5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

NHKは野球に金かけすぎだろ

1 :名無しさんといっしょ:2006/02/16(木) 13:42:23 ID:uFE9c53v
2004年度(平成16年度)NHK スポーツ放送権料一覧表
(2005年8月4日発売のFRIDAY 8/19・26合併号)

プロ野球  35億6650万円
大相撲   31億5000万円
大リーグ  24億9480万円
Jリーグ   19億9500万円
他       3億4940万円
合計    115億5570万円
※主なものだけを抜粋


プロ野球と大リーグをまとめてみた。
     ↓

野球関係 60億6130万円 52.5% ←注目
大相撲   31億5000万円 27.3%
Jリーグ  19億9500万円 17.3%
他      3億4940万円  3.0% ←注目
合計   115億5570万円  100%


日本人スポーツ選手が五輪など世界でなかなか勝てない理由にはこういうのも含まれるんだろうな。
ある程度テレビで中継してくれないとそのスポーツを始めようという気にはなかなかならないし。

毎日2試合も3試合もメジャーリーグ中継。夜にはプロ野球中継。春と夏には学生部活動の高校野球を朝から晩まで全試合を垂れ流し。
完全に異常。五輪やW杯とかはともかくとして、公共放送なんだから普段は民放がやらないようなマイナースポーツをやってやれよ。

127 :名無しさんといっしょ:2006/05/15(月) 22:55:12 ID:K/ozVFfm
元NHK職員で内部告発者「立花孝志」氏のスレより

 1997年。この年の7月に、海老沢氏がNHK会長に就任してまもなくのことです。当時、私はNHK大阪放送局に勤務していたのですが、「新会長が阪神球団を買いたがっている」
という話が伝わってきました。ニューヨーク・ヤンキースのジョージ・スタインブレナーや読売ジャイアンツの渡辺恒雄のように、海老沢会長もまた、プロ野球球団のオーナーに
なりたがっているというのです。
「NHKタイガースかいな」と、最初はタチの悪い冗談かと思っていました。ところが、翌98年、他球団に払う放送権料が軒並み横ばいだったにもかかわらず、
唯一タイガースのみが、前年の1億1470万円から一気に5億8720万円へと、4億円以上もアップします。それでこう思いました。
「ああ、会長は本気でタイガースを狙っとったんだな」
周知のとおり、巨人は日本テレビ、横浜はTBS、ヤクルトはフジテレビとそれぞれ関係が深く、放送権を通じて“接近”できる球団は限られていました。
セ・リーグで、それもホームタウンで熱狂的な人気を誇る阪神の試合は、衛星放送のコンテンツとしては、それなりに魅力があったのも確かです。

128 :名無しさんといっしょ:2006/05/15(月) 22:56:22 ID:K/ozVFfm
 後日、東京のスポーツ報道センター勤務となった私は、当時の複数の担当者から、海老沢会長が「阪神はいくらなんだ」と、実際に買収を検討していたこと、
「公共放送なので、買うのは無理」だと担当者たちが説得して諦めさせたこと、そして「それならばBS放送権を獲得するように」との会長の指示を受けて、
タイガース主催試合(全65試合)を獲得すべく交渉を行ったが、在阪民放の強い抵抗があり、約半分の30試合のみを購入できたことなどを聞きました。
 ちなみに、当時のBS放送の、プロ野球放送権料の相場は一試合200万円ほどです。このときNHKが阪神に支払った1試合あたりの単価はその7倍以上
の約1500万円。人気球団の試合とはいえ、その法外な金額に、私は海老沢会長の「力」を感じました。
 私がスポーツの経理担当となった1998年以降も、阪神に注ぎ込む金額は増える一方でした。03年には実に9億8430万円もの放送権料が阪神にわたっています。
00年には、NHK側の担当として、阪神と契約を結ぶ席に私も同席しましたが、相手側の担当者に「これだけたくさん払うんですから、いい選手を取っ
てください。強くなってくださいね」という話をしたのを覚えています。
 事実、潤沢な資金を得たタイガースは有名選手を次々に獲得し、放送権料がピークに達した03年には見事にセ・リーグ優勝を果たしています。
 「タイガースは受信料で強くなった」
 私たちの仲間内では、皆真面目にそう思っています。
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/nhk/1146745344/949

129 :名無しさんといっしょ:2006/05/15(月) 23:02:17 ID:K/ozVFfm
 巨人戦を購入する話は、01年の9月に開かれた会合で、海老沢会長が渡辺恒雄オーナーに持ちかけられたもので、後日、ナベツネオーナーが、スポーツ紙の取材に対して、
「海老沢君は非常に判断が早く、わずか15分で決めてくれた」と答えているのを読みました。
 「スポーツの連中に(契約交渉を)まかせると、いつも高く買ってくるから、自分が行く」と、自ら値段の交渉を買って出たNHKの理事は、わずか5試合の地上放送権
を約8億4000万円で購入する契約を結んできました。1試合単価がじつに約1億7000万円にもなる、桁外れに高い買い物でした。
 当時の東京ドームの巨人戦は8000万から高くても1億円程度が相場でした。事実、「阪神―巨人」戦や「中日―巨人」戦といった、甲子園球場やナゴヤドームでの試合を、
NHKはこのころ約9000万円で購入しています。1億7000万円は、いくらなんでも高すぎるのです。

http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/nhk/1146745344/952

123 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)