なくともオレはグッときた。もう勃起モンで。

452 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 22:49:30 ID:ibPP1Zuw
駄パンフ、毎回もう来ないと言っておきながらまた来てるのか。

453 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 22:50:08 ID:Z1ABMCN2
>>450
俺はあのおばさんの演技に人間味を持たせたところがいいと思うんだけどな。
あの時代、戦争に行きたくなくても行かなきゃならない雰囲気があったのは事実だろう?
もちろん行かねばならない理由もあった。
行かなければ妻と生まれてくる子は殺されるかもしれない。
でも行けば確実に妻と生まれてくる子は苦労する。

454 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 22:51:41 ID:TJZkEY41
>>451
こないこないw
徹底的に非暴力なんだから草の根サヨは。
ただし物理的な非暴力ね。

でもまぁここまで来ると個人によって捉え方はそれぞれだよ。

455 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 23:00:01 ID:F301pOUR
>>450
それまで顔のない単なる敵だった
日本人に「顔」を与えた「硫黄島からの手紙」はアメリカ人の
常識を覆した、とも言えるね。

やっぱし日本兵を徹底的に顔の無い「敵」として描いた
「父親たちの星条旗」の後に「硫黄島からの手紙」を見ると、
なんかこー感慨深いモンが込み上げてこねえか?


456 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 23:10:33 ID:NeiFSvi+
NHKの年収は、日本のサラリーマンの平均年収
444万円の約3倍の1300万円です。
これでいいのでしょうか?

457 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 23:12:09 ID:vSAX9F1/
星条旗で「ヘルプミー…」と言って亡くなった日本兵のこと
硫黄島を見た外人さんが思い出してくれるといいな

458 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 23:15:16 ID:JH3XQmi3
>>451

西郷の「蛮勇」というかスコップ踊りは、思慕として描かれてはないと思う。
「誇り」じゃないか?一寸の虫にも五分の魂じゃないが、クズみたいな
日本兵も最後は誇りを守ろうとした、日本兵にも家族を思う感情があった、
日本兵も人間だった、と言いたかったんだろ。


459 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 23:19:56 ID:ZiOjkYAk
>>458
でも、西郷は米兵が腰に差していた栗林のコルトを見て暴れだしたんだよ?

460 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 23:21:06 ID:9wxbbbGM
>>450
それはちょっと違うんじゃ?クリントは「戦争には善玉・悪玉はない」「戦争によって人生を変えられてしまった人々を描きたかった」と言ってるよ。

461 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 23:24:31 ID:9LEzde0g
クリントがさ、『星条旗・手紙』公開前に新聞に映画を作った経緯、想いを掲載してたんだよね あれ読めば、そういう事もあったんだろうなぁと想いを馳せる事が出来ると思うんだけど…

462 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 23:24:32 ID:+aP++dwo
>>458
で戦後50年たって生まれたのが>>442のような
「他人が苦しむのを見るのがキモチイイ…」とのたまうゲス野郎、と

463 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 23:27:41 ID:F301pOUR
>>454
でも変だね。

オレ、左翼がそんな批判をしてるのを見たことない。

というか物理的な非暴力ってんなら、
その辺の女の子とかおばさんとかフツーの女の人って
大抵そーだと思わね。


464 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 23:39:34 ID:F301pOUR
>>458
「誇り」ってなんの?

パン屋の西郷どんはさー
御国のために立派に死ね!なんつーお題目にゃ心動かされない
インターナショナルな人民像を体現してるんだと思うわけー。

それってそーゆー日本兵が実際居たとか居なかったとかの
低次元な議論に還元されたり出来ない、
言わばイーストウッドの持論から由来するメッセージなんだ
とオレは信じてるわけよー。

465 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 23:44:08 ID:cDy7BqcP
>>464
イースト厨か


466 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 23:48:25 ID:iq3pa5B0
>>464
インターナショナルの使い方間違ってね?w

467 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 23:55:56 ID:F301pOUR
>>466
なにがですかー?

468 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 23:58:49 ID:JH3XQmi3
>>464
国のために立派に死ぬと考えないやつがインターナショナルな「人民像」とは
恐れ入りました。地球上のどこの国の軍隊の兵隊も自分は国のために戦ってる
と思ってると思うよ。

469 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 00:00:41 ID:7YQSFKVN
>>464
>人民像

えーと・・・??

470 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 00:09:04 ID:m1kSE4gs
>>468
今は立派に死ぬとは考えてないだろ。

471 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 00:15:03 ID:BZ0i9L39
国のために戦うヤツなんているのか?
自分のため、家族のため、民族(部族)のため、信仰のために戦っているヤツは多いけど。

472 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 00:18:57 ID:d+u1gFx1
戦争を起こすのは国であり、国に対して仕掛けられるものだから、やはり国の
ために戦うという意識になるんじゃないか?

473 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 00:19:08 ID:YCTO+ZDy
>>471
それって大まかに言えば、国の為ってことじゃね?
国というのは人、家族、文化が集まって出来るものだぜ。

474 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 00:20:40 ID:BZ0i9L39
イラクでは何のために、
ソマリアでは何のために戦っている?

475 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 00:22:05 ID:DuYbmya2
自由と人道主義と民主主義のためだろうな

476 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 00:27:05 ID:m67ZvdUt
戦争嫌だ嫌だ、自決もっと嫌だ嫌だ。
絶対生きて帰るの西郷だけ、生き残って、
軍人とは名誉ある戦死をする者だといってた清水は
投降した敵に撃ち殺される最も不名誉な死に様。
栗林中将もバロン西も、敵を10名殺すまで死なない
といっときながら、結局自分は10名殺す前に使いものにならなくなって
自決。

結局、イーストウッドは最もサヨ的な西郷だけ生きる資格を与えて
日本のウヨ的な連中は全員無駄死に。

戦争って悲惨だよねー、のメッセージが良く出ていました。

まあ、実際にも硫黄島の戦闘の最中に東京大空襲とかあって
おいおい、硫黄島守ってる意味ねーじゃん、というような結末
だったんだけどね。

477 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 00:30:59 ID:UOF+ToLj
>476
つ シドー@極右

478 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 00:33:24 ID:m67ZvdUt
>>477
シドー → 俺、なにやってんだろ? → 思想転向 → サヨ → 助かるwww


479 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 00:35:42 ID:YCTO+ZDy
>>476
なんかウヨとサヨだけで区別してるお前の考え方がキモイw

480 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 00:36:51 ID:m67ZvdUt
>>479
いやー、キモイもなにも、実際そうですからねーwww

481 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 00:50:33 ID:0aiHi+Hm
>>464
シャーマン
システム
イデオロギー装置
共同体トップ
グラスルーツ右翼
プアホワイト批判
インターナショナル右翼ムービー
アート系の映画
インターナショナルな人民像
由来するメッセージ

-------------------------
↑ 君、外国語を多用しすぎだよ。
上の言葉の日本語が何になるか知っている?

もうちょっときちんとした日本語を使うように気をつけた方が良いんじゃない?


482 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 00:53:43 ID:0aiHi+Hm
>>476
> 敵を10名殺すまで

努力目標なんじゃ?

483 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 00:56:30 ID:0JvSKlZi
いや、栗林中将もバロン西も部隊長、指揮者として十分一人で10名分は殺してるでしょ。

484 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 01:08:55 ID:EwEovy+0
>>481
あの人、中国人だから日本語不自由なんだって。

485 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 01:13:22 ID:nBIZPFb1
>>468
それはナショナルな人民像といえるかもね。

政府に持たせていいのは必要最小限の機能だけ、
個人の自由裁量権を重んじよ、
人民による武装革命権を死守せよと唱えるリバタリアン右翼が
イーストウッド。

彼らは基本的に政府の介入なんてものは認めてない。
徴兵制に懐疑的で、軍拡や海外派兵にも反対しているよ。
戦争こそは人民から自由を奪い取る行為そのものであって
戦費の野放図な拡大が必然的に「大きな政府」を招来する
ことを彼らはキッチリ知っている。
イーストウッドのブッシュJr政権批判の思想的背景とは、コレさ。

いいかね。
国家の戦争なんぞ、アメリカのグラスルーツ右翼のイーストウッドに
言わせりゃ馬のクソなのだよ。

国家間戦争の歯車の中で翻弄される人々は、
アメリカ人だろうが日本人だろうがイーストウッドにとって
全員が憎むべき国家の犠牲者だ。

オレはそーゆー意味をこめ、パン屋の西郷どんについて
「インターナショナルな人民像」と言ったのだ。
何か問題あんの。

486 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 01:17:40 ID:0JvSKlZi
まあ、そういう小無づかしこと抜きにしてもあの当時の日本兵を
ちゃんと一個の人間としてくみ上げてくれて、それを世界レベルで発表してくれた事は素直に嬉しい。
やはり、未だ多くの諸外国(特に一部の国では)あの当時の日本兵はモンスターみたいな扱いだったりするからさ。

すじゃなくて、あの時代の日本兵たちも一個の人間で、みな守るべき何かの為に命をかけていたんだと俺は世界にいいたかった。

487 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 01:17:45 ID:nBIZPFb1
>>481
だからなに?

>>484
中国人でも朝鮮人でもいいけど、
具体的になにかオレよりマシなことを書いてみればいーんじゃん。

488 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 01:30:27 ID:EwEovy+0
>>487
人民って何?
朝鮮人民?中華人民?

489 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 01:32:10 ID:DuYbmya2
また変な奴が入ってきたなw

490 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 01:35:21 ID:M4PcjVCa
議論好きだねぇ・・・
このスレの住人ってみんな大学生くらいの歳なの?

491 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 01:35:43 ID:GkWfJhpM
>>488と同じ国籍の人民だよ。

492 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 01:37:22 ID:EwEovy+0
>>491
嘘つかなくていいよ。
というか
国に帰れ。

493 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 01:43:47 ID:GkWfJhpM
ヒント:リンカーンの演説。

494 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 01:49:12 ID:nBIZPFb1
>>488
あのさー。

中華人民とか朝鮮人民とか書いたらさ、
それは国家の枠をはめた「ナショナルな人民像」てことになるよね?

イーストウッドは違うんだな〜。
愛郷主義の右翼であるが故に、国家の枠組みを越えた
インターナショナリストになり得るのですよ〜。
君みたいに、込み入った話が理解できない人では無いのです、ええ。

495 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 02:20:46 ID:EwEovy+0
>>494
人民って表現する人はあっち系だから。

496 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 02:21:57 ID:S1HFJNGY
国のために戦う?

会社のためと思って仕事する奴どれだけいる?
上の方の人間はそういう意識もあるだろうが、
末端の人間は自分や家族の生活の為っていうのが
動機の大半をしめてるんじゃないか

しかも派遣でなんの手当てもつかないとなれば尚更奉仕する気にもならん
そっちが使い捨てのつもりならこっちもそのつもりでやるさ

そういう意味で二宮の役には非常に共感できる

497 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 03:28:25 ID:f2WTRqcg
つまらん映画だと関係ない話するからな
まさに典型的スレ

498 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 03:53:35 ID:Ub5RbMmt
硫黄島の戦いは知っていた。
合理的な指揮官の下20000人もの将兵が絶望的な状況で粘り強く死闘を繰り広げた。

ほとんどの現代日本人が知らなかったことは残念だし、それを外国人監督の作った
映画で知られるのも残念だ。

499 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 03:53:56 ID:QBHFW2Ke
美化された日本人を描けば日本人がありがたがるという性質を見事に見抜いた商魂たくましい映画だよね。
案の定、日本人が馬鹿みたいに嬉しがってマンセーしてる。ハリウッドはラストサムライでそういう
所に気づいたんだろうね。SAYURIでは滑っちゃったけど、さすがスピルバーグは反省を活かしてる。
ハリウッドに金儲けさせる術をスピルバーグは知ってらっしゃる。ラストサムライから始まった、
日本マーケット重視の日本迎合映画の傑作だよ硫黄島の手紙は。

500 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 04:44:17 ID:mmy5OZVD
>>499
別にいいんじゃね?変な日本描写されるより

501 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 05:37:21 ID:QBHFW2Ke
>>340
単に二宮がそういう演技しかできなかっただけじゃんw
演技の幅の狭さも、信者脳でそこまで神扱いできるもんかねw
脳内暗示乙!

502 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 05:40:40 ID:DuYbmya2
>>494
お前にとってのバッタ臭いイーストウッドなんて誰も必要とはしないだろうな。
本人だってイデオロギー満載のテロリスト誘導されたら不愉快なはずだ。
ケツにパイナップル突っ込まれる前に人民の海に還れ。

503 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 06:39:27 ID:I8UbpFcu
♪あ〜た〜らし〜い〜あ〜さがっきた
    き〜ぼ〜うの〜あ〜さ〜だ

504 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 07:19:14 ID:sjJq+jFT
さて、善良な市民は仕事行く時間でつw

505 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 08:43:32 ID:pzpV6EAT
>美化された日本人を描けば日本人がありがたがるという性質

別に日本人だけに限らないだろうな。

506 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 10:28:42 ID:6mjoJyIe

♪うみ ゆかば みづく かばね

 やま ゆかば くさむす かばね

 おおきみの べにこそ しなめ

          かえりみはせじ♪

507 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 10:30:21 ID:6mjoJyIe

 |
 < 日本人が馬鹿みたいに嬉しがってマンセーしてるニダーーーーァァァアアアアア!!
  |_  _  _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _
    ∨  ∨ ∨ ∨ ∨ ∨ ∨ ∨ ∨ ∨ ∨ ∨ ∨ ∨ ∨ ∨ ∨ ∨ ∨ ∨ ∨
         /:|.              /:|
        /  .:::|            /  :::|
        |  ...:::::|           /u  ::::|
       i  ノ (   ̄ ̄⌒゙゙^――/   ::::::::|
      /_,, ⌒  u   . _        ::::::::::::\ <これは本気で言ったニダ!!!
      /  \\゙.l |  / ::// ̄● ̄ ̄/  ::::::::\
      |● ::::::|  . | | / :::: /   :::::::::://u  :::::::\
     /i,.\_:::::::|    u::::: /   ::::::::://     :::::::::\
    / \( (\|.  ::::::.   // ̄) )           :::::::::\
    / u  ) )_ ^  ^  ̄ ̄ ,,、( (       i し./ :::::::::::::\
   / / /__,,____,/ ̄ \  ))u      ノ (  ::::::::::::::::::::\
  /  ヽ |.. | /└└└└\../\((\     '~ヽ   :::::::::::::::::/
  \ ) し ∨.|llllllllllllllllllllllllllllllll∨lllll| ) /  /     :::::::::::::::::/
   \⌒ | |.|llllllllllll;/⌒/⌒  〕         ::u::::::::::::::::/
     |  | |.|lllllllll;   ./ .   . |        ::::::::::::::::::::/
     .|  | |.|llllll|′  /    . |  u .|     :::::::::::/
     .| | |.|llll|    |     .∧〔   /   u:::::::::::::|
      ヽ}.∧lll    |    ../ /  /   :::::::::::::::::\
       i/| \┌┌┌┌┌ /. / /:::     :::::::::::::::::i
      ( ゙゙^^¨^¨゙゙¨  ̄ ̄ ̄| i/::::::::::: u          i
        ヽー─¬ー〜ー――i | ::::::::::::: ID:QBHFW2Ke

508 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 10:52:54 ID:HiHHqkbx
Janeで、このスレだけ見えなくなってます。。。。どうして?

509 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 10:56:55 ID:pzpV6EAT
>>508
まずヴァージョンの確認。スレ一覧の更新か板転移の追尾。それでもだめなら板一覧の更新

510 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 11:00:36 ID:9z9f6NU1
>>501
お前はただの二宮アンチw >>340はただ感想言ってるだけだろ。なんだもかんでもニノヲタにすんなよ。
お前こそ妄想乙ww


511 :508:2007/01/22(月) 11:06:17 ID:g47tTuwd
>>509
ありがとう。
全部やったら再読み込みできました。

512 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 11:10:52 ID:pzpV6EAT
>>340読んだが、あれはちょっと違うな。栗林のコルト米兵が腰に差してるの見たからだ。
それまでは抵抗もなくヨロヨロの茫然自失の状態だった。「当時の日本人」どうのこうの
じゃなくて、彼が敬愛してた栗林、つまり身近な人の想いを汚されたからだ。
現代人でも米人でも感情移入できる行動だ。

513 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 11:13:20 ID:pzpV6EAT
>>511
どういたしまして。最近板が移転したんだよ。ここんところなんだか2ちゃんもややこしいみたいだから
しばらく気をつけていた方がいいよ。

514 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 11:33:51 ID:/udmemgr
>>512

同意

515 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 11:35:05 ID:8BMg5r+9
>>512
あのシーン、終始逃げ回るばかりだった(というと聞こえは悪いが)二宮が、
初めて自ら敵に挑んだというのが印象深いな。

516 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 12:37:28 ID:PwHr3Xey
>>515
だよな。最初は「こんな島アメ公にくれてやればいいんだよ。」
とか「俺はもう投降する。」なんてキャラだったのに、最後は明らかに米兵の腰に差した栗林中将の拳銃を見て怒りを露わにし、殺されるかもしれないのに多人数にスコップで挑んでいる。
西郷の最後の抵抗は、上手く表現出来ないのだけど、個人主義を超えた怒りなんじゃないかなって思う。

駄文スマソ

517 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 12:56:48 ID:DuYbmya2
あのコルトはアメリカの観客から見ると複雑だろうな。

アメリカ陸軍の将官から栗林にプレゼント〜西郷は栗林が米軍から奪ったと思っている
〜拾った米兵は友軍が落としたものと思い拾って腰にさす〜西郷は米兵に奪われたと思う

アメの観客は最後のスコップ振り回しでは完全に西郷の味方になってしまう。
旧日本兵を名誉回復させる、素晴らしい脚本だね。

んでま、コルトの発案はワタケンだから脚本を神にしたのは彼で、それをクリントは自分の
アイデアということにしたとw

518 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 13:17:34 ID:sjJq+jFT
誰のアイデアでもいいけど、あそこで西郷は初めて「戦った」と言えるのではないでしょうか。

519 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 13:25:04 ID:Ay+7AsDT
発案は、料理で言えば、あくまでも素材の提供。

料理全体とのバランスをにらみながら、どういう調理をするかは、調理人の腕の見せ所。
クリント監督は、超一流料理人。

自分の持つ素材以上の素材を周囲から集める(引き出す)ことができる。
これは可能性として無限大の能力を青天井で集めることができることを意味する。
プロデューサー(監督)としては、まさにすばらしい能力。

自分の手持ち素材の優劣を役者と競ってるようでは、「料理人」としてまだ二流。
価値観の置き所が違うはず。

520 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 13:28:36 ID:Ay+7AsDT
渡辺は、クリントに自分が調べた13のエピソードアイデアを提出して、
「アイデアの採択の可否は別どうでも、とにかく、こういう事実を踏まえた
人物像という前提で演技する」という話をしている。

この段階ではエピソードは、数うてばいくつかはあたる「へたな鉄砲」。
それを一発必中の弾丸として精選したのがクリントのセンス。

誰のアイデアかが重要なのではなく、どのアイデアをどこで使うか(あるいは捨てるか)の
判断が重要。

521 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 13:37:55 ID:pzpV6EAT
>>517
>拾った米兵は友軍が落としたものと思い拾って腰にさす〜

それはどうだろう?米兵はコルトの前に栗林の軍刀も拾い上げている。

詰まるところ、戦場では敵の個人的事情など知らずに戦っているということだろう。
米兵の手紙のエピソードとも重なるが、日本兵にとっては目の前にいる米兵は
自分や友人を殺そうとする顔の見えない「ただの敵」だ。

また米兵にとっても日本兵の個人的事情は知るよしもない、「ただの敵」だ。

もし目の前の敵がたとえば友人であったり、相手の家族の思いが透けて見えてるなら、
いくら敵であっても引き金はなかなか引けるものではないと思う。これは
国家の体制には関係がないと思う。

本来なら友人になれる可能性がある人間でさえ殺し合うという状況が

これは別に戦争を全否定するという単純なことことではない。
何かを守るために戦うということは否定してはいないからであり、
どこかから侵略されて無抵抗な場合も「無理解」が生じているのであり、同じ事が起こるからだ。
国家からの侵略は国家で対抗するしか阻止できない。
詰まるところ、戦いはこのような悲劇を生むから、平和が一番ってことか。


522 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 13:43:58 ID:DuYbmya2
いやクリントの「自分のアイデアということにした(笑)」というのは、記者会見の
彼のジョークをそのまま使っただけだよ

523 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 14:20:37 ID:1NDvHPmC
>>512
仰る通り

524 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 14:25:16 ID:9z9f6NU1
>>512はもっともだよね。よくわかる。その通りだと思う。

525 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 14:28:49 ID:66dZEk7c
栗林が浜辺に塹壕を掘って
セオリー通りに敵を迎えておれば
日本が勝ったに違いない
山に穴を掘って篭るとは無能な

526 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 14:35:56 ID:EwEovy+0
>>512
そのカキコ毎回同じ文体で出てくるね。
ヒキコモリ?

527 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 14:40:47 ID:ZnMtEIAB
ID:EwEovy+0 ← !?

528 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 14:49:09 ID:Fsa6OAwn
最後のスコップぶんまわしは
客観から主観への転換。映画的カタルシスの仕掛。

529 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 15:05:20 ID:eGgzCJI+
>>340
もコルトの事も含めての意見と思うけどな。

530 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 15:50:46 ID:H27Y0rQk
2007/01/22 09:34 <サンダンス映画祭>旧日本軍の中国・南京大虐殺を題材にした「南京」が上映へ
ttp://www.jctv.co.jp/cginews/view2.cgi?mycmd=frame

いよいよアメリカメディアも取り上げ始めましたね。

531 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 16:09:20 ID:uPA/P3JP
'Letters from Iwo Jima' a film first
http://www.tv3.co.nz/News/NewsDisplay/tabid/209/articleID/19220/Default.aspx

Clint Eastwood's war drama 'Letters from Iwo Jima' opens in New Zealand on the
22nd of February and according to critics is the first film in history to properly portray
Japanese WWII soldiers as fully human.

ニュージーランド発:
クリントイーストウッドの「Letters from Iwo Jima」が2月22日から公開される。
批評家によるとこの映画は第二次世界大戦の日本兵を人間としてまともに描いた
歴史上初めての作品である。、



532 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 16:15:25 ID:M7TA60ht
>>批評家によるとこの映画は第二次世界大戦の日本兵を人間としてまともに描いた
歴史上初めての作品である。


日本映画は映画として認められてないのか(泣)


533 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 16:26:42 ID:sVsOyd0e
ニイハオ

534 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 16:33:34 ID:wfrDQVkc
ツァイツェン

535 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 16:34:36 ID:M7TA60ht
>>西郷は栗林が米軍から奪ったと思っている

それは最初の段階で冗談で言ったことで、栗林のひととなりを
知った後はそんなことをしたとは思ってないだろう。

536 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 16:38:11 ID:SSTTorq1
>>525
・・・ほかの島とかは、それで簡単に負けてるみたいですけど…

537 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 16:44:34 ID:iH9kvhUM
>>525
釣り?

538 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 16:59:30 ID:YVK6Whzj
硫黄島と沖縄だけだな、日本軍が米軍を苦しめたのは。

539 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 17:01:54 ID:pzpV6EAT
>>536
硫黄島の作戦が可能だったのは
他の島と違って、陸軍もいて日本軍の数も多く、武装度も他の島に比べて
だんちに高かったからということもあるんだよ。
あと陸軍だから「本土決戦」を想定したような作戦なんだよ。
硫黄島は色んな点で恵まれてたほう。

他の島は海軍の陸戦隊で武装度が低く、守備隊の数も少なく水際作戦をとったが、
米軍の被害も予想以上に多く、タラワなど水際作戦だったけど、「血のタラワ」「恐怖のタラワ」と呼ばれ、
米メディアが騒ぎ立て社会問題になった。硫黄島同様、日本では知られていないけどね
栗林中将もすごいが、柴崎恵次少将も知ってほしいなあ
司令部を負傷者の治療所に提供し、前線の壕で戦死した人だから。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9F%B4%E5%B4%8E%E6%81%B5%E6%AC%A1
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%83%A9%E3%83%AF%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84


540 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 17:21:48 ID:c2V4up7Q
>>525
先に言っておくが、525みたいな指揮官のもとで絶対戦いたくない。

海岸線は地形からして堅固な防御陣地の構築は難しく、
上陸部隊に対して一時的に打撃を与えることができても
発泡炎により陣地を露呈してしまい、艦砲の集中砲火ですぐ潰される。
だから、水際に火力、兵力を集中することは守備隊の早期崩壊を
意味するわけ。

水際撃滅に固守して夜間突撃まで行ったサイパンは結局初期の段階で
多くの火器、兵力を失い。突撃なぞせず地下壕でゲリラ戦を行った
硫黄島、ペリリューは米軍の攻略予定を大きく狂わせ米軍に大量出血を
もちいたというわけ。

541 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 17:27:29 ID:pzpV6EAT
まあタラワは珊瑚礁があって簡単に上陸できないようになっていたが、硫黄島は
火山灰地で塹壕はすぐにぶっつぶされただろうな。


542 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 17:37:46 ID:sjJq+jFT
>>525は釣り?

543 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 17:48:06 ID:pzpV6EAT
こんな戦いも

米軍の屈辱的な戦い。日本軍の戦略的勝利。
参加将兵 米・カナダ連合軍 7,300
       日本軍 5,183

戦死者  米・カナダ連合軍  313
日本軍   実質   0
戦傷者  米・カナダ連合軍  2500
http://en.wikipedia.org/wiki/Battle_of_Kiska
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%82%B9%E3%82%AB%E5%B3%B6




544 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 17:59:23 ID:46JgQWwz
二宮君はこの映画で光っていた。イースト・ウッドに感謝します。


545 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 18:08:08 ID:NHBXxvXn
>>544
イースト・ウッドって!?

546 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 18:09:23 ID:66dZEk7c
日本軍兵士は2万人おったのだぞ
1人1殺を確実に行えば敵兵2万を討てたのだ

山になぞ篭らずに
艦砲の届かぬ島の裏側で待機
その後島奥に掘った蛸壺にて敵兵を待てばよかったのだ

547 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 18:10:55 ID:pzpV6EAT
>>546
素手の取っ組み合いやドスのケンカじゃあるまいし。


548 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 18:12:10 ID:NHBXxvXn
ID:66dZEk7c ← 今日の釣り師


549 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 18:26:18 ID:Ay+7AsDT
たった5日で陥落するはずだった前評判の硫黄島。
結局、36日間硫黄島を死守した。

それを映画にした「硫黄島からの手紙」。
試写前は、「星条旗」の付録程度の前評判の興行成績。
結局、5週間1位を死守した。

5週間といえば、そう、35日間。実際の硫黄島とほぼ同じ。
偶然以上の、「何か」を感じた。

550 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 18:36:13 ID:sjJq+jFT
>>546
それではすでに島は占領されているのでは?

…と、あえて釣られてみるw

551 :kk:2007/01/22(月) 18:37:19 ID:5MJY8Qat
日本の将軍は皆、拳銃はそれぞれが勝手に買い求めていたという。
実は栗林がコルトを持っていた可能性もある。
もっといい拳銃かもしれないが、、。

552 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 18:38:41 ID:DuYbmya2
>>546 ワロタw

>>549
確かに>5週間
偶然とは思えないね。
折りしもロケ後硫黄島の隆起は活発化しているみたいだし。

たった1日のロケで硫黄島に渡った謙さんは、考えてみれば旧軍の軍服に
身を固めて硫黄島を歩いたんだよ。
始め深い悲しみと畏怖を感じたらしいが、帰り際には周囲からポンポン肩を
たたかれ労われているような気がしたという。

553 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 18:47:52 ID:7CNBIzy4
>>546は辻参謀


554 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 18:51:29 ID:vegpPmdJ
司令官今村均大将率いる第8方面軍
ニューブリテン島ラバウルも地下要塞を構築し、
畑を耕し自給自足を行い、米軍を向かい打つべき
準備万端ではあったものの、肝心の敵にはスルーされてしまうという。


555 :kk:2007/01/22(月) 19:02:24 ID:5MJY8Qat
今村均大将もまた立派な軍人だった。
戦後も部下の面倒をみたし、自省から3畳ほどの部屋で
過ごしたという。

556 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 19:15:42 ID:fe3i2Xyj
>>551
>日本の将軍は皆、拳銃はそれぞれが勝手に買い求めていたという。

ブローニングが一番多かった。

557 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 19:52:41 ID:huTIOJv0
良い映画だったけどさ。
嵐の曲をテーマ曲に使えば、もっと良かったのに。
それだけが残念。

558 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 20:03:03 ID:X0QX8gd1
嵐!嵐!WANT ME!

559 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 20:07:53 ID:PwHr3Xey
なんか釣り多い?

560 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 20:46:15 ID:sYjVyZzW
駄パンフさんが消えてしまったな。
彼は、自分が叩かれる理由がこの映画を批判したからだ、と
思っているようだが、それは違うわな。
基本的に、彼の発言は「自分の知識は揺るぎのない正しさを
持っているが、その知識に照らし合わせるとこの映画は正しくない
ディテールが多い。かつこのスレの住民の知識も正しくない」という
思考に基づいているようだ。
彼がここで叩かれる原因は、端から観ればなんの根拠もなく自らを
真とし、他者の発言を読んだとしてもなんら自らを省みることなく
批判するその姿勢であろう。
駄パンフさんは自分の知識について疑いはもたないのだろうか?
彼はどうしてこれほど自分の知識を真とすることが出来るのか、
なぜ自分とは違う視点から物事を見ようとは全くしないのか、
大変疑問である。
彼には「無知の知」という言葉を贈りたい。

561 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 20:48:23 ID:NHBXxvXn
じゃあ次に来た時は「無知の知、駄パンフ」と呼ぼう。

562 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 20:51:47 ID:gcBPqonN
無知の知とは神様の知だぜ? 駄なんとかさんのは
ただの無知、あるいは鞭じゃないの?

563 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 20:55:33 ID:/mHZ1kIs
アレには触らないようにしようぜ。

564 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 21:39:14 ID:Fsa6OAwn
サントラに入ってる児童合唱の硫黄島が変で笑った。
オリジナルとちがってモーニング娘。みたいな歌い方してるしw

565 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 21:55:03 ID:UAC1SDFC
来週から近所の映画館で硫黄島をやるんだが、ちょっと質問させて。
・父親たちの星条旗を見てない。2部作らしいが、父親たちの星条旗を見てなくても問題ない?

・グロいシーンはある?戦争映画のグロいシーンはあんまり得意じゃないんだが。

566 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 21:56:20 ID:/mHZ1kIs
>>565
見てなくても良いけど見た方がやはり良い

グロはそんなに無いよ。

567 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 22:03:02 ID:UAC1SDFC
>>566
ありがとう。
そっか〜迷うところだな。
当初は近所の映画館でやってなかったから、両方ともDVDで見るはずだったんだが。
でも、参考になりました。ありがとう。

568 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 22:03:40 ID:FsOpIcOR
興行成績(通算)
アメリカ:$2,602,000
日本: $36,000,000
アメリカでは今週末で約$1,000,000と一気に増加。

569 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 22:05:40 ID:kyl4AitN
グロは若干あるだろ。 手榴弾での自殺シーンとかは結構辛かった。精神的にもくる。二宮と仲良かったやつが自殺したのは衝撃だった。

570 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 22:06:07 ID:7Lmor2Rs

最後の言葉が天皇陛下万歳で自決するのだけは御免だな。

その上、馬鹿な上官と靖国で会うのも御免だ。

情報が敵に漏れないように全員自決しろは、勝手な命令だよな。





571 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 22:10:06 ID:7Lmor2Rs
>>548それどこの情報?

http://movies.yahoo.com/movie/1809425051/info
硫黄島からの手紙
Yahoo ムービー
ボックスオフィスの売り上げ:

U.S. Box Office: $472,372




572 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 22:10:23 ID:TZmh5vNE
>570
本当の戦場にいたら、間違いなく貴方は上官に撃ち殺されるから、ご心配なくw

573 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 22:16:35 ID:FsOpIcOR
修正:この週末(1/19-21)のアメリカの興行成績は$1,500,000と倍増。
>>571
yahooのデータは古いよ。
硫黄島からの手紙
http://www.boxofficemojo.com/movies/?page=weekend&id=lettersfromiwojima.htm
http://www.boxofficemojo.com/movies/?page=intl&id=lettersfromiwojima.htm
http://www.boxofficemojo.com/movies/?page=main&id=lettersfromiwojima.htm

父親達の星条旗
http://www.boxofficemojo.com/movies/?page=intl&id=flagsofourfathers.htm
http://www.boxofficemojo.com/movies/?page=main&id=flagsofourfathers.htm

574 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 22:17:08 ID:H27Y0rQk
>>571
ここだろう。
ttp://www.boxofficemojo.com/movies/?id=lettersfromiwojima.htm

575 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 22:23:53 ID:FsOpIcOR
>>573
自己レスですが、今週末の激増の理由は、
劇場数が一気に10倍(35→360)になったからです。


576 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 22:46:08 ID:9FKzFLFM
興行収入の件、今までにアメリカで字幕で公開された作品との比較とかあるといいな

577 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 22:47:01 ID:zAcvOe+W
今までのスレをざっと読んでみましたが二宮ヲタが必死すぎてゲンナリした。



578 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 22:50:44 ID:ZPjn1cNT
>>577
お前の必死さにゲンナリだ。w

579 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 22:51:49 ID:CKIafXg8
>>577
どちらかというと必死なのはアンチ二宮の無知駄パンフ。

580 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 23:11:13 ID:zAcvOe+W
>>578-579
即レスどうもありがとうございます。

581 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 23:16:11 ID:kAQ/EZmP
いえいえ、どういたしまして。(笑)

582 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 23:42:28 ID:Z+pWFh4C
>>573
ランキングも20位まで上がってきてる?
何とか10位にならないものか・・・

583 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 23:48:06 ID:0GNy3qjk
とか何とか言ってる間にアカデミーのノミネート発表が目の前だな。
日本時間で何時くらいだろう? 誰か知ってる?

584 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 23:49:16 ID:QlKGqHct
今アメリカではタイムリーなんだと思う。
ブッシュがイラクに2万の兵を増員して送ろうとしている時だからこそ。


585 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 23:49:42 ID:DuYbmya2
>>583
23日発表だから明日の深夜から朝方にかけてでは?

586 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 23:52:26 ID:sjhuc20d
「それでも僕はやってない」の主役、どっかで見たことあるなあ、
と思ったら、清水役の人だった。
キャラが違いすぎて気づかなかったよ。
あの俳優って売れっ子なの?いい感じだけど、知らなかった・・。

587 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 00:02:31 ID:m7jqKM65
>>584
それもあるだろうけど、boxofficemojoのニュース1/21を読む限り
「アカデミー有力候補作が伸びている」らしいね。
硫黄島の作品賞はむずかしいだろうけど、アカデミー賞にからむ作品として
それなりに注目されているんだろうな。
・・・やっぱりイーストウッドは偉大だw

588 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 00:05:39 ID:/afSLFIn
>>495
いや、イーストウッドはアメリカ人なんだから、
そんな発想しないよ。

人民・・・people
国民・・・nation

厳密にはこういう区別が為されて然るべき。
もちろん「硫黄島からの手紙」はこれをよくわきまえて
撮られていたね。

589 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 00:15:00 ID:AKKCgich
さて、艦砲が届かないはずの島の裏側とやらで待機していた546が指揮する部隊の
目の前にアメリカ艦隊がくるっと周り込んできて艦砲射撃を開始して、
546が慌ててタコツボから出てきて右往左往する夢でも見て寝ようっと♪



590 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 00:16:44 ID:57B2gnet
艦砲の射程は何メートルなんだよ! 回りこまなくても届くわい!

591 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 00:18:07 ID:thPVY9+y
腰に挿した銃を見て西郷が怒ったのをアメリカ兵にはわからない。
これって戦争の本質をあらわしてるのかもね。
お互い100%理解し合えることはないという諦めと、でもお互い何かしら怒る理由があると理解することによる希望。
人間は戦争をやめられないつまらない生き物だけど、太陽はいつも見ているというやさしさ。

592 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 00:25:34 ID:uv3/Bs+r
>>554-555
今村均大将調べてみた。
こんな人がいたのか…日本人として誇らしい気持ちになれた。ありがとう。
このスレ脱線する事が多いけど、こういう事を調べる機会が多くなるから大好きだ。
駄パンフと呼ばれている人もそんなに嫌いじゃないしな。


593 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 00:30:15 ID:8sqEXoKL
>592
難しいところだな。
国のためを思えば、もっと大量に食料の協力を求めるべきだった。
現在のインドネシアにあたる地域は、当時から人口1億。
もっと徴発できたはず。

594 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 00:32:53 ID:AKKCgich
ナシゴレン♪ ナシゴレン♪

595 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 00:35:31 ID:N1/s+h6B
>>588
なんか人民って言葉は変な色がついてるから嫌だな。

596 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 00:37:20 ID:AKKCgich
>>595
 変な色って緑色?

 変な星とかも付いてそうだね。

597 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 00:38:51 ID:N1/s+h6B
>>593
出来なかったんだよ。
旧植民地は輸出向けに特化されてしまってたから、自分達の食い扶持は
輸入に頼る有様だったんだよ。

598 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 00:39:09 ID:uv3/Bs+r
成程、そういう見方もあるのか。
俺馬鹿だから知識がある奴と、多角的に物を見れる奴は尊敬する。
もっと勉強しとくわ。

599 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 00:55:29 ID:/afSLFIn
>>595

嫌も何もイーストウッドはアメリカ人なのだから
「人民=変な色がついてる」などとは考えない。

そして彼が描くところのパン屋の西郷どんこそは
国民ならぬ人民。

600 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 00:58:33 ID:9SphVd70
>>599
西郷は人民じゃなくて皇民とか臣民、あるいは民草。

601 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 01:00:08 ID:/afSLFIn
>>600

まずは映画を観てから。

602 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 01:05:57 ID:N1/s+h6B
>>599 訳語が気に食わないの。

603 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 01:09:08 ID:/afSLFIn
>>602
じゃ山形の玄白バージョンでも愛でれ。

http://www.genpaku.org/lincoln/lincoln01.html


604 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 01:11:48 ID:N1/s+h6B
>>603
やだね。
人民なんて支那臭い。
日本は共和国じゃないしな。

605 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 01:15:49 ID:/afSLFIn
>>604
嫌も何もイーストウッドにとっちゃ
何も関係ないんだよね。

606 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 01:16:07 ID:KlKmtouP
清水が「閣下のため、お国のため・・・」って言ってたけど
陛下じゃないの?

天皇のこと閣下とも言ってた?

607 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 01:18:20 ID:N1/s+h6B
>>605
日本人にも関係ないよ。
イーストウッドの解釈であるまえに、それはあんたの解釈だからな。
押し付けられる謂れはない。

608 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 01:26:46 ID:/afSLFIn
>>607
イーストウッドはリバタリアン右翼なので
nationならぬpeopleの視点から映画を撮るのが当たりまえ。

それが嫌だからオレ的解釈に固執するんだ、というんなら
別にそれでいいんじゃない?

609 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 01:33:01 ID:N1/s+h6B
>>608
イーストウッドはそのレッテル付けを是とするかな?>リバタリアン右翼
ま、脳内でそう設定するのは構わないけどな。
ただそれではイーストウッドの想念の揺らぎや逡巡をスクリーンから感じ
とれなくなるから、つまらないんじゃないかな。
人ってそういうものだろう。

あと西郷も愛郷右翼ってレッテルに納まるとも思えないな。

610 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 01:41:07 ID:/afSLFIn
>>609
本人が嫌がろうとも
誤りでない限り撤回する必要ないんじゃないかね。

それからpeopleがなんで愛郷右翼ってことになるのか
さっぱり判らん。それは君の想念の揺らぎと逡巡の結果なのか?

611 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 01:49:06 ID:Z1k8XuaB
>>606
天皇陛下は大日本帝国陸海軍大元帥閣下でもあらせられた。でも普通、「天皇陛下」が
一般的だろ。
「陛下」は日本に一人しかいないが、「閣下」は勅任官・将官以上であれば使ったから。

引用されたセリフを覚えてないけど、直接の指揮官を指した可能性が高いね。


612 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 01:52:20 ID:N1/s+h6B
>>610
まぁあんたは撤回する必要は無い、そう思ってればいい。
で、オレは逆に作品や監督に対してこうだ、という断定はする気はない。
オレはそれが不遜だと思うからね。

あとあんたの説明だとリバタリアン右翼=愛郷右翼なのか良く分からない。
愛郷右翼と人民(people)との関係は?
こちらとしてはどっちでもいいんだよ。
西郷は日本人なんだから。

613 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 02:07:14 ID:KlKmtouP
>>611

オレは閣下のため、お国のために尽くしたい、でも無駄死にはしたくない。
西郷、お前はどう思う?

のとこね。命を助けられたし、やっぱり閣下=栗林を指すようだね。

614 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 02:13:17 ID:/afSLFIn
>>612
オレは自分の意見を自由に言わせてもらうし、他人にも意見するよ。
不遜であろうがなかろうが、
それもコミュニケーションの形のひとつだから。

あと、本当にどっちでもいいんなら
オレの意見に無批判に服従すればよい。

何も悩む必要などないよ。説明の手間も省ける。

615 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 02:29:08 ID:N1/s+h6B
>>614
服従? 笑わせるw
やっぱりそういうメンタリティーかい。
うざいのでこれでもう終わりにするわ。
リンチはTMやってるからとかトムはサイエントロジーだからとか、
そういう映画の観かたはしたくないしな。

616 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 04:49:20 ID:T0nR6J6z
/afSLFIn うざい。

映画を観もしないで、ごちゃごちゃぬかしてんじゃねぇよ。


617 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 06:18:21 ID:Ve6VlHow
はっきり言って、右翼とかなんとかはこの映画を観る上であまり関係ないと思います。これから観る方は気にしないように。

618 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 07:14:31 ID:fVdg0kFg
あと、スレ読んで、出来の良い感動作だと思って見に行くのも違う
どちらかというと絶句するのが当たり前

619 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 07:20:12 ID:coRkFmFl
ところでさ、アメリカでは上映館が随分増えたわけだけど、どっかにレビューはない?

620 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 08:23:07 ID:2pn8vcED
アメリカで大コケの期待外れ映画w

621 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 08:23:31 ID:1zAc5V/9
http://movies.yahoo.com/movie/1809425051/info
↑Yahoo
ここにレビューがのってる。
映画評論家、新聞社の評価 = A-
一般の評価 = B+

U.S. Box Office: $472,372

いまも、LIMITTED だけど毎週、スクリーン数が増えてるみたい。


622 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 08:43:59 ID:1zAc5V/9

↑の情報古かった。ごめん

Jan 19? 21 $1,355,466 +270% 360 +325 $3,765 $2,442,552 5

ランク:21位
Jan 19? 週間売り上げ:$1,355,466
売上伸び率:270%
アメリカ全土、360スクリーンで上映中

売り上げ合計:$2,442,552


623 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 08:51:59 ID:2pn8vcED
21位(笑)

624 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 09:32:10 ID:pyhOwPng
西郷の鬼上官谷田中尉こと坂東 工

こいつ単身でアメリカにわたって苦労したんだな。
アメリカで俳優になるという夢、少しずつ動き出してるカンジ

http://blog.livedoor.jp/bandomusha/

625 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 09:40:11 ID:pyhOwPng
624だが訂正
ブログを読むとこれから先は日本で活動したい云々と描かれてた。

626 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 10:48:47 ID:LeeGeggX
戦前のロス五輪・馬術で金、硫黄島で戦死 「バロン西」の生涯を映画に 来年にも公開

http://www.hokkaido-np.co.jp/Php/kiji.php3?&d=20070123&j=0031&k=200701230792

627 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 11:29:08 ID:x8xSigzp
便乗映画か、情けない・・・

628 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 11:39:20 ID:LryhsrMU
>>627
きっかけになったって考えようぜ

629 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 11:42:14 ID:HMTfPhQt
>>626
角川が作るのか....

630 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 11:43:07 ID:iLCB95X1
角川はそれより大魔神のリメイクちゃんとやれ。

631 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 11:47:26 ID:iLCB95X1
>>623
360館だからな。他の2000館とか3000館上映のやつとは比べられん

632 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 11:49:39 ID:x8xSigzp
ベタベタの音楽,ベタベタの泣かせシーン、ベタベタのラブシーン・・・

633 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 11:49:49 ID:LeeGeggX
●バロン西(仮題)

「戦争が終わったら、また、オリンピックがあるかな・・・」
戦前、騎兵中尉時代に“バロン西”の呼び名で世界に広く知られた西竹一の華麗かつ壮絶な人生!
平和の象徴であるオリンピックと戦争で散った命を軸に西竹一の生涯を描く。

監督:竹山 洋
製作国:日本/製作:角川ヘラルド映画
原作:城山三郎「昭和の戦争文学 第一巻 硫黄島に死す」(角川書店刊)

http://www.kadokawa-herald.co.jp/movie/lineup.html


竹山ってどうなのよ?

634 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 11:54:11 ID:FPzGrItv
こいつは、酷いサヨク映画になる悪寒・・・・
バロン西の名を汚すな。

635 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 11:57:34 ID:Ve6VlHow
変に美化されそうでコワい。

636 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 12:13:50 ID:sK5+wRt7
見に行きました。
最後の手紙がこぼれるシーン『母さん。少しお金送ります。。。』で涙。。

637 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 12:15:33 ID:LeeGeggX
竹山 洋(たけやま よう、1946年7月28日 - )は、脚本家。

しかし、主人公のあらゆる行動を正当化し、主人公が異様なまでに賞賛され、
逆に主人公に異を唱える者は矮小な敵役に貶める、過剰に主観的な
(客観性に乏しい)作風には批判の声が高い。

特に大河ドラマでは石田三成を視聴者の反感を買わせるような矮小な悪役に改悪している。
このように、偏った描き方が多く見られるため、彼の作品に対する評価は、賛否両論の声が激しい。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AB%B9%E5%B1%B1%E6%B4%8B

脚本
1980.06.21 朝はダメよ!  にっかつ
1980.08.02 看護婦日記 わいせつなカルテ  にっかつ
1981.01.09 宇能鴻一郎の修道院付属女子寮  にっかつ
1981.08.27 婦人科病棟 やさしくもんで  にっかつ
1981.11.13 情婦はセーラー服  にっかつ
1984.03.02 白衣物語 淫す!  にっかつ
1988.03.19 うれしはずかし物語  にっかつ撮影所
1994.10.22 四十七人の刺客  東宝映画
1997.02.15 義務と演技  TBS=東映
2001.05.27 ホタル  「ホタル」製作委員会
2001.11.10 かあちゃん  映像京都=日活=イマジカ=シナノ企画
2002.10.05 SABU さぶ  名古屋テレヒ=電通=セディックインターナ...
その他
2000.05.13 どら平太  「どら平太」製作委員会=日活=株...  ... 特別協力


・・・脚本家か
これは何かの間違いだろ

638 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 12:21:40 ID:z55v5rPb
アメリカ東部のある州に住む在米日本人です。
客の入りは2/3ほど。(土曜の夜)私を除いて全員アメリカ人。中高年、特に
おじいさんが多かった。獅堂の(シドウと読むんですね。ずっとシシドウと読んでいました)
「すり鉢山は奪還する。」のセリフで若いアメリカ人男性の一人が「ヘっ!(何言ってやがらぁ。)」と、声を出しました。
捕虜になった清水がアメリカ兵に○○されるシーンでは ご婦人方から体をビクっとさせ「Oh, No... 」の声。
映画が終わって、私はそそくさと席を立ちましたがエンディングロールが始まっても席に着いて余韻にひたっていたアメリカ人客が多かったのには驚きました。

ラストサムライの時はエンディングロールと共に席を立ち上がる者が多かったものですから。
出口を出ると、ティッシュで鼻をかんでいる白人のご夫人を発見。
劇中、ちょっとしたケン・ワタナービの「二度あることは三度ある。」のセリフで笑い声がありました。
しかし、アメリカで活躍する日本人の役者さんは良い顔をしていますよ。
ハンサムとかじゃなくて、凛々しさのある顔。私はこの映画をもう一度見に行くつもりです。
今度はアメリカ人の友人を連れて。



639 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 12:26:37 ID:x8xSigzp
ケン・ワタナービw 普通に書けw

640 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 12:39:14 ID:iLCB95X1
>>638
レポートご苦労さんです。
ところで獅童が最後に自分がひっぱってきた部下に「おまえらはカエレ」
といって部下の兵士が「やってらんねーよ」というシーンがありましたが
英語の字幕で「やってらんねーよ」はどういう風に表現されていましたか?

覚えていたらお願いします。

641 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 12:46:58 ID:z55v5rPb
>>640
ゴメンゴメン、そこのところの英語字幕は注意して読んでいなかったからわからない。
久しぶりの全編日本語の映画だったので、日本語に没頭していたよ。
いやぁ、日本語を母国語とする自分、幸せモンです。


642 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 12:50:16 ID:x8xSigzp
もうひとつ、やっぱり最後の手紙がばらまかれるシーンでの
複数のナレーションは字幕なしだったのかな。
あれが理解できるとできないとでは大分違うと思うんだが。

643 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 13:00:59 ID:5kAeMI/p
>>637
モテモテのバロン西をその経歴の竹山ってのが作るんだね。
 これは、濡れ場がたっぷり出てきそうな悪寒・・・

644 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 13:17:08 ID:ccN20TFO
わたなーびww


645 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 13:17:53 ID:aQ64hD1l
>>640
「やってらんねーよ」 ---> 翻訳なし
最後の手紙がばらまかれるシーンでの複数のナレーション ---> 翻訳なし
----
自分が見た時のアメリカ人観客の笑いがあった場面(どれも嘲笑ではなく優しい笑い)
−山崎が西郷の手紙を読む場面
−海草スープがまずそうなところで
−西郷が雲子鍋を臭そうに持っているところ
−雲子鍋から湯気がでていたところ
−不発弾であんたはやっぱり良い人だと言ったところ
−清水が千人針を取り出したところで(おぉ〜、良かったねという感じで)
−バロン西がアメリカ人有名人の名前を英語で言ったところで(おぉ〜という驚きの声)
−西郷と清水がやってられない投降しようと話すところ
−西郷が清水に先に投降しろと言ったところ
−清水が必死で赤痢の真似をしたところ
−清水が投降しようとする様子をみて前で監視していた兵士が俺も投降すると言うところ
−栗林が二度あることは三度あると言ったところ
−西郷がスコップを持って栗林の前に現れたところで「またお前か」と言ったところ***

笑う場面もあったけど同時にかなり泣いている人が多かった。
最後に拍手があった。
「ブラボー」と叫んだ人もいた。
----
***よく考えてみると西郷は硫黄島で戦った人の死を見届ける、死神エンジェルの役だわ。





646 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 13:19:16 ID:Ve6VlHow
>>638
レポありがとうございます。エンドロールで立たないっていい感じ。

647 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 13:19:45 ID:acqX2T5W
角川のバロン、去年の春から企画しててとかヌカしてる。
きっとどこかが便乗するだろうと思ってたけど本当に情けない…

648 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 13:28:05 ID:rhaD2hK5
ttp://www.rottentomatoes.com/m/letters_from_iwo_jima/

評価は日に日に下がってきてはいるがな。

クイーンとデパの評価の高さには勝てそうにない。

649 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 13:30:00 ID:x8xSigzp
作品賞はリトルミス〜だろうがな。

650 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 13:30:47 ID:z55v5rPb
>>645
638です。補足ありがとうございます。
私が見た時にはブラボーの声はなかったです。
でもブラボーを発したアメリカ人の観客はさすがに見る目がありますなぁ。


651 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 13:35:13 ID:64py5cwR
ノミネート発表まであと10時間くらい?

652 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 13:42:27 ID:aQ64hD1l
>>648
http://www.rottentomatoes.com/m/babel/
Babel を見ると元気がでるよ。


653 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 13:46:53 ID:HMTfPhQt
>>652
バベル69%で硫黄島91%!

654 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 13:52:59 ID:iLCB95X1
>>645
Thanks.
感想としてはアメリカ人って良く笑うんだなって感じだな。吉本新喜劇を
字幕つきで見せてやりたくなったよ

655 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 13:53:19 ID:AEvPBkI3
在米の方にお聞きしたいのですが、アメリカ人は千人針って何か分かっているんですかね?

656 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 13:54:45 ID:S4n2+Px2
>>654
吉本新喜劇は去年の夏にコダックシアターで公演したよ。
在米日本人がわんさか押しかけて大盛況だったらしい。

657 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 14:03:16 ID:aQ64hD1l
>>655
わかってないと思うが、Superstition (迷信)とその場面のせりふで
言っていたので何らかのgoodluck の意味があると理解したと思う。


658 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 14:54:35 ID:/PAzY/Nf
aQ64hD1l さん、どうもありがとう。

「すり鉢山奪還」への若いアメリカ人の反応が、生々しくて、いかにも
そうなんだろうなあって、思わずニヤリでした。

あと、余韻に浸る人が多く、拍手や歓声があったというのは、ジンと来ました。
アメリカ人にもこの映画を理解してもらえたようで、それがうれしかったです。

レポート、どうもありがとう。

659 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 14:57:28 ID:2pn8vcED
アメリカコンプレックス丸出しだなw
つまらん映画でも役に立つじゃないか
自己満足にw

660 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 15:06:48 ID:x8xSigzp
わざわざ書き込んでちょっかい出してくる
日本コンプレックスのチョンコロがなんか鳴いてるなw

661 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 15:13:34 ID:zn63z1zH
星条旗の方が最後に登場人物の写真がたくさん出てきたから
手紙もそれで最後まで待ってた人がいたんじゃなかろうか、てか自分はそれを期待してた。

あまり関係ないが自分が映画館で見た映画で唯一総員スタンディングオーベーションがあったのは
なぜかSearching for Bobby Fischerだったw

662 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 15:37:16 ID:sK5+wRt7
最後の手紙がこぼれ落ちるところの英訳が無いのが…何故?英訳しないのか残念でなりません。
あそこでズシンと来るものがあったしあの部分があったから席を立つ気に余計できなかったけど。

663 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 15:40:09 ID:x8xSigzp
ただあれに字幕をつけるのは難しいと思う。

664 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 15:40:49 ID:JFxNBnh3
>>645
補足>>26, 51
アメリカ人で泣いている人がいたとは信じられんが・・・
ともかく俺は自決シーンで笑っているアメリカ人を殴り倒したく
なった。

665 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 15:44:22 ID:N1/s+h6B
どこの国にでも感覚の狂っちまった奴はいるさ。

666 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 15:48:38 ID:TSPZ4TnM
この映画見て泣く外人はレバノンとか位じゃないの?俺は三回観たけど映画館では泣けなかったな。録画した硫黄島の宣伝番組を見て泣いたけどね。

667 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 15:53:03 ID:ljPy5mtC
http://www.boxofficemojo.com/movies/?id=lettersfromiwojima.htm
(4週間5館だけ上映が続いたあとで)360館公開第一週目にして
累計売り上げ2.5ミリオンだとかなり良いんじゃない?
アメリカ国内だけでぎりぎりでも制作費は回収できそうだよ。

日本売り上げは丸儲け、2月からヨーロッパ各国、豪州、ニュージーランド公開も
続くみたいだし、利益率は大きそう。

668 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 16:19:38 ID:x8xSigzp
アメリカ向けの本命がコケて、おまけで作った日本向けがその損出分を
助ける・・・

日米のセブンイレブンみたいだ

669 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 16:26:35 ID:+VtMoLb5
中東ではアメリカ(軍)人が殺されるシーンでは拍手喝采らしいが

670 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 16:31:44 ID:KJKQ0UHf
>>669
それは映画「パールハーバー」じゃなかったか?
反米国では零戦の攻撃シーンに、マジ拍手喝采だったそうな。

671 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 17:04:44 ID:suKxIykU
ようやく昨日観て来ました。
ここに書かれてるようにエンドロールでも皆しばらく立てないようだった。
俺も虚脱感とか放心状態に似たような、なんとも言いようのない変な気分だった。
もう一回観たい気がする。

672 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 17:18:56 ID:8ADjrPQm
IMDB.COMのサイトを覗くとこの映画、アジアではシンガポール(2/22)、
香港(3/1)しか今のところ公開予定がないのがちょっと寂しいな。他にアジアの国でリリース予定がないのかな?


673 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 17:20:10 ID:lgVMDuPc
http://www.youtube.com/watch?v=PxTyjentRso

パールハーバーはここだけみる映画だもんな。
それにしてもコメント欄があついぜ

674 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 17:33:01 ID:8ADjrPQm
673 >

今見てきたが、映像とBGMの絶妙なハーモニーが、よけいヤンキー共を
怒り狂わせているみたいだ。(#`ω´)/

675 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 17:49:29 ID:PpSDBanq
>>672
シンガポール(2/22)
タイ(3/1)
フィリピン(4月)

ってのは見つけた。
ソースは海外の二宮ファンサイトだったけど。。。
しかし凄いね、ジャニーズヲタは。
日本も海外も情報収集能力が半端ねえ

676 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 17:50:38 ID:lgVMDuPc
朝鮮と中国でも上映しようぜw

677 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 17:54:14 ID:zn63z1zH
手紙は日本軍の残虐行為を隠すためのフィクションでプロパガンダだって喚く輩が現れ始めたな。
拡大公開前にも居たが、やっぱり拡大公開で増えてきたw

678 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 17:54:54 ID:iLCB95X1
>>675
タイとフィリピンはどこのサイトでみっけたの?


679 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 18:00:23 ID:LQaJABCb
>>664
前に「メットに手榴弾をポコンってぶつけるのが笑えた・・・でも、次々続いて
西郷の友達が死んだときは顔が引きつった」って感想を見たような・・・
「何かの儀式?」って書き込みも見た気がする。
自決を笑ってるわけじゃないんじゃないか?

680 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 18:00:38 ID:rhaD2hK5
>>669

今中東では親日的な雰囲気は無いよ。(親米でも無いけど)
アメリカにへつらってる様な国なんて好かれるわけ無い。

681 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 18:02:34 ID:acqX2T5W
韓国で2月公開のはず

まともに映画文化の根付いた国なら
イーストウッドの新作が未公開なわけないだろ?

682 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 18:06:17 ID:rhaD2hK5
>>677

チョそとシナチクならずっと言ってたけど。

683 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 18:06:26 ID:iLCB95X1
>>680
イラク兵の散々な投降ぶりはお見事だったというしかないのだが。。

大集団で自ら靴をなめるような様子だったよ

一般のイラク人が抵抗して戦ってるんじゃないだろ?

684 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 18:07:08 ID:rhaD2hK5
>>681

反日でも勃発w

685 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 18:08:52 ID:PpSDBanq
>>678
ごめん、どこか忘れた。
ググってて偶然見かけてリリースデイトをコピペしといただけ。
ロシアキタ━(゚∀゚)━!!とかフランスいつ?とか
フィリピンおせえよ、とか言っててなかなか微笑ましかった。

686 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 18:13:08 ID:8ADjrPQm
681 >”蛍の墓”が上映禁止になった、あの国でですか?

687 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 18:14:59 ID:UICPvuLL
国が市場に介入するってどんな資本主義国家だよまったく

688 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 18:18:49 ID:N1/s+h6B
硫黄島で日本人として戦って死んでいった朝鮮出身兵士も
現在の韓国では親日派認定なんだろうな。

689 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 18:21:35 ID:rhaD2hK5
親日は財産没収ニダ!

690 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 18:22:28 ID:6fPAOkxd
>>688 この人達は?
■ある医師の述懐 『キヤンガン、山下将軍降伏の地』
フィリピン人「日本の占領下で最も残虐だったのはコリアンだった。赤ん坊を投げて銃剣でうけたのも彼らだった。皆がそう信じている。」
http://www.net-ric.com/advocacy/datums/95_10irohira.html

■当時の中国人が描いた漫画 「日本の軍旗を振り回す朝鮮人が中国人を殺す!」
http://photoimg.enjoyjapan.naver.com/view/47/43/enjoyjapan_13/40000/39250.jpg

■中国人 謝永光著 『日本軍は香港で何をしたか』
(朝鮮人は)一般の日本人よりも背が高く、日本の正規軍よりももっと凶暴だった。
民家に乱入して婦女暴行を働いたのは、ほとんど日本人の手先となって悪事を働いていた朝鮮人であった。
当時香港住民は日本軍に対するよりももっと激しい憎悪の念を彼らに抱いた。

■仏紙Paris Match元特派員 アルフレッド・スムラー著『ニッポンは誤解されている』
別に日本人戦犯の責任を軽減するつもりはないが、占領地域で最も嫌われたのは、
このころ日本国籍を持っていた朝鮮人だったことに注意しておかなければならない。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4531080548/249-1372373-3521946

■古野直也著 『朝鮮軍司令部1904〜1945』(概略)
戦時中、3500人の朝鮮人が捕虜の監視をしていた。(おそらく軍属=民間人)
弱者に残虐性を発揮する民族性で、日本軍に隠れて捕虜の虐待を行なっていた。
http://konn.seesaa.net/image/book_akasen.jpg

■オーストラリア人 ケニス・ハリスン著 『あっぱれ日本兵』
彼ら(朝鮮人)は(日本人に比べ)大型で、顔は平たく、知性に劣り、日本人が与えた屈辱を我々に転嫁した。 どんなに試みても、我々は彼らと本当の付きあいは確立できず、
体罰となると、日本兵よりも彼らをはるかに恐れた。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4425946316/503-8018966-9642352?v=glance&n=465392

■『ミャンマーの人々はビルマの竪琴をどう観たか』
ミャンマー人「日本人兵より朝鮮人兵の方がきつかった」
http://www.asahi-net.or.jp/~cr1h-ymnk/96-02-01.html


691 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 18:28:16 ID:N1/s+h6B
>>690
スレ違いの長ったらしいコピペすんなよ。
去年亡くなった元学徒兵の多田実氏が著書で朝鮮出身者も日本人以上に
立派に戦ったと書いてあったから引用しただけだよ。

692 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 18:31:13 ID:UICPvuLL
確かに朝鮮人は残虐だった


693 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 18:32:33 ID:MMXS6AS5
彼らの悪事まで
日本人がやったと誤解されてるんだろうな‥‥

ま、彼らと組んだ日本人の自業自得だな。

694 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 18:48:42 ID:tPd36VBv
この映画はすぐスレ違いな話題を持ち出し場を乱す人間が好むような映画なんだな

695 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 18:49:17 ID:UICPvuLL
そもそも朝鮮併合まで
残虐行為が平然と行われていた地域だ
いくら日本の教育が行われたといっても
数年で直るわけないだろ

人見たら首を落としたくなるんだよ朝鮮という民族は

696 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 18:59:33 ID:5DOc15V/
ID:UICPvuLLさん、スレ違いというか板違いです。


697 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 19:03:36 ID:UICPvuLL
当時の時代を知ることは広くこの映画を知ることと等しい

698 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 19:08:20 ID:5DOc15V/
ID:UICPvuLLさん、スレ違いというか板違いです。

699 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 19:25:05 ID:pwWKCBL9
かなり普通の映画だったぞー

ジャニタレの子なんで会見映像削除編集されてるのかわからないんだが

700 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 20:38:56 ID:uv3/Bs+r
スレ違いの話題も好きな俺はどうしたら

701 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 20:42:13 ID:9c6cTzCC
その彼の一言が後に駄パンフ事件として語られる大きな災厄のきっかけになるとは
まだ誰も知らなかった・・・・・。

702 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 20:45:54 ID:iLCB95X1
「駄パンフ」にレッテル貼ってる人も同類だと思うけど。いいコンビだな

703 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 20:50:08 ID:cNq38vw3
駄パンフってずっと家にいるわけ?

704 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 21:03:43 ID:N1/s+h6B
駄パンフ悪いヤツじゃないぞ。
この映画が嫌いなだけでw

705 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 21:08:30 ID:iLCB95X1
いやあいつ結構純粋だよ。ただ歯止め効かないんだよ。
あとこのスレの住民ってひとくくりにして、余計な人間まで巻き込んでしまうから。

ただ映画も行ってるのにパンフだけ持ってるみたいなレッテル貼りされたそうだ。
このレッテル貼ったやつは性格悪そうだ。単発とか使うし、ちょっとでも自分と反対の
側に回るとIDをさらして「あっこいつNGね」なんたら言ってスレを仕切ろうとする。

俺は「いじめ」が嫌いでね。


706 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 21:14:36 ID:g3IOb4Lg
>>705
駄パンフって付けられてから見に行ったみたいだよ。

707 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 21:22:57 ID:iLCB95X1
>>706
先日説明してたけどそうじゃなんじゃないの?
そこらへんの事、わかってあげて、スレ違いの指摘したら
あっさり「そうだな」って認めて身引いたぞ。

大体パンフって結構高いのに、映画館いって見ずにパンフだけ買うやつ果たして
いるかね?逆はありえるけどね。

708 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 21:23:43 ID:iLCB95X1
そうじゃなんじゃないの?

そうじゃないんじゃないの?

709 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 21:26:06 ID:9c6cTzCC
>>707
ふーん、ヤツも成長したんだな。年末はすれ違いという言葉すら理解してなかったのに。

710 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 22:16:12 ID:KT8E9vG5
二ノ宮ってクリントから称賛されてるだけじゃなしに
蜷川や倉本總からも評価されてるんだよな。

一体奴のどこがいいというのだろうか?
落ち着いて冷静に考えても全然分からない・・・
演技力があるとも思えないし(この映画でも光るものは感じなかった)
ジャニーズなのに顔もそこら辺のアンちゃんみたいだし
チビで痩せてて10代のガキにしか見えないんだが・・・

711 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 22:17:35 ID:S4n2+Px2
>>710
分かる人には絶賛されるが、
お前のように見る目の無い奴には分からないということだろう。

712 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 22:21:22 ID:oAPtr2oA
まもなく第79回アカデミー賞ノミネーション発表。

日本時間22時38分30秒より

ここの住民はたぶん落胆しそうな感じですが、奇跡を信じましょう。

713 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 22:22:13 ID:KT8E9vG5
>>711
じゃあ二ノ宮のどこが素晴らしいのか、お前が書いてみろ!!

714 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 22:23:50 ID:S4n2+Px2
>>713
説明したところで、お前には一生分からないよ。諦めなw

715 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 22:25:04 ID:KT8E9vG5
説明できない御馬鹿さんだったのかw
単なるジャニオタ女かぁ?ww

716 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 22:25:11 ID:mVlAeSsr
>>710
単に好みの問題だろう。
あと、ジャニーズフィルターかけて見てるんじゃないの?

717 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 22:25:40 ID:S4n2+Px2
>>715
そのとおりだよ、良かったねw

718 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 22:26:24 ID:/WoXYhpm
いかにも名演技という演技をする名優もいれば
自然すぎてどこにでもいるそこらへんの人間にしか見えないので
演技していること自体が忘れられる名優もいる。
どっちも舞台全体を見回しているボスにとっては、いて欲しい人材。

二宮はチビで痩せた十代の若者にしか見えない
自分が、どういう役割を果たすべきなのかがよく分かっていて、
過不足なくその役割を果たすから必要とされるんだと思う。

719 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 22:27:20 ID:KT8E9vG5
いやジャニーズフィルターはかけてないし、偏見も取っ払ってるつもりだ。
この映画も素晴らしかったと思ってる。
だが二ノ宮がなぜこれほど称賛されてるのかは理解できないのだ。
台詞回しなんか学芸会レベルでは?

720 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 22:28:50 ID:iLCB95X1
>>712
正直、現状では期待薄みたいなんで、逆に気楽に結果受け止められるよ。

721 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 22:32:04 ID:QNxNQqE1
>>719
+actって雑誌を読むと良いと思いますよ。二宮や某監督があなたの質問にばっちり答えてます。

722 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 22:40:56 ID:iLCB95X1
なんやらバブルの菊池がノミネートされてんぞ

723 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 22:42:01 ID:iLCB95X1
硫黄島なんかノミネートされてる模様

724 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 22:42:45 ID:iLCB95X1
脚本硫黄島北――(≧∀≦)――!!!

725 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 22:43:08 ID:zdUA5gDM
アカデミー作品賞、脚本賞、監督賞キター!!
オメ!

726 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 22:43:09 ID:oAPtr2oA
◆助演女優賞決定とりあえず
アドリアナ・バラッザ(バベル)
ケイト・ブランシェット(Notes on a Scandal)
アビゲイル・ブレスリン(リトル・ミス・サンシャイン)
ジェニファー・ハドソン(ドリームガールズ)
菊地凛子(バベル)

727 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 22:43:15 ID:acqX2T5W
硫黄島キターーーーーッ!!!!!
二宮落選。

728 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 22:43:29 ID:/dUhwPIg

アカデミー賞作品賞ノミネート キタ━━(゚∀゚)━━ !!!!!

729 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 22:44:08 ID:acqX2T5W
よかったね。

730 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 22:44:17 ID:oAPtr2oA
バベル、ディパーテッド、硫黄島、リトルミスサンシャイン、クイーン

作品賞


731 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 22:44:25 ID:/WoXYhpm
作品賞ノミネートおめ!!
事実上目標はクリアしたも同然だな?

732 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 22:44:28 ID:mVlAeSsr
おおおおおとりあえずオメ

733 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 22:44:33 ID:AH+kO0RA
うむ、メデタイ

734 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 22:44:35 ID:Utc5PA4D
きたぞおおおおおおおお」

735 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 22:44:54 ID:ONlTbjEZ
きたきたーーーー!!!
嬉しすぎ…泣きそうw

736 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 22:45:04 ID:cNq38vw3
基地外役のリンコが選ばれてもしゃあないだろう

737 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 22:45:05 ID:aQEoevRt
マジかよ
ノミネートされすぎ
こんな結果になろうとは・・・
うれしいけどさ オドロイタ

738 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 22:45:06 ID:oAPtr2oA
硫黄島は監督賞と作品賞、脚本賞


739 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 22:45:14 ID:oJXT6MUC
ノミおめ!

740 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 22:45:18 ID:yIYFRGKc
おめ

741 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 22:45:19 ID:jL2ueiW6
ほげぇええ

742 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 22:45:24 ID:RMO8dFYf
今夜もジョニ黒で乾杯だ〜!

743 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 22:45:56 ID:Utc5PA4D
アカデミー会員、多謝!!!!!!
5館でしかやってなかったのに、よくぞ観た!!!!

744 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 22:46:15 ID:qHE8HvwA
え、ほんと?作品賞は?

745 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 22:46:20 ID:76siscqD
渡辺謙がノミネートされず・・・ダサダサww
それでもハリウッド俳優かよw

746 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 22:46:29 ID:g3IOb4Lg
ノミネートおめでとー!

747 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 22:46:32 ID:acqX2T5W
全編日本語、日本人俳優の映画がアカデミー作品賞候補とは…
二度と無いだろう

748 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 22:46:38 ID:cNq38vw3
脚本賞だとアイリスとポールハギスがとることになるのかね

749 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 22:47:02 ID:ONlTbjEZ
…あれ?美術はなし?

750 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 22:47:26 ID:qHE8HvwA
ありゃ、よく入ったな

751 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 22:47:42 ID:fn05xS3j
作品賞・監督賞・脚本賞ノミニーおめ!!!!!

個人賞ないのは残念だけど主要部門で嬉しい限り。
あと脚色とか作曲とかで計何部門くるかな!!!

752 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 22:48:03 ID:cNq38vw3
あ、脚本賞だと日本人キャストたちが大幅に元の脚本から内容変えたから
みんなの勝利だな。

753 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 22:48:29 ID:FJ6GJGbg
脚本はどうだろうか

754 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 22:48:36 ID:76siscqD
>>742
敵国の酒なんか飲むな!!
日本製にしろ!!

755 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 22:49:27 ID:oAPtr2oA
>>753
脚本も取ってる。

756 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 22:49:35 ID:RMO8dFYf
アメリカで頑張っている渡辺謙さんを励ますため、渡辺さんの祖国、
日本の2ちゃんねらーたちが歌います!

大平洋の〜

757 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 22:49:53 ID:v96YrZVO
作品賞・監督賞・脚本賞 おめ!

758 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 22:49:54 ID:WHSF9iR0
>>754
そんなニダーみたいなこと言っちゃだめ

759 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 22:50:01 ID:jDAWRBAT
>>751
脚色は落選

760 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 22:50:14 ID:/WoXYhpm
>>754
若造、お前はアメリカ人を知ってるのか。
ジョニ黒注げ。

761 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 22:50:47 ID:0+VMe62h
星条旗の方はノミ無し?
二部作の立場が・・・

762 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 22:50:51 ID:cNq38vw3
ジョニ黒まずいお

763 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 22:51:16 ID:9FlEbs3y
うわwwww久しぶりに見にきたらノミネートかよwwwwwww
他の板で絶望的とか見たんだがwwwwwwww

764 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 22:51:39 ID:aQEoevRt
>>756
はしゃぎっぷりにワロタw

765 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 22:52:15 ID:RMO8dFYf
監督賞スコなんとかにやるから作品賞プリーズ

766 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 22:52:17 ID:1gfk6eLv
すげえぜ!
硫黄島!
しかし、なんでこの映画が日本人の手で作れなんだ・・・
悔しいし悲しい

でもイーストウッドありがとう

767 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 22:52:56 ID:/WoXYhpm
>>761
いいんだよ、それで。
残念だけど星条旗と硫黄島が同時に入ると、
票が割れちゃって共倒れになるんだ。
硫黄島が二部作代表って立場になる。

768 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 22:53:49 ID:gj4KANaL
ケン&ニノが候補にいない・・・
きっと腐女子がア会員にいないからだろう

769 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 22:54:03 ID:27YvtZaO
嬉しいね
ノミネートだけでも嬉しい
さて飲むか

770 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 22:54:38 ID:76siscqD
そういえば映画の中でも
西中佐がウィスキーを栗林と酌み交わすシーンがあったよな?
銘柄は何だったっけ?

それにしてもクリントも浮かばれねーよなw
オマケで撮った日本人用作品が主作品より評価されちゃうんだからw

771 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 22:55:54 ID:iLCB95X1
◆作品賞
バベル
ディパーテッド
硫黄島からの手紙
リトル・ミス・サンシャイン
クィーン
◆監督賞
クリント・イーストウッド(硫黄島からの手紙)
スティーヴン・フリアーズ(クィーン)
ポール・グリーングラス(ユナイテッド93)
アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ(バベル)
マーティン・スコセシ(ディパーテッド)
◆主演男優賞
レオナルド・ディカプリオ(ブラッド・ダイヤモンド)
ライアン・ゴズリング(Half Nelson)
ピーター・オトゥール(Venus)
ウィル・スミス(幸せのちから)
フォレスト・ウィテカー(The Last King of Scotland)
◆主演女優賞
ペネロペ・クルス(ボルベール<帰郷>)
ジュディ・デンチ(Notes on a Scandal)
ヘレン・ミレン(クィーン)
メリル・ストリープ(プラダを着た悪魔)
ケイト・ウィンスレット(Little Children)
◆助演男優賞
アラン・アーキン(リトル・ミス・サンシャイン)
ジャッキー・アール・ヘイリー(Little Children)
ジャイモン・ハンスゥ(ブラッド・ダイヤモンド)
エディ・マーフィ(ドリームガールズ)
マーク・ウォルバーグ(ディパーテッド)

772 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 22:56:15 ID:oAPtr2oA
全編日本語映画と日本人女優がノミネート・・・



もうたぶん2度とないだろうな。

773 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 22:56:42 ID:zdUA5gDM
ここの皆とアカデミー賞行きたいくらいだW
ケンさん迷惑がるだろうが

774 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 22:56:56 ID:iLCB95X1
◆助演女優賞
アドリアナ・バラッザ(バベル)
ケイト・ブランシェット(Notes on a Scandal)
アビゲイル・ブレスリン(リトル・ミス・サンシャイン)
ジェニファー・ハドソン(ドリームガールズ)
菊地凛子(バベル)
◆脚本賞
バベル
硫黄島からの手紙
リトル・ミス・サンシャイン
Pan's Labyrinth
クィーン
◆脚色賞
Borat
トゥモロー・ワールド
ディパーテッド
Little Children
Notes on a Scandal
◆アニメーション映画賞
カーズ
ハッピー フィート
モンスター・ハウス
◆外国語映画賞
Days of Glory(アルジェリア)
Water(カナダ)
After the Wedding(デンマーク)
善き人のためのソナタ(ドイツ)
Pan's Labyrinth(メキシコ)


775 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 22:57:23 ID:xqw5WN3O
ユナイテッド93が入ってない時点で糞選出

776 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 22:57:55 ID:6p2LudGr
ノミネートだけでも良しとせねばな 嬉しいな〜♪日本人映画監督は何やってんだろうか?…

777 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 22:58:54 ID:AKKCgich
>>673
遅くなったけど、GJ!!

硫黄島で散々やられたのを観た後だけにとてもスッキリしました。
これ見てると「これが硫黄島沖に停泊中の艦隊に対する攻撃ならなぁ・・・」
と思わずにいられなかった。
硫黄島の守備隊の中には本気で「いまに友軍が来て艦隊をやっつける」って
思ってた人もいたみたいだから、それ思い出して・・・

778 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 22:59:10 ID:HVVAEnFE
ピーター・オトゥールか........。
今回が最後だろうからな.....。











779 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 22:59:45 ID:lfWMkbA7
>>769
いや、これで普通に凄過ぎますが何か?

780 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 23:00:04 ID:06L6nsvk
これは正直凄い!!!
記念パピコ!

781 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 23:01:04 ID:oAPtr2oA
美術賞落選

782 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 23:01:56 ID:lgVMDuPc
記念ワロス

783 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 23:02:22 ID:JahkIVNs
どして渡辺謙はノミネートされないのか?

784 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 23:03:24 ID:W5MYhYsd
いくら二部作とはいえ
オマケで、低予算で、しかも片手間で撮った手抜き作品が
「父親たちの星条旗」よりこんなに評価されちゃって

いいんですか?

785 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 23:03:29 ID:oAPtr2oA
撮影賞、衣装デザイン賞、残念ながら。。。


786 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 23:04:47 ID:1nNwABah
いやぁ〜、正直飲みねされるとは思わなかったから、良い意味での予想外。


787 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 23:04:58 ID:DgbrXhRC
ノミネートおめでとう。
もう一回見に行くぞ!

788 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 23:05:02 ID:+Odyu8VZ
ん?ドリームガールズが事前の予想の割に、さびしい事に


頼む、いい加減、オトゥールに賞をくれてやれ

789 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 23:06:28 ID:3sNmdGRE
誰だ、手紙は、絶対にノミネートされね〜と
アカデミーの内部構造から、蘊蓄たれていた馬鹿はW

790 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 23:07:15 ID:pAm2VXD+
ノミネートおめ!!

791 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 23:07:28 ID:RMO8dFYf
あ、発表はいつ?

792 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 23:07:58 ID:lgVMDuPc
全部、クィーンと被ってるんですけど?
なんか嫌な悪寒がします。

793 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 23:08:18 ID:aQEoevRt
>>784
それは後付けで情報見た人の主観でしょう
観たとき作品のクオリティーが低いと感じたかね?

794 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 23:08:22 ID:oAPtr2oA
2月25日>>791

795 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 23:08:24 ID:cNq38vw3
この作品は皆で意見出し合って作ったから、
どの賞でもいいな。ノミネートだけでもすごいけど

796 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 23:08:40 ID:jDAWRBAT
バベル 7部門
ディパーテッド 5部門
ドリームガールズ 8部門
硫黄島からの手紙 4部門
父親たちの星条旗 2部門
リトル・ミス・サンシャイン 4部門
クイーン 6部門

797 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 23:08:46 ID:06L6nsvk
これで2006年度のハリウッド作品ベスト5に入ったわけか

798 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 23:10:52 ID:DoaWiRjR
ノミネートおめ

799 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 23:10:59 ID:27YvtZaO
ディパーティッドの糞作品
むかつく

800 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 23:11:02 ID:N1/s+h6B
たまげた。
すげぇ。

801 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 23:11:13 ID:Y4TcnXfJ
すげーじゃん!すげーじゃんか!
全編日本語日本人だぜ?

802 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 23:11:15 ID:RMO8dFYf
また日米で興行収入伸びるね。きっと。

もう行かないつもりだったけど、ノミネート記念に8回め行ってきます。

803 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 23:11:37 ID:Utc5PA4D
去年の夏ごろは、星条旗がノミネートされて、それを援護射撃するために投票前に
おまけで上映するって言われてたんだぜ?
それがどうよ?ついにオスカー作品賞ノミまで来ちゃったよw
我が事のように嬉しいぜ

804 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 23:11:44 ID:umCZtWGh
獲ったら凄いけど、アメリカ人たちの反応は薄そうだね
見る気もなさそう

805 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 23:11:50 ID:iLCB95X1
>>797
作品賞ノミが大きいわな

806 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 23:13:06 ID:4DwUUlPo
\(^o^)/おめ

807 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 23:13:29 ID:oAPtr2oA
スレ違いだが主題歌賞ノミネートに『ドリームガールズ』が
まさかの3曲全てエントリーという仰天結果になっとるな。
作品賞には入らんかったが、違うとこでちゃんと優遇されとる。

808 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 23:13:50 ID:IIartN/l
これをきっかけにアメリカ人がこの映画を見ていろいろ考えてくれたらいいと思う

809 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 23:14:28 ID:a5eIZM9h
ノミネート記念つ〜事で星条旗と同時上映してくれないかなぁ

810 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 23:14:57 ID:DzirxAao
>>801
そうなんだよ!それが凄すぎるんだよ!
こんな嬉しいことってない

811 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 23:15:04 ID:hlHNgES+
まだノミネートの段階だけど
快挙だよね。凄い。夢でも見ているみたいだ。。

812 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 23:15:05 ID:9AM6zMPb
英霊POWEW炸裂!!!!!

813 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 23:15:43 ID:pAm2VXD+
ノミネート記念に、もう1回見にいくかな

814 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 23:16:28 ID:1gfk6eLv

 なんでこの映画が日本人の手で作れないんだろう

 いまだ敗戦国の時代に俺たちは生かされているな。


815 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 23:17:02 ID:lgVMDuPc
これでDVD発売は延期されたな。
それだけが残念だ。

アメリカ版の予告サイト
いま激おも

816 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 23:17:21 ID:9AM6zMPb
>>812
英霊POWER炸裂

興奮して間違えたw

817 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 23:18:11 ID:bN/Wdkar
謙さんや指導も授賞式には行くのだろうか?

818 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 23:18:14 ID:jDAWRBAT
硫黄島は、作品賞・監督賞・脚本賞・音響効果賞
星条旗は、録音賞・音響効果賞

819 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 23:18:18 ID:oAPtr2oA
父親たちの星条旗
・録音賞
・音響効果賞

硫黄島からの手紙
・作品賞
・監督賞
・脚本賞
・音響効果賞


どっちの作品ともおめでとう!!!!!!!!

820 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 23:18:29 ID:1gfk6eLv
くそったれ、アメリカの映画掲示板で神風してきます!

821 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 23:18:37 ID:v96YrZVO
本当に嬉しい!!また映画館に足を運ばないと

822 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 23:18:53 ID:Ei2InAnY
ひょっとすると、第2の「戦場のピアニスト」になれるかも…
と、期待してみるw

823 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 23:18:58 ID:Nx8oM0wN
よくドリームガールズ蹴落とせたな

824 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 23:19:12 ID:RMO8dFYf
「ガンジー」以来の外国語映画オスカー作品賞受賞を期待しよう。

825 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 23:19:36 ID:NBEoZ4mE
>>820

イーストウッド、ばんざーい

826 :名無シネマ@上映中 :2007/01/23(火) 23:20:38 ID:GZvxr8ho
>>792
GG賞が英国人に偏りすぎて評判悪かったみたいだから
むしろ反動で追い風になるんじゃとおもってる

827 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 23:22:08 ID:06L6nsvk
2度あることは3度あるで、もう3年連続イーストウッドファミリーでいいだろ!

828 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 23:22:22 ID:07vTJSsO
ほんとに素晴らしい!おめでとう!

主演はピーターにあげたい。
作品賞いただけるものならぜひ!

凄すぎてポカンだw

829 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 23:23:39 ID:aQEoevRt
ノミネートがもうすでに特大の奇跡だってことを忘れてはイカンと思うw

830 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 23:24:09 ID:6jMOIVqP
二度目の作品賞を受賞なるか、スピルバーグ

831 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 23:24:17 ID:mUmRoLk/
続報です。

http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20070124k0000m040140000c.html

アカデミー賞:菊地凛子さんが助演女優賞にノミネート

【ロサンゼルス國枝すみれ】
第79回アカデミー賞の候補が23日、ロサンゼルスで発表され、
菊地凛子さん(26)が米映画「バベル」の演技で助演女優賞にノミネートされた。
受賞すれば、日本人俳優として1957年のナンシー梅木さん(「サヨナラ」)以来となる。
「バベル」は作品賞はじめ7部門でノミネートされた。
また渡辺謙さんら日本人俳優が出演したクリント・イーストウッド監督の
「硫黄島からの手紙」が、作品賞と監督賞、脚本賞、音響編集賞で選ばれた。
発表・授賞式は2月25日(日本時間26日)、ハリウッドのコダック劇場で行われる。

「バベル」で菊地さんは、東京で暮らす聾唖(ろうあ)の女子高校生を体当たりで演じた。
ほかに役所広司さん、二階堂智さんらも出演している。
菊地さんは、シカゴ映画批評家協会の助演女優賞、ナショナル・ボード・オブ・レビューの
ブレークスルー・パフォーマンス賞を受賞したほか、ゴールデングローブ賞候補となるなど、
米国で高い評価を受けている。

助演女優賞候補は、ケイト・ブランシェットさん、「バベル」のアドリアナ・バラッザさんなど5人。
日本人俳優がアカデミー賞候補となるのは、04年に「ラスト・サムライ」の渡辺謙さんが
助演男優賞の候補になって以来。


以上です。

832 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 23:24:35 ID:WgAYlTob
>>829
そうっすねw
個人的には、それだけで満足ですわ。

833 :777:2007/01/23(火) 23:24:47 ID:AKKCgich
うぉぉぉ!!!

今まで、狙って狙って「777」を2回ゲットした者ですが(5回チャレンジ)、
今回は何も考えずに書込みしたら偶然777〜♪

みんな、ありがとう。これで今度こそいいことがありそうですm(__)m

834 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 23:24:57 ID:RMO8dFYf
イーストウッド最後の大作だろうと皆思ってるだろうから、
監督・作品どちらかはあげるんじゃなかろうか

835 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 23:25:23 ID:+Odyu8VZ
主演男優はオトゥール、主演女優はケイト・ウィンスレットにくれてやれ
ノミネートはそれぞれ7回目、5回目だ


836 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 23:26:49 ID:QUKJHW+T
感無量であります。
作品賞ということは、出演者全員の力ですよね。
まさに総力戦でした。

硫黄島で戦士された方々は、
60年たった今、敵地で英雄となったのです。




837 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 23:27:36 ID:AKKCgich
812=816

君は確実に『英霊禁止くん』にお叱りを受けるから、今から覚悟しておいた方が
いいと思うよ。

838 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 23:30:23 ID:acqX2T5W
興業面でもこのノミは効くわ。
ノミの中では作品賞が一番ありそうな予感。

839 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 23:32:19 ID:oAPtr2oA
明日のめざましテレビは祭りだわ。

840 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 23:34:29 ID:N1/s+h6B
>>839
菊地に持ってかれるだろ。

問題は日本国内で50億行くかどうかだが、期待してます。

841 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 23:34:32 ID:Utc5PA4D
イーストウッド御大とスピルバーグ御大が一緒にオスカーもらうところを見てみたい!

842 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 23:35:08 ID:mVlAeSsr
>>839
めざましは、凛子押しだから硫黄島はあんまり取り上げられない気がする。

843 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 23:35:38 ID:DoaWiRjR
よし!11回目見てくる!

844 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 23:35:58 ID:acqX2T5W
>>841
その心理は間違いなくアカデミー会員にもあると思う。
会員のイーストウッド好きは尋常じゃないし。

845 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 23:36:10 ID:Yj7W1PBt
>>835
>主演男優はオトゥール
hage同。

846 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 23:37:31 ID:57B2gnet
栗林中将、硫黄島で戦った将兵のみなさん
あなたがたの死は無駄ではありませんでした
日本のみならず世界に知られることとなりました
本当にありがとう、そして安らかなれ

847 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 23:38:45 ID:Xe8ZFM1+
自分は日テレチェックするよ。

848 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 23:38:51 ID:zdUA5gDM
>>836
(;Д;)

849 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 23:39:00 ID:3sNmdGRE
これで、父親たちの星条旗の興業失敗を取り戻せるかもしれないね。
制作費が90万ドルに対して、興行収入はたったの33万ドル
57万ドルの赤字
Paramountは青くなっているそうな

850 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 23:39:37 ID:mVlAeSsr
ZEROでノミネートの話題来る。

851 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 23:39:44 ID:R5BmozaJ
全編日本語映画で作品賞は凄いなぁ

852 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 23:40:05 ID:YA9s7knw
読売テレビZERO、CM明けにくるよ

853 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 23:40:32 ID:oAPtr2oA
なんか上手く行き過ぎてて逆に怖い。

854 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 23:41:18 ID:oAPtr2oA
ZEROきた

855 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 23:41:20 ID:06L6nsvk
>>849
制作費90万ドルはさすがにないんじゃ?

856 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 23:41:37 ID:acqX2T5W
硫黄島の存在が世界に轟くとしたら日本政府はイーストウッドとスピルバーグを
表彰する日が来るかモナ。世界文化賞とか。

857 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 23:43:57 ID:J/JdQXn9
>849 〜父親たちの星条旗の興業失敗〜

へえ、乳親達失敗してたんだ。それでほとんど日本語の硫黄島が評価されるって・・飴の底力を感じるなあ

858 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 23:44:11 ID:RMO8dFYf
リンコだけかい!

859 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 23:45:12 ID:Rzb9oeIm
絶対リンコよりケンさんやニノの方がいいのに
やっぱり大人の事情があるのかね。
作品賞にノミされただけでも凄いけどさ。

860 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 23:45:16 ID:lgVMDuPc
>>849
世界興行は60億こしてるよ。

861 :スマソ:2007/01/23(火) 23:45:18 ID:3sNmdGRE
これで、父親たちの星条旗の興業失敗を取り戻せるかもしれないね。
制作費9000万ドルに対して、興行収入はたったの3300万ドル
5700万ドルの赤字
Paramountは青くなっているそうな

862 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 23:45:55 ID:oJXT6MUC
さてと・・・・

チョンどもの言い訳を聞こうか

863 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 23:46:27 ID:oAPtr2oA
凛子ってキムタクがウサギになったCMに出てた子だったのねぇ・・・
隣で「タクちゃんどうしたの、タクちゃん!!」って言ってて
誰だろうなぁって思ったけど・・・なんか全然違うね。

864 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 23:46:47 ID:RMO8dFYf
今はDVDの売り上げが大きいからおそらくペイするでしょう。

865 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 23:47:08 ID:lgVMDuPc
http://www.boxofficemojo.com/movies/?id=flagsofourfathers.htm
乳親達、世界興行6000万ドル 制作費9000万ドル

866 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 23:50:32 ID:N1/s+h6B
>>859
日本語の演技は評価しようがないんじゃね?
そこは日本人が評価すべきだってことだよ。

867 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 23:51:16 ID:VZFX6FmV
本国で硫黄島の興行収入増えそうだな。

868 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 23:51:21 ID:RMO8dFYf
バベルと硫黄島の一騎打ちの予感。


869 :ちょっと無理ポ:2007/01/23(火) 23:51:56 ID:3sNmdGRE
硫黄島は
制作費:1900万ドル
興行収入:4000万ドル


870 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 23:52:07 ID:LsXXDuON
>>859
つうかバベル見たのかw

871 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 23:52:48 ID:RMO8dFYf
硫黄島の制作費、どろろとほぼ同じなんだよなー

872 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 23:53:21 ID:AM1KHYpL
ノミネートってまじ?
出演者全員日本人(外国人)で、しかも全編日本語(外国語)
アカデミーノミネートって歴史上あったのか?
とにかく凄えなw

873 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 23:54:23 ID:RMO8dFYf
>>872

「ガンジー」が作品賞とってるよ

874 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 23:54:32 ID:3sNmdGRE
手紙の制作費って、星条旗の2割だったのか?!

875 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 23:54:45 ID:iagL98Le
おめでとう!!硫黄島!!

876 :名無シネマ@上映中 :2007/01/23(火) 23:55:16 ID:+Odyu8VZ
>>872
>出演者全員日本人(外国人)で、しかも全編日本語(外国語)
外国人&外国語?
最近だと中国の「グリーン・ディスティニー」とか

877 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 23:55:20 ID:N1/s+h6B
>>874
CGなど特撮は星条旗からの持ち出し>硫黄島

878 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 23:56:15 ID:IaIqNHKm
硫黄島の画って父親の画も使ってるから一概に制作費1900万ドルとは
言えないんじゃないのか?


879 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 23:56:22 ID:mVlAeSsr
>>874
星条旗のセット流用してるからお安くなっている。

880 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 23:56:34 ID:N1/s+h6B
工作員出る幕がないねコリャw

881 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 23:56:57 ID:eONMud6f
とにかく良かった。渡辺 謙さん以下俳優陣の方々おめでとう。そしてありがとう。
1000 :名無シネマさん :2007/01/23(火) 23:54:45 ID:/9eqA2LJ

1000なら、硫黄島作品賞受賞。


882 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 23:57:44 ID:1gfk6eLv
>>876
グリーン・・でも外国語映画賞受賞だお

作品賞で取れたらアメリカ映画史上的にも神レベルの出来事

883 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 23:57:48 ID:Rzb9oeIm
>>870
見てないw
予告ちょっと見ただけ。
でも、それでも硫黄島の役者の方がいいと思った。
何もかも硫黄島の方がいい。
硫黄島ばんざーい!!

884 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 23:57:50 ID:gj4KANaL
勝ったアメリカ人の中に英雄がいなかったアンチヒーロー映画を撮り、
アメリカ人からそっぽを向かれ、それでもこれでは片手落ちとさらにALL日本語で
負けた日本人の中にも英雄がいた映画を撮って
こんどは支持されたクリント。
まさに例え周りに理解されなくとも己の信ずる正義に従って行動したんですね・・・


885 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 23:58:34 ID:Rzb9oeIm
>>881
こりゃくるぞ・・・

886 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 23:59:00 ID:8hNO9oe7
鳥肌立ったよ。おめでとう!
この作品をもっと多くの人に見てもらえるんだろうと思うと嬉しいな
あらためて、イーストウッド監督ありがとう

887 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 23:59:38 ID:N1/s+h6B
なんかうれしいなぁ、ほんとうれしい。
ノミはあり得ないって言ってた連中はなんだったんだろうw

授賞式は謙さん伊原さんはもちろんだが、二宮にもぜひ行かせて欲しい。
おめーに言ってんだよジャニー、聞いてるか?
二宮行かせろよな。

888 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 00:00:26 ID:SnyxRCam
作品賞ノミネートが誰か1人よりうれしいな
よかった

889 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 00:01:09 ID:3sNmdGRE
さすがに作品賞は無理だろう
監督賞はもしかしたら・・・

890 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 00:01:23 ID:nghnTH3u
>>873
ガンジーって英語作品だったんじゃない?

ちなみに、
1998年に「ライフ・イズ・ビューティフル」(イタリア映画)が
作品賞、主演男優賞、監督賞、外国語映画賞などにノミネートされて、
主演男優賞と外国語映画賞を取ってるよね。


891 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 00:02:28 ID:1u3mw4Ey
今度はナベケン嫁だけじゃなくて出演者を出席させろよ。
二宮、伊原は行かせてやれ。加瀬はスケ的に無理そうだ。

892 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 00:02:50 ID:iOcE0/pU
工作員ども出てこいよ

893 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 00:03:40 ID:6p2LudGr
2万余の兵隊さん達が喜んで下さっている事を祈ります もう1回観に行かなきゃ(笑)そして靖国にも行かなくては(≧▽≦)ゞ


894 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 00:04:16 ID:CRYPi/Ll
このノミネートで出演者っていってもいいの?

895 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 00:04:44 ID:VMdU/LsE
全編日本語で、ALL日本人俳優での作品賞だぞ。
有り得ないだろ。
すげーな。

896 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 00:04:58 ID:lJgYjajR
俺は主演/助演男優賞でノミネートされなかったのが残念だが

897 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 00:06:24 ID:IqYoObxP
>>894
別にいいんじゃね

898 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 00:07:04 ID:4ZVV+hEl
TBSはスルー?

899 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 00:08:35 ID:hqrVeWT7
>>898
筑紫が始まってすぐに口頭で言ってたよ

900 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 00:08:41 ID:cpasjhHZ
>>898 TBSとフジはスポンサーになってるどろろ公開控えてるから

901 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 00:09:12 ID:mVSQXv3s
>>895
サムは日本人俳優じゃないだろ?
全編日本語じゃないから最後に奈津子の名前があったのに気付かなかったので?

902 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 00:09:44 ID:kw8ePG/u
別にファンじゃないけど二宮ノミネートされて欲しかった
アイドルなのにノミネートってのが逆に格好良い気がした

903 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 00:11:05 ID:rlxxHNbN
映画がノミネートされたことは素直に嬉しい。
多くの人に観ていただける可能性が広がったのも素直に嬉しい。

ただ私達が忘れてはならないのは、この映画に関係なく硫黄島・
そして方々の戦線で亡くなられた先祖達を敬い、追悼する
純粋な気持ちなんだろね。

904 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 00:11:12 ID:ll1i/AJ2
ZEROは結構GJだった。
前も思ったけど、日本のテレビ局で
あの気さくなクリント(娘さん紹介付き)の映像持ってるのって何気にすごい気がする。

905 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 00:11:26 ID:c52vZ2T6
っていうかネット上も凛呼ノミネートばかりで
硫黄島ノミネートをトップに持ってきた記事が見当たらないorz

906 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 00:11:29 ID:4ZVV+hEl
>>901

あの分量なら全編日本語と言っても差し支えないはず。

907 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 00:12:22 ID:oSGWGGWH
海外での反応が知りたいな〜。
これを機にもっと多くの人に観て欲しい。
国内でも、自分のまわりではまだ観てない人多いし。


908 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 00:14:50 ID:iy/r6G90
>>893 靖国?天皇の心もしらない大逆の神社など燃やしてしまえ!

909 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 00:16:29 ID:BDT6UoE7
>>883
おまいそれじゃ話にならないだろw
素直にオメしてやれよ

910 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 00:17:30 ID:Feb8IKY0
>>905
それはしょうがないでしょ。アメリカ映画よ日本人女優。

911 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 00:18:56 ID:T8UENfw1
http://us.imdb.com/title/tt0498380/board/thread/63770547

912 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 00:20:35 ID:UsP9fRUA
>>908
オマエが焼け死ねやw


913 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 00:21:37 ID:JkiNB08J
>>911
2chでそういうのを貼るのはやめて欲しいわ

914 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 00:22:47 ID:c52vZ2T6
>>910
そーだなー

疑問だが、
日本人が、アメリカ側から見た「硫黄島」の映画を作ったら
ちゃんとアメリカ人が見れる代物になるのだろうか??

915 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 00:23:39 ID:JkiNB08J
自己レス>>913
節操の無い人が必ずいるから

916 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 00:23:58 ID:JRl+QGmN
>>912
低脳サヨの糞人モドキはスルーして下さい。

917 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 00:24:56 ID:BVYpWnli
今年公開する三池のスキヤキウェスタンジャンゴは全編英語らしいが
出品するとしたらどういう扱いになるんだろかw

918 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 00:27:01 ID:MYsOYxD0
マスコミのバベル推しは
まだ公開前だからだよ

919 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 00:29:03 ID:rBQj3UlP
>>914
近作の戦争ものと言ったら…男たちの大和、歌舞伎役者が主役のなんとかの海、ウィンズオブゴッド、ローレライとか…
こんなんしか出来てませんが、この人達に作れると思う?w

920 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 00:29:22 ID:Yp1O2lMH
硫黄島を見捨てといて後方で生き残ったあげく
自決どころか戦犯として絞首刑にされた政治屋軍人どもが
靖国で英霊たちと一緒に祀られてるのは納得いかん。
今の宮司たちは政治家と結託して己の勢力堅持ばかり考えとるな。
腐った宗教経営者と変わらん。

921 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 00:29:46 ID:dEsGemkN
バベルってリンコのエンコウSEXシーンがあるの?
じゃぁ見に行こう

922 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 00:31:02 ID:c52vZ2T6
>>919
やはり日本が誇る映像文化はウニメだけニダか?

923 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 00:32:04 ID:Y5p/POA7
靖国は維新で斃れた志士たちを祭る為に創られたんだよ
国のために死んだのなら、等しく祭られるのは当り前だよ
差別してどうするのさ、天皇が間違ってるのさ、不快の表明が事実としたらな

924 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 00:33:00 ID:5zOt4w4k
>>920
「おまえ無能すぎて日本軍に損害与えたから無罪」
といって釈放されて、死ぬまで自己弁護を続けた牟田口廉也だけはガチ

925 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 00:33:07 ID:4ZVV+hEl
>>921

それどころか陰毛全開ですよん

926 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 00:33:32 ID:rBQj3UlP
>>922
昔は実写も凄かったんだ。昔は。。。

927 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 00:33:41 ID:ofNFoSTN
良作だけど諸条件でノミニーは無理と思ってたからすごい嬉しい。
賞がすべてじゃないけど認められるのは嬉しいよ。
おめでとう、クリント!!

928 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 00:34:15 ID:2b+NH4a3
そもそも個人的な発言の上に、
メモを書いた人の意志で公開されたわけですらない。
言わずに済ませた判断を無にした、発見者とやらがクソだよ。

929 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 00:34:22 ID:mVSQXv3s
硫黄島に米軍が上陸してから2週間後には、後方ですでに理髪店が開業されてたらしいね・・・

何も島に床屋作らんでも・・・orz
日本兵も行けば髪切ってもらえたんかな?

930 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 00:34:24 ID:uW9AlJ7F
スピルバーグもイーストウッドもジョージルーカスも、みんな黒澤チルドレンなんだよな。
どうして日本では彼らのような人材が育たなかったのだろうか。


931 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 00:34:32 ID:Yp1O2lMH
>>922
アニメじゃなく特撮じゃバカモン。
日本が世界に誇る東宝特撮戦争映画の系譜は半島もマネできなかったからな。

932 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 00:34:37 ID:d2szDJYA
>>919
無理。

933 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 00:35:13 ID:Y5p/POA7
硫黄島だって天皇の為に死んだわけじゃないよ
国のために死んだんだよ、あのバンザイを見たかよ
見事にそれを表わしているよ、渡辺謙、恐るべし

934 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 00:36:13 ID:c52vZ2T6
>>926
つわもの共が、夢のあと・・・

935 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 00:36:50 ID:5zOt4w4k
あの感情を押し殺したような「天皇陛下、万歳」はよかったなぁ。


936 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 00:36:51 ID:rBQj3UlP
>>922
まさかあの子供も騙せないお子ちゃまのゴジラシリーズの事言ってんの?
ひいきフィルターなしで大人の観賞に耐える画や作風とでも??

937 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 00:38:02 ID:eajtNVYY
1ヶ月も前の謙さん記事だけどなかなかよかったので
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/movie/31721/

938 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 00:38:55 ID:K0DHdcn+
キネ旬のベスト10で父親が1位で硫黄島が2位だったが、どう考えても
硫黄島のデキがまさっている。近年のキネ旬のベストテンもあてにならんな。
グエムルが3位だからな。で、クラッシュがずっと下なんだ。終わってるなキネ旬。

939 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 00:39:31 ID:JRl+QGmN
>>920
他所いってやれゴミがw
お前みたいなチンピラに啓蒙されるような片輪物は
ここにはいねえよw

940 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 00:40:41 ID:Yp1O2lMH
>>923
んなこたあない。
無能な軍部指導者は亡国の独裁者どもだ。
国に祟られないようにするなら、将門公や道真公のように別途で祀るべき。
これだから自分の子供と分かれて死んでいった英霊たちの祟りで、
いまだに皇太子には長兄が生まれんのだ。
いやマジで。

941 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 00:41:34 ID:4ZVV+hEl
>>929

野外臨時映画も上映されてたらしい。
後方で隠れて観てたつわものの日本兵もいたんだと。

942 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 00:42:22 ID:8FtnDUGP
今年の国民栄誉賞は、
クリント・イーストウッドではないか?

943 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 00:42:43 ID:c52vZ2T6
>>931
アニメもまねし切れてないけど・・・
確かに特撮は日本の独壇場だな。

>>933
「天皇陛下万歳!」のシーンが無かった「男たちの大和」と比べてしまうよ。
ハリウッドには基地外左翼市民団体のウザイ攻撃が届かないからな。

944 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 00:43:04 ID:RjMqMEEa
天皇陛下万歳!
万歳!
万歳!


945 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 00:44:14 ID:kDke02Qz

お前らって本当にバカだな

硫黄島からの手紙は「アニメンタリー決断第二十三話 硫黄島作戦」のパクリなんだぞ?

疑問点にあげられた「撃てーっ」はシナリオにもある。

”栗林兵団長 (日本軍は上陸した敵を十分に引きつけ、攻撃の時を待っていた)

「攻撃開始!」”←ココ



http://www.h2.dion.ne.jp/~sws6225/story/23.html

946 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 00:44:49 ID:5zOt4w4k
>>941
相手がその気なら銃弾が飛んでくるような場所で映画鑑賞か
凄すぎるな硫黄島

947 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 00:46:20 ID:dEsGemkN
>>937
ナベケンて生まれる前から劇団に所属してたんだ

948 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 00:46:32 ID:Y5p/POA7
あの石原都知事に、クリントを表彰して頭を下げてもらいたいくらいだよ

949 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 00:48:01 ID:hRGd8BAv
ここで井筒監督がファビりの一言


950 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 00:48:29 ID:eajtNVYY
>>937
しかも独眼流政宗じゃなくて、独眼竜な

951 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 00:52:38 ID:XVNF0FcN
IMDb user comments for Letters from Iwo Jima
http://us.imdb.com/title/tt0498380/usercomments?filter=chrono;start=10

This movie is the worst thing ever done to Japanese people since Hiroshima!!!, 16 January 2007
Author: Cucho Lucho from United States

特亜の臭いがプンプンするな。



952 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 00:59:46 ID:mVSQXv3s
>相手がその気なら銃弾が飛んでくるような場所で映画鑑賞か
>凄すぎるな硫黄島

 その気はなくなってたから後ろにちょこんと座って一緒に観てたw
 (もちろん米兵に見つからないようにだけどね)


953 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 01:00:48 ID:kJw0cSDk
硫黄島ノミネートほんとにおめでとう!
まさか作品賞でのノミはないと思ってから、びっくりして感動した。
去年アメリカで公開された映画の中からの5本選出。その中に入るとは・・・。

【受賞】
ナショナル・ボード・オブ・レヴュー 最優秀作品賞
アメリカ映画協会賞 作品賞トップ10
ロサンゼルス映画批評家協会賞 最優秀作品賞
サウスイースタン映画批評家協会賞 作品賞第2位
ダラスフォートワース映画批評家協会賞 最優秀外国語映画賞・作品賞第6位
サンディエゴ映画批評家協会賞 最優秀作品賞・最優秀監督賞
ラスベガス映画批評家協会賞 作品トップ10
フェニックス映画批評家協会賞 最優秀外国語映画賞・作品賞トップ10
シカゴ映画批評家協会賞 最優秀外国語映画賞
AFI(アメリカ映画協会) 特別賞
ユタ映画批評家協会賞 最優秀外国語映画賞
カンザスシティ映画批評家協会賞 最優秀外国語映画賞
全米映画批評家協会賞 作品賞第3位
ブロードキャスト映画批評家協会賞 外国語映画賞
第64回ゴールデン・グローブ賞 最優秀外国語映画賞


【ノミネート】
■第79回アカデミー賞(2月25日発表)
・作品賞・監督賞・脚本賞・音響効果賞

【メディア】
TIME誌 年間1位
CNN   年間1位(2部作として)
USATODAY 年間1位
Entertainment Weekly 年間1位

954 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 01:04:56 ID:0Vgt/Yvb
誰か次建てて下さい。
俺は手紙35を建てたので他の人、よろしく。

955 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 01:06:13 ID:v60FrvSJ
>>951
お前それ投稿の内容ちゃんと読んでるか?
どこが特亜なのだ?

956 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 01:06:45 ID:BDT6UoE7
>>890
アメリカ資本じゃなくても作品賞ノミニー可能なの?
外国語映画賞がアメリカ資本以外が条件なのに、作品賞でもアメリカ資本以外の
非英語作品が入れるんだ。選考基準がわからん…自薦か他薦かの違い?

>>938
星条旗は洋画好きが好みそうな映画だからね。まあ1、2なら自分はさほど文句はない

957 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 01:09:45 ID:+DTZ0K87
>>951
特亜もいるかも・・・だが、日系人が多そうだぞ?
「そんなもんじゃなかった」「感情描写が足りない」「ビルマの竪琴を見てください」とか・・・

それより、「私は渡辺謙になりたい」って書き出しの奴がいて笑ったw

958 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 01:10:00 ID:oOwOER1G
>>956
アメ資本のアメりカ映画ですが・・

959 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 01:14:36 ID:hhM4NJ7D
>>956
作品賞は向こうで公開されまだどこでもDVDが出てなかったら
他は何の規定も無かったような。世界のあらゆる映画おK

960 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 01:14:43 ID:hqrVeWT7
A級だろうが何だろうが、当時の兵隊さん達は靖国で会おうって戦友と別れたんじゃん!そこに感謝と祈りを捧げるのがそんなに悪い事なのか?誰の犠牲の上に今好きな事言ったり出来てんのか?教えてよ、靖国参拝反対者さん達!

961 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 01:16:58 ID:BVYpWnli
>>956
洋画好き、か.......orz
もう古いのかなそういうのってw

962 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 01:19:17 ID:BVYpWnli
>>959
じゃ何、硫黄島が当初の予定通り2月に公開されて8月あたりにDVD発売されて
たら、来年アカデミー賞ノミネート資格なくなってたの?

963 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 01:22:14 ID:hc8v6a54
>962
そのための前倒し限定公開。
無茶するなあと思ったがまさかここまでくるとは。

964 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 01:22:53 ID:kJw0cSDk
2006年に主要都市で10日間以上公開された作品に資格がある。
なので資格とるために、硫黄島は12月20日からNYで5館で公開された。

ドリームガールズとユナイテッド押さえてのノミネートなんて、なかなか凄いことだ。

965 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 01:25:21 ID:Yp1O2lMH
>>960
映画の中では陸軍の指導どおりに自決せずに、栗さんの言うとおり生き延びた兵隊さんは
来世で会おうと言って戦友と別れていったよ。

966 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 01:29:59 ID:JkiNB08J
あんがい本命は脚本賞受賞だったりして
はじめて日本兵をマトモに描いたみたいな批評あったよね
アメリカの教養ある人がまず驚くのはそこかもしれん

967 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 01:31:20 ID:BVYpWnli
>>966
日本でヒットしてるのは誉れだろうね。

968 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 01:33:45 ID:BDT6UoE7
>>958
いや自分が聞いたのはライフイズビューティフルについてのつもりだったんだが
>>959>>964
よくわかりましたありがとう

969 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 01:33:47 ID:0Vgt/Yvb
「誉れ」って言葉を使うのは貴乃花ぐらいと思ってた。

970 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 01:35:38 ID:cqBCLcAF
ノミ万歳\(^o^)/
60年以上経ってしまいましたが、硫黄島で戦った人達の勲功に感謝し黙祷を捧げる機会を大勢の人々に与えてくれたクリントに感謝します。
やっぱり感情に流されない淡々とした映像が良かったのでは?日本人には撮れないですよ。もっと感情入っちゃう。
自分は、そういうベタな映画だったら逆に感動しなかったと思う。クリントが撮ってくれて良かった。

971 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 01:41:30 ID:JkiNB08J
最多ノミネートは8部門のドリームガールズなんだな
作品賞から落とす分、やっぱりバランスとったんだろうか?

972 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 01:42:57 ID:lWYzjLjM
>>959
ノミネート前にDVDが発売済みでも資格はある。
昨年受賞の「クラッシュ」は、本国では一昨年の早い時期に公開されたのでDVDも発売済みだった。


973 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 01:49:54 ID:JkiNB08J
しかし凄いことになったもんだ
こうなったらDVDの純利益を硫黄島散骨収拾の費用に全額寄付とかしてみませんかね?ワーナーさん

974 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 01:51:47 ID:gzocSJlv
アカデミー賞なんて取れる訳ねーじゃんwww
何、期待しちゃってんの?www

975 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 01:52:46 ID:Yltatipd
>>814
そういうのやめろよ。
イーストウッドに感謝の気持ちはないのか?

976 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 01:55:05 ID:JkiNB08J
>>974
この作品がノミネートを3部門とっただけで充分すごいよ
オスカーはたしかに無理だと思うがね




・・・いや・・・もしかして・・・・?w

977 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 01:55:50 ID:o7Hpmqa0
>>967でも日本ってラスサムがヒットしちゃう国だしwww
>>970日本人どころか、アメリカ人はモロ感情注入作品だらけだよ。やっぱクリントだから出来た作風。 

978 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 02:00:53 ID:z/Tof7yc
今北。
おめでとう!!
総合賞である作品賞にノミネートされてクリントチームも一番嬉しいと思う。

979 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 02:04:01 ID:O5bocJN8
作品賞をDeparted、監督賞にクリントが一番無難でしょうね

980 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 02:05:21 ID:eNwrsXCf
ノミネートが一番の関門だったと思う。票割れのおそれがあったから。
作品賞受賞濃厚では、と思ってる。

981 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 02:07:05 ID:JkiNB08J
>>979
もしそうなるとして、監督賞三回って人はいままでにいるのかな?

982 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 02:08:33 ID:w1nwNLYh
新スレ立てたよ。今からテンプレ張る。眠いw。

【Letters from】硫黄島からの手紙37【Iwo Jima】
http://tv10.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1169572033/l50



983 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 02:10:53 ID:MYsOYxD0
本命はクイーンだろ
専門の批評家の点数がもっとも高い
二番目が硫黄島

外国映画だとパンズラビリンスが飛び抜けてる

984 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 02:12:45 ID:tlJjCIko
1000なら作品賞オスカーげっと

985 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 02:13:03 ID:BVYpWnli
>>979
スコセッシはどっちが欲しいんだろうね

986 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 02:13:07 ID:JkiNB08J
>>982ごくろうだったな おい彼に水を

987 :982:2007/01/24(水) 02:17:16 ID:w1nwNLYh
>>986
ありがとうございます、閣下!
スレ立て完了です。


988 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 02:19:29 ID:JkiNB08J
>>987
すまんな 奥でゆっくり休んでくれ


・・・なんか俺偉そう
やめるw

989 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 02:20:01 ID:Nli1UJTZ
そろそろ埋めてくれ

990 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 02:23:02 ID:9p32exJ/
>>981
ジョン・フォード4回
フランク・キャプラ、ウィリアム・ワイラー3回

991 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 02:23:46 ID:kJw0cSDk
>982
スレ立て乙です!

ノミネートされたおかげで、
上映館も増えるし、たくさんの人が見てくれることになるのが嬉しい。
イラクへ増員するブッシュへの批判もあるんだろうね。
これが9.11、イラク攻撃が始まった頃なら駄目だったかもしれない。

992 :「連日硫黄島」彼女:2007/01/24(水) 02:24:30 ID:M0hK/SA3
アカデミー賞ノミネート、嬉しいですね!24回観るだけの価値はあったということでw

993 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 02:26:00 ID:+TOdvaDE
アカデミー賞創設者の一人の名前が登場したのが会員に好印象だったのかも。

994 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 02:26:21 ID:BVYpWnli
24回('A`)

オレ2回しか観てねぇよ

995 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 02:27:07 ID:JkiNB08J
>>990
サンクス!
4回いるんだ すごいな
今度それら観てみよう

996 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 02:27:15 ID:o7Hpmqa0
俺はまだ観てない

997 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 02:28:49 ID:Yltatipd
明日また行くわwwwwxwwWwwWW

998 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 02:29:04 ID:kJw0cSDk
本来2部作と言うより、星条旗が本編、硫黄島がスピンオフ的だったのが、
星条旗が硫黄島の大いなる前振りになってしまったって感じですかね。
星条旗もよかったって思うけど、アメリカの汚い部分が全面に出すぎて、
アメリカ人にとって受け入れにくかったのかもしれない。
最初はアメリカ兵がぼこぼこにやられまくってるし。

999 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 02:29:55 ID:JkiNB08J
イーストウッドショック自分の中では消化し終わってたんだけど、今日観たくなってきたな
3回目行くか・・・

1000 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 02:30:20 ID:+TOdvaDE
1000なら作品賞受賞!

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

281 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)